いてつくブログ

2ちゃんねるのスレッドをコピペしてまとめてみるブログ

質量

ニュース【科学】巨星ベテルギウス、迫る大爆発 青く輝く天体ショー★3

1 :春デブリφ ★:2012/01/06(金) 17:23:18.56 ID:???0
 冬の夜空で赤く輝くオリオン座の1等星「ベテルギウス」が注目を集めている。
近い将来、星の最期である「超新星爆発」を起こすとみられているからだ。
天空に突然、月ほどの明るさが出現する希代の「天体ショー」は、いつ始まるのか。
地球の間近で起きる歴史的な現象を見逃すまいと、世界中の天文学者がその瞬間を待っている。(原田成樹)

 ベテルギウスは太陽の20倍の質量を持つ恒星。直径は太陽の1千倍もあり、肉眼でも見えるほど
非常に大きく膨らみ、赤く輝いている。「赤色超巨星」と呼ばれる年老いた星だ。

 恒星は核融合反応で輝いており、燃料の水素が燃え尽きると一生を終える。
太陽の8倍以上の質量の星は、寿命が近づくと赤色超巨星となり、
最期は大爆発を起こして突然、輝く「超新星」になる。

 質量が大きい星ほど明るく輝くので燃料の消費が早く、寿命は短い。
太陽は約100億年の寿命の半分が過ぎたところだが、ベテルギウスの寿命は
約1千万年で、いつ爆発してもおかしくない終末期にある。

 地球と同じ銀河系にあり、距離は地球から約640光年。1987年に隣の銀河の
大マゼラン星雲で観測された超新星の16万光年と比べると、その近さは際立っている。
銀河系の超新星爆発が観測されれば約400年ぶりの大事件だ。

 こうした背景から近年、ベテルギウスの観測が盛んに行われ、縮小や変形など
“異変”の報告が相次いでいるが、爆発の明確な兆候はとらえられていない。

 超新星爆発の直前には、素粒子ニュートリノが放出される。これをキャッチして
史上初めて爆発の「事前検知」を目指すのが、岐阜県飛騨市神岡町にある
東京大宇宙線研究所のニュートリノ観測施設「スーパーカミオカンデ」だ。
(続く)
http://sankei.jp.msn.com/science/news/120105/scn12010508080000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/images/news/120105/scn12010508080000-p1.jpg
前スレ(★1:2012/01/05(木) 10:41:01)
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1325767772/

54 :名無しさん@12周年:2012/01/06(金) 18:10:57.03 ID:J9lrSZT/0
星の寿命に比べたら一年なんて数秒みたいなもんだろ

それなのに爆発なんてわかるのか?
爆発までの誤差数百年はあるんじゃないの?

58 :名無しさん@12周年:2012/01/06(金) 18:15:31.39 ID:J4lpPoZl0
超新星爆発ってどれくらいの時間みることができるんだろ?
オリオン座って夏は見えないよね?
月くらいの明るさなら昼間も見えるんだろうけど。
どうせなら暗い夜空に光り輝くところを見てみたいな。

63 :名無しさん@12周年:2012/01/06(金) 18:19:27.44 ID:MeQPTTDQ0
>>58
一番光り輝く時期は発生から3か月間とかテレビで言ってたな。
春頃に発生したら、夜空に輝く超新星の最盛期は見れないなあ。

85 :かわぶた大王ninja:2012/01/06(金) 18:49:26.31 ID:ueUHm3hT0
シリウスが超新星爆発起こしたら
地球の生命はすべて死滅するんだっけ?

すごいよな。

86 :名無しさん@12周年:2012/01/06(金) 18:50:17.74 ID:HV9vE8Jt0
>>54
地震よりは確実。理由は、見えているから。

星のスペクトルを見ていると、いま何が燃えているかだいたいわかる。
ヘリウムが尽きて炭素が核融合を始めてから超新星の瞬間まで数百年、
次の酸素やネオンが核融合を始めると一年、
シリコンが核融合を始めたら数日。
このシリコンの時点で、既にかなり膨大なニュートリノを出すため、
SKでは難しいが、SKの次世代(ハイパー・カミオカンデ)なら
そのニュートリノの増加を捉えられるだろうとされている。
だからHKが完成していれば、少なくとも数日前に予報を出せる。

最後の鉄の光分解は数秒で終わる。
月くらいの大きさだったコアが一瞬で数十キロに縮み、爆発する

92 :名無しさん@12周年:2012/01/06(金) 18:59:54.54 ID:3QOE81w+0
>>85
シリウスは地球から10光年以内にあるお隣の恒星だからな
とはいえシリウスの質量じゃ超新星爆発は起こらないけど

98 :名無しさん@12周年:2012/01/06(金) 19:07:56.26 ID:MeQPTTDQ0
>>92
それ、輝いているシリウスAじゃなくて、伴星のシリウスBの話だと思うよ。

102 :名無しさん@12周年:2012/01/06(金) 19:10:53.86 ID:3QOE81w+0
>>98
シリウスの連星系ってIa型超新星爆発を起こすほどじゃないのでは?

110 :名無しさん@12周年:2012/01/06(金) 19:18:19.44 ID:MeQPTTDQ0
>>102
シリウスAが末期を迎え膨張した時、そのガスがシリウスBに
積もり積もったらどうなるかだね。
まあまだまだ未来の話なんだろうけど、なんと言ってもシリウスは
太陽系に近すぎるからシャレにならない。

117 :名無しさん@12周年:2012/01/06(金) 19:31:24.16 ID:Yqg8RdnzO
>>86
鉄の光分解って、何やらよくわからんが凄そうだな

129 :名無しさん@12周年:2012/01/06(金) 19:59:25.10 ID:3QOE81w+0
>>110
シリウスの質量は太陽の倍くらいだから、赤色巨星化するまであと10億年近くある
その頃には太陽系はどっか遠くに行っちゃってるからあんまり関係なさそう

>>117
ケイ素の核融合で鉄が作られるようになると中心部はやがて鉄だらけになる
恒星の中心部で核融合で重い元素が作られて溜まっていくと、やがて燃料になる元の元素が尽きて反応は止まってしまう
通常なら核融合が止まった後は中心部が自重で縮んで温度が上がり、灰になった元素が新たな核融合の燃料になって反応が再開するんだけど、
鉄の場合はそれ以上核融合できないので縮む一方になり、温度と圧力がどんどん上がっていく
やがて温度が限界を超えると、鉄が光を吸収してヘリウムの原子核に分解してしまう反応が起こり、これが鉄の光分解と呼ばれる

241 :!omikuji !dama:2012/01/06(金) 23:48:32.70 ID:JMRuA9wV0
でも、全てが予想にすぎないんでしょ?
ペテルギウスがもう寿命の99%を終わっているっていうのも予想。
実はまだ人間に例えると5才くらいかもしれないし、
実は太陽系から近くて小さい星かもしれない。
太陽系はともかく、銀河系の形だって違うかもしれないし、
銀河系なんて無いかもしれない。
誰も本当の宇宙なんて知らないだろ。

254 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 00:05:25.12 ID:NVaKvKTZ0
「ぺ」テルギウスって書いてる奴いるけど、
これ2ちゃん語かなにか?

266 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 00:15:03.95 ID:elpp3/f30
爆発した際の影響云々ってのは
>ベテルギウスの自転軸は地球から20°ずれており、ガンマ線バーストが直撃する心配は無いとされる
ってなってるし一応大丈夫って事になってんじゃないの?

279 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 00:50:32.27 ID:32QGnx3C0
>>266
人類が経験したことも無い近接の超新星爆発なので
予想がつかないということ
満月の100倍の明るさで3ヶ月光り輝くんだから
ただ輝くだけなら良いけど太陽と違って変な波長の光とかなら困るし


280 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 00:52:35.73 ID:KlkKqDTK0
ところで何で爆発なの?
炭みたいに燃え尽きてただの灰の塊にはならないの?

289 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 01:03:48.13 ID:5wsg+8/G0
>>279
満月の100倍ってのは「面積当たりの明るさが」ってことらしい
トータルの明るさは半月レベル

>>280
あまり重くない星だとそうなる(太陽も含む)
ベテルギウスは重すぎるので、燃え尽きた後の灰(鉄)が自重を支えきれずに潰れてしまう
そうすると周りから潰れた中心部に向けてどっと物質が落ち込むことになり、落ち込んだ物質が中心で跳ね返されて
外向きの衝撃波が発生し、これが表面に達して星全体を吹き飛ばす
これが「II型超新星」と呼ばれる、重い星が一生の最期に起こす大爆発のシナリオ

290 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 01:04:32.07 ID:ajgeX7lc0

ベテルギウスって1000万歳で終わっちゃうの?
てことは、でかい星はそのくらいしかいきれないってこと?
そもそも、1000万年前に、星が誕生するような状況だったの?

