1 : アフリカゴールデンキャット(兵庫県):2012/10/08(月) 19:29:17.67 ID:xB4Yr2jY0 ?PLT(12001) ポイント特典

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/10/08/2012100801394.html

【コラム】村上春樹氏がノーベル賞作家?

 ノーベル文学賞の季節が再びめぐってきた。慣例通りならば、今週の木曜日にスウェーデン・アカデミーが今年の受賞者を発表することになる。
毎年授与されるこの賞は、受賞したからといって、偉大な作家がさらに偉大になるわけでもなく、正式発表の4分前にかかってくる電話を受けられなかったからといって、
作品の芸術的権威が低下するわけでもない。しかしノーベル文学賞は毎年、他の分野のノーベル賞よりも多くの関心を集めてきた。英国の有名な
スポーツブックメーカー(賭博の胴元)「ラドブロークス」が、ノーベル賞のうち唯一文学賞だけ予想オッズ(掛け率)を発表し、実際に人気を集めているという点も、
この賞の大衆的な関心を立証している。

 ラドブロークスによると、今年の受賞者予想の1位は日本の村上春樹氏だという。時々刻々変化してはいるが、7日の時点で村上氏のオッズは4倍となっている。
3人のうち1人は村上氏に賭けたことになるわけだ。2位は中国の作家、莫言氏で9倍、続いてアイルランドの作家、ウィリアム・トレバー氏と米国の歌手ボブ・ディラン氏が11倍と、
後を追っている。韓国の詩人、高銀(コ・ウン)氏とシリアの詩人アドニス氏、チェコ出身のミラン・クンダラ氏、イタリア出身のウンベルト・エコ氏なども上位に名を連ねている。

 ブックメーカーのリストで今年のノーベル文学賞受賞者を予想するのは不謹慎かもしれないが、意外にも最近の受賞作家は、この会社のオッズのトップ10に
ランクインした名前と大抵一致している。自分の好きな作家をクリックするオンライン人気投票ではなく、お金を賭けた予想となるため、想像以上に的中率が高くなるのだろう。



11 : スナネコ(やわらか銀行):2012/10/08(月) 19:32:04.05 ID:pnitG0n60
こいつの
カンブリア宮殿の司会もひとつや

12 : アフリカゴールデンキャット(兵庫県):2012/10/08(月) 19:32:21.43 ID:xB4Yr2jY0
 賭けに参加した人たちが信じているスウェーデン・アカデミーのノーベル文学賞選定基準は「政治的に正しい作家」だ。文学は他人との競争ではなく、自分自身との戦いであり、
一定基準以上の芸術的成就に対して優劣を付けるのは不可能に近い。しかし受賞者を決定するとなれば、政治社会的に正しい行動を見せてきた人、重要事件に対して積極的に
発言してきた作家を好むということらしい。

 村上氏の最近3年間のオッズは、2010年に9倍、11年には8倍で、今年4倍に上昇した。意外なのは、この時期、村上氏の「政治的に正しい発言」が続いたという点だ。
09年のエルサレム文学賞受賞当時、村上氏は中東の平和を訴え、昨年カタルーニャ文学賞を受賞した際には福島について言及し、原発反対を、そして先日、
朝日新聞への寄稿文ではアジアの友愛を求めた。

 還暦を過ぎた小説家が、反戦や平和を主張するのは歓迎すべきことだ。しかし皮肉なことに、これまでの村上春樹文学の魅力は、「脱理念」「非政治」だった。
1960年代の左派全共闘時代の理念を超えて、80年代以降、個人の意味と価値を取り戻してくれた前衛的芸術が村上春樹氏だった。そのため、多くの村上春樹ファンが
彼をノーベル文学賞に最も似合わない作家としてきた。

 ノーベル文学賞の大きな意味の一つは、長い間文学界内部でしか認められていなかった作家や作品を、さらに多くの大衆に広く知ってもらうチャンスとなるという点だ。
村上春樹文学はすでに全世界のベストセラー1位を席巻している。今回のノーベル文学賞は、相対的にあまり知られていない作家の作品が受賞してほしい、というのが、
村上春樹文学の一ファンとしての個人的な希望だ。

魚秀雄(オ・スウン)文化部次長

17 : リビアヤマネコ(愛知県):2012/10/08(月) 19:36:16.38 ID:aYoom1nL0
村上春樹の小説って読んだこと無いんだけど、何がお勧めなんだ?

