いてつくブログ

2ちゃんねるのスレッドをコピペしてまとめてみるブログ

園子

ニュース【映画】『希望の国』の園子温監督「原発問題を描かない日本の映画界はすごくおかしいと思う」

1 : ◆GinGaOoo.. @銀河φ ★:2012/10/17(水) 14:37:15.28 ID:???0
『希望の国』の園子温監督「原発問題を描かない日本の映画界がおかしい」

ひるまない男だ。『冷たい熱帯魚』(11)の鬼才・園子温監督が、3.11をモチーフに入れた『ヒミズ』(12)に続き、
今度は真っ向から原発問題を斬った映画『希望の国』(10月20日公開)を撮り上げた。
原子力発電所のある町で酪農を営む家族が、大地震での原発事故を経た後、どう生きていくかを模索していく。
園監督が被災者に取材を重ね、現地での悲痛な叫びを吸い上げた渾身の一作だ。
園監督にインタビューし、本作を撮った決意と覚悟について話を聞いた。

震災後の原発問題をダイレクトに扱うことは、かなり勇気のいる行為だと思うが、園監督の背中を押したものは何だったのか?
「『ヒミズ』の時も色々言われました。せっかく『冷たい熱帯魚』などがヒットしてきたのに、なぜあえて人を減らすようなことをするのか?と。
ドキュメンタリーではなく、3.11の原発を描くドラマはまだなかったので、世間体もあったし、自分的にも苦悩はありました。
でも、それはすぐに頭を切り換えました。やっぱり、今だからこそ撮るべき映画だと思ったから」。

「この問題が他と違うところは、現在進行形だという点です。だから、脚本を想像力で書いてはいけなかった」という園監督。
脚本作りのため、園監督が被災者から話を聞き始めたのは震災の傷跡が生々しい2011年8月だった。
「最初は朝から晩までやっていた報道も次第に冷めてきていました。
これを風化させてはいけないという思いもあったし、他のアートや文学は3.11について、どんどん発信が始まっていた。
でも、日本の劇映画から発信するものは特になかったので、自分がやらなきゃいけないと思いました」。

>>2以降へ続く)

『希望の国』の園子温監督
http://news.walkerplus.com/2012/1017/14/20121017102354_00_400.jpg

2012年10月17日 MovieWalker
http://news.walkerplus.com/2012/1017/14/

園子温監督最新作『希望の国』 オフィシャルサイト
http://www.kibounokuni.jp/

2 : ◆GinGaOoo.. @銀河φ ★:2012/10/17(水) 14:37:28.43 ID:???0
>>1の続き)

『希望の国』が完成した今、心に迷いはないのか?と聞くと、
「映画を作ると決めた際に、一つの覚悟をしたわけだから、今は何も迷っていないです。
でも、僕に迷いがあるどころか、皆さんに迷いがあるのがおかしい」と、語調を強める。
「よく取材で、『なぜ、今、福島を映画化するんですか?』と聞かれるけど、逆に僕は『なぜ、みんなそれをしないのか?』と聞きたい。
あんなに大きなことが起きても、それを映画の題材にしない日本の映画界はすごくおかしいと思う」。

「無関心が一番いけない」と語る園監督は、今後も原発問題を扱った映画を作っていくべきだと考えている。
「こんなに臆病なの、日本人だけですから。たとえば、アメリカだったら『ハート・ロッカー』(イラク駐留の米軍爆発物処理班の苦悩を描く
反戦映画)とか、今、進行中の戦争に対する批判を込めた映画をメジャースタジオで作り、
なおかつアカデミー作品賞になったでしょう? だから、日本も大手が作るべきなんです。
今回、ヴェネチア国際映画祭で発表された、ポール・トーマス・アンダーソン監督の『ザ・マスター』は、
今、アメリカで流行っている新興宗教の教祖を描いた作品だし。海外ではそういう映画を普通に撮りあげています」。

園監督は、『希望の国』を2012年中に撮り、公開まで漕ぎ付けることにこだわった。
「たとえば、特攻隊の映画を、戦争が終わって一年後に映画化したらタブーになるけど、
傷ついた人が死んじゃっていなくなった今なら、感動のモチーフにできる。
でも、そうなってから作ることに何の意義があるのか?って思う。本作は2012年中に公開してこその映画。
事故のことを風化させてはいけないんです。“鉄は熱いうちに打て”ですから」。

