1 :影の大門軍団φ ★:2012/01/02(月) 08:51:51.15 ID:???0
2011年発行本の中から厳選し、2012年を読む【テーマ別書評】。
エコノミストの森永卓郎氏が「正しい『経済論』」をテーマに選ぶのは、この3冊だ。

(1)『ショック・ドクトリン 上・下』(ナオミ・クライン/岩波書店)
(2)『サムスン栄えて不幸になる韓国経済』(三橋貴明/青春出版社)
(3)『日本再生を妨げる売国経済論の正体』(上念司/徳間書店)

リーマンショックで瀕死の重傷を負った投機資金が、その後の金融緩和で息を吹き返し、
欧州で大暴れをしている。彼らが過ぎ去った後に残されるのは、福祉が斬り捨てられた弱肉強食の資本主義社会だ。

(1)によると、市場原理主義への構造改革は、惨事に便乗する形で行われる。
サッチャー改革、9.11後のブッシュ改革、チリの軍事クーデター後など皆そうだ。

その意味で97年の金融危機でIMF管理下に置かれるという惨事に便乗して、
韓国で行われた構造改革の結末を伝えているのが(2)だ。サムスンは栄えたが国民は不幸になった。

実は野田内閣も、東日本大震災の惨事に便乗して復興増税や消費税引き上げを進めようとしている。
(3)は、その政策の正体と日本経済への影響を分析した好著だ。

金融緩和をするだけで円高もデフレも止まり、増税も不要になる。
それをしないのは、いまが強者に有利だからだ。日本は間違いなく超格差社会への道を歩んでいる。
http://www.news-postseven.com/archives/20120102_77610.html


32 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 09:04:33.89 ID:RXyEOxID0
小泉が金融緩和デフレ解消円安を堅持して格差を作ったと批判されたが
民主党が国民生活に言いという円高デフレの方が格差拡大につながることを
マスコミは決して言わないし批判もしない


39 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 09:07:35.57 ID:o/nMH2GT0
>>32
小泉のやったことって何ひとつ間違っていなかったよな

50 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 09:10:46.67 ID:Wr7oMuUl0
>>39
外交以外はほぼ間違いだな。
小泉が正しかったのは、金融緩和を容認したことぐらい。
他は、ほぼ全滅状態。

64 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 09:14:19.23 ID:RXyEOxID0
>>50
不良債権処理もやったし社会保障費用の抑制もやったがそれらも間違いなのか?

どうせ派遣解禁して格差作った!とマスゴミの宣伝を鵜呑みしてるだけだろうキミ

71 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 09:15:40.20 ID:H4ZWqsro0
未だにこんな都市伝説レベルのウソを喚く自称経済学者がいて混乱する。

ゼロ金利なのにこれ以上もう金融緩和なんか不可能。
元の金利がな5%あった時の1%緩和と、
0.1%の時の緩和と、
経済効果は雲泥の差。

今更に金融緩和ができたと仮定(そんな手段はないが)しても、
プラスの経済効果とマイナスの経済効果では、マイナスが大き過ぎ。




193 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 09:55:37.13 ID:ViQWd5/c0
>>71
金融調節の手段が金利しかないとおもっていおまえは無知。日銀は自分で刷った円で市中の有価証券を好きなだけ買いオペできる。

313 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 10:41:36.64 ID:sLUQTzwz0
マネーサプライはアメリカもヨーロッパの大幅に増やして
財政赤字も増えて景気は全く良くならなかったんだが、
なんで日本ならよくなると断言できるのかわからない。

479 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 11:49:45.41 ID:x6P2oXP80
>>742
日銀が国債を引き受けると金利が暴騰する方がおかしいと思うが

492 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 11:52:40.94 ID:IHUI6JV20
>>479
あがらなおかしいでしょ
無尽蔵にマネーサプライが増加してゆくんだぜ? 

金利ってのは100万円分の金かしたら1年後に当時の100万円分+α価値を要求する
もの。 

501 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 11:55:32.15 ID:hGW59t8R0
インフレにしろっていう人がいるけど、インフレになったらなったでまた問題が発生する。
インフレになれば全て解決!と思ってる人は、少し考え直せ。
円高だって一長一短だからな。

502 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 11:55:36.48 ID:x6P2oXP80
>>492
上がるのはベースマネーです

507 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 11:57:53.98 ID:IHUI6JV20
>>502
ベースマネー増えればマネーサプライ増えますが?

