いてつくブログ

2ちゃんねるのスレッドをコピペしてまとめてみるブログ

真珠湾

ニュース真珠湾を攻撃しなければ太平洋戦争は始まらなかったんだぜ?

1 : マーブルキャット(秋田県):2012/12/08(土) 21:08:13.01 ID:hSmz+SC00 ?PLT(12001) ポイント特典

【ホノルル共同】旧日本軍による真珠湾攻撃から71年となった7日、犠牲になった米兵士らを追悼する式典が米ハワイ州のパールハーバーを望む公園で行われた。
攻撃を生き延びた退役軍人や地元関係者ら約2千人が参加。攻撃開始時間の午前8時(日本時間8日午前3時)前に黙とうをささげた。ヘイニー米太平洋艦隊司令官は、
生存者たちから直接聞いた体験談をもとに攻撃当時の様子を紹介。

http://www.excite.co.jp/News/world_g/20121208/Kyodo_BR_MN2012120801001053.html

5 : ボブキャット(大分県):2012/12/08(土) 21:10:24.67 ID:A0Rg64ok0
マジでアメリカと戦おうとしてたんだから
無謀もいいところだったよな
基地攻撃したら相手がブチキレることぐらい分かるだろ

6 : ジャガランディ(関東・甲信越):2012/12/08(土) 21:10:43.73 ID:ShFSrd6e0
真珠湾にいたのはクズ艦隊でしょうが

13 : イリオモテヤマネコ(家):2012/12/08(土) 21:13:53.60 ID:z7/oE7oV0
奇襲奇襲いうけどさ
アメリカが宣戦布告手続きまともに守ったことなんてあったか?
あったとしても守ってない方が多いんじゃないの

32 : サバトラ(関西・北陸):2012/12/08(土) 21:24:41.46 ID:JZZP8kFuO
ABCで石油輸入出来なくなり絶対のめないハルノート突き付けられりゃ戦争するしかないだろ
白人の植民地だったアジアを救おうと国際連盟に訴えてもアメリカは反対するしどうしても避けられなかった戦争

33 : トラ(秋田県):2012/12/08(土) 21:25:45.75 ID:8WDO5Xdx0
>>32
いっそのこと土下座してでも許してもらったほうがよかった気がするがね
200万人も死ぬよりは

36 : キジ白(京都府):2012/12/08(土) 21:26:35.05 ID:2bybVNnl0
>>32
小林よしのりで戦争覚えた人って
自分自身で国際連盟を脱退したという前段を知らんよね

40 : サバトラ(関西・北陸):2012/12/08(土) 21:28:29.58 ID:JZZP8kFuO
>>33
謝ってすむ相手じゃないだろ

43 : トラ(秋田県):2012/12/08(土) 21:30:23.04 ID:8WDO5Xdx0
>>40
中国利権なんて全部くれてやればよかった

そうすりゃ今の俺たちは少なくとも敗戦国民として生きる屈辱はなかった

45 : サバトラ(関西・北陸):2012/12/08(土) 21:31:30.40 ID:JZZP8kFuO
>>36
脱退するように仕向けられたって言った方が適切かな
過半数とろうがアメリカがNOと言えば終わりの国際連盟に意味なんてないけど

72 : アジアゴールデンキャット(愛知県):2012/12/08(土) 21:46:31.05 ID:mRzaWklI0
>>43
ロシアから賠償金取れないぐらいで焼き討ちするような国民がそんなもん納得するわけないだろ

92 : ボブキャット(WiMAX):2012/12/08(土) 22:02:33.14 ID:geCtAdg3P
GHQ教育って相当うまくいったようだね
悪者は連合国に歯向かった日本、か・・・

93 : ぬこ(関東・甲信越):2012/12/08(土) 22:05:42.58 ID:BGOdP8H+O
>>92
焚書もかなりやられたからね、
当時の事を知る資料なりなんなりは新聞ぐらいしかない

94 : 茶トラ(大阪府):2012/12/08(土) 22:06:05.75 ID:5C4ItFKK0
良いか悪いかは置いといて頭は悪いね
どうやって勝つかのビジョンもなかったんだから…
山本五十六は本人すら信じてないであろう夢物語を語ったみたいだが

97 : トラ(秋田県):2012/12/08(土) 22:10:36.40 ID:8WDO5Xdx0
>>93
何が焚書だよ馬鹿馬鹿しい。そもそも戦争に負けたら皆殺しに合っても文句は言えんのだぞ
焚書ぐらいで済んでアメリカ様ありがとうだろうが

99 : ぬこ(東京都):2012/12/08(土) 22:12:45.50 ID:T3bk82bz0
>>97
それを言うなら、日本も戦後アメリカにテロ戦争仕掛けてもおかしくない

104 : 茶トラ(大阪府):2012/12/08(土) 22:15:10.58 ID:5C4ItFKK0
>>99
おかしくないっつーか日本人には無理。
ムスリムみたいに強固に結びつける精神的支柱がない。

維新の時にそれに気がついて急造の国家神道でなんとかしようとしたけど
所詮はにわか造り

107 : マーゲイ(静岡県):2012/12/08(土) 22:15:57.55 ID:mV3ljDyB0
>>97
国が戦争に負けたからって、生きてるならアメリカに文句を言う事だってできるぞw
個人の度胸と覚悟が必要だけどな

113 : ぬこ(東京都):2012/12/08(土) 22:19:49.61 ID:T3bk82bz0
>>104
精神的支柱なんてものは要らん
ムスリムも信者が全員教義を理解してるとは限らない
家族を殺された怨念だけで人は変わる

120 : 茶トラ(大阪府):2012/12/08(土) 22:23:30.80 ID:5C4ItFKK0
>>113
つか前大戦て敵に家族を殺された奴より
指導者や指揮官の馬鹿な指示に殺された奴の方が多いんじゃね?

121 : トラ(秋田県):2012/12/08(土) 22:23:42.07 ID:8WDO5Xdx0
>>107
そういうのは無責任であるとも言えるぞ
日本が負けたなら日本人全員が負けを受け入れるべきなのであってね、一人で戦ったってそりゃ単なるKYだ

132 : ベンガル(北海道):2012/12/08(土) 22:28:50.24 ID:Wl8UcD290
戦時中に作られた円谷英二の特撮による真珠湾攻撃映像


133 : サバトラ(福岡県):2012/12/08(土) 22:30:58.35 ID:EyMyRaEH0
仮に真珠湾のあるオアフ島を占領したとして
ハワイ島、マウイ島、カウアイ島、モロカイ島、ラナイ島、ニイハウ島、カホオラウェ島の7つの島から
米軍が攻めて来たらどう戦うつもりだったか知りたい
あと、日本から遥々ハワイまで後方支援による燃料、爆薬、食料を積んだ船を
米軍に撃沈されたらマウイ島の日本軍はどうするのか?その作戦を知りたい
飛んで火に入る自滅作戦?

135 : マーゲイ(静岡県):2012/12/08(土) 22:32:41.75 ID:mV3ljDyB0
>>121
むしろ大人の責任を果たしてるだろ
国の指導部がダメなら、個々人が良い社会のために戦う
それをコミュニティー論に置き換えれば独裁者が倒される事がなくなる

137 : ボブキャット(WiMAX):2012/12/08(土) 22:34:05.46 ID:geCtAdg3P
>>132
金かかってるね・・・

138 : ボンベイ(庭):2012/12/08(土) 22:34:37.12 ID:xRqPv7SY0
>>133
別にハワイ占領する予定は無かったろ
一応は検討されたものの無理ありすぎるって結論になってたはず

139 : サバトラ(福岡県):2012/12/08(土) 22:34:44.55 ID:EyMyRaEH0
爆撃だけしてさっさと逃げるなら真珠湾など奇襲しないでニューヨークを火の海にしろよ
何?遠すぎて燃料が足りない?
帰りの燃料がない?

143 : トラ(秋田県):2012/12/08(土) 22:37:06.21 ID:8WDO5Xdx0
>>137
笑わせんなよ。飼い主がアメリカ様じゃない日本人が今日日どこにいる
むしろお前の方がおかしい。飼いならされすぎてつけあがった挙句、家畜の身分を忘れてるだけじゃないか

>>135
果たしてるか? とにかく米国とおまけで戦勝五ヶ国の中国はともかく、俺たちは韓国とロシアには敗北してないぜ
なのになんで今まで土下座しまくってきたんだ? 負けてない国にまで頭下げるのが大人かよ

154 : マーゲイ(静岡県):2012/12/08(土) 22:47:00.73 ID:mV3ljDyB0
>>143
嫌いな指導部の国を潰したいのか、今の指導部の国を維持したいのか、どっちなんだよw
国が気に入らないなら、つぶれる方向に導くのは当然だろ

156 : トラ(秋田県):2012/12/08(土) 22:54:31.94 ID:8WDO5Xdx0
>>154
どっちもだよ。「日本を奴隷扱いしてくる国も嫌いだが、それにヘイコラしてる情けない日本はもっと嫌い」ってだけだ

163 : ボブキャット(岡山県):2012/12/08(土) 23:03:19.75 ID:zw5tePI7P
旧日本軍の暗号は全て解読されていて真珠湾奇襲も分かっていたけど
日本を完膚無きまで叩きのめす口実を作るためにワザと攻撃を受けたんだよな。

165 : ターキッシュバン(庭):2012/12/08(土) 23:06:37.63 ID:nF3RZWMU0
>>163
なわけねーだろ、それアメリカ人の負け惜しみだぞ
日本の空母が戦争はじめる気でどっか行ってる、てのは分かってたけど、どこに向かってるのかが分からなかった
まさか真珠湾ではなかろう、と油断した結果があれ

167 : マーゲイ(静岡県):2012/12/08(土) 23:08:58.53 ID:mV3ljDyB0
>>156
中韓ロなどは相変わらず日本には賠償を請求してくる
だが、奴隷である日本人にとって大事なのは
中韓ロと米国との関係が20年前と変わってないのかどうかって事だ