15 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 14:46:14.05 ID:o+RwRYSp0
原発問題をお涙頂戴の感傷的な視点でしか描けない
こういう監督しかいないから邦画界はダメ。


56 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 15:01:36.10 ID:Pk/e1DMQ0
渡辺文樹がいるだろ
奴こそ真の映画人だ

100 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 15:32:08.93 ID:Zshyqmr0O
スーパーの女、お葬式みたいに緻密な取材とブラックな笑いを取り入れてエンターテイメントに
してしまう伊丹みたいな監督はいないのか?原発の男でも撮って欲しいもんでした。ブラックな事を娯楽映画に出来るのは
伊丹だけ。

105 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 15:34:28.19 ID:amg4WBiY0
これまで多くの作家が原発事故をモチーフにした
作品を作ってきた。けど福島の事故はその主張に対して
酷い現実を突きつける。事故では映画で描かれたような
「多数の死者」や「崩壊する文明世界」も起こらなかったわけだからな
逆に今原発を止めると経済は崩壊し、国民の生活は地に落ちるという矛盾
多くの芸術家が自分の描いた理想に対する現実に戸惑ってる状況だろう


107 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 15:35:02.44 ID:Qb0ylq1v0
>>100
スーパーの女は全然緻密じゃないw

108 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 15:35:47.29 ID:nv7Sz6OjO
日本はアンタッチャブルにしちゃってる事柄が多過ぎるんだよ。
別に映画監督にその打開を求めてはいないけどね。
さもドキュメンタリーみたいな捏造映画撮る基地害とかウザいからさ。


110 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 15:36:40.19 ID:qxXN+wBI0
>>105
なぜ経済が崩壊するの?国民生活がちに落ちるって?具体的な数字で教えてよ。

130 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 15:49:11.91 ID:Zshyqmr0O
>>107 1996年の映画にしては今の食品偽装問題を先取りしていると思う。ちょっとスーパーの教育ビデオみたいだから
タラコおにぎりにししゃもの卵混ぜたり、新鮮に見せる為に肉に赤いライト当てたりはしなくなったっしょ。

131 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 15:50:50.37 ID:amg4WBiY0
>>110
電気代が上がるだろ。理由は火力発電による燃料費の高騰
あと、自然エネルギーも一因。地域によっては来年は
今の1.5倍近くになる。家庭も打撃を受けるが、それ以上にでかいのは企業
海外に生産拠点を移すか外国企業に敗退する。ただでさえやばい大企業も
多いのに、原発止めたらどうなるのよ

154 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 16:07:26.44 ID:Qb0ylq1v0
>>130
当時スーパー知ってて見ると、誰でも知ってるような浅い映画だった

180 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 16:59:30.31 ID:/NapliTt0
>>154
スーパーを知ってる人より、知らない人の方が大半だし、
それだけでおまえが貶めていいってことにはならない。
ああいう題材を面白おかしく2時間にまとめて、パッケージできる能力はすごいんだよ。

203 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 18:57:59.58 ID:Qb0ylq1v0
>>180
つまり何も知らない人が大半で正当化されるなら、不都合な真実の内容も素晴らしいって事だなw
それに個人の意見でいいとかわるいとかも無いし、監督としての技量については何も言ってない的外れ

228 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 19:46:43.27 ID:gTRVWAmH0
今の日本で反戦だの反核だの言うのは侵略者のカムフラージュだってバレましたからね


239 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 20:26:13.77 ID:Tw3oF6HIO
散々原子力の恩恵で生きてきて、急に脱原発ってのはおかしいと思わないの?
他に代わるエネルギー源を何一つ示さないで脱原発とか笑わせるなよ。

246 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 21:00:34.71 ID:rHfaYX2F0
太陽を盗んだ男とかで描きまくってるだろ。

255 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 22:09:44.02 ID:7DPV0M1J0
園子温←コイツの映画で評価できるところがあれば挙げてみてくれ

257 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 22:12:05.37 ID:LN4KJb6e0
福島の事故が起きる20年も前に既に黒澤明が
映画で原発の危険性を描いてたのは凄い。



259 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 22:18:49.23 ID:q6USC8uO0
ちょっと前に東京原発って映画なかったっけ?
>>257
福島の20年前ならチェルノブイリの割りとすぐ後じゃねーか

262 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 22:26:06.71 ID:GYYaoseI0
おまえら相変わらず目立ってる人間が大嫌いなんだなあ
外に出て映画撮って社会とかかわりあってそれなりに成功してる人間と引きこもりのネット番長と、どっちが価値あると思う?

