いてつくブログ

2ちゃんねるのスレッドをコピペしてまとめてみるブログ

薩摩

ニュース【テレビ】NHK「14年大河」ホントは「島津義弘」だった(ゲンダイネット)

1 :禿の月φ ★:2012/10/27(土) 17:21:23.31 ID:???P
<朝鮮出兵がネック>
3週連続で1ケタ台の視聴率にあえいでいるNHK大河「平清盛」。
21日の放送は関西地区で7.5%(ビデオリサーチ調べ)を記録し、
またまた過去最低を更新。最終回(12月23日)まできっちり放送するというが、
クライマックスの源平合戦を待たずして“討ち死に”状態である。

早くも話題の中心は次の大河に移っていて、13年は綾瀬はるか(27)主演の「八重の桜」、
14年は岡田准一(31)主演の「軍師官兵衛」と先日発表になったが「本当は『島津義弘』が当確だったが、
二転三転し、黒田官兵衛になった」というのはNHK関係者だ。

14年大河を巡っては、発表の1カ月前にも一部スポーツ紙が「明智光秀が有力」と報じている。
しかし、フタを開けたら「官兵衛」になっていた。舞台裏で何があったのか――。

島津義弘は、織田信長や豊臣秀吉と同世代に活躍した薩摩の戦国大名。
島津家中興の祖といわれた第15代当主・貴久の次男で、兄の義久を助けた島津家最強部隊の将だ。

関ケ原の合戦では300足らずの兵で敵中突破したことで有名。
他にも、文禄の役と慶長の役で朝鮮へ出兵し、明の大軍相手に
勇敢な戦闘力を発揮したことで知られる。(>>2以降に続きます)

ソース:Infoseek ニュース/ゲンダイネット
http://news.infoseek.co.jp/article/27gendainet000177457

2 :禿の月φ ★:2012/10/27(土) 17:21:37.81 ID:???P
>>1からの続きです)
「その豪快なエピソードがネックになった。朝鮮出兵は義弘公の見せ場のひとつ。
“鬼島津”と恐れられたという資料も残っている。絶対に外せないシーンだし、
申し分ない“山場”です。が、8月に勃発した竹島の領土問題で日韓が揉めている中で、
局内から難色を示す声が出た。物議を醸すような事態を避けたわけです」(NHK関係者=前出)

義弘公の地元・鹿児島は県を挙げて大河の誘致活動に積極的だった。
数年前には鹿児島にゆかりのある人物でプッシュしようと署名活動までし、
09年には「観光かごしま大キャンペーン推進協議会」を発足させ、
昨年10月にNHKへ要望書を提出していた。

大河の舞台となった地元への経済効果は絶大で、
08年の「篤姫」は鹿児島県内に262億円をもたらした。
コトなかれ主義で弱腰なNHKと野田外交に振り回されては、
義弘公もいい迷惑である。(了)





99 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 17:42:24.10 ID:QMxm7r150
真面目な話
島津義弘は大河ドラマで
絶対に主人公に出来ない
それは韓国、中国に配慮しての大人の事情というのを
読んだことがある

アメリカがカーチス・ルメイを1年通してドラマにして
ゴールデンタイム流すようなものらしい

168 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 18:02:38.97 ID:QMxm7r150
カーチス・ルメイの例え話だしたものだが
日本は別に彼を主人公の1年間ドラマにしても気にはしないと思う。
それは日本人が大人の国で特亜のような中学生の国じゃないからね

ただアメリカ人が日本人に対して変な優越もったり、対日戦の正当性を
再び声高に訴えると戦後60数年かけて培ってきた親米・親日感情が
失われるとつまらんから。

これをアメリカを日本、日本を韓国に読み替えたらなんとなく
理屈はわかると思うんだが

204 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 18:12:00.11 ID:RQ/XHTHF0
個人的には近代史をやってほしいわ
個人的には西園寺公望だと
同志社の新島襄に対抗して、立命館の彼ってのもあるし
絶妙に韓国関係をスルーできるし、明治維新から太平洋戦争直前まで
近代史をほぼ全域カバーできる

あとは原敬、後藤新平あたりもそんなに歴史認識の問題も絡まないでしょ

214 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 18:14:33.68 ID:rnKsYAOD0
>>168
培ってきたっつうか日本が一方的に譲歩してやってただけでしょ
しかもその努力もむなしく既に友好なんて失われてる
その時代を生きた人間もいないし変に配慮する必要なくね
チンギスハーンの映画をモンゴルが作ったとして支那人が怒るか?

377 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 19:36:38.46 ID:GN8rQKPx0
竜造寺隆信はダメなの?



412 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 19:57:12.16 ID:S/zKr7Yx0
薩摩島津こそ戦国最強。幕末も最強。
常に最強。
今の日本を作ったのも薩摩。


439 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 20:17:41.57 ID:NI8PNNWT0
>>412
薩摩だけ異常なんだよな、人の育て方やら何やら
肝練りなんて普通やらんて。そりゃ死も恐れなくなるわな

441 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 20:18:28.31 ID:10FvUnpVP
平清盛で朝廷を王家と呼ばせてる時点でお察し

朝廷や帝と呼ばないのは朝鮮人だけ

487 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 21:13:20.44 ID:jEyjssJt0
島津義弘の大河がないのは朝鮮より鹿児島が原因なんだけどね
地元が明治維新を推すから大河を作るときはどうしても西郷や大久保が主人公に選ばれるという
まあ、思考の中心に朝鮮が居座ってる2chの人には理解できない話なんだろうけどさ

490 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 21:17:18.50 ID:usnFwYLa0
地元が何推しても最終的にはNHKが作るんだろーが

491 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 21:18:21.16 ID:n8/NUld+0
>>487
それなら、明治のとぶが如くが大河になったことと
矛盾するだろうが。

492 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 21:22:52.51 ID:jEyjssJt0
>>490
鹿児島の自治体はせっせと維新期の英雄を大河化してくれとNHKに陳情に行ってるからね
同じ鹿児島を舞台にするなら島津義弘公より地元が推してる西郷さんをやろうってなる訳さ

>>491
とぶが如くの主人公は西郷と大久保だろw

まあ思考の中心に朝鮮が居座ってる2chの人には理解できない話なんだろうけどね

514 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 21:30:32.80 ID:n8/NUld+0
>>492
一度やったものじゃん。
なんで、またやれと地元がいうんだよ。

518 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 21:32:45.54 ID:jEyjssJt0
>>514
思考の中心に朝鮮が居座ってる2chの人には理解できない話かも知れないが
鹿児島の人にとって英雄と言えば西郷さんで義弘公は一番じゃないんだよね
だからどうしても鹿児島の自治体は西郷さん(&大久保)で大河をまたしてーと希望するわけ

523 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 21:36:03.91 ID:n8/NUld+0
>>518
西郷は好かれているだろうが
大久保は鹿児島では
西郷からおくれて、銅像ができたくらい
きらわているし、
島津公が、関が原から戻ってきたときの祭りもある。
で、また明治をやれといっているソースはあるのかよ。

537 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 21:45:34.61 ID:jEyjssJt0
ま、チョンがぶった斬られる大河が見たいなら地元と温度差のある義弘公より
熊本の自治体も推してる加藤清正公が主人公の大河に期待した方がいいかもね

549 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 21:51:28.74 ID:Ch3MTpCW0
明治天皇なんでやらないの?

559 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 21:58:21.42 ID:6GjjKrDD0
>>549
明治天皇って現実にはなにもしてないし

562 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 22:00:29.50 ID:26QI5X7f0
>>537
清正は民間人も虐殺したからな
帰り際に釜山で略奪して火を放った鬼
是非やってほしい

567 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 22:06:19.84 ID:jEyjssJt0
>>562
そんなエピがあるのは知らなかったわ
肥後一揆でも小西行長が開城交渉しているのを無視して撫で斬りにしたし
結構ヒャッハー系なのね清正公w

578 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 22:14:50.47 ID:zpMktNqj0
>>567
肥後一揆では鎮圧のためにやってきた豊富配下の武将や官僚が肥後を略奪しまくって
特に人さらいしまくって一山いくらで上方に行く和船や東南アジアに行く南蛮船に叩き売った

やりすぎて秀吉から、日本人売るなと禁令が出たくらい

579 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 22:15:08.22 ID:x7XRmFFT0
>>567
死因も梅毒とも言われてるし、清正は北斗の拳だったらモヒカンでバイク乗ってる連中の長

580 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 22:16:09.30 ID:QWeF2pdB0
島津を誅伐出来なかった家康はこのことが心残りで、死に臨んで遺体を薩摩に向けて葬るように遺言を残したとされる。家康の憂いは250年後、倒幕運動という形で現実のものとなる。

薩摩って戦国時代から最強だったんだな

583 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 22:18:24.26 ID:jEyjssJt0
>>578
上杉謙信や武田信玄も人身売買してたって話あるよね
当時はわりと普通だったのかな

>>579
清正wwwwwww

586 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 22:21:13.96 ID:ku+/zzJiO
>>583
普通と言うか当たり前の行為
海外に売るのがセンセーショナルだから話題になるけど
国内では割と頻繁に起こってる
食えなくなると人と土地を奪う為に戦してた訳だから

588 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 22:22:27.65 ID:zpMktNqj0
>>583
人さらい、人身売買は兵隊の貴重な収入元で、禁止すると士気が落ちて勝手に逃げちゃうぐらい

ただ、東国は基本的に人をさらって親族に買わせる事が多かったけど
九州ではそのまま南蛮船でどこかへってのも多かった

594 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 22:24:29.53 ID:3m5NVGVW0
島津はある意味「とっておき」の感あるので慌てる必要はないが・・・

大河ドラマは昔のように真実性を追求しなきゃダメだと思います
フィクションが真実性を放棄すると途端に「ゴミドラマ」「学芸会」になります

くれぐれも配役は芸能事務所の政治力や
F1世代とかに阿ったジャニタレとか止めて
舞台・映画等で存在感ある俳優さん起用を望みます


599 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 22:25:34.61 ID:jEyjssJt0
>>586
>>588
人間が一番価値がある分捕り品だったのか

海外に売られた日本人はどんな生活送ったのやら (((((( ;゜Д゜))))))ガクガクブルブル

600 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 22:25:53.41 ID:0BOLjT5z0
>>594
そういうの追求してみようと思った風林で爆死してファンタジー篤姫が数字取るからもうそういうのは無理だ

602 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 22:26:52.63 ID:3m5NVGVW0
>>600
それはメインの視聴者自体の質が下がったってことですかね?