中国は日本との領土問題を根源にアメリカと揉め始めている
韓国からは米軍が撤退する事が決まっている、沖縄の反米軍基地運動が飛び火したからだ
そして、ロシアは冷戦という名の米国との世界二分統治を止められた

日本を変えようとする人間には、そういう表現だって出来る

171 : スナドリネコ(フィンランド):2012/12/08(土) 23:16:07.66 ID:iQxIx8dL0
ジャップが無謀にもアメリカに宣戦布告→仕方ないのでドイツも宣戦布告
→ドイツはソ連イギリス自由フランスにくわえてアメリカも敵にしてしまった

実際ヨーロッパ戦線の後半は圧倒的物量のアメリカ軍が主力でドイツは死に物狂いで戦った
アメリカ軍にとって太平洋戦線は片手間
そして日本への空襲がおままごとに思えるドイツ爆撃

ジャップはドイツに土下座するべき

176 : アビシニアン(東日本):2012/12/08(土) 23:25:42.97 ID:f7HdSBYwO
>>165
ちなみにその当日真珠湾にいたのは何故かすべて旧式で廃艦間近の船ばかり

212 : 黒トラ(大阪府):2012/12/09(日) 01:16:31.45 ID:Ea7rXpk70
祖国を滅茶滅茶にしてアジア解放(笑)
チョンでもそんな見苦しい言い逃れせんだろ

219 : ユキヒョウ(京都府):2012/12/09(日) 01:25:45.35 ID:lOqsTh5x0
戦争してなければ、将来的に欧米の植民地だわ
負けるのわかってても戦わないといけないときもある

230 : ロシアンブルー(神奈川県):2012/12/09(日) 06:07:08.20 ID:4BcEhnSA0
>>212
>219さんの意見に同意。

戦前の世界地図とか見たことある? アジア・アフリカなんてほとんどが列強の植民地か属国だったのが、
東南アジア・南アジアから日本が欧米列強勢力を追い払ったのを切っ掛けに、戦後続々と独立できた。

確かにアジア諸国・諸民族を全て解放するなんてヒーローめいたことをしようとしたわけではなかったけれ
ど、欧米に替ってそれらの地域を植民地化しようとしていたわけでもなかった。 そもそも英国はインドを、
アメリカはフィリピンを独立させる予定だったともいわれるが、本当に実行する意志があったかなんて眉唾
だしね。 有色人種でも白人に立ち向かえるんだってことは、日露戦争とWW2で戦った日本の存在がなけ
れば無理と考えられ続けて、現在もまだ植民地か属国であるかもしれないよ?

日本はボロ負けして多くの人々が死に国土も荒廃したけど、戦争しなければ江戸時代のような生活に戻る
しかなかったことは事実。 当時の日本人は戦うことを決意し立派に戦った。 それをチョンに例えるなんて
失礼もいいところだよ…

248 : 白黒(福岡県):2012/12/09(日) 08:45:38.73 ID:VdZrSOgp0
この辺の歴史は教科書では教えないのにおまえら何で知ってるん?
映画ラトラトラとかドラマとか小説とか?
そんなの創作話だろw

249 : ヨーロッパオオヤマネコ(東京都):2012/12/09(日) 08:51:56.09 ID:VcvD6JYi0
>>248
従軍慰安婦とか南京大虐殺や、751部隊など創作小説信じているサヨク脳の方ですか?w
一般常識で、図書館に行けば関連書籍は山ほどある、知らないのが無知なだけ

268 : 白黒(福岡県):2012/12/09(日) 10:14:09.52 ID:VdZrSOgp0
>>249
無知とか言うけどさ
当時の大本営発表とか新聞記事とかウソばっかだろ
ウソで固めた記録書物を読んで知識をつけるのかw

284 : アジアゴールデンキャット(東日本):2012/12/09(日) 11:25:23.87 ID:QWuSbm7O0
>>5
マジで戦う気があるから基地を攻めたのがわからんのか?

先制して、敵主力の集まる真珠湾にて、敵戦艦をすべて沈めれば勝機がある。
逆に言えばそのくらいしか勝機が無いからそれに賭けたんだろう。

傍受されてて、主力は一つ後ろの戦線に逃げて、ゴミ戦艦しか置いてなかったけどなw

303 : イエネコ(東京都):2012/12/09(日) 12:53:48.62 ID:/Gcpym350
gdgd開戦引き伸ばしていればさすがにドイツがやばいのがさすがにわかってくるので
博打に出るのは出来なくなる
大日本帝国健在のまま冷戦時代に突入できた

304 : ツシマヤマネコ(東京都):2012/12/09(日) 12:58:15.51 ID:gyW3W5pv0
>>303
んな事になってりゃ戦後復興特需は無かっただろうし、財閥そのままで超格差社会に
なってただろうし、憲兵や特高の権力そのままで2ちゃんなんて無かったかもな。
キレイな北朝鮮みたいな国になってたと思うわ。
負けて良かったなんていうと語弊があるけど、日本とドイツの戦後見てると勝ち続ける
事が正解とは言えないとは思うな。

309 : 斑(大阪府):2012/12/09(日) 13:48:37.82 ID:651m7QYV0
もし日本が1941年時点で降伏してたら、アジアの国々は白人社会に
犯されて、アジアの人々は白人の奴隷となってたはず。

311 : スフィンクス(東京都):2012/12/09(日) 14:07:59.34 ID:YcREKD+v0
>>309
1941年時点でアジア・中近東・アフリカは全部白人の奴隷だったよ。
例外は英仏の植民地艦緩衝帯として殖民化されなかったタイだけ。
日本とアフガニスタンは国民が戦争好きの上に強過ぎて手も足も出せなかった。
まぁ日本海軍の真珠湾への世界歴史に燦然と輝く1撃で全部独立出来た訳で、目出度しに成ったw

323 : ペルシャ(チベット自治区):2012/12/09(日) 16:54:46.60 ID:4WCRNtkZ0
>>309>>311

ペルシャ(チベット自治区):2012/12/09(日) 10:27:05.43 ID:4WCRNtkZ0
>>94
日本の右翼は、日本は東南アジアの植民地からの解放を成し遂げたなんて
噴飯物なことを言って威張ってるが
あれはナチスドイツが強くて
植民地宗主国の英国フランスオランダをこてんぱんにやっつけたもんで
それらの国は日本の植民地侵略に手向かうだけの力がもうなくなっていた
それで東南アジア南アジアは独立できた
それを日本のおかげだなんてよく言うわ
日本は植民地解放のために戦ったというなら
朝鮮・台湾を敗戦まで手放さずに植民地にしていたのはなぜなのか、
ネトウヨに是非とも訊きたい

はい答えをどうぞw

324 : スミロドン(千葉県):2012/12/09(日) 16:57:13.90 ID:Dk9tYEOl0
>>323
そのレスになんの価値があるのやら

330 : 茶トラ(静岡県):2012/12/09(日) 18:15:49.00 ID:DKv+pQWn0
>>323
日本が来なきゃ弱ったフランスオランダから別の欧米諸国に支配権が移るだけのこと。大戦後戻ってきた列強の軍隊から
アジアの国々が独立戦争で自国を守りきれたのは大戦時に対日戦略として現地反日政権に供給された武器・兵器があったから。
大本営が下心でアジア侵攻したのは事実でも一般国民や最前線で欧米と戦って死んでいった下っ端たちは本気でアジア解放を目指していた。
 日本軍が来てなかったら今頃南米・豪州よろしく欧米系の子孫が政治経済の主体となる国々になってただろう。ネイティブの子孫たちはアボリジニみたいに
都市で浮浪者やってるかジャングルで開放ゲリラ軍やってるかどっちか。
 日本軍が野心で侵攻したのも事実。結果おかげでアジア諸国が独立への道を得られたのも事実。

342 : ウンピョウ(東京都):2012/12/09(日) 18:53:04.59 ID:cLWf3khy0
宣戦布告とか甘え制度だろ
戦国時代わざわざ攻めますとかいって攻めた大名がいたかよ
ワロス

345 : ペルシャ(チベット自治区):2012/12/09(日) 19:11:45.78 ID:4WCRNtkZ0
>>324
僕はコピペなんかしてない
IDと名前をちゃんと見ろ(普通の人間は嫌でも見えると思うがw)
それから僕は日本のバカサヨクじゃないから
バカサヨクはお前みたいな頭の足りないネトウヨと同じくらい嫌いだ
白痴のお前は自分の知らないこと、自分に気に入らないことを言う人間は
サヨクと決めるんだろうw

>>330
>大戦後戻ってきた列強の軍隊
あれ、そうだっけ?
フランスは地中海対岸のアルジェリアには執着があって、そのまま併合しておきたかったが
インドシナに戻ったっけ?
>対日戦略として現地反日政権に供給された武器・兵器があった
あれ、そうだっけ? 根拠を書いてくれ
ただしフランス語は無理なら英語で頼む 
日本の右翼は恥ずかしげもなく出鱈目を書くからな

>>342
それは国際間の条約で決められてるんだよ、坊やw

346 : アメリカンワイヤーヘア(岡山県):2012/12/09(日) 19:19:37.38 ID:XGIvzIwQ0
>>330
日本が仏領インドシナから駆逐されたら、誰が施政する?
米軍も戦争終わったらすぐ国に帰りたいんだよ。国民の税金をそんなことに使えないんだよ。

インドシナの住民が独立するとなったら、共産主義者とカトリック(ベトナム人の)が対立した。
さらにいうとベトナム人は都会の商人に過ぎず、中部山岳地帯には人種の違う20位の民族が多数住んでいた。
これらはフランスの植民地以前に、領域国家だったり同じ民族だったことはない。
さあどうする?