268 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 22:41:43.05 ID:iquT41eQ0
>>262
つ鏡

287 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 23:30:22.06 ID:era6Emai0
原発を描こうが描かなかろうが、人間の本質は描ける

原発を描いて人間の本質を描けない三流の園。
原発を描かず人間の本質を描き、その結果として原発を
含む社会問題を考えさせるのが一流の監督。

292 : 忍法帖【Lv=37,xxxPT】(1+0:5) :2012/10/17(水) 23:36:35.78 ID:bsvw27MoO
>>287
そこらのどうでもいい監督よりは人間の本質をわかってる監督だと思うね…


295 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 23:39:04.75 ID:k2Kw58Ok0
原発に便乗してドヤ顔のやつが全面的に正しいとも思わんけどね。
どうせ菅はスルーして日本全体を叩くだけだろ。

298 : 忍法帖【Lv=37,xxxPT】(1+0:5) :2012/10/17(水) 23:43:13.57 ID:bsvw27MoO
>>295
オマエらネトウヨはバカだからネトウヨやってんだから
無理するなw

299 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 23:44:54.71 ID:LyU5DUSg0
>>292
園は売名のために、現実に起きた事件をネタに宣伝することしか考えてない糞
現実の事件を自分の都合のいいように改変しまくって、トゥルーストーリーだと大嘘つきやがる

305 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 23:58:00.64 ID:qxXN+wBI0
>>299
トゥルーストーリーだなんて本人が言ってたのか?売名だろうがなんだろうが
見る人間としちゃなんにも関係ないんだけどな。面白いかどうかだけで判断
すりゃいいだろ。過去の作品も含めて。ダメなら何を講釈しても聞いてくれない
んだし。園子温の作品は「愛のむきだし」しか見たことないけど、冗長な部分
はあるけど、確かに見るべきところはあるっと思ったけどな。くどすぎるが。


306 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 00:05:23.05 ID:LyU5DUSg0
>>305
むきだしも熱帯魚も恋の罪も、全部トゥルーストーリーだと言い張ってただろーがw
マジ糞映画

310 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 00:18:07.66 ID:9tyLUdXTO
>>259
ストーカーってタイトルの洋画も確かチェルノブイリと似た風景が描かれていてその翌年に事故があったんだよね。

311 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 00:25:47.69 ID:ri3fJKdNO
>>310
世界のタルコフスキーの映画か?
そんな言い方しちゃいかん。
黒沢の十倍は偉大な監督だ。

321 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 01:34:14.13 ID:4urTaDoK0
>311
ねぇよ馬鹿が タルコフスキーは黒澤を尊敬してたんだよ

330 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 01:56:43.11 ID:ri3fJKdNO
>>321
黒沢は活劇か安易なヒューマニズムしか描けない単細胞バカ。
タルコフスキーは「僕の村は戦場だった」みたいな普通の映画からサクリファイスまで。
トータルでみれば黒沢はベルイマンやタルコフスキーの足下にも及ばない。

333 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 02:02:28.96 ID:4urTaDoK0
>>330
つまりお前は、活劇か安易なヒューマニズムしか描けない単細胞バカの黒澤なんかを尊敬してた
タルコフスキーは大バカって言いたいんだなw

339 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 02:27:42.98 ID:ri3fJKdNO
もしかして黒沢の単細胞ぶりが羨ましかったのかもね。
安易なヒューマニズムだけが人間ドラマだという考えが。