510 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 11:58:41.91 ID:x6P2oXP80
>>507
貨幣数量説は成り立ちません

521 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 12:01:10.58 ID:IHUI6JV20
>>510
意味が不明です 
マネーサプライのM1指標が増加すればマネーサプライは当然増えます

524 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 12:02:22.42 ID:FO1WCRw+0
>>501
インフレにしてデフレを帳消しにしろと言ってるんだ
無限にインフレし続けろなんて言ってる奴はいない
ハイパーインフレ怖いなんてアメリカやユーロが何やってるか知らないか、すでにマネー持ってる奴が言ってるだけだ

530 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 12:03:57.19 ID:2Sw3nnOH0
>>521
貨幣乗数効果から勉強しなおしてください
M=α△H
M=マネーサプライ、α=貨幣乗数、H=ベースマネー

534 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 12:04:38.76 ID:NDY9SISz0
>>524
一般的な人はハイパーインフレ恐いじゃなくて
通貨切り下げて無理矢理インフレにしても問題は何も解決しないから嫌がってるんじゃないかね?
アメリカもユーロ圏も物価が上がっても雇用も景況も何も改善してないしさ

541 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 12:06:40.66 ID:IHUI6JV20
>>530
君は数式の意味を理解しなさい
α>0を前提とし
H→∞は M→∞ を意味するでしょうに。。。高卒ですか?

549 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 12:08:22.15 ID:BGmOjfMB0
>>193
知った振りをしてこの程度の浅い知識。
基本、日銀は日銀法の縛りが有って、円の価値を無闇に下げる手段を取れない。
CPオペやその他の有価証券買入オペなんかは、
日銀の本来のスタンスから逸脱した金融緩和手段。
国債買入オペでさえ、国家財政を悪化させる恐れがある禁じ手に近いものなのに、
政府や官僚が自己利益しか考えないバカで責任転嫁して、
日銀に付け回しをしているだけ。

今まで政策で対応すべき事を先延ばしして、状況を悪化させた末が、
現在の姿。
ポリシーミックスを整合して行わないからこうなる。
日銀の活動は基本カンフル剤薬。
心臓外科手術は財務省の仕事。





552 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 12:10:10.30 ID:2Sw3nnOH0
>>541
本当に経済学の本読んだまたは講義寝てた?
貨幣乗数が3と0.001だったらどういう結論になるか中学生でも分かるよ
米国の貨幣乗数も低下しているためFRBも悩んでいるんだよ。

558 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 12:11:50.69 ID:FO1WCRw+0
>>534
なるほどねー
確かに「よくわからないけど今すぐ景気よくならないならどうでもいい」っていうのはあるのかも
そこも含めて、それこそ政治家の説明責任って奴だと思うんだけども

567 :552:2012/01/02(月) 12:16:21.75 ID:2Sw3nnOH0
>>541
悪い。数字を強調する余り極端な数字を出してしまった。
今のアメリカの貨幣乗数は3倍程度だ。ベースマネーを
がむしゃらに増やしても信用創造機能が著しく低下しているから市場に金が回りにくい。

583 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 12:20:50.50 ID:NDY9SISz0
>>558
>>1も含めてインフレインフレ叫ぶ人たちの多くが
インフレにしただけで景気が良くなり、雇用が回復し、増税が回避できて、財政赤字も削減できると主張してる
そしてアメリカやユーロ圏はもうやってるんだから日本も同じことをしろと

ところがアメリカやユーロ圏が経済の立て直しに成功してるようには到底見えないし
インフレになったら改善する、と言われるものは何一つ解決していないように見える
リーマンショック前の比較的健全に見えたアメリカ経済をまねろというなら説得力があるけど
明らかに不健全な今のアメリカ経済をまねる意味が普通の人には理解できないはず

608 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 12:28:20.84 ID:IHUI6JV20
>>552
それに乗数が効果が0.0001?

