いてつくブログ

2ちゃんねるのスレッドをコピペしてまとめてみるブログ

海水

ニュース【社会】 東電・武黒フェロー 「水素爆発、テレビで見てギャってビックリ」「何もしないよりはいいかって事で、避難区域を3キロに」★2

1 :☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★:2012/08/08(水) 14:43:33.24 ID:???0
・原発事故直後の対応を収録した東京電力のテレビ会議の映像が6日公開されました。
 このなかで、報道関係者に限って公開された映像には、当初3キロに設定された避難区域に
 ついて「何もやらないよりはいいか」などと発言する東電幹部の映像が残されていました。

 「だから、ちょっと待ってくださいじゃ分からねぇんだよ、だから。だから脇に置いておけってさ、
 状況を確認するやつをさあ」(福島第一原発 吉田所長)
 6日公開されたテレビ会議の映像。東電側が編集・加工したうえで報道機関に配った90分間の
 ほかに、東京電力の社内でのみ閲覧できる形で合わせて150時間分の映像が公開されました。
 そこには、福島と東京、双方で混乱を極める様子が克明に記録されていました。

 「“イラ菅”という言葉があるが、とにかくよく怒るんだ」(東京電力 武黒一郎フェロー)
 去年3月13日。総理官邸に連絡役として詰めていた東京電力の武黒一郎フェローが
 本店に戻った際の発言です。武黒氏は、避難区域の設定をめぐる、当時の菅総理との
 やりとりをこう説明しました。

 「(菅前首相に)私と班目さんで説明すると、『それで何かあっても大丈夫だと言えるのか』と
 さんざんギャアギャア言うわけですよ。何もやらないよりはいいかってことで、(避難区域が)
 3キロの範囲になった」(武黒フェロー)
 「(原発から)3キロ以内の皆さんに避難の指示」(枝野幸男 官房長官<当時>)
 事故発生当日の深夜、急きょ発表された3キロ圏内の住民避難。これを政府と東電が場当たり的に
 決めたとも聞こえる発言です。さらに、武黒フェローは、1号機の水素爆発を知ったいきさつについて・・・
 「3時半に爆発があったが、5時半に菅さんの執務室のテレビで見て、ギャってビックリしちゃって」
 (武黒フェロー)(>>2-10につづく)
 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5100755.html

※前:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1344366898/

2 :☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★:2012/08/08(水) 14:43:51.84 ID:???0
(>>1のつづき)
 1号機の水素爆発については、そのおよそ6分後に第一原発の対策本部の映像に作業員が
 総立ちで頭上のテレビを見つめる姿が映っていました。現場の作業員も東電の幹部も、何が
 起きたのか、テレビ報道で初めて確認した状況がうかがえます。

 さらに、事故直後に実施された「計画停電」をめぐっても官邸と東電幹部の間で激しいやりとりが
 あったことが明らかになりました。
 「計画停電を実施いたします。人工呼吸器をお使いの方々をはじめ、この停電の実施に
 あたって支障の生じる患者さんも少なからずおられます」(枝野幸男 官房長官<当時>)

 計画停電の実施にあたりこう述べた当時の枝野官房長官。この3時間ほど前のテレビ
 会議で東電の藤本副社長(当時)はその枝野長官から言われた内容を不機嫌そうに
 報告しました。
 「(枝野長官は)『人工呼吸器などを家庭で使っている人を殺○ことになる。それを承知で
 やるなら、俺は殺人罪をお前に対して問う』と」(藤本副社長)
 事故の貴重な記録となる映像。完全な公開を求める声がさらに高まっています。(以上)

17 :名無しさん@13周年:2012/08/08(水) 14:56:46.55 ID:dJUuGO3S0
この映像で、東電の業務上過失致死傷問えないのかよ?
他人事のようなやりとりじゃねーか。

22 :名無しさん@13周年:2012/08/08(水) 14:59:14.83 ID:V+t+mN6N0
>>17
原発事故となれば責任は政府だし

85 :名無しさん@13周年:2012/08/08(水) 16:54:32.21 ID:64TJ2EA80
菅の一喝で原発が吹っ飛ぶんだからたいしたもんだ。

でもテレビとかで検証すると原発が吹き飛んだ経緯に
菅の入る隙間なんてないんだよね。

122 :名無しさん@13周年:2012/08/08(水) 19:44:32.68 ID:OBq57xw4O
>>85
菅の余罪は、原発爆発前から後にも大量にあるからな

スピーディを隠蔽して防げた被爆をさせたり
無駄に委員会を立ち上げて邪魔したり
米国の支援を無駄に断ったり
無意味な視察をしたり
自衛隊の輸送ヘリに水汲ませたり
日本の放水車を差し止めて中国だかのを使ったり…

172 :名無しさん@13周年:2012/08/08(水) 22:08:31.29 ID:PgIVOLla0
東電が腐ってるのは確かだが、菅総理を英雄扱いする必要はない。
総理大臣なら、誰でも同じことをしたはずだよ。


211 :名無しさん@13周年:2012/08/08(水) 23:42:24.83 ID:7RKg7IuTP
菅の擁護する工作員の書き込みが目立つが今さら何言ってるの?
そもそも震災当時の種々の議事録を残さなかったから憶測が広がってるんだろ。

炉への海水注入を菅がなぜかストップさせようとしたけど吉田所長が無視して
開始した一件とかSPEEDIの件とか頓珍漢なことやってただろ。

東電とか不安院とかデタラメ委員会とかが糞なのは当時からわかっていたこと。
菅を英雄視するなんて噴飯物だ。

今の時点で菅を擁護する流れが出てきてるのは解散総選挙が近いんだろうな。
これで悪夢だった民主党政権が終焉を迎え、新たな日本の夜明けがやって来ると
思うと胸熱だ。

225 :名無しさん@13周年:2012/08/09(木) 00:08:07.30 ID:BpSRouqP0

【社会】 東電・武黒フェロー 「水素爆発、テレビで見てギャってビックリ」「何もしないよりはいいかって事で、避難区域を3キロに」★
                     ↓ 
       「何もしないよりはいいかって事で、避難区域を3キロに」


【原発事故】SPEEDI拡散予測を事故直後から動き始めた 民主党の為だけ使われ情報は隠蔽された

 週刊ポストのスパ抜き記事・・・ 「SPEEDIは動いていた、隠蔽したのは民主党」

??民主党なら誰でも知っていたSPEEDIの放射能拡散予想図

原子力安全技術センターは「SPEEDIの拡散予想図の配信を3月11日の17時頃からス
タートさせました。それ以降、1時間ごとに放射能拡散状況を計算し、原子力安全委など
の端末に送っています。(発生から4月20日までの)放射能拡散予想図は合計6500枚
ほどリアルタイムで拡散状況が送られていました」と保安委員の関係者が証言。

??福島県知事も知っていたSPEEDIの放射能拡散予想図

SPEEDIを担当する文科省政策局内部者の証言では、「官邸幹部から、SPEEDI情報
は公表するなと命じられました。さらに、2号機でベントが行なわれた翌日(16日)には、
官邸の指示でSPEEDIの担当が文科省から、菅官邸内の内閣府の原子力安全委に移
されました」。システムは初期より、福島県庁にもSPEEDIの放射能拡散予想図は当初
から送られていたが、不思議なことに、福島県知事が県周辺市町村や県民に警報を出し
ていない。その理由は「原子力安全委が公表するかどうか判断するので、福島県知事が
勝手に公表してはならないと、菅官邸から釘を刺されました」と福島県の災害対策本部原
子力班担当者が証言している。

232 :名無しさん@13周年:2012/08/09(木) 00:15:00.43 ID:P4l+x23F0
>>225
デマ野郎だな。
「何もしないよりはいいかって事で、避難区域を3キロに」は、爆発が起きる前。津波で全電源
喪失の状態になった時点での話。
班目や武黒が説明しても、菅が「ギャアギャア」言うから仕方なく避難域を設定。原子力ムラの住人は
過酷事故が起きるとは考えていなかった(=避難域の設定もなかった)。→これが今回、ビデオで明ら
かになったこと。

で、そのポストの記事はいったい何時の記事だ。

244 :名無しさん@13周年:2012/08/09(木) 00:38:08.49 ID:865GyNhr0
>>232
全電源喪失その認識は有り得ないだろう。

245 :名無しさん@13周年:2012/08/09(木) 00:38:45.48 ID:3R4JC1qMP
>>232
当日深夜っていうのが具体的に何時頃の話だかわからんが、もうメルトダウンしてた時間。
当時は「圧力容器の水位低下」「燃料棒露出」としか報道されてなかったけど。

とにかく圧力容器の内圧が高すぎで注水できずにいたからベントして減圧しなきゃいかんが
ウェットベントするなら住民を避難させないとっていう事を議論していた時間帯だと思う。