黒沢が天才だとかいうのは周囲が音声の管理もまともにできないぐらい無能な連中が揃ってたからそう見えたんだろう。
だから黒沢映画って何言ってるか全然わかんないよ。

342 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 02:35:28.89 ID:VnZEI9uM0
ヒミズって、稲中の人が書いた漫画が原作?
あれって地震関係あったっけ?記憶にないなー

つーか、何人?w

344 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 02:48:30.93 ID:x+XsD4pk0
ID:ri3fJKdNOは黒澤のこともタルコフスキーのこともロクに知らないだろw

単に黒澤が嫌いで貶したいだけの馬鹿だからなw

347 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 03:19:07.70 ID:4urTaDoK0
>>344
というか本物の病気みたいだな
>ただタルコフスキーは絵が撮れるし
それ黒澤からも学んでると言ってるのに, 聞こえないふり 駄目だこりゃ

352 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 03:25:25.18 ID:ri3fJKdNO
>>347
お前こそこちらが挙げた黒沢の欠点について解説してもらいたいね。
特に黒沢とタルコフスキーが大好きな安易なヒューマニズムにどれほどの価値があるのか教えていただきたいものだ。

378 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 07:07:18.88 ID:hdZjAE7k0
自分が撮ればいい話
他人批判すんなよ

382 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 07:24:12.90 ID:gyF0Iifr0
この題材になった家、俺んちのすぐ近くだわ。
線引きちょっとズレたらうちにもtv局来てたなw

386 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 07:38:01.64 ID:9qaXon+90
>>382
うわあ、大変だなあ。
今の生活はどう?
子どもたちはまだ外で遊べないの?

398 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 07:59:15.64 ID:gyF0Iifr0
>>386
マスク無しで思いっきり遊んでるよ。
近くで採った山菜食ったりさえしてる。
そんなことに怯えてられるかよ派と子供達の将来を…派が真っ二つ

411 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 08:20:40.09 ID:5Z5dZuaW0
50年以上前から核実験しまくってる中国様の実態を描けよw

当然ながら、風下の日本は福島なみに中国からの放射線を浴び続けた
訳でしょ????

それはだんまり?

あと、中韓は原発増設するのもだんまりですか?
韓国なんて自然災害もないのに、事故起こしてるでしょw
つまり、中韓が原発事故起こせば、日本にも飛んでくる訳で。

それも含めて批判しろよw

413 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 08:23:40.78 ID:u+WciwGT0
>>411
何でもかんでも中韓とからめるなよ
筋違いも甚だしいわ


424 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 08:40:43.03 ID:4ATZujXbO
>>413
反原発活動家は朝鮮人だバカが
連中は危険きわまりない韓国の原発を「絶対に」批判しない
原発技術に対する日本のシェアを削り韓国が取って代わりたいだけ

426 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 08:43:08.18 ID:9qaXon+90
>>424
それは違うだろ。
この美しい日本、中でも美しい福島をめちゃくちゃに
しやがったから怒ってるんだよ。
韓国のことなんかしらん。
そもそも韓国に原発なんてあるのか?くらいの認識だ。
こういう人間が原発反対してるんだよ、覚えておきな

436 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 08:57:50.18 ID:4ATZujXbO
>>426
だから「反原発活動家」だと言ってるんだろうに
無知な人間が感情で反発するのは無意味どころか有害
そうした活動家の背景も理解した上で、原発に反対するならそれは「一つの意見」と言えるが、ワケもわからず反発しているようなアホは意見ですらない
脱原発でも、反原発でも、原発推進でもスタンスは何でもいいんだが、背景だけはしっかりと把握して判断する必要がある

464 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 09:45:44.94 ID:rusBK0fx0
何でクリエイター()って総じて左翼思想なの?

519 :名無しさん@恐縮です:2012/10/19(金) 16:32:05.05 ID:efbiEGja0
園子温の作風は苦手だけど、反骨精神出してくれるなら支持する。
予告編見た限りでは普通のヒューマンドラマっぽいが、感動が全面に出て
原発行政の矛盾とかがかき消されちゃうってことはないのか?


