1 : アビシニアン(新疆ウイグル自治区):2012/12/08(土) 19:48:38.70 ID:bM3ihohz0 ?PLT(12000) ポイント特典

関係者・元乗組員らの迫真の証言とドラマで描く『巨大戦艦 大和』
2月8日(土)19時30分から『巨大戦艦 大和~乗組員たちが見つめた生と死~』を放送。巨大戦艦“大和”、昭和20年4月6日に山口県徳山湾沖から出撃。
乗組員に命じられていたのは、再び生きて帰ることが望めない「特攻」だった。そして大和は、目的地に達する前に、米航空機の集中攻撃を受け、
持てる能力を充分に発揮できないまま沈められてしまった。犠牲となった3000人を越える乗組員たち。助かったのは276人だった。

 彼らは、戦場で何をみて、何を感じたのか。そして戦後の日々をどのような気持ちで生きてきたのか。今ではわずか数十人となった元乗組員たちの証言は、
想像を超える過酷なものだった。

 また番組では、大和に4人の乗組員を出し、3人が亡くなった兵庫県の小さな村を見つめる。村が戦争に巻き込まれていった様子や、
生死が別れた兄弟の物語を、証言と再現ドラマを交えて描く。出演は黒田福美、岸田タツヤほかの皆さん。

http://dogatch.jp/news/nhk/12672

7 : コーニッシュレック(福岡県):2012/12/08(土) 19:51:00.75 ID:R8y32rWH0
戦闘機      日本軍合計 29261       米軍合計 90777
小型爆撃機   日本軍合計 10177       米軍合計 22138
中型爆撃機   日本軍合計 7922       米軍合計 24211
大型爆撃機   日本軍合計 384        米軍合計 32213

正規空母     日本軍合計9隻         米軍合計 22隻
軽空母      日本軍合計9隻         米軍合計 93隻
戦艦        日本軍合計2隻         米軍合計 10隻
巡洋艦       日本軍合計7隻         米軍合計 39隻
駆逐艦・護衛艦 日本軍合計237隻       米軍合計 861隻
潜水艦       日本軍合計167隻        米軍合計 213隻
商船        日本軍合計306,4000トン   米軍合計 3308,8000トン


どうあがいても絶望

28 : セルカークレックス(東日本):2012/12/08(土) 19:56:52.83 ID:01QYmkTt0
なんで愛国心も精神力も大和魂もそして職人的な技術を持った大日本帝国が、
あんな愛国心も精神力も技術力も無いようなアメリカ人に待てしまったのか
全く理解できん…

33 : ラガマフィン(東京都):2012/12/08(土) 19:59:00.27 ID:Jsao3hsG0
こんなのは作ってたけどな
伊-401 潜水艦


56 : 茶トラ(大阪府):2012/12/08(土) 20:05:19.22 ID:5C4ItFKK0
>>33
伊号でドイツ言った時に笑われてるよ
「よくこんなやかましい船で生きてここまで来れたな」って…

ドヤ顔で見せた酸素魚雷もドイツは興味示さなかった
向こうの課題はパターン航走魚雷や音響誘導魚雷に移ってたしね

実際大戦後に一番影響与えた潜水艦はTypeXXIだよ

202 : スフィンクス(宮城県):2012/12/08(土) 20:55:46.28 ID:BxZdcCnu0 ?PLT(13000)

工業力の差が段違いだったから、何をどうしても最終的には負けてたよ

210 : アメリカンボブテイル(滋賀県):2012/12/08(土) 20:58:33.59 ID:3hYToJ2w0
トップは最初からみんなアメリカに勝てないって思ってたんだってな

236 : パンパスネコ(神奈川県):2012/12/08(土) 21:05:35.78 ID:A07MjwAV0
短期においての結果では大失敗だけど
今の豊かさを考えたら大和、武蔵を築いた事は無駄じゃない。

当時の現役世代のジジババの減少と共にこの国の衰退がはじまってるようで不安だわ。

それでもこれからは俺たちがジジババの遺志を継いで行かなきゃいかんよね

237 : ジャパニーズボブテイル(兵庫県):2012/12/08(土) 21:06:08.48 ID:7/NUzxhB0
ただ工業力、軍需生産力を比較して日本に勝ち目は無かった、と言うのはいかがなものか?

