いてつくブログ

2ちゃんねるのスレッドをコピペしてまとめてみるブログ

大河ドラマ

ニュース【テレビ/ドラマ】「平清盛」番宣ウンザリ!「家族に乾杯」「歴史ヒストリア」にも便乗

1 :五十京φ ★:2012/01/09(月) 19:54:08.07 ID:???0
きのう8日(2012年1月)にスタートしたNHK大河ドラマ「平清盛」はまずまずの評判のようだが、まあ、昨年暮れから
あれだけ前宣伝で煽れば、初回ぐらいはちょっとのぞいてみようかという視聴者も出てくるだろう。

近ごろの大河ドラマで目立つのは、他の番組を使った便乗宣伝だ。

きょう9日放送の「鶴瓶の家族に乾杯」(よる7時30分)も時間枠を拡大して「大河ドラマ『平清盛』スペシャル」と題して、
平清盛の主演・松山ケンイチと広島・廿日市市の旅で、これには翌週16日放送の後半部分もある。
水曜の「歴史秘話ヒストリア」(よる10時)も2週続けて清盛や源平ものだ。こうなるといささかやり過ぎ。
NHKのあざとさにウンザリして、かえって大河ドラマを見る気がしなくなったという視聴者が出てくる心配はないのだろうか。

(テレビウォッチ編集部) 2012/1/ 9 12:00
http://www.j-cast.com/tv/2012/01/09118217.html

73 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 20:13:33.37 ID:qWNR+5lX0
>>1
在日歴史学者の高橋を時代考証に使って
朝廷の「王家」呼ばわりを正当化しているNHKは、日本国民の受信料返還してチョンから金取れ!

100 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 20:22:49.16 ID:5A+yoyYl0
二番組ぐらいならええんちゃう?

>>73
王家は当時の言い方として別に普通だけど?
まさか天皇家と呼べとかいうんじゃあるまいなw

126 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 20:30:18.20 ID:5/DdW/uc0
なんか
王家が問題になってるらしいね
朝廷っていわないといけないの?

161 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 20:40:44.87 ID:sSNzXoH80
乳輪についてkwsk

168 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 20:42:30.77 ID:xAkGXrpj0
乳輪画像まだー?

179 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 20:45:02.47 ID:23VrTxHK0
>>161
フッキーが赤子に乳やるときに乳輪がばっちし映った

184 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 20:46:06.43 ID:YPvcOaQAP
今、NHKに電話して、失礼すぎる番組の打ち切りをお願いした。
日本の皇族では王は、「嫡子以外の男子」の呼称。
けっして白河天皇などに使ってよい名称ではない。

あとは、ここ見てほしい。
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/nhkdrama/1325123760/601-700

187 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 20:47:18.57 ID:cK2jKvZY0
>>179
うp!

204 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 20:51:32.03 ID:uY4zNVkq0
>>184

史料あるんだね。

626 :日曜8時の名無しさん:2012/01/09(月) 20:06:05.41 ID:W7ZKZx7U
「王家」という言葉を使用している日本の史料

・「聖徳太子伝暦」(917年、藤原兼輔)
・「神皇正統紀」(1339年、北畠親房)
・「大宝令」(701年)
・「養老令」(757年)
・「玉葉」(1164~1200年、九条兼実)
・「吾妻鏡」(1300年頃)
・「平家物語」(1309年以前)
・「花園天皇宸記」(1310~32年)
・治承二年(1178)六月の紀伊国大伝法院衆徒改案「夫王家之為王家(中略)任王家之帰依」
・『花園天皇宸記記』元弘元年別記十月一日条「王家之恥」

216 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 20:54:04.57 ID:cK2jKvZY0
>>204
すまんがそれのどれが具体的に皇室・内裏・天皇家の意味で表現してあるのかご教示くだされ。

250 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 21:01:51.17 ID:LNnogP/C0
白河法皇って天皇の先祖だろ?
女殺したり寝取ったり見失ったよ
もう君が代歌わない

279 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 21:09:59.97 ID:k98T4FAT0
自分、日本史に疎いのですが、清盛の実父が白河公というのはやはり一説に
あるのですか?

349 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 21:31:30.71 ID:D9Q2SCwY0
>>168 >>187
http://tvde.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/jlab-dat/k/s/dat1326021712578.jpg

378 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 21:44:24.69 ID:H5CAqYHP0
家族にかんぱいで、中国の剣がでてくるとかいってたが、なぜ日本の剣じゃだめなの?

390 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 21:56:57.91 ID:9YOINTZH0
>>378
当時は日本の鉄製品の品質は悪くて、剣に使えるような代物じゃなかったでしょ
日本の製鉄技術が上がるのはもっと後

396 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 22:03:06.19 ID:H5CAqYHP0
>>390
源平の時代の武士は、中国の剣つかってたということかぁ
ちょっとイメージかわりますな

444 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 22:52:21.99 ID:2iLmqvBW0
当時の武士が犬畜生扱いなのは地方の武士なら普段着はズタボロだったからしゃーない
ただ親父の忠盛は京で倹非違使やら警護職に就いて育って十代で従五位下の殿上人になってるエリートだからあの描写は無いな
つかむしろ白河法皇のお気に入りだと思うんだが
忠盛らは牛車にも乗れる身分だし、実際乗っていたはずなのだが。
屋敷もぼろいし。あれほど貧乏なわけがない。あれじゃ東国武士だ。
武士ということで馬にのっている描写はいるんだとは思うが。

清盛の出生譚についての葛藤もひっくり返っていて無理があった。
「何かとんでもなく高貴な生まれらしいが忠盛がいい人で育ててくれたのであえて平家で行くわ」なら分かるが
忠盛の子ではなく呪われている白河院の子(皇統だろ)に属しているなんてひどいや的な描写には違和感があった。

脚本家はどうもオイディプス王の話のごとく描きたいようだね
それから貴族と武士をどうしても対比的に描きたがっているというか
実子がいてもわざわざ養子とったりして誰の胤かとかはあまり重視されなかったという時代背景を考えると
血の繋がりというものを呪わしいものとして考慮に入れちゃうのはちょっと現代的に過ぎるとは思う

清盛が剣を引き抜くところはアーサー王がエクスカリバーを引き抜くのとダブって見えたな。
そのあとの剣を振り上げて叫ぶあたりはブレイブハートのウィリアム・ウォレスみたいだった。

女脚本家のせいかやはり少女漫画的視点が甚だしい大河になったな、という印象

462 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:02:33.73 ID:uuE7Gneq0
>>444
つーか清盛が白河院の御落胤てのはそこそこポピュラーなものなの?
別に史実に忠実じゃなくてもいいけど、それはないだろと思った

470 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:05:35.74 ID:/nPcrxIb0
歴史ドラマってのは、あくまでも史実に忠実に描いてくれないとだめだな。
それを想像力で補うのはいいけど、「江」はそこが全く逆になってた。
あんな大河ドラマ二度とつくらないでくれ。



471 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:06:25.34 ID:QVpSc9QY0
結構面白かったぞ。ナレーションは代えてほしいが。

489 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:15:33.06 ID:0bMqNigU0
>>100
夕べはオウケオウケうざかった。
いままで朝廷とかお上とか普通に使ってたのに、
平成24年になってなんでいきなり王家表記になったの?

去年の江なんかめっちゃ史実無視しまくってたくせに、
王家表記だけ「史実では~」「~によると~」とやたら拘るのはなんで?

496 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:17:59.23 ID:mF9+bzPH0
>>489
734 名前: ふたけた(新潟県)[] 投稿日:2012/01/08(日) 21:47:32.65 ID:fKMkqM8F0 [8/19]
東大史料編纂所の鎌倉遺文DBで
1件だけ「王家」の記述のある史料を見つけた
壬生家文書の正応5年7月27日条で「王家衰微莫大」
でもその1件だけ

王家という記述がある史料が一つもないってのも嘘だな
当時としては珍しい表記なのは確かだろうけど



当時としても「王家」は珍しい表記だったみたいよ。

511 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:24:44.84 ID:YPvcOaQAP
みなさん、王家を連呼するNHKは
全く反省の色がありません。


http://donkun.ath.cx/~sion/bbs/

>武士は王家の番犬、血塗られた汚れた存在という、昔ながらの描き方には、
>やっぱりという感をうけました。あのころ、忠盛はすでに伯耆守であり、
>自らチャンバラはしないと思いますが。
>衝撃的なのは、院御所で、殺人行なわれたこと。仏教信仰に篤く、殺生禁断例
>を何度も出した白河法皇が、自分の目の前で、しかも何やらわからない理由で
>処刑を命じ、追い詰められて切りかかった元の愛妾を射殺させたのには、
>ただ唖然・茫然でした。地獄変の悪影響でしょうか??
>殺生禁断例がどうのという以前に、藤原忠実が血にまみれた忠盛を忌避する
>場面を設定しながら、よくこんな場面が作れたものです。脚本家は何を考えて
>いるのでしょうか?プロデューサーは矛盾を感じないのでしょうか?これでは
>時代考証の先生方も大変ですな。お察しいたします。
>歴史的にどうのという以前のお粗末な脚本に、ただただあきれ返りました。


523 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:31:06.60 ID:2iLmqvBW0
>>496
本郷和人『謎とき平清盛』文春新書では、
当時天皇家、王家どちらもそんな語はないから
学問的見地から王家を採用したと書いてある

この件に関して考証の一人本郷和人によると、制作スタッフの間で天皇の家を
何と表現するか真剣な討論がなされ、「天皇家」「皇室」「あえて呼ばない」など
の案が出された。
その結論として、当時「天皇家」「皇室」「王家」といった天皇一族を家族として
捉えるという考え方はなく、どれで呼んでも間違いではない事、「王家」という
呼び方は権門体制論において武家・公家・寺家に呼応する形で使われ始まるが、
天皇を他国に例を見ない唯一無二の存在と捉えるのではなく、国の頂点に
君臨する王として捉えた方が、他国の王権と比較・対照する視点がひらけて
世界の中の日本を考える点で有用であり、学界でも市民権を得ている、
といった学問的見地から「王家」の語を採用したとしている
(『謎とき平清盛』文春新書、2011年、37,62-64頁

534 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:35:33.11 ID:tCRwkNV30
「王家」にケチ付けてる奴は、本来何と呼ぶべきであるかと、その根拠を示してくれよ。

537 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:36:28.90 ID:YPvcOaQAP
>>534

朝廷。

545 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:40:29.46 ID:Q92K43Yv0
>>537
それはおかしい。
朝廷は官衙やその中の政治システムそのもののことだろ。

553 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:43:39.38 ID:YPvcOaQAP
>>545
庶民の言葉だったら「お上の犬」がしっくりくるんじゃね?