523 :名無しさん@恐縮です:2012/10/19(金) 20:22:16.93 ID:/OWr3j7b0
>>519
園子温自身は「反原発にも原発推進映画にもするつもりない」と言ってたね。
原発は、事故があってもなくても地域を分断するし、家族も分断する現実を
表現したいらしい。
映画のできはともかく、今原発を話題にしない表現者は信用できんわな。

537 :名無しさん@恐縮です:2012/10/20(土) 00:32:17.52 ID:qwnLPqUJ0
わが国と言わず
「この国」
と言う輩は決まって三国人

と思ったら

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1327864631/199

案の定である

575 :名無しさん@恐縮です:2012/10/21(日) 07:02:38.57 ID:F/4ut6Vc0
まあ一番絶望的なのは、国民そのものがそういう戦う人間を
バックアップしない事にあると思うんだけどね。
普段は勇ましい事言ってても、いざ旗振ってる奴が危機に陥ったら
ソッコーで知らん顔してハシゴ外しちゃうだろ。
これでは馬鹿馬鹿しくて誰も旗振り役にならないよ。

それでも、今はデモもまだ継続してるし、
それなりに意識は変わって来てると思う。
これを続けないとね。日本を造るのは、
政治家ではなくて国民一人一人の責務です。


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1350452235/l50/../人気ブログランキングへ


ニュース【映画】園子温監督、日本映画界を批判「役者が芝居をしていない。カット割りも知らない人が大作を撮ってる。日本映画は終わってる」★2

1 :破産王φ ★:2011/11/06(日) 02:05:46.39 ID:???0
最新作「恋の罪」の公開を控える園子温監督が5日、日本大学芸術学部の芸術祭で、同作に出演
する女優の冨樫真とともにトークショーを行った。同学の映画学科の学生たちを前に「日本映画が
健全だったのは70年代まで。80年代後半から危うくなって、90年代には終わった。海外作品の
ようにもっと現代化してほしいのに、まるでガラパゴス状態」と日本映画界の現状を痛烈に批判した。

園監督は「特に良くないのは、役者が芝居をしていないこと。それにカット割りも知らない人が
大作を撮っている。腐った伝統を重んじる映画評論家には、『君たちの時代は終わったよ』と墓を
掘ってあげたい」。「こうした状況を引っぺがすには、僕が映画を撮り続けるしかないし、作品が
ヒットすることが大切。学生の皆さんには、自分たちの未来のためだと思って、ぜひ『恋の罪』を
応援してほしい。とにかく先生の言うことは聞いちゃダメ」と学生へのメッセージにも熱がこもる。

同作は1990年代に東京・渋谷で実際起こった殺人事件にインスパイアされたオリジナルストーリー。
水野美紀演じる女刑事・和子がラブホテル街で発生した猟奇殺人事件を捜査する過程で、大学の
エリート助教授・美津子(冨樫)と貞淑なセレブ妻のいずみ(神楽坂恵)が隠し持つ“秘密”に触れ、
後戻りできない禁断の領域に足を踏み入れる。園監督にとっては「女性に対する自分なりの思いの
集大成。女性に対する尊敬や畏敬、それにまつわるミステリーを描いた作品」だという。

園と富樫
http://image.eiga.k-img.com/images/buzz/29780/1_large.jpg?2715

http://eiga.com/news/20111105/7/
1スレ 2011/11/05(土) 21:32:46.79
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1320496366/

8 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 02:09:03.62 ID:95iianAu0
>日本映画は終わってる

これは事実だが、この人の映画って面白いの?

33 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 02:22:25.63 ID:aoFXQZVx0
>>8
面白いよ
冷たい熱帯魚 
愛のむきだし 

52 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 02:27:43.01 ID:7qrF830u0
>>33 どっちも冷たい熱帯魚になってる

67 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 02:33:32.28 ID:aoFXQZVx0
>>52



ヒミズおもろそううちの田舎でもやってくれるかな?


73 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 02:36:04.24 ID:eAer3kfoQ
黒澤明の映画を見て何この面白さwwパネェwwとかなったんだが、こういうユーモアありの楽しい娯楽作を作れる人って今いないの?