300 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 01:20:03.81 ID:c3IjEioV0
ペテルギウスってのが自分の1m先くらいで爆発したらどうなるの

310 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 01:27:40.66 ID:hoa8g3bk0
太陽系を構成している物質には、
はるか昔この辺りで超新星爆発した恒星の残骸が含まれています。
一体どんな赤色超巨星だったのだろう?

340 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 02:47:09.01 ID:dERuIHzK0
さっきフジでやってた「2012年12月23日滅亡説」に出てた「青い星」か…

345 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 03:11:13.55 ID:QHPR1/250
>>340
ちげえよっ!
光星の死期の姿の赤色巨星とか赤色矮星と言い、間も無く超新星爆発すると言われている。
赤い光星

351 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 03:50:50.16 ID:bmfKYnPr0
超新星爆発した後は何になるんだ?
ブラックホール?中性子星?白色矮星?
なんにしても、生きてるうちに見てみたいもんだ。

356 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 04:59:23.82 ID:X3URBFJ70
>>1
太陽にも寿命があるんだね
太陽無くなったら地球はどうなるんだろう

358 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 05:10:35.96 ID:5wsg+8/G0
>>345
赤色矮星は赤くて小さな恒星のことで死にかけの星じゃないよ
後、赤色巨星は別に超新星爆発は起こさないぞ
太陽も数十億年後には今の100~200倍くらいまで膨れ上がって赤色巨星になるといわれてるけど、
その後は小さくしぼんで終わる

>>351
爆発した元の恒星が軽ければ中性子星、ある程度重ければブラックホールになる
白色矮星は超新星爆発を起こす恒星よりももっと軽い星が死んで冷えていく途中の天体で、超新星爆発からは生まれない

>>356
膨れ上がった太陽に地球が飲み込まれず残った場合、太陽は死んでも死体が白色矮星となって残るから、
地球は死んだ太陽の周りを回り続ける
そのうち太陽系と他の天体とのニアミスが繰り返されて地球の公転軌道が狂い、やがて太陽を回る軌道から放り出されて
単独で銀河系の中を放浪することになる
後は他の星やブラックホールに飲み込まれるか、地球を構成している物質が崩壊して消滅するかのどちらかだろうといわれている

368 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 09:01:40.28 ID:s9xam3LTO
昔にも超新星爆発あってその様子書いてるの残ってなかったっけ

372 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 09:13:12.28 ID:qm7PcdhaO
超巨大な赤色巨星もいいけど、青色巨星のがビジュアル的にいいね。
しかもガスが抜け切った大味な感じの赤色巨星より、
カチカチに高密度で詰まって重い青色巨星のが星として魅力的。

といわけで、リゲル最高

373 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 09:20:27.59 ID:5wsg+8/G0
>>372
リゲルは青色巨星というより青色超巨星じゃないか?
青色巨星というとベラトリックスとかアケルナルとかそのレベルだと思う

376 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 09:26:20.99 ID:qm7PcdhaO
>>373
そう、リゲルって青色では一番デカいやつじゃなかったかな。
最強に明るくて重いのが見つかったけど、名前がまだ無いんだっけ。

400 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 10:07:59.35 ID:D0z70SCLO
爆発してから肉眼で確認できるの何年かかるの?

403 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 10:11:20.98 ID:bkHnHt1xP
>ベテルギウスの寿命は約1千万年
最近できたばっかりじゃないか。

着火する前の太陽とかを見てみたい

404 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 10:11:40.51 ID:toFMHo1T0
>>400

640年
もう爆発しているかも
今確認できたらそれは南北朝時代の頃に爆発したということ

417 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 11:00:22.11 ID:SXa7SECz0
>>403
太陽みたいな構成で、着火しなかったのが木星って聞いた。

今度、春さんと一緒に木星に逝くんで、覚えてたらチャッカマンかなんかで燃やしてみるわ。


418 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 11:06:14.35 ID:ITaPfs/k0
こんだけすごいことが起こってても、その中心で時計の針は地上と同じ1秒1秒
おなじペースで時を刻んでるって前提、なんかおかしくない?

429 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 11:28:58.24 ID:oh+kbZKk0
>>417
木星に水爆を撃ちこむと太陽みたいになるのか?

430 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 11:29:00.88 ID:xxQ8xJq50
>>404
640年前、すなわち、1372年は、足利義満が無双しはじめたころ。
昨晩、640年前が気になって、いろいろネットで調べて判明した。

義満が庇護した観阿弥とか世阿弥とか、足利将軍家とか、やや遡って楠木正成とか
室町時代前期を堪能しながら眠りについた。

結論としては、640年前はつまらん。

433 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 11:33:07.59 ID:5wsg+8/G0
>>429
ならない
木星が太陽化するには最低でも木星100個分近い水素ガスが必要
水爆を撃ち込んだところで何も変わらないよ

435 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 11:38:36.86 ID:bgq6fOSoO
>>429
数年前、木星に隕石が衝突したけどなんともなかった
探したら映像あるかも

446 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 11:48:05.14 ID:QHPR1/250
>>358
えっ?
昔から、太陽も、今のベテルギウスのように

>太陽も数十億年後には今の100~200倍くらいまで膨れ上がって赤色巨星になるといわれてるけど
NHKを始めとするマスコミは、皆、膨らんで、爆発して、ブラックホールが剥き出しになり、又、周りのチリを集めて、超新星に成るといってたよね?
違うの?

457 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 12:00:31.92 ID:5wsg+8/G0
>>446
違う
太陽が膨らんで爆発してブラックホールが・・・なんて説は今の天文学では即座に否定される
太陽の最期は大きく膨れ上がって赤色巨星になった後、外側のガスが剥がれて中の中心核が剥き出しになり
白色矮星として静かに冷えていく・・・という感じ
剥がれたガスは惑星状星雲となってやがて宇宙空間に拡散していく

周りのチリを集めて超新星になるというのは聞いたことがない

459 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 12:03:32.34 ID:4hDvGH+80
マジレスするとオリオンは情けなくならない
ベテルギウスの爆発が終わってもそこは空虚にならない
かわりにシリウスより明るい巨大な星雲ができる
星雲は年々大きくなりやがては満月よりも大きく見えるようになる

460 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 12:04:06.86 ID:F0Up9a7J0
せんせい、質問∩(´・ω・`)

光で確認できるより早く、ニュートリノで観測できるってことは、
ニュートリノは光より速いってこと?(´・ω・`)

461 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 12:05:12.22 ID:QHPR1/250
>>457
大きく膨れ上がって赤色巨星の姿は、外郭っ事?

464 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 12:12:17.48 ID:5wsg+8/G0
>>459
4年くらいで肉眼では見えなくなるといってるのに「シリウスより明るい星雲」はないでしょ
しかも満月より大きいっていうと直径6光年くらいまで広がらなきゃダメだが

>>460
ニュートリノが光より速いということを示す実験結果は出たけど、まだ検証中の段階で確定はしていない
ニュートリノが先に観測できるというのは、単純に超新星爆発の直前には先にニュートリノが外部に出てくるから

>>461
質問の意味がちょっとよくわからんが、赤色巨星は中心核の周りを膨張した外層部のガスが取り巻いているような感じ
その取り巻きのガスが全部流れ出して裸の中心核が剥き出しになったのが白色矮星

470 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 12:21:30.17 ID:f7byRb5O0
>>433
じゃ、黒い石板?持って行くわ

473 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 12:32:15.82 ID:bgq6fOSoO
>>464
結果は早くでたけど更に偶然ではないことを検証するために10000回以上の実験で検証して発表したんだよ

488 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 12:56:18.79 ID:PplVz8WW0
>>418
考えてみれば星の中心って無重力だよな。圧力はすごいけど。
重力の一番大きな表面部と時間の進み方が違うはずだけど、科学者はこういうのは当然考慮してるんだろうねぇ。