当時はベントで建屋内に水素が充満して爆発する事態を想定していた人は誰もいなかったし、
技術的な理由でベント作業が難航していた。

朝になって菅が福一に乱入してベントを急がせたとか、菅が視察するから
ベントをストップさせてたとかっていう情報が錯綜してるが、
その辺の時系列はよくわからん。

251 :名無しさん@13周年:2012/08/09(木) 00:53:49.36 ID:mKyMsE0J0
>>211
海水注入をストップさせたのは東電本店。

海水注入すると錆びてもったいなからストップを命じた。

東京電力本店が爆発させたといってもいい。

312 :名無しさん@13周年:2012/08/09(木) 06:47:10.69 ID:PfI5m0y5P

今回不思議なのは、公式に残ってる記録を、新聞が報道してないこと。

東京消防庁の海水注入車両が、マニュアル通りの招集されて震災翌日にすでに、
いわきに到着していたのに、それがわざわざ東京まで帰らされて、その間に、効果が
まったくないヘリコプターや放水車で失敗を繰り返して何日も時間をロスしたことも、
まったく報道されていない。

東電の撤退問題も、こんなの国会の議事録に菅が国会に参考人として呼び出された
ときの議事録が残ってるんだよ。
そこで、言ってることは、マスコミが報道していることと、まるっきり違う。

国会の議事録を見ればわかるが、菅が言ってたのは

○東電から事前に全面撤退はありえないことは聞いて知っていた。

○東電に行ったのは、撤退するなって言いに行ったのではなく、会議を東電ですること
 にしたから。

↑ 本人がこう発言してるのに、いまだに全面撤退を止めたと書いてる新聞もあり、
書き続けてる人が多数いる。
なんかの政治団体のやつらだろ。

この国会の発言を一切載せない新聞もひどすぎるが、いまだに菅が全面撤退を止めた
と想い続けてるやつは、国会の議事録を読めよ。

330 :名無しさん@13周年:2012/08/09(木) 08:30:01.31 ID:5SR8301v0
まず武黒フェローてのがなんなのか知りたい

348 :名無しさん@13周年:2012/08/09(木) 09:35:31.91 ID:sP8Tk93E0
>>244
> 全電源喪失その認識は有り得ないだろう。

2号機は3.11の9ヶ月前にも全交流電源喪失事故を起こしてて、そのときの対応も
暢気なものだったからな。しかも、東電の政治力で強引に隠蔽・再稼働を押し通した。

要するに3.11が特殊なのではなく、これまでも事故は全てあの様な対応で誤魔化してた。
それが今まではたまたまか、現場にいたsupermanのおかげで済んでいたのに、
本店の幹部にはその認識がなくて、今度も「最後はドラえもんが何とかしてくれる」と
いう感じの対応をやってたらごらんの通りの有様になった。

>>245
>当時はベントで建屋内に水素が充満して爆発する事態を想定していた人は誰もいなかったし、

それが不思議でならない。リアルタイムでtwitterとか追ってたが、11日の夜には
水素の話は沢山流れてた。


355 :名無しさん@13周年:2012/08/09(木) 09:49:23.18 ID:sqSyfD/k0
>>348
ジルコニウム合金の水素発生は、基本中の基本だから把握していない訳がない。
これは高温にならないと起きない反応なので、緊急炉心冷却装置が機能していると
勘違いしていた現場、本店の判断ミスなんだよ。

どちらにせよ、電源ない、ベント出来なくて圧が下がらない、圧が下がらないから
海水にせよ真水にせよ注水が出来ない、温度が下がらない、こんな状況。
で、メルトダウンまでのタイムリミットは十数時間。無理ゲー。
事後対応で出来ることには限界がある。

364 :名無しさん@13周年:2012/08/09(木) 10:45:55.45 ID:NaxjW/yE0
>>22
いや、人災だから。
テロリストが原発爆破しても政府の責任になるか?
こりゃまた工作員乙だな。

372 :名無しさん@13周年:2012/08/09(木) 12:34:15.15 ID:sP8Tk93E0
>>355
そのあたりまえの判断があまりにも出来てなさ過ぎてイラついたよなあ。

格納容器の圧力が0.4MPaを越え0.6MPaのいつ壊れてもおかしくない状況で
これでベントをしないのは明らかにおかしいってのに、NHKの御用学者は
問題ない、必要になれば行うだろうって言ってたのも耳を疑ったが。

前にアメリカが格納容器の圧力を上げてく実験をして本当のバカっと壊れた
映像を見たことがあるが、ああなったらもうどうしようもない。
TVの前でこれはもうダメかもしれないと…。

あのときの対応ってそこまでプロじゃない人間が端から見ていてもおかしいと
思ってたのに、いまだに「プライバシー」の一言で公開しない、それで国も
国会も了承しているって根本的なところから狂ってると思うわ。

377 :名無しさん@13周年:2012/08/09(木) 13:42:02.54 ID:c4KXbpNy0
イタリアが日本が原発運営できなかったのに自分たちができるわけ無い
って、国民投票で脱原発を決めたが
日本の原発運営能力も糞やな。
能力も無いのに能力があると狂信してる日本人よりイタリア人の方が
はるかに現実的でまともだわ。
原発を途上国に売り込むとか狂気の沙汰だろ。
アメリカ、ロシア、日本が爆発させたのに
途上国に運営できるわけがねぇ。
爆発させて日本の責任にされるて賠償請求されるのがオチだ。
まあ10年後くらいには中国か韓国が爆発させそうだが。

382 :名無しさん@13周年:2012/08/09(木) 14:45:19.08 ID:LsxPZip00
>>372
政府、東電本部すら対策本部を作っても現場の様子がわからないってのに、
テレビに出ている学者が中の様子や細かい数値、状況がわかるわけないだろw

だいたい耳を疑ったが、とか言っているが、
爆発前にそれほど情報を持っていたお前がすごいわ。東電社員さんですか???

389 :名無しさん@13周年:2012/08/09(木) 15:19:25.39 ID:wMy9+/Eu0
>>364
防波堤高くすれば問題なかったことだからな。
費用は多く見積もっても1千億円超えないだろ。

390 :名無しさん@13周年:2012/08/09(木) 15:35:19.60 ID:aF8XurH60
>>389
大人しく高台に原発作れよw
作った場所に合わせて防波堤作んなw

391 :名無しさん@13周年:2012/08/09(木) 15:35:21.31 ID:Ve7DQM5/0
>>251
>海水注入をストップさせたのは東電本店。
>
>海水注入すると錆びてもったいなからストップを命じた。
>
>東京電力本店が爆発させたといってもいい。

海水よりも真水の方がいいと考えを述べた事はあっても、東電がストップを命じたなんて初耳だけど。
東京電力本店が海水注入をストップさせた命令のソースを教えて欲しい。

393 :名無しさん@13周年:2012/08/09(木) 15:44:03.91 ID:wMy9+/Eu0
>>390
高台に作ると海水を取り込む手間がバカにならない。
福一はわざわざ高台を削って低地にしたんだよ。

394 :名無しさん@13周年:2012/08/09(木) 15:44:32.53 ID:aF8XurH60
>>391
ちょっとは自分で探せやクズが
以下のキーワードでググればすぐ出てくる

3 自分:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2012/08/08(水) 14:44:46.49 ID:7Ez52+VZ0 [1/2]
東京電力 非公開テレビ会議の中身

武黒一郎「お前(吉田所長)うるせえ 官邸がグジグジ言ってんだよ」と海水注入ストップを命令

395 :名無しさん@13周年:2012/08/09(木) 15:46:47.22 ID:aF8XurH60
>>393
あたかもそれが普通みたいに言ってますが、女川原発はどうなん?
海抜14.8mじゃないの?

福島第一が安全基準を無視してる特殊例なだけだろ。

402 :名無しさん@13周年:2012/08/09(木) 17:14:33.94 ID:Ve7DQM5/0
>>394
すまんがソースはどれ?
ググってもどれもこれもスレタイのみで本文が無い(釣りか、ページビュー稼ぎかと思ったよ)。
ようつべ動画も朝日によって消されているし。

>>251
>海水注入をストップさせたのは東電本店。
>
>海水注入すると錆びてもったいなからストップを命じた。
>
>東京電力本店が爆発させたといってもいい。

とりあえず>>251の根拠たる、東京電力本店が海水注入をストップさせた命令のソースソースが無いのだが、
察するに官邸がグジグジ云々は、政府事故調にもあった官邸で菅が再臨界を懸念したという趣旨の話を現場
に伝えていただけなのでは。

409 :名無しさん@13周年:2012/08/09(木) 19:18:54.13 ID:ERBfdJIy0
原発事故対応で官邸などから作業が邪魔されないように仕組みを
変えたとか話があったけど、武黒のような「専門家」が情報操作し
ながら事故対応するのってすごくやばくねえ?


