1 : 茶トラ(秋田県):2012/10/22(月) 18:17:55.51 ID:IEEQkSYM0 ?PLT(12001) ポイント特典

今からおよそ700年前の元寇で沈んだとみられる船が長崎県の沖合で見つかったことを受け、長崎市の高校生が、当時使われたと考えられている「投石機」と呼ばれる弾を飛ばす武器を復元しました。

長崎県では、去年、松浦市の鷹島の沖合で、およそ700年前の鎌倉時代の元寇で沈んだとみられる船の一部が見つかり、火薬を詰めてさく裂させる陶器の弾とみられる破片も周辺の海底に散乱していました。
「投石機」は、この弾をどのように飛ばしていたのかを探ろうと、長崎市にある県立長崎工業高校の生徒たちが県の依頼を受けて3か月かけて復元しました。
復元された投石機は、高さ4.5メートルの杉の柱を真ん中で固定して上下に回転するようになっていて、柱の先端には弾を包む皮の袋が結び付けられています。反対側に取りつけたおよそ130キロの
重りが落下する力を利用して弾を発射する仕組みで、22日、高校のグラウンドで行った試し打ちでは、およそ2キロの石を最長で44メートル飛ばすことに成功しました。
3年生の内田景太さんは「700年前の人の技術や知恵を知ることができた。試行錯誤しながら復元に携わったことで、地元の歴史や文化にも興味が湧きました」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121022/k10015927911000.html

15 : ロシアンブルー(新潟県):2012/10/22(月) 18:27:00.00 ID:C0Y4FIWh0
元寇というと、日本は弱くて馬鹿だったけど神風のおかげで勝った!みたいな教育をされるけど
調べてみると神風もあったけど、日本もまた総力を尽くしていい戦いをしてたっていう話で面白いよ
向こう側の文章に「夜に小舟で乗り込んできて大船の兵を皆殺しにされた、怖い」とか「海に突き落としたのに鎧着たまま泳いでた、なにあれ」みたいな記載があったとか

25 : アフリカゴールデンキャット(東日本):2012/10/22(月) 18:33:04.13 ID:RLs2jwdq0
本当に教科書ってミスリードだよな
絵も編集して日本が負けてて台風で助かったみたいになってるとか異常すぎだろ
あれか?大半はチョンの軍勢だったからその関係で捏造でもされてんの?

95 : ブリティッシュショートヘア(埼玉県):2012/10/22(月) 19:42:24.14 ID:Z3Jo+yaW0
>>25
うちの学校の先生はそう言うとこまで教えてくれたわ

107 : アメリカンショートヘア(大阪府):2012/10/22(月) 19:58:04.44 ID:ZDOvqbyH0
こんなに海上にいたら台風を受けて当たり前。

5月3日、元軍出航。
6月6日、北九州上陸。
6月8日、元軍、海に叩き出される。壱岐島に避難。
6月29日、日本軍、壱岐島攻撃。
7月2日、元軍、壱岐島放棄。
7月上旬、江南軍と東路軍合流
7月27日、元軍東進。鷹島付近で日本軍が元軍襲撃。元軍、進軍停止。
7月30~8月1日、猛烈な台風。
8月5日、日本軍、残存元軍船殲滅。
8月7日、鷹島に避難していた元軍10万を総攻撃。元軍壊滅。捕虜2,3万。
    南宋人以外のモンゴル人、高麗人、漢人は処刑される。

115 : アフリカゴールデンキャット(東日本):2012/10/22(月) 20:01:42.62 ID:RLs2jwdq0
>>95
良い先生にあたったな
俺は切取り絵見せて最新兵器てつはうで鎌倉武士ボロ負け征服される所を台風で助かったラッキーってな教えだったわ
太平洋戦争でも日本侵略で中国朝鮮人に迷惑かけまくり図書室ではだしのゲンを班で強制読書感想文とか

当時は何にも思わなかったけど今思うと明らかにアレ教師だな

147 : ボブキャット(千葉県):2012/10/22(月) 21:08:21.02 ID:lAoANjYy0
アシカ作戦も図上演習で失敗することが分かったから
中止したんだっけ
圧倒的な戦力差が無いと上陸戦は難しいな

168 : スコティッシュフォールド(千葉県):2012/10/22(月) 21:39:08.84 ID:UB1xL7Qw0
モンゴル軍に得意の機動戦術をやらせなくて
局地戦に持ち込んだ武士の勝ち

一対一なら紙装甲のモンゴル兵なんかカカシだから

172 : ピクシーボブ(東京都):2012/10/22(月) 21:46:51.21 ID:cpnvLIwU0
>>168
そもそも馬連れて来てたの?

