いてつくブログ

2ちゃんねるのスレッドをコピペしてまとめてみるブログ

物価

ニュース安倍総裁「インフレターゲット年率3%設定。達成する迄は無制限で金融緩和。日銀法改正」

1 : マーゲイ(新疆ウイグル自治区):2012/11/07(水) 23:21:59.93 ID:xZK7sebT0 ?PLT(12345) ポイント特典

自民・安倍総裁 日銀に“プレッシャー”

 自民党の安倍総裁は講演で、次の総選挙で政権を取った場合、
日銀に対し物価上昇率の目標である「インフレターゲット」を年率3%に設定させ、
達成するまでは無制限に金融緩和を行うよう求める考えを示しました。

 「(物価上昇率)3%達成するまでは、基本的に無制限で金融緩和していく
という発表をしていただく必要がある」(自民党・安倍晋三総裁)

 また、安倍総裁は、日銀の政策目標に「物価安定」だけでなく、
アメリカの中央銀行にならって「雇用の最大化」も加える日銀法の改正を明言しました。
(07日18:36)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5176098.html


依頼
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1352038424/270

332 : シャム(神奈川県):2012/11/08(木) 11:46:33.28 ID:ryQO5QRt0
長期的に見れば産業競争力を高めることが何より大事。
金融政策は産業競争力を高める環境を与える為に使うもの。
それが最近は麻薬のように企業を蝕み始めている。

338 : 茶トラ(埼玉県):2012/11/08(木) 11:48:44.48 ID:8lmlQpko0
>>332
金融政策じゃなくて財政政策じゃねぇの?

340 : ライオン(SB-iPhone):2012/11/08(木) 11:49:26.95 ID:w9Agewhyi
円高を赤字の理由にして、政府に泣きつく製造業より、円高でもなんとか頑張っている製造業を応援したい

342 : シャム(神奈川県):2012/11/08(木) 11:51:25.48 ID:ryQO5QRt0
>>338
金融政策も同じ。
超低金利や円安でしか生き延びられない環境を常態化させると
企業はその環境で慣れてしまい、その環境でしか生きられなくなる。

655 : マレーヤマネコ(神奈川県):2012/11/08(木) 22:10:52.25 ID:TTjk7MRL0
多分欧米に怒られて終了する
こんなことができるのはFRBとECBだけ
あとは不当な為替操作になります

658 : 黒(東京都):2012/11/08(木) 22:17:04.53 ID:5P/FEdrb0
世界恐慌の時期除けば、デフレ自体に善悪はないどころか、
むしろデフレ期は経済成長してる時の方が多いのは、統計上明確になってる。

2004年時点で、世界恐慌除いた過去100年の73回のデフレ期で、不況だったのは8回だけ。

662 : ユキヒョウ(大阪府):2012/11/08(木) 22:22:56.51 ID:8MgAFTgY0
>>655
インフレ目標は普通に世界中で採用されてるよ。3%とか4%もザラにある。
どういうソースを読んでそんな分析が出てきたのか聞いてみたい。
欧米はむしろ日本にずっと金融緩和しろとさえ言ってるよ。

675 : マレーヤマネコ(神奈川県):2012/11/08(木) 22:41:18.39 ID:TTjk7MRL0
>>662
米国もEUも通貨安政策により自国製品の競争力を上げて輸出を促進して雇用を回復しようとしてるのに
日本が同じ政策をすると意味が無いから

>欧米はむしろ日本にずっと金融緩和しろとさえ言ってるよ。
これのソースを聞いてみたい

678 : オセロット(家):2012/11/08(木) 22:43:47.03 ID:VMAQfG8W0
>>675
日本にはずっとバランスシートどうにかしろ緊縮財政しろと迫ってるな
欧米ってどこの欧米なんだろな

679 : ユキヒョウ(大阪府):2012/11/08(木) 22:45:06.50 ID:8MgAFTgY0
>>675>>678
★日銀の金融緩和に対する国際機関の声

IMFやOECDは日銀に対し、より一層の金融緩和とインフレ目標の導入を求めている。

IMF ワールドエコノミックアウトルック 2012年4月
http://www.imf.org/external/japanese/pubs/ft/weo/2012/01/pdf/textj.pdf

> 国内のインフレ圧力が極めて低いことから、日本は、金融緩和を一層進め、
> 中期的にインフレ目標を達成する必要があろう。

OECD対日審査報告書 2011年版
http://www.oecd.emb-japan.go.jp/Overview%20Japan%202011_JAP.pdf

> 日本銀行は、地震による影響を含む下方リスクに注意を払い、現在の緩和的なスタンスを
> 維持するとともに、先行きが悪化した場合には更なる措置を講じる準備をすべきである。
> そのような場合においては、高いリスクの民間金融資産を購入することには注意を払う一方、
> 長期国債の購入拡大を通じて長期金利を低下させることに焦点を当てるべきである。

> より高いインフレの目標は、デフレに対して更なるバッファーを提供するであろう

> いくつかのOECD加盟国では、インフレの範囲は中央銀行により独立的に設定されるというよりは、
> 政府もしくは政府と中央銀行による協議によって設定されている。そうした取組みは、
> インフレ目標に対する政府の支援を促し、中央銀行がより独立してその目標を達成することを認めることになるかもしれない

> 物価安定の実現に向けた力強い取組みを確かなものとすることを助け、
> それ故、今後長期間にわたる財政健全化の過程で経済を下支えすることになるであろう。

※蛇足であるが、IMFやOECDは欧米先進国、なかんづくアメリカの意向を強く受けている為、
 これらの文書は「アメリカが日本の金融緩和や円安政策を妨害している」といった陰謀論の反証ともなっている。

683 : オセロット(家):2012/11/08(木) 22:51:32.14 ID:VMAQfG8W0
>>679
財政状況は極めて厳しい状況に達している。慢性的な財政赤字は、2011年には、
グロスの公的債務残高をGDP比200%といった先例のない規模まで、またネットの
債務残高を115%まで押し上げると見込まれている。それ故に、復興に向けた支出
の必要性を考慮する
一方で、
歳出削減と税収増を含む信頼に値しかつ詳細な中期の財政健全化計画は、
★最優先事項★
となるであろう。

アンダースタン?

684 : ユキヒョウ(大阪府):2012/11/08(木) 22:51:57.85 ID:8MgAFTgY0
>>683
もちろん理解してるけど、それが何か?

686 : オセロット(家):2012/11/08(木) 22:56:11.94 ID:VMAQfG8W0
>>684
へぇ理解した上で引用したんだ
では君は一体どのようにして金融緩和と財政健全化を並行させようと考えてるのだろう?
君がドヤ顔で持ってきたOECDの審査では、ものすごく明確に、財政健全化が最優先と述べているけどね
さあちょっと聞かせてもらえないかな?

690 : ユキヒョウ(大阪府):2012/11/08(木) 22:57:44.60 ID:8MgAFTgY0
>>686
う~ん、金融政策と財政政策の違いはわかってる?
高校政経レベルの知識でもわかると思うんだけど。

「政府が借金増やさなければ金融緩和できない!」あるいは「効果がない!」って
人がたまにいるんだけど、前者も校舎も普通に間違ってるからそうだったら改めて欲しい。

693 : オセロット(家):2012/11/08(木) 23:01:09.86 ID:VMAQfG8W0
>>690
はあ・・・
日銀に国債買い取らせろ、無制限ニダ、ってのが安倍サンの言ってることだけど?
理解できてないのかな
できてないならもういいけど?

697 : ユキヒョウ(大阪府):2012/11/08(木) 23:04:02.47 ID:8MgAFTgY0
>>693
え~と、現在の年間の買いオペ量と新規国債発行額、
それと発行済み国債残高がだいたいどの程度か知ってる?

699 : オセロット(家):2012/11/08(木) 23:10:07.39 ID:VMAQfG8W0
>>697
質問に質問で返すなら質問趣旨を明確にどうぞ
(安倍サンは今後国債発行額を増やすつもりなどないとでも言いたいのかねえ・・・)
つっかさ
面倒くさいわ
そうやって逃げ続けたまえよ
ずっとそのはぐらかし手口で行くつもりでしょ?
そりゃそうだ、真正面から応答したら自分のマヌケが確定しちゃって
プライド木端微塵だもんね
ほらそのチンケなプライドを満たすべくなんか悔し紛れのレス書いてカエレ
ほれ


700 : ユキヒョウ(大阪府):2012/11/08(木) 23:11:26.80 ID:8MgAFTgY0
>>699
単純だよ。
買いオペのペースを今の二倍に増やして無期限にやっても
市場に出回ってる国債がゼロになるまでは20年ぐらい掛かるって話。

702 : デボンレックス(大阪府):2012/11/08(木) 23:17:35.39 ID:sYX/icmD0
>>690
政府が借金増やさないと金融緩和はできないのは中央銀行制度じゃ
デフォだろ、日銀券って日銀が国債等の借金を買い入れて初めて
発行できるんだよ

709 : ユキヒョウ(大阪府):2012/11/08(木) 23:26:50.48 ID:8MgAFTgY0
労働人口が年率3%ぐらい伸びて、しかも中国並の未開社会で長期的な成長率
(潜在成長率)が年率10%近いという国なら、デフレを放置しても問題ないんだよね、理屈の上では。

「理屈の上では」というのは、実際にそれが当てはまる途上国ですらデフレを回避しようと
するのはもちろん、先進国よりもずっと高いインフレ目標(4%超)を掲げていたりするから。

低成長経済にとってはデフレというのは死刑宣告に近い。

「理屈の上では」潜在成長率と実質金利(普段目にする金利からインフレ率を引いたもの)が
一致するのが、景気が落ち込みもせず加熱もせず丁度良い塩梅とされている。
ということは、潜在成長率が低い(高い)と金利はむしろ下げる(上げる)べきということになるよね。

ところが余りにも潜在成長率が低いと、金利を下げようにも下げられず、
潜在成長率と実質金利が一致しないケースも出てくる。
たとえば潜在成長率が0.5%でインフレ率が-1%の経済では、金利をゼロにしても
実質金利は1%のままだから、潜在成長率0.5%と一致せずに、不況を止めることが出来ない。

これが低成長経済でデフレが致命傷となる理由だね。
金利をマイナスにすればいいじゃないか!と思うかもしれないけど、
現金という壁があるんで、金利をマイナスにするとみんなそっちに殺到するんだね。
金利がマイナスということは持っているだけで損をするという意味だから。そりゃ目減りのない現金で溜めるよ。タンス預金ね。
だからインフレにして現金の価値も一緒に下げてやる必要があるわけ。

>>702
>>700
消費税を30%ぐらいに引き上げて財政赤字ゼロにしても、既発債が底を突くまで10年ぐらい掛かる。

719 : 三毛(神奈川県):2012/11/08(木) 23:31:43.54 ID:3gTqO1Bc0
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1352374296/l50

中国はインタゲの末路を教えてくれている

725 : カナダオオヤマネコ(滋賀県):2012/11/08(木) 23:35:22.25 ID:fhtxKDZy0
民間が行き詰ってるなんて神様じゃねえと言えねえだろ
ドヤ画尾で何が行き詰ってるんだよwキチガイすぎる

726 : ユキヒョウ(大阪府):2012/11/08(木) 23:36:12.34 ID:8MgAFTgY0
>>719
確かに日銀の金融政策が批判されてるのは、バブルを起こしたからじゃなく、
「バブルが崩壊した後も適切な対応を取らなかった」ことで、
他方で「バブルを起こすことが問題だ。よって金融緩和はほどほどに」という立場は確かにある。

でもその本家本元であるヨーロッパ中央銀行がバブル崩壊で死亡寸前なので、
実は先に死亡したのは「バブルを起こすことが問題だ。よって金融緩和はほどほどに」の方でしたw

731 : 猫又(新疆ウイグル自治区):2012/11/08(木) 23:40:46.99 ID:LvjMHfrL0
安倍は気違いじみた事をやろうとするなんて。クズ過ぎる。金利は3%ないぞ。そのままもってる
だけで価値が下がって行くだろ。こういうことをすると確実にインフレになる。
自民党は解散してほしい

735 : デボンレックス(大阪府):2012/11/08(木) 23:43:34.22 ID:sYX/icmD0
>>731
キチガイなのはおまえ、キチガイは自分がキチガイだとはわからないのが定説

737 : 三毛(神奈川県):2012/11/08(木) 23:44:29.73 ID:3gTqO1Bc0
>>735
中国の末路を見てなおインタゲを主張する人間が基地外ではなかろうか?