421 :名無しさん@13周年:2012/08/09(木) 22:19:13.00 ID:jRtDNVQp0
というか、あの蛮勇の菅で良かったんじゃないか、とすら思える。

427 :名無しさん@13周年:2012/08/09(木) 23:21:55.81 ID:jOE3WIeM0
菅フォローが湧いてるな。
東電の偉い人は東電の損害を減らすように努めた。
東電の偉い人なんだからそりゃ当然だろ。
国がケツ持ってやるから海水入れろとか、東電の損害に対する餌ちらつかせて
どこまで安全マージンを大きく取れるか交渉するのが菅の仕事だろ。
菅は怒鳴って責任をなすりつけていただけだ。

493 :名無しさん@13周年:2012/08/11(土) 13:21:55.57 ID:R+n0lqed0
今日から夏休みで久々の2ちゃん。
当り前だろうけど、ごめん、確認させて。
福島原発って少なくともあれ以上の放射性物質の拡散は止まってるよね?
今でさえうちホットスポットなんだけども。

533 :名無しさん@13周年:2012/08/12(日) 04:56:18.55 ID:pFrqmay20
選挙までどうせあと1年。政権交代より大連立しろよ。
とりあえず枝野は経産省大臣として当面必要

540 :名無しさん@13周年:2012/08/12(日) 14:49:53.76 ID:l5F0nGEb0
>何もやらないよりはいいかってことで、(避難区域が)3キロの範囲になった

これって東電側はそれよりも広い範囲の避難区域設定を要請したってことだよな
政府側がしぶって避難させないようにしたんで、妥協して「何もやらないよりは~」
という発言になるわけだけど、逆のほうに読んでる人は文盲か?


http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1344404613/l50/../人気ブログランキングへ

ニュース【北極圏】グリーンランドほぼ全域 氷とける★2

1 :春デブリφ ★:2012/07/26(木) 00:30:25.26 ID:???0
北極圏のグリーンランドを覆う氷の表面が、今月中旬にほぼ全域でとけたことが、
NASA=アメリカ航空宇宙局などによる観測で分かり、NASAでは、暖かい空気の塊が
上空にとどまり、前例のない規模で氷がとけだしたものとみて、観測を続けています。

これは、NASAが24日、アメリカの大学の研究チームなどとともに人工衛星による
観測データを分析して発表したものです。
それによりますと、グリーンランドを覆う氷の表面がとけた割合は、今月8日の時点で、
全面積の40%ほどだったのが、その後、急速に氷がとけ出し、4日後の12日には、
97%にまで達し、ほぼ全域で氷の表面がとけたことが分かりました。
グリーンランドを覆う氷の表面は毎年夏に全面積のおよそ半分がとけるものの、これほどの
規模で氷がとけたのは、30年余りの観測史上、例がないということです。
また、島の中心部に位置する標高およそ3200メートルの山の頂上付近の氷も、およそ
120年ぶりにとけ出したことが確認されたということです。
その原因について、NASAでは、暖かい空気の塊がグリーンランドの上空にとどまったためと
みていて、海面上昇などにつながるおそれがないか注意深く観測を続ける必要があるとしています。

7月25日 17時46分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120725/k10013849321000.html
※前(★1:7/25(水) 17:54:07)
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1343206447/

3 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 00:31:13.63 ID:OcSj3QUC0
温暖化なのか寒冷化なのかもうわからん

6 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 00:32:48.27 ID:SdlnnDfV0
NASAぐらいの技術力ならグリーンランド全体を冷やす巨大なクーラーぐらい作れるだろ。なんとかしろ

7 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 00:33:33.43 ID:Os1ZY81J0
つーか氷が解けても体積は一緒だから
海面は上昇しないだろ・・・

全然地球滅ばんがな

27 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 00:40:12.21 ID:355q5feH0
永久凍土が解けてるのに温暖化してないとかいうやつがまだいたりする

76 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 01:00:17.67 ID:JcUmnEpV0
>>6
空気を冷やすための熱交換で出来た熱をどうにかして大気圏外に放出できればいいんだよなあ。
イメージとしては室外機を大気圏外に置くような感じで。


86 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 01:07:04.91 ID:vspXyYgE0
>>1
グリーンランドの氷床全域融解、
北アメリカでの大干ばつ

これらが注目されるのは、
グリーンランドでは、陸地に乗っかっている氷が大量に溶ける閾値があると考えられているからだよ。
大量の氷が溶けて大西洋になだれ込むと、一時的に、メキシコ湾流が止まる。
メキシコ湾流が止まると、
ユーラシア西全般が一気に氷河期に突入し、シベリア化する。
ヨーロッパは、緯度からすれば、樺太~カムチャッカ半島と同じだからね。

ユーラシア西部が氷河期に、
大干ばつで「穀物庫」である北アメリカが一気にシベリア化・サハラ化すれば、
ヨーロッパ、アメリカ、アジア、アフリカでの食料生産が一時的に消え失せ、
世界全体で30億人分の食料が途絶する。
「飯を食わん」ですませるわけにはいかないから、
食料の国際価格は文字通り急激に跳ね上がる。
先進国、途上国問わず、食料を輸入しているような国、
80カ国ぐらいの政権が、全部、崩壊する。
30億人の難民が、食い物を目指して
食い物のありそうな国へ、一気に殺到する。それに伴い、全ての先進国もつられて
全国家崩壊。
人が人を喰う「ザ・ロード」「北斗の拳」の世界が誕生する。

140 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 04:12:53.96 ID:/DirRPtnO
グリーンランドって世界最大の島だろ
いや大陸並みにでかいけど
温暖化じゃなくてやっぱり地軸が5度くらい傾きひどくなってんじゃ?
又は地球公転軌道が北半球夏場方面で太陽距離間が短くなってんじゃ?それつまり地球公転軌道を引っ張る大質量の謎の惑星が太陽系内に存在しないといけなくなるけど

161 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 06:00:43.47 ID:9cLps9y70
>>3
どっちだっていいんだけど、問題は「異常気象」だということ
例外的なことが多過ぎて、予測も対策もろくにできない

185 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 06:20:02.69 ID:Pm6ku8CKP
>>3
じゃあ寒暖化

197 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 06:27:27.79 ID:OaDmbZDX0
マジレスすると、温暖化したほうが人類が生きる分には都合がいい
作物が育つし、凍土、氷河より湿潤地帯が広がるからな
シベリアが穀倉地帯になったら世界の食糧問題はほぼ解決する
しかし所有権はロシアである

201 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 06:35:16.57 ID:A0MeWtsl0
閉じ込められてた大昔の病原菌とか出てくるよなwww

映画のネタであったようなw


208 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 06:42:37.31 ID:e59olh7q0
>>197
食料供給が増えれば人口も増えるから解決はエンドレスで遠のきます

231 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 07:04:39.05 ID:kixyJN6M0
砂漠化してる地域に海水を砂漠に流す運河つくれば
砂漠に地下水できて
砂漠が穀倉地帯になるんじゃね?

296 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 11:25:36.39 ID:GyMtUbDb0
東京や西日本の方々には信じられないだろうが、北日本はここ数年で微妙に寒冷化したなあと思う。
北日本では温暖化は1990年代にピークアウトしており、ここ数年は冬季の積雪が多くなっており、
春の山の残雪なんかも全然多くなっている。よって微妙に寒冷化したなあという実感があるのです。

そういう経緯もあって、私はIPCCの温暖化論よりも丸山茂徳やH・スベンスマルクの理論に傾倒しています。
色々と物議を醸す温暖化論者の天敵:武田邦彦の意見も好意的に聴いています。

321 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 14:47:58.12 ID:aGMCQzxt0
浮いてる氷が溶けても水かさが増える原理が良く理解出来ないんだけど
コップに入った氷が溶けても増えないよね・・・

324 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 14:53:59.54 ID:zwNpvzp50
>>321
基本的には溶けた分では増えないよ
氷によってほぼ最小体積に保たれてる海水が温度上昇で膨れる可能性はあるけどね

337 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 15:45:26.91 ID:zwNpvzp50
変な絡み方されたなw
時間の概念を入れずに語ってたつもりなんだが

338 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 15:48:54.07 ID:Y+UsLd+/0
>>337
1000年も先の話をしてたのか?