54 : 黒トラ(東日本):2012/10/08(月) 19:46:24.69 ID:8GZ9Jqf40
エ□もいいのか?

57 : シャルトリュー(福岡県):2012/10/08(月) 19:47:39.40 ID:UyQsVHl40
>>54
大江健三郎だって結構エ□多いやん。

58 : スノーシュー(千葉県):2012/10/08(月) 19:49:04.42 ID:MyVtBNWZ0
>>54
川端康成の文章を小学生に声を上げて読ますのは、罰ゲームに等しい

69 : コラット(やわらか銀行):2012/10/08(月) 19:54:02.89 ID:t5sHeaqo0
村上春樹の小説で女性器がヴァギナという
名称である事を知った中学2年生の夏。
…懐かしいな。


83 : マヌルネコ(静岡県【緊急地震:茨城県南部M4.2最大震度3】):2012/10/08(月) 20:06:23.67 ID:pCpGlO/S0
>>69
ドイツ語じゃなくて、英語では「ヴァジャイナ」。ちなみに、ペ○スは
英語では「ピーナス」。I like ピーナッツ. と日本人が言おうとすると、
外人はぎょっとするかも。あと、ア○ルは「エイネル」。

88 : マヌルネコ(静岡県【緊急地震:茨城県南部M4.2最大震度3】):2012/10/08(月) 20:08:40.72 ID:pCpGlO/S0
文章書くのが上手なだけでノーベル賞なら、山田詠美は絶対に取れるよ。

99 : メインクーン(神奈川県):2012/10/08(月) 20:15:42.33 ID:EsOvUvBr0
文学的に小難しくこいつの小説がどう優れてるのか教えてくれよ

古典文学はたくさん読むけど、こいつのだけはエ□ゲの文章との違いがわからないわ

118 : リビアヤマネコ(新疆ウイグル自治区):2012/10/08(月) 20:25:22.86 ID:wwHNk8js0
>>99
よく言われるのは無意識的なレベルの物語を書いてるってところだね
夏目漱石や安部公房などもよく夢を題材に書いていたけど、
村上春樹は夢よりももうちょっと深い深層心理を物語化しようとしていると言われている
例えば中上健二は神話をフレームとして選んでユング的な集合的無意識を
物語化しようとして高い評価を受けたけど、村上は神話フレームの手法も取っておらず
より純粋な形で深層心理を描く努力をしている
つまり従前の文学理論を注意深く排除する努力をしているわけね
多くの人にとって村上春樹の物語は「意味はよくわからないけどなんか面白い」だと思うんだが、
何故面白いのか、どこが面白いのかというのは多くのユング派心理学者から
人類全体に共通する深層心理特有の事象が見られるから
深層心理に直接的に訴えるのだと指摘されている
昔話や神話が面白いと捉えられて何百年も語り継がれてきたのと一緒
まあ今後研究が進む作家だと思うよ
俺もあまり好きじゃないんだけど、評価が高い理由はこういう感じ

135 : イリオモテヤマネコ(関東・甲信越):2012/10/08(月) 20:33:54.12 ID:v2DlxGOOO
村上春樹には平和賞もあげろ。

190 : サイベリアン(WiMAX):2012/10/08(月) 22:09:37.55 ID:kbNpSo2MP
村上も大江健三郎もお前らネトウヨとは正反対だな
ネトウヨの心の狭さ、自意識過剰が気持ちの悪い

191 : ヨーロッパオオヤマネコ(西日本):2012/10/08(月) 22:18:27.74 ID:L+TORbxm0
Ladvrokes
2012 Nobel Prize in Literature 09 Oct. 17:30