615 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 22:33:06.97 ID:0BOLjT5z0
>>602
坂の上の雲も爆死したようにああいうのは今時代ウケないんだろうね
たぶん朝ドラみたいな明治大正昭和女の一代記を大河でやったほうが数字取れると思う

616 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 22:33:31.02 ID:zpMktNqj0
>>599
一番多かった時は東南アジアに10万人以上いたらしい
東南アジアの王族も、東インド会社あたりの西欧人も日本人奴隷抜きでは生活できなかったし
売られた以上に多かった、自分からそっちに行って一旗あげようと傭兵家業やってた奴らもいて、
現地の戦争も日本人無しでは考えられないくらいだったらしい
もちろん戦国時代の続きがやりたくてそんなところに行く奴らだから、
当時の東南アジアでは日本人の傭兵団の評判は、強くて勇敢だが平気で嘘をつき、
略奪が多いなど、とても悪かったんだと
なおそういう兵隊たちの名前一覧がいくつか残っているが、
本物の武士はほとんどおらず、足軽や百姓がほとんどなんだと

620 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 22:34:17.48 ID:ENrJxLba0
>>559
でもさ、明治帝が存在しなかったら、
明治維新もその後の躍進もなかったんだよ。
薩長の権力、正当性の拠り所なんだから。

637 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 22:39:31.61 ID:KtDkIFjM0
李舜臣の戦略は日本に大きな影響を与えたしな、大河やる価値はある
東郷平八郎の愛読書も李舜臣の水軍兵法だったし
李舜臣と王家の姫とのロマンスもあるから女性層にも受ける

640 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 22:41:22.38 ID:TlNaYnQp0
>>637
最後は悲劇的な幕切れだし、面白そうではあるな

でも大河ではやらんでいいけど

642 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 22:42:22.68 ID:w2M3Sb8z0
>>580
島津、自体が鎌倉幕府から守護で薩摩入りしたから 
途中で本家と分家で入れ替わったけど800年程から存在する名家だから
毛利もだけど、毛利は国人。


649 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 22:46:02.19 ID:jEyjssJt0
>>642
島津は秦氏の末裔で渡来系
日本古来の土師氏の末裔である毛利の方が偉い


655 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 22:46:58.88 ID:O4xogT6RO
>>642
佐竹は平安から、毛利伊達細川上杉は鎌倉から幕末まで続くけど
島津みたいに700年間ずっと同じ場所に本拠地ある武家はいないよな

657 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 22:47:50.17 ID:KtDkIFjM0
>>640
最期は感動のラストシーンだな、全身に銃弾浴びながら最後の日本軍を撃沈してから力尽きる
やばい、想像しただけで泣けてくる、悲劇の主人公とか王道中の王道だわ

658 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 22:47:59.85 ID:zpMktNqj0
>>649
島津は源頼朝の妾の一番年長の子だから、バリバリの源氏だよ!頼朝が2歳の時の子だよ!

665 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 22:49:58.64 ID:PNimap530
朝鮮のことは軽く流しても関ヶ原とか見せ場けっこうあると思うんだけどな
秀吉家康三成とか大物も色々絡ませられるし

670 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 22:52:13.82 ID:jEyjssJt0
>>658
ご落胤伝説なんて信じないよ!

>>665
最後は薩摩に逃げ帰ってきて兄貴に幽閉されておしまいって地味だと思うのよ

683 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 22:58:18.43 ID:w2M3Sb8z0
>>670
義久の外交上手が目立つな。
大兵力の睨み合い薩摩藩領地入れず&徳川が熱望する明貿易の妨害。

家康は結局、軍事外交でも負けたんだよ。
だから、関ヶ原西軍で唯一領土安泰。

684 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 22:58:41.01 ID:euY/rQro0
前半の九州三国志は、信長や秀吉出ないと興味持てないライト層を逃さない工夫が必要だが
大友宗麟や龍造寺隆信をアクの強い役者に怪演させれば、意外と盛り上がると思う
実際あの二人はかなりのキチガイだったしw

695 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 23:02:46.05 ID:jEyjssJt0
>>683
兄貴と仲たがいして勝手に出陣して負けて帰ってきて兄貴に助けられる主人公では締まらないし
ラスト考えると義弘公より義久公主役の方が良さげ

697 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 23:02:54.43 ID:TlNaYnQp0
>>684
でも龍造寺隆信って、そんな酷かったんかねえ
沖田畷では四天王の面々は当主討死を知ってから、突撃かけてんだよな

698 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 23:02:54.51 ID:crpH/2B50
義弘は九州統一してイスンシンぶっ殺して関ヶ原で的中突破だからな
面白いに決まってるわ

新島八重(笑)

701 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 23:04:42.46 ID:w2M3Sb8z0
>>695
無難に又七郎・家久でええけどな…

703 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 23:04:51.88 ID:Gs0DyYuM0
>>698
敵中突破(爆笑)
実際には目の前を通り過ぎようとして追撃された負け犬であって、そりゃ歴史改竄だろ。

716 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 23:08:45.78 ID:6GjjKrDD0
ここまでのスレの流れを見てもクロカンは無難な選択だったなとつくづく思うわ

723 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 23:09:41.60 ID:euY/rQro0
>>697
実際どうかは分からないが、自分の中では粛清マニア、大酒呑み、母ちゃんに頭上がらず
という、マッドなジャイアン的なイメージがあるが・・・

大友宗麟は太平記のフランキー堺みたいな怪演できる人を望みたい

735 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 23:12:40.95 ID:TlNaYnQp0
>>723
人質ころしたり、色々ヤバいことはやってるし
それで百武に怒られたりしてるな

738 :名無しさん@恐縮です:2012/10/27(土) 23:15:21.83 ID:zpMktNqj0
ほのぼのホームドラマ「宇喜多直家」
戦場に咲いた兄弟愛

784 :名無しさん@恐縮です:2012/10/28(日) 00:04:25.20 ID:zR6zYGiCO
無能なのは久光くらいかな、島津家って。

791 :名無しさん@恐縮です:2012/10/28(日) 00:09:26.87 ID:Bjy0jQAe0
>>716
無難すぎてつまらないな

851 :名無しさん@恐縮です:2012/10/28(日) 02:12:17.61 ID:r296l8sM0
島津はやってもいいだろ
むしろなぜやらない

853 :名無しさん@恐縮です:2012/10/28(日) 02:27:06.73 ID:jj5/lBeO0
>>851
順番待ちだろ。

真田でさえまだやって無いんだから。

878 :名無しさん@恐縮です:2012/10/28(日) 03:53:49.98 ID:LEccTnKZ0
島津ってまともな敵と戦ってないのに何で最強説あるの?
相手が強い関ケ原だと負けて壊走してるよね?


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1351326083/l50/../人気ブログランキングへ


ニュース日本人が「侍でござる!日本刀でござる!」って言ってる間に、海外は銃で戦ってたんだよな・・・

1 : バーマン(岡山県):2012/09/08(土) 23:42:23.52 ID:FS7l5/Kd0 ?PLT(12331) ポイント特典

★海外「魂を持つ唯一の武器」 名匠の日本刀造りの光景に外国人感動

今回は日本刀の刀工の一派、月山の刀匠である、
月山貞利さんのドキュメンタリー映像から。

動画は全編日本語ですので、詳細は映像をご覧ください。

それではさっそく動画のその反応をどうぞ。



■ 日本刀を知る上で動画は本当に勉強になった。投稿ありがとう! +31 アメリカ 

■ 彼が造りあげる刀は本当に美しいと思う。 +5 フランス 39歳

■ 細部の凝りようには素晴らしいものがあるよね。 +23 アメリカ 34歳

■ 何て素晴らしいんだ。日本の刀は比類のないものだと思う。 ペルー

■ 素晴らしい!!!
  あの刀を手に入れようとしたら、とんでもない大金が必要なんだろうなぁ。 国籍不明

http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-553.html

66 : アメリカンショートヘア(内モンゴル自治区):2012/09/09(日) 00:12:19.07 ID:PJsT+GBCO
日本は刀鍛冶が西洋銃を分解して図面を取り同じものを直ぐに作れるからスゴいよな。からくり師が蒸気船見ただけで仕組みを推理して蒸気船作ったり。半島では聞いたことが無いな。西洋人から銃とか献上されてないのかよ。

95 : パンパスネコ(大阪府):2012/09/09(日) 00:44:00.32 ID:qOMOBmin0
人を殺○ための道具に龍の装飾なんているのか?

96 : 白(大阪府):2012/09/09(日) 00:44:13.33 ID:FBWjCeIC0
ついでに言うと日本に火縄銃が伝わったころの銃の威力はオモチャよりマシレベルでとてもじゃないが実践で使える物ではなかった
これ豆な

100 : ジャングルキャット(福岡県):2012/09/09(日) 00:47:09.30 ID:qhT5IYvE0
>>95
鎌倉期の刀が最も切れ味が良く
以降は質が落ちていったという
武器としての刀は実用の点で他の武器に劣るから
装飾としての付加価値の方が大きくなっていく

109 : マーブルキャット(神奈川県):2012/09/09(日) 01:06:47.23 ID:ZDhCCOQ30
どちらかと言うと銃で戦ってたのは日本とかアフリカだろ
ヨーロッパは売って儲けてた
日本は国内で作りまっくて同じ民族同士で撃ち合ってた土人

132 : クロアシネコ(東京都):2012/09/09(日) 02:00:04.18 ID:lhvDKKMm0
銃伝来前の日本のいくさは、弓(遠距離)・投石(中距離)・槍(近距離)がメインウェポンだった

137 : ツシマヤマネコ(やわらか銀行):2012/09/09(日) 02:08:05.67 ID:7Hc4wZ+C0
戦国時代終わってから、武士が武士の誇りなどを語り出して刀を神聖化しだしたんだよ
それまではただの道具、むしろ戦場ではあまり使い物にならない武器
武士身分を強調しないと平和な時代は存在価値が無いからね

139 : ライオン(北海道):2012/09/09(日) 02:10:18.20 ID:kXiGS3P20
>>132
銃が無い頃で言うならヨーロッパとも大差は無いな
ただし、銃が本格的に流行る前に日本は泰平の世を迎えたから戦術レベルでの進歩は無かったけど
海外だと銃を用いた戦術の進歩があった。で、導き出されたのがこの戦法

http://www.nicovideo.jp/watch/sm4124957

「基本的に先に撃った方が負け。相手の目の色を確認出来るまで接近するのがベスト」だそうな。
こっちもこっちで大分狂った戦い方をしてたと思うよ

158 : ユキヒョウ(dion軍):2012/09/09(日) 03:38:28.36 ID:r2rjiLGgP

関連動画にあったこれ途中からなんか変だなあと思ってたら
中国人じゃねえか

180 : ボルネオヤマネコ(関東・甲信越):2012/09/09(日) 05:42:03.27 ID:Codo6KFMO
そもそも日本の職人にも鉄砲を開発する能力はあったんじゃないか?
ただ美しくないし、武士の精神に合わないから作らなかったんだろ