225 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 03:54:02.40 ID:J+0zpbKp0
大林とか相米とかが大手振るってた時代に比べれば日本映画もずいぶん立派に成長したな。
中島の映画すごいじゃん。告白とか良かったよ。
ATGと角川映画が日本映画を失速させた被告だと思ってるんだけど。

228 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 03:55:32.79 ID:SUZGSLu30
たぶん邦画って、撮影に入る前に監督ってコンテ切ってないでしょ?
宮崎駿とか、アニメ監督ってのはコンテを自分で切るけど
実写でもハリウッドはコンテ切ってるよね




242 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 04:00:43.00 ID:Su6HuE9g0
>>225
告白はテレビの2時間ドラマとかで見せられたら「すごい!」と思える出来だったけど、
じゃあ映画的か?と言うとなぁ

265 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 04:11:18.49 ID:J+0zpbKp0
ハリウッド映画も日本映画に負けず劣らずヒドいもんだよ。
みんなの言うハリウッド映画ってほんの数本の傑出した作品だけを指してるだろう。

327 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/11/06(日) 04:31:59.88 ID:bPooX9eR0
だって日本の俳優なんてほんとの俳優じゃないから仕方ないよ。
演技の勉強も訓練もしたことない人間が今日から俳優でございって
連中ばかりだからwww
その点韓国人俳優はほぼ全員大学や専門学校で演技の勉強と訓練を
経験した者ばかりだからな。土台が全然違うんだよ。ま、バカ嫌韓厨は
見もしないで韓国人俳優の演技なんて糞と言ってるけどねwwww

たとえば日本でも評判のいい「華麗なる遺産」で女主人公(ハン・ヒョジュ)
と男の主人公(イ・スンギ)がソルロンタン(牛汁飯)を売り込みのために
教会の掃除に行って休憩時間に男主人公が巻き寿司を食ってるところ
へやって来た女主人公が、「なによ、自分だけ食べて」と言うと男主人公
は黙って寿司の包みを差し出す。女主人公は『なんだ、私の分も買って
くれてたんだ』と男主人公の横に坐って寿司の包みを開けると握り寿司
が入っていた。『私にはいいものを買ってくれたんだ』とほほえむ。という
シーンがあるが上記の『』内はセリフがない。表情だけで表している。この
程度のことは韓国人俳優なら誰でもできる初歩的な演技だがしかし日本
人俳優でこれができる人はいるか?残念ながらいないwwwww

333 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 04:33:38.62 ID:SUZGSLu30
アジョシもよかったな。
こんなのくらい邦画も撮れよ
たしかに韓国映画にまけてるところも多いな
チェイサーみたいなのくらい撮れるだろ?ちゃんと作れよ

339 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 04:36:33.87 ID:Su6HuE9g0
>>333
韓国もいわゆる韓流系の大作は目を覆いたくなるような内容のアイドル映画もどきが多い
大作がダメでインディーズ系が頑張ってるという点で日本と同じ構図だね

350 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 04:40:29.19 ID:7ZhRXKn2O
>>339
興味持てるのポン・ジュノとキム・ギドクだけ。
でもポン・ジュノもグエムルとかは退屈で寝ちゃった。


369 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 04:46:06.22 ID:hH6UXp0ZQ
邦画かぁ…
恥ずかしながら黒澤監督の作品を
一度も見たことが無く
借りては見ずに返す繰り返し
どうにかせねば

371 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 04:47:12.28 ID:ZSiYDblJ0
>>369
椿三十郎から攻めよう。

381 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 04:50:06.02 ID:SUZGSLu30
マット・デイモンみたいなの出て来いよ。
顔とか容姿でのハードルは高くないだろ?
出て来いよ日本のマット・デイモン


382 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 04:50:11.20 ID:n1q3VXlt0
>>371
用心棒→椿三十郎 の順で見るのが正しい
用心棒のが完成度は高い

388 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 04:52:32.36 ID:nrSReV6W0
>>382
それ以外でお勧めある?