349 : マーブルキャット(関東・甲信越):2012/12/09(日) 19:30:18.07 ID:r1h2k56cO
>>346
税金で戦争したくないって、世界恐慌以降は戦争が米伝統の、公共事業じゃないっすか。

350 : アメリカンワイヤーヘア(岡山県):2012/12/09(日) 19:33:34.91 ID:XGIvzIwQ0
>>349
戦争終わってる。
駐留して治安維持したり、選挙監視したり、チョコレート配ったりするだけの仕事だぞ。
「フランス人がやれよ」って話だ。

米軍には最重要な日本という国の管理がある。

361 : スナドリネコ(東京都):2012/12/09(日) 20:52:23.48 ID:cwfVj2N50
当時のソビエト連邦からの防衛を考えれば、大陸に地歩を持っておかなければならなかったのは事実だと思う。
それにしても満州だって韓国だって、あんなとこの領有化までする事は無かった。
今のアメリカみたいに、話をつけて基地だけ置かせてもらうような形ではいけなかったのか。
おかげで列強の干渉から経済封鎖まで招くことになった。

もしかしたらしなくて済んだかも知れない、あの戦いの犠牲者たちのことにも思い致してやってください。敵味方なくね。


http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1354968493/l50/../人気ブログランキングへ


ニュースWW2が最後の世界大戦である限り日本は永久に「加害者」「敗戦国」と言われ続ける もう一度戦争したい

1 : スナネコ(京都府):2012/12/08(土) 08:51:33.08 ID:R21GlJNt0● ?PLT(12001) ポイント特典

旧日本軍による真珠湾攻撃から71年となった7日、犠牲になった米兵士らを追悼する式典が
米ハワイ州のパールハーバーを望む公園で行われた。攻撃を生き延びた退役軍人や地元関係者ら
約2千人が参加。攻撃開始時間の午前8時(日本時間8日午前3時)前に黙とうをささげた。

ヘイニー米太平洋艦隊司令官は、生存者たちから直接聞いた体験談をもとに攻撃当時の
様子を紹介。「今も世界経済は不安定で、各地で紛争が起きている。『真珠湾を忘れるな』
『常に警戒せよ』という生存者たちの教えは、米国にとって極めて重要だ」と訴えた。

高齢化している生存者の参加は年々減っている。式典も、5千人以上が参加した昨年の
70周年に比べて小規模となった。

*+*+ NIKKEI NET +*+*
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK08004_Y2A201C1000000/

4 : サバトラ(福島県):2012/12/08(土) 08:54:24.11 ID:kaSZs/Sl0
明治維新を日本の夜明けとか称えてるけど
それからというもの近隣諸国にケンカ売って他国の土地に国作って
アメリカにケンカ売って負けて占領されて、明らかに正気を失ってるよね。

7 : 茶トラ(庭):2012/12/08(土) 08:55:49.04 ID:SnWvhvVM0
>>4
近隣諸国にけんか売ってない国ってどこ?

9 : サバトラ(福島県):2012/12/08(土) 08:56:30.67 ID:kaSZs/Sl0
>>7
江戸時代は朝鮮とも清ともうまくやってただろ。

14 : 茶トラ(庭):2012/12/08(土) 08:59:01.60 ID:SnWvhvVM0
>>9
鎌倉時代は高麗と元に攻められて、秀吉の時はせめてますけど?
もう一度きく。他国とドンパチやってない国ってどこ?

21 : サバトラ(福島県):2012/12/08(土) 09:01:25.89 ID:kaSZs/Sl0
>>14
だから、江戸時代は友好的な外交してただろ。意味わかる?

43 : ツシマヤマネコ(庭):2012/12/08(土) 09:10:37.86 ID:iRdpO8J/0
>>21
平和な時代があるというのはどの国でも一緒。日本だけが特殊ではない。
何がわかるか、だw
まだ質問に答えてくれないのか?
他国とドンパチやってない国ってどこ?

47 : サバトラ(福島県):2012/12/08(土) 09:11:21.35 ID:kaSZs/Sl0
>>43
なんでお前の質問に答えなきゃならないんだよ。自分で調べれば?

76 : ラ・パーマ(神奈川県):2012/12/08(土) 09:26:21.80 ID:ZNID0klH0
>>7
スイスはWW1も2もスルー出来たはずじゃないの?

77 : ぬこ(東京都):2012/12/08(土) 09:28:38.55 ID:T3bk82bz0
>>76
スイスは枢軸国の戦闘機も連合国の戦闘機も撃墜してる
中立国は戦わないってことじゃない

83 : ラ・パーマ(神奈川県):2012/12/08(土) 09:31:15.47 ID:ZNID0klH0
>>77
そりゃ国民皆兵の国なんだから、領空侵犯されたり領土に他国の軍隊が入ってきたら排除するだろ。
けんか売っている訳じゃなくて主権国家として当たり前の行為だろ。

86 : サバトラ(福島県):2012/12/08(土) 09:32:33.32 ID:kaSZs/Sl0
狂ってるのは明治政府。その後他国に戦争吹っかけてしまいには占領された。

なんか間違ってるか?

88 : オリエンタル(宮城県):2012/12/08(土) 09:33:51.84 ID:Q/+Kk6LU0 ?PLT(13000)

>>86
太平洋戦争に突き進んだのは昭和政府なんですが?

91 : ソマリ(大阪府):2012/12/08(土) 09:37:10.91 ID:Si3lgPb50
>>88
ハルノートの中身知らんのか?
あれはアメリカが日本に喧嘩売ってる内容だぞ?
あと先制攻撃がどうこう言ってるバカがいるが
アメリカはベトナム戦争でもイラク戦争でも宣戦布告してないし
独立戦争の際に停戦協定が結ばれた後に敵を攻撃したアンドリュー・ジャクソンのような
外道がいたぞ

116 : サイベリアン(埼玉県):2012/12/08(土) 09:50:40.63 ID:9Ik/GxsP0
大二次までの流れを語るなら第一次語らんと意味無いだろ
そもそも日本が第二次前に孤立したのは
人種差別やアジアにおける利権争いの面もあるが
当時同盟組んでて日露で強力にバックアップしてくれたイギリスの
第一次中の欧州派兵要請を中途半端にしか行わなくて不信感を持たれたのが始まりなんだし

119 : ボルネオヤマネコ(庭):2012/12/08(土) 09:53:14.66 ID:u4WBTDba0
ここであのとき日本は間違ってたとか大口叩いてるえらそうな鼻たれゴミが仮に過去のその場にいて、その後の歴史もしっていて全権もってたとしてもうまくやり通せるとはぜーんぜん思わん。
刻々と変わる情勢のなかで選んだ分岐が更に違う分岐を生むからだ。

121 : ぬこ(東京都):2012/12/08(土) 09:55:35.08 ID:T3bk82bz0
>>116
国内の口減らしに移民政策執ってた頃に、対外派兵で欧州とかそんな余裕無いわ
支那のドイツ攻撃したぐらいで十分。
日露戦争でも対露は石炭の補給拒否協力ぐらいだろ

124 : サイベリアン(埼玉県):2012/12/08(土) 09:58:15.68 ID:9Ik/GxsP0
>>121
それは日本の理屈だろう
イギリスは未だに第一次に日本が派兵しなかったことを恨んでんで?

129 : ぬこ(関東・甲信越):2012/12/08(土) 10:04:42.94 ID:mIfJ4Q/DO
>>124
流石にそれは言い過ぎじゃないの
日英同盟のwikiみると海軍の頑張りが評価されてるようだけど

139 : サイベリアン(埼玉県):2012/12/08(土) 10:11:18.36 ID:9Ik/GxsP0
>>129
だからそれは日本側からの理屈だって
日本としてはアジアでは派兵して共に闘ったし
輸送協力もしたからいーじゃんって思ってるけど
イギリスからしてみたら
日本は自分の利益があるアジアには派兵するけど
欧州への派兵は輸送船団程度でごまかした
維新に協力して日露まで俺の力で勝ったくせに裏切られた!
と思ったわけよ
その位置(第一次前の日本)まで引き上げてやった俺を見捨てやがったと

146 : コーニッシュレック(庭):2012/12/08(土) 10:16:51.31 ID:s2LtBXni0
なんで日本はアメリカに手出したの?

日本もドイツもアメリカいなければ勝てたろ

149 : ぬこ(埼玉県):2012/12/08(土) 10:20:45.37 ID:F/+m08d+0
>>146
石油をはじめ、資源の輸入ルートをアメリカに封鎖された。
戦わざるを得ない状況に追い込まれたから、致し方なく戦った。
と、瀬島龍三は言っていた。

152 : 黒トラ(dion軍):2012/12/08(土) 10:24:46.97 ID:gA+eb/hj0
>>149
資源の輸入ルートというか資源の輸入先=米国だからね
それに喧嘩を売っておいて「封鎖されたから仕方なく」ってのは妄言だ
米国から見れば「資源の輸出を制限せざるを得ない状況に陥ったから、仕方なく制限した」ってことになるんじゃないか?