183 : サイベリアン(関東・東海):2012/09/09(日) 05:53:56.09 ID:u603hhHeO
>>180
ないよ
作り方を教えて貰うか現物見て試行錯誤の後になら可能だけど
弾自体が爆発して飛び出すことの発想がなかったから
自分達だけで発明して製造するのは到底無理

193 : ライオン(dion軍):2012/09/09(日) 06:32:27.42 ID:co7MJ11l0
>>137
日本刀の芸術性は平安時代から中国に知れ渡ってたよ。

欧陽脩(1007~1072)
昆夷道遠不復通。世出切玉誰能窮。 宝刀近出日本国。越賈得之滄海東。
魚皮装貼香木鞘。黄白間雑鍮与銅。
【真鍮似金 真銅似銀】 百金伝入好事手。佩服可以禳妖凶。
伝聞其国居大島。土壌沃饒風俗好。其先除福詐秦民。採薬淹留丱童老。
百工五種与之居。至今器玩皆精巧。前朝貢献屡往来。士人往々工詞藻。
徐福行時書未焚。逸書百篇今尚存。令厳不許伝中国。拳世無人識古文。
先王大典蔵夷貊。蒼波浩蕩無通津。令人感激坐流涕。錆渋短刀何足云。

昆夷の国は遠い所にあり、行き来も出来ない。世に昆吾刀という玉をも切る事が出来る名刀があることを伝えているが、
誰も確かめた者は居ない。ところが最近宝刀が日本の国より出てきた。越の商人がこれを青海原の東に求めてきたが、
それは香木の鞘に鮫の皮が貼ってあり、真鍮と白銅を取り混ぜて飾ってある。【真鍮は金によく似ており、
白銅は銀によく似ている】百金という大金を払って好き者の手に入った。佩用していると悪魔を払ってくれるという。伝え
聞くところによると日本の国は大きな島であり、土地は沃えて風俗は好い。その昔徐福は秦の始皇帝に仙薬を取ると偽
って、童男童女五百人余を率いて日本国に渡ったが、久しく滞留して皆年を取ってしまった。多くの工人や農民達がこ
れと共に残って、今に至るまで器物は皆精巧である。
日本国は前朝である唐の時代には貢物を献じてきて屡行き来していた。日本の地位のある人達は往々にして詩や文章
を作るのに巧みである。徐福が行ったときにはまだ焚書が行われていなかったので、中国では失われてしまった。孔子が
書いた(書経)百篇が今なお日本に存在している。法令が厳しくて中国に伝える事が許されていない。このため今の世の
中の全ての人達は古文を知る事がない。孔子の(書経)は異民族の国にある。青海原は果てしもなく遠く、港にたどり着くこ
とも出来ない。空しく人をして嘆かせひとりでに涙が流れてくる。之を思うと錆びた短刀などなんで古文に代えることが出来
ようか。



200 : エジプシャン・マウ(北海道):2012/09/09(日) 07:29:25.18 ID:1yrlMq8p0
>>139
これは酷いな
もはや、何の個人スキルも関係ない戦いだね
単に運で当たるか当たらないかだけ
運が悪けりゃ、最初の戦闘で二等兵で戦死
運が良ければ、戦歴を重ねて将軍か

203 : サイベリアン(関東・東海):2012/09/09(日) 07:41:21.85 ID:u603hhHeO
どの時代を話してるのかバラバラのこと言ってないか
鉄砲伝来以前なら日本には何もないし
戦国時代なら模倣改良した火繩銃があるけど
幕末だと日本にその時代の実戦に使える軍用銃がない
銃については日本は確かに遅れてたぞ
しかも鎖国で近代化の時間を止めて
機械的な部分で新しいことの発想がなかったのも事実だよ
日本には産業革命もヨーロッパと戦える兵器もなかったんだから

217 : ジャガランディ(愛知県):2012/09/09(日) 08:37:54.49 ID:zfPPblOI0
まぁでも日本刀は朝鮮半島から伝搬し日本においても朝鮮の職人が名刀を作っていたからね。

それを大名などに下賎していたのが事実。大名は名を取るため購入したことにしていたようだけどね。

247 : バーマン(西日本):2012/09/09(日) 10:47:08.42 ID:AuVmueaD0
みんなは日本刀の源流となった韓国刀はご存知かな?

248 : マーゲイ(やわらか銀行):2012/09/09(日) 10:48:49.84 ID:BZ8L3+gQ0
醜い銃が発展するより、芸術品としても最強の日本刀が発展したのは良かった
銃社会になってたら今の日本はない

249 : ジャガーネコ(関西地方):2012/09/09(日) 10:51:38.54 ID:WT3VcmTv0
>>248
まあ槍の方が強いけどな
刀が発展したのは
日常で槍を持ち歩くのは物騒だしかさ張るけど丸腰は心もとない
刀ぐらいならまあ良いかって感じのもんだし。

254 : ヤマネコ(神奈川県):2012/09/09(日) 11:08:46.89 ID:VAgR/IDm0
>>200
>>もはや、何の個人スキルも関係ない戦いだね

戦争なんて個人スキルあてにしたらダメだと思う。

257 : イリオモテヤマネコ(やわらか銀行):2012/09/09(日) 11:18:51.72 ID:qRVCRnUPP
韓国の刀剣技術が遅れていた最大の原因は秀吉の刀狩にあった、

それまで日本ではマトモな刃物が作れず、韓国を侵略した秀吉は韓国刀の
切れ味に苦しんだ末、刀狩でそれを奪い始めた、

中には先祖伝来の刀を奪われまいと必死に抵抗する韓国人もいたが、
彼らは日本刀で韓国刀ごと真っ二つに切り殺されたという、、、

262 : アフリカゴールデンキャット(dion軍):2012/09/09(日) 11:32:30.62 ID:oDIFDqHu0
>>257
こういうの信じてるチョンは各部の矛盾にどうつじつま合わせてるか気になる

265 : スペインオオヤマネコ(西日本):2012/09/09(日) 12:18:18.73 ID:/OkU5MZY0
ここまでノエルペリン無し。

275 : オシキャット(dion軍):2012/09/09(日) 15:12:33.93 ID:s4zUCB2f0
所ジョージに似てるhttp://i.imgur.com/VKPgv.jpg

276 : ラ・パーマ(青森県):2012/09/09(日) 15:16:52.91 ID:kYNKD8/V0
いいなぁ
http://www.nigara.jp/work/img/hamono/3_9.jpg

278 : エキゾチックショートヘア(関東地方):2012/09/09(日) 15:36:34.39 ID:ACZ7RbCvO
しかし日本はナポレオンの軍隊のように弓矢と長槍を廃止して、大砲とマスケット銃を装備した近代的な軍隊は明治になるまで現れなかったな、

281 : スペインオオヤマネコ(チベット自治区):2012/09/09(日) 15:41:10.14 ID:6ZZ9DIYI0
博物館で見ても書と茶碗と刀はまったくわからん

283 : ボルネオヤマネコ(関東・甲信越):2012/09/09(日) 15:44:44.50 ID:3DDyGY1RO
戦国時代なら銃の生産量世界一は日本だった
マメな

286 : デボンレックス(東京都):2012/09/09(日) 16:35:22.71 ID:AfC1jMMv0
>>96
16世紀の鉄砲ならもう甲冑を貫くのに十分な水準だよ。
なんか「豆な」とか書く奴に限って根拠のないウソ知識を書く傾向があるね。

まあ、中国朝鮮のはおもちゃだったけどね。

フロイス『日本史』
・さらに日本人と同じく刀剣、また多数の鉄砲隊を用いた。彼らの鉄砲は、どのようにして発射されるのか
不可解である。というのは、無数に発砲した後も、そのための死傷者が一人も出なかったからである。

柳成竜『懲�童録』
・城の上にいたわが軍が、勝字小砲でこれに応戦したが、倭の本陣は遠くにあり、
遊撃兵を出してきて交戦し、ばらばらに進み、代わる代わる出てくるので、
〔勝字小〕砲を発射しても命中しなかった。それに対し城を守るわが兵卒は
しばしば賊(日本軍)の弾丸に当たって斃れた。

288 : デボンレックス(東京都):2012/09/09(日) 16:40:07.07 ID:AfC1jMMv0
>>100
美術品としての価値なら比較にならないほど鎌倉期の古刀が後世のものより上だよ。
備前刀なんか需要が高まって量産されてる戦国時代のものは鎌倉の国宝級のものと比べると
ケタの違う安さ。ただし、武器としての優劣を検討した実験とか俺は見たことないな。

それに実用性がないならわざわざ日本刀を主要装備にしちゃった中国人の立場ってないよねw

戚継光『紀効新書・長刀解』
日本人には遠くからの鳥銃が有効である。 だが日本人は全く臆せず攻めたり刺したりできる至近まで突っ込んでくる
兼ねてよりこの銃手が弾を込める間に時間を取られて接近を許すことが多い。その勢いを止められない。
日本人の刀捌きは軽くて長く接近を許した後の我が軍の銃手の動きは鈍重すぎる。
われわれの剣は銃を捨てて即座に対応するための有効な武器ではないのだ。
それゆえ我々も日本式の長い刀を備えるべきだ。

http://www.h5.dion.ne.jp/~rekidai/ronbun1/1shou.htm  
嘉靖年間、倭寇の被害が激しさをきわめ、戚継光、兪大猷らの提唱推薦で、日本式の長刀、腰刀が中国軍の主要装備の一つになった。  
このような大量の使用に日本からの輸入だけで足りるはずがなく、主体は中国自身の製造に頼らねばならない。兵器史家の周緯は、  
中国兵器史上、明代の武器は日本刀の使用と模造で一大特色をなすと述べている(23)この論断は歴史的事実と確かに一致している。  



292 : ジャガーネコ(関西地方):2012/09/09(日) 16:45:34.77 ID:WT3VcmTv0
>>286
日本の火縄銃は世界最高の性能だからな
現在でも先込め式銃の競技があるが
日本の江戸時代に作られた火縄銃使用がデフォになってるとか

293 : チーター(やわらか銀行):2012/09/09(日) 16:46:46.30 ID:P7zLnX200
日本刀は韓国起源
http://www.sehyun-kumdo.com/damosword.htm
http://www.sehyun-kumdo.com/index2.htm