180 : ラグドール(九州地方):2012/10/22(月) 22:01:58.36 ID:/M6NjVN30
>>172
船に居たが、結局食ったんじゃねぇか?長期戦となりゃ上陸出来なきゃ馬は意味ない
飯にするしかない

186 : トラ(東京都):2012/10/22(月) 22:16:44.15 ID:/c/JCaAb0
鎌倉時代の日本刀はキチガイみたいにな切れ味だったらしいな。
蒙古兵の片手持ちの盾・鎧・鎖帷子・肉・骨を纏めて両手持ちの日本刀で一瞬で切断。
身体がふたつがに分かれて即死。蒙古兵は恐怖で身動きが取れず惨敗したと言う。

197 : ボンベイ(東京都):2012/10/22(月) 22:52:44.32 ID:vXO4wmhc0
元寇ではがんばったけど、朝鮮出兵では醜態をさらしたけどな(笑)


198 : サイベリアン(岡山県):2012/10/22(月) 22:55:32.70 ID:xSpJ2nkG0
>>197
朝鮮出兵でも別に負けてないだろ
日本の武将が勝手に講和して撤退しただけ
一ヶ月くらいでソウルは占領されてるし

210 : マレーヤマネコ(東日本):2012/10/22(月) 23:45:23.40 ID:ofTfMy8B0
モンゴル人のライフスタイルは、文明の進んだ中国と違っていた。
後世に書かれた中国の年代記には、彼らが野蛮な民族として描かれている。
めったに体を洗わず、洗うとしても小便で洗い、ただ略奪と殺戮の術だけを心得ていたというのだ。

彼らはまず、退却すると見せかけて小部隊を谷底に残していく。中国の武将はこの囮を見逃すわけにはいかず、攻撃する。
と、そこへ四方の山頂からモンゴルの軍団が一気に駆け下り、中国軍に襲い掛かる。
雨あられと矢を射かけ、雄叫びをあげ、剣で斬りつける。モンゴル人とその馬の強烈なにおいに、中国人はショックを受けた。
あっという間に勝敗が決まり、そのあとには残酷極まる殺戮が繰り広げられた。

しかしついにこの巨大な帝国も崩壊するときがやって来る。ローマ帝国と同様、モンゴルの領土も広がり過ぎたのだ。
また、モンゴル人は勝者にありがちな致命的な過ちを犯した。被征服民に同化して、自分たちの習慣を捨ててしまったのだ。
もはや戦いや虐殺を好まなくなり、軍馬の訓練も怠るようになった。略奪した絹の衣服に身を包み、石鹸と水で体を洗うことも覚えた。
戦闘技術は錆び付き、パレスチナではエジプトに敗北を喫した。イランからメソポタミアにかけての領土も失った。
日本への侵攻も不調に終わり、東南アジア遠征にも失敗した。
ロシアではモスクワ大公が反旗を翻し、モンゴル軍を打ち破った。モンゴル人の輝かしい日々は終わったのだった。
 『人間ものがたり』 ジェイムズC.デイヴィス


214 : トラ(dion軍):2012/10/23(火) 00:09:29.89 ID:uX0meHn70
陳興道最強伝説(・∀・)

218 : トンキニーズ(神奈川県):2012/10/23(火) 00:31:06.13 ID:BKXxG6Ld0
そもそも、モンゴル軍なんて日本人の方から海を渡って大陸で戦っても楽勝できる連中。
渡海作戦だとか関係なく単純に日本軍の方がモンゴル軍よりも強い。

日本側の史料:『太平記』
「結局此賊徒数千艘の船をそろえて、元朝高麗の津々泊々に押寄せて明州福州の財宝を奪い取り、
官舎寺院を焼き払いける間、元朝三韓の吏民是を防ぎかねて、浦近き国々数十箇国皆栖む人々もなく
荒れにけり。
(中略)
賊徒の異国を犯奪事は、皆四国・九州の海賊共がする所なれば、帝都より厳罰を加るに拠なし」

モンゴル帝国側の史料:『論倭』
「今の倭奴は昔の倭奴とは同じではない。むかしは「至弱」と雖も、なお敢えて中国の兵を拒まんとする。
いわんや今は険を恃んで、その強さはまさにむかしの十倍に当たる。さきに慶元より航海して来り、
艨艟数千、戈矛剣戟、畢く具えている。(中略)その重貨を出し、公然と貿易する。その欲望を満たさなければ、
城郭を燔?して居民を略奪する。海道の兵は、猝かに対応できない。」