742 : ユキヒョウ(大阪府):2012/11/08(木) 23:47:44.73 ID:8MgAFTgY0
>>737見ても釣りだとわかるけど、たとえば隣国アメリカと違ってリーマンショックを上手く切り抜けたと
されるカナダとか、あるいは資源国で好調なオーストラリアもインタゲ導入してるのに対して、
実はアメリカ自身はつい最近までインタゲ導入してなかったんだよねw
インフレ目標というのは景気の過度な過熱を避ける意味でも有効(別にアメリカは
金融緩和のせいでだけバブルになったわけじゃないんだけどね)なわけ。

745 : 三毛(神奈川県):2012/11/08(木) 23:48:20.83 ID:3gTqO1Bc0
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1352374296/l50

もう一度貼る。これがインタゲの末路だ。
これを見てもなおインタゲを主張する人間は
単なる売国奴だろう。

746 : マンクス(チベット自治区):2012/11/08(木) 23:48:53.19 ID:PbVOhSfT0
>>725
別にドヤ顔はしていないつもりだけど、

1.効率の悪い銀行を大きいから潰せないとさらに大きくして、
 その都市銀行が小さなハイリスクハイリターンで小さな企業や自営業に金を回していた、
 信用金庫とか、街金とかのシェアを食い荒らして、小さなハイリスクハイリターンの引き受け手が
 減っていくという閉塞状況。
 石原都知事は、都の銀行でそこらへんをカバーしようとしたみたいだけど、破綻。

2.実体の後追いでしかないマーケティングがはびこり、面白いものが作れない状況

3.内需拡大の期待のかかるサービス業には、若者が就職しない

4.大学の大学院がモラトリアムの延長期間になっている

5.教育政策の失敗で、教育水準が低下

などなど、いろいろなところに行き詰まりの要因がある。
デフレ状態で頑張れている企業が、デフレを利用して、海外の優良資産を買うという方向だと、
上記の問題はあまり影響を受け無いから、全ての民間企業が行き詰っているわけじゃあ無いね。
そこらへんは言い過ぎでした。

747 : ユキヒョウ(大阪府):2012/11/08(木) 23:48:53.89 ID:8MgAFTgY0
>>745
>>742

750 : エキゾチックショートヘア(やわらか銀行):2012/11/08(木) 23:50:42.84 ID:AOsiV5aB0
>>745
バブルの発生はインタゲが原因ではないよ
日本のバブルの時はインタゲは無かったし
インタゲが出来る前にどれだけバブルがあると思ってるんだ?

751 : 三毛(神奈川県):2012/11/08(木) 23:51:07.68 ID:3gTqO1Bc0
>>747
オーストラリアやカナダは移民で毎年人口が%単位で大きく増えているから
人口拡大に応じた経済拡大、貨幣需要拡大が見込まれる。
だからある程度のインタゲは理に適っている。

755 : 三毛(神奈川県):2012/11/08(木) 23:53:46.99 ID:3gTqO1Bc0
>>750
バブルの大半の原因は金融緩和であり
インタゲは金融緩和の中でも強烈な金融緩和だ。だからバブルの危険性は非常に高い。

762 : スミロドン(大阪府):2012/11/09(金) 00:04:26.65 ID:8MgAFTgY0
>>746
ID:3gTqO1Bc0みたいな釣りor病人だけが相手でもつまらないので。

1.石原銀行が何故破綻したかというのには理由がある。
リスクとリターンが釣り合えば、ハイミドルローいずれの金融業も成立する。
ところがデフレで売上が伸び悩むor毎年減っちゃうような状況だと、
借金の返済が非常に困難になるんだよね。当然貸し倒れも増える。
だからハイリスクローリターンみたいな、リスクとリターンが釣り合わない案件ばかり増えちゃったわけ。

それに借りる側としても、返せない借金なんかしたくない。
だから石原が税金漬かってお金をガンガン貸したいぞと銀行作っても、
まともな企業は借りようとしなかったわけ。多くはブラックな案件に集中しちゃったんだよ。
中小企業は貸出がなくて困ってたんじゃない。そもそも過剰な融資を必要としてなかった。
もちろん運転資金にも困るような企業に融資が行かないのは仕方ない。それもデフレが原因だよね。

>>751
人口増加率先進国一のアメリカなんかもっと貨幣需要増大してるけどw
君頭おかしいんじゃないのw

>>755
>>726>>742と↑>>750

765 : 縞三毛(神奈川県):2012/11/09(金) 00:07:38.54 ID:8I5imSfP0
>>762
アメリカの人口の伸びは世界で137位と高くは無い。
適当な嘘ばかり言うのはどうかと思うぞ。
虚言症と疑われるぞ。

770 : スミロドン(大阪府):2012/11/09(金) 00:09:41.12 ID:7wLIhD6F0
>>765
一般常識というか高校地理でも習うと思うけど、途上国ほど普通は人口増加率が高い。
その上で>>762を読み返すといいよ。

772 : 縞三毛(神奈川県):2012/11/09(金) 00:10:23.23 ID:8I5imSfP0
>>770

君は762に
>人口増加率先進国一のアメリカ
と嘘を書いてあるから指摘したまで

779 : スミロドン(大阪府):2012/11/09(金) 00:20:18.38 ID:7wLIhD6F0
>>746
2.これは他の先進国もそうなんじゃないかな・・・経済のサービス化が進んでるからね。
サービス業には製造業のように実態があるわけじゃない。
そもそも物理的に言えば欧州高級ブランドと中国産ユニクロブランドに大した違いはない。
デザインとかブランドといった形のないものにお金を使うようになるのも、立派な経済成長だったりする。

3,「内需拡大に期待の掛かるサービス業」に若者が集まらないと、普通は賃金が上がる。
それは中学公民で習う需要と供給のグラフを見ればわかるよね。
労働力の供給が減れば、普通はその価格=賃金は上がる。
そうやって需要と供給が一致するように賃金が調整されるのが市場経済。

もしそうした調整が機能せず、いつまでも若者が集まらないのなら、その原因は2つ。

まず一つは、期待される内需拡大に貢献できるだけの実質がないということ。
生産性の低い企業は労働者に十分な賃金を支払うことができない。当然淘汰されるべき。
もちろんデフレでさえなければもっと健全経営で賃金も支払えたのに・・・というケースも多いんだろうけど。

次に考えられるのは、医療福祉産業のように、売上や賃金の仕組みが公的に
決定されている為に、柔軟な経営対応が取れない(賃金を上げられない)こと。
この場合はデフレ不況で税収が激減していることが大きい。
日本のように20年前よりも税収が少ないなんて国は世界中に一つもない。
そのために、本来なら人手不足の介護労働者の待遇改善に充てるべき税金が
十分に確保されないという現状がある。これもデフレ脱出が必要という論拠になるね。

>>772
先進国一じゃないの?じゃあ上位でいいよ。G8なら1位。
アメリカの合計特殊出生率が先進国でもかなり高いのは有名な話だと思うけどね。

791 : 縞三毛(神奈川県):2012/11/09(金) 00:35:43.76 ID:8I5imSfP0
インタゲ派はインタゲを実際に行った中国の大失敗には口を噤んでいるよね。

794 : スミロドン(大阪府):2012/11/09(金) 00:37:02.45 ID:7wLIhD6F0
>>791見るとやっぱID:3gTqO1Bc0=ID:8I5imSfP0なのか。

ID:8MgAFTgY0=ID:7wLIhD6F0で全部論破してるから気になった人は読んでねw


http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1352298119/l50/../人気ブログランキングへ


ニュース【金融政策】日銀が目標に掲げる「1%の物価上昇」、早期達成は難しい--白川総裁 [10/05]

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2012/10/05(金) 23:08:24.70 ID:???
日本銀行の白川方明(まさあき)総裁は5日の記者会見で、デフレ脱却に向けて、
日銀が目標に掲げる「1%の物価上昇」の早期達成は難しいとの見方を示した。

これまでは、消費増税が予定されている2014年度にも達成できるとしていたが、
欧州危機などで国内景気は足踏みしており、目標の実現は厳しい状況だ。

http://www.asahi.com/business/update2/1005/TKY201210050468.html

111 :名刺は切らしておりまして:2012/10/06(土) 07:53:09.39 ID:kMBrZhrQ
屁にもならぬ1%、大きな目途で5%でなくちゃ。
民主党は実践の経済を知らぬ、日銀は失敗を恐れ、施策実施も出来ない、

政府も日銀もアホたれじゃ、日本国民を苦境に貶める結果になるぞ!!
政権交代で経済政策の変更しか、外道はない。
選挙まで1年、泣くまで待とう野田政権!! こらえるだけか?


112 :名刺は切らしておりまして:2012/10/06(土) 07:55:45.12 ID:TkKijv3A
>>111
1000兆円の負債があって5%のインフレは
利息だけで50兆円。
死亡フラグ。

114 :名刺は切らしておりまして:2012/10/06(土) 07:57:46.69 ID:ITvWk9eV
>>112
>1000兆円の負債があって5%のインフレは??
>利息だけで50兆円。??

1000兆円の負債があって5%のインフレで国債利率が1%だと、年40兆円新規国債を増やせるぞ

116 :名刺は切らしておりまして:2012/10/06(土) 08:05:00.45 ID:TkKijv3A
>>114
公共事業が目的じゃないだろw

まあ、50兆の償還分は財務省と日銀が新規紙幣を刷って埋めればいいだけですね。
上がった金利分手当てできるのは、日銀があるから。

って考えると、金利上げるとインフレになると思うんだよね。
日銀は政策金利を段階的に5%くらいまで上げて、
それで生じる不都合を、無償オペで手当てとかするとインフレになるのと違う?