340 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 15:53:06.50 ID:GZBObfJG0
でも、ここ数年のこの酷暑は異常だろ。これこそ異常気象だわ。一体何が起こってるんだ、地球に。

342 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 15:57:28.00 ID:nhxvTCQX0
>>340
地球だけじゃなく、火星や木星、土星など
太陽系惑星は温暖化が進んでいた。地球以外の各惑星の
温暖化は自然現象とされているが、地球だけはCO2犯人説が有力視されているw


347 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 16:03:39.77 ID:Y+UsLd+/0
>>342
金星の温度も大気による温暖化が原因だけど、主犯はCO2だよ。
惑星によって大気の構成は違うが。

地球は化石燃料燃やし続けてるんだから、大気のCO2が増えるのは当然。
300ppm以下だったのが、急増していて400ppmまで増えてるぞ。
そしてそれは化石燃料の消費量増加にぴったり合う。

http://withmama.img.jugem.jp/20080825_317831.gif



363 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 16:32:29.21 ID:l6WkeEMW0
地図で見るグリーンランドのでかさは異常。

367 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 16:41:06.09 ID:nhxvTCQX0
>>347,361
その理屈でいえば、火星はもっと暑くなくてはならない
火星の大気組成も95%以上が二酸化炭素
金星並みの気温になっていなければ、温室効果はないと言われても仕方がない

370 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 16:47:54.76 ID:GyMtUbDb0
>>367
CO2温暖化説を唱える人が居るけど、CO2よりも水蒸気の方が10倍温暖化効果あるんだけどなあ。
特定のものだけピックアップして悪者にするのは良くないと思う。

CO2が増えたから温暖化したのか?、温暖化した結果、海水が温められて炭酸効果でCO2が増えたのか?
私は後者を支持したい。

378 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 17:04:26.99 ID:Y+UsLd+/0
>>370
> CO2が増えたから温暖化したのか?、温暖化した結果、海水が温められて炭酸効果でCO2が増えたのか?
> 私は後者を支持したい。

じゃ化石燃料燃やした分のCO2はどこへ消えたのか聞きたいね。
確かに海水からの増減の分もある。
しかし実際に計算すると、化石燃料燃やして出たCO2の量と大気のCO2量はぴったり
一致するんだけどね。それに比べたら海水からの増減なんて誤差範囲。

384 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 17:19:13.90 ID:GyMtUbDb0
>>378
誰が計算してぴったり一致したのかな? IPCCかな?
人為活動のCO2輩出って微々たるもんなんだけどなあ。
海水のCO2吸収量>>人為活動のCO2輩出らしいんだけどね。

388 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 17:28:14.21 ID:Y+UsLd+/0
>>384
>誰が計算してぴったり一致したのかな? IPCCかな?
IPCCもしてるし、これくらい高校生でも計算できる。

> 人為活動のCO2輩出って微々たるもんなんだけどなあ。
単純計算しただけでも、100ppmくらいの増分になりますけど?

> 海水のCO2吸収量>>人為活動のCO2輩出らしいんだけどね。
んなわけあるかい。海中の二酸化炭素濃度は測定されてるが、そっちの方が微々たる
変動だ。

391 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 17:30:41.84 ID:SKK8L4TC0
なんで氷なのにグリーンランド?

395 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 17:43:14.67 ID:Y+UsLd+/0
>>391
色んな説があるけど、中世の温暖期には緑にあふれていたからって説もあるww

400 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 17:48:41.54 ID:dMrcbf1X0
>>395
地層の花粉などの調査で緑がいっぱいあったのは60万年前な。


402 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 17:50:54.27 ID:GyMtUbDb0
>>388
やっぱりIPCCでしょ。計算なんて都合のいい理論モデル採用で意図的に改竄できるんだから、
世界的権威機関が言ったなら正しいと信用するのはちと違うんじゃないかと思う。
実際、数値計算のデータ捏造事件とかあるし、政治的な思惑で操作されていると見るべきだと思います。

405 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 17:59:54.20 ID:Y+UsLd+/0
>>402
別にIPCCに依拠しなくても、高校生でも簡単な計算で分かることなんだから、
それが間違いだというなら、それを説明する理論をちゃんと提唱しろよ。どうせトンデモ理論しかないのだろうが。
そもそもあんたは海水の二酸化炭素吸収率をあべこびに捉えてる。
海水温が上昇したら二酸化炭素は溶けにくくなるんだよ。

411 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 18:18:01.01 ID:GyMtUbDb0
>>405
高校生でも簡単な計算で分かるならここで書いて見せてください。
私には貴方の言う「化石燃料燃やして出たCO2の量と大気のCO2量はぴったり」の根拠がはっきりしない。

415 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 18:33:08.53 ID:Y+UsLd+/0
>>411
二酸化炭素排出量は年間5.5Gt
これはモル数にすると4.6*10^14 mol
大気の総量は約2*10^20 molなので、年間の増分は約3ppm
そしてこれは実測値とオーダーでよく一致している。(実測は2ppm前後)
実測との比較はこちらの図2.1.3を見なさい。
http://www.data.kishou.go.jp/obs-env/cdrom/report/html/2_1.html

実測との比較では二酸化炭素排出量の方が多くあなたが言うような
「人為活動のCO2輩出って微々たるもん」は完全な間違い。
差分は森林が吸収している。



419 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 18:40:29.22 ID:ik9QPD9bO
原発推進派は理由の一つにCO2増加をあげるけど…
全て火力発電だと日本の総排出量は何%増えるの?
この手の質問に答え貰った事ない。

424 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 18:51:26.51 ID:GJ2PoaK+0
2012年人類滅亡説

428 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 19:16:17.07 ID:3RHYFu+GP
≫420
温排水。
浜岡停めたら温排水使ってたクエの養殖が出来なくなった。
原発付近の海で湯気が立ってるのは船乗りの間では有名.

429 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 19:33:46.87 ID:zGKEVSR/0
>>428
なるほどね でも化石燃料と比較するとゼロと見なしてよいくらい少ないらしいじゃん

432 :巫山戯為奴 ◆X49...FUZA :2012/07/26(木) 19:46:48.58 ID:kaDSAyYPO
>>429 データは?そいと本来海水は大気に比べて暖まり難い物を直接暖めてる訳だし。

分かり易く言えば地球的には海水で冷却しても大気で冷却しても同じ訳だが、大気では廃熱が酷いので水で冷却してると言う
べきなんぢゃねえ?

一機なら問題ないだろうけど二百機単位とかでやると如何なんだろう?

450 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 21:02:58.18 ID:GyMtUbDb0
>>415
人為活動のCO2輩出って微々たるもんと言ったのは温暖化には殆ど関係ないという意味だよ。
現在CO2が増えているのは事実だけど、それではCO2が増えたから温暖化したのか?、
温暖化した結果、海水が温められて海水からのCO2放出が増えたのか? 私は後者を支持したい。
貴方は私の考えを誤って捉えているね。

452 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 22:03:24.75 ID:T5IGEaD/0
>>450
海水からの放出によるCO2濃度上昇は、2ppm程度。
高精度での測定が行われるようになった1950年代からの
CO2濃度上昇は50ppm程度なので、お前の意見は完全に的外れ。

455 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 22:15:38.25 ID:GyMtUbDb0
>>452
全然的外れじゃない。お前の意見は完全に的外れ。


460 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 22:25:07.69 ID:T5IGEaD/0
>>455
何の根拠も無しに、無知を垂れ流せるお前が羨ましいわ。
俺だったら、ソースの論文を確認してみようとか思うけどねえ。

463 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 22:31:17.53 ID:GyMtUbDb0
>>460
そもそも私はCO2の増加自体は否定していないんだよ。何が言いたいの?

484 :名無しさん@13周年:2012/07/27(金) 00:49:33.05 ID:xs+VLcri0
でも明らかに俺らが子供の頃より暑くなってるよな
むかしは教室にクーラーはもちろん扇風機も置かなかったし
熱射病に注意するため帽子をかぶりましょうっていってたけど
熱中症なんて罹る子めったにいなかった

520 :名無しさん@13周年:2012/07/27(金) 01:56:25.20 ID:i3XK2IyX0

グリーンランドの首都は?



543 :名無しさん@13周年:2012/07/27(金) 09:18:43.62 ID:295aJB0n0
CO2温暖化説はインチキだというと学会から村八分にされる。研究予算が貰えない。

561 :名無しさん@13周年:2012/07/28(土) 02:12:23.50 ID:jIMLleEQ0
>>543
でもインチキなんだろ?
ひどい世の中だな
まるで「それでも地球は回っている」のガリレオの時代だな

562 :名無しさん@13周年:2012/07/28(土) 05:03:59.67 ID:ns562TGo0
>>561
とても長い時間の中では温暖化と寒冷化を不定期に繰り返しているわけだけど、人工的に温度上昇が確認されたのはおよそ100年前より今日にかけて。
その原因の一つの指標としてCO2が挙げられているが、それは原因の全てではないことに注視することが必要。
また、酸化燃焼型の地下資源利用ではCO2、その他の温室効果ガスの排出が大きいため、これを減らすのには現時点で原子力が有効であること。

だが、現時点で商用稼働している炉はどれも旧型の炉が多く、危険を伴うのは事故で証明されているとおり。
これを高温ガス炉のようなより安全で高効率な炉に置き換えていくことで温室効果ガスの抑制と安定的なエネルギー供給につなげることができる。

565 :名無しさん@13周年:2012/07/28(土) 09:53:07.49 ID:dUXiQJSl0
>>562
ヒートアイランドは人工的な温度上昇で確実だけど、地球温暖化が人工的な温度上昇が原因かは意見が分かれている。
私は地球温暖化は自然要因が主因であり、人為起源説はほぼインチキだと思う。

580 :名無しさん@13周年:2012/07/28(土) 14:57:09.57 ID:ynhQNW/R0
え~と、コップに氷と水を入れておくと
氷が解けたら水面は上がるよね。

常識じゃないの?