517 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 18:10:05.72 ID:vSUQdvvL0
最近、縮小してると話題になってるオリオン座のベテルギウスだが、
地球を直径10cmの球と考えると、
かつては直径6.2kmの巨大な球体であったが(太陽系の木星軌道相当)
現在800mの球体にまで縮んでるということらしい。

地球もこれだけ大きかったら、隣国とのちっぽけな領土問題なんて無かったのにな


521 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 18:21:46.97 ID:5wsg+8/G0
>>517
その例えでいくと、直径6.2kmだったのが800m縮んで直径5.4kmになったってことだぞ
"15%縮小した"のであって、"15%に縮小した"のとは違う


http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1325838198/l50人気ブログランキングへ

ニュース【社会】質量の起源、「神の粒子」と呼ばれるヒッグス粒子、98・9%存在…巨大加速器のデータ解析

1 : ◆SCHearTCPU @胸のときめきφ ★:2011/12/13(火) 23:51:05.09 ID:???0 ?PLT(12556)
ものが持つ質量の起源として存在が予言されている「ヒッグス粒子」を探している
二つの国際研究チームが13日、欧州の巨大加速器での実験データを解析し
「粒子が存在する可能性が高まり発見に近づいた」と発表した。

東京大も参加するアトラスチームの結果では、粒子が存在する確からしさは98・9%。
物理実験で「発見」を宣言できるのは99・9999%以上のため、データ蓄積を進め
来年には最終結論を出すとしている。

宇宙の至るところに潜み「神の粒子」とも呼ばれるヒッグス粒子は、
宇宙を形成する最も基本的な粒子の一つ。正式に確認されれば、世紀の大発見だ。

*+*+ 47NEWS +*+*
http://www.47news.jp/CN/201112/CN2011121301002279.html

125 :くろもん ◆IrmWJHGPjM :2011/12/14(水) 01:55:29.96 ID:IYNVOkek0
パラダイムシフトに関係してこない話は、やっぱつまんないなあ・・・

重力場を媒介する粒子がやっぱり実在しました!
って言われても、まあそうでしょうね、ぐらいにしか思わない。

134 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 02:01:27.50 ID:Lwt5F/cG0
物理学ってレベルMAXになると哲学の領域だな
物が重さを持つ理由とかね
それが存在するのを証明するヒッグスとか
てつがくだね

それを証明できたのなら凄い

おそらく人が死んだら体重600g減ってそれが魂の重さだという理論を
証明できるね



142 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 02:07:39.62 ID:ANPrBNA90
質量の起源を発見してこの粒子をなんとかコントロールする方法が
分かったら引力をコントロールすることもできるかも
こんな流れでいいですか!?

149 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 02:12:09.48 ID:+6ipzi4B0
正直、こんな研究を毎日してたら
頭が良く逝ってしまわないなと思う、どん兵とお握り旨いわ

150 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 02:12:59.62 ID:th7+Ukgg0
>>142
ヒッグス粒子はいくつかの素粒子の質量を与えるだけで全てじゃない
そして万有引力に関してはグラビトンという別の素粒子が関わってるとされてるから無理

155 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 02:16:13.56 ID:ANPrBNA90
>>150
でもこのヒッグスってのが分かれば
そのグラビトンってやつの発見に繋がる可能性もあるんでしょ?

156 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 02:16:37.12 ID:Cb79S6m60
>>149
こういうの研究してる人は簡単に科学が真理、数学は絶対言語って
信じちゃってる人が多いから、それほどでもない。

それよりヤバイのは哲学だ。
古来からの問い、「存在とは何か」を問うていくと気が狂う。

161 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 02:19:13.62 ID:BqVTyEsO0
>>155
グラビトンは一生懸命、長野の地下で探してる。

全く違う粒子だから関係ない。
ヒッグス粒子は慣性質量の起源。グラビトンは重力の起源。

その二つの値が同じである理由は、
両方見つかって、性質を調べていけばわかるかもしれないけどね

166 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 02:22:07.16 ID:qKBTujZZ0
質量ってそもそも何なの?
無重力ならすべての質量はゼロ?

それなら、重力により引き付けられる力が質量なの?


169 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 02:24:05.74 ID:C4rOLrI70
>>156
数学の公理を研究していくとどこまでもご都合主義で「そう思うから」ということにしてる。
あやふやな根拠を土台にして自然を捉えてるわけで科学技術自体人間本位の一つの側面でしかない。


170 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 02:24:34.64 ID:BqVTyEsO0
>>166
質量が何なのかはわからない。
電荷とかも一緒だが、「これはこれだけの質量(エネルギー)を持ちます」という事しかできない。

183 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 02:30:55.89 ID:qKBTujZZ0
>>170 それではスペースシャトル内で、みんなフワフワと浮くのはなんで?
質量が意味を成さなくなっている。みんな体重ゼロ。

質量と重力は何か関係あるのでは?

重力による引き付け度が、質量なのでは?

また、磁石みたいに、ある程度距離を取ると重力は効かなくなる(スペースシャトル内)。

磁石は鉄を引き付けるが、アルミは引き付けない。
重力ってのはあらゆる物質を引き付けるのかな?
それが質量、ヒッグス粒子?


188 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 02:34:59.96 ID:Cb79S6m60
>>169
だよね。

でも理論物理学者で「1+1が2なのはそう定義したから」って本気の本気で
信じている人っていないと思う。みんな「1+1=2なのは1個と1個を足すと2個に
なるから」という古来からの素朴な自然観に乗っ取っているはず。そうでなければ
数式をいじったらこういう結果が出たので、自然もそう対応しているはずなんて
言えるわけがない。

そうなるといろいろ余計なことも考えたくなる。
3.141592.................というのは何なのか?円という完全な図形がなぜこんな半端な
数で表わされるのかとか、虚数とは何か、それに対応する何かがあるのか(ビッグバン
直後は虚数時間を通ったという説もあるようだが)とか、別の宇宙では1+1=3.54とかいう
数学があるのか、あるいは1.5次元とかありうるのかとかね。

193 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 02:36:01.52 ID:vEgRDYiv0
>>183
スペースシャトルはいつでも地球に向けて空間ごと圧縮されていってますよ。
ただし、太陽や他の惑星も空間を引っ張りあっているので、歪みに気付きにくい訳ですが

198 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 02:39:28.79 ID:qKBTujZZ0
>>193 いや、要するにヒッグス粒子って何なの?
それが、重力を引き付ける粒子ってことなの?

ヒッグス粒子を持たない物質(重力に影響を受けない物質)ってあるの?

201 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 02:43:35.80 ID:vehx3mre0
>>198
ヒッグス粒子と重力とは何の関係もないよ

202 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 02:45:09.70 ID:BqVTyEsO0
>>198
ヒッグス粒子は重力に対してなんの関係もない。
物体の加速のしにくさに関係しているだけ。

質量ってのは二つある。
重力質量と慣性質量。
前者は時空を歪ませたり、エネルギーに転換されたりするもの。
後者は運動の変化のしにくさ。同じ力を与えても、慣性質量が大きいと動きにくい。

この二つは別ものなのに、
何故かデブは動きが鈍いし、周りの空気を歪ませる。

なんで等価原理がなりたつのかわからないってこと。

204 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 02:46:13.79 ID:qKBTujZZ0
>>201 ヒッグス粒子って「質量の起源」って書いてあるじゃん。
ごまかしは一番いけないこと。

215 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 02:50:28.81 ID:qKBTujZZ0
>>202 だから、重力が働かないと質量(単純に物の重さ)はゼロになるじゃん。
そうすると質量は重力と関係がある。

慣性質量にしたって、運動の変化がしにくいのは、なぜ?
それは重力に影響されるから。
無重力なら、すべてスムーズに運動するのでは?


221 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 02:52:31.75 ID:LpvSzIGcO
>>188
俺は数学者のはしくれだからレスするが、
1+1=2 なのは 1+1 を 2 と定義したからだよ

ただそれだけ

242 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 03:01:41.73 ID:jBc44y6m0
>>215

>だから、重力が働かないと質量(単純に物の重さ)はゼロになるじゃん。


ならない。

無重力空間に 野球のボールと大型トラックが浮いてるとします。

宇宙飛行士がやってきてボールをちょいと押す。 すると ボールは ずーーと宇宙空間を飛んでいく。

今度は大型トラックを押してみる。
さっきと同じ力では非常にゆっくりとしか動かない。

それだけではない。


今度はボールが、あるスピードで宇宙飛行士に当たった。
イテテテ。

同じスピードで大型トラックが宇宙空間を飛んできて宇宙飛行士に当たった。

宇宙飛行士は衝撃で死亡した上、宇宙の彼方へ素早く飛んでいく。


 重力がなくてもボールと大型トラックの差は歴然。 これを慣性質量という。

250 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 03:07:33.15 ID:qKBTujZZ0
>>242 なんで同じくフワフワと浮いているのに、そのような違いが出るの?