広大な太平洋をおし渡り侵攻し、兵站を維持するのはアメリカと言えど並大抵のことではない。
欧州戦線に資金や人材、兵器を全体の8割以上もさいていたのだから。

もし、サイパンやテニアンの陥落を半年から一年程度遅らせる事が出来たら?
それだけ、B29による日本本土空襲が遅れると言う事だ。
マリアナ北部が陥落したのが昭和十九年七月から八月に掛けて。
アメリカの物量を以ってしても、それから本格的本土空襲を始めるのに半年近くも時間が掛かっている。
米潜水艦による輸送船攻撃で甚大な被害は受けただろうが、史実ほどに日本経済が疲弊するとは考え難い。

昭和二十年八月には満州その他への侵攻を始めたであろうソ連軍を、アメリカは歓迎しただろうか?
遅くとも昭和十八年初頭からマリアナ諸島の要塞化を始めていたら、歴史は大きく変わっていたかも知れない。

251 : 茶トラ(大阪府):2012/12/08(土) 21:12:03.10 ID:5C4ItFKK0
>>236
今の豊かさと大和武蔵は全く関係ないよw

266 : ヨーロッパヤマネコ(兵庫県):2012/12/08(土) 21:17:45.14 ID:yFJ7Evwx0
ミッドウェイって100回あっても100回負けてただろ?

269 : 縞三毛(東京都):2012/12/08(土) 21:19:13.77 ID:Jx8nKeo00
>>266
そんな大敗じゃない。
100回やったら90回は勝つぐらい戦力的には日本に有利だった。

272 : ボンベイ(チベット自治区):2012/12/08(土) 21:19:41.21 ID:6mMpTixJ0
>>251
大和の測距儀を作ったのはニコン
新幹線の頭を作ったのは彗星の設計者

いろんなところで当時の技術は生きてるもんだよ

276 : 白黒(大阪府):2012/12/08(土) 21:20:54.11 ID:RBeejay30
>>237
いや、トドメを指したのはあくまで潜水艦だ
いくら工場が無事だろうが瀬戸内海まで米潜が入ってきてる状況でどうやって原料確保するんだ
ガソリンもアルミも国内にはないぞ

295 : ジャパニーズボブテイル(兵庫県):2012/12/08(土) 21:25:03.38 ID:7/NUzxhB0
>>266
色々と日本の敗因が言われてるけど、一言で言えば、「運が悪すぎた」、これに尽きる。
ミッドウェー作戦は、敵空母を撃破するという事に絞れば勝って当たり前だったと思う。

史実の通り、ミッドウェー諸島攻略と敵空母撃破の二股作戦でも、>>269 氏の言うように100戦90勝はクリア出来ると思う。

309 : ヤマネコ(茸):2012/12/08(土) 21:31:55.48 ID:y9J5L9s/0
>>202
日露戦争は勝ったぞ。

328 : ヨーロッパオオヤマネコ(チベット自治区):2012/12/08(土) 21:38:12.83 ID:rh25tJpJ0
>>295
>一言で言えば、「運が悪すぎた」

個々の被害はあんまり関係無いかもしれないけど、大鳳なんかどうしてあれで沈んだんだ?って位の運の無さだもんなぁ
大和海上特攻時の天候とかも
まあ、損害ばかり抜き出すから不運だと感じるのであって、逆に運に助けられた例も多いんだろうけどさ

332 : ジャパニーズボブテイル(兵庫県):2012/12/08(土) 21:38:51.15 ID:7/NUzxhB0
>>276
確かに米潜水艦の威力は凄まじい物があったと思うけど、俺が言いたかったのは、

ソ連軍の対日侵攻作戦が始まるまで、アメリカのマリアナ以降の対日侵攻作戦の進捗を史実より半年程度遅らせる事が出来たら?

と言うこと。
ズタボロ状態でも良いから、日本がアメリカによる侵攻を食い止めている内に、ソ連が満州から朝鮮半島、樺太から北海道へと侵攻し始めた時、
次に起こる大戦争は米ソ戦だと誰もが想定している中で、アメリカがソ連による日本侵攻を容認出来ただろうか?

