1 : ◆GinGaOoo.. @銀河φ ★:2012/01/20(金) 00:54:58.60 ID:???0

東野圭吾『容疑者Xの献身』の英訳版がアメリカ探偵作家クラブ賞(エドガー賞)最優秀長編賞ノミネート。
日本人作家では2004年に桐野夏生『OUT』が候補になって以来。

早川書房 @Hayakawashobo
ちなみにエドガー賞はアメリカで最大のミステリ文学賞です。なのでこのニュースはすごいと思います!→
RT @Colorless_Ideas: 東野圭吾『容疑者Xの献身』の英訳版、アメリカ探偵作家クラブのエドガー賞の候補に。 http://t.co/PY2e30Uf
https://twitter.com/#!/Hayakawashobo/status/160024222196961282

Congratulations to all of the 2012 Edgar Nominees!

Best Novel
http://theedgars.com/coversnovel12.jpg

The Ranger by Ace Atkins (Penguin Group USA - G.P. Putnam's Sons)
Gone by Mo Hayder (Grove/Atlantic - Atlantic Monthly Press)
The Devotion of Suspect X by Keigo Higashino (Minotaur Books)
1222 by Anne Holt (Simon & Schuster - Scribner)
Field Gray by Philip Kerr (Penguin Group USA - G.P. Putnam's Sons - Marion Wood Books)

Edgar Nominees
http://www.theedgars.com/nominees.html

4 :名無しさん@恐縮です:2012/01/20(金) 00:58:05.97 ID:MOiG3qlH0
でも東野圭吾は日本のミステリファンにはあんまり評判よくないよね
話が軽い。まあだからこそよく売れるんだけど

13 :名無しさん@恐縮です:2012/01/20(金) 01:03:05.78 ID:6cB1OBYH0
東野圭吾はルックスも悪くないしな
田中芳樹は始めてみたとき大爆笑したよw

14 :名無しさん@恐縮です:2012/01/20(金) 01:03:37.91 ID:VZhnvmyp0
話が軽いっていうけど、読みやすいだけであってチャチじゃないと思うけどな
トリックも秀逸なものが多いと思う
赤川次郎が江戸川乱歩にプロット考えてもらってるみたいなハイレベルさを感じる

21 :名無しさん@恐縮です:2012/01/20(金) 01:08:05.21 ID:iOvdUuhe0
>>14
赤川次郎は書き流したようなのでも軽くはなかったぞ

93 :名無しさん@恐縮です:2012/01/20(金) 01:38:32.08 ID:Y6KylMAQ0
東野圭吾が何度も直木賞候補になっても
「人間が書けていない」と理由で落とされ続けて、

それならこれでどうじゃっっ
と書いたのがこの作品
6度目の正直で直木賞受賞


ってことじゃないっけ?

100 :名無しさん@恐縮です:2012/01/20(金) 01:41:52.21 ID:7f0OCDy70
なんか読みごたえのある本ない?mステリーとか広義なものになっちゃったけど
人間を描くとかで、厚み増してるんじゃないやつ。

157 :名無しさん@恐縮です:2012/01/20(金) 02:19:47.76 ID:PmryFWZl0
海外訳で評価されるにはストーリー、タネのアイデア勝負だからこういう小説しか勝負にならないよな
日本語の細やかな文章表現とか単語選択のセンスとかは伝えられないし
この小説が賞を取ったとしてもそういう作者の描いた心の機微とかが伝わってのものではないとしたら、なんかが半減してる気がする

203 :名無しさん@恐縮です:2012/01/20(金) 03:26:21.89 ID:vf1aPmfd0
京極夏彦は、ジャミノシズクでトーンダウンしてしまったのう(´・ω・`)
宴の支度、宴の始末、ウブメの夏あたりのテンションを取り戻してほしい(´・ω・`)
そうでなくても、ルガルーとか、後、嗤うイエモンとか、なあ?
嗤うイエモンのふたが開く瞬間がたまらなく好きなんだよ。

205 :名無しさん@恐縮です:2012/01/20(金) 03:30:52.07 ID:2Hr2GvcZ0
>>203
京極夏彦って海外に読者いるのかなw

223 :名無しさん@恐縮です:2012/01/20(金) 04:21:43.09 ID:4Qvmbi9T0
容疑者Xの献身
赤い指
白夜行

この3つくらいは読んでおくべき。東野圭吾がメジャー過ぎるからって避けてる奴居るけど、そうい奴に限って「誰が好き?」って聞くと伊坂幸太郎とか挙げちゃうからね。
Anotherがアニメ化して綾辻行人なんかも好きな作家に挙げちゃう奴増えそうだな。