294 : デボンレックス(東京都):2012/09/09(日) 16:51:08.28 ID:AfC1jMMv0
>>292
さすがにオリジナルは少なくて、大半がそのレプリカだがね。かなり研究もされてるみたいだ。


http://www.日本の武器兵器.jp/thesis/ronbun_20110422_2.pdf

>種目はあらゆる前装式小銃、拳銃、散弾銃、の現在は
63 種目(チーム競技含む)がある。日本の火縄銃に関しては、
タネガシマ(立射)、ナガシノ(同チームイベント)、ヒザダイ、
タンヅツ、ノブナガ(同チームイベント)の6種目がある。

>日本の火縄銃の人気とレプリカ銃
欧州においては100 年間ほどの歴史しかなかった火縄銃であるが、日本の鉄砲
が代表する形で、一部欧州型の銃が入り、今回計120 挺、170 名の参加を得た。
レプリカ銃が認められてから日本の火縄銃はブームになり、多くの国々の選手
が参加するようになった。火縄銃競技には、肩付け式の欧州の火縄銃も参加で
きるが、ほとんどが日本式の火縄銃であった。

300 : ボルネオヤマネコ(チベット自治区):2012/09/09(日) 18:03:55.95 ID:YnlNCiNX0
入り鉄砲に出女が薩長戦争の礎になった。

301 : サーバル(神奈川県):2012/09/09(日) 20:05:31.65 ID:qeu9IDOu0
>>292>>294
>>日本の火縄銃は世界最高の性能だからな


>>欧州においては100 年間ほどの歴史しかなかった火縄銃であるが、

ただ、単に他の国が技術革新をして銃を発展させて言ったのに、日本は延々と火縄銃しか作らなかったってことだろ。
そりゃ、『火縄銃』というくくりだけで見れば性能はあがるだろう。

303 : アムールヤマネコ(兵庫県):2012/09/09(日) 20:09:08.48 ID:GPGe1kpw0
徳川家康が規制したんだろ
他国の藩が強い武器を持つのを許すはずがないわ
これが織田信長だったら機関銃を作っていただろ

306 : オシキャット(関東・甲信越):2012/09/09(日) 20:15:55.64 ID:XrSggTNcO
信長なら見た目気にするはず
ガトリングじゃね?

308 : アメリカンショートヘア(関東・甲信越):2012/09/09(日) 20:35:08.85 ID:Mvk4dEEsO
>>306
見た目ってイメージないけどなあ。

せっせこ道つくって騎兵隊じゃないのかな。

315 : バリニーズ(徳島県):2012/09/09(日) 21:27:03.11 ID:m9F7xbsF0
>>288
>嘉靖年間、倭寇の被害が激しさをきわめ、戚継光、兪大猷らの提唱推薦で、日本式の長刀、腰刀が中国軍の主要装備の一つになった。

これはごく一部の隊だけだったってのが近頃の定説だろ。
日本からの輸入数も現地での生産数年も、とてもじゃないけど郡全体の主要装備になる料理じゃなかった。

320 : デボンレックス(東京都):2012/09/09(日) 22:21:06.06 ID:AfC1jMMv0
初期のタッチホール式はこんなのだし。

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/5/50/Lgehumble_1400.jpg/220px-Lgehumble_1400.jpg

324 : パンパスネコ(神奈川県):2012/09/09(日) 22:40:10.64 ID:bIT0bipg0
ちょい前は「日本の火縄銃は西洋銃に比べて抜群に命中精度が高い」とか言ってるバカウヨがいたが消えたのかな

328 : ジャングルキャット(チベット自治区):2012/09/10(月) 00:50:11.00 ID:MEPu8H8D0
ヨーロッパは日本の戦国時代とは比べ物にならん地獄だったからな
文明は必要に迫られないと発展しない

330 : トンキニーズ(東京都):2012/09/10(月) 01:02:35.77 ID:sFeXAQYm0
>>328
実際どのくらい違ってるんだ?

333 : ヤマネコ(関東地方):2012/09/10(月) 05:50:35.79 ID:eiOdOXdDO
>>330
江戸時代初期、日本は1600万人居た人口が1800万人に増加
ドイツは同じく1600万人居た人口が戦争により1200万人以下に減少

340 : ヒマラヤン(やわらか銀行):2012/09/10(月) 07:55:19.80 ID:jaXN/5/90
ラストサムライでサムライが必死に弓矢で官軍と戦ってる姿は
まるでインディアンみたいだったな

341 : ツシマヤマネコ(北海道):2012/09/10(月) 11:17:53.86 ID:DF72mr/p0
>>340
流石にその頃になると銃の方が弓矢より命中率も殺傷率も上だったろうが
17~18世紀辺りまでは実は銃より弓の方が命中率・殺傷率共に上だったと言われている

じゃあ何で銃が広まったんだというと、弓は子供の頃から訓練して大人になる頃にようやく使い物になるのに対し
銃はその辺にいる学のない農民引っ張って銃の撃ち方と戦場でやる事だけ教えれば
取り合えず使い物になるという手っ取り早さのおかげだったりもする
弓兵は訓練に時間がかかる分1人でも死ぬと痛手だが、後者の銃ならいくら死んでも何の問題も無いしな

343 : トンキニーズ(東京都):2012/09/10(月) 11:26:09.22 ID:sFeXAQYm0
>>341
16世紀後半に日本に登場した銃に対して従来の矢防ぎ用の掻盾では防ぎきれず
竹束が用意されるようになったんだからそれは大ウソだよ。
ヨーロッパでは弓なら防げた全身甲冑が無意味化し、上半身や体幹部に防備を集中させた
半甲冑(胸甲)が主流となりはじめる。

言われてるって誰に言われてんのよ?

346 : ライオン(チベット自治区):2012/09/10(月) 11:31:19.19 ID:LA7O9La60
チョンはそのころチチだしてたの?w

348 : ジャングルキャット(やわらか銀行):2012/09/10(月) 11:34:31.82 ID:+jOUmN9d0
海外ではネットとかタブレット端末とかITで戦ってるのに
日本人はテレビと車で戦ってんだよな。

349 : ツシマヤマネコ(北海道):2012/09/10(月) 11:54:18.30 ID:DF72mr/p0
>>343
>言われてるって誰に言われてんのよ?

イギリスのロングボウの話をそのまま書いた。確かに弓全体の話として書くのは不適切だったな

356 : オシキャット(関東・甲信越):2012/09/10(月) 12:02:29.69 ID:hjq+ahQvO
法も思想もみんな輸入だったよな…
フランス革命の時も、「天皇は最高でござる。将軍は怖いでござる。」だった…
あほくさ…



http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1347115343/l50/../人気ブログランキングへ


ニュース【鹿児島】「戦争が一番嫌なこと。いじめやけんかが大きくなって戦争になる」 米軍空襲の死亡児童慰霊★2

145 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 01:24:46.30 ID:d6nJLDI80
いじめなんかより
>白人支配からの脱却
見たいな事言っている奴らが一番アブナイんだけどな
フォーク准将の称号を授けたい

150 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 01:28:15.38 ID:CiJnvymaO
>>145
白人の植民地支配が美しい花畑の上で行われたみたいな言いぐさだなw
コレだからサヨクってやつはw

155 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 01:30:32.17 ID:d6nJLDI80
>>150
そんなこと一言も言っていないが?
正義の味方ごっこを国家単位で行うことがアホといっているんだよ

158 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 01:31:55.77 ID:3iOfi9J/0
>>155
正義の味方ではなく自己防衛じゃん

日本を守るために白人支配からアジアの国々を解放しようとしたんだよ

159 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 01:33:32.00 ID:d6nJLDI80
>>158
で失敗しましたって?

172 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 01:39:13.39 ID:tAUMl/ze0
>>159
米国には日本は負けたが
東南アジアや中国や朝鮮半島は皆、独立できたので
結果として、日本が戦争目的にあげたテーマは実現したんだよ。

さっき、そうレスしているんだがね。

175 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 01:40:07.85 ID:d6nJLDI80
>>172
東南アジアの為に日本は犠牲になりました
オナニー成功やったね!ってはなし?
アホ草

185 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 01:45:57.07 ID:tAUMl/ze0
>>175
自己満足だといいたいようだが、日本の戦争目的は
結果として果たされているこの現実があるので、
あなたがどういおうと、俺はかまわんよ?

もう、日教組による戦後の自虐史観教育にはもううんざりだよね
ネットでも本でも歴史は学べるのでね
おもわぬ事実があって、日本軍って悪い軍隊じゃないって理解できるよ?

187 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 01:47:27.52 ID:d6nJLDI80
>>185
日本軍が悪いのは善悪ではなくて

頭が悪い

これが問題だと言っている

193 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 01:51:29.58 ID:tAUMl/ze0
>>187
日本軍の将軍らは陸軍大や海軍大や帝国大をでたエリート官僚だよ
少なくとも、あなたや俺よりは頭脳明晰だ。

具体的にどれについてか、いってごらんよ?
全体的なイメージでいわれても、困るので
ま、思い込み乙といっておこうか

201 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 01:55:42.22 ID:d6nJLDI80
>>193
日本救国の起死回生策
神風特攻隊なんてどうかな

211 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 02:00:53.46 ID:tAUMl/ze0
>>201
まるで、根拠なくあれを命令はしていないだろうとは思うよ?
海軍も回天や戦艦大和の特攻作戦はあったね
片道のみの燃料で。

ていうか、それをおバカの例にあげようという、あなたの性根にいらつくね。
あなた日本人なの?
バカにしないでくれる?

それ、場面によってはあなた殴られるよね?
ネット上で匿名をいいことに、調子にのらないでほしい。
ねえ?いいかげんにしてよね。

219 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 02:03:07.19 ID:d6nJLDI80
>>211
おまえは、これが馬鹿な例だと思わないの?
無駄に若者の命を散らしてどうするの?
死んでいった人には失礼だが、無駄死にだぞ
お前こそ日本人なのか?
こんな案が通る自体、軍上層部の頭がおかしいってのはよくわかるだろうに

224 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 02:06:16.51 ID:tAUMl/ze0
>>219
いいや、それを例にあげる
あなたの人間性の無さをいっているんだけど?

そういう時代だったのだから、今の価値観でいってもしかたがないね。
韓国のいう捏造されたウソの慰安婦問題を語るようなものだよ?