153 : ヨーロッパオオヤマネコ(福島県):2012/12/08(土) 10:25:23.27 ID:mbBqd4Hz0
戦争したい奴をまず最前線に送り込んで死んでもらってすぐ停戦すればいい。
合法的にごみクズを始末できる。

160 : セルカークレックス(やわらか銀行):2012/12/08(土) 10:30:09.24 ID:NLA2wP0+0
>>146
戦前も今と変わらず日本の外務省がいかに無能だったかということだな。
支那とイギリスが必死に米を引っ張り込もうと工作してたのにぼけーっと見てた外務省。
米を敵にまわした時点でもう日本の負けは決まったようなもんなのにな。

165 : サバトラ(茨城県):2012/12/08(土) 10:33:43.11 ID:I3vlXArC0
>>160
満州を日米で共同経営する約束を一方的に破った時点で
既に日本が仮想敵国になってるだろ
満州国を作ってしまった時点で日本の運命は決まった

179 : ぬこ(埼玉県):2012/12/08(土) 10:41:03.63 ID:F/+m08d+0
>>152
なるほど。
敗戦直前の日本を客観的にみると、いまの中韓のような自己中逆ギレ黄色猿だったのかもしれんな。

180 : ぬこ(関東地方):2012/12/08(土) 10:43:49.09 ID:nvMCPV2vO
>>179
だから日中戦争の正当性によるっての

184 : スナドリネコ(dion軍):2012/12/08(土) 10:51:09.17 ID:KTpDp/NE0
戦争するのはいいけど、やりたい奴だけでやれや。
戦争を煽るクソは、他人を前線に向かわせ、
テメーらは安全圏からの後方支援()で
オイシイところだけつまみ食いしたい意地汚い奴ばっかじゃん。
そんな奴らのためにくれてやる命なんてないわ。

戦争なんてしなくても、価値観の違いを利用すれば、
お互いが納得できるビジネスなんていくらでもある。
発想力のない低能なクセに贅沢はしたいバカは、
死ぬか賢くなるまで黙ってジャガイモでも食ってろよ。

185 : オセロット(熊本県):2012/12/08(土) 10:53:09.94 ID:6Xfdb1wO0
大東亜戦争を始めるにあたっての日本の大義は何だったの?
それとも、大義なんてそもそも無かったの?

189 : 黒トラ(dion軍):2012/12/08(土) 10:55:30.38 ID:gA+eb/hj0
>>180
日中戦争が仮に正当な自衛権の発動であったとしても
満蒙と比較にならんくらい「生命線」な原油輸入先の米国に喧嘩売ったことは正当化不可
日中戦争開戦理由については、争いがあるだろうが
開戦理由から正当化可能な範囲を超えて中国を攻撃したのは間違いない
少なくとも武漢で攻勢の限界に達した時点で国民政府にある程度負けを認める必要があった
あと、日中戦争ではないが、満州事変は完全に日本を正当化できない
朝鮮軍の越境と関東軍の北満侵入は完全な統帥権の干犯で、日本の国法上不法・不正な侵略行為
その時点で日本の大陸政策は大方正当化困難

190 : ぬこ(埼玉県):2012/12/08(土) 10:56:26.32 ID:F/+m08d+0
>>185
えっ
アジア諸国が英仏の植民地にされまくってたやろ。

194 : オセロット(熊本県):2012/12/08(土) 11:00:52.10 ID:6Xfdb1wO0
>>190
大義は「アジア開放」だったのかな?
それは開戦派主流の本音だったの?

195 : ぬこ(関東地方):2012/12/08(土) 11:00:54.79 ID:nvMCPV2vO
>>189
いや「喧嘩売った」ってなんだよ
まさに日中戦争のことにアメリカはケチをつけてたんだが

何を根拠に正当化可能かを決めてるのかまったく分からないが
少なくとも日本からすれば今後このようなことが起こらないよう何らかの確証を得る必要があったのは分かるよな?

201 : ツシマヤマネコ(和歌山県):2012/12/08(土) 11:03:01.03 ID:Rj8I+4Ll0
>>189
満州の悪党を成敗して何が悪いんだ

203 : ぬこ(埼玉県):2012/12/08(土) 11:03:47.17 ID:F/+m08d+0
>>194
わたくしはそのように理解しております。

205 : オセロット(熊本県):2012/12/08(土) 11:06:58.68 ID:6Xfdb1wO0
>>203
なら、どうして中国大陸に進攻したの?
中国は「アジア解放」に反対したの?

206 : 黒トラ(dion軍):2012/12/08(土) 11:06:59.81 ID:gA+eb/hj0
>>195
日中戦争なのはいいが、それが「正当だったかによる(>>180)」ってのが間違いって言ってるわけ
要は、仮に日中戦争が日本にとって正当であったとしても、それが米国の気に入らなかった時点で止めるべきだった

という結論を述べた上で、それはさておき、日本の大陸政策がどこまで正当化可能なんだっけ?って補足説明をしている

210 : 黒トラ(dion軍):2012/12/08(土) 11:10:30.38 ID:gA+eb/hj0
>>201
指揮命令系統から逸脱した軍事集団・軍事行動を認めるわけにはいかんでしょ
その意味では満州の悪党は関東軍と朝鮮軍で、日本はきっちりそれらを成敗するべきだった

211 : ぬこ(埼玉県):2012/12/08(土) 11:10:37.56 ID:F/+m08d+0
>>205
んー、わかんない。
他の詳しい人に聞いて。

212 : ぬこ(関東地方):2012/12/08(土) 11:10:45.89 ID:nvMCPV2vO
>>206
おいおいそれじゃあまったく話が違ってくるな
現実的な政治について述べるならともかく
「アメリカの気に触った」という理由だけで正当性を否定するなら狂っている

217 : ヨーロッパオオヤマネコ(福島県):2012/12/08(土) 11:12:47.45 ID:mbBqd4Hz0
何でもかんでも裏で工作して表面的事実だけを作り上げて戦争して
しまいには神風が吹いて勝つ!とか言ってた時代は間違いだったなあと思い起こさないとダメだろ。

218 : オセロット(熊本県):2012/12/08(土) 11:13:09.56 ID:6Xfdb1wO0
>>211
自分も分からない(笑)。
明治以降の、特に外交史を勉強すればいいんだろうけど。

223 : ヨーロッパオオヤマネコ(京都府):2012/12/08(土) 11:14:24.51 ID:6vyhh6RI0
>>1 の釣り針がでかすぎて
真面目にレスしてる奴がアホに見えるスレ

224 : ヨーロッパオオヤマネコ(福島県):2012/12/08(土) 11:15:31.76 ID:mbBqd4Hz0
>>211>>218
なんだこいつらw

226 : シャム(東京都):2012/12/08(土) 11:15:56.70 ID:IP+rjxws0
>>223
いやどうだろ
感情の部分では結構マジョリティに近いんでないの?スレタイは

230 : 黒トラ(dion軍):2012/12/08(土) 11:17:05.20 ID:gA+eb/hj0
>>212
現実の政治(外交政策)ってのは、強いやつと喧嘩をせず、弱いやつを寄ってたかってボコボコにするって話だからな
それをどう正当化するかが政治だ
強いやつと喧嘩するのを正当化するのは「現実的な政治」の話じゃない
俺がさっきから言ってるのは「そもそも正当性以前の話だ」ってこと
強いやつと喧嘩した時点で正当性を論じる前提がない
米国と戦ったことについては正当性を否定してない(そもそも正当性云々の話ではないから、そこまで論を進める必要がない
裁判で適格性がない当事者の主張内容を見る必要がないのと同じ)

それはさておき中国(当時の弱いやつ)との喧嘩については正当性を論じることは可能だが
それも正当化困難だねって、話をしている

232 : ぬこ(埼玉県):2012/12/08(土) 11:17:37.46 ID:F/+m08d+0
>>224
無知の知は大事だろw

251 : オリエンタル(catv?):2012/12/08(土) 11:28:29.12 ID:Saa1FQnd0
日本は巻き込まれる形で戦争はあっても、自ら起こすことはないだろ。

255 : ぬこ(関東地方):2012/12/08(土) 11:33:28.18 ID:nvMCPV2vO
>>230
え?じゃあ君今まで何を論じてたの?

君は「喧嘩を売った」という表現の曖昧さで漠然と日本に責任を押し付けてただけのように見えたけど

現実的には「喧嘩を売った」
というより「喧嘩を売ったとみなす」といちゃもんを押し付けられた
という話だよね?
そういういちゃもんをどう回避するかという現実政治の話をするわけでもなく
「日本が喧嘩を売ったのか悪いんだ」としか言って無かったと思うけど

265 : 黒トラ(dion軍):2012/12/08(土) 11:42:21.71 ID:gA+eb/hj0
>>255
なんだか思考の糸がこんがらがっているように見えるが、大丈夫か
もっとシンプルに考えろ
米国に喧嘩売っちゃいけないし、喧嘩売ったと思われたら全力で譲歩するしかないんだよ
君が言ってるのは日中戦争やりながら、それをどう正当化するかって話だろ?
米国が日中戦争(というか日本の大陸政策自体)を嫌がってる時点で、そういう小手先の話じゃ済まなくなってるわけよ
なんで米国の指摘を「いちゃもん」と断じることができるのか分からん
外交ってのは弱肉強食なんだから
日本の金玉(原油)握ってる米国がみなしたらそれがルールであり真実なのよ
まぁ元々「みなす」ってのは法律用語で反証を許さないって意味だから
それを知ってて使ってるなら、それを回避するのは現実の政治じゃない(机上の空論)って自覚してそうなもんだが

日中戦争どう正当化しても米国の利害と衝突してる時点で、日本にとっちゃ悪手なのよ
正当化する意味すらない

270 : ぬこ(関東地方):2012/12/08(土) 11:48:40.09 ID:nvMCPV2vO
>>265
いや、俺はそもそも現実政治は分けて考えてるし
ただ君は「喧嘩を売った」なんていう曖昧な表現で誤魔化してるだけで実はよく理解できてないんじゃね?って話だよ

「全力で譲歩する」というのが全く現実的でないのは置いておいても
正当性を論じること自体に意味がないという結論には同意できない

民衆を動かすのは政治力学よりも政治における道徳的な問題だろう
現代人にとっても過去の大戦から引きずる政治的レッテルをいかに回避するかという問題で重要なのはそこだろう
>>1のスレタイ自体、そこを問題にしているだろう