559 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:46:57.32 ID:S4D17s9o0
>>534
天皇はもと司祭者だから宗教的権威がある。
だから王という呼称は相応しくないと思うよ。
今まで天皇を王と読んだことはないんじゃないの。
天子とか帝という呼称を使っていたよね。

世界との比較のために王という呼称を使ったとしたら、それは天皇の地位を引き下げたことに他ならない。
国というのは地方という概念を有するからね。




564 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:48:15.22 ID:vYsllLQp0
>>559
このドラマで天皇を王と呼ぶシーンはいまのところない。

581 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:54:54.51 ID:9ioSFst00
最近のNHKはどうして暗く・汚く撮るの。

竜馬伝もそうだったが、昔だからといって汚く暗くすれば古さが出たり
時代を感じるとでも思っているのか?

歴史的建造物もない韓国と違って、日本には平安の時代から歴史に残る
絵巻物や当時を想像するには十分な現存する建造物もある。

何か日本の昔は汚いようなそんな雰囲気を作っているように感じてします。
考えすぎだろうか?

583 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:55:37.03 ID:mF9+bzPH0
「天皇家」も「王家」も当時使われていない。
だったら、王家でいーじゃんということか?
妙な理屈だな。

589 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:58:53.38 ID:6n5FqivR0
ここはNHKが天皇=王としてないと困る(儲からない)方々が集ってるのか?
少なくとも8日の放送では院とか法皇とか上皇とか帝とか朝廷と言い分けてたぞ
 

600 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 00:04:30.42 ID:IlQPd/NgP
>>589

天皇の家の中では、そうだったけど、
平家との対話で、「王家」「王家」いっぱい出ています。

もし、天皇のことを指しているのなら、「天皇」は言わないですよね。お亡くなりになった方のことですから。
ただ、武士が天皇家のことを言うのであれば、「あちら」とかそういう言い方が自然。
ハッキリ言わないことが、天皇を敬っていることですから。

612 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 00:11:57.42 ID:zWuyNBOV0
天皇神格化してた戦前ならともかく
1000年前のドラマの呼称で現皇室に不敬って異常だわ
史実のドロドロの人間関係も不敬だから触れるなって事にするの?

616 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 00:12:58.42 ID:+nKgCCKz0
>>600
中井貴一が開始20分に「院」って言ってるやん、そんな嘘まで書き込んで儲けたいの?

631 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 00:21:27.51 ID:YnejMe390
>>612
引き篭もりみたいな負け組みは自分に自身が持てないから、
天皇家の存在に屈折した自己愛を重ね合わせるとかなんとか・・・。
一般人が感じる敬意とはちょっと違うみたいよ。

655 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 00:41:54.51 ID:MlwvP4TV0
この時代って、貴族と武士どっちが覇権を握るかの分岐点ていう、日本史でも
重大な時期なんだけど、興味の有無は激しく分かれるよね。
時代背景知ってる人には、面白かったりツッコミ処探して楽しめるけど
興味や知識があまりない人にはイマイチなのかな、とも思う。

676 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 00:54:31.22 ID:Aib1N02a0
「家族に乾杯」見たけど、松ケンとしてはもう少し回数進んでから出してもらったほうが
ありがたかったろうにと思った。知名度まだまだイマイチだから。
それと、海産物加工場で海外から来てる職人さん達の時給なんて聞いちゃだめだろw
それぞれ違いますと言葉を濁してたけど凄く安いと思う。へたしたら300円くらいなはず。

679 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 00:56:41.46 ID:t037/Be00
なんで松山ケンイチが主演なんだろう
NHKドラマで大した実績もないのに

685 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 00:58:20.29 ID:obhN+qZV0
>>676
僕の給料を時給換算したら皆さんよりも安いっすよ

でカチンと来たわ
24時間365日働いてもお前より遥かに安いわい

718 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 01:10:22.48 ID:hmT+VknX0
「平清盛」は皇室愚弄するNHKのステマw

主役のマツケンは層化w

王家連呼しまくりw

天皇皇族に在日多数w

731 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 01:24:16.26 ID:EYpxvvC+0
>>718
これって結局どういうことなんだっけ?
なんか当時は王家って呼んでたし、学者もそういうふうに認めてるって説明だったよね?
そういわれてみれば、当時の人間が皇室や天皇家をどう呼んでいたのかは知らんから、王家なのかなって思ったんだが

735 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 01:28:51.33 ID:eeLABqTo0
>>731
王家なんて言ってるのは中国側のみ
当時のアジア圏での王というのは中華皇帝の部下なんだよ
今で言うと総理大臣と知事の関係のようなもん
天皇のことは中国が皇帝を呼ぶのと同じで天子と呼んでたんだったと思う

遣隋使を派遣して「日いずるところの天子」って自分の事を呼んで問題になっただろ

738 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 01:32:13.42 ID:EYpxvvC+0
>>735
アホなのか知らんけど、おれが言ってるのは「天皇」をどう呼んでいたかではなく、「天皇家」をどう呼んでいたかだからな
そりゃ天皇のことを「天子」「帝」「主上」「内裏」って呼んでいたのは、源氏物語でもそう呼んでるからわかる
でも「天皇家」のことをどう呼んでたかっていうと、おれの浅い教養では知らんのよ
まさか「天子家」と呼んでたいたとは思えないから、そうなると「天皇家」なのか「皇家」なのか「王家」あたりだろ

743 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 01:36:48.77 ID:eeLABqTo0
>>738
呼ぶ必要なかったんだろ
名字(氏)は皇室を離れてから授けられるものだからね
源氏や平氏も元々皇族だぞ
呼んでたかもしれないが王家はまず無いだろ
王なんて存在しなかったんだからね

749 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 01:41:03.56 ID:EYpxvvC+0
>>743
いや、これドラマだから、物語の流れで皇室と武家を対比するときに皇室をなんと呼ぶかってのは重要だろ
実際はどうだったか知らないけど、少なくともフィクションのドラマの中では、藤原氏は平氏にたいして差別意識をもってるし、平氏のほうも公家ではなく武家であることにプライドを持ってるじゃん
そうなると、平家ももとは皇族だからってのはダメでしょ
平氏が皇族とは異なる一族として、平氏一族を確立させることがドラマでも重要になるんだから

753 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 01:44:23.31 ID:eeLABqTo0
>>749
藤原氏は最初から皇室ではないよ
んで平氏と源氏は元々皇室に連なる分家ってのがプライド
元皇族なのに武家として公家に蔑まれるのが嫌だって立場だった

754 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 01:46:10.67 ID:CrZkj99O0
>>749
そういう筋立てだとしたらちょっと違和感有るなぁ。
おれも>>753だと思ってるわ。

786 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 03:06:47.72 ID:eeLABqTo0
そもそも日本のキングだから王室って理屈にするのがまずおかしい
天皇はキングじゃなくてエンペラーなのにね

789 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 03:11:44.08 ID:LXn9fe+e0
>>786
王家ってのは氏姓制度の埒外って意味だよ元々の字義だ
キングとかエンペラーとか関係ないし
対外的には村上源氏の長者が日本国王を名乗ってた


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1326106448/l50人気ブログランキングへ


ニュース【ドラマ/視聴率】上野樹里主演のNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」、最終回の視聴率は19.1%

1 :かばほ~るφ ★:2011/11/28(月) 10:18:36.27 ID:???0
<江>最終回視聴率19.1% 11年NHK大河ドラマ
まんたんウェブ 11月28日(月)10時3分配信

女優の上野樹里さんが主演したNHK大河ドラマ「江 姫たちの戦国」の最終回が27日、放送され、
平均視聴率は19.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。関西地区は18.6%だった。

ドラマは、大河ドラマ50作目に当たる作品で、織田信長の妹・お市と近江の戦国武将・浅井長政
との間に生まれた“浅井三姉妹”の三女・江が、波乱万丈の戦国時代をしなやかに生き抜き、
江戸時代の幕開けを見届ける様を描いた。脚本家の田渕久美子さんが原作小説を執筆、オリジナル
脚本を手がけた。初回は1月9日に放送され、平均視聴率は21.7%、瞬間最高は25.8%だった。

最終回は、1時間15分の拡大放送。秀忠が、徳川の世継ぎを竹千代と定め、千の嫁ぎ先も決まった。
一方、秀忠に隠し子がいることが発覚。怒る江だったが、正室の子も側室の子も、徳川の子
として育てたいという気持ちが芽生え、その気持ちが後に江戸城大奥を誕生させることとなる。
その後、竹千代と国松は元服し、それぞれ家光、忠長と名を改める。そして1623年、ついに
家光の将軍宣下の儀式が執り行われ、江と秀忠は互いの人生について語り明かす……という
ストーリー。最終回の放送終了後には12年の大河ドラマ「平清盛」のPR映像も流れた。
(毎日新聞デジタル)

Yahoo!ニュース(まんたんウェブ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111128-00000004-mantan-ent
「江姫たちの戦国」最終回の1シーン=NHK提供
http://amd.c.yimg.jp/amd/20111128-00000004-mantan-000-0-view.jpg
依頼ありました
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1322142298/289

江~姫たちの戦国~
http://www9.nhk.or.jp/go/

97 :名無しさん@恐縮です:2011/11/28(月) 10:51:18.28 ID:/wmxJK1O0
男はバカで情けない
女性は思慮深くて強い
これがやりたくて一年続けてたんかね

130 :名無しさん@恐縮です:2011/11/28(月) 11:04:35.98 ID:CeJkvHpp0
国松と家光って最後どうなんの?

154 :名無しさん@恐縮です:2011/11/28(月) 11:13:33.15 ID:XMVv8PJc0
歴女(笑)狙いだったのかもしれないけど
最近の女の考えは
OL=足軽や侍女 ×姫だと思うな
姫たちの~ じゃ自己投影できない

164 :名無しさん@恐縮です:2011/11/28(月) 11:17:33.68 ID:7ShLdEzv0
篤姫ですっかり味をしめたようだが、はっきりいって女を大河の主役にしてはいけない。
幼少期は好き勝手に話を作れても、史実がはっきりしてくる時期は、ずーっと主役を引き蘢らせるしかなくなる。


179 :名無しさん@恐縮です:2011/11/28(月) 11:25:10.15 ID:ttl3XKHL0
犬のおとうさんだけの大河でした。

一昨年の天地人もそうだけど、大御所がその他大勢を平気で喰ってんのを見ると、
この先まともに見れる時代劇って少なくなるんだろうなって心配になるわ。

236 :名無しさん@恐縮です:2011/11/28(月) 12:11:57.21 ID:D0KrSECi0
大概視聴率ワーストランキング
1「花の乱」    年間平均:14.1%   
2「武蔵-MUSASHI-」 年間平均:16.6%
3「炎立つ」    年間平均:17.3%
4「新選組!」 年間平均:17.4%
5「江」 年間平均:17.7% ←コレ
 「琉球の風」   年間平均:17.7% 

273 :名無しさん@恐縮です:2011/11/28(月) 12:50:44.02 ID:FoGs2D590
>>236
炎立つは結構好きだったんだけどな~
まあ、二部(清衡編)までしか見てないが・・・

ちなみに俺の中ではトヨエツはこの時のイメージで止まってる

318 :名無しさん@恐縮です:2011/11/28(月) 13:22:19.40 ID:BVqKkuWk0
宮沢りえは良かったじゃん
なんかちゃんと老けていきつつエ□いし

331 :名無しさん@恐縮です:2011/11/28(月) 13:32:12.72 ID:iVYT4pDBO
江と福は結局仲良くなったの?
三代目将軍は家康が一喝して家光にしたんじゃなかったの?