117 :名刺は切らしておりまして:2012/10/06(土) 08:11:32.02 ID:3OG7XkW5
>>116
無償オペって意味わからんが
政策金利の上げと量的緩和の両立する場合必然的に
中央銀行の収益が必ずマイナスに触れて、マイナスを放置したままなら金融緩和の効果は継続
政府が補填するなら金利引き上げ分を伴った単なる金融引き締めになります

209 :名刺は切らしておりまして:2012/10/07(日) 00:58:06.34 ID:wpDbWYur
だから結局の所政府債務が問題になるかならないかは、
経済が成長するかしないかの違いが肝なんだよな。

イギリスだって過去にはGDP比で250%越えとかの政府債務を抱えていた時期があったが、
ハイパーインフレなんて起こさなかった。
経済成長でGDP比で目減りし、問題にならなくなった。

265 :名刺は切らしておりまして:2012/10/07(日) 14:38:10.85 ID:Yi3cZQSL
ぶっちゃけ政府の財政再建とかどうでもいいよな

311 :名刺は切らしておりまして:2012/10/07(日) 19:50:53.38 ID:WVlGdtVq
日銀は、インフレに対しては責任はあるけど、デフレに対しては責任は無い。

白川みたいな小役人を総裁にした民主に責任がある。

年間3万人の自殺は、白川によるジェノサイドのレベル。

312 :名刺は切らしておりまして:2012/10/07(日) 19:53:59.08 ID:h6Ziy4GW
>>311
デフレに対しても責任あるに決まってるじゃん。
日銀は物価全般に責務を背負っているのだから。

333 :名刺は切らしておりまして:2012/10/07(日) 21:23:49.66 ID:CFJPH6r4
FRBみたいに、失業率に関しても日銀に責任負わせればいいんじゃね?

334 :名刺は切らしておりまして:2012/10/07(日) 21:24:29.18 ID:x4o07/9A
>>333
益々、日本政府(実態は官僚政治)がアホになっても良ければな。

335 :名刺は切らしておりまして:2012/10/07(日) 21:44:18.68 ID:WVlGdtVq
>>334
日銀法を改正して、失業率に関しても日銀に責任負わせるのは概ね妥当だと思うが。

日本政府がアホになるっていうのは、日銀が全てを行うって意味?

336 :名刺は切らしておりまして:2012/10/07(日) 22:07:45.75 ID:x4o07/9A
>>335
日本政府が自浄できなくなるという話だよ。
例えば、このスレのテーマであるデフれにしても、
日本政府は公務員リストラ、社会保障の削減など実施せねばならないことが沢山あるのに、
「全部、日銀のせい」と居直っている。

こんなアホな政府を放置して、何が愛国なんだか大いに疑問だわ。

338 :名刺は切らしておりまして:2012/10/07(日) 22:17:10.92 ID:WVlGdtVq
>>336
現状、日銀は仕事をしてないので日銀法改正は妥当。
日本政府へ仕事させることと、基本、関係無い。

つまらんコメですまぬが、政府に仕事をさせるには、選挙でいい政治家を選ぶこと。

>日本政府は公務員リストラ、社会保障の削減など実施せねばならないことが沢山あるのに、
これは、財政再建の処方箋。デフレの処方箋ではない。

339 :名刺は切らしておりまして:2012/10/07(日) 22:30:09.81 ID:x4o07/9A
>>338
ゼロ金利政策を見ての通り、日銀は基本的にずっと以前から全力疾走状態。
何も努力していないアホは日本政府だよ。

子供手当とか廃止しろよw

340 :名刺は切らしておりまして:2012/10/07(日) 22:33:38.84 ID:WVlGdtVq
>>339
日銀が仕事してねぇから、このスレが立ってるのだが。

民主党政権がアホなのは、同意。

341 :名刺は切らしておりまして:2012/10/07(日) 22:34:54.40 ID:x4o07/9A
>>340
つか、日銀の仕事なんて知らんだろお前w

342 :名刺は切らしておりまして:2012/10/07(日) 22:41:11.12 ID:WVlGdtVq
>>341
日本銀行が金融政策決定会合で、中長期的な物価1%を自分で設定しておいて、
早期達成は難しいと言っている。

これは、仕事してるの?してないの?

347 :名刺は切らしておりまして:2012/10/07(日) 22:57:22.97 ID:x4o07/9A
>>342
それは日銀だけで達成出来ることじゃないだろ。
お前は日銀を助けるために消費活動をしたのか?

してねーだろがっ!!

お前みたいのはチャンチュン以下のエテ公だと思う。

349 :名刺は切らしておりまして:2012/10/07(日) 23:01:10.68 ID:jOcv/QSa
>>312
>デフレに対しても責任あるに決まってるじゃん。??
>日銀は物価全般に責務を背負っているのだから。??

たしかにそうだが、日銀はデフレ傾向の場合は利下げする責務があるが、ゼロ金利状態で
デフレに対して日銀ができることは、利上げしないことだけ

で、今のところ日銀は、その責務を果たしてる

ゼロ金利状態では、インフレにできるのは、財務省による財政政策のみ

もちろん日銀のことだから、物価上昇率が1%を超えた瞬間に金融引締めして、景気をまた
どん底に叩き落すとか、やりかねないけどな

351 :名刺は切らしておりまして:2012/10/07(日) 23:07:48.57 ID:WVlGdtVq
>>347
>それは日銀だけで達成出来ることじゃないだろ。
繰り返すけど、日本銀行が金融政策決定会合で、中長期的な物価1%上昇を自分で設定した。

>お前は日銀を助けるために消費活動をしたのか?
消費活動は、ほぼ毎日してるよ。

>お前みたいのはチャンチュン以下のエテ公だと思う。
論理的な反論求む。

352 :名刺は切らしておりまして:2012/10/07(日) 23:08:09.37 ID:CFJPH6r4
>>349
財務省というか、もはや国会マターじゃね?

国会決議を通して「国債の日銀直接引き受け即償還」の伝家の宝刀を抜けば、
通貨への信頼が揺らいでインフレになるのは間違いないだろうし。

380 :名刺は切らしておりまして:2012/10/08(月) 09:50:34.55 ID:R5PmAD82
高橋洋一なんかに騙されて
日銀叩きですか?
ごくろうさまですw

384 :名刺は切らしておりまして:2012/10/08(月) 11:37:45.02 ID:mfwgNhdV
>>380
日銀叩きのほうが分かりやすいからでしょ?
きっと非伝統的金融政策がなぜ非伝統的でどこもやらずに来てたかすら知らない世代。
アメリカのQEが魔法の杖のように思ってるんだよ

387 :名刺は切らしておりまして:2012/10/08(月) 12:03:00.89 ID:Sl8nC1N9
>>384
やらずにきたんじゃなくやる必要がなかっただけだろw
政策金利は0が下限値なんでそれをマイナスにしなきゃならなくなっている今
ゼロ金利政策だけやっても全く緩和になってない

388 :名刺は切らしておりまして:2012/10/08(月) 12:08:58.74 ID:mfwgNhdV
>>387
で、量的緩和で十分なアメリカで効果出てるのかね?
クラッシュ時の量的緩和は当然必要だろうけど、
アメリカのそれは十分な量の完全に上をいってるから、
既にやることがなくなってきているし、
新興国は大量のドルが流れてバブルになるのを恐れている。
これ以上の危機対応は本来であれば中銀より政府でやるのが本来のはずなのだが、
財務省はなぜか日銀ほどの批判を受けずにきている。(少なくとも2chとかネットでは)

398 :名刺は切らしておりまして:2012/10/08(月) 12:27:09.15 ID:VDQc76y/
常識的に考えて、2ちゃんねらーが思い付くことを日銀の連中が思い付かないわけがない
とは思う

404 :名刺は切らしておりまして:2012/10/08(月) 13:01:26.63 ID:9/sjPGIX
>>398
物価安定(マイルドインフレ)という目標に対して効果がないと言っている日本人じゃないって人って具体的に誰ですか?
日銀信者って何故か物価安定の道具である金融政策を
まるで魔法の杖みたいに失業率、格差、世界景気、国債消化とか何でもかんでも解決の道具にしようとするんだよな…

408 :名刺は切らしておりまして:2012/10/08(月) 13:12:27.90 ID:fsP4DyzM
>>404
むしろ日銀叩いてる連中のほうが、金融緩和でなにもかも解決すると思ってるんじゃないの?
金融引締めというのは非常に効果があるが、
ゼロ金利下での金融緩和はあまり効果が出ないというのはご存知でしょう?
もちろん白川さんみたいに、量的緩和は効果が薄いとか言っちゃうのはNGだけど。

411 :名刺は切らしておりまして:2012/10/08(月) 13:20:38.40 ID:9/sjPGIX
>日銀は学者の集団なのだから、事実を淡々と述べればいい。

ならいわゆるゼロ金利下でほぼゼロ金利の国債(≒短期国債)を買う事や
当座預金付利で上記の様な買い切りオペの効果を相殺○ること
リスク資産を買う代わりに自己資本増強など
0金利下で量的緩和をしてもうまくやれば効果は限りなく0に出来ると訂正した方がいいね

415 :名刺は切らしておりまして:2012/10/08(月) 13:29:48.46 ID:r5UBYqjx
デフレ下で金融引き締めてんだから、そりゃマイルドインフレにもならんわな。
金融引き締めてインフレになるなんて珍現象見てみたいわ。w

417 :名刺は切らしておりまして:2012/10/08(月) 13:32:06.32 ID:fsP4DyzM
>>415
具体的にどう金融引締めしてるのか、よくしりたいです。

418 :名刺は切らしておりまして:2012/10/08(月) 13:33:41.41 ID:9/sjPGIX
>>417
>>411

464 :名刺は切らしておりまして:2012/10/08(月) 22:06:20.67 ID:b4GNpoRN
しかし、このスレを見ていても金融政策に文句をいう奴は間違いなく落ちこぼれだなw

有能者は政治経済金融に全く文句を言わないが(そんなものに影響されないため)、
無能者はレベルが下がるごとに政治+経済+金融のように文句が増えて行くw

465 :名刺は切らしておりまして:2012/10/08(月) 22:13:16.92 ID:eLs89aW6
>>464
経団連の会長が文句以外を言っているのを聞いたことはないが。
落ちこぼれなのかね?

正しい金融政策をすれば一人当たりのGDPが増えるんだから、
当然の主張を当然にしているだけ。
むしろ無能者だから日銀の失敗が分からないんじゃねーの?