それと、マリアナ諸島を日本が確保している状況を想定すれば、史実ほどにアメリカ潜水艦が跳梁跋扈しているはずが無い。
アメリカ潜水艦が瀬戸内海や東京湾にまで侵入してくるようになったのは昭和二十年春頃からだ。

340 : ぬこ(大阪府):2012/12/08(土) 21:42:53.54 ID:5BDsFPrG0
>>56
イ号はアメに沈められまくってるけど
アメリカが喉から手が出るほどほしい潜水艦だった
世界であの当時に潜水艦に艦載機収納してたのは日本だけだぞ

344 : ジャパニーズボブテイル(兵庫県):2012/12/08(土) 21:45:01.09 ID:7/NUzxhB0
>>328
開戦から数ヶ月はツキにツキ捲くってたんだけどね。

「風は勇者の念ずる方向に吹く」
と喝破したのはネルソン提督だっけ?

戦争後半の日本軍は何をやってもダメだった。
おまけに地震連発とかw

348 : 白黒(大阪府):2012/12/08(土) 21:46:02.76 ID:RBeejay30
>>332
えっとね
マリアナの重要性は日本も熟知してて、絶対国防圏と称してやれることは全てやったんだよ
東條が退任したのもマリアナ失陥が理由
選択肢を間違ったとかそういうレベルの話じゃない

どっちかといえば選択肢を間違ったのはアメちゃんの方
マッカーサーとニミッツの意見を統一できなくて、半分の力で戦った状態

それでも完膚なきまで負けたんだ
どうこうすればどうにかなったとかいう問題じゃない

352 : アムールヤマネコ(東京都):2012/12/08(土) 21:48:38.54 ID:KbQVvIqM0
>>344
ツイてるとかの問題じゃないな。
個々の作戦の双方の損壊率見りゃわかるけど、日本は戦術目標>人命。
アメリカは人命>戦術目標。
兵士さえ残ってりゃ次に繋げる、戦術目標さえ達成してりゃ兵士の命はどうでもいい。
こういうダメコンの意識の違いが後半の不利に繋がったんじゃないかな。
優秀な兵士は1年目で使いきったよ。

356 : 縞三毛(東京都):2012/12/08(土) 21:51:06.98 ID:Jx8nKeo00
>>352
「アメリカは人命>戦術目標」
それは言い過ぎだ。
アメリカは物資が豊富で日本にはできなかった救命策がとれたと言うだけ。
人命が戦術目標より大事ならノルマンディー上陸作戦であれだけ強引に
オマハ・ビーチを強襲した理由を説明しなきゃならんぞw

361 : アムールヤマネコ(東京都):2012/12/08(土) 21:54:36.58 ID:KbQVvIqM0
>>356
ノルマンディーは作戦規模上、死者数が甚大に見えるけど損壊率は10%にも満たないよ。
アメリカは銃弾カスッただけで後方に移動。日本は直撃してもその程度で帝国軍人か云々。

399 : ジャパニーズボブテイル(兵庫県):2012/12/08(土) 22:20:39.89 ID:7/NUzxhB0
>>348
東條は戦後、大東亜戦争について「昭和十七年に何もやらなかった事を悔いている」と述懐している。
要するに、支那方面に目を向けすぎて、太平洋をほったらかしにしてしまったと言う事だ。

やれる事は全てやった、なんてことは無いよ。
アメリカのマリアナ侵攻に備えて、陣地を築き始めてのは漸く昭和十九年の五月からだ(ちょっとうろ覚えだが)
そんな付け焼刃な対応で、やれる事はすべてやった、と言うのは責任逃れ以外の何物でもない。

大体、絶対国防圏の設定は昭和十八年の八月か九月ごろだったはず。
マリアナの重要性を熟知してて、この遅さは何だ?と言いたくなるよ。

402 : スナドリネコ(新疆ウイグル自治区):2012/12/08(土) 22:25:56.20 ID:c73CxwCh0
レーダーと近接信管まじめにつくったほうがいいんじゃないかと

405 : ラグドール(空):2012/12/08(土) 22:32:03.49 ID:wcXMXuIS0
>>402
せっかく作っても電波飛ばす側のケーブルの絶縁樹脂が資源不足で作れなくて誤作動ばかりの予感

413 : 白黒(大阪府):2012/12/08(土) 22:39:37.48 ID:RBeejay30
>>399
ん?
中国大陸どうこう言い出すと、戦争始めたから負けたって話で終わりだ。

んで、18年は海軍はソロモンキャンペーンでの消耗からの建て直し、陸軍は絶望のニューギニア戦線
だからこそ、まがりなりにも航空機1000機、空母9、戦艦5などという海軍史上空前絶後の兵力を投入できたわけだが