458 :名無しさん@恐縮です:2012/01/20(金) 14:40:57.47 ID:n1xyqpfA0
もし受賞したら直木賞なんかよりよっぽど箔がつくな
自称読書家で東野をやたら批判してる人たちって海外って言葉に弱いからどうすんだろw

459 :名無しさん@恐縮です:2012/01/20(金) 14:45:25.30 ID:RgF4SWfi0
>>458
何とも思わない
東野より面白い作家を大量に知ってるだけの話で

479 :名無しさん@恐縮です:2012/01/20(金) 16:31:12.60 ID:1VsG9Zj10
>>13
田中芳樹が東野圭吾なみに書いてくれればなあ


510 :名無しさん@恐縮です:2012/01/20(金) 18:38:13.62 ID:lQviow860
俺の好きなミステリー作家が
海外はポーとかクリスティみたいな昔の作品ばっかで
今はミステリーなんかほとんど絶滅してる
むしろ未だにミステリー作品があるのは日本くらいって言ってたけど

520 :名無しさん@恐縮です:2012/01/20(金) 19:28:17.02 ID:ATcYYYTo0
映画容疑者のXと手紙は明らかに過大評価


524 :名無しさん@恐縮です:2012/01/20(金) 21:14:58.63 ID:YC2tmPJC0
可哀想なホームレスをぶっ殺○話で「感動」とか「面白かった」とか言ってる奴って
想像力の欠片もないバカだよな。

>>520
どっちも被害者はスルーで犯罪者可哀想みたいな話だ。
その二つが好きとか言ってる奴はバカ発見器に引っ掛かってるのと同じだと思うw

526 :名無しさん@恐縮です:2012/01/20(金) 21:24:50.11 ID:ATcYYYTo0
>>524
映画容疑者と手紙は脚本がものすごく浅いと思う。
原作は読んでないからどの程度のものか知らんが。
設定とかもなんだそれってのがいっぱいあったし。
容疑者とか雪山シーンとか原作には無かったんでしょ?
あれ必要か?後手紙はただ単に最後小田和正の
歌に乗せて玉鉄が涙流しながら拝んでいるシーンを
見せたかっただけだと思う。あの演出はあまりにもあざといw

542 :名無しさん@恐縮です:2012/01/20(金) 22:47:04.65 ID:RXKAEBFW0
白夜行をつまらないと思ってしまった俺ってどうなんだろ?


549 :名無しさん@恐縮です:2012/01/20(金) 22:55:24.13 ID:qxjvSZ520
彼女は最後まで、そしてこれからも石神を恋愛対象としては見ないだろう
愚かなドンキホーテの物語だから良いのだ

石神を細身の高身長・眼鏡イケメンとして登場させれば白馬の王子様物になって
女性人気が出たかもしれないが

552 :名無しさん@恐縮です:2012/01/20(金) 23:04:14.85 ID:ATcYYYTo0
>>542
白夜行原作は構成が目新しかっただけで、
話の展開とかは陳腐だわ。自分の感想としては。

586 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 02:39:46.36 ID:eCGz7wWr0
>>552
その構成力が今までの作家と大きく違うところなんだけどな。
文はたいしたことないのに、一つもひっかかるとこなく読めるとか。拙い文の作家にありがちなことがまったくなく別の意味で凄い。
すべて理系的頭脳によるもの。今までの作家と使ってる頭の次元が違う。
その代表作が白夜行。
高村薫も宮部も白夜行を書こうとすれば必ずどっかで破綻するだろうね。あそこまで最初から最後まで理路整然とはできないよ。

ここで批判してるバカはそういうことに気が付かないで旧来の価値感で文を読んでるから理解できない。

598 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 08:33:54.62 ID:g6XB3SXtO
コテコテ文系脳だけど、この人の作品好きだよ

608 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 08:53:22.02 ID:dW8qBvNc0
理系脳の人だとニヤニヤニして楽しめるんだろうな

620 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 10:09:59.01 ID:UdpFsIKa0
東野の白夜行とか宮部みゆきの火車とかラストあんな感じで
終わらせるなよwww
しかしこういうことをちょっと書くと信者が激怒するんだよねwww
あれがいいんじゃないか?あのあとどうなったか読書が
想像するのが楽しいってねw

俺なんかただ単に作者が作品をまとめることが出来なかっただけにしか
見えないんだがwあーいうその後を読者の想像に丸投げすんなってww

622 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 10:13:46.61 ID:f0fpdrtCO
まず江戸川乱歩賞から……