なんか、にわかには信じられない。

これこそ宇宙飛行士に実験してもらいたい項目だ。

紙製のブーメランを放るのは見たことはあるが、
ボーリングの玉を思いっきり投げてもらいたい。


255 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 03:10:02.90 ID:Cb79S6m60
>>221
うん、数学の教科書にはそう載ってるよね。
なんでかっていうと、1+1が2になるのはそれが当たり前のことだから、
としてしまうと数学的厳密性を保てないからだ。
人間の経験による定義付けでは「理性の根本的誤謬」を排除できないから。


でも、あなただって数学の論文を書くとき以外は、数の概念を定義の演繹とは
捉えていないでしょう。それではあまりに不便だし、不自然でさえある。

さらに繰り返して言うけど現代の素粒子物理学では数式をいじくることによって
得られる理論物理学が先行し、後追いで実験物理学が証明するという順序になって
いるが、理論のほうも人間の定義からの派生では宇宙的真実性を担保できないし、
もちろん帰納法が原則の科学では百万回正しい結果が出ても百一万回目にリンゴは
落ちずに空を漂うかも知れない。

少なくとも物理学に携わる数学者は、数学を自然が語る言語だと思ってるはず、
ただそれだけのことだ。

256 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 03:10:15.56 ID:BqVTyEsO0
>>250
地上での自由落下状態は、無重量空間と一緒だから、

落下しながら野球ボールとボーリングの玉を投げてみればわかる。

ピンポン玉とパチ○コ玉を発射する装置を落として見てもわかるね。
実験は身近なことから。

261 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 03:14:36.01 ID:qKBTujZZ0
>>256 空気抵抗の違いでは?
宇宙ステーション内でも「空気抵抗」あるよね?

真に無重力、真空状態は、簡単な地上テストでは再現できない。

無重力、真空では、たぶんピンポン玉も、ボーリング玉も同じ速度だと思うよ?


265 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 03:15:58.24 ID:LpvSzIGcO
>>255
お前が数学に関して書いてることはほとんどがマチガイだから、もう書くな



267 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 03:16:38.54 ID:Cb79S6m60
>>265
数学者自称は読解力無いな。

メタ数学を語ってるんだがw

270 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 03:19:21.71 ID:LpvSzIGcO
>>267
お前は残念ながら数学のセンスがない

277 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 03:24:52.30 ID:BqVTyEsO0
>>270
横レスだけど、
1+1=2なのは、定義というか、記法じゃないの?

1と+1は明確に定義されるけど、2ってのはただのラベリングで、
実際は{ { }, 1}だよね

279 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 03:29:36.15 ID:I82eNzUN0
引力と磁気を作用させている因子や場も全然イメージ湧かねえ。
そもそも時間の概念が判らない、宇宙が生まれる前の世界って何だよ?
何かが在るって事は何も無い状態が有るって事だよな?
何も無いのに何で何かが生まれるんだ?頭おかしくなるわ。

285 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 03:33:35.17 ID:qi+2pK700
>>279
それは、時間の捉え方の問題
時間を過去から未来に一方的に移動するってイメージだと
そうやって、「無から有が生まれたっておかしい」ってなる
時間の方向性を考えずに、複素数で考えると
宇宙は始まりも終わりも無くて、丸い球体になるらしい

289 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 03:37:19.83 ID:LpvSzIGcO
>>277
俺が言いたいことはお前とほぼ同じ

1+1=2 に哲学的意味なんか無いということ


303 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 03:44:17.91 ID:Cb79S6m60
>>289
じゃあ意地悪な質問するけどなんで数学屋さんは
「1+1=2」で定義した数学しかやらないの?

「1+1=6.194」の数学はどうして誰も始めないの?

325 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 04:03:26.72 ID:LpvSzIGcO
>>303
上で誰かが言ってたが、2なんて単なるラベルにすぎないんだから、
5と書いても6と書いてもいいんだが、
そうしても何もいいことなんかないから、誰もそんなことはしない

477 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 16:05:21.62 ID:wQIcasyK0
ヒッグスさん、結局光が何かという点は先送りしちゃったんだなw

506 :名無しさん@12周年:2011/12/14(水) 22:13:27.08 ID:82EGf0nk0

高校の時、物理は70点台しか取れず、経済しか判らない。
出来る事は金を投資する事のみ。

この発見が経済にどう影響するのか、具体的に教えて欲しい。

534 :名無しさん@12周年:2011/12/15(木) 00:14:00.35 ID:9jK6SKi90
質量の起源なんかより、
意識の発生の仕組みの方が遥かに神秘的だろ。
現代数学の幾何や代数構造などはおそらく100年後には、
今現在の哲学のごとく発散し
意識の発生の数理構造が中心的テーマとなるかも知れない。

535 :名無しさん@12周年:2011/12/15(木) 00:16:12.23 ID:QSHHavbX0
99%ではなく98.9%という
この0.1%の違いがすごく気になる

580 :名無しさん@12周年:2011/12/15(木) 13:39:01.91 ID:TM4Tprzz0
物理屋を目指す学生さんへの比較的簡単な問題。

宇宙誕生後しばらくして物質が誕生して宇宙がはれ上がったが、宇宙はその重力でつぶれたりしなかった。

物理定数が不変と仮定、最も遠くの銀河の速さを宇宙の膨張する速さと仮定して、宇宙に存在する物質量を考察せよ。

594 :名無しさん@12周年:2011/12/15(木) 16:16:54.39 ID:5QYw6ism0
それにしても、理系のやつらってこういうこと調べるのも大切だけどさ、
例えばおれになぜ女がむらがってこないかってこをお考察するのも大切だと思うんだよね。

つまり惚れ薬とか催淫剤とかさ。もっと大事なことがあるんじゃないの?

それもできないで宇宙がどうとか。まずそっちからがんばろうと思わないの?

604 :名無しさん@12周年:2011/12/15(木) 23:44:30.20 ID:4ESCAfEL0
なんかおかしくね?
抵抗があるから質量が生まれる!とか言ってるけど
だったら真空無重力の中をぶっ飛んでる時もその力が働くじゃん。
だったらどんどん速度が落ちてその場で停止するよね?

地球だったら太陽の周りを回ってる時にも力が働くから
公転速度がどんどん遅くなって、太陽に落ちてく事にならない?

加速中、減速中にだけその力が働くの?なんか変じゃね?

605 :名無しさん@12周年:2011/12/16(金) 00:07:01.10 ID:Br4nt3Vx0
理解できん
質量とエネルギーの等価性とか、運動エネルギーとかの質量に比例するエネルギーはどうなんの?
例えば、移動経路上のビックス粒子を完全に取り除いたら、そのエリアでは光速で移動できんの?

なんかエネルギー保存則とかを根っから無視してる気がすんだけど。

637 :名無しさん@12周年:2011/12/17(土) 01:40:05.34 ID:tUyFd3E/0
ていうか重力子と何が違うの?

638 :名無しさん@12周年:2011/12/17(土) 01:45:14.78 ID:aCRfM46t0
>>637
ヒッグスは質量、グラビティは重力だから別物じゃね?