それに比べればサイパン要塞化なんて小さな話だろ。補給を絶たれればおしまいなんだから
あれだけ善戦した硫黄島ですら1月半しか持久できてない。

437 : ジャパニーズボブテイル(兵庫県):2012/12/08(土) 23:01:57.36 ID:7/NUzxhB0
>>413
>中国大陸どうこう言い出すと、戦争始めたから負けたって話で終わりだ。

ちょっと、意味が解らん。
絶対国防圏を設定して、やれる事はやったと言う貴方の意見に対する反論として、東條の話を出した。
とてもやれる事をやったとは言えないだろう、と。

で、サイパンやテニアンに関しては何も、永久に確保出来たはずだ、だとかすべきだった等と言う話はしてないよ?

せめて半年、出来れば一年持ち堪える事が出来たら、そしてその後のアメリカの侵攻を史実より半年から一年ほど遅らせる事が出来たとしたら、
つまり、早くても日本本土空襲が本格化し始めたであろう昭和二十年八月にソ連軍の対日侵攻作戦を開始し、快進撃を続けたら
アメリカはそれを歓迎出来ただろうか?出来なかったとすれば、どのような歴史が続いただろうか?

と言う「IF」の材料を投じてみたかっただけだ。

硫黄島について言えば逆に、あんなちっぽけでほぼ平坦な島ですら、そこそこの準備をすれば、日本軍でもアメリカの猛攻を1月半も持ち堪える事が出来たと言えないか?
サイパンやテニアンやグアムなら、もっと米軍を苦しめる事が出来たと思うんだが。

441 : ツシマヤマネコ(和歌山県):2012/12/08(土) 23:07:38.18 ID:Rj8I+4Ll0
>>437
ルーピールーズベルトの寿命が延びてたらソビエトの対日参戦を歓迎しただろう

458 : 白黒(関東地方):2012/12/08(土) 23:33:22.29 ID:Lk+Xq1yWO
沖縄は捨て石だろうが

大本営は台湾の方が危なそうだからって、米軍侵攻直前に主力の一個師団を引き抜いちまったんだぞ

三十二軍の作戦計画が台無しになるのもお構いなしにだ
沖縄は捨てても構わんと思ってなければ出来ん

460 : ハイイロネコ(千葉県):2012/12/08(土) 23:35:08.95 ID:3tdMl/2V0
>>458
島民には本土に疎開するよう要請してたんだよ。
それを沖縄人は断ったんだ。

464 : スナドリネコ(茸):2012/12/08(土) 23:38:38.52 ID:tK0SZvnsP
まず第一に
真珠湾攻撃は南方に進出する際の障害である
アメリカ大平洋艦隊に打撃を与えるため
ちなみに
元々空母は攻撃目標としての優先順位は無茶苦茶低かった
あくまでも戦艦と港湾施設が主要目標

第二に
作戦行動中の戦艦を航空攻撃で撃沈できるなんて
真珠湾攻撃の後ですら世界中のほとんど誰も思ってなかった
POW の撃沈で戦艦が航空攻撃で沈められるということが初めてわかり
ここから各国の戦略が転換してった

ちなみに日本は戦略の転換する能力も意図も無かった
てか
大和と武蔵は戦が変わる直前に配備されますた

468 : ボブキャット(千葉県):2012/12/08(土) 23:40:09.41 ID:mIJjYnYKP
>>460
敵が「攻めてくるかもしれない」ってだけで
島から出たこと無い人も多く、どこに行くかもわからず
財産捨てて疎開しろなんて無理
今だって「津波がくるかもしれない」って言っても全然逃げなかっただろ?
人間危機に直面しないと絶対にそんな決断は出来ない
この点で沖縄県民を責めるのは酷

471 : アフリカゴールデンキャット(福島県):2012/12/08(土) 23:41:19.65 ID:0l+cN+0j0
守旧派の圧力で

仕方なく戦艦を作ってしまっただけの話

開戦以前から空母時代が見通せてたのにねw

474 : アビシニアン(庭):2012/12/08(土) 23:43:08.87 ID:/FHtRmvM0
>>464
真珠湾は空母が第一目標だったし湾口施設は目標になってなかったろ
それに戦闘行動中ならともかく停泊中の戦艦を航空機で沈めきれるのはタラント空襲で実証済み
実際真珠湾はタラント空襲が元ネタだと言われてるくらいだし