584 :名無しさん@13周年:2012/07/28(土) 15:03:22.35 ID:ln+4g8uL0
>>580
上がらないよ
本気で言ってるの?

地上の氷が解けて海に流れ込むから海面が上がるんだろ

585 :名無しさん@13周年:2012/07/28(土) 15:03:59.01 ID:3gXavewn0
>>580
つか、これはコップの縁に乗ってた氷が溶けて水面に流れ込んだら
どうなるのという話。当たり前だが、水面は上がるw

586 :名無しさん@13周年:2012/07/28(土) 15:13:23.82 ID:ynhQNW/R0
>>584
>>585

水面より上にある固体部分の氷の体積はどこいっちゃうの?



http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1343230225/l50/../人気ブログランキングへ

ニュース【静岡】浜岡原発5号機に腐食多数=流入の海水、圧力容器到達か―中部電

1 :そーきそばΦ ★:2012/07/26(木) 01:49:06.15 ID:???0
 中部電力浜岡原発5号機(静岡県御前崎市)で昨年5月、停止作業中に海水が流入した問題で、同社は25日、
海水が原因とみられる腐食が多数の機器で見つかったことを明らかにした。経済産業省原子力安全・保安院の専門家意見聴取会で説明した。
 浜岡原発は当時、菅直人首相(当時)の要請で停止作業中だった。中部電によると、5号機では昨年5月14日、
タービンを回し終えた蒸気を冷却して水に戻す復水器の細管43本が損傷し、海水約400トンが流入。うち5トンは圧力容器に達したと推定される。 

時事通信 7月25日(水)21時10分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120725-00000164-jij-soci

15 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 01:52:28.04 ID:wOZndkpH0
結果的に菅の判断は適切だった

18 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 01:53:42.33 ID:GtO7aMft0
日本人に原子力は扱えないな、向いてない


79 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 02:07:40.01 ID:UcNoSq2C0
浜岡を他の原発と同列視してる馬鹿は考え改めたほうがいい。浜岡で福島級の事故が起きれば日本は終わる。
偏西風に乗って関東圏が立ち入り禁止区域になるだろう。福島じゃほとんど太平洋に行ってくれたがな
20km圏内に日本の動脈である東名高速と新幹線が走ってる。
地盤が砂岩。
三つのプレートがひしめき合ってるちょうどその中心に設置してる。東海地震の予想震源のちょうど中心。

82 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 02:08:51.17 ID:SQeg4S360
>蒸気を冷却して水に戻す復水器の細管43本が損傷し、・・・

これって老朽化とは違うの?
老朽化でなければ手順のあやまちですぐ損傷するものなの?


89 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 02:13:18.21 ID:8G2VGb4gO
>>79
>ほとんど太平洋に

え?は?



96 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 02:17:45.47 ID:UcNoSq2C0
>>89
8割以上は偏西風乗って太平洋に流れたよ。地上に降り注いだのも雨でほとんど海に行ってる。
普通に考えりゃわかるだろ。

100 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 02:20:02.09 ID:+3l+TDjt0
>>82
>http://www.at-s.com/news/detail/100038089.html
どうやら溶接に問題があったらしい
施工不良

103 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 02:20:34.97 ID:G8AQdYuK0
>>96
3号機の濃いー奴は東京にも直撃してて、その地帯が一番放射線高いけどな
あれ以外の放出量は比較的たいしたことないんじゃないの?

114 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 02:26:35.90 ID:Y+UsLd+/0
そりゃ停止したまま海水に浸かってれば腐食するのは当たり前。
海辺に放置した自転車なんてあっという間に錆びる。
菅は責任取れるのかね。
原発は動かし続けないといけないんだよ。原発に限らずあらゆる機械はそうだが。
アンティークの時計だって、大切だからと仕舞ってるとダメになる。時々
オーバーホールしながら動かし続けないとダメ。

126 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 02:31:21.87 ID:Y+UsLd+/0
>>82
>>100
それまでちゃんと動いてたのに?
無理に停めたから破損したんだろ。

128 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 02:32:18.17 ID:U2U+aUeO0
>>103
えっ、東京が福島や茨城より高いのw それはないだろ…

132 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 02:33:13.93 ID:5qOgp0WL0
>>126
無理に止めた?
徐々に出力を落とした上での停止だろ。
そんなんじゃあ、地震時の緊急停止はどうすんだよ?

133 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 02:33:24.01 ID:EI/rhGQ70
>>114
定期点検もできないな、おまえの作った最新の原発w

141 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 02:37:07.21 ID:G8AQdYuK0
>>128
そういうことじゃなくて、放出された量は殆どが三号機の即発臨界爆発の時のものなんじゃないのかなと
原発にちかい地域もそんときに放出された地域だけらやたら高いからね

142 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 02:37:28.29 ID:Y+UsLd+/0
>>132
停める必要もないのに長く停めていることを、無理に停めた、と言ってるわけだが。
停め方の話じゃなくて。

>>132
> そんなんじゃあ、地震時の緊急停止はどうすんだよ?
それはすぐに再稼働するだろ。停めっぱなしじゃないから、配管が腐食するなんてことはない。

>>133
定期点検は長くても3ヶ月だよ。1年半も停めるなんてことはない。

145 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 02:38:56.50 ID:w/1KMK2L0
>>141
情弱すぎだろ
3/14の三号機の即発臨界爆発は風が海に流れて助かった
放出の40%は一番外見は健全に見える2号機で、そのうちの一部が3/15に
東京や福島を汚染した

153 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 02:42:01.04 ID:E8pZE+0y0
>>142
昨年5月に損傷と書いてあるが。



158 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 02:44:42.30 ID:+3l+TDjt0
>>142
>停める必要もないのに長く停めていることを、無理に停めた、と言ってるわけだが。
>定期点検は長くても3ヶ月だよ。1年半も停めるなんてことはない。
細管破損が起きたのは去年の5月だよ

166 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 02:48:07.80 ID:Y+UsLd+/0
>>153
>>158
>細管破損が起きたのは去年の5月だよ

だからその後海水入ったまま1年半もほったらかしじゃん。錆びない方がおかしい。
停止せず動かしていたら、海水が排出されて問題なかった。

177 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 02:52:16.27 ID:niqIRzLs0
>>166
使用済み燃料棒を通常冷却で冷温停止させるのに1ヶ月以上はかかる。
燃料棒の取り出ししてないなら今も冷却中。
原発の稼動と停止は発電してるかしてないかの違い。

185 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 02:56:01.60 ID:G8AQdYuK0
>>145
2号機の話はニュースでやってたからしってるけどさ
なんか腑に落ちないんだよね
三基ともメルトダウンしてて、連続3回爆発した三号機の方が放出量多いんじゃないの?4号機まで巻き込んでさ
それだけ水素が漏れて同時に放射性物質も漏れてるわけだし

なんで二号機だけ特別に多いんだ?
となるのが事故追ってた人間の反応だと思うが

204 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 03:03:52.95 ID:HqfN4enN0
危ないから無理に古いのを使おうとせず、新しく作り直したほうが良いな。

244 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 03:24:12.40 ID:HqfN4enN0
いつも不思議に思うのは、こういう話になると
原発の危険性みたいなところに話題が集中しちゃうじゃん。
でも、実際に仕様を決定してるのは安全委員会で、審査してんのは保安院でしょ?
施設がちゃんとなるか、いいかげんになるかは、あいつら次第じゃん。
なんであいつらの責任を追及する話がでてこないんだぜ?

287 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 03:56:37.82 ID:TzYi5fd20
何を批判したいのかが分からん・・・
少なくとも今回腐食を発見したのは
褒められこそすれ批判されることではないと思うんだけどな

反原発だから無理やり批判してんの?