今現在でも、菅前総理は東電の幹部らにおまえらでふくいちを始末せえと
特攻命令をだしたので、その日本人のメンタリティは何もかわっておらんよ?
おまえら死んで来いと、東電で深夜に訓示したからね。
あの菅総理は東電にのりこんで。

227 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 02:09:13.04 ID:tAUMl/ze0
>>219
いいや、過去の日本の歴史をきちんと学ばない
あなたこそ、ほんとに日本人かね?とつくづく思うわ

無駄死よばわりとか、よく平気でいえるよね
その死でもって現在の、落ちてきたとはいえ日本の繁栄があるのだから。
その弔いはきちんとしよう。


228 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 02:13:06.61 ID:d6nJLDI80
>>224
まず勝てる見込みも皆無な作戦に、人間の命を無駄に投入したってことが問題なんだよ
それを立案した士官がいて、承認した高級士官がいたという事実
君はそれを無視するの?

229 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 02:13:06.93 ID:R1ghNFRj0
>>227
いや、非情だけど失敗した作戦の戦死者は無駄死
失敗から得られる経験を生かされて初めて、失敗した作戦の戦死者の意義が生まれる
まぁ、どっちにしろ亡くなってる訳だから丁重に弔いは行わなくてはならないが

236 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 02:17:58.46 ID:tAUMl/ze0
>>228
いうが、特攻隊員らは志願だからね。
拒否することもできたので、これは
>>229
それはそうだよ、あなた
追い込まれていた日本だから、片道の燃料で爆弾を積んだ。

俺がいっているのは、米国には敗戦したが
日本が太平洋戦争の大義にしたアジアの白人列強支配からの解放
脱却という、目的は果たしているのでといことなので。

何の矛盾もないが?

240 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 02:19:50.36 ID:d6nJLDI80
>>236
そう、彼らはこれで日本を救えると信じて、志願した
悲劇的結果が待っていたとしても、本当にそれが叶ったのであれば評価は出来なくもない
でも実際は無駄死にだった

250 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 02:25:18.67 ID:tAUMl/ze0
>>240
さっきもいったが
その特攻隊員や戦死者や、民間の犠牲者らによって
今の日本があるので、そのありがたみは
八月十五日にまた思い起こそうじゃないか・・
お盆は近い

まあ、今の日本にも問題山積だが
とにかく経済でなんとかここまでこれたんだ日本は

253 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 02:28:14.86 ID:d6nJLDI80
>>250
君はそれを立案した人間がいることを何故無視するのか
尊く散っていた若者を盾にするのは、人間として恥ずべき事だと思ったほうがいい

262 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 02:34:13.68 ID:tAUMl/ze0
>>253
立案した参謀本部の誰だったかな
終戦時に切腹して自害しているよ?

戦犯で処刑された人もいるし、存命していて証言をした
元参謀本部の人はいるね。

265 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 02:36:58.11 ID:d6nJLDI80
>>262
自害したってその作戦が良い物になることは無いけどな
責任云々の話ではない、作戦の有効性が問題なんだよ
士官はそこを計算に入れないと駄目なの
そもそも成功したとしても、切腹に値する作戦なわけだし

270 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 02:42:01.04 ID:3iOfi9J/0
>>265
そのおかげで日露戦争は勝てたんだけどな。

勝てた戦争の特攻は正義で、負けた戦争の特攻は悪だって
いうのもおかしな話だぞ

272 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 02:43:48.94 ID:d6nJLDI80
>>270
全ての状況を無視して作戦だけで考えているとしたら
それこそ馬鹿だろ
あとね悪とか正義とかそう言う話でもない

280 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 02:48:32.57 ID:3iOfi9J/0
>>272
状況を考えてあの作戦になったんだろ?
燃料も武器もない。そんな状況で敵国の侵攻を防ぐ手段として
他に何があったの?

283 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 02:51:30.23 ID:d6nJLDI80
>>280
要するに消去法で考えて実行しましたって話?
そもそも防ぐ方法なんて無いだろ
いかに降伏するか算段していなきゃいけない状況だ

288 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 02:56:43.50 ID:3iOfi9J/0
>>283
降伏?できるわけないでしょ
憲法で神とされている天皇が戦犯として処刑される
ことも十分ありえたんだぞ?
その時代の常識で物を考えろっつの

289 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 02:57:58.64 ID:d6nJLDI80
>>288
だから、それをさせない為に算段するんだろ?
まぁそこは政治家の領分だが

293 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 03:01:28.73 ID:3iOfi9J/0
>>289
それで出たものの1つが特攻であり
離島での玉砕防衛だろ

国、天皇を守るために特攻していったんだよ。
意味あるじゃないか

297 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 03:04:47.61 ID:d6nJLDI80
>>293
どんな意味があったんだ?
原子爆弾が間に合っている以上あまり関係ないかと

298 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 03:08:08.79 ID:3iOfi9J/0
>>297
武器も弾薬もない、燃料もない状況で
少しでも敵国を跳ね返す必要がある。
そのための作戦の1つが特攻だったんだよ。

もちろん降伏は選択肢にはないぞ?
国のルールとして天皇は神と定めていたんだから。

300 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 03:11:38.11 ID:d6nJLDI80
>>298
つーか降伏が選択肢にないのが、無能の証明じゃないの?
神だから云々はあほらしくて話にならない
政治家レベルでそんなお花畑だとしたら終わってるわ

304 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 03:15:21.68 ID:3iOfi9J/0
>>300
神だから云々はあほらしいってのは今だから言える話だろ?
その当時はそれが日本国の憲法であり
絶対的に守るべきものだったんだよ。

明治維新から繋がる話で、その形で国家体制を築いていた。

今だから言える理屈と、当時の状況を混同しないでくれ

306 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 03:17:03.49 ID:d6nJLDI80
>>304
民間レベルなら話はまだわかるよ?
政治家レベルとなると話は別、そんなロマンチシズムで国民を犠牲にするというのは
無能以外何者でもない

308 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 03:19:37.03 ID:3iOfi9J/0
>>306
ほぉ、政治家が憲法を守る必要がないってこと?
なにその無秩序国家。

313 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 03:26:54.46 ID:d6nJLDI80
>>308
憲法で降伏するなとでも書いてあったのか?
そもそも最終的には降伏しているんだぞ

こういうことは言いたくはないが、原爆間に合わなかったら
おそらく日本はもっと悲惨な事になっていたぞ?

315 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 03:28:16.30 ID:3iOfi9J/0
>>313
降伏したのは東京に原爆が落とされて
天皇が殺されるかもしれない状況になったからだろ

悲惨なことになってかもしれないね?
でもそれが当時、日本がもっていた憲法で定められたことならば
仕方がないんじゃない?
それが日本のルールだったんだから

316 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 03:29:52.59 ID:d6nJLDI80
>>315
憲法を守るためだったら、日本が滅んでも良いと言う考え?
そもそも国民を守るために憲法が存在するのだろうに

321 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 03:32:25.50 ID:3iOfi9J/0
>>316
それは当時の憲法に文句いえよ
神を天皇と定めた以上、日本国民が
天皇を守るために死んでいくのは義務だろ

当時のルールではね。

今の感覚で物を考えてるからおかしくなるんだよ

323 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 03:37:09.04 ID:d6nJLDI80
>>321
お前が言っている事は、天皇の存在が
日本を滅ぼしかけたと言っているのと同じだぞ?

つーかおまえ9条信者と同じレベルだぞ
国が滅んでも憲法さえ守れていれば満足とかアホかよ

329 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 03:42:45.62 ID:3iOfi9J/0
>>323
憲法を守らず何を守るんだよ。
天皇の存在で日本が滅んだとしても
当時のルールでは正しい事なんだよ

今の憲法は今の憲法だろうが
国を守るために国民に氏ねなんて書いてあるか?

さっきから言ってるように時代を混同するな

334 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 03:47:52.61 ID:d6nJLDI80
>>329
憲法を守らず何を守るんだって、その程度の答えもわからんのか?
お前の何よりの優先度が高い事項はそれなのか?

336 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 03:48:46.72 ID:3iOfi9J/0
>>334
アナーキーな世界が好きなら
守りたいもの守ったらいいんじゃない?

339 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 03:50:43.66 ID:d6nJLDI80
>>336
国民の存在しない国に憲法だけあって意味を成すのか?
人と人とが集まるからこそルールが必要になるってだけだ
その人が存在しない中でルールに何の意味がある?

343 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 03:52:54.02 ID:3iOfi9J/0
>>336
国民が存在する限りは憲法は守らなければならない。

345 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 03:55:03.35 ID:3iOfi9J/0
>>339
>>343

349 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 03:59:47.31 ID:d6nJLDI80
>>345
最悪の結果が訪れるとして、それでも憲法を守らねばならないと言うのは
どういう理由なんだ?
そして君は、憲法とされていればどんな理不尽な物でも甘んじて受けるのか?

354 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 04:02:47.61 ID:3iOfi9J/0
>>349
それが国であり法治国家だからだよ
最悪の結果になる恐れのある憲法ならば
改正しなければいけない。

で、その憲法を基に制定された法を破るのであれば
その人は犯罪者となる。

357 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 04:04:43.52 ID:d6nJLDI80
>>354
だとしたら日本が滅びそうなのに
何故憲法改正しなかったんだ?
天皇を神格化したせいで、降伏できないと困るだろ

359 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 04:05:41.17 ID:3iOfi9J/0
>>357
それは当時の人に聞けよ
ただその憲法である以上は、守らなければならない。

それが法だよ

361 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 04:08:36.83 ID:d6nJLDI80
>>359
なんで君はそこで思考停止するんだ?
柔軟な対応とかは一切認めないの?
強固な姿勢で憲法を守り、国を滅ぼすのが正しいの?
そこまでいくと宗教レベルだぞ

363 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 04:09:35.35 ID:ncGR/HSD0
>>361
思考停止してるのは君の方に思えるが

366 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 04:13:15.47 ID:d6nJLDI80
>>363
どう停止しているのかな?
こういっては何だが、九条かんがえたら自衛隊は違憲だぞ
でも国家の存亡に不可欠であるがゆえに、屁理屈が通っているわけだ
もし、対して重要でもない懸案だったとしたら、こんな物は通らないぞ

379 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 04:20:55.02 ID:ncGR/HSD0
>>366
君はアンカーは付けてるものの自分が言いたい事を言ってるだけで
相手の言葉を全く理解してないし理解しようともしてない
自分だけの中の思考に留まって停止してる

383 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 04:23:29.62 ID:d6nJLDI80
>>379
そりゃ理解できないからね
憲法守っていれば何事も正しいとかどんな考えだ

385 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 04:24:54.50 ID:3iOfi9J/0
>>383
法治国家の考えだよ