素人の俺でも腑に落ちないことだらけ

343 :名無しさん@恐縮です:2011/11/28(月) 13:48:24.97 ID:mzsrYzudO
江が国松ばっかり可愛がって、竹千代嫌ってたって話はちゃんとあったの?

345 :名無しさん@恐縮です:2011/11/28(月) 13:50:16.27 ID:xJhghpBL0
結局二回しか観ないまま
終わってしまった大河だった。

あのお寒いデフォルメキャラが
延々ホームドラマを続ける
大河のまま終わったの???

352 :名無しさん@恐縮です:2011/11/28(月) 14:01:59.75 ID:NCP0GWWh0
時代劇らしくない台詞回しと
相手の台詞のオウム返しが多いのが嫌いだった

龍馬伝は男が絶叫ばかりで疲れる&ほこり臭くて途中でギブアップ
なんか清盛も予告見たらそんな感じで見なくなりそう

356 :名無しさん@恐縮です:2011/11/28(月) 14:07:40.01 ID:cJOP7ssW0
>>345
時々しか見ていなかったけど、最後の数回ではちゃんと主人公(上野)
大人演技していたよ。もっと大人仕様の時の話を増やすべきだったな、脚本

369 :名無しさん@恐縮です:2011/11/28(月) 14:22:28.35 ID:mlQWrxsH0
風林火山以降見てない

龍馬もよかったの?

風林火山はおもしろすぎた

リアルタイムで信玄や政宗みたかったわ

387 :名無しさん@恐縮です:2011/11/28(月) 14:41:25.10 ID:4e2eKXt+0
>>352
清盛は高貴な人たちが沢山出るし主人公も出世する
何より女性陣が華やかだからずっと画面がむさ苦しい状態にはならんと思う

416 :名無しさん@恐縮です:2011/11/28(月) 15:48:03.09 ID:YsCJqwKiO
大河って、実際の歴史から大きく離れる訳にはいかないから、どんなことがおきても
視聴者は,あらすじをしっていて、どうなるか分かるわけなんだな。

じゃ見所は何?

となった時に、その時代の人が何を感じどう思ったのかを役者が演じきれるか
を見るんだと俺なら答える。

そういう点で行くと前回の龍馬伝は,気合いの入ったすばらしい役者さんが
多く見る者を惹きつけた。

433 :名無しさん@恐縮です:2011/11/28(月) 16:18:26.39 ID:dzwAFOXlO
将軍家の正室でただ一人火葬された意味が分かりました

453 :名無しさん@恐縮です:2011/11/28(月) 17:20:13.88 ID:OTdJvFa50
江は、俺が見続けてきた大河の中で、BEST1。

455 :名無しさん@恐縮です:2011/11/28(月) 17:23:11.15 ID:aW4mPKbCO
>>453
まともに見たのがシエだけなんですね、わかります。

467 :名無しさん@恐縮です:2011/11/28(月) 17:46:20.95 ID:7eVO3uyL0
千の不細工さだけが印象に残りました。

516 :名無しさん@恐縮です:2011/11/28(月) 20:03:10.49 ID:/l5VbBIE0
いつから大河は11月中に終わることになってんだ?

604 :名無しさん@恐縮です:2011/11/28(月) 23:46:00.24 ID:pq9YIb+w0
■歴代ワースト
年度 視聴率 作品
2011 17.7 ★江 (大河50作目)
1993 17.7 炎立つ (7月~94年3月)
2004 17.4 新選組!
1993 17.3 琉球の風(1月~6月)
2003 16.7 武蔵
1968 14.5 竜馬がゆく
1994 14.1 花の乱(4月~12月)

608 :名無しさん@恐縮です:2011/11/28(月) 23:48:44.68 ID:a69pbvbf0
視聴率ベスト10に入ってないけど、自分は太平記が好きだったな
鎌倉炎上の回はオンタイム見ていて鳥肌がたった

617 :名無しさん@恐縮です:2011/11/28(月) 23:55:28.08 ID:pq9YIb+w0
大河板とかでも最高傑作というと、たいてい「太平記」か「黄金の日日」。

それに続いて「武田信玄」「獅子の時代」あと意外なところで「翔ぶが如く」
なんかが名前が挙がる。「太閤記」「天と地と」なんかは古すぎてビデオや
CSで見られない人が多いから。

視聴率が高くても「秀吉」「吉宗」「利家とまつ」を上げる人は少ないね。

621 :名無しさん@恐縮です:2011/11/28(月) 23:56:35.38 ID:MC3c3Qdo0
昨日トーク番組に宮沢りえと水川あさみが出ていたが、
一切上野については触れなかったことが何かを表してると思った。

623 :名無しさん@恐縮です:2011/11/28(月) 23:58:00.17 ID:BPVvofyv0
>>621
宮沢りえと水川あさみがさわいでて「集中しろ」って怒ったのって誰?

625 :名無しさん@恐縮です:2011/11/28(月) 23:58:41.52 ID:QatuzihE0
>>604
炎立つ 低いんだよなぁ
個人的には好きな大河だったんだが
いかんせん前作(琉球の風)から視聴率は悪いし
地味だったからかなぁ

626 :名無しさん@恐縮です:2011/11/28(月) 23:58:46.94 ID:RmISSmV80
>>623
一人は豊川さん

627 :名無しさん@恐縮です:2011/11/28(月) 23:59:28.00 ID:BPVvofyv0
>>626
すまん豊川じゃない方が聞きたかった

637 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 00:21:29.18 ID:YJZuDR1OO
アンチすら脱落してみてなかったが最終回だから見た、平清盛の予告にELPのタルカス流れてて期待感アップした

639 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 00:31:52.10 ID:os96FSSz0
新撰組って俺の中では傑作なんだが
世間的には視聴率低いなあ
三谷作品のなかでもトップクラスだとおもうのだが

649 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 00:51:51.08 ID:D93riWmz0

◆大河ドラマ歴代トップ10

■年間平均視聴率

独眼竜政宗   39.7 %
武田信玄     39.2 %
春日局      32.4 %
赤穂浪士     31.9 %
おんな太閤記  31.8 %
徳川家康     31.2 %
太閤記      31.2 %
秀吉        30.5 %
いのち      29.3 %
八代将軍吉宗 26.4 %

652 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 00:55:19.43 ID:ccIedWnY0
>>649
安土桃山時代がやっぱり強いな。

682 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 05:26:53.59 ID:yi++I+2B0
途中から日曜深夜にやってる「5分で分かる大河ドラマ」だけ見てた。
5分ぐらいに圧縮するくらいがちょうどいい45分ドラマなんて失敗だろう。

来年はせめて「短縮版は10分くらいにしてくれないとわけワカメ」なドラマを希望します。

698 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 08:01:04.50 ID:SRxx5d+60
最終回だけちょっと見たけど、秀忠を戦国大名と言っていいかどうかは
わからんが、あの時代の戦国大名が側室に子供を産ませるという事を
浮気とか隠し子とか表現する感覚が斬新だったわ。

こういうのはテレビ東京の新春時代劇特番でやればいいと思う。

711 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 09:05:10.96 ID:KFOSNJtS0
>>1
ここまで、なんでこのコピペが貼られていないのか不思議すぐる

大河ドラマ「江」を見てない人へ

・家康と酒を酌み交わしてた秀吉に突如、暴言を吐き暴行三昧をする江(推定5歳)
・天下人の証であるランジャタイを江(7歳)にプレゼントする信長
・本能寺で死ぬ直前、信長が江(9歳)の幻を見る「ワシは思うままに生きたぞ江!」
・家康と共に伊賀越えに挑む江、1日40kmを徒歩で強行軍(9歳)
・野武士に囲まれ大ピンチ!その瞬間信長の幻を見る江(9歳)。謎パワーを発揮してピンチを切り抜ける
・その後何やかんやあって野武士に囚われる江(9歳)。護衛の戦国最強三河武士団、野武士にびびって手も足も出ず
・囚われた江(9歳)、京都に護送されそこで光秀(56歳)と面会。
・光秀(56歳)に説教する江(9歳)。「何故叔父上(信長)を殺したのですか!」
・光秀(56歳)、江(9歳)に謀反に至った心境を吐露。「分かりました・・・では平和な世にしてください!」
・大山崎で大敗し土民に討たれる光秀。その瞬間、江(9歳)の幻を見る
・清洲会議を覗き見する江(9歳)。


見てないけどひどいねw
この江(9歳)を上野樹里がやってるの?ww


719 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 09:37:38.90 ID:pbDU9EyU0
上野樹里は気持ち悪いアンチが大量いるな
何でなんだろ?

733 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 10:10:36.58 ID:dRI4dlbU0
たぶん732が典型的玉木ヲタの上野アンチだと思うよ


735 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 10:12:03.18 ID:hyQlD66r0
上野はがんばったと思うけどなあ。
あんな脚本であれ以上どうしろと。

740 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 10:20:06.81 ID:8Ek5rawh0
>>733
自分の気にいらねーことはそういう妄想に頼って解決してきたんだな
きもちわりーババァ

746 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 10:25:15.55 ID:B3r1IzGe0
>>735
上野は会見で過去の大河を見たことがないと平気で言ってて、大河舐めてるだろと思った
脚本が酷いのはもちろんだが、本人の努力不足も大いにあるだろう

751 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 10:32:52.66 ID:veNrqx030
19%も平然と見ていられるやつがいるってのが、どうもね
ネタとして、莫迦にしながら見てるのか
単なる無知蒙昧なのか
誰ぞのキモヲタか

767 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 10:55:53.51 ID:4WFiaa8a0
後半の宮沢りえは最高だったな。
あと、北大路欣也。
この二人で保ってたドラマ。

しかし、
元服、もしくは輿入れまでは子役にやらせないと、
やっぱり無理があるな。

774 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 11:34:46.74 ID:SICvNGrf0
改めて宮崎あおいは演技上手かったんだなと実感させられた

777 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 11:42:09.53 ID:rQ9DX/rg0
>>774
宮崎あおいって3パターンくらいしか表情がない印象

799 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 13:00:14.24 ID:nhVAsGek0


805 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 13:08:49.87 ID:GmNttCOB0


806 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 13:15:01.90 ID:4cOr7Xy20
>大河ドラマって1年興味が続かない 半年でいいんじゃないか

実際そういう意見が出て(俳優のスケジュールを抑えるのにも都合がいいし)
試みに一年続けない短い大河をやってみようっていう年があったんだよ。
その結果が↓これ。

■大河年間平均視聴率 歴代ワースト
年度 視聴率  作品
2011 17.7 江 (大河50作記念作品)
1993 17.7 炎立つ (7月~94年3月 短期大河)  ←☆
2004 17.4 新選組!
1993 17.3 琉球の風(1月~6月 短期大河)  ←☆
2003 16.7 武蔵
1968 14.5 竜馬がゆく
1994 14.1 花の乱(4月~12月 短期大河)  ←☆

810 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 13:40:42.37 ID:Z60w/zXP0


815 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 13:50:19.51 ID:PByK+G0U0
シエは立ち位置と運命的には淀以上にドラマチックだけど
特に本人が何をした訳でもないし春日局と揉めてたくらいしか印象がないよな

816 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 13:56:14.84 ID:oB7S3rat0
篤姫の脚本で、歴史的なバックボーンや全体の流れ描写の部分で下書きをしてたといわれる実兄が
今回参加してないらしいからな
で、こんなフワフワな展開・ひたすら浅くてつかみどころのない人物設定になったと

817 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 13:59:23.41 ID:wcA/AwX10
>>816
え?名前は出てたけど?