295 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 04:03:01.15 ID:mICB81el0
>>287
まぁここで批判するから原発関係者は
「もう国民に説明しても無駄だから安全だって言っとけ」って話になるんだろうな。

検査して欠陥が見つかったんなら検査の意味があったってことだから本来よいことのはずだし。

でもここぞとばかりに反対派に扇動されて国民が糞みそで批判するから無理ゲーになって原発関係者も頑なになって・・・
ってことだろ

そうかといえば、政治家は政治家で利権のために無理やり誘致するから活断層の上に原発作るし。。

要するに教育でも外交でもそうだけどこの国は戦後、政治的な混乱状態にあるから
何一つ道理が通らなくなってるんだよな。

そんな状態で原発を運用するのは危険だ。


299 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 04:07:37.53 ID:MqQcJ51M0
>>287
何故褒められる事なんだ?当たり前の事だろうに
そもそもの原因考えような

300 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 04:08:39.38 ID:7TDfP9FC0
>295
海水流入の時点で腐食は予測すべき事項であって、点検で見つけたからいいってもんじゃない
騙されてるんじゃねえよw
腐食の次に来るのは機器動作不良とか計測器不良とか漏洩とか
漏洩の処置ができないようだと、接近作業が厳しくなる
次々に予測して保全しないと、だんだん打てる手が減っていくんだから
最低限の予防措置はしなきゃならんのに、何ヶ月も経って「やっぱり錆びました」ってんだから
批判されても仕方ねーだろ

302 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 04:12:06.31 ID:TzYi5fd20
>>295
だからこの件に関しては別にいいんだけど
とにかく原発は危険だから反対ってことでしょ?
だったらそう言えばいいのに(俺自身別にそれはどっちでもいいしw)
なんでこの件がダメみたいになるのかが分からなかった

寧ろよくやったほうだろって話なのにさw
だったらどういう管理がいいんだよって思っちゃったw

>>299
曲がりなりにもちゃんと管理をしてたから
他人にレスをする時にはまずレスを読んでからにしてね
同じことを何回も言うのはあまり趣味じゃない

311 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 04:15:42.75 ID:MqQcJ51M0
>>302
発見した事自体を叩いているとでも考えてるのか?
この記事を読んだ殆どの人の考える事が
「おいおい大丈夫かよ?」だと思うぞ

320 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 04:18:53.70 ID:TzYi5fd20
>>311
いやだから
他人にレスをする時はまずはその他人のIDを抽出して欲しいんだけど
(これは専ブラを使えば簡単に出来る)

管理がなっていないというところから始まった話なのよ
横レスをしてくるのであればそういう流れはちゃんと掴んでほしいな
同じ事を何度も言うのは趣味じゃない

324 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 04:20:56.15 ID:MqQcJ51M0
>>320
管理が出来てりゃ、停止程度でこんな事態に陥らないだろ
それとも施工の時点で欠陥だったのか?
それならより悪い

325 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 04:21:56.06 ID:TzYi5fd20
>>324
だからこさ去年の5月に・・・
ってこともレすしてるからもう俺の過去レス読んでね

328 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 04:25:32.83 ID:MqQcJ51M0
>>325
だから普通に停止しただけで、何で海水が入ってくるんだよ?
それが良く管理された原発で起きる事なのか?
今回の件だけ摘んで良くやったとか本気で思っているなら池沼レベル

346 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 04:35:40.98 ID:VTFw80lo0
停止したから逆流したんだろ?


全部菅直人が悪い。
講義も聞かず研究もしない論文修士で再臨界すら知らない核の専門w

354 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 04:42:03.13 ID:LqxVg9J00
>>346
定期点検時と同じ停止作業をとったら作業ミスで海水流入→溶接ミスのあった箇所で破損

356 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 04:43:18.57 ID:e59olh7q0
>>1
>蒸気を冷却して水に戻す復水器の細管43本が損傷し、海水約400トンが流入

既存施設の安全の根幹が論理的にも、現実の現象としても完全に破綻してるじゃねーか

357 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 04:44:01.97 ID:OT4+FGjn0
>>354
やっぱり止めなけば問題なかったじゃん

360 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 04:45:51.99 ID:TzYi5fd20
>>356
まあそれはちょっと違うんだな
多分、この件は表面復水器の仕組みを知らないと
何が問題だったのかわからないかもね

参考になるURLを置いとこう
http://www.hitachi-hgne.co.jp/nuclear/product/abwr/turbine/fukusuiki/index.html

363 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 04:51:45.02 ID:L3e7qADv0
>>357
どのみち定期点検で止めるんだけど。


366 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 04:52:28.25 ID:7TDfP9FC0
>360
表面復水器って連呼するとにわかっぽいからやめろw
それから今回の事故は復水器の構造と直接は関係ないだろww

368 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 04:55:59.68 ID:TzYi5fd20
>>366
実際に復水器と表面復水器の違いが分からない人が
もともと復水器には海水を注入するものなのになんでふh速が問題になるのか?
っていうレスがあったのよ
君は他人にレスをする時に他人のレスを読まない方の人なんだね・・・

本来は冷却するためにしか使わない海水と蒸気は混じらない構造だったんだけど
緊急停止を掛けたことによって混ざってしまったということが問題で
これは昨年から懸念はされていたこと
大丈夫だと言う人もいたけど結局こういう腐食があったということはその人の意見は間違っていたってことでしょ

それを発見できたのに何の問題があるの?

459 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 06:44:34.37 ID:O3muUusn0
やっぱ老朽化はトラブル頻発するので耐用年数で管理した方がいいな
地震や津波にも耐える安全な原発新しくつくる方がいいよ
エネルギーが何も無い日本では原発必要

473 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 07:11:54.43 ID:pRd0Mki10
>>459
その意見、原発推進者に通らないから。
原発の安さは安全の安さ。耐用年数を引き伸ばししなければ、
原発として価値が無いから。
耐用年数30年にしたら周囲の理解も得られようが、それだと
高くつくから60年以上にしたいんだよ。推進派は。

479 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 07:25:20.36 ID:TtUwJdEy0
>>473
どうかなあ。
もっと単純に、自分達世代で廃炉費用のババを引きたくない、じゃないかな。
いずれにせよこれで、日本の売りだった沸騰水型の原子炉は基本ダメって事で終わりかも。
よそ様は大抵加圧水型って事を考慮すると、原子力開発から足抜きして核融合にリソース突っ込んだ方がいいと思う。

591 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 13:44:45.98 ID:p0NWAsGp0
ようは菅直人の余計な口出しで原子炉が壊れたわけか


福島第一原発と同じ原因で壊れたわけだ

何人国民を殺したら気が済むんだよ、民死党

603 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 14:15:22.40 ID:QgUPub7y0
>>591,593,593

調査した結果、溶接時の初期欠陥が見つかった。溶接は2001年3月に行ったという

100 名前:名無しさん@13周年 [sage] :2012/07/26(木) 02:20:02.09 ID:+3l+TDjt0
>>82
>http://www.at-s.com/news/detail/100038089.html
どうやら溶接に問題があったらしい
施工不良

 中電によると、再循環配管のふた(重さ約3・5キロ)と配管の溶接付近が破断していた。
調査した結果、溶接時の初期欠陥が見つかった。溶接は2001年3月に行ったという。5号機の別の再循環配管も調べたところ同様箇所に溶接の初期欠陥を確認した。
中電は溶接時にできた欠陥が使う中で損傷が進み、破断に至ったとみている。
 復水器はタービンを回した蒸気を冷やして水に戻し、再び原子炉に送る機器で、約2万1千本の細管が通っている。

605 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 14:18:53.27 ID:GuUjHDasO
稼働しても、しなくても
被害は同じだから稼働でいいじゃ~んW
って、言ってる馬鹿がいるんだが
どうなの?

641 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 15:11:24.63 ID:KHXWH9ie0
浜岡は止めて正解だろ。いまの地震予測のレベルでは一番リスクが高い地域。
大事故がおきた場合は、風向き次第で、名古屋か首都圏が大規模汚染される可能性が高い。
被害総額も福島とは比較にならんレベルだしな。

単に停止することすら満足にできない管理体制

651 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 15:31:13.42 ID:/83rqvD8O
>>641
そもそも何でそんな危険な場所に原発建てたの?

682 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 17:08:01.69 ID:DQP5OWyCO
>>603
本当に何から何まで駄目だな。中部電原子力部は管理やくそメンテが東電レベルだ。

配管なら数年前から防腐剤入り塗装ものやら防腐処理済みのパイプなんざいくらでもでまわってるし。

東電と原子力における腐敗体質は同様とこれで決定だね。東電とともに中部電原子力部は
原発扱う資質なしだ。
それ以前に津波危険地帯指定地区だけに、
日本海側と違い、浜岡原発自体最悪の立地だからお断りだけど。


712 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 19:47:17.43 ID:SQeg4S360
>>651
建てた時は地質的に危ない場所とは思われてなかった。後から危険地帯と
分かったけどせっかく建てた原発だからずっと使っちゃおうという発想。


716 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 20:05:44.94 ID:zw+rm4rC0
>>712
建てる前からあそこの地盤はダメ出しされてただろ。
単に「大丈夫」「問題ない」「安全だ」って強引に押し切っただけだ。

721 :名無しさん@13周年:2012/07/26(木) 20:48:45.82 ID:e9NiAUUO0
>>682
そういや、原発内部の配管のメーカーが別々で、繋ごうとしてもサイズが合わなくて無理やり接合させている。
なんて噂をどこかで見た気がするんだけど、実際どんなもんなんだろうね?


http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1343234946/l50/../人気ブログランキングへ

ニュース【原発事故】東電、事故当時の官邸介入を批判 「無用の混乱を助長させた」…最終報告書を発表

1 :きのこ記者φ ★:2012/06/20(水) 22:17:12.95 ID:???0
東京電力は20日、福島第1原発事故の社内調査委員会の最終報告書を発表した。
事故直後の菅直人前首相の現場視察や、吉田昌郎前所長への問い合わせなど官邸の介入を
「無用の混乱を助長させた」と批判。事故悪化につながったと指摘された、社員の原子炉の冷却装置の
操作不手際についても非を認めなかった。