230 : マンクス(東京都):2012/10/23(火) 01:21:05.93 ID:RLjj52wm0
>>218
>そもそも、モンゴル軍なんて日本人の方から海を渡って大陸で戦っても楽勝できる連中。
>渡海作戦だとか関係なく単純に日本軍の方がモンゴル軍よりも強い。
朝鮮出兵に失敗したのに(笑)

232 : コーニッシュレック(東京都):2012/10/23(火) 01:29:06.27 ID:RwitHw2D0
>>230
その朝鮮出兵で大陸で戦って楽勝で連勝したからそう言っているんじゃないの?

233 : ピクシーボブ(チベット自治区):2012/10/23(火) 01:31:54.33 ID:bpwNxtNs0
グーグルアースで見れば分かるが日本列島は山岳地帯だらけで騎馬民族はまともに戦えない。
上陸したって勝てなかったよ。海戦&上陸戦&山岳戦なんて超マイナス効果の地形に突っ込んできたやつらがバカすぎた。

235 : マンクス(東京都):2012/10/23(火) 01:36:43.11 ID:RLjj52wm0
>>232
>その朝鮮出兵で大陸で戦って楽勝で連勝したからそう言っているんじゃないの?
20万もの兵力を投入して明国に攻め込むことさえできなかった武士風情に
幻想をいだくなよ。
朝鮮義兵に苦戦して、明軍5万の襲来によりゲームオーバーした文禄の役の
どこに楽勝で連想したなんて状況があるんだよ。



245 : ジャングルキャット(東京都):2012/10/23(火) 01:59:56.98 ID:+2R/gD1C0
>>15
モンゴルは海戦、船戦で結構苦杯をなめてるんだよな。
曹操が赤壁で苦杯をなめたのを思い出す。
陳興道のゲリラ戦とかも面白いよ。
元の侵略を3度にわたってしりぞけ、特に最後の白藤江の戦いでの
潮の満ち引きによる杭の罠の奇策→支流におびきよせ→干潮で動けなくなったところを
軽船で襲撃し火計で大逆転するところはクライマックス。
誰か筆力のある歴史小説家がネタにしてくれないかなぁ。

>>214 いいよね。

248 : トンキニーズ(神奈川県):2012/10/23(火) 02:15:10.25 ID:BKXxG6Ld0
>>245
モンゴルの第一次ベトナム侵攻でベトナムは首都を占領破壊された挙句に属国化してるのに
何でしりぞけたことになってるの?

251 : スノーシュー(千葉県):2012/10/23(火) 02:51:36.99 ID:4yvEgKpU0
逆に大陸で戦えば武士はモンゴル騎兵に負けるだろうな
ヨーロッパの騎士がフルボッコにされたみたいに

270 : トンキニーズ(神奈川県):2012/10/23(火) 15:48:39.61 ID:BKXxG6Ld0
>>251
いや、大陸で戦っても武士がモンゴル軍に勝つ。
モンゴル軍は日本から海を渡って大陸を襲撃する倭寇に歯が立たなかった。

279 : スノーシュー(千葉県):2012/10/23(火) 16:15:16.60 ID:4yvEgKpU0
>>270
倭寇なんか内陸まで攻めてないじゃん
得意の沿岸沿いで戦っただけでしょ?

ユーラシアの大平原で機動力に劣る武士が
モンゴル兵にどうやって勝つんだよwwwww

現にヨーロッパの重装備の騎士や重装歩兵は攪乱されて
手も足も出なかったし

284 : イリオモテヤマネコ(京都府):2012/10/23(火) 16:25:32.96 ID:xuCceRhn0
坂東武士=東国武士=関東武士の源流は韓国
日本の埼玉県に高麗村があるが、これは高句麗の王族が定着して生活しながら生まれたものである。
日本に使節団として渡った高句麗王族の若光は…(略)
当時、日本では高句麗と百済、新羅の遺民を歓待する政策を実施したが、それは彼らが日本に乗馬と農業技術を普及し、建築と美術発展に大きな影響を与えたからである。

285 : トンキニーズ(神奈川県):2012/10/23(火) 16:32:58.96 ID:BKXxG6Ld0
>>279
倭寇はモンゴル軍が厳戒体制敷いてる中、交易の最重要拠点の慶元府攻め落としてる。
あきらかに日本人より弱い。
大草原で戦っても騎兵として武士に劣るモンゴル兵に勝ち目はないよ。