1998年の日銀法改正からの日本の状況を調べてみたら?
愚者は経験からも学べない。

466 :名刺は切らしておりまして:2012/10/08(月) 22:19:18.95 ID:b4GNpoRN
>>465
日銀法改正後に戦後最大の好景気がやって来たことは無視なんだね。

常識的に緩和政策なんてやらないに越したことは無いんだよ。
緊縮政策で破滅するといっても、救う価値すらない一部の馬鹿だけなんだし。

543 :名刺は切らしておりまして:2012/10/17(水) 04:49:09.23 ID:WEm1RksX
平成14~23年の10年で、1500兆円分の国債が発行されてる。
で、この間の10年ものの金利が1.5%前後。
多くは、この10年物だが、500兆分オーバーしてるのは、
10年の間に複数回借りかえられた10年未満の国債が、
推定100~200兆円分存在するからで、この金利は1%以下。

つまり、インフレ率が1%になると、まずこの100~200兆分の国債が、逆ザヤになり、
国債の大部分を持っている国内金融機関の経営にダメージを与える(持ってるだけで損)。
2%になったら、全国債逆ザヤの、持ち続けるだけで大損状態。
持ち続ければ金融機関は壊滅状態に追い込まれる。
おまけに、インフレになると金利が上がるので、預金者は高金利求めて、
預金下ろして借り替えようとするから、それにも対応しなければならない。
無論、持ち続けるだけで損の国債を金融機関は放出しないと、
預金者に対応できないのだが、持ってるだけで損の国債買う人は市場にはいない。

そこで、政府は預金封鎖しつつ、行き場を失った国債を、日銀に買わせるなどの、
超超超超超インフレ政策を、インフレ時に行う羽目になり、
日本はギャロッピングレベルのインフレに突入、中流以下の生活は壊滅状態に陥る。

そうならないのは、日銀がインフレ率を-1~1%に抑えてるから。
政治家と財務省が好き放題に低金利で借金しまくり、
リスクを忌避して銀行に預金し、低金利の国債を事実上買い支えまくった国民の愚行を、
何とか日銀が助けてくれているのに、その日銀を政治家や財務省と揃って叩くのだから、
ばちあたりもいいとこだ。

632 :名刺は切らしておりまして:2012/10/28(日) 08:51:24.65 ID:sTyUovd7
30億ならハイパーインフレはまちがいない。

633 :名刺は切らしておりまして:2012/10/28(日) 09:30:34.48 ID:d5DzFAKT
>>632
つうか、少なくとも「1%のインフレ」は一瞬で達成できるよねw
「できない」と言い張る奴はウソツキだsってことがよくわかるなw

658 :名刺は切らしておりまして:2012/10/30(火) 07:43:20.22 ID:WASB51qb
円の信認をなくすには
どうしたらいいのか

661 :名刺は切らしておりまして:2012/10/30(火) 09:01:43.53 ID:nCpVLD7f
>>658
簡単。このまま特例法案を通さなければいい

673 :名刺は切らしておりまして:2012/10/30(火) 19:43:53.25 ID:lh5U3pFw
隣の国が糞安く大量生産してるのにデフレにならないわけないだろ

675 :名刺は切らしておりまして:2012/10/30(火) 20:07:07.75 ID:8+xMecey
>>673
隣の国が安く作ってたらデフレなの?w
なら、その国がある限り、完全無税にして円を発行するだけで国家運営がやっていけることになるなw
ばからしい・・・

676 :名刺は切らしておりまして:2012/10/30(火) 20:16:37.36 ID:JzNR+Nkk
>>675
隣の国とバッティングする国内の業種は、賃金が上がらないって意味じゃね。

679 :名刺は切らしておりまして:2012/10/30(火) 21:56:50.40 ID:8+xMecey
>>676
ならそう書くべきだろ?w
つうか、違うと思うけどw

681 :名刺は切らしておりまして:2012/10/30(火) 22:19:37.56 ID:JzNR+Nkk
>>679
たとえば、中国がデフレを輸出している、とか結構、議論されてるけどね。

688 :名刺は切らしておりまして:2012/10/31(水) 06:08:55.03 ID:E/DiwciQ
>>681

しつこいなw 食い下がる前にちょっとは自力で考えろよ・・・
仮に、「隣に中国があればデフレになる」が成り立つなら、隣に中国がある限り無限に円を発行して国家を運営して逝けば、完全無税にしたうえ全国民に毎年1億円のお小遣いを支給し続けることが可能だよな?
これが「バーナンキの背理法」だ。
わかった?w

689 :名刺は切らしておりまして:2012/10/31(水) 07:51:24.85 ID:7qo43bpJ
>>688
まず、先に、オレのスタンスはデフレはバブルの崩壊(不良債権の発生)で起こると考えてる。
他国から、安価な商品が入ってくるのは、デフレ圧力にはなるが、デフレの本質ではない。と考えている。

で、いきなり、安価な商品の流入がデフレになるなら、無税国家・・・以下略は、乱暴じゃね。

ちなみに、バーナンキの背理法は貨幣の発行による、貨幣価値の推移のことを言っているのであって、中国による
安価な商品の流入は関係ない。

713 :名刺は切らしておりまして:2012/11/02(金) 00:49:22.50 ID:OANGJgxU
>>689
デフレは主に耐久消費財のせい
あとは住宅と土地の価格下落か
あとは労組の弱体化で賃金が上がらない、派遣労働者の増加による可処分所得の減少による消費の冷え込み
などではないかと
労組弱すぎて笑えるわ


http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1349446104/l50/../人気ブログランキングへ


ニュース【金融政策】量的緩和は江戸時代の藩札制度か 紙幣「紙くず化」も[12/06/25]

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2012/06/26(火) 11:05:50.91 ID:???
ソースは
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPTYE85O03T20120625
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPTYE85O03T20120625?pageNumber=2&virtualBrandChannel=0
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPTYE85O03T20120625?pageNumber=3&virtualBrandChannel=0

[1/3]
[東京 25日 ロイター] 日米欧の中央銀行が推し進める事実上の量的緩和は、
疑似紙幣を大量に増刷した江戸時代の「藩札(はんさつ)制度」と重なる。
当時は金や銀の裏付のない「ペーパーマネー」の氾濫で、紙幣は紙くずとなった。
危機対応と景気刺激を目的に大量の資金を供給している今回も、世界的に貨幣価値の
劣化を示す兆候がみられており、これ以上の緩和政策を危ぶむ声が出ている。

<紙幣の紙くず化>
江戸時代の日本では、通貨が不足すると各藩が独自に領内で紙幣(藩札)を発行し、
財政難の解消を試みた。
しかし藩札は金銀に裏打ちされておらず、各藩の財政をもとに信用創造された
紙幣だった。乱発した結果、価値が幕府発行の貨幣に対して著しく低くなり、
インフレを招くケースが多く見られた。

日米欧各国が推し進める量的緩和は、藩札の乱発と同じ効果をもたらす可能性がある。
現在の量的緩和は銀行に対し流動性を供給し、間接的にリスクマネーの拡大を期待する
仕組みだが、国債などに集中している多量の流動性が貸出や投資を通じて市中に
広がれば、ハイパーインフレによって紙幣は「紙くず化」しかねない。

日銀の白川方明総裁は4月に米ワシントンで講演し、
「中央銀行の膨大な通貨供給の帰結は、歴史の教えに従えば制御不能なインフレになる」
と警鐘を鳴らしている。
これまでは「紙幣が紙くずになる前にバブルが発生し、バブルによって緩和政策に
ブレーキを踏む機会が与えられてきた。だが、現在のバブルは株や不動産などの
万人にわかりやすい指標ではなく、過去最低利回りを更新する各国の国債に潜んでいる」
と東海東京証券チーフエコノミストの斎藤満氏は話す。
国債は利回りが低下しているのでデフレ的だという認識に陥りやすいが、既発債の
価格から判断すれば明らかにバブルだという。

-続きます-

8 :名刺は切らしておりまして:2012/06/26(火) 11:13:37.54 ID:/DoLsSUb
まあおまえらはコンビニ行って金出して受け取り拒否されて愕然としろ


157 :名刺は切らしておりまして:2012/06/26(火) 15:26:07.74 ID:pq6VAbN9
通貨を増やす

いつもより売れる

いつもより売れるので生産増強

生産増強にともない増員

結果:仕事が増えてモノも増えて豊かになる。

----------------------------

生産を増やす

通貨が少ないので売れず

在庫たたき売り

モノの値段が下がり給料も下がり国力低下

結果:デフレのち大恐慌






164 :名刺は切らしておりまして:2012/06/26(火) 15:41:42.59 ID:0Fqzu8+G
まず整理しなくちゃならないのは
通貨量を増加させたら日本の経済が良くなるのか?という論点
日本の経済が良くなるとは

・ 内需を国内産業で賄う
・ 長期的な雇用環境の安定
・ 独占でき大きな外需をとらえることができる技術の確立
・ 希少資源の独占・寡占

など、色々あると思うのだが
これらが通貨量を増加させるだけでできるかどうかが論点だよな
幾ら通貨供給量を操作したとしても
社会コストが下がらない限り内需も外需も他国に取られる
社会コストが下がれば、通貨量に関係なく内需も外需も取り込める

実質的な社会コストが他国より高い価値であれば
通貨量を増減させても自国経済の競争力は高まらない

169 :名刺は切らしておりまして:2012/06/26(火) 15:46:52.45 ID:i+3ir032
>>164
他国に奪われる心配の少ない業種に金が回るようにすることだな。

つまり、日本国籍を有する者が、自ら居住するために日本国内に土地家屋を購入する使途に限る。
資産として残る土地家屋に限って円を刷る(つまり建設国債の個人住宅版)

172 :名刺は切らしておりまして:2012/06/26(火) 15:49:44.27 ID:0Fqzu8+G
>>157
通貨を増やしても内需は拡大しない
通貨を増やしても物が売れるようにはならない


173 :名刺は切らしておりまして:2012/06/26(火) 15:51:55.46 ID:pq6VAbN9
>>172

増やしたカネを消費者にタダで配るんだよ。
金融業は一部の人に対してだけこれをやる。

これを社会制度として国全体でやれば豊かになんだよ。
>>169さんのも良いアイデアと思うよ。



175 :名刺は切らしておりまして:2012/06/26(火) 15:55:50.57 ID:ybtppnnx
>>173
>増やしたカネを消費者にタダで配るんだよ。

それは、財政政策

日銀にはできない


177 :名刺は切らしておりまして:2012/06/26(火) 15:58:20.10 ID:kIDm7Ygo
>>164
まず通貨量を増やすと円安になる。
円安になると相対的に社会コストが下がる。
みんな幸せw

為替レートの話を完全に無視するからおかしくなるんだよ

178 :名刺は切らしておりまして:2012/06/26(火) 15:58:31.65 ID:pq6VAbN9
>>175

もちろん政府がやる。
その原資を日銀に出させる。
つまり国債の直受け。政府紙幣と同じな。




180 :名刺は切らしておりまして:2012/06/26(火) 16:03:40.87 ID:0Fqzu8+G
>>177
ならないって。なら通貨量を増やすんじゃなくて10円単位をデノミすればいい
1ドル80円が1ドル800円になって、新旧貨幣を完全に交換することができたとすると
一斉に物価も10倍になって何も変わらない
社会コストも分からない、何もかも変わらない
造幣局と自販機業者が若干忙しくなるだけ

181 :名刺は切らしておりまして:2012/06/26(火) 16:03:59.98 ID:ybtppnnx
>>178
それが量的緩和じゃないのは、わかってるよね?

184 :名刺は切らしておりまして:2012/06/26(火) 16:08:42.29 ID:pq6VAbN9
>>181
単なる金融政策では駄目に決まってる。財政とセットでないと効果はない。

>>180
カネを増やすと労働は増える。
労働を増やしてもカネは増えない(モノやサービスは増えるがモノを流通させるカネは増えない)

先にまずカネを増やすことで資本主義は発展してきたんだよ。
おまえの言ってることは資本主義の否定。





186 :名刺は切らしておりまして:2012/06/26(火) 16:12:24.98 ID:0Fqzu8+G
>>184
通貨量を増やしたらダメだとか言ってるわけじゃない
実体経済に応じた通貨量以外は意味がないってこと
通貨量を増やしても通貨単位を切り上げても
実体経済の規模が変わらなければマーケットメカニズムによって
調整されて現状と変わらない関係になるんだよ
100円を10000万円にしたとしても
3流ニュースになるくらいで景気刺激にもならない


298 :名刺は切らしておりまして:2012/06/26(火) 18:17:41.34 ID:pq6VAbN9
なんて言われたと思う?
「ネトウヨ」ってレッテル貼られたw

そういう連中なんだよ。




302 :名刺は切らしておりまして:2012/06/26(火) 18:21:35.78 ID:kIDm7Ygo
>>298
まあ、俺は理性を失わず理(コトワリ)で対話するぜ!