報告書はA4判352ページ。事故原因を「想定した高さを上回る津波の発生」と分析し、
「最新知見を踏まえた対策を実施してきたが、結果的に甘さがあった」と集約した。

また、事故があった11年3月11日以降、官邸から吉田氏への問い合わせが相次いだことについて、
「現場実態からかけ離れた要求で、所長を(現場と官邸対応で)板挟みにするばかり。
事故収束の結果を改善するものではなかった」と指摘。
「事故対応における大きな課題で、当社を含め関係者は大いに反省すべきだ」とした。

政府の事故調査・検証委員会は昨年12月の中間報告書で、1号機の冷却装置「非常用復水器」(IC)や
3号機の冷却装置「高圧注水系」(HPCI)の操作の習熟不足や対応の遅れを指摘したが、
「運転員に必要な知識はあった」「遅れがその後の対応に影響を与えたとは考えられない」と反論した。

一方、菅氏らが主張する東電の「全員撤退」問題は改めて否定した。社内で退避基準の議論をしたことや
清水正孝前社長と官邸側のやりとりなどを振り返り、全面撤退の要因を「清水社長(当時)と海江田万里経済産業相(同)
らとの電話連絡で、言葉の行き違いで認識に誤解があった可能性は否めない」とまとめた。
調査委員長を務めた山崎雅男副社長は記者会見で「対応に不作為はなく、その時々にできることをしてきた」と総括した。

社内事故調は、山崎副社長をトップに幹部8人で構成。11年6月に社員らの聴取を始め、
同12月に「主要設備は地震で損傷していない」などとする中間報告書を公表した。
同事故をめぐっては、国会、政府、民間も原因を調査。民間は2月に報告書を公表し、
国会は今月、政府の最終報告書は来月中に公表の予定。

http://mainichi.jp/select/news/20120621k0000m040059000c.html

113 :名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 22:54:31.90 ID:98E2viog0


じゃあ仮に官邸が介入しなかったら、無能東電は円滑に事故処理できたのか?ああ?

305 :名無しさん@13周年:2012/06/21(木) 00:08:13.86 ID:904kL2BU0
>>1

東電、「自分のところで出来る」 米支援は不要と判断
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110318-OYT1T00578.htm
東電、廃炉がもったいないので海水注入を拒否、事態悪化招く
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032001000434.html
東電、手間がかかるからと 「鉄道だけ電力供給は不可能」 とウソの報告
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110315-OYT1T00535.htm

東電、「119につながらない」 と火災を4号機放置
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110316-OYT1T00486.htm
東電、煙で火が見えなくなり 「鎮火」 と報告、4号機炎上中
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110316-OYT1T00486.htm
東電、「2号機圧力低下」 発表は単位換算ミス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110317-00000089-yom-sci
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110317-OYT1T00089.htm
東電、2号機注水ポンプから目を離した間に燃料切れて炎上
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110314/dst11031420400124-n1.htm
東電、福島第一原発と本店の専用通信回線を誤って切断
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110317-OYT1T00291.htm

319 :名無しさん@13周年:2012/06/21(木) 00:11:35.07 ID:pV3d4nwX0
そもそも 加害者企業が「事故調査報告書」を堂々と発表することが、おかしいんだけどね
http://tsuredure-life.seesaa.net/article/276255179.html

334 :名無しさん@13周年:2012/06/21(木) 00:23:44.85 ID:wotwKf1V0
>>319
普通は客観的事実の開示から始まって、事故及び事故前後の経緯、原因の分析、対策などが報告されるものなんだけどね。
だから、当事者である企業が調査報告する意義がある。

でも、この報告じゃ何一つわかりゃしない。
政府の介入を弱め、事故の際には「原発の専門家」である規制委員会に仕切らせようという方向に沿った内容。
ついでに現政権の力を削ぎたいという政治家サイドへの配慮。
更に俺は悪くないという自己弁護。

そんな物でこの報告書は作られている。

391 :名無しさん@13周年:2012/06/21(木) 01:02:36.49 ID:kT3R5bw80
>>334
>政府の介入を弱め、事故の際には「原発の専門家」である規制委員会に仕切らせようという方向に沿った内容。

規制庁の分離独立はIAEAやアメリカからの指摘に沿うもの
文句があるなら国際舞台で堂々と言ってくれば?

394 :名無しさん@13周年:2012/06/21(木) 01:04:33.45 ID:wotwKf1V0
>>391
分離独立と事故の際に仕切るかどうかは別問題。

613 :名無しさん@13周年:2012/06/21(木) 09:49:08.14 ID:7nmIZOYa0
「官邸が、官邸が…」と東電、自己弁護ばかり
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120621-OYT1T00201.htm

> 事故発生翌日の昨年3月12日、菅氏は同原発の吉田昌郎所長(当時)に電話した。菅氏と、途中で電話を引き継いだ
>知人は数十分間にわたり、米スリーマイル島原発事故(1979年)を参考にした原子炉の冷却方法を提案。だが報告書は
>「実態と乖離した指導だった」と批判した。
>
> 不十分だった住民への情報発信についても、爆発した1号機の写真を無断で公表したとして官邸から注意されて以降、
>許可なく発表できなくなったと官邸の責任に言及。3号機の格納容器圧力が上昇した3月14日には、官邸の了解が得られず
>公表が遅れたとした。
>
> 「津波に対する備えが不十分だったことが根本的な原因」と事故原因を総括したが、2008年春に最大15・7メートルの津波
>を試算していたことについては「仮の試算に過ぎない」とし、設備対策を講じなかったことを正当化。「結果的に炉心損傷を防止
>することができず、大変申し訳ない」と陳謝しながらも、「史上まれに見る大きな津波だった」「まさに知見を超えた巨大津波
>だった」と繰り返した。


これ、東電はちょっと調子に乗りすぎじゃないのかね
ガバメントを超える、マスコミ・地方自治・議員・地域住人を牛耳ってもあり余るような絶対権力ホルダー、
スーパーガバナンスの出現ですから、自民公明の先生がたも、党派でこれに乗っても次に同じ目に
遭うのはあなた方ですよ
幸運に政権奪回できたとしても、終わらない原発事故復旧でちょっとでも楯突こうものなら、電力会社は次の
乗り換え先を探す、奴隷の政治が待ってるだけですよー

623 :名無しさん@13周年:2012/06/21(木) 10:05:53.42 ID:a4K9+Fuz0
>>305
東電が廃炉が嫌だから海水注入をしなかったとかいう話は、事故初期に流れたデマだったじゃないか。

後の調査と報道で検証されたけど、海水注入を積極的に提案したのが東電で、海水を入れたらどうなる
か、再臨界してしまうのかとを懸念したのが菅総理だった。結局、東電側は、官邸に内緒で海水を注入し
続けたわけで。


560 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2012/02/28(火) 15:03:50.60 ID:x+SbWxEJ0
Mプラス:テレビ東京
●ずさんな対応明らかに

福島第一原発の事故の検証を進めてきた民間の事故調査委員会は、報告書をまとめました。
報告書では事故発生時の政府のずさんな対応が明らかになりました。
この報告書は科学者や法律家などで構成する「福島原発事故独立検証委員会」が
菅前総理大臣を含め、事故当時、官邸で対応にあたった政治家や専門家に話を聞き作成したものです。
報告書は3号機への注水について、現場で進めていた海水の注水準備を、
官邸の「淡水を優先すべき」との意見を受けてやり直したために作業が遅れたなど、
役割分担を飛び越えた官邸の介入を批判しています。
さらに当時の福山官房副長官は「細かいマニュアルを当時知らなかった」と述べるなど、
政府が基礎的知識に欠けていたことがわかりました。
また、当時官房長官だった枝野大臣は情報がない中、記者会見であいまいな答弁に終始したということです。
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/mplus/news/post_16296/

634 :名無しさん@13周年:2012/06/21(木) 10:18:01.66 ID:JHH7KMSk0
>>623
×結局、東電側は、官邸に内緒で海水を注入し続けたわけで。

○結局、吉田所長は、(海水の一時停止を命令してきた)東電本店に内緒で海水を注入し続けたわけで。



654 :名無しさん@13周年:2012/06/21(木) 10:35:45.67 ID:jBotx/6s0
そもそも全電源喪失が、有り得ない事態だからなあ
東北電力の女川の方が震源に近く、震度も津波の高さも上だけど冷温停止できたのに対して
なぜ福一は全電源喪失なんて事になってしまったんだ?