639 :◆HKZsYRUkck :2011/12/17(土) 01:53:21.69 ID:/iB2/Zj10
>>638
別物って言われてもなあ。
アインシュタインの等価原理
 宇宙空間で加速するエレベーターに乗ってて感じる重力と、
 惑星表面に立ってて感じる重力とは区別できないんですっ! (><)
はどうなっちゃうのよ。

656 :〈(`・ω・`)〉 ◆EQUAL/Pi.Q :2011/12/17(土) 02:43:07.72 ID:OD6IyfF20
実は弱い力以降無理やり統一する必要のない代物で
このイベントがまったく別の粒子によるものだったら大笑いだな

660 :名無しさん@12周年:2011/12/17(土) 02:53:13.88 ID:+VE6fJnV0
我々の体にもヒッグス粒子が大量に存在するのかな。
宇宙の一部なんだろうな。

663 :名無しさん@12周年:2011/12/17(土) 02:57:00.59 ID:LkZbyd410
>>656
もしそうなら、全くその通り。
一部の除き、多くの物理の理論屋と実験屋は嬉しくて仕方がない筈。

>>660
粒子としてのヒッグスはほとんど存在してない筈。
期待値を持った場として一様に存在してるかな。


677 :名無しさん@12周年:2011/12/17(土) 03:21:08.51 ID:1K/63GZM0
風船表面に打った点の距離が互いに離れていくことを
宇宙が膨張してる喩えに使うのがあるけど納得できないんで
だれか頭のいいやつ教えて

宇宙空間自体が膨張してるんなら空間中の物質も含めた
座標自体も同じ割合で膨張するんだから距離を測る物差しも膨張するだろ?
それだと宇宙がどんなに膨張して物質間の距離は離れたことに
原理的に誰も気づけないだろ?
だから風船の喩えは間違ってると思うんだが


http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1323787865/l50人気ブログランキングへ

ニュース【学術/物理】世界の物理学者が40年以上探し続けた「神の粒子」、ヒッグス粒子を発見か…日本と欧米の実験チームが13日発表予定

1 :かき氷に味ぽんφ ★:2011/12/08(木) 09:30:09.22 ID:???0
物質を構成する素粒子に質量を与えたとされる未知の粒子「ヒッグス粒子」を見つけた可能性が高まり、
ジュネーブ郊外にある欧州合同原子核研究機関(CERN)は13日、緊急の記者会見を開く。

「神の粒子」とも呼ばれるヒッグス粒子は、現代物理学の基礎である標準理論を説明する粒子の一つで、
世界の物理学者が40年以上探索を続けてきた。
存在が確認されれば世紀の大発見となる。

発表するのは、日本の研究者も数多く参加するCERNの「ATLAS」実験チームと、欧米中心の「CMS」実験チーム。
いずれもCERNの「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」という実験装置を使って、陽子と陽子を高速で衝突させ、
そこから出てくる粒子をそれぞれ分析した。

その結果、今年10月末までの両方の実験データの中に、ヒッグス粒子の存在を示すとみられるデータがあることが分かった。
8月までのデータでは、存在する確率が95%以下しかなく、データのばらつきかどうか判断がつかなかった。

YOMIURI ONLINE 2011/12/08 03:03
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20111207-OYT1T01281.htm

<画像・ヒッグスによる質量発生の仕組みの図解>
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20111208-828940-1-L.jpg

3 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 09:31:03.81 ID:lmqejQqq0
ウェッジは?

17 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 09:35:54.83 ID:2rVJAJBa0
>陽子と陽子を高速で衝突させ、

ようこカワイソス

73 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 09:47:35.63 ID:LyC6KXHm0
この発見が日常生活の何につながるんだ?

97 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 09:55:20.04 ID:Q/+XQ7SW0
で、なんかの役に立つの?

101 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 09:56:07.46 ID:9crwzX/20
どうでもいい話。
>>73
何にもならないバカ研究に金使ってる暇あっったら税金安くしろ、乞食にでも金やれ
ということ。

112 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 09:58:06.32 ID:xzLru4rVO
>>97
自分が理解できないものは必要ない、自分の利益にならないものは必要ないという人には役に立たない。

117 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 10:00:48.42 ID:9crwzX/20
>>112
こんな何の意味もないバカ研究に税金使ってる暇あったら真面目に政治をやれということ。
ほとんどの人にとって無駄で何の役にもたたないクソ研究をして血税をむさぼるなということ。
わかったか?

135 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 10:07:07.90 ID:lXU9I41V0
>>73
>>101
量子力学も当初はそういわれたでしょうね
でも今その恩恵をうけていない人はいない

ひ孫のひ孫くらいには当たり前のように恩恵うけてるから
まずは子孫のこそうね

145 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 10:11:10.43 ID:xzLru4rVO
>>117
現代文明は君の感覚で言うところの「バカ研究」や「クソ研究」の成果がベースになっている。

151 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 10:13:51.23 ID:92ad/ZV+0
>>145
そうか?
少なくとも昔の研究はその先に人類の利益が見えていただろ。
この研究はそこから乖離し過ぎてるんじゃね?


168 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 10:18:07.00 ID:9crwzX/20
>>135
量子力学の恩恵を受けてる?そんなもんの恩恵など何一つ受けてるわけないだろwアホか。
役に立たない研究は仕分けすべきなのです。


190 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 10:22:52.84 ID:xzLru4rVO
>>151
君は哲学や数学を否定するのか?
古代より人間の行動や文明に影響をもたらしたが、昔から君が言う「人類の利益」からは距離があった。


192 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 10:23:33.39 ID:+wSyTktLO
>>168
すごいなおまえ。ディスプレイのないパソコンで書き込みしてるのか。
LEDのついてる物も一斉使ってないわけだな。

252 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 10:37:43.60 ID:9crwzX/20
>>190
俺は「食っていく為に何の役に立つんだ?」と聞いている。
食っていくのにそんな理論必要ないだろ?

>>192
パソコンと量子力学は全然関係ありません。そんな理論無くても作れます。

290 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 10:52:11.16 ID:oEInEajZ0
人とお金をここまで投入しないと、
新事実が発見できないほど、
物理学って突き詰まっているのか、って思った。

329 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 11:00:48.57 ID:ZEvAck+c0
もう少ししたら重力子が発見できそうってこと?
そうしたら量子力学とか超弦理論が飛躍するってことですか?

333 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 11:02:22.08 ID:+duQQXCz0
>>329
量子重力論とはぜんぜん関係ない

338 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 11:03:59.21 ID:xzLru4rVO
>>290
実験機器はどの時代においても金食い虫じゃないか。
昔は計算だけしかできなかった分野が実験をできるようになった。
巨大なスケールのものの計測は実験機器もそれなりに巨大になる。


339 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 11:04:37.07 ID:CXs8bpYi0
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20111208-828940-1-L.jpg
超わかりやすい図だな。質量と運動エネルギーが互換ってのがよくわかる

358 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 11:10:49.15 ID:fQ990bE10
>>339
その図を見てて不思議なんだけど、
ビッグバンでできた宇宙より先にヒッグスの海があったって事にならない?

じゃなきゃ、ヒッグスはビッグバンでできた粒子より先回りできたって事になっちゃわない?

397 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 11:25:26.17 ID:fQ990bE10
つー事はさ

ヒッグス粒子が、宇宙の膨張のブレーキになってたとしたら
宇宙ってそのうち膨張終わって
その後、重力の影響で縮小始めるんじゃね?


434 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 11:36:54.54 ID:gy7kiOrw0
昔から不思議に思っていたが
電磁気力は引力も斥力も両方あるのに
重力はなんで引力だけなんだろう?

448 :怒髪 ◆6Ih34Awd1Q :2011/12/08(木) 11:44:18.37 ID:vHIeZUlI0
思いついた!!!!!!!

ヒッグス粒子を集めたら時間が止まるんじゃね?
てことは女風呂にヒッグス粒子をぎちぎちに詰めたら覗き放題じゃね!?(*゜ω゜*)

450 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 11:44:46.94 ID:I6sWd/oC0
>>434
斥力のあるものがこんな高重力下に存在し続けられるわけないじゃないか
地球の中心辺りにはあってもいいのかな

454 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 11:46:22.87 ID:CE+JbIMd0
>>397
ヒント 今年のノーベル物理学賞

457 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 11:46:43.34 ID:SKEE+s5T0
物理ってホント難しいな
医学のほうが凡人にも理解できる
でも大学入試の時点では医学部のほうが上なんだもんな
なんか人材が流れちゃってもったいない気がする

568 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 14:02:17.19 ID:TKDIvrTo0
中堅私立大物理学科卒で無職の俺だが、
12月8日という日は吉野家の十勝豚丼誕生が一番のニュースだった。

この知らせを聞く前までは、な

573 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 14:10:50.20 ID:gy7kiOrw0
>>450
う~んちょっといってる意味がわかんないな
物質同士は重力によってなぜ引き合って固まりになろうとするのか?
また距離的にも遠くまで影響を及ぼすことができるのはなぜなのか?
みたいな事がききたかった

576 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 14:15:30.95 ID:t2j8Kg90O
時間と光の仕組みが鍵な気がする

584 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 14:40:21.08 ID:MyT5Mfi/0
>>576
それが一般相対性理論だろ


586 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 14:46:48.56 ID:dhOWhKhP0
>>568
普通は真珠湾攻撃の日だろw

>>573
物質が固まってるのは、主として電磁気力によるものだよ。
大きさが恐ろしく小さいくせに、距離による減衰が少なく、斥力が存在しないという
特徴がある重力は、でかいスケールになってはじめて効いてくる。

593 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 15:17:04.06 ID:uTDoJ6Pf0
エーテルとは違うの?