477 : スナドリネコ(茸):2012/12/08(土) 23:44:04.03 ID:tK0SZvnsP
>>471
誰も見通せてないよ
誰も航空攻撃で作戦行動中の戦艦を撃沈できるなんて思ってませんでした

マジで
>>474
空母は主要目標に入ってないぞ

480 : アビシニアン(庭):2012/12/08(土) 23:46:03.28 ID:/FHtRmvM0
>>477
いや空母は第一目標だったろ
んで空母がいなければ戦艦でも沈めとけって作戦だったよ

489 : スナドリネコ(茸):2012/12/08(土) 23:50:49.44 ID:tK0SZvnsP
>>480
誰がそんなこと・・・
そもそも日本の戦略は漸減要撃
南方作戦を行うと大平洋艦隊を相手に二正面作戦は出来ないため
大平洋艦隊を叩くために行われたのが真珠湾攻撃
あくまでも戦艦が主要目標

当時の空母の位置付けは下手したら巡洋艦以下だぞ

498 : サバトラ(福岡県):2012/12/08(土) 23:55:15.32 ID:EyMyRaEH0
むしろ大和に戦費かけ過ぎて国力がどん底に落ちた

507 : スナドリネコ(茸):2012/12/08(土) 23:59:15.57 ID:tK0SZvnsP
>>498
大鑑巨砲の中では大和型はアメリカにしてみると反則級の超兵器だったのは確かなのよ

あそこ、制約があって大和に対抗できる戦艦は結局作れなかった

510 : ハバナブラウン(東京都):2012/12/09(日) 00:01:05.94 ID:OyCzNKzd0
>>507
そんなことはない
アイオワ級があるだろ

大和級の散布界は広すぎて、宇垣中将が愚痴をこぼすくらい
多少はマシになったようだが

アイオワ級と比較して、大和級が特別優れていたわけではない

518 : ピューマ(茸):2012/12/09(日) 00:04:23.84 ID:tK0SZvnsP
>>510
しかしアイオワは大和のバイタルは撃ち抜けない
さらに
復元力もギリギリだ
殴りあいになったら大和には勝てない

あとアイオワのカウンターパートナーは金剛

554 : ラグドール(大阪府):2012/12/09(日) 00:15:56.67 ID:7Dy+WXT/0
普通に考えて勝てる訳ない
というか負ける為にやった戦争だ
山本五十六みたいなアメリカのスパイが軍の中にも何人かいたみたいだしね

557 : エジプシャン・マウ(やわらか銀行):2012/12/09(日) 00:17:12.31 ID:Ffa0/z8i0
>>554
ヨーロッパでヒトラーが勝てば
日本も勝ってただろ

573 : 白黒(福岡県):2012/12/09(日) 00:28:29.70 ID:VdZrSOgp0
ベトナム戦争でベトナムは戦略的に頭いいよな
大和のような攻撃目標になるようなものは作らない。金も手間も資源もかかるし
ベトナムはベトコンの忍者戦法で上陸した米兵を攻撃した
見えない敵で恐怖の米兵
映画プレデターみたいなもの

578 : アビシニアン(関東・甲信越):2012/12/09(日) 00:34:13.21 ID:hTiCcVObO
当時の日本と米国じゃ工業力が決定的に違うよ
それにアメリカは単能工を重視し、日本は多能工を重視したのも生産性を分けた
航空機に関して言うなら日本の航空機生産工場には信じられない事に併設された飛行場が一つもなかった
あろうことか、牛車で生産した零戦のパーツを積んで稲城から調布の飛行場まで運んで組み立ててたのが実情
航空機運搬のトラック自体が少ないわ、速く走ろうにも凸凹道路で無理だった…壊れるからね

636 : ブリティッシュショートヘア(東京都):2012/12/09(日) 01:29:02.95 ID:j5JbFs3D0
原発で「事故など起きないから回避策など不要」と言ってたのと同じだな。
今頃になって「ここがやられるとこう回避します、ここならこう」ってやたら分厚い方針つくってるけど。

673 : ハバナブラウン(東京都):2012/12/09(日) 02:05:09.29 ID:6l/Dse2E0
>特進してるし無駄死にではない

二階級特進? 二階級特進で
それだけでおしまいなんですか?


http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1354963718/l50/../人気ブログランキングへ