276 : 黒トラ(dion軍):2012/12/08(土) 11:55:53.69 ID:gA+eb/hj0
>>270
正当性を論じること自体に意味がないって言ってるんじゃない
やるべきことは何かが前提にあって、それを正当化するべきだ(それが現実の政治)といっている
今やっていることを何でも正当化するのは政治の仕事じゃない
「道徳的な問題で国民を動かす」⇒それはいいでしょう
でも国民のパワーじゃどうしようもない相手が外にいるわけよ
それがインターナショナルな(国家間の)問題のポイント
道徳的な問題で世論を糾合し、総力を結集しても勝てない相手に対するときに、道徳や正当性を問題にする意味はない
それを俺は言ってるわけ
確実にボッコボコにできる弱っちい相手叩くときに、道徳や正当性問題にするのは良いと思うよ
でも、時間の問題で確実にボコボコにされる相手に対して喧嘩売ることを道徳的に正当化する意味はゼロだし
利害の意味で言えば、害しかない

スレタイが問題にしていることはどうでもいい(スレタイ自体単なる妄言だし)

282 : ぬこ(関東地方):2012/12/08(土) 12:06:15.65 ID:nvMCPV2vO
>>276
お前の言いたいことは分かるが噛み合ってないな
現実、問題なのは過去の政治力学がどうであったかよりも
現代政治における道徳的レッテルをどうするかという正当性の問題であって
現代人からすれば、それこそが直接的に意味があることだろう

別に何でもかんでも正当化しろなどとは言ってない
最初から論点が噛み合っていなかったようなのも原因の一つだろうが
単純に「喧嘩を売った」なんていう主客の責任を誤魔化す表現をしなけりゃ良かった話なんじゃないのか?
まあそんなことにこだわってる俺がチンケなのも悪いがな

302 : アンデスネコ(家):2012/12/08(土) 14:07:41.55 ID:rAgqBhiy0
>>4
近隣にケンカ売って土地とるまでは当時としては正しい。
資本主義において、他国に飲まれない為にも帝国主義を貫くのは当然のこと。

ただ第二次世界大戦は軍部の完全なる痴呆の集大成。アメリカは第一次世界大戦まではショボい国だったけど、第一次世界大戦で旨い汁吸ってた事に気付けなかった。

324 : ヒョウ(愛知県):2012/12/08(土) 19:34:39.22 ID:IGtFDM0v0
>>302
もっと根本的なことを言えば外交がありえないほど下手だったのが負け戦に突入せざるを得なくなった原因の一つ
日本は江戸時代中期以降現在に至るまで外交の下手っぷりにおいてはなんにも変わってない
いい加減にしないと今度は中国に飲み込まれるだろう


http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1354924293/l50/../人気ブログランキングへ


ニュースぶっちゃけF-2戦闘機を2~3機1941年にタイムスリッピで送り込むだけで日本完勝じゃね?アメ公弱すぎワロタw

1 : サイベリアン(新疆ウイグル自治区):2012/08/06(月) 16:47:38.04 ID:6dD/SuSX0 ?PLT(12345) ポイント特典

戦闘機飛行に歓声 空自千歳基地の航空祭


航空自衛隊千歳基地の航空祭が5日、同基地を開放して行われ、約6万1千人が戦闘機の飛行や展示を楽しんだ。

 雨のため、在日米軍三沢基地(青森県三沢市)のF16戦闘機件のアクロバット飛行は中止された。千歳基地の
F15戦闘機も編隊飛行は行わず、1機ずつ上空を飛ぶだけだったが、来場者からは大きな歓声が上がった。
<北海道新聞8月6日朝刊掲載>

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/393859.html



6 : マンクス(埼玉県):2012/08/06(月) 16:54:59.16 ID:/OGiJ/D00
それならイージス艦1隻送り込めばええやん

15 : キジ白(愛媛県):2012/08/06(月) 17:01:47.01 ID:iBCjC2Si0
東京大学を1940年に送り込んだら勝てる

16 : ユキヒョウ(東京都):2012/08/06(月) 17:01:59.87 ID:vEe6cG7h0
>>6
それいいわそのネタで一本漫画が書けそう

20 : ボルネオヤマネコ(山形県):2012/08/06(月) 17:05:21.13 ID:3Qpx4eMU0
>>16
どうせなら最新のイージス艦にして、
感情移入しやすいように海上自衛隊所属の船にしよう


22 : カナダオオヤマネコ(京都府):2012/08/06(月) 17:07:41.52 ID:7lp2s9090
>>15
なに言ってんだこいつ

25 : スペインオオヤマネコ(東京都):2012/08/06(月) 17:19:41.00 ID:efMons0o0
>>22
京大じゃ無理だよ嫉妬乙w

33 : ライオン(東京都):2012/08/06(月) 17:35:59.38 ID:QXH/DCpU0
>>16>>20
かわぐちかいじのジパングを知らない奴がいるとは・・・

75 : ライオン(京都府):2012/08/06(月) 18:31:33.63 ID:gwPa17390
マジレスすると原子力潜水艦

77 : オリエンタル(東日本):2012/08/06(月) 18:32:08.01 ID:q7A0dgfJ0
戦争に勝つには本土に乗り込りこまなきゃいけないからな
海洋での戦いは勝ててもワシントンDCまではいけるのか?

79 : キジ白(愛媛県):2012/08/06(月) 18:32:39.03 ID:iBCjC2Si0
>>75
それは今も持っていないからダメ

121 : ジャガーネコ(チベット自治区):2012/08/06(月) 20:11:58.20 ID:VK9qSSbb0
ジパング(笑)みらい(笑)


123 : ジョフロイネコ(東海地方):2012/08/06(月) 20:15:51.27 ID:uPls/kKNO
>>121
みらいの砲雷長って自分の甘さで仲間が死んだ事には無反応で
その後米空母轟沈させた時は取り乱したクズだよね

138 : マンクス(dion軍):2012/08/06(月) 20:40:16.97 ID:90DfoJn20
今考えれば日米開戦を回避するため韓国と満州をアメリカに引き渡し
日本は漁業権や鉱業権、市場確保など若干の権益だけ確保しておくのが最高だったよな
ハルノートを拒否した当時の指導部は最悪の馬鹿

155 : イリオモテヤマネコ(千葉県):2012/08/06(月) 21:40:18.51 ID:APb/ENGL0
>>1
アメ公弱すぎとか言ってるけど、F-2って共同開発でF-16ベースだし、ほとんどアメリカ製だろ。
日本独自で兵器生産出来ないのはアメリカの圧力だろうけど、日本がアメリカより強力な兵器持った事なんて今も昔も無いよね。
こんな負け惜しみみたいなスレ立てて悲しくないか?

156 : ヨーロッパヤマネコ(大阪府):2012/08/06(月) 21:42:24.66 ID:uZslCHhmP
>>155
じゃあF-1なら良いのか?

159 : ベンガルヤマネコ(鳥取県):2012/08/06(月) 21:45:57.89 ID:0h7rbfto0
日本が真珠湾攻撃しようとしたら宇宙人襲撃っていう本があったような気がするんだけど
タイトル忘れた教えてくれ

162 : ソマリ(神奈川県):2012/08/06(月) 21:49:11.76 ID:0UHXNDir0
そもそも離陸できるの?
コイツ発着する飛行場作るだけでムリゲーじゃね?

165 : イリオモテヤマネコ(千葉県):2012/08/06(月) 21:53:49.82 ID:APb/ENGL0
>>159
架空戦記なんてからっきし知らんが、こないだ本屋で見かけたぞそれ。
宇宙戦争1943ってやつじゃね?

168 : カナダオオヤマネコ(関東・甲信越):2012/08/06(月) 22:04:36.35 ID:HGoRAq4uO
>>155
明確な戦略のコンセプトが元になって初めて兵器って設計出に至るから、時系列にしてアメリカと日本の兵器を比較しろと言いたいが、その前に、戦略的な思想の差から入った方が優劣の差の理解が捗ると助言してみる。

173 : イリオモテヤマネコ(千葉県):2012/08/06(月) 22:13:15.55 ID:APb/ENGL0
>>168
まぁ俺はそこまで詳しくないにしても、日本のアメリカよりも強力でスマートな兵器ってなんかあった?
ああ、たしかにゼロ戦は空戦性能・航続距離ともに開発当初のアメリカに勝ってたかもしれないが、所詮搭乗員の声明を軽視して期待軽くした機体だし。
造船技術も古かったみたいだし。

182 : ハイイロネコ(内モンゴル自治区):2012/08/06(月) 22:23:52.69 ID:cAg/zTKQ0
燃料の精製技術だって今と昔じゃ比較にならんだろ
当時の燃料でも今の戦闘機動かせるのか?

196 : スコティッシュフォールド(山形県):2012/08/06(月) 23:12:05.13 ID:gnLfiITP0
F-2が2機を海軍用に、1機を陸軍用で本土防衛で使えば勝てた。
ただし、海軍用は空母への艦載機じゃないとだめだな。
標的は米空母とヘルキャットやB-29などの高高度を飛ぶ爆撃機をボコボコ撃ち落としにいって、
燃料なくなりそうになったら空母に戻ってきて、また飛んでいってを繰り返す。

197 : ヒョウ(東京都):2012/08/06(月) 23:16:14.77 ID:7W8jTYTy0
>>196
色々突っ込みどころはあるけど
ミサイルやバルカン砲の弾薬はどうするの?
弾薬庫ごとタイムスリップしたことにするの?