617 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 16:21:36.45 ID:C2FO5xrD0
西洋科学の発展の礎の部分に、オカルト思想とキリスト教との軋轢とおもねりがあるしな
直接目に見えない領域の先端研究となると途端に宗教臭が濃くなってくる
「神のつくりたもうた奇跡を研究する」みたいなー

624 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 16:35:09.65 ID:JVvdNcFu0
説明できないことが出るたびに新粒子を仮定して、それで発見したって喜ぶけど結局それも究極粒子ではない。
そんなことの繰り返し。
ギリシア時代からの原子論的世界観は科学の進歩のじゃまでしかない。
しかも現代の原子核物理学は膨大な設備を要し、サイエンスの中で一人金を食いまくって他分野の研究者を
圧迫している。

636 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 17:03:15.88 ID:c/9QfYdq0
>>624
文章の最後に「。」をつけるのは 昭和20年から30年代生まれの証明らしいぜ 愚痴が多い世代らしいな

657 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 17:38:56.59 ID:/bd3xhYX0
宇宙の秘密を解き明かすのに数学を使うなら、
まず数学の正しさを証明しないといけないけど、
数学は人間が勝手に作ったルールで、宇宙とは全く関係ない、
人間には数学の正しさを証明できないから、宇宙の秘密もわからない。

670 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 18:07:15.71 ID:bVKypIckO
なぜ物理学者という人たちは加速器にこだわるの?
なぜ衝突させるのが好きなの?衝突の魅力てなあに?
何百回と衝突させて飽きてこないですか?
物理学者なら分かってるでしょう。赤道くらいの大きさの加速器作る?太陽系くらいの大きさの加速器作る?加速器には限界があるんでしょ?

673 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 18:11:13.14 ID:m3BRP01w0
>>670

それは目玉焼きを作るときに、タマゴを割るのに似ている。

「割らないとできないからさ♪」
「つか、コイツおじさんじゃねえの?オンナ言葉気取ってるけどw」
「なんか古い卵ぽいわね♪」

674 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 18:11:27.49 ID:2gkx2wPC0
逆に言えば、ヒッグス粒子が存在しない空間ならば
物質は光速まで加速できるという事になるのか?

679 :怒髪 ◆6Ih34Awd1Q :2011/12/08(木) 18:16:16.95 ID:vHIeZUlI0
>>674
いや、光速でしか動けないということです。(´ω`)

しかしこうなると、ニュートリノをどう解釈するべきかがさらに難しくなるんじゃ。
それとも、ヒッグス=超ひも、なのかしら。

684 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 18:23:58.62 ID:2gkx2wPC0
>>679
となると例えば、いち、に、さんでヒッグス粒子を消すことが可能だとしたら
今俺がマクドで食べてるテリヤキバーガーはいきなり何の前触れもなく光速ですっ飛んでいくん?(´・ω・`)

688 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 18:27:37.87 ID:D9gPJgpVO
これで何ができるの??

690 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 18:28:54.23 ID:bVKypIckO
>>673
お父さんが筑波で働いてんだけど、加速器回してると女の子ばかり生まれるのよ
わたしは加速器の申し子。名前は陽子(ようこ)高校生です


695 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 18:32:41.51 ID:m3BRP01w0
>>690

KEKかな?w

「確かに女の子多いわね♪」
「男が生まれると『実験サボってるんじゃねえか?』と言われる世界」
「しかし、オタも多いので2次元嫁も多い♪」
「ところでアンタ2次元だろ?w」

718 :怒髪 ◆6Ih34Awd1Q :2011/12/08(木) 18:57:21.96 ID:vHIeZUlI0
>>684
消す範囲にもよりますが、例えばお前がバーガーをかじろうとしたその瞬間に
テリヤキバーガーの周辺のヒッグス粒子を消すとしましょう。

するとテリヤキバーガーとお前の手首を構成していた粒子は全て全方位に光速で飛び去り、
瞬時に消滅します。
しかも、ヒッグス粒子を消した領域はまだ「存在」するので、それが空間を移動しない限り
入るものすべてが消滅することになる。しかも光はその影響を受けないので「存在」が見えない。

ブラックホールよりも恐ろしい、クリスタルホールの完成です。
こうなったら、マクドを閉店するしかないですね( ゜ω゜ )

768 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 21:04:51.72 ID:QK8DjVDf0
エーテルみたいに宇宙に満ちてるということ?
エーテルは光を伝える媒体だが
ヒッグス粒子は光以外に抵抗するという逆エーテル

773 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 21:18:40.67 ID:UA7WYXRG0
>>768
> エーテルみたいに宇宙に満ちてるということ?
> エーテルは光を伝える媒体だが
> ヒッグス粒子は光以外に抵抗するという逆エーテル

マジレスすると

光は電磁波の1種類

つまり、電磁場に対して存在するのが光子

>>1は、ヒッグス場に対して存在する、ヒッグス粒子

776 ::2011/12/08(木) 21:30:07.86 ID:g+g2WXBx0
>>773

 でも、宇宙に一様に広がっていて、かつ、運動のあるなしを判断できるなんて、エーテルっぽくない?

824 :名無しさん@12周年:2011/12/08(木) 23:49:42.04 ID:uDp86lhA0
今期の量子力学Aの単位が取れる気がしない
使われてる数学難しすぎんだろあれ

829 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 00:01:53.83 ID:omNy4E1K0
そういえば、ヨーロッパのどっかの加速施設で実験するとブラックホール出来て地球破滅って言われてたけど、
あれ、どうなったの?危険だから中止?

852 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 00:54:40.46 ID:Rvse1Grt0
意味分からん

http://www.yomiuri.co.jp/photo/20111208-828940-1-L.jpg


858 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 02:07:30.48 ID:6Ja1gYl/0
>>852
ビッグバン直後には存在しなかったヒッグス粒子。
後に発生したのなら、どこから沸いた?

871 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 04:11:48.78 ID:kVElGptI0
>>829
人工ブラックホールとかひとかけらでも地上に出来たらみるみるうちに地球が飲み込まれていくのかな。
なんかそのうち科学者がいろんな実験やっているうちにぜったいにやってはいけないことやって、
地球が宇宙ごと蒸発してしまいそうな気がしてきた。
もうやめろ。

879 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 06:29:32.66 ID:uKAsmKt+0
エル プサイ コンガリィ

910 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 09:05:59.07 ID:v4vkIV8Q0
>>852
光もヒッグス粒子の影響を受けて今の光速(約30万m/s)までしか出ないって事は無いの?

911 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 09:14:05.84 ID:0Ry/jZDA0
>>910
> >>852
> 光もヒッグス粒子の影響を受けて今の光速(約30万m/s)までしか出ないって事は無いの?