2/1 Haruki Murakami
8/1 Mo Yan
8/1 Peter Nadas
10/1 William Trevor
10/1 Bob Dylan
12/1 Cees Nooteboom
12/1 Ngugi wa Thiog'o
12/1 Thomas Pynchon
14/1 Ismail Kadare
14/1 Adonis
14/1 Ko Un
14/1 Alice Munro
14/1 Assia Djebar
16/1 Dacia Maraini
16/1 Philip Roth
16/1 Cormac McCarthy
16/1 Amos Oz
16/1 Margeret Atwood
16/1 Tom Stoppard
16/1 Milan Kundera

こりゃマジで来るな

200 : パンパスネコ(公衆):2012/10/08(月) 22:31:01.28 ID:N1Rb4plJ0
村上春樹ってカートボネガットあたりパクリまくりなのに

205 : ヒョウ(やわらか銀行):2012/10/08(月) 22:36:47.76 ID:Y7zmqNwe0
>>191
ウンベルトエーコは箸にも棒にもかからないのかな。
まあ納得だけど。

225 : ロシアンブルー(茨城県):2012/10/08(月) 22:50:42.58 ID:YcsSoURZ0
そうね、でも、だからこそジジイの説教じみてきて、晩年の作品は面白くない
政治家や学者の高説のようなもの。
普通に「面白い」のは、初期だろ。「ためになる」のは後の作品でも

237 : リビアヤマネコ(新疆ウイグル自治区):2012/10/08(月) 22:58:31.96 ID:wwHNk8js0
>>225
いやいや、初期の作品はお洒落な言葉が並んでるだけで
あまり深みがないよ
ねじまき鳥の戦争描写とかその時の井戸で光を浴びたエピソードとか
初期の実力じゃ絶対書けないでしょ

238 : ヒマラヤン(やわらか銀行):2012/10/08(月) 23:00:21.26 ID:GjotP0As0
死ぬまで尻上がりに上がり続けた芸術家
っているだろうか?

宮大工とか宗教家などは
歳を重ねるほど上がっていく

ここがアートの不思議なところだな

247 : エジプシャン・マウ(茨城県):2012/10/08(月) 23:08:25.38 ID:f3WbxhYQ0
安部公房がもうちょっと長生きしてたら・・・・
大江やこいつより遙かに価値があったのに。

249 : カナダオオヤマネコ(大阪府):2012/10/08(月) 23:09:52.60 ID:PesvuJjR0 ?PLT(12330)

>>238
宗教はどうだかしらんが宮大工に関しては
オマエはなにか基本的な勘違いしている

技と創造は違う

科学技術とか意味不明なこというクルクルパーがいるだろ
サイエンスとテクノロジーは別物
おまえはこの手のバカに相当する

251 : リビアヤマネコ(新疆ウイグル自治区):2012/10/08(月) 23:11:21.53 ID:wwHNk8js0
>>247
安部公房って村上春樹にかなり作風似てると思うんだけど、
なんでお前らそんな安部公房が好きなの?

259 : イリオモテヤマネコ(dion軍):2012/10/08(月) 23:15:02.46 ID:XjUo+YBN0 ?PLT(12000)

ボブディランに与えるくらいならルーにノーベル文学賞をあげる

260 : アンデスネコ(福岡県):2012/10/08(月) 23:17:21.43 ID:ZcJLX5tb0
村上春樹と村上龍、どこでどう差がついたのか
作風も思想も大して変わりないように見えるんだが

263 : アメリカンカール(大阪府):2012/10/08(月) 23:20:14.13 ID:agCcIn3a0
こんな奴の本より池波正太郎のほうがおもしろいわボケ

264 : ノルウェージャンフォレストキャット (東日本):2012/10/08(月) 23:20:43.45 ID:t2yBUU0D0
科学系は人類の発展につながる大きな成果がでるし
数学系は何百年も予想だったものが証明されたりするし
科学者すべてが認めるし、数学者すべてが認めるから客観的にも納得いくけど
文学系ってどうなの?