203 : サーバル(大阪府):2012/08/06(月) 23:25:24.43 ID:915dryWW0
>>16
じゃ俺は魂だけがタイムスリップして
戦艦大和に乗り込むって漫画描いてみるわ

205 : 斑(チベット自治区):2012/08/06(月) 23:28:03.94 ID:XJBdSM/40
>>203
本そういち先生乙
あれも打ち切りだったんだろうな…とりあえず永遠の0は面白かったよ

213 : ボブキャット(石川県):2012/08/06(月) 23:50:26.07 ID:kohuwhZ60
ほんと、お前ら軍事に詳しいな。どっからその知識得てんだよ。
戦中からタイムスリップしてきた奴何人か居そうだな。(´・ω・`)

232 : スペインオオヤマネコ(福岡県):2012/08/07(火) 08:30:24.84 ID:NBvZ1za20
だから、分解・研究するだけでも技術が飛躍的進歩するだろ
それで楽勝

241 : スフィンクス(福島県):2012/08/07(火) 08:58:22.17 ID:T3rd7UJj0
ちゃんとミッドウェイで逆転してアメリカフルボッコして、返す刀でスターリングで苦戦するドイツ軍を救出し
日独で米英ソを占領してファシズムマンセーな世の中になる世界を描いたSF小説ってないの?

255 : ウンピョウ(千葉県):2012/08/07(火) 12:42:41.82 ID:Y0ae4LSl0
当時の装甲の厚い艦船がミサイル一発で沈むかね?

256 : サイベリアン(SB-iPhone):2012/08/07(火) 13:16:42.63 ID:2UyB7nXUi
>>255
無理無理w
せいぜい甲板の兵士が死ぬのと、艦上の一部が炎上するぐらい。
破損は免れないものの、航行不能や、まして沈没なんてしない。
今の水上艦艇とは作りが違う。

260 : ジョフロイネコ(関西・東海):2012/08/07(火) 13:32:25.90 ID:nlgxPE0JO
兵器送るより、当時の詳細な戦闘記録送った方がまし。
敵の兵力や行動が細かくわかってる戦いほど楽なものはない。
情報を制する者は戦を制す。

272 : 白黒(西日本):2012/08/07(火) 20:09:30.09 ID:ouHvlp4WP
>>260
当時の米空母の居場所を教えたら勝ったかも。

275 : トンキニーズ(大阪府):2012/08/07(火) 20:19:33.91 ID:11iuHDMb0
真珠湾で空母潰してても変わらないでしょ
その後エセクロスが何隻でてくると思ってんの…

276 : ラ・パーマ(長野県):2012/08/07(火) 20:22:14.66 ID:8ixAICi+0
>>255
今はもう退役してないけど、
対艦トマホークは200mm以上の装甲を貫けるので、戦艦クラスでも致命傷を与えられる

ハープーンはたしか100mm前後だっけな

280 : 白黒(西日本):2012/08/07(火) 20:29:33.96 ID:ouHvlp4WP
>>275
空母の損害ゼロだったから息吹き返したんでしょ。あの時点で空母を無力化してたら、その後の米国は太平洋での対日戦争など続行不可能だった。


282 : トンキニーズ(大阪府):2012/08/07(火) 20:33:19.23 ID:11iuHDMb0
>>280
そういうふうに全てを希望的観測で固めるのって大戦中の日本軍と同じだぜ。
敗戦から学ぶべきはそういう所だよ。

283 : ラ・パーマ(長野県):2012/08/07(火) 20:34:56.13 ID:8ixAICi+0
>>280
仮に真珠湾で太平洋にいる空母を全滅させても、
サンディエゴの空母サラトガ、
大西洋艦隊の空母ヨークタウン・ホーネット・レンジャー・ワスプが残ってる

285 : 白黒(西日本):2012/08/07(火) 20:39:52.43 ID:ouHvlp4WP
>>282
定説なんだが。
凄まじい工業力を持つ米国でも、空母と艦船の多くをを失った海軍では完全な日本海軍に勝てるはずがない。
それとも日本は米国が新造空母を進水するまで待ってあげちゃうのか?そうなのか?なぜそう思う?オレのどこがどう希望的観測なんだ?

286 : 白黒(西日本):2012/08/07(火) 20:40:47.71 ID:ouHvlp4WP
>>283
そいつらはやることも無くぶらぶらしてたんか?

296 : ラ・パーマ(長野県):2012/08/07(火) 20:54:45.88 ID:8ixAICi+0
>>286
サラトガ:サンディエゴでオーバーホール中(22日に完了し真珠湾へ進出)
ヨークタウン:大西洋でUボート哨戒任務中
レンジャー:同上
ワスプ;ノーフォークで整備中
ホーネット:10月に竣工したばかり

297 : 白黒(西日本):2012/08/07(火) 20:57:59.79 ID:ouHvlp4WP
>>296
それらがすぐさま出撃してきて日本海軍を圧倒するって言ってるヤツがいるわけだが。

300 : ラ・パーマ(長野県):2012/08/07(火) 21:08:34.51 ID:8ixAICi+0
>>297
42年2月までにホーネット・ヨークタウン・サラトガは揃えてる
送ろうと思えば同時期にワスプも太平洋に回航できる

これを潰せば、
後は43年まで艦隊型空母は出てこないけど

302 : 白黒(西日本):2012/08/07(火) 21:12:40.25 ID:ouHvlp4WP
>>300
真珠湾が41年12月8日。ほー、日本軍は2か月以上米海軍が態勢を整えて戦闘態勢を回復するまでじーっと待ってあげるんだな。
バカバカしい。

303 : トンキニーズ(大阪府):2012/08/07(火) 21:17:57.48 ID:11iuHDMb0
>>302
それで具体的になにをするの?
火葬戦記とかゲームみたいなノリで考えないほうがいいんじゃね?

アメリカの日本本土攻撃ですら、一足飛びに空母部隊と輸送部隊で乗り付けて~なんてやってないんだぜ
周りの足場固めを散々やった後だ。
アメリカが体制立て直すまでに日本にそれを終わらせる力は無い

309 : ラ・パーマ(長野県):2012/08/07(火) 21:29:19.63 ID:8ixAICi+0
>>302
12~2月って、
日本機動部隊も各地の攻略支援を行ってて手が離せない訳だけど

仮にアメリカ残存空母を決戦に引きずり出して戦うななら、
ラバウルやジャワ攻略支援は誰がやるのよ

311 : オシキャット(愛知県):2012/08/07(火) 21:34:20.23 ID:Y43jAyGx0
スレタイでファイナルカウントダウン思い出したよ
日本がやられる映画だけどおもしろかった。あとテーマソングがよい


315 : ソマリ(関東・甲信越):2012/08/07(火) 21:42:20.10 ID:yfWdzMCJO
>>309
全部潰せるならその時点で和平交渉になるかも解らんが南進はキツい。

319 : トンキニーズ(大阪府):2012/08/07(火) 21:47:01.76 ID:11iuHDMb0
>>315
ならんでしょ。
マリアナ沖あたりで手足完全にもがれてその後悪あがきしかできなくなった日本ですら降伏してないのに
はるかに重厚な工業バックボーンを持つアメリカがなんで和平に乗り出すと考えるのよ

320 : ターキッシュアンゴラ(愛媛県):2012/08/07(火) 21:50:06.11 ID:ui+38x0W0
>>319
厭戦煽って世論の工作できればええけどな

322 : トンキニーズ(大阪府):2012/08/07(火) 21:53:35.94 ID:11iuHDMb0
>>320
実際はもともと厭戦だったのを真珠湾でむしろ戦意高揚しちゃったからなw
米国民は意志薄弱につきすこし叩けば厭戦気分になる、
みたいな病的楽観論でつついてみた結果がこれだよ!


323 : スミロドン(東京都):2012/08/07(火) 21:55:25.48 ID:eyE7Io4m0
>>322
引きこもりの部屋を襲撃するのと同じことだからな
どうなるか、少し考えればわかりそうなものだが

325 : 白(京都府):2012/08/07(火) 21:58:46.66 ID:UIeQL1AE0
>>323
襲撃した方はコミュ障だからな

327 : デボンレックス(大阪府):2012/08/07(火) 22:00:12.45 ID:cB0yVF970
AKB48を一小隊送り込んでみるのはどうかな

330 : 白(庭):2012/08/07(火) 22:31:36.56 ID:7nSeGVfP0
>>241
大 帝 国

333 : スミロドン(空):2012/08/07(火) 22:38:12.00 ID:c76oXA7ti
火葬戦記の都合いい展開を5,六個重ねないとアメリカは折れないだろう
ドイツがアシカ作戦成功させてイギリス脱落させた後ソビエト進行してモスクワ陥落させてる状況で、
日本軍が連戦連勝した上になぜか富嶽の開発に成功とかならアメリカも講和を考えるかも

335 : ターキッシュアンゴラ(愛媛県):2012/08/07(火) 22:41:11.69 ID:ui+38x0W0
>>333
プラス、ウランの濃縮に成功

337 : ボルネオウンピョウ(dion軍):2012/08/07(火) 22:45:40.63 ID:yLwNs/kq0
富嶽って超兵器みたいに言われてるけどそうでもないよな
長大な航続距離がウリってことは他の機じゃ追従できない距離を飛ぶわけで、護衛戦闘機なんぞない
初期の日本空襲をひっくり返したような戦いになるが、
(中の人的に)高高度はきつい富嶽がアメリカの迎撃機から逃げ切れるかというと無理だろ
富嶽が完成するような年ならアメリカはターボ装置もジェット機もあっておかしくないし

339 : ユキヒョウ(神奈川県):2012/08/07(火) 22:53:31.10 ID:JlzJ+64Q0
スリップものって補給で詰まるよな結局

345 : トンキニーズ(沖縄県):2012/08/07(火) 23:09:42.93 ID:1VrTCOMQ0
海上自衛隊の艦隊をアベンジャー、ヘルダイバー、F6F以下が300機襲ってきたらファランクスと対空ミサイルで全機落とせるの?