まあ、相手を論破するのが目的じゃなくて
こうやって掲示板でも良いから今の日本はリフレ以外では
救うことができない状況まで追い込まれているという事実を
啓蒙したいだけだから根気よくやるさw

このままいくと、マジで俺の子供たちとか悲惨すぎる


308 :名刺は切らしておりまして:2012/06/26(火) 18:27:10.66 ID:7Cbh4Coh
>>302
あー、なるほど。
まじで世間知らずの学生か何かかな。

金が増えたからって、
日本に工場なんて増えないよ。

何故かって?
日本の法人税とか調べてみ。

315 :名刺は切らしておりまして:2012/06/26(火) 18:31:06.77 ID:kIDm7Ygo
>>308
法人税が理由で海外工場乱立なら、そもそも日本企業の本社は全部海外だよw
絶対違うと断言できる!

329 :名刺は切らしておりまして:2012/06/26(火) 18:43:07.66 ID:7Cbh4Coh
>>315
法人税が理由だから海外に工場作ってるって意味で「法人税」って言ってるわけじゃないんだよ。

結局のところ、日本国内だと儲からない。
もっと正確に言うと、海外の方が儲かる。
だから、海外に工場立ててる。
それだけなんよ。

その選好性を政府が変えていかないと。
資金量を増やしても、その傾向が変わらない限り、
現状のまま。

332 :名刺は切らしておりまして:2012/06/26(火) 18:45:24.29 ID:kIDm7Ygo
>>329
日本国内だと儲からないのは何故です?

338 :名刺は切らしておりまして:2012/06/26(火) 18:50:58.62 ID:7Cbh4Coh
>>332
んー、日本だと儲からないわけではなく、
海外で作った方が儲かる!
この違い分かって欲しい。

425 :名刺は切らしておりまして:2012/06/26(火) 20:50:31.59 ID:9AL64sqf
量的緩和したら物価は上がりますか?

427 :名刺は切らしておりまして:2012/06/26(火) 20:53:15.89 ID:jiukL39U
>>425
あがると思う。
消費税上げるくらいなら、5%インフレさせたほうが
よっぽどいいと思うんだよな。

429 :名刺は切らしておりまして:2012/06/26(火) 20:55:13.68 ID:9AL64sqf
>>427
量的緩和したら円安になるけれど物価は上昇するんですね
だとすると円安だから輸出が増える的な事はないんですね?


617 :名刺は切らしておりまして:2012/06/27(水) 11:40:17.83 ID:NmrTCvEe
リフレ嫌いバカ、リフレって?
為替が需要、供給に与えないとは?
すみませんf^^;

量的緩和っていうのは市中銀行が貸し出ししやすくするってことですよね?
なので融資先が沢山なかったら量的緩和しても融資残高は増えない?
そうだとすると量的緩和する意味ってどこにあるんですかね
そもそもこういう考え方が間違えなんでしょうか?

658 :名刺は切らしておりまして:2012/06/28(木) 09:01:42.00 ID:enYFm7UC
インフレで庶民の生活が向上したりは絶対にしない。
経済成長の結果としてインフレすることはあってもね。

経済成長しなきゃ意味がないのに『インフレという指標』を捏造してどうするのかと。
それは経済成長ではないでしょうとw

661 :名刺は切らしておりまして:2012/06/28(木) 09:25:19.78 ID:rRvDWstD
>>617
>量的緩和っていうのは市中銀行が貸し出ししやすくするってことですよね?
>なので融資先が沢山なかったら量的緩和しても融資残高は増えない?

増えないねー

>そうだとすると量的緩和する意味ってどこにあるんですかね??

低利で借りて、投機にぶちこむ

当たれば大儲け、外れたら自己破産してまた別の法人でやり直し

モラルハザード、おいしいです


663 :名刺は切らしておりまして:2012/06/28(木) 09:38:32.37 ID:rvUJegoY
>661
それを大々的にやったのはITバブル前
1000万まで法人なら無担保ほぼ無条件で政府保証で貸し出した
その結果海外の好景気もあり多少景気は回復したが
海外こけたら終わった
それを精査して日銀や財務省は「日銀や政府主導」やっても採算とれないと判断した

なのにお前らはまたやれと言う
日銀が国債引き取れば帳簿上は借金増えない
円安にすれば輸出儲かる
この世界不況で輸出先国企業潰すような輸出攻勢かけたら猛烈な反発くらうに決まってるだろ
利益のためには最終的には戦争も辞さないってか?
じゃあその決意を政治家に示せよ

665 :名刺は切らしておりまして:2012/06/28(木) 10:02:04.16 ID:66l7N3A5
>>663
あのなぁ、先に欧米が供給量増やしてんだからそれと同等分増やすことになんで文句言われなきゃいけないんだ?
まぁのび太がやろうとすればジャイアンは文句言うだろうが。

666 :名刺は切らしておりまして:2012/06/28(木) 10:05:30.59 ID:66l7N3A5
>>658
あほかインフレ=貨幣価値の下落により停滞してる資金フローを回す効果があんだよ。
お前こそ数字の上辺しか理解しないでインフレと経済成長の関係の一側面しか見てないんだよ。

667 :名刺は切らしておりまして:2012/06/28(木) 10:20:36.44 ID:NCetyyvW
>>666
あのさぁ、マネーサプライを増やすには経済成長の裏付けがないと
危険だと思うぜ。

668 :名刺は切らしておりまして:2012/06/28(木) 10:23:49.84 ID:rvUJegoY
>665>666
経済学はいいから政治学的に実行させる論を語れよ
実行される確率低い政策を押しても意味がないだろ
遠い未来に実行されるころには経済環境変化していくんだから


674 :名刺は切らしておりまして:2012/06/28(木) 10:51:02.73 ID:66l7N3A5
>>667
いまデフレの状態で糞づまってるからこそのマネーサプライ増加でしょ?
あなたの言ってる経済成長なきマネーサプライ増加は潜在供給力なきのマネーサプライという意味じゃないの?
サプライの増加は円安にもつながる。

>>668
日銀法改正でのインフレ率目標の政府決定、未達成の場合の総裁解任も含む目標達成の総裁への義務付け一択だと思います。

688 :名刺は切らしておりまして:2012/06/28(木) 13:05:33.40 ID:1I/QZH/G
>>674
>いまデフレの状態で糞づまってるからこそのマネーサプライ増加でしょ???
>あなたの言ってる経済成長なきマネーサプライ増加は潜在供給力なきのマネーサプライという意味じゃないの???
>サプライの増加は円安にもつながる。??

デフレで国内には投資先はないので、円キャリーで投機資金となって資源高と円安の
ダブルパンチ

スタグフになるってことだ

691 :名刺は切らしておりまして:2012/06/28(木) 13:23:39.25 ID:66l7N3A5
>>688 
資源高と円安は一緒だろ
円安は輸出業にはメリットだけどなんでスタグフ一択?
小泉期はそれで景気良くなってたろ


692 :名刺は切らしておりまして:2012/06/28(木) 13:26:17.41 ID:INwWGnjl
>>691
インドやバングラディッシュと価格競争しなきゃならないのに
円安になったからって賃金上がると思ってるの?

695 :名刺は切らしておりまして:2012/06/28(木) 15:11:37.76 ID:66l7N3A5
>>692
なにをいってるんだおまえわ?
賃金が上がるとかどこから出てきてんのよ。
俺が言ってるのは円安になって交易条件が良くなると言ってるだけ。
外国から見れば実質的な賃金減少だけど国内においてはそれを実感するのはより少ない。


702 :名刺は切らしておりまして:2012/06/28(木) 15:42:27.39 ID:Pnqrg68U
>>695
円安になれば資源、エネルギーが値上がりするんだから
ほとんどの商品が値上がりするだろ
賃金が上がらなければスタグフレーションじゃないか

703 :名刺は切らしておりまして:2012/06/28(木) 15:50:07.90 ID:5gXkkWGE
>>702
仮に賃金以外の物価が上がったとしても、
国内における債務負担も相対的に目減りするから、
結果的に景況はよくなるんだよ。
もっとも賃金が物価の中で占める額が圧倒的だから
賃金以外の物価があがっても影響は軽微かつ限定的なんだよ。

704 :名刺は切らしておりまして:2012/06/28(木) 16:00:05.72 ID:Jl3x5IjY
>>702
輸出品目に対する交易条件の改善→景気の向上
輸入品目の値上がり→そもそも資源購入価格のの製品価格に対する割合と価格上昇を消費者に対して100%転嫁することは難しいことから商品価格上昇へは直結しない。
相対的には低くなる。
日本の経常収支構成などにもよるけれど景気刺激効果のほうが大きいんじゃないかな

705 :名刺は切らしておりまして:2012/06/28(木) 16:02:52.16 ID:i/R3CXln
>>704
何回も言わせんなよ
少ない幅でも物価が上昇し
賃金が上がらなければスタグフレだろ
企業が内部留保を重ねるのは今でもさんざんやってんだよ

709 :名刺は切らしておりまして:2012/06/28(木) 16:14:12.33 ID:gui+3UnT
>>703
>仮に賃金以外の物価が上がったとしても、??
>国内における債務負担も相対的に目減りするから、??

労働者の債務負担は、賃金に対して相対的に考えろよ、馬鹿

710 :名刺は切らしておりまして:2012/06/28(木) 16:15:08.81 ID:Jl3x5IjY
>>705
なんで円安で景気向上するとしてるのにスタグフレーションなのよ?
賃金が上がるかは労働分配率云々の話で景気向上とは2007年頃のように必ずしも直結しないが。
お前のスタグフレーションの定義なんかちがくないか?

711 :名刺は切らしておりまして:2012/06/28(木) 16:22:13.03 ID:i/R3CXln
>>710
あ?バカかおめーは
庶民の生活向上に関係ない好景気って何なんだよ
アメリカみたいにウオール街だけ儲かって平均が上がったように見せかけて
庶民は生活苦しいなんて誰が望んでると思ってんだバ~カ

712 :名刺は切らしておりまして:2012/06/28(木) 16:24:30.84 ID:5gXkkWGE
>>709
賃金が上昇しないとするなら、
国内の消費は減るから、結果として国内では物価高にはならない。
そしてそれが今現在の有様。

713 :名刺は切らしておりまして:2012/06/28(木) 16:32:41.68 ID:gui+3UnT
>>712
>国内の消費は減るから、結果として国内では物価高にはならない。??