818 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 14:04:50.48 ID:kAzNVfLH0


820 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 14:34:13.00 ID:ePmz2K4i0


824 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 14:56:54.25 ID:iPZDkr/40
素晴らしいドラマだった。
第一話は見逃したが、それ以外全て18時のBSを録画して見た。

大河をほぼ全て見たのは市川新之助(現海老蔵)の「武蔵」についで2度目。

842 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 17:30:17.34 ID:BXrof5+00
今年の大河ドラマはタイムスクープハンターだったと思ってる

849 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 18:01:20.44 ID:3B8vJNQJ0
まあ 女忍者が出てこなかっただけでも
よしとしないと

862 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 18:22:48.66 ID:LnI55oZh0
悪いが次も嫌な予感しかしない

865 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 18:58:37.96 ID:dBfgp0ie0
終わり方がボンヤリしてたな
途中で脱落してた。脚本なのか演出なのか

870 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 19:57:18.95 ID:2WthE0O+0
>>849
女忍者が出てきた真田太平記はとても良い出来でしたよ

>>865
ラストに市が騎馬で登場したシーンはあきれて
爆笑するしかなかったわ

890 :名無しさん@恐縮です:2011/11/29(火) 22:51:19.61 ID:2WthE0O+0
>>890
それらを全部網羅できる風雲児たちを10年スパンで大河ドラマに

912 :名無しさん@恐縮です:2011/11/30(水) 22:13:51.01 ID:k5tPLPF+O
若手女優でうまいのは柴咲コウじゃないの?

942 :名無しさん@恐縮です:2011/12/02(金) 02:32:29.58 ID:7gUbHJifO
鎌倉時代って結局平家ばっかだったんだっけ?

944 :名無しさん@恐縮です:2011/12/02(金) 02:40:38.87 ID:0anbv3dz0
上野の演技はワンパターン。
もう少し努力してもいいんじゃないの?

947 :名無しさん@恐縮です:2011/12/02(金) 08:43:18.67 ID:vGElf+h9O
分からないことを聞き返す時の江の台詞「へっ?」

これだけで見入ってた場面も一瞬でチャラになる

コントのような大河ドラマでした

二度とこんなの作らんといて


http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1322443116/l50人気ブログランキングへ


ニュース【NHK】「明智光秀を大河ドラマに」 署名2万7000人、4府県の団体集まり報告「『逆臣』の武将から『天下の名将』へ」★2

1 :れいおφ ★:2011/11/21(月) 14:57:32.90 ID:???0
第5回明智光秀公ゆかりの地連絡協議会の総会が18日、福知山市民会館で開かれた。
福井、岐阜、滋賀、京都の4府県の顕彰会や観光協会のメンバーら26人が出席。
戦国武将・光秀をPRするための活動をそれぞれ紹介した。

協議会は、福知山のほか、明智城址がある岐阜県可児市や娘のガラシャにかかわり深い
宮津市など13市町の団体で構成。
大河ドラマ誘致のための署名活動や総会を開き情報交換をしている。
 
連絡協の内藤太郎会長(亀岡市観光協会会長)は「誘致の署名は約2万7000人分集まり、
気運が高まってきた。観光振興、経済への波及効果が期待できる。各地域で取り組んでい
きたい」とあいさつ。
 
このあと、「酒などを造っている」(可児市観光協会)、「菩提寺の西教寺で顕彰会の総会を
開いている」(大津市の明智光秀公顕彰会)など、ゆかりの地ならではの活動を紹介した。
 
総会では「『逆臣』の武将から『天下の名将』として発信していくことができれば」という意見
が出たほか、府内7市町でつくる「NHK大河ドラマ誘致推進協議会」が昨年設立され、
今年11月16日に大河ドラマの企画書などを持って顧問の山田啓二知事と会長の
小田豊・長岡京市長がNHKに要望書を提出したことが報告された。

http://www.ryoutan.co.jp/news/2011/11/20/004425.html

前スレ:http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1321797811/
1が立った時間2011/11/20(日) 23:03:31.43

120 :名無しさん@恐縮です:2011/11/21(月) 15:41:24.31 ID:IZcZLrzk0
陶 晴賢や足利義教、義輝、あと昼ドラ風で義政なんか面白いと思う。
北畠顕家なんか楠や足利の陰に隠れてるけど、詳しい人物描写の資料が
少ない分いぢりがいがありそう。才能豊かな美少年で天皇に殉じたというだけで
腐女子に人気出そうだし、戦争得意、後醍醐に物申す男気有、最後は負け戦覚悟
の出陣と男受けも良さそう。東北出身で奈良の方まで出張って戦ってるから
東北振興にいいかも。

231 :名無しさん@恐縮です:2011/11/21(月) 16:51:46.80 ID:MXgMzX070
信忠と松姫の悲恋話やろうぜ
松姫処女のまま終わるから処女厨マンセ―するし

266 :名無しさん@恐縮です:2011/11/21(月) 17:13:04.62 ID:vBWHWkhv0
戦国時代でも、もっと視点を変えてやってほしい
戦国時代in五島列島とか、in対馬とか
対馬の宗氏とか、秀吉が朝鮮出兵するまで高みの見物してたの?

276 :名無しさん@恐縮です:2011/11/21(月) 17:22:48.12 ID:V7JOgu4q0
立派な武将なんだろけどみんないい人になったらつまらんだろw

288 :名無しさん@恐縮です:2011/11/21(月) 17:36:30.45 ID:eqQcdSKr0
>>266
最初は回避工作してたけど、出兵決まってからはノリノリw

297 :名無しさん@恐縮です:2011/11/21(月) 17:45:28.19 ID:vBWHWkhv0
>>288
ノリノリだったんかよw
ただ、俺が知りたかったのはその時点じゃなくて、秀吉の九州出兵の頃とかさらにその前
種子島に何か武器が来たらしいよとか、バテレンとかいうのが来たらしい、見てみたいなー。
とか、倭寇を適当にあしらって大陸に追い払いながら、のん気に雑談してたんだろうか

315 :名無しさん@恐縮です:2011/11/21(月) 18:09:51.40 ID:MyNLq2g4O
>>276
でも光秀はほんとにいい人だったからなあ。
婚約していた嫁が水疱瘡にかかり、顔にひどい痘痕(あばた)が出来てしまった。
嫁の実家は、これでは申し訳ないからと妹を代わりに嫁として出そうとしたが、光秀はこれを断ったという。
自分はこの人と結婚の約束をした。だからそれを守りたいと。
そして傍らで縮こまっていた嫁にこう言ったという。
自分には痘痕も笑窪に見える、と。
その言葉に嫁は号泣したという。
光秀は当時では珍しく側室を一人も作らなかったそうだ。
おそらくこの時の気持ちに誠実に応えたからだろう。

348 :名無しさん@恐縮です:2011/11/21(月) 18:49:31.25 ID:6WeMcgyN0
大河ドラマ 明智光秀
第一話 奇襲!本能寺

349 :名無しさん@恐縮です:2011/11/21(月) 18:49:40.44 ID:o3SYLfKkO
>>315
根が真面目なんだろうね

ハゲネズミって信長に言われたのってこの人だっけ?
あの時代なんて、丁髷だからみんなハゲなんじゃないの?
誰かエ□い人、教えてくだされ

358 :名無しさん@恐縮です:2011/11/21(月) 18:57:39.96 ID:OU/JIwRA0
大河の最終回って地味なの多いから、
松永久秀をやって派手に終わってほしい。

373 :名無しさん@恐縮です:2011/11/21(月) 19:08:03.81 ID:PCG+Grpo0
悲劇なんか今時流行らんぞ
朝ドラでゲゲゲの女房とカーネーションが人気なのは成功するのが判ってるからだし
おひさまが人気あったのだって井上真央が若尾文子になって蕎麦屋が繁盛するのが判ってたからだろ

405 :名無しさん@恐縮です:2011/11/21(月) 20:12:17.71 ID:3XuR6EgW0
不忠の逆臣はいいから親鸞をやれよ

407 :名無しさん@恐縮です:2011/11/21(月) 20:15:11.36 ID:HHYSKsMS0
>>405
親鸞をやるなら、空海と最澄 が先でしょう

423 :名無しさん@恐縮です:2011/11/21(月) 20:25:58.35 ID:7GIQrlms0
暴力的じゃない武将って誰ですかねw

429 :名無しさん@恐縮です:2011/11/21(月) 20:33:40.91 ID:v/cxWwC7O
>>423
歴女に不人気って時点でもうね

454 :名無しさん@恐縮です:2011/11/21(月) 21:20:46.32 ID:5DfarU4/0
痛快な大河ドラマが見たいから明智光秀なんて嫌だ
絶対ヒットするわけないのに押してる人達馬鹿なのか

475 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 01:16:21.58 ID:z61cvvVs0
この世から戦をなくし太平の世にするために戦った!みたいな
厭戦・平和主義的なのはやめてほしいな
先日の家康がまさにコレだったけど、たとえドラマでもやっぱりこれはおかしい

542 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 12:35:50.96 ID:KQUCjrXY0
完全な悪人になってる吉良上野介をやってくれ。
忠臣蔵って見てて凄く違和感があるんだよな。

575 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 14:07:01.12 ID:uCnzQgZwO
最終回だけは見たい。それ以外は勘弁w

604 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 16:07:41.52 ID:h3+55QZP0
てか最近の急激な光秀の再評価はなんなんだ?
優秀だしいい人だったらしいけど
旧体制を守ろうとした常識ある人という側面を強調しすぎ
大体古代から続く時代遅れの制度なんて改革されるべきものだったのに

610 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 16:24:47.13 ID:0YU+zkGq0
いっそのこと淀殿が刀かついで無双するようなシナリオで是非

614 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 16:39:14.54 ID:kyhOwJCY0
大河ドラマ 丹羽長重 第1話 決戦!浅井畷


618 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 16:44:46.27 ID:SaOe3sb50
光秀主人公なら、秀吉はクソ野郎として描かれるだろうなw
背後で操って信長討たせた的な

620 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 16:46:35.75 ID:h3+55QZP0
>>618
絶対そうなるw
そんで何故だか平和が一番昔みたいに大陸と仲良くとか言い出す

623 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 16:47:58.28 ID:NhuKgkG+0
>>604
漏れが読む本は偏ってんのか、全く光秀いい人論がでてこないw
優秀で野心家、信長とウマが合う合理主義者、最後は天下獲り絶好のチャンスを見逃さず信長を討った・・・
みたいな。
>>610
こないだオオコケした映画でなかったっけ?
無双してるかはしらんが、馬に乗ってパカパカしてた。

625 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 16:50:25.19 ID:jzgULv9E0
で、誰に演じさせる?