409 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 04:57:45.71 ID:2GmjooiN0
実は日本の撮影技師のレベルは高い

442 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:09:19.96 ID:Wjc46r000
ここまで壬生義士伝なしですか
そうですか

445 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:10:03.21 ID:TMkAfwsf0
アクションものはアメリカと差がありすぎて話にならない
その他になってくるとわざわざ映画でしなくてもテレビドラマで流しとけって
のが多すぎる
アイドル、タレントやら顔と人気だけで演技も糞なのが多いしな
演出だけじゃなく小栗旬やら松本人志やらお笑い芸人まで映画撮って
さらに糞にさせてる

459 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:15:04.35 ID:sw5oSA2C0
>>445
>アクションものはアメリカと差がありすぎて話にならない

SPやガンツなんかは別にそう差があるとは思わんが。


465 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:15:46.44 ID:SFQELcvn0
>>459
いやいや

467 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:16:44.73 ID:kd1cr+PCO
ってこの監督知らねー(笑)この前グラドルと公私混同して枕結婚したやつ?いずれにしても監督の名前見て映画名が出てこない時点でマイナーな監督。

470 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:17:32.50 ID:sw5oSA2C0
>>465
一応、大体のハリウッドのアクション物は抑えてんだけど?

岡田君の格闘は惚れ惚れする。

俺はジャニヲタでもなんでもなく、普通のオッサンだけどね。


475 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:17:37.23 ID:uNll2uBa0
>>467
お前が無知なだけだ馬鹿

487 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:20:34.10 ID:7ZhRXKn2O
>>470
素材は素晴らしい。
役作りの努力もしている。
が、如何せん使う側がド下手なので惜しい。
SPのこと言ってんだよね?


488 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:20:34.55 ID:0uzI0tMRP
>>475
園子温。今日はじめて聞いた。オススメの映画はどれ?


495 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:22:32.42 ID:cD6IaMxr0
マジレスすると日本よりも終わってるのは欧州
もちろんシナチョンはそれ以下
チョン流は映画は完全に通用してない
ダメダメ

邦画ぐらいだよ、役者がまともに食えて言ってるのは(ハリウッドのぞいて)
欧州とかホント役者にしろ周辺の仕事にしろ死んでるから

498 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:22:57.89 ID:sw5oSA2C0
>>487
そうだよ。SPはドラマシリーズからハマってた。
映画よりドラマの方がいいのがあったかもね。
でも、近年のアクション作品では出色だ。

アクションでは、「フィッシュストーリー」の森山未來にも
ワクワクした。

500 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:23:14.99 ID:AU8KsWaBO
冷たい熱帯魚の死体解体シーンなんてヒドイもんだしな
ただただ、どぎつく見せたいだけって感じで

515 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:26:23.05 ID:7ZhRXKn2O
>>498
ドラマサイズの物をちょっと評価されたからって映画にしちゃうのがアウトなのよ。
あのまま連ドラとしてやってれば良かったのに…


516 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:26:37.15 ID:nrSReV6W0
>>500
解体シーンを飛ばしていきなり肉片が出てきてガッカリした記憶があるけど

520 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:27:56.63 ID:IJwPn0jb0
>>495

日本で役者だけで食えてる奴なんてほとんどいない。
日本のドラマや映画出てる連中のほとんどはアイドルや芸人。
役者なんて副業だよ。

522 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:28:18.28 ID:AU8KsWaBO
>>516
なんかモツを見せつけたりしてるじゃん?
逆に萎えるよな

526 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:29:31.22 ID:QCocSuPU0
最近の日本の映画って
ドラマ延長パターン しかなくねそういえば

531 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:31:29.72 ID:cD6IaMxr0
>>520
外国で役者だけで食えてる奴なんてほとんどいない。
外国のドラマや映画出てる連中のほとんどはアイドルや芸人。
役者なんて副業だよ。

その中で“上がり”となれてる層が一番分厚いのはなんだかんだで日本(アメリカのぞいて)
GDPで見てもドイツやフランスなんか日本の足元にも及ばん。

532 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:31:41.68 ID:nrSReV6W0
>>522
肉片が出る前に死体の裸を見せてくれたらもっとショックなシーンになったと思う
さっきの人の体がこうなっちゃったって感じで

546 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:35:25.14 ID:AU8KsWaBO
>>532
あとさ、でんでんの頭とか転がってなかったっけ?
作り物丸出しなんだから、あんなもん逆に置かない方がいいのに

548 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:35:41.61 ID:Qex+J0un0
>>526
確かに。
本業で稼げなくなったテレビ局が映画制作して、自分の局で宣伝しまくって
いるのを見ると、反吐がでる。