乗数効果は、1/(1-貯蓄性向)だよ? これが1を下回ると言う条件
貯蓄性向の負にならないといかんのだが? 

614 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 12:31:26.51 ID:2Sw3nnOH0
>>608
だからミスだってば。数学の話だけで考えてしまった>>567

620 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 12:33:42.02 ID:jf7NLcay0
金融緩和なんかしまくってるじゃん
それでも企業融資に回ってない現状をよく考えてみろよ

623 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 12:35:30.82 ID:QiFzuK9b0
>>614
知識浅すぎない?>>608は致命的にやらかしたんだぞ

>>608
乗数効果にもいろいろあってな、M=μHのμはこれ、貨幣乗数っていうんだ
貨幣乗数は分子に(現金預金比率+1)、分母に(現金預金比率+銀行の準備率r)がくるんだなあ
μが負にならないというのは、このrが、0<r<1だからなんだよ

642 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 12:41:38.05 ID:IHUI6JV20
>>620
この人は金融政策をなんとかすれば
国がなんとかなると思ってるんだよw 

信用収縮進行中の現在
精々堆積してる消費にも投資にも向かない金を国家が回収して流すくらい。 
問題はそれがどこにあり、どこから取るかw  

672 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 12:52:40.81 ID:zA/SE7500
日本は構造的不況だから結果としてデフレになっているので、
デフレはどうやっても治らない。
労働人口は1997年まで100万人ずつ増えていたが、
ここから停滞期に入り、
今年は55万人の減少に入った。
http://www.stat.go.jp/data/roudou/longtime/03roudou.htm

市場の需要である労働者のパイが小さくなっているので
どうやってもデフレになる。

679 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 12:55:18.21 ID:jf7NLcay0
>>642
>この人は金融政策をなんとかすれば国がなんとかなると思ってるんだよw 

森永に限らず多くの人間がそういう勘違いをしている
金を刷ればすべてOKとか

根本の問題は産業がいかに収益を上げられるようにするかということであって
それにはどこにマーケットや利益を見出していくか、地道な努力が必要なわけで
そういうことを抜きにして制度を弄って解決出来るなんていうのは魔法みたいなもんだよ

694 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 12:59:24.65 ID:qxAeb7kr0
>>672

人口減少は本質的的な問題じゃない。人口が減るならその分一人当たりの所得を増やせばいいだけの話。

そもそも近年の人口減少は経済的な困窮による将来不安から子供を作ることを躊躇ったり自殺者が増加した結果だ。


人口減少したらデフレは避けられない経済成長もできないなどという主張は所詮、デフレ=通貨価値の上昇によって、
実質的な富の拡大と経済的支配力の拡大をもくろむ”強者”のご都合主義の詭弁だ。

730 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 13:09:15.79 ID:2Sw3nnOH0
>>694
でも人口は経済成長では重要な変数なんだよ。
一人当たりの経済効率性を上げろと簡単に言うが難しい上に、
これはたいてい人口増加(もっといえば生産年齢人口)を前提にしているから、
デフレと人口減少でパイが減っていく状況では一人所得増加は本当に難しい

742 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 13:12:14.48 ID:Bl60zHeVO
一票の格差がある限り支持政党があっても数で若者や中年層に対する政策は流される傾向にあるよね 今だって福祉や医療が最優先じゃね?

749 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 13:15:05.02 ID:qxAeb7kr0
>>730
>一人当たりの経済効率性を上げろと簡単に言うが

俺は、
一人当たりの”経済効率性を上げろ”なんて言ってない、
一人当たりの”所得を増やせ”と言ったんだ。

一般に経済効率性と所得増は一体のもののように語られるがそうじゃない、実際は対立する。
市場原理から言って、一人当たりの経済効率性(生産性)が向上するということは、
それだけ労働力を必要としなくなるということであり、雇用が失われるということであり、
結果、労働市場は過剰供給に陥り、一人当たりの所得はむしろ減る。