291 : スノーシュー(千葉県):2012/10/23(火) 16:50:10.89 ID:4yvEgKpU0
>>285
モンゴルは兵の特性上、攻城戦や防衛線は弱いよ

山岳地が多くて、平野の少ない日本だと大規模戦が起こりにくい。
自然と個人戦や小規模の局地戦が主体となるから
必要のない機動力を殺して、個の戦闘力と防御力を極限まで高めた兵士が武士

局地戦の特化戦士って考えるべき。
当然重い鎧を着ているわけだからモンゴル騎兵の機動力には足元にも及ばない

モンゴル兵は軽装備で極限まで機動力を高めた戦士
全軍の8割以上が騎兵で大平原でその特性が発揮される
当然個人の戦闘力や防御力は武士に劣る

大平原で戦えば鈍足の
武士団の陣形なんか一瞬でズタズタにされるよ

レグニツァでドイツ・ポーランド騎士団が壊滅したみたいに

293 : トンキニーズ(神奈川県):2012/10/23(火) 17:00:10.66 ID:BKXxG6Ld0
>>291
日本は人口が多いからモンゴル軍が暴れ回ったヨーロッパや中東よりも遥かに大規模戦が行われていたよ。
つまり大規模戦こそ武士が最も得意とする戦い。
ドイツ騎士団なんて当時の構成員が1000人程度。
そんな弱小勢力に勝ったからって、武士に通用するわけないだろ。
大草原で戦っても武士ならモンゴル騎兵を瞬殺できる。

294 : イエネコ(東京都):2012/10/23(火) 17:04:49.69 ID:DASTiYSE0
>>284

何時だったか鎌倉時代の人骨が鎌倉から大量に掘り出されたが、ほとんど縄文人と区別つかなかったそうだ。
つまり、14世紀になっても関東の大部分は、まだ縄文人の系統が、マジョリティーだった。
関東の武士団は、土着の地方豪族たちで、土着の地方豪族たちは、土着の農民たちを兵としていたから、関東武士の骨が、縄文人の骨と区別が、つきがたいほど似ていた、
ということは彼らが居住していたであろう関東は、14世紀になっても縄文人系が多かった。

関東人は長頭、朝鮮人は短頭。
とくに鎌倉から発見された頭骨900体あまりは白人並に長頭。

鎌倉市材木座の八幡宮参道沿いで、一の鳥居のすぐ東隣から、
鎌倉時代の関東武士と推定される人骨が、1953年から1956年にわたる三回の発掘によって、少なくとも910体も発見された。

しかし、北部九州や畿内や山陰の古墳に埋葬されてる骨の多くは、短頭から中頭。それは何故か解るだろ?
朝鮮半島や中国からの渡来人だからさ。


296 : スノーシュー(千葉県):2012/10/23(火) 17:12:30.87 ID:4yvEgKpU0
>>293
ドイツとポーランドの連合軍だけどな
モンゴル軍の方が少数で地の利も使えないアウェイで完勝っすよw

関ヶ原行ったことある?三万も並べば戦場一杯一杯だよ

8割が騎兵で一撃離脱の毒矢攻撃を得意とする
モンゴル騎兵に自由に暴れさせて
どうやって武士が勝つの?猛ダッシュで追いかけるの?ww
勝つ絵が全く浮かんでこないんだが

大平原で重装歩兵(武士)で戦うとか無いよマジで
もうちょっと兵の特性を考えたら?

武士は攻撃力・防御力に特化してるだけで、
モンゴル兵に比べれば動く石像レベルの機動力なんよ、決してオールマイティな兵科ではない

308 : トンキニーズ(神奈川県):2012/10/23(火) 17:33:28.03 ID:BKXxG6Ld0
>>296
ドイツ騎士団は当時1000人程度の構成員でポーランドやリトアニアと互角に渡り合っていたわけで、
つまり東欧なんてそのレベルの世界。
そんなのに勝っても全く凄くない。
それから関ヶ原は東軍西軍合わせて20万人近くが実際に戦ってるじゃん・・・

モンゴル騎兵が攻撃力と防御力で武士に劣る以上、どこで戦おうとモンゴル軍の勝ちはないよな。
あと、遊牧民って機動力あるのは戦闘員だけで、その後方の補給部隊はトロイよ。
羊なんて1日の行動半径6キロ程度しかないわけで。
だから後方部隊捕捉されたら定住民の軍隊にも簡単に負ける。
ナヤンカダアンの乱で、100パーセントモンゴル騎兵のカダアン軍が高麗兵とか漢人兵とか連れて
戦象に乗ったクビライの元軍に草原で大敗してるし。

309 : セルカークレックス(長野県):2012/10/23(火) 17:39:41.67 ID:vEuSen6q0
ポーランドに攻め込んだモンゴル軍の主力ってアラブ人とかロシア人だろ?
結構な重装だったんじゃねぇの?