627 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 16:56:29.66 ID:l9N7bq4v0
>>625
最期が60弱だし、話題も30以降が多いので、30代後半前後の人かなあ。
若手は要らない。

628 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 16:56:31.71 ID:h3+55QZP0
>>623
領国経営では今でも慕われるくらい良い統治と
奥さんがらみのエピソードそして家臣との関係はいい人といえるのでは
ただ優秀で野心家、信長とウマが合う合理主義者というのは同意
実際比叡山のときも率先して攻めてたくらいだしなあ

630 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 16:59:00.56 ID:h3+55QZP0
>>627
わかる若手は勘弁してほしい
まあかといって三田佳子が10代演じてたのはさすがに引いたけど

631 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 17:00:04.02 ID:Mj7NUNTC0
>>623
いや結構いい人論も出てるんじゃ?ファンタジー好きな人には受けると思う。

で、>>604
>最近の急激な光秀の再評価はなんなんだ?
これはね、工作員チョン様が一生懸命働いてるからだよ。

632 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 17:02:02.93 ID:h3+55QZP0
>>631
工作員が働く理由が無いじゃん


634 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 17:06:24.83 ID:+rhNGeUnO
逆臣の汚名は一生続くんだよ。

町おこしに逆臣担ぎ出すたな

636 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 17:08:31.20 ID:Mj7NUNTC0
>>632
信長はすさまじい勤皇家だったって事実がひた隠されてる今のご時世。
大体分かるでしょ?

638 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 17:11:31.16 ID:NhuKgkG+0
>>628>>631
いや漏れもいい人、ってか神経質で繊細、みたいなイメージもってたんで、
最近信長関連の本を結構読み出してイメージが一変したというかw

あと信長の長男もボンボン程度のイメージしかなかったけど、それなりに評価されてる人物でびっくりだったな・・・

639 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 17:12:34.65 ID:l9N7bq4v0
>>636
戦前教育では勤皇の武将として描かれてるけど、どんなもんかねえ…。
見せ方の問題の気がするんだけど。

643 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 17:16:40.43 ID:h3+55QZP0
>>636
なるほどね
確かに最近は馬揃えのエピソードを意図的に編集して
どちらかというと皇位を狙ってた的な扱いは増えた気がする

644 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 17:18:03.16 ID:5+2IQ0S70
>>643
皇位簒奪にこじつけられるのは安土城の構造の方だろ、くそニワカ

647 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 17:20:55.89 ID:oDTMZZvD0
蜂須賀小六とかでええよ
主役は照英でよろしく

654 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 17:24:05.48 ID:udmRL+720
数年前に原作遠藤周作・主演松平健で大友宗麟やったが、それっきりだな
大河にしてくれると期待したんだが・・・

660 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 17:45:47.59 ID:IES8sMVGO
>>639
戦前の足利家叩きのアンチテーゼだと思われ>信長勤皇家説
(自分が神になろうとしていたし)

662 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 17:52:38.99 ID:l9N7bq4v0
>>660
正解。
戦前教育では足利氏・室町幕府=逆賊なので、室町幕府を手玉にとって滅亡させた織田信長は勤皇として描くしかなかった。
この視点無しに信長勤皇家説を語るのは勉強不足。

669 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 18:01:58.12 ID:Mj7NUNTC0
>>660>>662
あまり戦前教育に拘りなさんな。
これ関係なしに当時の良質史料見ると信長は普通に勤皇家。

「自分が神になろうとしていた」って話も、かなり根拠ないんだよ。

676 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 18:28:08.73 ID:8zGefTQ90
戦前は足利尊氏・徳川家康・吉良義央が三大極悪人にされてたからな。
特に足利は明治政府が正統と決めつけた南朝をぶっ潰したからもう扱いが酷いのなんのって

ちなみに吉良義央は足利家名門

682 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 18:50:03.04 ID:ePRNeoLr0
俺は柳生宗矩だな。
やる夫で学ぶシリーズ原作でw

683 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 18:51:19.03 ID:h3+55QZP0
>>682
やる夫に柳生宗矩あるんだ
面白いなら今度見てみよう

688 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 19:02:30.30 ID:X/8u5btTO
ヤギュウムネノリ主役は春の坂道でやったしな。

光秀も国盗り物語で主役級の扱いではあった。

大物ながらまだやってない人物は…
「北条早雲」

692 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 19:08:08.94 ID:h3+55QZP0
>>688
早雲は前半生が謎過ぎる
研究者のなかには意地でも北条早雲と呼ばない人もいるし
ドラマにしにくいのがネックなんだよな

706 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 19:33:51.17 ID:h3+55QZP0
将門の乱は大昔にやってた気がする


707 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 19:35:36.66 ID:w9R8FEAr0
>>706
炎立つ

709 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 19:39:44.82 ID:5+2IQ0S70
>>706
ググったら「海と風と虹と」ってのが出てきた

713 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 19:47:53.21 ID:h3+55QZP0
>>707
あれは奥州藤原氏だったはず
>>709
そんな名前だったんだな
本で扱ったと見ただけだったから知らなかった

727 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 21:39:23.04 ID:YgHSwyHjO
新門辰五郎とか雷電為衛門とかでいいよもう。

740 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 22:10:33.22 ID:5+2IQ0S70
文禄・慶長の役はどう描いても日本が悪いにしかならんと思うんだが・・・

741 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 22:13:49.74 ID:h3+55QZP0
>>740
そんな事言ったら
チンギスハンとか描けなくない?
戦争を善悪で捕らえるのはおかしいよ

743 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 22:16:29.20 ID:5+2IQ0S70
>>741
「日本が朝鮮を侵略しました」って内容でいいなら犬HKでも作れるだろ
でもそれだとお前ら反日的だって騒ぐだろ

746 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 22:22:30.16 ID:NhuKgkG+0
>>743
確かに太平洋戦争に関してはいろいろ映像化してるから、朝鮮征伐に関しても出来ないことはないような・・・
チョンからしたら数十年前の対戦より、数百年前の侵略の方がトラウマなのかね・・・

750 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 22:32:24.60 ID:5+2IQ0S70
>>746
日韓併合なんかは向こうから要請があった訳で日本の行為に正当性があるが
文禄・慶長の役は、本当にナチュラルな侵攻だからな。
勿論、
・常に新禄を与える事でしか諸大名の歓心を引けない豊臣政権の脆弱性
とか
・琉球王国との東シナ海での貿易権をめぐる争い
とか対明戦争を始めた理由はちゃんとあるんだけども、その辺りを説明しようと思ったら
豊臣政権内部の人物を主人公に据えないと無理だろよ
そうしたら逆に鬼島津とかカットされちゃうんだろうけど

753 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 22:37:39.47 ID:d4cZSVjYO
>>746
京都に耳塚があるらしい。
元々は切り取られた鼻が埋められて鼻塚と呼ばれていた。

755 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 22:44:05.00 ID:NhuKgkG+0
>>750
そういや石田三成が主役の映画だのドラマだのってあったっけ?
>>753
現地の人を虐殺しまくって「こんだけ殺しましたー」って送ってきたんだっけ・・・
韓国だの中国で映像化すれば、そんなトコばかり強調されるんだろね・・・

766 :名無しさん@恐縮です:2011/11/22(火) 23:00:22.32 ID:h3+55QZP0
てか最近の大河はマジで作る気が無さすぎ
NHKの時代物で期待できるのなんて
たまにやる土曜ドラマとかの方がよっぽどちゃんとしてる

787 :名無しさん@恐縮です:2011/11/23(水) 02:13:35.42 ID:D2oCqolK0
普通の日本人なら誰もが知ってる歴史上の超有名人なのに
明智光秀が大河ドラマなどの主役にならなかったのは確かに不思議。

逆臣なんて、下克上の戦国時代なら別に珍しくないのに、江戸時代から戦前・戦中まで治安・教育上、悪者扱いしたから人気がなかったからか
でも、光秀は大河ドラマで一番人気がある戦国時代の武将で、戦闘シーンも入れられ、
なおかつ人気キャラの信長や秀吉も登場するのでおいしいキャラ。
また、福井、岐阜、滋賀、京都・愛知とわりと広範囲の舞台なので、NHKの受信料対策にもなるw
NHKはいずれ光秀の大河ドラマをやるんじゃないの

814 :名無しさん@恐縮です:2011/11/23(水) 09:33:19.52 ID:ROkalck10
明智光秀は最後に落ち武者狩りにあって
百姓になぶり殺されるんだろ?
ラストがこれでは、どう描いても悲劇になるし陰惨になるわな。

815 :名無しさん@恐縮です:2011/11/23(水) 09:33:58.80 ID:skHv5Mj80
>>787
資料が少なすぎてな
秀吉ですら20代後半から記録に残ってるし家族構成も分かるのに
光秀は50近くまで何やってたかよく分からない

832 :名無しさん@恐縮です:2011/11/23(水) 10:06:01.13 ID:kEWcNwcS0
時は来た!敵は本能寺にあり!ここの演出が肝


http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1321855052/l50人気ブログランキングへ


ニュース【テレビ】NHK大河ドラマ「江」に「捏造」の声★3

1 :れいおφ ★:2011/10/30(日) 15:11:50.35 ID:???0
NHK大河ドラマに「捏造」の声
トピックニュース 2011年10月28日(金)12時08分配信

 10月23日に放送したNHKの大河ドラマ「江」で「悪質な捏造があった」とネット掲示板で話題になっている。
問題視されたのは、主人公・江の夫である徳川秀忠が、豊臣家との戦を避けるために、豊臣秀頼へ手紙を
出すという史実にはない場面だ。

 大河ドラマ「江」は、放映開始当初から現代語が多用される台詞回しが「リアリティがない」「漫画チックだ」
などと批判を受けていた。

 今回の放送についても、ネット掲示板では「今更驚かないわ」「篤姫と同じ脚本家の仕事とは思えん」
「ひでえな。大河は惰性で見ることも多いけどこれは即切った」と、“史実の捏造”に呆れる声がほとんど。
「江」の放送終了まであと一ヶ月を切っている。残りの放送回で、ネットユーザー達の悪評を挽回することは
できるのだろうか。


▽livedoor
http://news.livedoor.com/article/detail/5974156/

前スレ
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1319793916/
1が立った時間2011/10/28(金) 14:11:35.13

70 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 15:40:44.79 ID:tujhsSUj0
いくらなんでも豊臣と同盟組んで日本を二分しようぜってのはないだろってのは思う
北王路欣也はどう思っているのか

155 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 16:21:30.44 ID:dZGIbKW70
えっ今更でしょ
ドラマとして盛り上げるために毎回ねつ造されてるよ
江だけ見てる人が多いのか

159 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 16:22:41.61 ID:RXepcYJH0
>>155
論点分かってないなあ

フィクションを入れるにしてもオカルトを入れるなって話でしょ
見てないのがバレバレ

162 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 16:22:46.74 ID:tkN7vYlw0
秀忠といえば、関ヶ原での遅参でしょ?
諸大名の前で家康に叱咤され、罵られて、父が大御所としてが生きている間は頭も上がらなかったヒト。

それに、時代劇なんかでは、江は実子の家光を乳母の春日局にとられた反動から,三男・忠長を溺愛し、ことあるごとに忠長を家光とはりあわせたっていうのがこれまでの定番だよね?
そこをどうつくろってくれるのか、そこがこれからの見どころだよ。

169 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 16:25:15.48 ID:GxNHv9CM0
>>162
今日入れて後5回
うち2回が大坂の陣だから、それをどこまで描けるか

175 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 16:27:37.23 ID:Q7eQ30sU0
>>169
家督争いやらないの?