386 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 04:26:35.61 ID:d6nJLDI80
>>385
なら何故憲法改正と言う物が存在するんだ?
憲法は人が作った物だ、だからこそ遵守するべきだが
当然間違いも存在する

389 :名無しさん@13周年:2012/08/02(木) 04:27:57.17 ID:3iOfi9J/0
>>386
時代にそぐわない法は変えるべきだよね。
ただ変わるまではその法を遵守しなければならない


http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1343832379/l50/../人気ブログランキングへ

ニュース【鹿児島】黒牛キャラクターの名前を募集中(画像あり)

1 :そーきそばΦ ★:2012/06/18(月) 17:18:08.29 ID:???0
JA鹿児島県経済連(鹿児島市)は、鹿児島黒牛の知名度アップと販路拡大を目指して
制作した黒牛のキャラクターの名前を募集している。

命名者には鹿児島黒牛1年分をプレゼントする。

 キャラクターは力強いヒーローをイメージ。筋骨隆々の体に角が生えた黒牛のマスクをかぶり、
腰に黒牛の標章ベルトを巻いている。

 県経済連によると、国内の和牛枝肉市況は、東京電力福島第一原子力発電所事故による風評被害やユッケなどの生食問題、
消費者の節約・低価格志向の影響で消費が低迷。「キャラクターを活用した販売促進フェアを実施し、
鹿児島黒牛の知名度を上げていきたい」としている。

 締め切りは今月末。応募は、郵送するか県経済連のホームページから。
(以下略)。

(2012年6月18日15時37分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120618-OYT1T00310.htm
画像 ヒーローをイメージした黒牛のキャラクター=JA鹿児島県経済連提供
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20120618-451813-1-L.jpg

3 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 17:18:45.31 ID:oyBavX+SP
ギュっとマン

13 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 17:20:48.04 ID:jANyevI10
うる星やつらの吉野家の客にいた。

19 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 17:21:55.09 ID:UgOa4mC30
アルデバラン

27 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 17:22:58.21 ID:/VvU+JCd0
> 命名者には鹿児島黒牛1年分をプレゼントする。

結構すげえぞ

30 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 17:23:06.78 ID:7sonWTpM0
ブラック・ロータス

41 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 17:24:31.94 ID:hN1eB4Tb0
>>27
161 名前: スフィンクス(東日本)[] 投稿日:2012/06/18(月) 17:05:12.56 ID:4psw9voH0
>>159
黒牛ヒーローの命名者には、鹿児島黒牛1年分をプレゼントします。

※総務省家計調査報告における牛肉の1年間家計消費量2.2kgに準ずる

だとさ

66 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 17:29:16.80 ID:iiTRRvali
鼻輪掴まれたら終わりだし・・・
このキャラデザインを考えたやつは格闘経験ないんだろうな。


77 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 17:31:42.07 ID:eG4UwuQp0
>>66
実は超強力ゴムでマスクと繋がってるからつかんで引っ張られても離すとちゃんと戻ってくる仕組み

78 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 17:32:06.04 ID:BR0bWbuU0
身を挺して主人公を救うも、自らは捕まって生きながら美味しくいただかれる末路しか見えない
しかも「残虐すぎる」「子供が夜な夜なうなされる」と祭りになり、放送コードに引っかかって幻の放送回に…

140 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 17:44:09.88 ID:bbeApjXd0
>>30
俺の貧乳ちゃんを穢すんじゃねぇ

144 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 17:44:38.55 ID:ztlmJEt40
選べ

・もーごわす
・もーどん


147 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 17:45:33.57 ID:bYJa2gRA0
>>1
筋肉マンの超人にいそうな感じ、もっともやられ役だが

159 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 17:47:54.30 ID:oeXI7RkI0
テーマ曲♪


160 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 17:48:01.39 ID:w7vPAZfA0
『韓牛』で、いいんじゃね

危機感なくヘラヘラやってる馬鹿日本人には
お似合いの名前だと思うけどね

つーことで、組織票しません?

177 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 17:50:26.49 ID:seku7RUu0
ソイレントおじさん(34歳)

191 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 17:54:46.02 ID:3HJkEwwU0
大黒牛通(おおくろうしみち)

えっダメ?郷土の大偉人の名前をもじったんだけどw

251 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 18:07:30.63 ID:oIn5kMOE0
>>41
俺確実に牛肉2.2kg以上は食べてるぞ
スーパーのパックが大体400gなんだから5パックで2kgいくのに。
日本人ってこんなに牛肉食わないの?

255 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 18:08:17.36 ID:ZPsyoUCgO
やたらダサいな
九州は熊本の「くまモン」が大当たりしたあとだから、これじゃ駄目だわ
しかし言われてみれば鹿児島って牛のイメージないもんな

271 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 18:12:19.77 ID:Mqu3Rfr10
>>255
くまモンに対抗して
ブラックカゴモン

289 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 18:22:27.47 ID:L7yID98U0
ムキムキ牛キング!!

300 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 18:28:25.78 ID:+TEBj2FE0
鹿児島舐めんなよw

生産量
肉用牛 全国2位
黒毛和牛 全国1位
肉用豚 全国1位
ブロイラー 全国1位

301 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 18:28:43.80 ID:f1FTVbAi0
まさに日本の食肉の実態を如実に表してるキャラだな
いい加減黒くない牛を黒毛と称して売るのを辞めてもらいたい

313 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 18:34:28.75 ID:/qJX0g1KO
鹿児島だし、山本車体でいいんじゃね?
それか、いわさきクオリティーとか。

315 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 18:35:13.02 ID:YwZL8uXp0
>>313
いわさきやめれwwwww

黒牛のマーク懐かしい...

329 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 18:39:38.65 ID:/qJX0g1KO
>>315
何で~いわさきこそがまさに鹿児島らしいじゃないかww
うちの実家に、姶良から導入した平茂勝と金幸の母牛がいて、実家の経済を支えてくれているよ。

330 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 18:40:01.88 ID:91dgym170
物騒だから女人禁制にしろよ
ただし男装は除く

348 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 18:47:33.54 ID:+/qPSj7s0
ゆるいのを想像してたけど
これはガチだなwwwwwwww
書いたの誰だろう?

349 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 18:48:05.94 ID:YzvyOiON0
http://hayatoproject.com/hayato-character-mein007.htm

黒豚ヴィちゃん。o@(^-^)@o。

356 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 18:49:30.29 ID:oywT39950
ゆるキャラ系を想像してたのに・・・

379 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 18:59:10.57 ID:vMZ9oNDI0
焼肉マン
アンパンマンみたいに肉を食わせる感じでヒーロー

400 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 19:13:51.65 ID:mLsaNSDn0
思ったよりも北斗すぎてワロス

408 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 19:21:00.09 ID:3XBxE35x0
薩摩剣士隼人と対決して仲間になる

409 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 19:21:36.38 ID:cQV2DZpc0
根本的に間違ってる。
食用牛は処女雌だろ。

誰か描き直してやれよ。

423 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 19:28:00.79 ID:/hf5jnPF0
>>41
少ねぇw
2.2kgってこたぁないだろw

426 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 19:28:44.70 ID:dqFNTjKo0
黒牛? ボッコボコにしてやんよ
http://iwanttobreathe.files.wordpress.com/2008/06/danser1.jpg
http://www.hemmy.net/images/animals/supercow01.jpg
http://i298.photobucket.com/albums/mm256/SampleFish/BelgianBlue.jpg
http://img2.photographersdirect.com/img/12531/wm/pd2868805.jpg
http://jhlivestock.com/fiacredizier.jpg

436 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 19:31:03.86 ID:V9YpF5OI0
> 命名者には鹿児島黒牛1年分をプレゼントする。

365 頭? ( ´・ω・)

439 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 19:36:34.05 ID:Aw5YgMX30
うまそう

453 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 19:58:50.28 ID:exTKwEJNO
一年分て牛一頭くらいかなぁ
一頭の末端価格は200万くらいだから結構いいな

472 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 20:41:48.40 ID:aCJItldT0
ぼくの身体をお食べよ

鼻輪なんて大弱点持って偉そうにしてるところがかっこいい

480 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 21:37:59.37 ID:y0fRw3lv0
       /フフ  A_A   ム`ヽ
      / ノ) ⊂・ ・ ⊃   ) ヽ
     ゛/ |  (ω__)ノ⌒(ゝ._,ノ
     / ノ⌒7⌒ヽーく  \ /
     丶_ ノ 。   ノ、  。|/
       `ヽ `ー-'´_人`ー'ノ
         丶  ̄ _人'彡ノ
         ノ  r'十ヽ/
       /`ヽ_/ 十∨、


482 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 21:46:39.39 ID:8PRTVzb50
お願いがある。オレのネーミングセンスを評価してくれ。


ダークホーン

513 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 22:46:48.21 ID:nJzZnL2Z0
>>472
鼻輪はあえて弱点に見せて、わざと掴ませて逆に返し技をかけるために使うんだ。

517 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 22:55:40.92 ID:cw0DWy7S0
鹿児島戦隊ミノタウルス

526 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 23:24:17.57 ID:iST9wxcV0
黒毛だっつーのに頭の毛を赤にしてどうすんだよwww

529 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 23:41:51.66 ID:xmjWS7rM0
こいつって捕食側の人間にとっては敵なんじゃねーのか

534 :名無しさん@13周年:2012/06/18(月) 23:53:24.03 ID:WDHfskyP0
>>526
ニワトリとのハーフだからな
つまりこいつの名前は・・・分かるな?

541 :名無しさん@13周年:2012/06/19(火) 00:22:10.05 ID:dk0NQ2cPO
あのさ、何て言うかね。
よく焼肉屋でかわいい鳥や豚や牛が自らの肉の高い栄養価を自慢して美味しいよとかいってるんだけどさ、あるいは子供がかわいいとか言ってんだけどさ。
俺はお前ら食われるんだぞとか、お前それを捌いて食ってるんだぞとか、思うの。

553 :名無しさん@13周年:2012/06/19(火) 03:56:21.69 ID:OCBXm2lr0
殺して食うもんをキャラクターにするなよ

561 :名無しさん@13周年:2012/06/19(火) 04:51:51.74 ID:5O1s9swv0
薩摩剣士隼人 第1話 だいやめをすっど!