文学界の人間が全員賞賛するわけじゃないんでしょ?
何百年と表現できなかったものが表現されるわけじゃないんでしょ?
文学の発展につながるの?
なんか政治とかいってるし、うさんくせーな

268 : リビアヤマネコ(新疆ウイグル自治区):2012/10/08(月) 23:26:13.62 ID:wwHNk8js0
>>264
そういう価値観もあるけど科学の発見は
その人が発見しなくてもいずれ誰かが発見したでしょ
文学作品はその人がいなかったら永遠に生まれなかったでしょ
そういう意味では人類の歴史を変えるのは思想やシステムなんじゃないの
本がどれだけ歴史を動かしてきたか考えれば何冊か思い当たるでしょ
マルクスとか

279 : トンキニーズ(庭):2012/10/08(月) 23:37:51.97 ID:QpgexBYjP
ま、死ぬまで受賞の可能性はあるから
死ぬまで頑張れ。

読んだことはないけど、名前は聞いたことがある。
けどこいつ流行作家じゃないおの??

280 : ノルウェージャンフォレストキャット (東日本):2012/10/08(月) 23:38:47.45 ID:t2yBUU0D0
>>268
一瞬納得しかけたけど、でも、いずれ誰かが発見とはいうけど
もし、人類が俺とかお前みたいなのばっかりだったら、永遠に発見できないよねぇ
猿が文明を発展できないように、俺とかお前だけでは発展しないよ。
やっぱり彼らが導いてくれたから、俺とかお前でも恩恵にあずかれるんだと思う。
だからいずれ誰かが~っていうのは奢りだと思う。

それと、いずれ説を唱えるなら、文学作品が~って部分も、代替品がいずれ出てくるだろうし
思想に関して言えば、違うベクトルの良い思想が生まれたかもしれないし
やはり、「いずれ誰かが~」ってのは論として間違ってると思う。

291 : リビアヤマネコ(新疆ウイグル自治区):2012/10/08(月) 23:52:20.29 ID:wwHNk8js0
>>280
科学の定理と思想は明らかに違うでしょ
科学の定理は客観性が高いんだから
研究は常に同じ方向に進歩するし、いずれ「全く同じ定理」が発見されるんだよ
でも文学作品は違うの
客観性が低いから進歩する方向ごと変わる
マルクスがいなかったら冷戦は起こらなかったかもしれないし
ルターがいなかったら西洋は暗黒の中世のままだったかもしれないし
サルトルがいなかったら学生運動みたいなのは起こらなかったかもしれない
あくまで違いであってどっちが上というつもりはないけど
少なくとも歴史への影響、人類全体への影響の点で
文学は科学と同程度の評価はされるべきでしょ

296 : 黒(東日本):2012/10/08(月) 23:59:05.99 ID:+FCZbUX00
安易に大江批判してる奴って作品まともに読んでないんだろうなぁ。
安部公房もすごいけど、大江はもっと変態度に満ちた凄みを感じる小説を書くよね。特に初期は。

301 : ぬこ(岩手県):2012/10/09(火) 00:06:52.97 ID:hO59lo7m0
>>296
変態度の構成要件について詳しく

302 : ボルネオウンピョウ(九州地方):2012/10/09(火) 00:07:03.11 ID:KOyjNVc3O
川端や大江はやっぱり文学だと思うよ
川端のは今見ても美文で情景が思い浮かぶ
村上は何が評価されてんのかさっぱり分からん
北斎を見る欧米人みたいな感じかもしれんな

306 : ジャングルキャット(チベット自治区):2012/10/09(火) 00:10:55.03 ID:K/5zr8pX0
村上よかったな、ウンベルト・エコと一緒に語ってもらって
至上の光栄で今すぐ死んでも悔いはないだろう