197 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 16:39:07.82 ID:cTxnNB9K0
フィクションはフィクションで良いんだ

でも、見てるほうから突込み入らないような上手いフィクションにしろって事だろう

199 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 16:39:33.49 ID:ZlFIEJln0
それ全部自然だから残ってるんじゃなくて
面白い話だから残ってるんだよ
自然でもなんでもないよ

201 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 16:40:14.36 ID:RXepcYJH0
>>199
じゃあ面白くない脚本家クソで終了だな
江の場合

203 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 16:41:27.09 ID:ZlFIEJln0
>>201
そうだよ

219 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 16:51:01.78 ID:/pDTpwRl0
>>197
見てればわかるけど、秀忠が気持ち悪いぐらい反戦平和主義に傾くストーリーだから
手紙の捏造は起こり得ること。わかりにくく、ストーリーと関係ない捏造なら指摘すればよい

228 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 16:58:29.39 ID:RXepcYJH0
>>219
そうじゃなくて史実を背景にフィクションを書けってことだ
秀忠は家康よりも豊臣に対しては強硬派だった

謙信と信玄の一騎打ちはフィクションだが
史実でも信繁や諸角虎定など大将クラスがガチで死ぬほどの激戦

長篠の三段打ちはフィクションだが、史実でも当時としては非常に多い1,000の鉄砲を使用

三本の矢の話は中国の故事をかぶせたものだが、史実でも本家を両川で支えるという方針は元就が示した



270 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 17:34:05.22 ID:e3DC82Yn0
捏造だって叩くのと、面白くないってので叩くのじゃあ全然話が違うんだけど
ごちゃ混ぜにしてる人間のなんと多いことか。

292 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 17:45:16.94 ID:bNZz8Rb7O
>>270
捏造への批判と、つまらなさへの批判を別個に考える必要もないでしょ。
「捏造までやってもつまらないんだ」って考えも当然出て来るし。

295 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 17:47:13.88 ID:nOqaAHzb0

なんでもありなんだよw 女の脚本家は面白いと思えばなんでもやるw

そもそも今までの大河で女の脚本家の作品を見てみろよw

一目瞭然なんだよwwwwwww

334 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 18:17:08.70 ID:jNhAB7xn0
本当に10歳ぐらいの幼女の輿入れとか、寝床とか放送したら犯罪になるだろ。
時代劇とはそんなもの。

338 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 18:21:06.82 ID:EJ5uKl6W0
>>334
前回の放送だったかな
「千はこどもが産める体になりました。秀頼様のお子が産みとうございます」なんて台詞言ってたが
あれは犯罪じゃないのかねー

343 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 18:28:27.71 ID:7cTVv7Y4O
午前中に再放送してる暴れんぼう将軍見たら もっと現代語だったぜ??

356 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 18:38:22.15 ID:mAgyJg7F0
いいじゃん。本能寺の変を起こるのを反町信長以外全員予期して、あらかじめ本能寺付近に間者派遣してその様子を探らせたり
大返しの準備までしていた某大河よりマシ。

361 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 18:40:29.13 ID:N9soi2Zz0
今BSで見てるけど
先週の捏造なんてかわいい物だった
今日の30分過ぎからが酷すぎ一見の価値あり

362 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 18:49:33.25 ID:DwSfdaFg0
>>361
またなんかやらかしたのかw
ヘンテコぶりを楽しめるのが今年の大河の唯一良いところだな
実況がてらじゃなきゃ見れたもんじゃないが

373 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 19:13:37.71 ID:703vPuy80
次の次の大河は山岸涼子原作の「日出る処の天子」をやってほしいなあ。
たぶん時代考証であれこれ言われないよ。
腐女子受けもいいし……

375 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 19:17:34.90 ID:skK0QZo70
>>356
秀吉が、光秀周辺に間者を放っていたのは本当。中国出陣の前の四国の処分で
、三好と十河を押す秀吉と長宗我部を押す光秀が争って、秀吉が勝ったために
光秀と長宗我部の動向を探ろうとした、謀反を予期したわけではない。


449 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 21:21:02.32 ID:RXepcYJH0
江の問題は「捏造」がつまらないこと

歴史系のフィクションは捏造をうまく織り込んで面白いと思わせる作りにしなきゃいかん

それが出来ないからオリジナルキャラで作った方がいい

455 :名無しさん@恐縮です:2011/10/30(日) 21:25:21.12 ID:Kmeoov+h0
>>449
なんだよそれ!?

伝統あるNHK大河ドラマ「江」より
「戦国BASARA」の方がケレン味と勢いが暴走していて
それでいて色々と史実を上手く重ねてるとでも言いたいのか!?

576 :名無しさん@恐縮です:2011/10/31(月) 01:04:44.37 ID:/zEbl+MO0
三国志で言えば劉備、関羽、張飛の三兄弟と呂布の一騎打ちなんて無かったけど
人中の呂布と言われた呂布と1万の軍に匹敵すると正史でも書かれた関羽、張飛が戦うから
フィクションとして面白いのであって

これが張飛の妻だった夏侯淵の従妹が主人公になって
蜀と魏の平和を訴えるドラマとかになったとして、そのフィクションは脚本としてうまいのかという話

579 :名無しさん@恐縮です:2011/10/31(月) 01:07:32.78 ID:UIhhwc0U0
大河ドラマを見て
史実と違うと抗議する奴のほうがおかしいw

そもそも、大河ドラマだぞ。
アホしか見られないシロモノだろw

581 :名無しさん@恐縮です:2011/10/31(月) 01:08:50.04 ID:JU92r9SP0
>>579
だったらこんなスレ見て擁護してんなよ
アホ

591 :名無しさん@恐縮です:2011/10/31(月) 01:17:03.65 ID:/zEbl+MO0
なんか捏造あって当然だろって人間は
三国志演義や楊家将のフィクションとしての面白さと
大河ドラマのフィクションとしてのクソさを比較してるってのが分からんのね



600 :名無しさん@恐縮です:2011/10/31(月) 01:23:43.48 ID:UIhhwc0U0
>>581
擁護してないだろw

そもそも大河ドラマは1話も見ていない。
また、テレビドラマなどはいっさい見ない。

2 c h オ ン リ ー 。

604 :名無しさん@恐縮です:2011/10/31(月) 01:27:33.97 ID:/zEbl+MO0
>>600
見てないなら黙れよカス

大河ドラマの江への批判って史実云々じゃねえから
まあ低能には分からんだろうけどな
>>1の記事を書いたやつと同じ次元の馬鹿

607 :名無しさん@恐縮です:2011/10/31(月) 01:31:23.21 ID:UIhhwc0U0
>>604
なんだお前

女の腐ったほうの大河ドラマを見てるのかwww

609 :名無しさん@恐縮です:2011/10/31(月) 01:33:36.20 ID:/zEbl+MO0
>>607
まあまずは>>576>>591の意味を理解してからレスしろ

お前には無理だと思うけどwww

分からないなら歴史系のフィクションを語るな

612 :名無しさん@恐縮です:2011/10/31(月) 01:37:08.07 ID:UIhhwc0U0
>>609
なんでお前のオナニーに付き合わなきゃならんのだ。
おまえは確実に高卒の文章。

618 :名無しさん@恐縮です:2011/10/31(月) 01:43:39.92 ID:J4UqLWO30
水戸黄門は印籠見せびらかして歩きまわってるし、
吉宗は町火消の家に入り浸って、気に入らない奴は隠密に成敗させてる。
坂本龍馬と岩崎弥太郎は幼なじみで、とても親交もあつかった。

ドラマにおいて、重要なのは事実か否かではなく、楽しめるか否かである。
ドキュメントじゃないんだから。

だから、宮本武蔵が1対80の斬り合いで勝利してもいいし、
新選組がゲイ集団でも、坂本龍馬が実は女でも問題ないのである。

620 :名無しさん@恐縮です:2011/10/31(月) 01:51:46.78 ID:/zEbl+MO0
>>618
江はそのフィクションがクソつまらんから非難の対象になってるわけだが

636 :名無しさん@恐縮です:2011/10/31(月) 02:08:53.68 ID:0PT53NJY0
>>620
つまらないから非難ってのがww
見なけりゃいいのにね。
それより、こういった非難、、、、意見する連中に見え隠れするのは
、俺が知ってる歴史と違うって
いうのと、俺の知ってるキャラ
じゃ無いってやつ。
これがウゼーw
所詮テメーも誰かのフィルター通して見てるくせに、あたかもそれが
真実のように語りやがるwww

639 :名無しさん@恐縮です:2011/10/31(月) 02:12:42.18 ID:/zEbl+MO0
>>636
真実だなんて一言も言ってないがな
むしろどこで俺が言ったのか、示してくれ

>>576で三国志の一騎打ちをフィクションと断じてるけどね
孫策とタイシジみたいな例外はあるけども

648 :名無しさん@恐縮です:2011/10/31(月) 02:32:58.84 ID:fXAN44xA0
史実を元にしたフィクション作品は
事実を元にしたフィクション作品と同じ
そもそもが創作だろ
捏造って言う意味がわかんない

655 :名無しさん@恐縮です:2011/10/31(月) 03:12:08.36 ID:G7hCsiMx0
>>1 の記事について言えば、

「捏造」というのはこの場合には当てはまらない、不適切な言葉だろうな
脚本家の田淵はべつに「歴史を捏造」しようとして作ったわけじゃないだろう

田淵は創作家であり、史実と違うことなど明らかに承知の上で書いているのだから
「確信犯」なのであり、そういうのは「捏造」じゃなくて「創作」というんだよ

これは「捏造」なんていう、不用意な言葉を使うことで、本質的ではない余計な議論まで引き起こしている、
下手クソな記事だろ。よくこのままで掲載を許可したなw

むろん、ドキュメンタリーや学術論文などで同じことをやれば立派な「捏造」だろうがなw

665 :名無しさん@恐縮です:2011/10/31(月) 04:01:56.87 ID:ktYH9n+c0
>618
水戸黄門や暴れん坊将軍は、
多くの人はフィクションだって判ってる。
でも大河は違う。そこが問題。