鹿児島ってこんな特撮ヒーローものテレビで流してるんだなw


601 :名無しさん@13周年:2012/06/19(火) 14:49:40.47 ID:SLSzJby50
人面牛頭くだんの反対だから
だんく

609 :名無しさん@13周年:2012/06/19(火) 20:06:47.39 ID:bloGy5cNO
一年分で2、2キロって絶対少ないよ


611 :名無しさん@13周年:2012/06/19(火) 20:29:56.12 ID:D4J0LVGT0
ぎゅうべぇ

620 :名無しさん@13周年:2012/06/19(火) 20:54:10.89 ID:odUDgf440
牛肉を食いたきゃ俺を倒してからにしなっ!
喰えるものなら喰ってみろ!!
かかってこいやー!!!

650 :名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 13:18:42.95 ID:FXzmBcXi0
良い子のみんな!
僕らの仲間が悪い人間に
殺され、あろうことか食べられてるんだ。
守って欲しい、僕とともに!!


消費ガタ落ち!畜産農家から非難轟々。
そんな悪寒がするなw

678 :名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 17:06:30.15 ID:VDSbzoon0
どっちかっていうと巨乳キャラの方が人気出るよ

679 :名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 17:20:07.84 ID:gGuPZMaeO
>>1
職人さん早く黒い部分を
金色に塗り替えてみてください

684 :名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 18:37:24.43 ID:+C5zhJ+s0
>>426
どの牛もオチンチンが凄いことになってるな!

馬より凄いんじゃない!?

685 :名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 18:39:54.47 ID:aMMasKXdO
野牛先輩

695 :名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 19:32:46.26 ID:3RoOpAZu0
>>678
巨乳の牛キャラは乳牛推しに使うほうがいいと思うんだ

699 :名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 20:14:20.17 ID:icYrEnBc0
狂牛戦士プリオン

701 :名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 20:24:44.02 ID:oC/F9J1e0
>>685
ガチホモにしか見えなくなった

702 :名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 20:25:57.42 ID:Rw9Z3TF/0
>>1
プラモのボックスアートみたいだなや

703 :名無しさん@13周年:2012/06/21(木) 01:05:15.53 ID:Y4AMnWJ+0
>>699
響きだけはカッコいい

710 :名無しさん@13周年:2012/06/21(木) 17:50:21.91 ID:tgv34k8y0
バファロー・タイソン



712 :名無しさん@13周年:2012/06/21(木) 17:58:14.05 ID:tgv34k8y0
バッファロー・タイソン



719 :名無しさん@13周年:2012/06/21(木) 18:37:24.37 ID:EMQHkI2x0
>>19
どう見てもタイガーマスクの敵(やられ役)にしか見えないな。

雄牛仮面みたいな・・・

722 :名無しさん@13周年:2012/06/21(木) 19:18:23.49 ID:zTRq6xmv0
ところでこのキャラは何と戦うの?

723 :名無しさん@13周年:2012/06/21(木) 19:20:48.16 ID:PM7i4WwFO
>>722
戦う相手は薩摩の黒豚仮面だろ

733 :名無しさん@13周年:2012/06/22(金) 07:51:02.27 ID:reyjPpOH0
こういうのって

もう決まってるんだよね。

キャラとそのキャッチフレーズ(前フリ)までとりあえず出して、名前公募で花火上げて盛り上げて

はなから用意済の名前を発表したら

おしまい

734 :名無しさん@13周年:2012/06/22(金) 20:12:48.75 ID:noMpU+IXi
>>733
で、『モー太郎』とか身も蓋もない名前になっちゃうんだよね。

735 :名無しさん@13周年:2012/06/22(金) 20:22:31.54 ID:r1o6AYDx0
モウネルラトホテプ

736 :名無しさん@13周年:2012/06/22(金) 20:23:03.98 ID:SqoMs0qY0
モーレツ黒ちゃん

737 :名無しさん@13周年:2012/06/22(金) 21:05:24.57 ID:SqoMs0qY0
黒薩摩 牛之進

738 :名無しさん@13周年:2012/06/22(金) 21:48:38.65 ID:gSDGn4hV0
黒牛若丸!   

我ながら素晴らしいネーミングw

739 :名無しさん@13周年:2012/06/22(金) 21:51:58.82 ID:fIS/aBfH0
でも殺してバラバラに解体して食っちゃうんだろ黒牛って

740 :名無しさん@13周年:2012/06/22(金) 21:59:27.75 ID:VOGHR/ou0
うしマン2.2

741 :名無しさん@13周年:2012/06/23(土) 01:04:34.91 ID:GxGoqKn30
アンパンマン以降、食べられるヒーローが流行っているのか


http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1340007488/l50人気ブログランキングへ

ニュース【話題】島津義弘を大河ドラマに NHKに鹿児島県知事ら要請★3

1 :出世ウホφ ★:2011/10/29(土) 01:50:27.76 ID:???0
観光かごしま大キャンペーン推進協議会(会長・伊藤祐一郎鹿児島県知事)など県内の商工観光5団体の関係者は26日、
東京・渋谷のNHKを訪れ、薩摩の戦国大名・島津義弘を取り上げた大河ドラマ制作を求める要望書を松本正之会長に手渡した。
 要望書には、義弘がドラマにふさわしい理由として、織田信長や豊臣秀吉と同世代に活躍した武将で、
関ケ原合戦での敵中突破の勇猛さで知られることなどを盛り込んだ。
 伊藤知事は、今まで九州の大名が主役になっていない点も強調。鹿児島から関ケ原までが舞台のドラマになれば、
「九州新幹線全線開業効果を、県内だけでなく九州全体に波及させられる」と力説した。

松本会長は「頂いた資料などを参考に検討したい」と答えた。
 同行した県観光誘致促進協議会の中原国男会長(中原別荘社長)は「粘り強く要請活動を進めていきたい」と話した。

http://www.373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=35928
★1 2011/10/28(金) 02:51:58.54
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1319799709/l50

3 :名無しさん@12周年:2011/10/29(土) 01:57:06.72 ID:wpv2mPen0
義久を主人公にした方が盛り上がると思うんだが。

4 :名無しさん@12周年:2011/10/29(土) 01:57:09.97 ID:2CtEo8syO
頭山満で決まり!

5 :名無しさん@12周年:2011/10/29(土) 02:01:05.35 ID:SHFnvmbl0
鮮人供を7000人の寡兵で4万人以上ぬっころしたところとか
鮮人が崇める将軍の李舜臣を返り討ちにしたところを
在日供が悔しがってNHKに抗議の電話を掛けてくるぐらい
特 に 重 点 的 に 描写してやって欲しい 


20 :名無しさん@12周年:2011/10/29(土) 02:13:53.97 ID:B2uOJ/Vf0
よしなさいってお兄ちゃんに言われたのに兵を挙げて、
東軍に参加したかったのに疑われて城にも入れてもらえず、
仕方なく西軍に参加したけど献策無視されてヘソまげて戦闘参加せず、
いよいよヤバくなったら部下を犠牲に逃げ帰る。

これのどこがドラマになるのかと。

36 :名無しさん@12周年:2011/10/29(土) 02:30:38.21 ID:98ZkU57r0
>>20
なにを言うやら。
薩摩密航留学生の畠山は、
アメリカで義弘の身代わりになった祖先自慢をして、
感心したアメリカの大学教授が、
その話を書き残している。
万国共通の感動話だよ。

40 :名無しさん@12周年:2011/10/29(土) 02:39:11.01 ID:J6D71OC70
>>4
協力会社の社長さんに頭山満の肖像写真をいただいたので、
部の壁に飾ったおいたら、重役ぐらいだった。
頭山満とわかったのは。

44 :名無しさん@12周年:2011/10/29(土) 02:45:23.89 ID:B2uOJ/Vf0
>>36
じゃあその畠山、もしくは畠山の祖先を主人公にしたほうがいいだろw
義弘の感動話じゃなくて畠山の感動話なんだからw

144 :名無しさん@12周年:2011/10/29(土) 06:53:43.99 ID:+/ELyge90
島津の「丸に十」の旗印には、宣教師達も「俺達と一緒の旗じゃん!」って
興奮して布教したが適当にあしらわれて、大友の方へいったんだよなぁ

384 :名無しさん@12周年:2011/10/29(土) 20:57:56.25 ID:p40nEwwR0
日本が外国に攻める題材はやめた方がいい。
 
坂の上の雲みたいに、日本の右系から責められるか
もしくは、朝鮮中国から責められる。
もっと当たり障りの無い題材がいいと思う。

404 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2011/10/29(土) 21:42:11.88 ID:ScL9Sx5q0

( ^▽^)<朝鮮は 倭寇に対処するため 強力な水軍を整備しており

       秀吉の下には 長い戦国時代で鍛えられた50万人のサムライが♪


       日本軍は 歩兵が中心で火縄銃(射程500メートル)を主力に弓と組み合わせて使用し、
              接近戦用には長槍、乱戦用には日本刀を用いた

       朝鮮には火縄銃が無く 大砲だけ
            また弓の射程も120メートル (日本は300メートル)
            歩兵は・・・

       明軍は クロスボウと手投げ弾 槍 大砲 火縄銃など



  ∧∧
 ( =゜-゜)<明・朝鮮 ともに精強な騎兵軍団を持っていたが

       数千挺の火縄銃による一斉射撃によって敵をなぎ倒すという日本軍の戦術
       の前に 粉砕された♪

412 :名無しさん@12周年:2011/10/29(土) 22:03:55.29 ID:hXGC57Oi0
>>404
一応少数の火縄銃はあったらしいよ、朝鮮にも
武器に使おうという発想が無かったらしい

415 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2011/10/29(土) 22:05:38.07 ID:ScL9Sx5q0
>>412

( ^▽^)<何に使うんだ?  狩りか?

434 :名無しさん@12周年:2011/10/29(土) 22:59:25.06 ID:sRMeA1Jp0
隅っこの人は置いといて


小松主役でやれば面白いんじゃないかな?