627 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 10:23:54.47 ID:VhT8qms90
>>598
>>608
東野って理系作家ってたまにもてはやされるけど、
自分も一応理系出身だけど、だからこその共感やニヤニヤって無いな。

正直小説を理系・文系って分ける事自体ナンセンスだと思う。


640 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 10:49:58.55 ID:VhT8qms90
そういえば、友人は石神は本当に数学の天才だったのか疑問に思ってたな。

作中じゃ湯川ぐらいしか言及してないし、本来なら30代前半には数学の研究成果を
出してないと遅いのに、それが出てない。
親の介護で進学は諦めたって話だけど、それに対しての教授陣や仲間からの話会いや
親が亡くなった後の身の振り方を話すシーンも無い。
研究室で孤立してたならまぁわかるけど、天才を黙って手放しにするだろうか?

って言ってたな。


654 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 11:27:58.59 ID:fUmCBvh40
東野圭吾はなんで2ちゃんでは低評価なんだ?

655 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 11:29:44.03 ID:K8nTWDC40
>>654
2ちゃんではって事ないよ。普通に一般的に低評価だよ。

664 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 11:36:18.93 ID:fUmCBvh40
>>622
京極の2ちゃん人気には驚いた
一方リアルでは京極読んでる人見たことないww

668 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 11:37:57.50 ID:JqCiL4LM0
>>664
リアルで京極読んでる奴沢山いるだろ
むしろ、俺の回りの読書好きな奴で読んだこと無い奴の方が珍しいくらいだ

674 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 11:41:01.13 ID:fUmCBvh40
>>668
そうなのか?
俺は京極読んでたら変態扱いされてちょっとからかわれたんだが。

677 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 11:43:06.27 ID:GfpiJRGiO
東野はここ最近だとパラドックス13がダントツでつまらなかった


678 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 11:43:31.51 ID:JqCiL4LM0
>>674
エ□・グロは文学の華じゃん
変態扱いされたら誇りに思わないとw

690 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 11:52:00.96 ID:UdpFsIKa0
今回の芥川賞と直木賞の顛末を見ていると
直木賞とったからってそれがなんやんえねんという
気持ちしか浮かばんw
ここ数年あの賞を取ったからってずっと売れ続けている
作家っているかw?東野は賞を取った取らないは別にして
その前からある程度は売れていたんだろう?

695 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 12:00:26.80 ID:U0XaNOky0
>>690
東野圭吾の場合は「直木賞を推理小説で受賞した」というのが凄いと思う

後はファンタジーやSFで取る人が出たら感動するなぁ
それこそ田中芳樹とか取ったら歴史に残るかもw

西尾維新や賀東招二、谷川流とかラノベ勢が取っても楽しそうだw

698 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 12:05:17.15 ID:GfpiJRGiO
>>695
ぶっちゃけ優れた作品ではなく、取らせなきゃマズいってポジション作家に与える賞だな
東野にしても、明らかに東野に取らせるために容疑者Xが選ばれた感じだし


711 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 12:24:04.58 ID:MEdDmBqA0
・・でもなんの罪のないホームレス殺してるんだよな
そこだけはひっかかる

712 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 12:29:14.95 ID:GfpiJRGiO
>>711
容疑者Xはそこに突っかかる人が多いよね

俺的にはそこよりも石神が自分を偏執的なストーカーだと演出してそれを見破った湯川が「献身」だと言い切るあたりに薄ら寒さを感じたが

717 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 12:40:42.99 ID:zGBu+mT+0
>>712
「献身」は一種の「献身」だろうけど
あくまで人の心がわからない数学者のひとりよがりの「献身」ってとこかな

718 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 12:52:25.21 ID:aVxcNJRg0
エドガー賞はわかるよ。
しかし直木賞が売れてる作家に与えられる賞なら、
そんな賞に何の意味があるのかね。

719 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 12:54:15.83 ID:/fEq1qM60
>>717
それはひどくないかw
ストーカー的な偏愛と見せかけて、相手の心理も含めて全て計算されていた
ってところが面白いところだったんじゃないの
まぁ映画ではかなり省略されてるけど

720 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 12:55:20.39 ID:4UptlXSc0
>>717
そのひとりよがりの献身に不気味さを感じずに感動した
親子を書いてるから気持ち悪いんだよね
たとえ自分のためでもあんなことされたら普通の女はドン引き
「あんたキモイ!」ってバッサリ言ってくれたら良かったのに

723 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 12:56:45.55 ID:zGBu+mT+0
>>719
そうか?
あの献身は重すぎるだろ。事実を知ってしまったらただ重いだけ

729 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 13:02:14.38 ID:/fEq1qM60
>>720
いやいやw ずーっとドン引きしてたじゃん。
最後の最後ですべてを理解するんでしょ?
それに単に感動したんじゃなくて、自分らの罪深さを知ってしまったからこその
あの行動でしょ。
つか原作読んだ上で言ってんだよね?