答え

光に質量はない

919 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 09:31:58.64 ID:xp80orF/0
>>911
光子にも質量がある例外的状況はありますよ・・・

922 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 09:36:24.69 ID:BLFS8TUb0
>>919
KKとか物質中とか、電磁気力がスクリーンされる状況は
いくらでも考えられるけど、それは光子では無かろう。


923 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 09:39:55.72 ID:xp80orF/0
>>922
いや、それじゃなくてね。
仮想光子は、不確定性原理から質量を持ちます。


940 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:04:33.82 ID:Himj8YCx0
日本だったら即仕分け対象だな

国民の生活向上に役立たない研究などいらん
はやぶさ2とかな

947 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:26:37.02 ID:sv6o8xIf0
>>940
おまえ、それは過去の中国、朝鮮の科学に対する態度だぞ。近い将来に悲惨なことになる道だぞ。

955 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:49:46.27 ID:OVgSjKkB0
>>1
>現代物理学の基礎である標準理論を説明する粒子の一つ

発見されていない物をどうしてあるという前提で探しているんだい?


http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1323304209/l50人気ブログランキングへ

ニュース【社会】観測史上最大のブラックホールが二つ見つかる…太陽の約100億倍の重さ

1 : ◆SCHearTCPU @胸のときめきφ ★:2011/12/05(月) 23:38:05.02 ID:???0 ?PLT(12556)
観測史上最大のブラックホールを米カリフォルニア大などの研究チームが発見した。

太陽の約100億倍の重さがあり、銀河がどのように形作られてきたかを解明する
手がかりになる成果という。8日付の英科学誌ネイチャーに発表される。
研究チームは、ハッブル望遠鏡や米ハワイ・ジェミニ天文台などで観測し、
地球から3億2000万光年離れた銀河に、太陽の97億倍の重さを持つ
ブラックホールを発見した。3億4000万光年先の銀河にも、同程度か、
それ以上の重さのブラックホールがあった。

これまでに見つかった最大のブラックホールは太陽の63億倍の重さ。
非常に明るい天体であるクエーサーは、太陽の100億倍以上の重さの
超巨大ブラックホールからエネルギーを得て光を放っていると考えられており、
そのようなブラックホールの探索が続けられていた。

*+*+ YOMIURI ONLINE +*+*
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20111205-OYT1T01203.htm

13 :名無しさん@12周年:2011/12/05(月) 23:41:47.31 ID:1sYiclGn0
最近思うことだが
宇宙には数字っていうのは意味が無いのかもね
あくまで人間の産んだ数字、数学であって無関係なのかも

48 :名無しさん@12周年:2011/12/05(月) 23:58:07.57 ID:1sYiclGn0
なんで有限の世界に無限大なんてのがあるのかね?
意味が分からん

80 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 00:14:50.23 ID:gwLIeut20
>>48
10÷3の答えの桁数とかいっぱいあんだろ

85 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 00:15:58.58 ID:i//l0ECQ0
>>80
そりゃ概念だから
人間の設定に間違いだの矛盾だのがあるのは普通
だがこれは宇宙の話しだからね

90 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 00:19:23.58 ID:gwLIeut20
>>85
ブラックホールの中を直接見てきたの?
理論上無限大になるっていう点で算数と変わらないんだが

95 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 00:22:29.01 ID:i//l0ECQ0
>>90
君の言ってることはこういうこと
人間は数学基準で∞だと言ってる
これ
実際宇宙にとって実際は∞という概念が当てはまるとも限らん
それは数学ではないからね、数学で当てはまるなら回答はでるし出てるでしょ
基本的にレスがずれてる

108 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 00:26:43.76 ID:gwLIeut20
>>95
だからそれに対して学者の報告ではない本当の現象を知っているのかと言っているんだが
お前が知っている宇宙は人間が作り出した宇宙じゃないの?

116 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 00:30:01.75 ID:i//l0ECQ0
>>108
論理的におかしいでしょw
知ってるのなら俺が発表してるよ、故にそんなことを話すわけがない
ただ違うってのは言えるでしょって言う話し
そもそも無限って想像すらできないでしょ、数学ではこういうにすれば導ける、姿が見えるとしてるだけ
でどうなの?というとたぶんの域はでない

125 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 00:34:34.94 ID:gwLIeut20
>>116
無限なんて簡単に想像できるだろ
円一個書いて終わりじゃねーか(円周の話じゃないぞ)

153 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 00:44:34.76 ID:pbg/T+7F0
おまいら 137億光年先の宇宙は光速よりはやく 光速を超えて 遠ざかってる。 だから宇宙は無限だ。 

わかるな。光より速いんだぞ。空間が伸びるのが。 これルール違反じゃない?アインシュタインの相対性理論から言えば。



163 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 00:49:18.32 ID:S9jJJh8rO
>>125
それは1次元平面にしか通用しない概念では。
2次元球面(地球表面)に住んでいる人間が
宇宙の少なくとも三次元以上の多様体(四次元空間にある形)を
想像する事は簡単ではないと思う。有限であろうとなかろうと

167 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 00:51:10.92 ID:tGd99zRU0
>>153
相対性理論は物質が光速を超えないと言っている
空間には適用されない
空間に適用してしまうとビッグバンが成立しなくなる

181 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 00:56:42.07 ID:gwLIeut20
>>163
いや、そーなんだけど
たとえ話をなくすと、辞書どおり「無限とは限りが無いことだ」しか書くこと無いし

「無限の半分って、やっぱ無限なの?」とかは面白い話だけどね

184 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 00:58:20.27 ID:ootlgMCB0
昔の地球はこんなだったんだから大した進化だ
http://4.bp.blogspot.com/-wFFiS62xrj0/TkxN2pBEocI/AAAAAAAAAnE/O9nJ0ywcA-s/s1600/turtle-earth.jpg

189 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 00:59:30.39 ID:pbg/T+7F0
>>167
空間とは何でしょうか? 
伸びる空間のことですが。
事象的に物質が光速を超えていますよね?


197 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 01:01:03.80 ID:OaDu2zhO0
>>184
これって、何時の何処のものなの?
象が背負ってる地球が平らじゃなく半球なのが面白い。

199 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 01:02:07.76 ID:gwLIeut20
>>189
空間は物質が無い空いたところ
だから物質とはわけて考える

210 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 01:06:10.11 ID:pbg/T+7F0
>>199
宇宙の銀河と銀河の間は何もない空間と思いきや

あなたの言う空間とはそれとは別の空間のようですね。 正体はなんですか?



214 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 01:08:26.20 ID:S9jJJh8rO
>>189>>199
物質はその元となる素粒子が集まった物、素粒子はエネルギーが凝縮した場
場の量子論では、真空でも空間は「場やエネルギー」に満たされていて
穴が空いた所を反物質と考える
つまりプランクスケールで考えたら、物質と空間に厳密な境などないよ

226 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 01:16:14.07 ID:gwLIeut20
>>210
俺も何も無いよって言ってるんだけど
どうやら宇宙は豊かなところらしい

244 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 01:27:16.93 ID:S9jJJh8rO
>>226
理論物理学でいう6次元は単に数学的な概念で
まぁ虚数方向に小さくまとまった空間で、人間が感知できない次元
超ひも理論では素粒子をヒモと考えた時、その場に起因する余剰次元とされてる
理論だから確かめようがないが

あの世とかオカルトめいた領域じゃない

251 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 01:31:44.45 ID:fhANA3ap0
>>244
> 人間が感知できない次元
> 確かめようがない

オカルトと変わらんね

本当に、数式の宇宙のすべては語る事が出来るのかね?
数式と観測がセットで証明されてないと科学的事実とは認められないんでしょ


255 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 01:34:18.83 ID:r3fPZbZO0
>>251
「足りないこと」を証明している暗黒物質・暗黒エネルギーは
観測されてないけど科学的事実として認められてるよ

259 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 01:37:40.62 ID:gwLIeut20
>>251
虚数は知覚出来なくても計算できるでしょ
でもオカルトじゃないよね

263 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 01:41:12.33 ID:fhANA3ap0
>>255>>259
予測されてるだけじゃないの
である筈 って定説な事じゃないんだ?

観測されても居ないのに認めちゃう姿勢は科学者としてどうなの?
物理学としては良くても、科学全体としては不完全じゃないのかな
万が一、紙の上の数字の辻褄合わせだったとしても、科学的事実になっちゃうのか

267 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 01:45:39.55 ID:gwLIeut20
>>263
その辺ジョークがあるな

ある国を数学者と物理学者と詩人が一緒に電車で旅行していた。
すると、窓から牧場が見え、そこには1匹の黒い毛の羊がいた。

詩人:この国の羊の毛は黒いんですね。
物理学者:いえ、この国には黒い毛の羊が少なくとも1匹いるということしかわかりません。
数学者:いえ、この国には身体の少なくとも片側の毛が黒い羊が少なくとも1匹いるということしかわかりません。


268 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 01:46:13.37 ID:YtAgbmHL0
>>181
>無限の半分って、やっぱ無限なの?
だから「密度が無限大なら質量も無限大?」と聞いているのですよ
「無限大密度×有限体積=有限質量」となる理屈が理解できない
数学と物理学は違う、ですか?

272 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 01:49:10.01 ID:S9jJJh8rO
>>263
つか、直接観測出来ない物を認めないというなら、
人類は電子ですら「直接観察」したわけじゃないん無いんだぞww
勿論クォークもニュートリノもだ。

君は人類が素粒子を「直接観測」したと思ってたわけではあるまいなw?