逆に人口が減少すれば、労働市場の供給減少によって、所得は増大する。

793 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 13:33:22.28 ID:2Sw3nnOH0
>>749
生産性が上がって失業者が増えても他の産業で受け皿が創出できれば経済は回る。
しかしこの新産業ができないから日本は苦しい。労働市場の硬直化や、女性の活用方法、
負け続ける製造業、失敗ができない社会、社会福祉が不安などいろいろあるが、
端的には日本の需要創出能力が衰えたことに尽きる

802 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 13:36:39.08 ID:whOECwhV0
>>793
そりゃこんな超円高だと企業は研究開発費に
金を回せないからな。金融機関だって融資を渋るし
経営陣だって大胆な設備投資は控える。

808 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 13:39:22.85 ID:ICHB3LgK0
>>802
>金融機関だって融資を渋るし
これがそもそもおかしいだろ
今そこに貸せよ!
それが仕事だろとあほかと!馬鹿かと!
金がある時に金蹴りる奴ぁいねぇw

816 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 13:43:13.00 ID:NDY9SISz0
>>808
実際は銀行はすげえ簡単に金貸してくれるぞ
貸し渋りなんてものはここ10年で一度も起こった事がない
ただサラ金じゃあるまいし金の無い奴に貸す商売でないだけだ

829 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 13:48:07.97 ID:ICHB3LgK0
>>816
金持ってる
銀行信用してないから内部留保たくわえてた企業には借りてくれってイッテルなw
馬鹿なんじゃねぇか?www


833 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 13:51:29.65 ID:NDY9SISz0
>>829
だから内部留保は資金じゃねえっての
共産党じゃあるまいし無関係なものを持ち出すのはやめよう

836 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 13:52:20.15 ID:qxAeb7kr0
>>793
サプライサイドの発想だな。
あいかわらずセイの法則の世界を生きているようだが、現実は違う。
供給が需要を生み出すのではなく需要が供給を生み出すのだ。

結局、その他の産業(新産業)もその産業の需要者=消費者がいなければ成り立たない。

結局、需要者=消費者にその新産業が生み出した新製品を購入し得るだけの十分な可処分所得が無ければ新産業も成り立たない。


846 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 13:57:43.53 ID:rgEHn4350
インフレは庶民にとって悲惨なんだけどな
だから、中銀はインフレを制御するために存在してるの


あのね、インフレだからって給料はあがるとは限らない
物価はキッチリあがるけどねw

860 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 14:02:34.20 ID:2Sw3nnOH0
>>836
セイの法則じゃないよ。今は供給過剰のデフレなんだから投資なんてしない
「絶対に雇用を減らすな!」では、企業のコスト増で質の高い投資は生まれにくいし、
雇用はバイトだらけになるし、リストラで失業者になったときは受け皿産業もない。
だから社会改革が必要ってことだ。体質改善だよ。

861 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 14:02:35.03 ID:npOg1IXI0
>>846
現状、デフレでもっと悲惨な状態なんだけど。

867 :名無しさん@12周年:2012/01/02(月) 14:04:58.53 ID:qxAeb7kr0
>>833

共産党が企業の内部留保を問題にする場合、
設備や不動産等の固定資産ではなく、あくまで”流動資産(現預金等)の部分を見て言ってるが?

内部留保 雇用のため使えないのか
大企業の言い分を検証する
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2009-02-13/2009021303_02_0.html

内部留保の記述修正 200兆円もの現金・預金/経団連・経労委報告(「しんぶん赤旗」2月18日付)
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/3567.jpg


そしてこのことは実際に共産党(赤旗)と対極に位置する産経ですら認めてるわけだがw

企業の現預金、過去最高200兆円突破 使い途なく積み上がる
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110110/fnc11011021390217-n1.htm

 日銀が17日発表した2010年7~9月期の資金循環統計(速報)で、民間企業の手元資金である「現金・預金」が9月末時点で、
前年同期比5・0%増の205兆9722億円となり、過去最高に達したことが分かった。

 円高や先行き不安を背景に、企業が設備投資や雇用の拡大に慎重となり、お金の使い途がなく、手元に置いておき、積み上がった。
日銀は、「包括緩和」で市場に大量の資金を供給しているが、お金の流れは停滞しており、効果を発揮できていない実態を浮き彫りにした格好だ。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。


http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1325461911/l50人気ブログランキングへ