795 :名無しさん@恐縮です:2011/10/31(月) 22:54:12.96 ID:WLs1vg5N0
さすがにきのうの話しはおかしい
これじゃ史実捏造への批判もやむなしだな

800 :名無しさん@恐縮です:2011/10/31(月) 23:02:43.72 ID:XHl1SHdqP
娯楽作品にマジレスwwwww

捏造もなにも、最初からシエがノブナガスタンドが使えたり、思いっきり娯楽作品を前面に押し出していたじゃないか。

818 :名無しさん@恐縮です:2011/11/01(火) 06:22:48.44 ID:CLmf0/aE0
こういうつまらん捏造するからダメなんだよ
パソコンとか携帯も登場させろよ
それができないなら最初から捏造なんてしないで史実通りのつまらん劇でも作ってろ

829 :名無しさん@恐縮です:2011/11/01(火) 12:08:19.55 ID:/iN6Gt3T0
ドラマじゃ細面の小柄だけど 

本当の豊臣秀頼は 身長190センチ体重130キロってのは無視か

838 :名無しさん@恐縮です:2011/11/01(火) 21:55:35.73 ID:mOITJ6z90
信長と秀吉がノッポとチビってのは守られるんだけど、それ以外の武将の実寸は考慮されない傾向がある
石田三成は骨格が小さくて女性のようだったらしいんだが小栗とかキャスティングするしな

840 :名無しさん@恐縮です:2011/11/01(火) 23:39:13.53 ID:nYJEEjxO0
>>829
そんなもん、これに比べりゃ可愛いもんだ!(`・ω・´)
https://livedoor.2.blogimg.jp/news4vip2/imgs/a/7/a7e01800.jpg

841 :名無しさん@恐縮です:2011/11/02(水) 00:17:04.52 ID:xUVXUndR0
50年後の大河は「民主党」で頼む
小沢と鳩と菅の壮絶な日本沈没劇で

842 :名無しさん@恐縮です:2011/11/02(水) 01:36:43.45 ID:3ka160ON0
>>838
三成は157だからそんなに小さくはない

華奢、色白、お歯黒、扇子といった特徴が「優男」として後世に伝わって
なぜか背まで低かったと思われている

843 :名無しさん@恐縮です:2011/11/02(水) 02:14:32.26 ID:XtSJK7/K0
>>842
骨格と身長を混同してないか?
骨格が小さいってのは肩幅とか胴囲、拳の大きさなどといった部分が小さいという事
男性と女性は同じ身長でも骨格がワンサイズ違う。三成はそれらのサイズが女性並だったから「女性のようだ」と言われたんだよ

844 :名無しさん@恐縮です:2011/11/02(水) 03:44:27.04 ID:3ka160ON0
>>843
痩せていた、腺病質とは読んだことあるが「骨格が女並」なんて聞いたことないな
当時の女性はほんとに小さいぞ?(140以下とか)
身長は標準で幅は女なんてマトモな人間じゃないと思うが。
ソースあったら提示願おう

849 :名無しさん@恐縮です:2011/11/02(水) 19:38:16.36 ID:XtSJK7/K0
>>844-845
>>身長は標準で幅は女なんてマトモな人間じゃないと思うが。
>>そもそも着物(巻衣)に横サイズなどないわ

根本的に勘違いしてると思うのは、男女の骨格の違いってのは男性の方が肩幅や拳などが大きいって事であって
腰回りに関しては大して男女差ないでしょ
あと、どうしても骨格と身長を混同したがるのな。自分で「華奢」だの「優男」だの言っておいて何故「骨格が小さくて女性のよう」
に噛みついてんのかと。要は骨格と身長を混同してるだけじゃん

「チビだ」って言ったんじゃ無くて「男性にしては骨格が小さくて女性的だった」と言ってるだけの話だろうに
皆まで説明されなきゃ理解出来んのか


855 :名無しさん@恐縮です:2011/11/02(水) 21:35:42.33 ID:3ka160ON0
>>849
華奢と女並はかなり違うと思うぞ
早くソースよろ

871 :名無しさん@恐縮です:2011/11/03(木) 00:05:00.91 ID:Wcx4zAU+0
>>841
大河は1000年以下、100年以上経った時代じゃないと取り上げない。
時代で言うと平安~明治初期。

良く覚えて桶。

872 :名無しさん@恐縮です:2011/11/03(木) 00:11:42.98 ID:DQJriGNq0
>>871
よくそんなウソが付けるな
東京裁判を扱った大河もあったってのに

879 :名無しさん@恐縮です:2011/11/03(木) 00:24:55.82 ID:zsO+2ujV0
>>872 は?東京裁判扱った大河なんて過去にありませんでしたよ。



897 :名無しさん@恐縮です:2011/11/03(木) 10:12:11.20 ID:jEax0/ps0
たかがテレビドラマだが
史実と思い込む視聴者も多いってか

913 :名無しさん@恐縮です:2011/11/03(木) 11:01:27.16 ID:Un9r53wvO
>>897
そらあの全面ファンタジーの韓ドラ歴史物を
史実と思って真剣に抗弁される方もいらっしやいますから
テレビでやったことは全面本当と思ってる奴はマジで多い

個人的には大河より少数異端説を延々やって誤誘導したあげくに
「かもしれない」連発で嘘はついていないと姑息に誤魔化す
歴史番組やNスペのほうがはるかにタチが悪いけどね


http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1319955110/l50人気ブログランキングへ


ニュース【話題】島津義弘を大河ドラマに NHKに鹿児島県知事ら要請★3

1 :出世ウホφ ★:2011/10/29(土) 01:50:27.76 ID:???0
観光かごしま大キャンペーン推進協議会(会長・伊藤祐一郎鹿児島県知事)など県内の商工観光5団体の関係者は26日、
東京・渋谷のNHKを訪れ、薩摩の戦国大名・島津義弘を取り上げた大河ドラマ制作を求める要望書を松本正之会長に手渡した。
 要望書には、義弘がドラマにふさわしい理由として、織田信長や豊臣秀吉と同世代に活躍した武将で、
関ケ原合戦での敵中突破の勇猛さで知られることなどを盛り込んだ。
 伊藤知事は、今まで九州の大名が主役になっていない点も強調。鹿児島から関ケ原までが舞台のドラマになれば、
「九州新幹線全線開業効果を、県内だけでなく九州全体に波及させられる」と力説した。

松本会長は「頂いた資料などを参考に検討したい」と答えた。
 同行した県観光誘致促進協議会の中原国男会長(中原別荘社長)は「粘り強く要請活動を進めていきたい」と話した。

http://www.373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=35928
★1 2011/10/28(金) 02:51:58.54
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1319799709/l50

3 :名無しさん@12周年:2011/10/29(土) 01:57:06.72 ID:wpv2mPen0
義久を主人公にした方が盛り上がると思うんだが。

4 :名無しさん@12周年:2011/10/29(土) 01:57:09.97 ID:2CtEo8syO
頭山満で決まり!

5 :名無しさん@12周年:2011/10/29(土) 02:01:05.35 ID:SHFnvmbl0
鮮人供を7000人の寡兵で4万人以上ぬっころしたところとか
鮮人が崇める将軍の李舜臣を返り討ちにしたところを
在日供が悔しがってNHKに抗議の電話を掛けてくるぐらい
特 に 重 点 的 に 描写してやって欲しい 


20 :名無しさん@12周年:2011/10/29(土) 02:13:53.97 ID:B2uOJ/Vf0
よしなさいってお兄ちゃんに言われたのに兵を挙げて、
東軍に参加したかったのに疑われて城にも入れてもらえず、
仕方なく西軍に参加したけど献策無視されてヘソまげて戦闘参加せず、
いよいよヤバくなったら部下を犠牲に逃げ帰る。

これのどこがドラマになるのかと。

36 :名無しさん@12周年:2011/10/29(土) 02:30:38.21 ID:98ZkU57r0
>>20
なにを言うやら。
薩摩密航留学生の畠山は、
アメリカで義弘の身代わりになった祖先自慢をして、
感心したアメリカの大学教授が、
その話を書き残している。
万国共通の感動話だよ。

40 :名無しさん@12周年:2011/10/29(土) 02:39:11.01 ID:J6D71OC70
>>4
協力会社の社長さんに頭山満の肖像写真をいただいたので、
部の壁に飾ったおいたら、重役ぐらいだった。
頭山満とわかったのは。

44 :名無しさん@12周年:2011/10/29(土) 02:45:23.89 ID:B2uOJ/Vf0
>>36
じゃあその畠山、もしくは畠山の祖先を主人公にしたほうがいいだろw
義弘の感動話じゃなくて畠山の感動話なんだからw

144 :名無しさん@12周年:2011/10/29(土) 06:53:43.99 ID:+/ELyge90
島津の「丸に十」の旗印には、宣教師達も「俺達と一緒の旗じゃん!」って
興奮して布教したが適当にあしらわれて、大友の方へいったんだよなぁ

384 :名無しさん@12周年:2011/10/29(土) 20:57:56.25 ID:p40nEwwR0
日本が外国に攻める題材はやめた方がいい。
 
坂の上の雲みたいに、日本の右系から責められるか
もしくは、朝鮮中国から責められる。
もっと当たり障りの無い題材がいいと思う。

404 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2011/10/29(土) 21:42:11.88 ID:ScL9Sx5q0

( ^▽^)<朝鮮は 倭寇に対処するため 強力な水軍を整備しており

       秀吉の下には 長い戦国時代で鍛えられた50万人のサムライが♪


       日本軍は 歩兵が中心で火縄銃(射程500メートル)を主力に弓と組み合わせて使用し、
              接近戦用には長槍、乱戦用には日本刀を用いた

       朝鮮には火縄銃が無く 大砲だけ
            また弓の射程も120メートル (日本は300メートル)
            歩兵は・・・

       明軍は クロスボウと手投げ弾 槍 大砲 火縄銃など



  ∧∧
 ( =゜-゜)<明・朝鮮 ともに精強な騎兵軍団を持っていたが

       数千挺の火縄銃による一斉射撃によって敵をなぎ倒すという日本軍の戦術
       の前に 粉砕された♪

412 :名無しさん@12周年:2011/10/29(土) 22:03:55.29 ID:hXGC57Oi0
>>404
一応少数の火縄銃はあったらしいよ、朝鮮にも
武器に使おうという発想が無かったらしい

415 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2011/10/29(土) 22:05:38.07 ID:ScL9Sx5q0
>>412

( ^▽^)<何に使うんだ?  狩りか?

434 :名無しさん@12周年:2011/10/29(土) 22:59:25.06 ID:sRMeA1Jp0
隅っこの人は置いといて


小松主役でやれば面白いんじゃないかな?