310 : キジ白(新疆ウイグル自治区):2012/10/23(火) 17:41:41.43 ID:oupv7Zjn0
馬は助かったのか!?
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/0/03/M%C5%8Dko_Sh%C5%ABrai_Ekotoba_2.jpg/1280px-M%C5%8Dko_Sh%C5%ABrai_Ekotoba_2.jpg

325 : クロアシネコ(やわらか銀行):2012/10/23(火) 20:12:50.80 ID:LYbrcBC40
>>172

馬はな。 長いこと動かずにいると蹄がダメになっちゃうんだよ。

333 : 猫又(静岡県):2012/10/23(火) 20:36:02.48 ID:JD0WdlvJ0
>>308
元寇で来たのって、モンゴル軍主力に負けて鹵獲された南宋の兵
モンゴルに勝ったとは言えないんじゃないかな。

実際のモンゴルの動員兵力↓

対南宋征服戦
動員兵力:モンゴル帝国軍30万~40万

対金征服戦
動員兵力:モンゴル帝国軍約15万、南宋援軍30万

対ベトナム征服戦
動員兵力:モンゴル帝国軍最大50万

対アッバース朝戦
動員兵力:モンゴル帝国軍10万人

本当にすごいのは、南宋も金も100万近く兵居たのにそれに勝ってる事
当時モンゴル軍が最強だったのは間違いないよ。

334 : アメリカンボブテイル(兵庫県):2012/10/23(火) 20:41:21.58 ID:fOp0A3Ms0
韓国の刀剣技術が遅れていた最大の原因は秀吉の刀狩にあった、

それまで日本ではマトモな刃物が作れず、韓国を侵略した秀吉は韓国刀の
切れ味に苦しんだ末、刀狩でそれを奪い始めた、

中には先祖伝来の刀を奪われまいと必死に抵抗する韓国人もいたが、
彼らは日本刀で韓国刀ごと真っ二つに切り殺されたという、、、

342 : ジャングルキャット(東京都):2012/10/23(火) 23:47:47.66 ID:+2R/gD1C0
>>308 >>333
関ヶ原の20万は多少盛ってる感は否めない。
まぁモンゴルの動員数も多分盛ってるし、
記録が残ってる現代戦ならともかく近代以前の兵士数は
どの国の記録でも大概盛ってるところがある。

草原での平地戦に関しては少なくとも日本武士は相当苦戦する気がするな。
モンゴルの騎兵は機動力と射撃によるヒットアンドアウェイに特化した
兵士だからスペースを自由に与えるとそもそも追いつくことすらできず
一方的になぶり殺しになる危険性がある。
日本武士の装甲は固くて重いから、接近集団戦に持ち込めば互角以上に
戦えると思うし、百道原の二の舞になるだけだろう。

まぁ朝鮮兵とかが主力の大きなウエイトを占めていて、
兵站の概念も乏しい元軍が何度攻めてきても
負ける気はしないけどね。三度目の元寇計画が頓挫したのは元にとっても幸いだったろう。

346 : しぃ(静岡県):2012/10/24(水) 01:04:20.21 ID:BPmuxZwi0
>>342
モンゴルは自分たちの損害を極端に嫌う傾向があったらしい。
征服した国の兵士を積極的に使ってたのは、そのせいもあるとか。

モンゴルの得意戦術って、釣りだして包囲してフルボッコ
元寇じゃ騎馬なんてほとんど持ち込めなかったから、実質、軽装歩兵&弓兵のみの編成だし
それこそ重装騎兵クラスの鎌倉武士と真正面からやり合うには相当分が悪かったと思う。

不思議なのは、綿密な情報収集とか、工作も得意だったのに
何故かそれをしなかった事。
中国も朝鮮も日本を超見下してて、その情報をもとに動いたとしたら、
よっぽど過小評価してたんじゃないかと思うよ。
とりあえず知ってる大宰府を落として、次の事はそれから考えるっていうふう


http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1350897475/l50/../人気ブログランキングへ