347 : スペインオオヤマネコ(神奈川県):2012/08/07(火) 23:15:03.78 ID:poWupWXB0
セガール送り込もうぜ
アメリカ VS 日本 VS セガール

349 : ターキッシュアンゴラ(愛媛県):2012/08/07(火) 23:23:09.66 ID:ui+38x0W0
長距離重爆がなくても、ウランさえ濃縮出来れば
伊400型で米本土直接攻撃は不可能では無いか

354 : トンキニーズ(大阪府):2012/08/07(火) 23:37:52.04 ID:11iuHDMb0
>>349
伊400みたいなので重要都市の中枢を加害範囲に収めるまで接近すんのは無理じゃねw
当時の核兵器は至適高度で爆発させても大きな損害与えられるのは2~3kmだぜ

355 : ターキッシュアンゴラ(愛媛県):2012/08/07(火) 23:41:41.38 ID:ui+38x0W0
>>354
核兵器持ってるよ^^
をアピール出来れば、大都市で大量殺戮する事も無いんじゃね

367 : オセロット(やわらか銀行):2012/08/08(水) 07:46:37.91 ID:uyMuKHao0
新型艦上戦闘機「電征」


後世太平洋戦争劈頭、やがて航空戦力として能力不足が見えている零戦に代わる新型艦上戦闘機として、
米国海軍リーガン艦隊誘き寄せの大欺瞞作戦『天元作戦』から登場。
後世第2次大戦を通してターボプロップ型の日本海軍主力艦戦として活躍し、同盟国イギリスにも供与された。

零戦より運動性は悪化しているが、大型化により居住性が向上し、
また操縦士の適性によって大口径機銃と小口径機銃の多数装備を選べるようになっている。

373 : オセロット(やわらか銀行):2012/08/08(水) 08:03:05.90 ID:uyMuKHao0
10式戦車「蒙古」
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e8/Japanese_Type_90_Tank_-_1.jpg

後世日本陸軍最新鋭戦車。機体形状はType90MBT 陸上自衛隊 90式主力戦車。
『新・紺碧の艦隊』コミック版にて10式戦車『蒙古』として登場(主砲は105mm砲の設定)。

377 : ベンガル(東京都):2012/08/08(水) 19:48:08.43 ID:ZMmGn0Gd0
海自がそのまま1941にタイムスリップしたら圧勝だろうなぁ

380 : アンデスネコ(神奈川県):2012/08/08(水) 20:34:49.58 ID:0M3tCEP40
>>300
初期のアメリカの戦力って、案外弱っちいよな。
むしろ、なんでアソコでなんとか出来なかったのかと…

389 : ヒョウ(東京都):2012/08/08(水) 21:04:32.74 ID:Kvd/Es+30
たかが1機2機で戦局が引っくり返せるなら苦労しない
ガンダムの見すぎじゃないか

395 : アメリカンショートヘア(千葉県):2012/08/08(水) 21:25:16.84 ID:iRiOf+Ng0
マ・クベ「ぶっちゃけギャンを2~3機一年戦争勃発時にタイムスリッピで送り込むだけでジオン完勝じゃね?連邦弱すぎワロタw」

396 : マーブルキャット(東日本):2012/08/08(水) 21:28:31.29 ID:akqNRG+F0
ドズル「ぶっちゃけビグ・ザムを2~3機一年戦争勃発時にタイムスリッピで送り込むだけでジオン完勝じゃね?連邦弱すぎワロタw」

402 : トンキニーズ(埼玉県):2012/08/09(木) 00:41:49.89 ID:6jloaua60
>>377
衛星リンク出来ないイージスなんて・・・


http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1344239258/l50/../人気ブログランキングへ


ニュース【映画】役所広司主演「聯合艦隊司令長官 山本五十六」 ド迫力CGに3億円! 空からの目線を大事にした真珠湾攻撃(画像あり)

1 :五十京φ ★:2011/10/30(日) 11:27:18.26 ID:???0
俳優、役所広司(55)主演の10億円大作映画「聯合艦隊司令長官 山本五十六」(成島出監督、
12月23日公開)で、真珠湾攻撃など戦闘シーンにリアリティーを出すため、CG合成などに
日本の戦争映画史上最大規模の3億円以上をかけて製作中であることが29日、分かった。

製作の東映によると、まずは航空機製作会社とともに、約4カ月で旧日本軍の戦闘機、零戦の
ほぼ実寸大に近い模型を作製。鉄製で全長約9メートル、幅約11メートルで現在は都内に
保管してあるが、形や色、動きなどを精巧に作り、これだけでも約3000万円かかったという。

この模型に出演者が搭乗するなど実際の撮影に使ったほか、CG合成の際に活用。
真珠湾攻撃では現在の真珠湾の空撮と組み合わせたほか、聯合艦隊の船隊などもCGで
迫力満点に仕上がりつつある。担当した佛田(ぶつだ)洋特撮監督は「真珠湾攻撃では
日本軍の空からの目線を大事にした」、浅野秀二CGプロデューサーは「臨場感とリアリティーを
出すことに精力を注ぎました」とコメントした。

早期和平を望みながら、戦争の先頭に立たされた役所演じる五十六の決断と苦悩を描く同映画。
零戦とCGも観客の心を揺さぶる大きな要因になりそうだ。

http://www.sanspo.com/geino/images/111030/gnj1110300504007-p1.jpg
日米開戦の火ぶたを切った真珠湾攻撃のシーン。実際の空撮とCG合成で臨場感たっぷり

http://www.sanspo.com/geino/images/111030/gnj1110300504007-p2.jpg
「聯合艦隊司令長官 山本五十六」の撮影とCGに使われた零戦の実寸大の模型。約3000万円ナリ

2011.10.30 05:03 (紙面から)
http://www.sanspo.com/geino/news/111030/gnj1110300504007-n1.htm

17 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 11:36:31.72 ID:kDSg1x1A0
靖国神社でゼロ戦見たときに
自分がコレに乗って特攻出来るか自信がなかった

19 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 11:37:01.43 ID:1O7bwHw30
アメリカは後回しでシナチョンを絶滅させとけば良かったのに

43 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 11:45:26.88 ID:ENd19Uha0
パールハーバーのCG並には進化してるの?
10年前のあれ以下だったら萎えるんだけど。
まぁそれが邦画だが

53 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 11:49:58.00 ID:p+cq/N6b0
>>17
貴重な飛行機を凡人に与えるわけなかろう。

素質があってなおかつ猛訓練しないとパイロットにはなれんよ。

59 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 11:52:28.36 ID:UpV8a9ol0
日本史上の最悪の負け戦はそっとしておいてほしいというのが日本人の本音。

60 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 11:52:36.29 ID:z9ywjmzG0
>>43
ハリウッド(世界連合)とかヨーロッパとくらべて、少なくとも技術的に25年以上日本は遅れてる
これは誇張でも何でも無い

使用してるツールはあまりかわらない
問題はカスタマイズ、使い方ね
あとは実写との連携と監督のCGへの理解度
理系が少ないのもある、エフェクト、リギング、シェーダーなんかは理系がいないと話にならない
デザイナーでやってるんだが、限界がある
日本で一番程度が低いのが合成、これでクオリティーが決まると言う部分であまい
これはコネでやるところが決まってて競争がないんでこんなことがまかり通ってる

よく言われてるけどアニメーターにモデリングとかレイアウトやらせて
外人から「それは俳優に粘土こねさせたり、撮影させるようなものだよ」と笑われるようなことを
今も日本ではしてる
しなきゃならない理由は金が下りてこないからさ

71 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 11:57:12.48 ID:WS9FAEIH0
これぐらいのクオリティで頼む

PearlHarbor1208_1


74 :保冷所 ◆yzI/m2zAyJzT :2011/10/30(日) 11:58:49.51 ID:muPTZtQQ0
?(#゜Д゜)<絵心の無い理系の人が コンピューターを使えば"絵を自在に描けるようになる"と勘違をする失敗の方が多いけどなー

90 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 12:07:05.54 ID:87+VbDFJ0
>>71
無謀な戦争ではあったが、アメリカとガチ○コで戦ったんだよなー わが国は

なんか凄い。

99 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 12:10:38.75 ID:z9ywjmzG0
>>74
実際を知らないね
理系は来ないんだよ、儲からないから
そもそも理系だと絵が描けないからってやろうともしない
実際は逆、絵が描けなくとも出来るところが山ほどある
例えば髪の毛のカスタムボリュームsssなんかを表現するときにデザイナーでは絶対にできない
波一つ作る程度でもシミュレーションする場合数学的知識があったほうが有利

その人材が圧倒的に不足してるから、ただデフォで使用したツールオペレーターばかりになる
じゃデザインでも学んでるのか?というとそれもない

>>71
たしかパールハーバーでは零戦の型が違うようだね
これは後期型でこの場面では使われてないとかなんとか

またこんなにど派手な火力があるわけが無いし
子供が遊んでるのがまた演出として悪意満点だね

102 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 12:12:00.70 ID:nM66ArTxO
五十六が無脳だったのはもはや常識だからな…
コイツが馬鹿すぎたから、唯一日本が
生き残れた可能性があった早期講和も完全に消えた

軍令部やあの牟田口ですら、ここまでの無脳じゃない
そのくらいの完全無欠バカが山本五十六

128 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 12:22:32.99 ID:1kw9NGje0
>>1
図面も残ってる零戦を復元してなぜ売らないのか理解に苦しむ。

実際に零戦で空を飛び回ってみたいと思う金持ちはいくらでもいると思うんだが。

133 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 12:25:37.90 ID:gGxXK6aE0
こんなくだらんもんより牟田口中将のインパール芸者遊びをCGにしろって何度言わせれば分かるんだ。

140 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 12:28:38.78 ID:akuM3MK60
>>53
特攻は
予科練出たてのヒヨコとか学徒兵を乗せてたんだよ
どうせ出撃したら必ず死ぬんだから
熟練パイロットはもったいないからね

253 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 13:14:52.41 ID:Oidvm6Ei0
ナチス・ドイツでいうとフランス侵攻みたいなもんだけど
フランス侵攻の映画ってないね


254 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 13:15:23.60 ID:saPqCf/Z0
南雲中将は東野英治郎以外考えられない。