序盤は親父中心で中盤移行は旦那を中心に小松殿がかき回すw


482 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 07:42:21.73 ID:X5EOPSp40
ここでいろいろ島津の話を書いている人がいるけど、いかに基礎的なイメージすら無い
単なるド田舎の地方の英雄なんだとよくわかりました。
ドラマになっても見る気がしません。

488 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 08:17:33.53 ID:cAVMJS9N0
>>482
やっぱりある程度のイメージ、予備知識が合った方が楽しめる。
毛利元就の大河は視聴率散々だったけど、地方の英雄ってのはそんなもんなのかと思った。
それでも元就はまずまずの認知度があると思ったんだけどね。
どうせ視聴率取れないなら、謀略の限りをつくすハードな描き方が良かった。


557 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 14:44:54.79 ID:Gl2nDyue0
四国の英雄 長宗我部で大河に。

587 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 15:21:00.79 ID:S57mxtE5O
>>384
解体新書+田沼+源内だな
一年は十分もつ
戦のシーンが数秒間のなんちゃって戦国大河よりずっと血肉湧き踊る男臭いドラマになるはず

594 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 15:29:11.26 ID:TH4kpmUY0
>>587
血肉・・・別な意味で躍るドラマになりそう。
見たあとに焼き肉食えたら医者に向いてるとか。

604 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 15:38:59.27 ID:S57mxtE5O
>>594
JINがヒットしたのは医者ものであるという部分も大きいだろうから大丈夫だよきっと

適塾でもいいな
脚本三谷の群像劇コメディー、塾生が敵味方で分かれる戊辰戦争はちょこっとシリアスで

607 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 15:43:01.13 ID:aXioY69F0
>>604
>適塾

武田斐三郎を出せば
対ロシア、幕末の北方外交まで
描けはするけどね。


612 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 15:52:31.38 ID:S57mxtE5O
>>607
幕府の外交はちゃんと書いて欲しいよね
幕府側でも倒幕側でも「弱腰外交ですた」であっさり済まされることが多いから。
売国奴会津を再来年やるよりも、幕臣の努力をしっかり描いた大河が見たい

615 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 15:55:55.34 ID:+u5qNDcR0
東北がらみで伊達をやる可能性も高そうなんだけどな
けど政宗は何回かやってるから蘆名義広とかになりそうで嫌なんだよな

621 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 16:03:21.89 ID:vm6A18RN0
>>615
東北関係で伊達はお腹いっぱい
時代は違うけど破軍の星の北畠顕家とか希望
もっと遡れば小野春風も結構面白い。原作無いけど

626 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 16:10:45.42 ID:mzPIpPrA0
>>621
薩摩は土地が痩せてて貧しいから、百姓に剣を持たせて武士に仕立てあげてた。
畑を耕しながら立木相手に力任せに木刀を振ることで定着したのが薩摩示現流。
正統な武士集団じゃないから正攻法を避け、闇討ちや裏切りなどトリッキーな戦法を多用する。

632 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 16:18:19.17 ID:X5Vhgf110
>>626
だいたい剣法なんて、本当に戦場で使っていたのかな?
剣法=個人戦かせいぜい10人以下の小集団の決闘に使うようなもので
戦国時代の集団戦に使い道はほとんどないと思うのだが?

636 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 16:27:30.37 ID:Dw3KjaNw0
>>632
そもそも合戦での主要武器は槍
市街地に槍を持っていくわけにはいかないから、市街地の暗殺だと刀が活躍したけどね

646 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 16:56:42.97 ID:SbbxgeKZO
>>636
合戦の描写は、クレしんのアッパレ戦国が正確らしいな。

663 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 17:23:18.72 ID:69r9U0200
明治1年 明治政府、スウェーデン・ノルウェー・スペインと不平等条約を調印。
明治2年 明治政府、北ドイツ連邦との不平等条約に調印。
明治2年 ロシア兵、樺太函泊を占領、明治政府が抗議せず容認したため兵営陣地を構築。
明治2年 イギリス公使パークス、樺太放棄を勧告。

黒田は少人数のロシア兵にびびって樺太を放棄したらしいね。
これで日本は脅せば簡単に領土を明け渡すとのメッセージを諸外国に与えてしまった。
一方で、榎本武揚はロシアに渡って樺太を買い取る交渉中だった。

698 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 17:54:00.70 ID:LvjkG0wI0
島津の恨み 米軍の恨みというだけで飯が食える沖縄土人は日本に規制する寄生虫

701 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 17:58:30.73 ID:jkQm+iF70
何度鹿児島が登場すれば気が済むのさ。
幕末モノやれば必ず出てくるじゃん。
大河ドラマ登場最多じゃねーか?

705 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 18:08:04.34 ID:Pgg0CJeO0
日本一在日の少ない鹿児島だけど、実は
韓国並みの儒教社会。
そのせいか若者の東名阪福岡への流出に
歯止めがかからない。

721 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 18:47:32.60 ID:S57mxtE5O
>>701
幕末大河では最多だね
薩摩(獅子の時代(W主人公)、翔ぶが如く、篤姫)
江戸(勝海舟、新選組!)
土佐(竜馬がゆく、龍馬伝)
会津(獅子の時代、八重の桜)
彦根(花の生涯)
水戸(徳川慶喜)
長州(花神)
三姉妹は全く知らないので省きました

ちなみに、登場作の数の多さは一位が西郷、二位が大久保と木戸らしい。

738 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 19:03:44.46 ID:qGazWmMq0
朝鮮出兵を描かないといけないから絶対にNHK大河にならないと言われてたが
今のスイーツ改変で実は平和主義で戦争反対だったのに無理矢理参加させられ
実は現地で朝鮮人の多くを救っていたとかになるんだぜ

748 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 19:34:15.73 ID:OCHGzoDJ0
なんで天皇が主人公の大河ってないの?

750 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 19:38:48.53 ID:DCC3Oe9j0
>>698
一度でも賠償してから言えよタコ。
鹿児島が賠償したことなんざねーだろうが。
米軍についても反対ばっかりしてるくせに。


754 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 19:43:48.48 ID:qhHjXX160
>>748

やるとすれば後醍醐天皇か明治天皇あたりなんだろうけど、
前者は足利尊氏を素材にしたほうが盛り上がるし、現に太平記として尊氏を主人公にしている。
後者は、幕末の志士を題材にしたほうが圧倒的に盛り上がるし、ドラマにもしやすい。
まあ、立派な天皇はいるにせよ、さらにネタになる人物がいるので、
無理に天皇を主役にする意味もないってところじゃない?

791 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 21:01:07.54 ID:69r9U0200
>>705
>日本一在日の少ない鹿児島だけど、実は
>韓国並みの儒教社会。
鹿児島にはお寺がほとんどない。
江戸時代まではたくさん存在したんだけど明治期に薩摩人がぶち壊した。
いわゆる廃仏毀釈の結果だ。
全国レベルでも貴重な寺院が破壊され国宝級の文化遺産の多くが灰になってる。
徳川にいじめられた薩摩人は江戸文化を憎んだから、
城郭の多くは取り壊され、浮世絵などは悪しき汚習としてゴミ扱い。
海外に流出した一部を除き江戸文化の痕跡はほとんど消失してしまった。
日本文化を強烈に憎んだという点では薩摩と韓国は通底してる。

799 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 21:18:07.70 ID:VXmkpuhc0
沖縄の人って
いまだに島津に恨みを持っていたのか?

808 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 21:32:11.61 ID:lGgUS7Gm0
家康をおびやかした島津義弘の前進退却は確かに見たいな
だがな、わしは広島の人間じゃけえ、毛利元就の大河みたいなってもうやったわ


810 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 21:38:06.66 ID:YalOg8mj0
>>808
長州系のお話ってやったっけ?
ここ二十年では記憶が無いような

818 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 21:48:45.78 ID:lHM7+Gxs0
知事嫌われ天ジャン


822 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 21:51:22.15 ID:ARZ8kHiVP
鬼石曼子も書くのか?
朝鮮人と明人を切りまくった鬼神として。


839 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 22:13:29.27 ID:EgNIt5Tn0
こんなのいちいち採用してたら全国で似たような要請
バカのように来て収拾つかなくなるよ

843 :名無しさん@12周年:2011/10/30(日) 22:17:14.12 ID:VXmkpuhc0
>>839
実際そうなっているだろ?
どこの地方でも我が地方の英雄で大河やってくれって
運動はある。
鹿児島出身ではないが、島津義弘なら、その中でも見ごたえがあって
良さそうだと思うけどな。

944 :名無しさん@12周年:2011/10/31(月) 07:19:03.14 ID:QV2kPB2Z0
>>799
過去の一時点の話じゃないし、琉球処分後も形を変え
沖縄戦まで継続してるから。鹿児島県系人への憎悪は
そこまで遠い昔の話じゃない。
沖縄県議会から提案して両県議会で和解宣言を出した
今にしても、沖縄特産品マーケティングへの鹿児島の
便乗商法など確執の種はある。それと沖縄への謝意
オンリー、自分たちへの謝罪なしで和解宣言の会場に
された奄美側も若干、不満を抱いてる人々がいる様子。

948 :名無しさん@12周年:2011/10/31(月) 07:24:36.64 ID:eoWdA2Gh0
>>944
沖縄戦=錦の御旗かよ。
現在日本領の内で唯一地上戦になった地域ではあるが、
日本領ではなくなった地域での地上戦なら、沖縄だけじゃねーんだよ。
サイパン(日本領)でも地上戦が展開され、多数の日本人住人が死亡
している。

952 :名無しさん@12周年:2011/10/31(月) 07:59:57.07 ID:QV2kPB2Z0
>>948
それから当時のサイパン日系人の6割以上は沖縄系。
北米・南米・ハワイのみならず南洋諸島やフィリピンへの
移民が盛んだったので。

954 :名無しさん@12周年:2011/10/31(月) 08:11:39.41 ID:eoWdA2Gh0
>>952
つまり、ヤマトンチュの領土拡大と沖縄住民は利害を一体としていた訳だ。

955 :名無しさん@12周年:2011/10/31(月) 08:25:40.37 ID:QV2kPB2Z0
>>954
沖縄県は帝国政府自体からも冷遇されてたからね。
飢饉になっても取り分を変えない、還元率を高めない。
県は金蔓、移民は領土確立の尖兵、一石二鳥で
都合がいい道具。東北の満州移民もそんなもんかな。

957 :名無しさん@12周年:2011/10/31(月) 08:31:24.37 ID:eoWdA2Gh0
>>955
そんなのアメリカの西部開拓やハワイ朝横領も一緒じゃないか。
やっぱ戦争は勝たないとダメってことかね。
これはともかく、「取り分」とは何を指してるんだ?

969 :名無しさん@12周年:2011/10/31(月) 09:59:56.77 ID:UROHD3A+0
>>40
きわめて重要な人物なのだが、団塊の世代ぐらいから
こういう人のこと知りもしなくなるからな。

日本人の敵はみんなこの人の事知っているのに。
日本人自身でこの人を知っている人が極端に少ない。

政界に片足突っ込んでるか、重役以上だわな。



972 :名無しさん@12周年:2011/10/31(月) 10:27:02.36 ID:eoWdA2Gh0
>>969
名前も知ってるし、どういった人物かもまったく知らないよりかは知ってる
方だと思っていたが、さすがに顔は知らんかったつーか、別の人の顔と
覚えて間違ってたぽいw


http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1319820627/l50人気ブログランキングへ

学ばないブログ
忍者AdMax
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