序盤は親父中心で中盤移行は旦那を中心に小松殿がかき回すw


482 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 07:42:21.73 ID:X5EOPSp40
ここでいろいろ島津の話を書いている人がいるけど、いかに基礎的なイメージすら無い
単なるド田舎の地方の英雄なんだとよくわかりました。
ドラマになっても見る気がしません。

488 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 08:17:33.53 ID:cAVMJS9N0
>>482
やっぱりある程度のイメージ、予備知識が合った方が楽しめる。
毛利元就の大河は視聴率散々だったけど、地方の英雄ってのはそんなもんなのかと思った。
それでも元就はまずまずの認知度があると思ったんだけどね。
どうせ視聴率取れないなら、謀略の限りをつくすハードな描き方が良かった。


557 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 14:44:54.79 ID:Gl2nDyue0
四国の英雄 長宗我部で大河に。

587 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 15:21:00.79 ID:S57mxtE5O
>>384
解体新書+田沼+源内だな
一年は十分もつ
戦のシーンが数秒間のなんちゃって戦国大河よりずっと血肉湧き踊る男臭いドラマになるはず

594 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 15:29:11.26 ID:TH4kpmUY0
>>587
血肉・・・別な意味で躍るドラマになりそう。
見たあとに焼き肉食えたら医者に向いてるとか。

604 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 15:38:59.27 ID:S57mxtE5O
>>594
JINがヒットしたのは医者ものであるという部分も大きいだろうから大丈夫だよきっと

適塾でもいいな
脚本三谷の群像劇コメディー、塾生が敵味方で分かれる戊辰戦争はちょこっとシリアスで

607 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 15:43:01.13 ID:aXioY69F0
>>604
>適塾

武田斐三郎を出せば
対ロシア、幕末の北方外交まで
描けはするけどね。


612 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 15:52:31.38 ID:S57mxtE5O
>>607
幕府の外交はちゃんと書いて欲しいよね
幕府側でも倒幕側でも「弱腰外交ですた」であっさり済まされることが多いから。
売国奴会津を再来年やるよりも、幕臣の努力をしっかり描いた大河が見たい

615 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 15:55:55.34 ID:+u5qNDcR0
東北がらみで伊達をやる可能性も高そうなんだけどな
けど政宗は何回かやってるから蘆名義広とかになりそうで嫌なんだよな

621 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 16:03:21.89 ID:vm6A18RN0
>>615
東北関係で伊達はお腹いっぱい
時代は違うけど破軍の星の北畠顕家とか希望
もっと遡れば小野春風も結構面白い。原作無いけど

626 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 16:10:45.42 ID:mzPIpPrA0
>>621
薩摩は土地が痩せてて貧しいから、百姓に剣を持たせて武士に仕立てあげてた。
畑を耕しながら立木相手に力任せに木刀を振ることで定着したのが薩摩示現流。
正統な武士集団じゃないから正攻法を避け、闇討ちや裏切りなどトリッキーな戦法を多用する。

632 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 16:18:19.17 ID:X5Vhgf110
>>626
だいたい剣法なんて、本当に戦場で使っていたのかな?
剣法=個人戦かせいぜい10人以下の小集団の決闘に使うようなもので
戦国時代の集団戦に使い道はほとんどないと思うのだが?

636 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 16:27:30.37 ID:Dw3KjaNw0
>>632
そもそも合戦での主要武器は槍
市街地に槍を持っていくわけにはいかないから、市街地の暗殺だと刀が活躍したけどね

646 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 16:56:42.97 ID:SbbxgeKZO
>>636
合戦の描写は、クレしんのアッパレ戦国が正確らしいな。

663 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 17:23:18.72 ID:69r9U0200
明治1年 明治政府、スウェーデン・ノルウェー・スペインと不平等条約を調印。
明治2年 明治政府、北ドイツ連邦との不平等条約に調印。
明治2年 ロシア兵、樺太函泊を占領、明治政府が抗議せず容認したため兵営陣地を構築。
明治2年 イギリス公使パークス、樺太放棄を勧告。

黒田は少人数のロシア兵にびびって樺太を放棄したらしいね。
これで日本は脅せば簡単に領土を明け渡すとのメッセージを諸外国に与えてしまった。
一方で、榎本武揚はロシアに渡って樺太を買い取る交渉中だった。

698 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 17:54:00.70 ID:LvjkG0wI0
島津の恨み 米軍の恨みというだけで飯が食える沖縄土人は日本に規制する寄生虫

701 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 17:58:30.73 ID:jkQm+iF70
何度鹿児島が登場すれば気が済むのさ。
幕末モノやれば必ず出てくるじゃん。
大河ドラマ登場最多じゃねーか?

705 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 18:08:04.34 ID:Pgg0CJeO0
日本一在日の少ない鹿児島だけど、実は
韓国並みの儒教社会。
そのせいか若者の東名阪福岡への流出に
歯止めがかからない。

721 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 18:47:32.60 ID:S57mxtE5O
>>701
幕末大河では最多だね
薩摩(獅子の時代(W主人公)、翔ぶが如く、篤姫)
江戸(勝海舟、新選組!)
土佐(竜馬がゆく、龍馬伝)
会津(獅子の時代、八重の桜)
彦根(花の生涯)
水戸(徳川慶喜)
長州(花神)
三姉妹は全く知らないので省きました

ちなみに、登場作の数の多さは一位が西郷、二位が大久保と木戸らしい。

738 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 19:03:44.46 ID:qGazWmMq0
朝鮮出兵を描かないといけないから絶対にNHK大河にならないと言われてたが
今のスイーツ改変で実は平和主義で戦争反対だったのに無理矢理参加させられ
実は現地で朝鮮人の多くを救っていたとかになるんだぜ

748 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 19:34:15.73 ID:OCHGzoDJ0
なんで天皇が主人公の大河ってないの?

750 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 19:38:48.53 ID:DCC3Oe9j0
>>698
一度でも賠償してから言えよタコ。
鹿児島が賠償したことなんざねーだろうが。
米軍についても反対ばっかりしてるくせに。


754 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 19:43:48.48 ID:qhHjXX160
>>748

やるとすれば後醍醐天皇か明治天皇あたりなんだろうけど、
前者は足利尊氏を素材にしたほうが盛り上がるし、現に太平記として尊氏を主人公にしている。
後者は、幕末の志士を題材にしたほうが圧倒的に盛り上がるし、ドラマにもしやすい。
まあ、立派な天皇はいるにせよ、さらにネタになる人物がいるので、
無理に天皇を主役にする意味もないってところじゃない?

791 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 21:01:07.54 ID:69r9U0200
>>705
>日本一在日の少ない鹿児島だけど、実は
>韓国並みの儒教社会。
鹿児島にはお寺がほとんどない。
江戸時代まではたくさん存在したんだけど明治期に薩摩人がぶち壊した。
いわゆる廃仏毀釈の結果だ。
全国レベルでも貴重な寺院が破壊され国宝級の文化遺産の多くが灰になってる。
徳川にいじめられた薩摩人は江戸文化を憎んだから、
城郭の多くは取り壊され、浮世絵などは悪しき汚習としてゴミ扱い。
海外に流出した一部を除き江戸文化の痕跡はほとんど消失してしまった。
日本文化を強烈に憎んだという点では薩摩と韓国は通底してる。

799 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 21:18:07.70 ID:VXmkpuhc0
沖縄の人って
いまだに島津に恨みを持っていたのか?

808 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 21:32:11.61 ID:lGgUS7Gm0
家康をおびやかした島津義弘の前進退却は確かに見たいな
だがな、わしは広島の人間じゃけえ、毛利元就の大河みたいなってもうやったわ


810 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 21:38:06.66 ID:YalOg8mj0
>>808
長州系のお話ってやったっけ?
ここ二十年では記憶が無いような

818 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 21:48:45.78 ID:lHM7+Gxs0
知事嫌われ天ジャン


822 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 21:51:22.15 ID:ARZ8kHiVP
鬼石曼子も書くのか?
朝鮮人と明人を切りまくった鬼神として。


839 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 22:13:29.27 ID:EgNIt5Tn0
こんなのいちいち採用してたら全国で似たような要請
バカのように来て収拾つかなくなるよ

843 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 22:17:14.12 ID:VXmkpuhc0
>>839
実際そうなっているだろ?
どこの地方でも我が地方の英雄で大河やってくれって
運動はある。
鹿児島出身ではないが、島津義弘なら、その中でも見ごたえがあって
良さそうだと思うけどな。

944 :名無しさん@12周年:2011/10/31(月) 07:19:03.14 ID:QV2kPB2Z0
>>799
過去の一時点の話じゃないし、琉球処分後も形を変え
沖縄戦まで継続してるから。鹿児島県系人への憎悪は
そこまで遠い昔の話じゃない。
沖縄県議会から提案して両県議会で和解宣言を出した
今にしても、沖縄特産品マーケティングへの鹿児島の
便乗商法など確執の種はある。それと沖縄への謝意
オンリー、自分たちへの謝罪なしで和解宣言の会場に
された奄美側も若干、不満を抱いてる人々がいる様子。

948 :名無しさん@12周年:2011/10/31(月) 07:24:36.64 ID:eoWdA2Gh0
>>944
沖縄戦=錦の御旗かよ。
現在日本領の内で唯一地上戦になった地域ではあるが、
日本領ではなくなった地域での地上戦なら、沖縄だけじゃねーんだよ。
サイパン(日本領)でも地上戦が展開され、多数の日本人住人が死亡
している。

952 :名無しさん@12周年:2011/10/31(月) 07:59:57.07 ID:QV2kPB2Z0
>>948
それから当時のサイパン日系人の6割以上は沖縄系。
北米・南米・ハワイのみならず南洋諸島やフィリピンへの
移民が盛んだったので。

954 :名無しさん@12周年:2011/10/31(月) 08:11:39.41 ID:eoWdA2Gh0
>>952
つまり、ヤマトンチュの領土拡大と沖縄住民は利害を一体としていた訳だ。

955 :名無しさん@12周年:2011/10/31(月) 08:25:40.37 ID:QV2kPB2Z0
>>954
沖縄県は帝国政府自体からも冷遇されてたからね。
飢饉になっても取り分を変えない、還元率を高めない。
県は金蔓、移民は領土確立の尖兵、一石二鳥で
都合がいい道具。東北の満州移民もそんなもんかな。

957 :名無しさん@12周年:2011/10/31(月) 08:31:24.37 ID:eoWdA2Gh0
>>955
そんなのアメリカの西部開拓やハワイ朝横領も一緒じゃないか。
やっぱ戦争は勝たないとダメってことかね。
これはともかく、「取り分」とは何を指してるんだ?

969 :名無しさん@12周年:2011/10/31(月) 09:59:56.77 ID:UROHD3A+0
>>40
きわめて重要な人物なのだが、団塊の世代ぐらいから
こういう人のこと知りもしなくなるからな。

日本人の敵はみんなこの人の事知っているのに。
日本人自身でこの人を知っている人が極端に少ない。

政界に片足突っ込んでるか、重役以上だわな。



972 :名無しさん@12周年:2011/10/31(月) 10:27:02.36 ID:eoWdA2Gh0
>>969
名前も知ってるし、どういった人物かもまったく知らないよりかは知ってる
方だと思っていたが、さすがに顔は知らんかったつーか、別の人の顔と
覚えて間違ってたぽいw


http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1319820627/l50人気ブログランキングへ

学ばないブログ
忍者AdMax
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