256 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 13:16:21.98 ID:QYCZgga00
日本軍は開戦したらアメリカ艦隊をマレー沖まで遥々遠征させて疲労のピークで討つという、
日本海海戦でバルチック艦隊を全滅させたのと同じ方式を取る計画だった。
それを根底から覆しハワイの真珠湾にいる間に奇襲するよう計画し実行させたのがアメリカ帰りの山本五十六。

ルーズベルト大統領は、アメリカの若者を戦場に送らないという公約で大統領になったため、アメリカから攻撃できないし
アジアに出かけてアメリカ軍が攻撃されても世論は二分されただろうが、本土の玄関先のハワイで(アメリカ国民視点で)宣戦布告もなく奇襲されたことで
卑怯な日本を許すなとアメリカの国論が一気に沸き立ち親日派もなにも弁護できなくなった。

結局、アメリカの世論を日本攻撃一色に染め上げた山本五十六の作戦だけは日本は取ってはならなかったしアメリカにとってはこの上ない作戦だった。
また日本海軍の暗号はアメリカ軍に丸裸状態でこれはアメリカ情報部が優秀だからとされ、
まるで参謀会議に出席しているようだとまで言われたがなぜか日本陸軍の暗号は最後まで解読できないままだった。

そして終戦後、GHQによって日本軍を徹底的に貶めるプロパガンダが始まったがなぜか山本五十六だけは軍神扱いでハリウッドでトラトラトラが作られた時も
それ以外の映画での卑怯で間抜けな日本軍やドイツ軍とは比べ物にならない立派な司令官として描かれていた。

260 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 13:18:37.82 ID:wdYmBSg/0
>>256

外務省が送別会やってて、ウッカリ宣戦布告忘れたトコもぜひ頼むwww


269 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 13:23:52.28 ID:saPqCf/Z0
第一次攻撃隊の隊長も田村高廣以外考えられないな。

273 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 13:27:02.11 ID:dW9kvCiK0
>>254
>>269

そうなると、
山本五十六は、山村聰じゃないと・・・・

286 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 13:33:52.43 ID:saPqCf/Z0
>>273
山本五十六役は昔なら三船敏郎丹波哲郎山村聡このあたりだろ。今はこう言う
風格ある役者はいないからな。役所広司は良い役者だけど山本五十六とはイメージ
が違うな。渡辺謙の方が近いような気がするが。

303 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 13:47:28.98 ID:dFuCCmbm0
>>253
WW1は「西部戦線異常なし」など名作がありますが、WW2開戦初期の
ドイツ軍破竹の進撃の頃の映画はありましたかね。途中なら幾つもあるようですが。
逢えて描くならこんな感じかな?








359 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 15:01:30.97 ID:+lW/gprs0
大東亜戦ものは、だいたい変な歴史観が入っているからな。
日本が勝ったところだけを、普通にかっこよく映画化しているものってないのかな。

364 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 15:20:46.52 ID:TrnzEbWI0
>>359
同感だな。
参考


386 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 16:30:15.52 ID:UXYlRQyn0
>>364
ありがとう
しかし、見ていると殺○も殺されるもあまりに悲壮で二度と戦争に巻き込まれないようにしたいと思った
CGはダメだあんなもの空虚で戦争の本当の悲しみが伝わってこない


397 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 17:03:01.56 ID:R5W2cOzk0
なんで山本五十六って英雄視されてんだろうな
指揮官として賞賛するようなエピソードあったっけ?

401 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 17:05:50.04 ID:akuM3MK60
>>386
戦争が悲惨なのは負ける場合だけだよ

日本人が前の戦争で学ぶべきだったのは
もう二度と戦争はしません
ではなく
もう二度と負ける戦争はしません
だね

405 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 17:23:59.71 ID:r+uOnQd10
>>397
当時のアメリカと日本の国力差が現在のアメリカとフランスぐらい離れていることを正確に把握して
無益な虐殺コンボを回避しようとしたから

1941年のGDP
アメリカ 11002.1億ドル
日本 2045.2億ドル(アメリカの19%の国力)

http://www.eurus.dti.ne.jp/~freedom3/ww2-gdp-sai-axx.htm

2010年GDP
アメリカ 145265億ドル
日本 54587億ドル(アメリカの38%の国力)
フランス 25627億ドル(アメリカの18%の国力)

407 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 17:32:27.06 ID:R5W2cOzk0
>>405
それって司令長官になる前だよな
司令長官になってからはロクな話がない男のように思えるんだが

408 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 17:34:31.76 ID:r+uOnQd10
>>407
国力差がありすぎるから仕方が無いよ

三国志での魏と蜀の差が6:1だからそれに近いものがある

戦前の日本にとっての山本は蜀における孔明みたいなもの
最初から負けて当然

411 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 17:51:20.59 ID:R5W2cOzk0
>>408
孔明ってお前w
山本に天才的なエピソードは一つもないだろ
むしろ戦術面では凡将じゃね?

459 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 19:33:32.25 ID:m5SxCVR90
黒澤は、実物大の戦闘機を作って飛ばせたあとに
実物大の赤城も作ろうとしたらしい。
そんで降ろされたw

463 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 19:38:16.00 ID:akuM3MK60
>>459
実物大の長門は造ったじゃん


ってまさか、動く実物大の赤城!?

468 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 19:41:48.63 ID:0dFYILFh0
必死に五十六こきおろそうとしてるしてる馬鹿がいてワロタww
日米関係悪化回避不能点を越えてから対米戦は無理と分かっても遅いんだよ

例えるなら滝の手前でルート選定間違いだったというのが陸軍始め軍官僚の大半の馬鹿
滝に落ち込むルートの手前でそっち進むの反対してたのが五十六


488 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 20:23:06.31 ID:0ald3D3+0
>>468
リベラル派がいなければWW2開戦と同時に参戦がオチだったろうな
んで、43年くらいには終戦

495 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 21:02:39.75 ID:foT1sf5TP
>>468
開戦しなければよかったってことじゃ?

> 日米関係悪化回避不能点を越えてから対米戦は無理と分かっても遅い

512 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 22:28:38.65 ID:0dFYILFh0
誇る所はどこにもない、戦争計画もない、宣戦布告は遅刻
最後に頼った仲介国には攻め込まれる始末
頭から尻尾まで馬鹿でアホで間抜けな戦争

しかしその最悪の戦場で戦った兵士は忘れない

514 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 22:30:31.36 ID:foT1sf5TP
>>512
よく知らないけど、宣戦布告は必ず必要なものじゃないらしい

517 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 22:36:04.83 ID:0dFYILFh0
>>514
必要じゃないかどうかは問題じゃない
相手の戦意を挫く(その成功率が最初から低くても)という日本の計画には必要だった

アメリカの為に必要なんじゃなくて日本の「計画」の為に宣戦布告が必要だったんだよ
それを達成できない時点で糞

518 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 22:41:31.47 ID:foT1sf5TP
>>517
真珠湾攻撃が成功したなら、宣戦布告がどうであろうと
アメリカ人は「卑怯な騙し討ち」と言うに決まってる。
だから騙し討ちと言われるのが嫌なら、真珠湾攻撃その
ものの実行が無理。

521 :ぴーす ◆u0zbHIV8zs :2011/10/30(日) 22:48:08.94 ID:YpreEaqgO
もともとは宣戦布告がなかったって怒ったんじゃ
なくて、交渉の影で艦隊を動かしてたのを
批判してたんじゃなかった?

522 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 22:50:34.15 ID:0dFYILFh0
>>521
交渉の影で戦力を動かすのは古今東西の軍事常識だろ
怒る人がいないとは言わないが、それじゃ弱いな

524 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 22:54:54.14 ID:foT1sf5TP
>>522
ハルノートが出るきっかけになったことの一つが、日本の輸送船団が
南下しているという誤まった情報が伝えられた結果と言われてるでしょ。
(交渉しながら、戦争準備をするような国には懲罰を加えると)
強者の理屈ではあるが、しかしそれが強者の理屈だ。

528 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 22:57:25.41 ID:0dFYILFh0
>>524
そもそも理屈じゃなくて国民感情への厭戦期待だから

530 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 23:02:46.09 ID:foT1sf5TP
>>528
宣戦布告の後に攻撃をしていたら、アメリカ国民は日本への
憎しみよりも自罰的な感情に襲われて、厭戦感情を作るのに
成功したはずだと? バカを言うな。

532 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 23:06:57.94 ID:0dFYILFh0
>>530
最初から成功率は低いと書いてるだろ
しかし日本の当初計画でそういう目的以外で直前の宣戦布告文書公布という計画の目的があるか?

どんなに効果の期待に無理な事がある計画でも、そもそもその遂行すら出来ないのでは無能と言うしかない

535 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 23:15:28.16 ID:foT1sf5TP
>>532
宣戦布告が間に合っていようがいまいが、奇襲攻撃が成功
していたら「卑怯な騙し討ち」とアメリカ側は言うに決まっ
てるんだから、そこは焦点をあてるべき問題じゃない。
それにこだわること自体、アメリカのプロパガンダにはめ
られているからだよ。

610 :名無しさん@恐縮です:2011/11/01(火) 06:23:23.90 ID:hJ94dgWh0
映画の中ぐらい最後に勝ってしまえよ

647 :名無しさん@恐縮です:2011/11/02(水) 07:32:21.75 ID:QhaLI6ju0
激闘・南太平洋海戦


674 :名無しさん@恐縮です:2011/11/03(木) 04:39:40.05 ID:hPXvh4/+0
>>647のDVD持ってるな
人物のCG表現もDVDで見るとそれほどひどくはない
この映画も 栃林 秀 がCG担当しているなら見るけどな
役者を使わず全部CGでよい


http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1319941638/l50人気ブログランキングへ


学ばないブログ
忍者AdMax
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