円安と資源高のダブルパンチで原材料が上がる、コストプッシュインフレだっつーの

生産者や流通は経費を削って値上げ幅をある程度抑えても、それでも消費は減るから利
益は激減どころか赤字でそのうち倒産

それが、量的緩和のもたらす、ネオリベが理想とする結末

717 :名刺は切らしておりまして:2012/06/28(木) 16:55:08.91 ID:Jl3x5IjY
>>711
お前バカっぽいからもういいけど、
日本全体景気の良し悪しと、それが庶民に実感できるかはまた別の問題だ。
望んでるかどうかの話じゃなく別のことなの。わかる?
もう少し勉強してから議論しなよ。
まぁ2ch意外だと相手にされないと思うけどね。

>>713
だから円安によるメリットも考えろよw

ほんとに馬鹿ばかりだなw


http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1340676350/l50人気ブログランキングへ


ニュース【金融】先進国の物価上昇率、マネーより人口増加率と関連強い=日銀総裁 [12/05/30]

1 :@@@ハリケーン@@@φ ★:2012/06/02(土) 19:34:03.65 ID:???
[東京 30日 ロイター] 白川方明日銀総裁は30日、日銀金融研究所主催の国際
コンファランスであいさつし、先進国では物価上昇率と人口の増加率の相関関係が2000年代
に観察されるようになったと指摘した。一方、マネーの増加率と物価上昇率の相関は近年
弱まっている、との見方を示した。

白川総裁は、「人口動態の変化に伴う問題は、日本だけでなく、諸外国にとっても今後、
重要性を増していく」と述べ、一例として「中国の生産年齢人口の増加率は1990年
から減少傾向をたどり、2020年にマイナスになる」との予想を取り上げた。日本に
ついては「1990年代以降、物価上昇率と人口変動率の間に正の相関関係が観察される
」と指摘した。

日本の人口減少は「今後も継続し、当面経済成長率に下押し圧力を及ぼす」との見方を
示し、労働人口の増加や医療・介護など高齢者向けビジネスの拡充、海外需要の取り込み
などが必要と強調した。資本の最適配分により労働生産性を引き上げ、1人当たりの所得
水準を上昇させる余地があるとも指摘した。

日本の貿易収支は2011年度に赤字に転落したが、理由は原発事故による化石燃料輸入増
など一時的要因だとし、「当分、経常収支の黒字基調に変わりはない」との見方を示した。

(ロイターニュース 竹本能文;編集 佐々木美和)

ソース:Reuters
http://jp.reuters.com/article/jpeconomy/idJPTYE84T00R20120530

5 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 19:41:05.18 ID:+THLuPKc
世界的な物価上昇は、人口増加による物資不足が原因であるって事ですか。
でも、日本は少子高齢化でしかもグローバル化で供給過剰な為にデフレって事ですね。

馬鹿でも理解できる丁寧な説明だと思います。
これでも日本をインフレにしろって輩はスタグフを誘発したいだけですな。

13 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 19:48:14.38 ID:G5EmQgJ3
>>5
供給過剰でスタグフレーションになるという妄想を信じてるのなら
まずスタグフレーションの定義から勉強しような

24 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 19:59:34.77 ID:AXaCTINy
人口が減れば消費する額も減る
よってGDPが下がるのは当然
小学生でもわかる

38 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 20:07:47.95 ID:+THLuPKc
>>13
私の言ってるのは物資の供給過剰なんですが、
あなたが勘違いしてるのはベースマネーの供給過剰じゃないですか?
マネーの供給過剰だけでインフレは起こらないと私は思います。
特に日本のような流通網の発達した国ではね。

51 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 20:21:45.38 ID:G5EmQgJ3
>>38
じゃあ、どのみちインフレにならないなら
量的緩和して円安に誘導して問題ないよね。
アメリカやらEUがアホみたいに近隣窮乏化策で通貨安にしているのに
日本だけ通貨の信頼が~とか戯言を言ってる暇はないのです。

60 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 20:32:16.07 ID:Cqz2Q1dZ
>>51
日本は金融危機と無縁だから、通貨安政策は各国の非難が集中するだろうな。
やるならドイツみたくしないと。

アメリカが復活するまでの辛抱だ。

71 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 20:47:39.42 ID:Cqz2Q1dZ
移民を受け入れたとしても、大抵は所得の低い層。だから需要増加効果よりも治安維持の費用でGDPが成長しそう。
治安の悪化はチャンス、な訳ねーだろ。

76 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 20:51:33.15 ID:pVRQmc6v
>>71
だから、若い・アジアの・女・だけを移民として受け入れればいい。
ビザの名目は、介護、医療、メイド、等限定で発給する。
フランスでも底辺の男(地方の農家とか)は結婚できないんだよ。
でも、東欧の女やアジアの女が、そういう底辺男とくっ付いてくれるから出生率が上がる。


79 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 20:52:43.25 ID:G5EmQgJ3
>>60
露骨に為替介入だと各国に避難される口実を与えるのは下策なのはそう
だから国内の景気対策の為に量的緩和します、
デフレターゲット実施してデフレ退治しますと
日銀が動けば目先の利く国際金融ファンドは円売りして円安に動く
財の裏付けのある為替取引よりも金融取引の方が遥かに
影響力が大きいから現状ではこれくらいしか策がない

87 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 20:56:24.27 ID:Cqz2Q1dZ
>>79
日本で金融緩和しても物価上昇はしない。
世界のリスクが後退しない限り為替安の効果も限定的だ。

94 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 21:03:22.32 ID:FG3x1TYf
>>87
日本の通貨の価値を毀損させずに、金融緩和でお金を刷ったり、
日銀引き受けができるなら、財政再建はそれで終わってしまわない?ww

95 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 21:03:46.61 ID:Jl17nJqn
需要不足とか言ってる奴は
なんでエコカー補助金で消費が増えたか説明してみろ

96 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 21:04:09.36 ID:G5EmQgJ3
>>87
日銀が物価上昇率1%を目標に掲げただけで、円安と株高になったのを忘れたのか?

効果が限定的だからやらなくていいということにならない
その間に企業は倒産して労働者は困窮する
それを無視するなら政府や中央銀行に権力や税金や通貨発行権をやる必要はなくなる。

102 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 21:09:33.54 ID:Cqz2Q1dZ
>>94
中央銀行による財政ファイナンスになっても、国債利払いが税収を超えない限り財政は運営可能。
>>95
消費者の最大効用が、実態の価格よりも低い水準にあったから。
補助金は割引だと考えれば良い。
>>96
それは米国経済の回復との相乗効果であって、日銀の金融緩和単体の効果じゃない。あの円安は複合要因で起こった。

135 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 21:42:28.61 ID:8JqHW7P/
お札刷っても物価が上がらないだと?
じゃあなおさら今すぐ刷れよ
円安にできて、インフレの恐れ無しなんて最高じゃないか

136 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 21:43:48.18 ID:Cqz2Q1dZ
>>135
刷った所で銀行に金が留まり、波及効果は生まれない。無意味。

173 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 22:41:29.85 ID:lB2uwHQD
>>1
「少子高齢化で内需の拡大は望めない」 ←これは誤った認識の典型例の一つ
1.ドイツ・ロシアは、少子高齢化でも経済成長している。
2.人口が1‐2%減少しても、「1人あたりのGDP」が3‐4%程度伸びれば、経済は成長する。

176 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 22:44:45.33 ID:Cqz2Q1dZ
>>173
ドイツは外需がGDPの7割、ロシアは資源依存の経済。
日本の産業構造では、少子高齢化による内需減退っていう説明は適当。

一人当たりGDPの増加は普通にGDP成長とリンクするんだけど。
金融立国でない限り、日本の一人当たりGDPを増やすのは無理。

286 :名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 04:30:07.77 ID:1eglaEX/
実務に関する人はケイジアンが多いんだけど
何で日本だとサプライサイダーなのかね?

303 :名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 05:41:47.67 ID:ee0hUToA
>>286
企業社会とバブル恐怖症(に名を借りた清貧主義)と集中豪雨的輸出だの言われた世界に対する優越感の「80年台」的な意識持ってる連中が主要なポジションにいるからじゃね。

306 :名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 05:56:53.56 ID:Ft89Nt0m
>>303
一人一人が"清貧"でなければ近代的資本主義社会は維持できないのよ。
こんなのは基礎知識だと思うがな。

別な言い方をすると社会主義、拝金主義、功利主義という、
つまりは【保身主義】を厳しく排除しなければ近代的資本主義社会≒人類文明は継続できない。

307 :名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 06:01:02.10 ID:wJyDcY6a
>>306
清貧主義は我欲の塊だと思う。
責任者が清貧を語って物事が悪化しなかった例が無い。

312 :名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 06:16:11.25 ID:Ft89Nt0m
>>307
はぁ?
どの本にそんな戯言が書いてあるのか教えてくれw

ったく、ろくに資本主義を知らないんだろうな。このアホわ。

327 :名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 06:39:20.33 ID:mRgb2cSR
>>312
ハーバート・フーヴァー
1929年のNYウォール街株式大暴落のあと、彼は、清貧主義を貫き、政府による経済介入を最小限に抑える政策を継続。
結果、米国はGDPの4割超も減少、失業率は全国で25%超、都市部では50%超という、まさしく「経済破綻」な状況に至ってしまった。

329 :名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 06:44:09.01 ID:Ft89Nt0m
>>327
それは清貧主義が悪いのではなく、それ以前の狂乱相場が原因。
拝金主義に毒されて靴磨きの少年までが株式市場を気にし始めた。

つまり、投機という借金(需要の先食い)をやりすぎたんだよ。
そのことは君の知能でも分かるよね?

348 :名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 07:06:06.52 ID:WgI0fnRV
購買力は急激に低下してるよね。
今の若い人なんて日々食べるだけで精一杯って人が大勢いるんだろ。
しかも、今後も改善する見込みがない。さらに増税。
社会保障費は右肩上がりで保険料の上昇も予見される。
企業の海外シフトで失業率も上がりそう。

購買力は急激に低下してるよね。

358 :名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 07:22:03.41 ID:pH47NKgz
>>348
所得が下がってるのは何故か?
という事だな
まあ一般論としてはデフレや円高のせい、って事になっていて、
これは正しいと思うけど、でもその一方で法人の資産が物凄い
勢いで増えてるって統計もあるらしい

つまり、円高で苦しい企業もあるけど、全体的にはそれほどでもなく、
むしろ「苦しい苦しい詐欺」により、労働者の賃金を引き下げ
暴利を貪っている、という事だと思う

360 :名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 07:27:35.77 ID:wJyDcY6a
そう。
「清貧」を語る人間の裏には我欲の貯蓄がある。
これを投資=消費という形で吐き出させる政策が必要。

363 :名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 07:30:56.38 ID:2gN/qbYe
>>358
でもさ。そんなに暴利を貪ってるのならこの株安は何なのかって話なんだよな。

企業が従業員の賃金に見合うほどの付加価値を生み出せていないから、賃金下げなきゃ競争できないだけなんじゃない?

366 :名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 07:32:51.21 ID:vAGqk6mU
>>363
デフレで実質金利が高まったから
株→銀行に金がながれてるんだろ

アメリカは株価が回復している。これもインフレ誘導が成功したおかげ

367 :名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 07:34:53.75 ID:Ft89Nt0m
>>360
自分で汗水垂らして働いて得た報酬の使い道を
他人にどうこう言われる筋合いは無いと思う。

自分の能力が足りない事実を他人にケチをつけることで紛らわせてはならない。

371 :名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 07:38:36.60 ID:X0ZuJN7U
>>366
株価だけ回復すりゃおまえの中では景気回復なのか?w


377 :名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 07:44:17.64 ID:vAGqk6mU
>>367
汗水たらして働くことはすばらしいことだ
しかしデフレはこれを破壊する
なぜならデフレは実質金利を高騰させ不労所得を増加させる一方
勤労世帯には過大な利子負担が生じる
インフレはその逆。どっちが望ましいか

>>371
株価回復しない景気回復なんてありえるのか

382 :名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 07:48:42.39 ID:X0ZuJN7U
>>377
株価だけ回復して、通貨安、失業率高止まりでいいのか?