もともと全電源喪失なんて想定外だったからその様な時のマニュアルもないし
炉心融解も水蒸気爆発も止められない結果だった

662 :名無しさん@13周年:2012/06/21(木) 10:43:57.24 ID:J8qvIWK60
>>654
東北電力は地震と津波は必ず来ると想定して対策してたからでしょうね
http://ime.nu/www.jnes.go.jp/content/000015486.pdf

769 :名無しさん@13周年:2012/06/22(金) 00:42:55.38 ID:6QyjJO170
「最新知見を踏まえた対策を実施してきた」
「主要設備は地震で損傷していない」
「運転員に必要な知識はあった」「遅れがその後の対応に影響を与えたとは考えられない」
「対応に不作為はなく、その時々にできることをしてきた」

それなのにあんな事故が起きたのか、原発の再稼働はやめるべきですね

770 :名無しさん@13周年:2012/06/22(金) 00:45:28.05 ID:0johT7V20
>>769
型があわない非常電源車とか無かったことになっているのかw

775 :名無しさん@13周年:2012/06/22(金) 05:56:41.21 ID:VT+sSD3L0
>>770
自衛隊のが軍事用で型があわなかっただけで、
それより前に型が合う非常電源車が到着していたことがわかってるからね。

実際は何の影響もないことを、プロパガンダで流してるバカがいるだけ。

778 :名無しさん@13周年:2012/06/22(金) 06:25:36.13 ID:VT+sSD3L0
>>775
政府事故調の中間報告書ぐらい読め。

政府が派遣した自衛隊電源車両の規格が違ったことは、何の影響もない話であることがわかる。

863 :名無しさん@13周年:2012/06/23(土) 15:10:52.09 ID:m9WZV9xBO

缶は、爆発する前から介入始めてる

無知なんだから余計なことするなってことだよ


865 :名無しさん@13周年:2012/06/23(土) 15:12:46.25 ID:4ebJIuDl0
>>863
爆発する以前から事故は始まってるんだけど。

869 :名無しさん@13周年:2012/06/23(土) 15:50:33.66 ID:MsRjt7ja0
>>865
だから菅の介入でポポポーンしたんだろ?

専門家+米軍へ依頼なポンだったかも知れないしギリギリ回避出来たかもしれない

全ては可能性の問題だがw

871 :名無しさん@13周年:2012/06/23(土) 15:56:36.87 ID:4ebJIuDl0
>>869
菅が介入しなかったらポポポーンしなかったのか?

全ては可能性の問題だが。

872 :名無しさん@13周年:2012/06/23(土) 15:58:31.29 ID:MsRjt7ja0
>>871
結果として菅は介入してポポポポーンしたんだから

菅が介入してポポポポーンしない可能性は0%で確定

あとは介入しない場合の可能性しかないだろw

873 :名無しさん@13周年:2012/06/23(土) 15:59:22.00 ID:7dJSig2u0
>>871
つーかさー、そんなに早くにアメリカも介入できないし、
菅自身も原子力関連機関の余りにもの無能さに
振り回されてた状態だったんだろうて。



876 :名無しさん@13周年:2012/06/23(土) 16:04:52.84 ID:4ebJIuDl0
>>872
じゃあ、あくまで「菅」と「今回の事故」のみの問題という事だね。

それを「政府の介入」に拡大解釈する事も、今後の対応に活かす事もほぼ不可能。

状況の捉え方としては価値は無に等しい。
(菅を批判するという目的に於いては価値を認めることができるが。(苦笑))

877 :名無しさん@13周年:2012/06/23(土) 16:05:01.74 ID:MsRjt7ja0
>>873
日本には在日米軍という便利なモンがいたりするし、自衛隊と違って原子力用のホウ酸から純水から
対応部隊までいたりするから11日夜には福一に到着可能だぞ?

879 :名無しさん@13周年:2012/06/23(土) 16:07:36.53 ID:MsRjt7ja0
>>876
そりゃそうだろw
想定外の大津波で一切合切流されるって可能性だって0%じゃないんだからw

今回の事故に対して菅の対応が間違っていた、菅が福一を壊したってこれだけの事だろう。



880 :名無しさん@13周年:2012/06/23(土) 16:09:47.85 ID:7dJSig2u0
>>877
内政干渉だよな、明らかな。

そんな事簡単に出来るわきゃない。
それに、事故当初にそんな事すれば現場混乱で
もっと酷い事になりかねないのでやれないって。



881 :名無しさん@13周年:2012/06/23(土) 16:10:33.22 ID:4ebJIuDl0
>>879
今回の事故のみの事と、想定され得る事故の可能性を綯い交ぜにして語るのはやめなよ。
ワザとでなければ馬鹿にしか見えないよ。

887 :名無しさん@13周年:2012/06/23(土) 16:25:29.22 ID:MsRjt7ja0
>>880

元々原子力船用の資材を持っているだけだし、原発事故の対応は内政干渉にはならんだろw
元々アメリカ製の原子炉なんだからw

官邸に行くのではなく現場に行くんだからw

>>881
想定される事故も菅が邪魔しなかった場合も全て可能性でしかないだろw

菅が米軍の援助を仰ぎ、東電社長を速やかに帰京させ全て協力する体制でどうだったかなんて誰にもわからない

888 :名無しさん@13周年:2012/06/23(土) 16:28:19.44 ID:9XbOmTZC0
>>887
それで結局、全電源喪失を想定してなかった、これまでの原発行政は悪く無くて
菅が全て悪いって結論に至るわけでしょ

さっきから、馬鹿丸出しだな

892 :名無しさん@13周年:2012/06/23(土) 16:39:54.44 ID:MsRjt7ja0
>>888
事故対応の話だからだろw

全電源喪失=ポポポポーンではない
早期ベント+注水で防げる事故だったけど?

お前が言っているのは交通事故で例えれば
病院に運び込まれ半日放置されて死んだ患者の医療体制を批判している時に
そもそも車が走っているのが悪いと言っているだけだw

福一の体制に問題があると菅なり海江田が思うなら延長許可を出さずに改修命令を出せば良かったんだろ?

要望で原発止めるだけの権力があるんだからw


893 :名無しさん@13周年:2012/06/23(土) 16:44:24.03 ID:9XbOmTZC0
>>892
だから、全電源喪失想定してこなかった、原発の専門家さん達は悪く無いんですね、はいはい

895 :名無しさん@13周年:2012/06/23(土) 16:51:44.79 ID:MsRjt7ja0
>>893
>全電源喪失想定してこなかった、原発の専門家さん達


なんだw
みんなが悪いから原発壊れても仕方ないよねって意見かよw

で、全電源喪失すると必ずポポポポーンする訳じゃないんだけど?
何の為の手動ベントだ?

お前が言いたいのは40年物のご老体原発を作った時の技術者に対する批判か?
それともその後の運用に際しての批判か?

最後に運用許可を出した奴への批判か?

どれだよw

896 :名無しさん@13周年:2012/06/23(土) 16:53:31.83 ID:9XbOmTZC0
>>895
民主党を含む、原発を推進してきた歴代の政権全て

922 :名無しさん@13周年:2012/06/23(土) 17:46:54.48 ID:4ebJIuDl0
指示が出ようが避難完了していようが、ベントの準備は整っていなかったのか。

まあ、原発事故ったら直ぐに避難命令を出すべきなんだろうな。経済的損失や傷病者はじめ様々なリスクが有るけど。
そうしないとイザというときにやるべき事が出来ない。

電力会社は勿論、廃炉も視野にいれたあらゆる措置を直ぐに実施できる様に準備をしておかなければならない。そうでなければ怠慢だ。

923 :名無しさん@13周年:2012/06/23(土) 17:47:27.24 ID:j+FpGbSh0
ベントを失敗して爆発させたのは東電。 これだけはガチ

「ベント成功!」発表の1時間後に爆発って、アホスギダロ
まあ、原発なんて所詮、人間の手に負えるものじゃないってことだ。

925 :名無しさん@13周年:2012/06/23(土) 17:52:06.02 ID:7dJSig2u0
>>923
そもそも、ベント機能自体元から有効に機能するようにはなっていなかったかも?
というような話も有った気が。

取り敢えず付けておけば言い訳が聴くレベルの。

933 :名無しさん@13周年:2012/06/23(土) 18:16:36.82 ID:j+FpGbSh0
>>925
だろうね。 事故は起きないとタカをくくっていた。
だから安全装置も事故の8年前にコストが掛かると勝俣は外している。

「ECCS(非常用炉心冷却装置)があるから、メルトダウンしないと言ってきた。
蒸気系ECCSがあるのに、なんでメルトダウンしたのか? 」
http://www.ustream.tv/recorded/15112046

ちなみに、このECCS(非常用炉心冷却装置)は、電力のすべてが失われた事態を考慮して、
炉心の崩壊熱による蒸気を使用したタービンによってポンプは駆動される仕組み。原発の安全は多重に防護され、
この装置は全電源喪失した最悪の場合に機能する「最後の砦」。

調べた結果、平成15年(小泉内閣)に、その最後の砦である蒸気系ECCSが「一度も使った事がないから」と、取り外されていたことが判明。
(使った事があったら困るだろーがって、何の為の安全装置なんだと)

この非常冷却装置の取り外しを申請したのは当時社長だった現会長の勝俣恒久。
「事務系の社長は安全より収益を優先していた。東電関係者」(週刊文春6/9号)


http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1340198232/l50人気ブログランキングへ

学ばないブログ
忍者AdMax
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