いくつかの例外を除いて、出来上がった映画は見るに値しない。

558 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:38:50.03 ID:n1q3VXlt0
残虐描写なんて感覚が麻痺しちゃうからな
だからもっと残虐に! みたいに残虐描写のインフレ起こしていって、悪趣味、単に画面が汚いだけ、
という、園子温の現状みたいになってしまう
ホテル・ルワンダというルワンダ内戦を描いた映画は、死体描写すらほとんどない映画なのだが
ただ1シーンだけ、主人公たちが車で霧の中の道を走っていたら、すげー悪路の凸凹道になって
どんな酷い道だよと思っていたら霧が一瞬晴れて、自分たちが走ってたのは
死体の山の上だと知らされる、というシーンがある
この霧の中に浮かぶ1シーンだけの残酷描写が、すごく効いている

572 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:45:42.04 ID:unOcQZDZO
確かに構図構成の酷さは異常
一回脚本そのままで撮影だけ海外の監督にやってみてもらいたい

579 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:47:35.00 ID:sw5oSA2C0
573 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2011/11/06(日) 05:45:55.94 ID:DkhoWUd9O
日本映画って貧乏くさくて、画面が薄暗くて陰気なイメージがするな。
ストーリーもつまらん。2時間ドラマと変わらんレベル。


典型的な、無知なバカの書き込みって感じ。
ろくに見もしないで。

585 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:49:31.69 ID:6FLGaEQI0
>>546
冷たい熱帯魚に限らずよくあるね



589 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:49:45.55 ID:0OC15DCW0
>>572
おらもそう思う 少林少女でいいからやってほしい

590 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:50:05.44 ID:0uzI0tMRP
>>579
そこはちゃんと反論しなきゃ。
見ない奴をバカと罵るだけじゃ邦画を見る奴は増えたりしないよ。



598 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:54:00.59 ID:sw5oSA2C0
>>590
無理無理。いくら言ったところで、そういう偏見を持った人間が
観てみるか、とはならんし、俺が日本映画を観て貰うメリットも
宣伝する義理も無い。

俺だっていくらインド映画がいいといわれても、観ることはないし。

599 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:54:18.11 ID:2AmUvVzk0
>>589
チャウ・シンチーのカンフーサッカーはすっげえ面白いのに
松林少女はどうしてああなった
日本の俳優がクソじゃないんですか

601 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:54:35.76 ID:/m3trF6T0
>>579
貧乏くさくて、画面が薄暗くて陰気なイメージ

これハリウッドの「バーン・ドカーン・ちゅどーん・HAHAHA」以外全部そうだろ
特にイギリスとかフランスとか

603 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:55:05.27 ID:AU8KsWaBO
>>585
>>1みたいなこと言うなら、そんな在り来たりなことしなさんなってことよ

615 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 05:59:03.71 ID:6FLGaEQI0
>>603
まあ好きな監督何なんだけどね・・・
グロイグロイ言われてたから期待しすぎたかな

636 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 06:08:02.31 ID:b5n/kdKJ0
映画自体が・・・原作当たったほうが面白い

もちろん映像には映像の面白さはあるんだろうけど、飽きたというか
周りに小さい頃から映像があったから、飽食気味なんだよね、個人的には


676 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 07:12:19.56 ID:jx8l3a3s0
欧米のの映画監督って一流大学出てたり専攻で映画や哲学を学んでいる人多いよね。
役者にしてもそうだし。
やっぱ勉強してないような馬鹿に映画を撮らせたり役者をやらせては駄目だと思うよ。
学歴うんぬんいうわけではないけど、バックボーンや育てらえた環境って一目瞭然だしね。
まともに映画の勉強してないような人が映画を撮ったり、自称映画監督面してる奴が多すぎると思うわ日本って・・


689 :名無しさん@恐縮です:2011/11/06(日) 07:27:30.54 ID:IJwPn0jb0
>>676

邦画史上最悪の原作レ○プ映画「デビルマン」を撮った那須博之は東大出身だけどな。



http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1320512746/l50人気ブログランキングへ


学ばないブログ
忍者AdMax
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