387 :名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 07:52:12.92 ID:vAGqk6mU
>>382
アメリカのことを言ってるんだろうが
株高、通貨安であるが、失業率は高止まりではない
日本と比較すると高く見えるのは法規制の違いで解雇しやすいから
10パーセントまで上がった失業率は現在低下し続けている

392 :名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 08:06:53.55 ID:pH47NKgz
>>387
俺は日本の失業率は大本営発表そのものだと思ってるよ
この前どこかのサイトで日本の労働参加率統計を見てショックだったのが、
日本の労働参加率って60%切ってるんだよな

一方アメリカでは、労働参加率60%~65%の間くらい
ただ失業率が8%あたりで高いって大騒ぎしてる

日本人はみんな職探しを諦めてるから
見かけ上失業率が低いだけで、
労働参加率は実は日本はアメリカ以下ってこと

しかも酷いのが、日本の失業率発表ってアメリカの雇用統計みたいに
細かい数値を全然表に出してない
まさに大本営発表

393 :名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 08:10:28.56 ID:Ft89Nt0m
>>392
>日本の労働参加率って60%切ってるんだよな

そりゃ、壮絶な超高齢化社会だからね。
たしか2015年から日本人の3人に1人は高齢者(65歳超)になるんじゃなかったか?

俺が『左傾化を食い止めねば!!』と言ってるのも、これがあるから。
よほど意識して左傾化を食い止めないと日本は国ごと左に倒れて崩壊する。

424 :名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 09:47:47.19 ID:Q1Tf3VkK
うちは小学生の男の子が二人だが大学出たら外国に住む事も考えないといけないと教えてる。少子高齢化社会で労働者一人で老人一人の面倒見つつ家庭を築くとか無理な話だからな
結婚も子育てもしなかった馬鹿どもを食わせる為に苦労させるくらいなら後生会えなくなったとしても他の先進諸国で根付いてもらいたい。幸いアメリカには親類もいるし
自費で外国に留学させる余裕はないから国立の大学を出て脱出がベストだろうな。

524 :名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 22:21:35.39 ID:pH47NKgz
失業率なんてものはほんとうわべの数字だよ
当たり前だけど、あれは働いていない人の割合じゃないぞ
働く意思があるけど、働けていない人の割合

働く意思の無い奴、就職を諦めた奴ばかりだったら低く出るんだよ

588 :名刺は切らしておりまして:2012/06/05(火) 13:48:09.35 ID:JKgipEDX
デフレでは何も解決しない

590 :名刺は切らしておりまして:2012/06/05(火) 14:07:43.03 ID:2SvQ2Hgr
>>588
インフレだからといって何も解決しないがな。

603 :名刺は切らしておりまして:2012/06/05(火) 16:41:51.72 ID:tqtyxXJy
>インフレさせれば金が流動するって根拠は何ですか?

極端な話、10%とか20%のインフレになってきたら、前から欲しかったものが多少高くても「値上がりする前に買っとこう」ってなるだろ?
で、家賃も騰がりだしたら、「高くなる前にローンで一戸建てでも買うか」ってなるだろ?
で、モノが売れだしたら商店も会社も儲かって、「金借りて新規出店しよう。雇用も増やそう」ってなるだろ?
10%は極端としても、2%のインフレでもそれなりに効果はあるわけで、これが「インフレ期待」ってやつだよ・・
つうか、そんなこと自分で考えられないんだったら経済の入門書買って読めよw

605 :名刺は切らしておりまして:2012/06/05(火) 16:58:36.56 ID:2SvQ2Hgr
>>603
ぐろーばる経済って知ってますか?
って聞きたい位時代遅れの感覚だと思います。

619 :名刺は切らしておりまして:2012/06/05(火) 17:31:25.08 ID:CNn1MHzt
財政出動すればいいじゃん。で、結果インフレに振れるだろ?

変動制下での財政出動は…!って言っても、いま各国が通過安狙って擬似的固定相場なんだから大丈夫なんじゃね?

621 :名刺は切らしておりまして:2012/06/05(火) 17:38:31.41 ID:DCxXEuR/
>>619
だから量的緩和せずに財政出動しても今の世界情勢では
円高になってデフレ要因なんだよな・・・
だからみんなが復興国債の日銀引き受けで公共事業やれって言ってるんだよ。

630 :名刺は切らしておりまして:2012/06/05(火) 17:59:16.27 ID:uhZxEWnI
まさか、輸入品が売れてもお金は流動しないとか言い出さないよな?w

633 :名刺は切らしておりまして:2012/06/05(火) 18:02:00.50 ID:2SvQ2Hgr
>>630
マネーサプライへの影響は少ないですね。
逆に聞くなら、いくらベースマネーを増やせば消費者物価指数が前年比2%になると考えてるのですか?

640 :名刺は切らしておりまして:2012/06/05(火) 18:21:43.27 ID:A3yclbKA
>>633

そんなの日銀の連中に考えさせりゃいい

そのためにあいつらに税金で飯食わせてるんだからな

643 :名刺は切らしておりまして:2012/06/05(火) 18:24:28.75 ID:2SvQ2Hgr
>>640
日銀の連中はそうはベースマネーを増やしても、
物価は上がらないと考えてるのですよ。
私も上がらないと思います。

647 :名刺は切らしておりまして:2012/06/05(火) 18:35:31.90 ID:yXpG+GNB
自分も>>643の考え方に賛同する。

ただ、当面の課題として>>621のいう、
>復興国債の日銀引き受けで公共事業やれ
にも賛同する。

681 :名刺は切らしておりまして:2012/06/05(火) 19:52:08.51 ID:fup2wlf7
人口増加率とかまあああだアホなことを言ってるのか、懲りんやっちゃ
頭悪すぎ

685 :名刺は切らしておりまして:2012/06/05(火) 19:54:59.38 ID:bL81vzuW
>>681
アホな事言ってるとかそういう問題じゃなくて
データ上そうなってるって話
データ持ってこずに否定や反論してるヤツってのは基本的にその時点でダウト


http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1338633243/l50人気ブログランキングへ


ニュース【経済】 日銀・白川総裁「膨大な通貨供給の帰結は、歴史の教えにしたがえば制御不能なインフレになる」★6

1 :再チャレンジホテルφ ★:2012/04/25(水) 22:48:08.55 ID:???0
 日本銀行の白川方明(まさあき)総裁は21日、米ワシントンで講演し、「中央銀行の膨大な
通貨供給の帰結は、歴史の教えにしたがえば制御不能なインフレになる」と述べた。日銀は27日の
金融政策決定会合で追加の金融緩和策を検討するが、その直前に総裁が金融緩和の「副作用」に言及
したことで、波紋を広げそうだ。

 フランス銀行主催のパネルディスカッションで述べた。欧州債務(借金)危機で、欧州中央銀行が
大量のお金を供給して銀行の資金繰りを助けた対応について「意義は大きい」としつつも、
「金融市場の小康が保たれることで、(財政再建への)危機感が薄れる可能性がある」と述べた。

 先進国最悪の日本の財政についても「人々が財政不安から支出を抑制し、(物価が下がる)デフレの
一因になっている」と、消費増税法案の国会審議が進まない状況にくぎを刺した。ただ、政府や
与野党内には「日銀の金融緩和が不十分だからデフレが続いている」との意見も根強い。

▽朝日新聞
http://www.asahi.com/business/update/0422/TKY201204220221.html

前スレ(★1:2012/04/22(日) 22:42:49.22)
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1335285607/

278 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 07:28:35.89 ID:lxEHDwUu0
円の価値が高いのだから、その金で有能な人材を集め、研究開発に投資して、より高い付加価値を得るよう努力すればいいだろう。
どうしてわざわざ低いレベルで戦おうとするのか。

280 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 07:33:08.48 ID:SgQItKtZ0
↑こいつ完全に頭おかしいwwww
ボロ儲けのウォン安サムスンに日本の人材買いまくられてるんだがw
円高大赤字だと普通は人件費開発費設備投資もろもろ全部リストラするだろがw
円高だと天から金が降って来ると思えるキチガイがいるんだなw

285 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 07:39:26.85 ID:SgQItKtZ0
ああすまん、>>280の「こいつ」が指すのは>>278のトンデモ君な。

307 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 08:53:12.50 ID:lxEHDwUu0
>>285
赤字になるのは商品が売れないから。
商品が売れないのは、商品に魅力が無いからであって、円高のせいではない。

企業努力が足りないから、魅力ある商品が作れない。
魅力ある商品が作れないから、物が売れない。
ただそれだけのことだ。

物を売りたければ「お金を持っている人に買って貰えるような」努力をしなければならない。
車やテレビが売れないというなら、選り好みをせずに、もっと売れるような商品やサービスを提供しなければならない。

それができないからといって、「円安にしろ! 円安にしろ!」と喚き散らすのは見苦しい。

努力が足りないのを、日銀のせいにするな。
自己責任だ。

316 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 08:56:48.32 ID:rdUdQ7z90
>>307
円高になれば輸入品が増えて仕事が無くなり収入が減り金を使わなくなる。
円安になれば輸入品が減って仕事が増え収入が増え金を使う。

328 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 09:03:06.65 ID:uYd6SJbkI
自殺者3万人のかなりの人が、白川の犠牲になっています。
デフレは、経済問題ではなく、社会問題を引き起こす。

335 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 09:06:20.28 ID:lxEHDwUu0
>>328
労働の分配、所得の分配が上手く行っていないだけなのを日銀のせいにするなよ。

「日本人の持っているお金は価値が高いから、日本には自殺者が出ます」
これをおかしいと思わないのか。

339 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 09:09:20.20 ID:fk8luUzR0
>>335
長期的なデフレと通貨高は、
国内の輸出産業を破壊しつくします
それはつまり、長期的には国家を破壊するレベルのインフレを呼び
最終的にはデフォルトに陥ります
経済の基本です

345 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 09:15:37.42 ID:lxEHDwUu0
>>339
輸出産業が儲ければ、儲けただけ円高になる。
円高で輸出産業が淘汰され、輸出するものがなくなってくれば円安に戻る。
円安になれば、また輸出産業が儲かるようになる。
それが自然な競争と言うものだろう?

352 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 09:20:20.43 ID:fk8luUzR0
>>345
産業を育てるという概念の無い人にはそれで正しいのかもしれんが
技術や産業なんてもんは、一年とか二年で回復はできないんだよ
それこそ50年計画とかでインフラの整備から初めて
長期的スパンで育成していくもの
君の意見は自然な競争という無計画でしかない

355 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 09:22:57.62 ID:rdUdQ7z90
>>345>>352
円安で儲かるのは輸出産業だけではなく。
国内の全製造業と農業と漁業と酪農業と生産に携わる全産業だよ。


378 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 09:35:13.02 ID:AwYFNJWL0
>>339
>長期的なデフレと通貨高は、??
>国内の輸出産業を破壊しつくします??

それ、この不況時にもかかわらずプライマリーバランスガーをやってる財務省の責任な

382 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 09:36:15.18 ID:fk8luUzR0
>>378
財務省というか
白川の責任な

404 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 09:51:36.88 ID:iPKwzc070
>>378
>それ、この不況時にもかかわらずプライマリーバランスガーをやってる財務省の責任な
バブル崩壊の後、20年で500兆円も国債発行してばらまいても不況から脱却できなかった原因はバラマキ足りないことだと思ってるの?