あと、準結晶だって三次元だけの現象では説明がつかず、余剰次元に起因すると予測されてる
余剰次元は観察されていないが、この四次元時空間だけでは説明のつかない
「現象」は確かに観察されている
量子の世界では、余剰次元の影響としか考えられない現象のオンパレードだ


273 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 01:50:45.45 ID:gwLIeut20
>>268
パースのかかった絵でも書いてみれば?
奥行きを表す三角形が無限を内包してるでしょ

274 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 01:52:45.94 ID:5oEytHR90
>>268
密度が無限大で体積が無限小なんですよ

275 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 01:55:28.49 ID:fhANA3ap0
>>267
なるほどね~ 面白いねw
>>272
今の科学では、間接的に確認出来て間違いがない と言う所までは行ってるから
科学的”常識”になったんじゃないの?
それまでも、科学的事実だったのかな
今後は直接、現象を観察出来るかも知れないし、
次元を超えた現象で無い、本質も判るかも知れないじゃないのかい


281 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 02:05:31.43 ID:YtAgbmHL0
>>273
理解できない
>>274
理解できるような気がするが、電子でさえ「体積が無限小」ではない
ブラックホールは物質ではないのですか?
それ以前に、この質問は物理学的には無意味ですか??

468 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 09:39:57.53 ID:9RdrXsjmO
>>1の記事は間違いだらけだ。
この宇宙に人命より重いものは無い。
つまり、地球こそがこの大宇宙で最も重いのである。

500 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 11:26:44.62 ID:Rdgq8u3N0
光も粒子性を持つように、空間や時間も粒子性があるに決まってるだろJK
宇宙に点なんてものは存在しないんだよ。

501 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 11:48:11.44 ID:LXHHILhm0
初めにブラックホールなんて名付けちゃったから
みんな穴と思っちゃうんじゃないのか?
びっくり箱とかみたいな名前にすればいいじゃん。


503 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 11:55:13.54 ID:S9jJJh8rO
>>500
>>光も粒子性を持つように
>>宇宙に点なんてものは存在しないんだよ。


全く話が噛み合ってないんだが

505 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 11:58:48.34 ID:LHGtLZ8/0
>>501
穴だし
穴に落ちる前にいろんな事が起こるってコト
実際に物が穴に落ちる事が可能なのかオレはわからん

520 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 12:32:09.54 ID:Gnfkufh10
>>505
ブラックホールって天体だろ?星の一種だろ?
密度の超濃い星だろ?

「穴」っていう概念がわからん。
パルサーとか中性子星までは天体で
もうちょっと密度が高くなってブラックホールになったら「穴」なのか??

530 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 12:51:36.78 ID:LHGtLZ8/0
>>520
ブラックホールは密度の高い星のなれの果て
なぜ形ある星だと思いたいのかわからんが、そこに星がなごり

物が無い“無”の状態だけではなくて、
空間も時間も無い、物を置いておける入れ物自体が無い“無”を想像できるだろうか
それが想像できるなら“事象の地平”ってのを想像できるだろうか

当然、光の反射も無いから真っ暗闇の場所なんだけど、
相対性理論的に引力も観測不能で、時間も計測不能

近づけば近づくほど、頭と足先にかかる引力の差で体が引きちぎられ、素粒子にまで分解される
遠くから見てる人には、落ちてる人は止まっているように見える
落ちた先に地面があるわけでもない
事象の地平で物質は分解されちゃうからね

536 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 13:02:18.40 ID:JHJlTTch0
>>530
光が脱出できない重力圏を持つ、高密度天体では認識が違うということかえ?
大質量の巨大ブラックホール同士の融合を「穴」でどうやって説明するん?

542 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 13:18:54.69 ID:LHGtLZ8/0
>>536
天体で間違い無い
>>520
> 密度の超濃い星だろ?
> 「穴」っていう概念がわからん。
と言ってるからそれに対してのレス

穴同士の融合こそ説明しやすいじゃないか
水面の油膜の、“油膜の穴”の融合を想像するように
ブラックホールも元あった星の重さは維持してるんだから互いに引き合うしくっつきもするでしょ
そのお互いのシュバルツシュルト半径(事象の地平)内ではどういうメカニズムになってんのかわからないけど

546 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 13:28:37.75 ID:JHJlTTch0
>>542
水面上における油膜の穴は、ここでいう穴と全く違うと思うが・・・・
空間が破れて穴が開いていると主張しているのかと思ったのだが、
あなたの言う穴の定義がよく分からない。
現在の物理学で説明できない事象を指して「穴」と呼んでいるのか?
520もきっと穴の意味をそうは捉えてないと思うぞ

551 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 13:45:28.66 ID:S9jJJh8rO
>>552
逆に聞くけど君の言う「物理的な穴」の定義は?

552 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 13:46:11.49 ID:zb8gdqUmO
重さとかあったのか

557 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 13:52:24.48 ID:LHGtLZ8/0
>>546
> 空間が破れて

なるほど
アニメや特撮でありがちな並行世界へ繋がる穴とか、そんなイメージ?
人によって“穴”に対するイメージが違うんだな

先ずは自分がイメージしてる穴を言わんと分からんわ

オレのブラックホールのイメージは相対論を理解した上でのイメージ
それはその通りに物を吸い寄せる穴だし、空間を極大に歪めた穴
蟻地獄のような穴を、他にどう表現したらいいんだつ~の

> 現在の物理学で説明できない

物理学とか化け学とか、ジャンル分けすんなよ
それぞれがオレらのいるこの世界の仕組みを見たまんま解明して法則を利用しようとしてるだけなんだから

558 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 13:53:03.28 ID:JHJlTTch0
>>551
質問を質問で返す奴は・・・・・・は、とりあえず置いておいて

よく分からんが>>501>>505を読んで
宇宙空間に開いた異次元にでも繋がるワームホール的なものを
主張しているのかと想像した
実際に ID:LHGtLZ8/0  の返答が来ないと何とも言えんが


560 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 13:58:07.66 ID:LHGtLZ8/0
>>558
> 宇宙空間に開いた異次元にでも繋がるワームホール的なものを
> 主張しているのかと想像した

キミの思い込みだ

ブラックホールの基礎というか、相対論的なイメージを持っているわけじゃないんだな

568 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 14:06:49.51 ID:JHJlTTch0
と、思ったら返答来てたw

>>557
ああ、やっぱり齟齬が起きてたか

>>560
あるよw
物理的な側面の話を520はしてたのだから
相対論面で話を切り替えるなら、そこはまず前置きしないと語弊の元だよ

573 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 14:18:50.47 ID:j1LZpEnU0
ブラックホールは穴ではないんだよ。言葉上そのようにいわれるけど。
見た目が穴のようにみえるだけ。
光が抜けられなくなるシュヴァルツシルト半径は観測上真っ暗な穴のようにみえるけど、
その中にも空間はある。
その奥に特異点といわれるブラックホールの本体があり、
体積0で質量膨大の点があると推定されている。
べつの世界につながっているというのは、
SF作家の作り話だよ。

579 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 14:26:51.56 ID:LHGtLZ8/0
>>568
・・・あのさ、自然界の法則だろうとなんだろうとジャンル分けしないと気が済まないのか知らんが
“相対性理論”という物理の法則を説明した理論なんだわ

「相対論で語られる別世界」の話なんてないから

年代で区切るなら古典物理をニュートン力学とか言ったりするけど、
そのニュートン力学も全て相対論の法則が当てはまるんだわ

魔法の話とか、呪術の話をしてんじゃないんだわ
オレらの居る世界はどこでも現代物理とやらの法則が働くんだわ
それは人が見つけたもとからあった自然の法則のこと
文学者の脳内でも身の周りでも、宇宙の果てでも、どこでも

580 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 14:31:19.05 ID:JHJlTTch0
>>579
あなたが説明下手である事はもう分かったからw
掲示板で火種を撒くタイプだね

590 :名無しさん@12周年:2011/12/06(火) 14:45:05.73 ID:ic6osVkc0
ブラックホールは極限まで重力崩壊して素粒子と化して、素粒子の集合体となって重力もなくなり、それはつまり宇宙空間と同一となって何もない無に還るであってる?まったく素人でイメージで捉えたんだが
この過程で吸い込んだ反動とかもエネルギーの放出しかなく、ただ素粒子に還るだけなんかな?


http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1323095885/l50人気ブログランキングへ

学ばないブログ
忍者AdMax
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