740 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 13:26:29.80 ID:UdpFsIKa0
今アニメで綾辻のAnotherやっているけど、あの話し面白いの?
ネタバレはしなくていいけど、アニメ版二話だけ見た限りだと
いかにも萌えアニメ風作りでなんだかなって感じなんだがw

742 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 13:29:07.89 ID:GfpiJRGiO
>>740
キャラデザがハルヒ描いたやつだからな

752 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 14:10:37.53 ID:aVxcNJRg0
端的に言ってガリレオはドラマの方が面白い

771 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 14:27:44.73 ID:PxQMRZKu0
>>742
綾辻にのいじとか…びっくりコラボw

今のアニメは萌えキャラなしに出せないのかよー
まぁ綾辻がアニメ向きかと言われたらわからんけど

776 :8月15日に生まれて@9月15日に恋をした:2012/01/21(土) 14:39:35.32 ID:9CfQ+xfF0
この映画版を観たんだけど…原作は感動するんだよねっ!
(映画の感想は聞か無いでっ~)

778 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 14:42:56.84 ID:QoXZYDxp0
アメリカのミステリー、推理作品(作家)のメジャー所って何?


782 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 14:46:22.35 ID:BYLmq9pQ0
俺的東野トップ3
1容疑者xの献身
2秘密
3分身
異論ある?

789 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 14:57:57.71 ID:c3rPnRgn0
秘密はつまらん
分身?
それなら変身のがいいわ

792 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 14:59:46.25 ID:HcBkzr2n0
>>789
分身て今WOWOWで長澤まさみ主演でやっているんだっけ?
変身の映画はクソつまらんかったなw
原作はあそこまでひどくはないんでしょ?

798 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 15:05:24.55 ID:U0XaNOky0
>>782
どうして「悪意」が入ってないんだw
「宿命」と「むかし僕が死んだ家」も捨てがたい

うちの義姉さんのオススメは「トキオとレイクサイドとパラレルワールドラブストーリーだそうだ

828 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 15:57:24.78 ID:O/zNgy6+0
数学オタクの人はもっと冴えない人が良かったわ

843 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 17:08:31.88 ID:rd6/WC8l0
赤の他人のホームレスを殺○のはカワイソウって云う意見が散見されるけど、
なぜそう思うのかがわからない。

仮に、身近な人物を殺害した場合、犯人の鬼畜度が増すだけだし、
一人の人間を行方不明にするには容易ではない事、
例えば通勤途中のサラリーマンを拉致、殺害に至れば、
その日の内もしくは、数日内に捜索願いが警察に届け出られる。
よって、近縁者がいないホームレスをターゲットにするのは、極めて妥当だと考える。

つか、殺○のはカワイソウと云う人はミステリを読むべきじゃないwww



846 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 17:16:12.50 ID:lZw5NDsd0
>>843
そもそも目的のためなら、そういうとんでもないことをしてしまえる危ない人物を描いた話でもあるしな
社交性に乏しく、あくまで自分中心に考えてる人間って描き方だったし

847 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 17:18:51.30 ID:yfk2zQ1z0
>>846
つか東野作品って基本的にトリックありきでキャラクター作ってるしな
聖女の救済なんか被害者の人格にリアリティがまったくないし

850 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 17:30:57.10 ID:lZw5NDsd0
>>847
そりゃトリックがあるものはだいたいそうなるよ
まともな人間描いてたら、殺人自体が起きないし、起きても自首して終わり

851 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 17:32:58.68 ID:U0XaNOky0
>>847
まずキャラクターありきでそれからトリック作る作品ってそっちのほうが珍しいだろ
むしろそれはラノベの書き方だ

852 :名無しさん@恐縮です:2012/01/21(土) 17:35:27.93 ID:yfk2zQ1z0
>>850>>851
そのへんが個人的にあんまりミステリ好きになれない要因なんだよな
設定や構成にリアリティがないのは全然かまわないんだが、人間性にリアリティがないのはどうも苦手だ


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1326988498/l50人気ブログランキングへ