517 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 10:59:50.37 ID:EK/dzy/S0
日銀悪玉論の情報工作に引っかかっている人は最低限このぐらいは頭に入れておきましょう

http://kokkai-sokuhou.iza.ne.jp/images/user/20120304/1733628.jpg
http://kokkai-sokuhou.iza.ne.jp/images/user/20120304/1733628.jpg
http://kokkai-sokuhou.iza.ne.jp/images/user/20120304/1733662.jpg
http://shanti-phula.net/ja/unity/blog/wp-content/uploads/2012/03/008d193e52ec41f6f2397ca11aa962f2.png
http://shanti-phula.net/ja/unity/blog/wp-content/uploads/2012/03/094a02f16b62ac9b4bbd11b78c0cad37.png
http://shanti-phula.net/ja/unity/blog/wp-content/uploads/2012/03/2537128bc9c6200d031e29999ea2f44b.png
http://shanti-phula.net/ja/unity/blog/wp-content/uploads/2012/03/f9352ac6dfefd126fe10aa513d97c822.png

522 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 11:04:15.54 ID:EK/dzy/S0
>>517
肝心なのを入れ忘れてた
http://shanti-phula.net/ja/unity/blog/wp-content/uploads/2012/03/86806eeb3a10a0234e2c2a914413e88e.png

523 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 11:04:20.31 ID:rdUdQ7z90
>>517
悪玉なのは日銀と官僚だな。
官製不況が日本の成長を阻害している。


524 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 11:06:57.44 ID:EK/dzy/S0
>>523
財務省の増税、緊縮財政は?
それを止めなかった政治家及び政治家に働きかけなかった有権者であるあなたの責任は?

568 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 11:33:25.84 ID:EUMvBTx80
天然資源や食糧に恵まれない日本で内需循環型経済なんて幻想だろ??
タコが自分の足を喰ってるイメージしかないが。
製造業を殺した罪は重いぞ日銀。

574 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 11:37:00.12 ID:LSYWlHbZ0
>>568
内需経済ってのは、鎖国して自給自足する、って意味じゃねーから。
日本は内需がGDPの8割をしめる立派な内需型経済。
デフレさえ払拭させれば、あっという間に経済がまわって、成長するよ

577 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 11:39:41.22 ID:Ve9iGvpYP


インフレにできない国は インフレ通貨切り下げ競争に敗れて

食い物にされ、負け犬、かませ犬、他国の肥やしになる運命だ



578 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 11:42:19.85 ID:LtbOsEi20
>>574
GDPっては回ってる富の量であって生産してる富の量じゃないって知ってる?
貿易収支が赤字なら資源輸入ができなくなり日本みたいな資源小国はとたんに
困窮するんだが。それこそ鎖国もしてないのに輸入が止まり江戸時代みたいな
内需完結型の国に戻ってしまう。

580 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 11:45:18.54 ID:5g7Wiq07P
>>578
回ってる富と生産されている富なんて切り分けはできないだろ。

583 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 11:48:07.71 ID:LSYWlHbZ0
>>578
>貿易収支が赤字なら資源輸入ができなくなり
これの意味が不明。先進国で貿易黒字を維持できてるとこの方がまれだろ(日本は貿易も所得収支も黒字だけど)

っていうか別に鎖国しろなんて誰も言ってないし。内需の意味解ってないだろ。経済全体におけるGDPの構成の問題だぞ
そもそも、現代で自給自足できる国なんか、どこにいるのよ
アメリカだって、輸入やめたら、経済がストップだっての

589 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 12:00:24.23 ID:LtbOsEi20
>>583
アメリカがその経済を維持できてるのはアメリカ国債を輸出して貿易ぼ収支を保って
るからな。どこの国もアメリカ国債を買わなくなたらあの国はあっという間に破綻して
IMF管理になる。

>>580
もっとわかりやすく説明するとA君の家で、A君が洗濯を手伝ったら母親がバイト代
だと1万円くれた。母親が料理を作ったら今度はA君が料理代だと2万円払った。
こういうのでお金がグルグル回って、1万円+2万円+・・・・と延々と加算されて
いくのがGDP。しかし、洗濯するには水と洗剤が必要だし、料理するには食材と
ガスが必要。そのガス代、電気代は結局、誰かが家の外で働いてお金を稼いでこない
と買えない。これが貿易収支。稼ぎの無い家はどんなになかでお手伝い賃と言って
お金を回そうといずれ電気代が払えなくなって破綻してしまう。

591 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 12:05:42.44 ID:z9RC8Wp40
>>577
>インフレにできない国は インフレ通貨切り下げ競争に敗れて??
>食い物にされ、負け犬、かませ犬、他国の肥やしになる運命だ??

いくらインフレにしたって、実体経済に金がまわらないと、金は国際金融資本に流れ、日本企業の
株を買い占められて食い物にされ、負け犬、かませ犬、他国の肥やしになるだけだぞ

朝鮮は、既に完全にそうなってる

ネオリベは、それをやって、自分たちだけは国際金融資本からご褒美をもらうつもりの売国奴



592 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 12:07:46.82 ID:rdUdQ7z90
>>591
現状の日本企業買収は何故起きているの??
今は円高デフレだけど。
日本企業が疲弊して買収されているけど。


593 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 12:08:15.26 ID:LSYWlHbZ0
>>589
ますます意味が解らない。そもそも何故貿易収支だけが問題なのか
資本収支は?サービス収支は?所得収支は? 経常収支や資本収支全体が問題なんじゃないの?
貿易収支が赤字だと資源輸入できないって誰が決めたルール? その理屈なら、欧米の先進国の多くが
資源輸入ストップしてますけど

594 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 12:08:25.17 ID:BJ7B3Y7cO
制御不能になるのは「通貨の価値のコントロール」ではなく
「財政の維持」が通貨供給の根拠になるからだよ

財政が悪化しすぎている国でもなきゃ気にする必要はない

だから日本ではハイパーインフレのリスクを気にしなきゃいけない

595 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 12:11:21.48 ID:z9RC8Wp40
>>592
>現状の日本企業買収は何故起きているの????
>今は円高デフレだけど。??
>日本企業が疲弊して買収されているけど。??

実体経済に金がまわってなくて疲弊してるからだよ

これで、あいかわらず実体経済に金をまわさないままインフレにしたら、もっと安価に
買収される


597 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 12:12:04.67 ID:LSYWlHbZ0
>>594
別に日本の財政悪化してないから。デフレが悪化中なのにインフレの心配することが論外。
そもそも景気さえ回復すれば、財政赤字なんか自然解消するし。

601 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 12:15:31.89 ID:rdUdQ7z90
>>595
円高デフレを続けていても企業がさらに疲弊していくだけやん。
大体買収するには大概はその企業の合意が必要だよ。

実体経済に金を回すには財務省と金融庁が
銀行貸し出しの規制緩和をしないとねえ。


603 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 12:18:19.46 ID:z9RC8Wp40
>>597
デフレが悪化中にスタグフの心配をしないのは論外

スタグフだと、景気も回復どころか真っ逆さま

>>601
だから、実体経済に金を回すかたちで円安インフレにしなきゃいけない

減税か財政出動ってこった

>実体経済に金を回すには財務省と金融庁が??
>銀行貸し出しの規制緩和をしないとねえ。??

わかりやすいネオリベだな

今の不況では投資しても損、だから民間には資金需要がないので、規制緩和しても実体
経済に金は流れない

実体経済には、国が直接金を流すしかない

604 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 12:18:55.58 ID:VYKJ+aiyO
貯蓄利子をどんなに下げても貯金が減らないのが問題
もっと使えよ


613 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 12:22:08.28 ID:rdUdQ7z90
>>603
それは違う。
数年前も一部上場の不動産関係の倒産が相次いだけど。
あれも不動産税制でやられただけの官製不況だったのに。

官僚に許認可権という権力をもたして既得権を与えるのは間違っている。


617 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 12:24:40.15 ID:j18CtUH40
>>603
減税に賛成の上で言うが民間に資金需要がないとか実体経済に流れないとか
発想が完全に藤井、中野のデンパ系財政馬鹿だから
設備投資などの民間需要が最も伸びるのは金融政策を通しての実質金利の低下と通貨安によって

619 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 12:26:05.38 ID:2Abm0cWP0
>>597
インフレ・デフレってのは表面的な問題でしかない
インフレにすれば解決、デフレのままだと失敗なんて単純な話じゃないよ

625 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 12:31:22.50 ID:LSYWlHbZ0
>>619
財政の問題は、インフレ率の問題の延長でしかない。そうである以上、デフレの悪化が止まらないのに
インフレの心配をすることが論外。インフレが問題になれば、逆に引き締めを強化すればいいだけ。
そうやって振り子を調整するのが中央銀行の仕事だろう。

629 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 12:33:47.67 ID:2Abm0cWP0
>>625
机上の空論だな
そうやって自由自在にコントロールするのがどれだけ難しいか・・・
問題はデフレそのものではなく不況なのに、インフレにしてもスタグフになるだけでは意味がない

632 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 12:35:14.40 ID:osy18lHnO
刷りたいが刷れないのではないか?
刷ってしまうと市場が過剰に反応しハイパーインフレが起きてしまうんじゃないか


633 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 12:36:15.85 ID:z9RC8Wp40
>>604
酷い不況だから、投資したらほぼ確実に損をするし、運よく儲かっても額は大きくない

こんなハイリスクローリターンの状況では民間は貯金くらいしかすることはなく、金を使える
のは、政府だけ

>>613
関係ない建築基準法を持ち出して、投資規制緩和を煽るって、ネオリベそのもの

>>617
>減税に賛成の上で言うが民間に資金需要がないとか実体経済に流れないとか??
>発想が完全に藤井、中野のデンパ系財政馬鹿だから??

ケインズの言ってることであって、経済学の基本中の基本

奇をてらった新しい経済学(=ネオリベ)は、認めたくないだろうがな

636 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 12:37:44.81 ID:lxEHDwUu0
>>632
「刷った金どうすんだ」という根本的な問題が。

そんなに円高にして欲しかったら、設備投資の計画作って銀行に金を借りに行けよ。

647 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 12:43:10.20 ID:LSYWlHbZ0
>>629
別に難しく無いだろう。現にFRBも不況に対応してやってるだろう。
で、今アメリカはハイパーインフレなのか? それこそ現実に合わない机上の空論だな。
白川はどこの歴史を見て、言ってるのやら。ここまで一国のデフレが悪化した事が、既に歴史上まれなのに
そしてデフレが景気を圧迫してるのに、何故通貨供給をするとスタグフレーション? 
むしろデフレを放置した方が、スタグフレーションに近づきそうですが

>>636
刷った金で日銀が国債を引き受け。それを原資に政府が景気、雇用対策。刷るってのは、そこまで含んでのこと

832 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 20:26:13.81 ID:cq1gkcgJP
供給された通貨は金融機関から民間に流れず
国債で消費されて、その金で政府がばら撒き仕事をつくり
国の借金が増えるのか。

833 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 20:29:05.22 ID:XZUXHvDY0
>>832
国債売って得た金が丸々ただ消えてなくなるだけの福祉予算に行ってるから
毎年40兆の国債発行して40兆の福祉予算組んでたらどんどんデフレになるわ
カネを下水に流すようなもんだし


http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1335361688/l50人気ブログランキングへ


学ばないブログ
忍者AdMax
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