>>296
大江は若いころは無理して都会人ぶって(それが村上と同じ)変態ぶっていたが
なにしろ四国の山奥出身だから、それがあまりに作りもので
都会人は読んでる方が恥ずかしくなる
僕は何冊読み始めても、途中で我慢が出来なくなった
「僕の息子はアポリネールのように頭に包帯を巻いて生まれてきた」とかさ
吹き出しちゃうだろ


308 : ベンガル(やわらか銀行):2012/10/09(火) 00:14:38.65 ID:bDYFJb3F0
ウンベルトエーコってそんなすごいのか?
洒落で小説も書く人かと思っていた

309 : 斑(東日本):2012/10/09(火) 00:14:58.42 ID:04HbpOXk0
>>306
ごめん、吹き出しどころが分からない。
インテリぶってるのはまあ判るが、都会人ぶってるというのはよくわからない。
だいたい四国の山奥の話ばっかり書いてるじゃん。

315 : ジャングルキャット(チベット自治区):2012/10/09(火) 00:21:51.25 ID:K/5zr8pX0
>>309
性的人間とか、若いころに書いた犬殺しの話とか痴漢の話とか
逆に僕は四国の田舎の話を書いた本は知らない、最近(やそれに近い)の本だろう
もうよく覚えてないが
高校生の時、こいつ田舎っぽいなと思ったのは覚えている

317 : ベンガル(やわらか銀行):2012/10/09(火) 00:22:03.99 ID:bDYFJb3F0
教養があることと
いい小説を書くことは
同じではない

319 : ジャングルキャット(チベット自治区):2012/10/09(火) 00:24:42.03 ID:K/5zr8pX0
>>317
ウンベルト・エコの小説を一冊でも読んだか?
と言っても日本語訳じゃ(たぶん誤訳だらけだろうし)あの面白さはわからないだろうが

322 : 斑(東日本):2012/10/09(火) 00:25:52.90 ID:04HbpOXk0
>>315
ってか、万延元年のフットボールの完成度の高さがノーベル賞受賞時に考慮されたんだよね。
フットボールも読まずに「四国の田舎の話を書いた本は知らない」とかw

まるで枯木灘を読まずに中上健次を語るような感じだな、おまえは。

323 : コドコド(チベット自治区):2012/10/09(火) 00:28:44.13 ID:7+JYo/gL0
>>83
じゃあピーナツはなんて呼ぶの?


328 : ベンガル(やわらか銀行):2012/10/09(火) 00:32:47.31 ID:bDYFJb3F0
>>319
薔薇の名前は読んだ

彼は構想して
誰かに書かせたらいいんじゃないかな
書くのがめんどくさいんじゃないだろうか

329 : ジャングルキャット(チベット自治区):2012/10/09(火) 00:33:28.19 ID:K/5zr8pX0
>>322
君にお前呼ばわりされることはないと思うが
ま、君はそういう程度の人間なんだろう
上に書いたように、僕はどうにも我慢できなくて若い時に大江を読むのをやめたので
万延元年の云々という本は読んでいない、タイトルは知ってるが

中上健次も一、二冊しか読んでいない
お姉さんと一緒に道に落ちてる卵を拾って嬉しかったという話を書いてると友人が笑ってたのは覚えているが


330 : ハバナブラウン(関西・東海):2012/10/09(火) 00:39:31.99 ID:0bfm/u4s0
>>302
それはあまりに北斎に失礼かと(´・ω・`)



334 : ジャングルキャット(チベット自治区):2012/10/09(火) 00:42:32.27 ID:K/5zr8pX0
>>328
Ecoは楽しんで小説を書いてると思うよ
日本語の翻訳は、読者にそんなことを思わせるほどひどいのか
Le Pendure de Foucault(フーコーの振り子)は読もうとすると、
内容をしっかり理解するためあまりにたくさん調べものをしなくてはならないので
これは老人になって他にすることがなくなった時に読もうととってある

337 : 斑(東日本):2012/10/09(火) 00:43:26.67 ID:04HbpOXk0
>>329
おまえ、「おまえ」呼ばわりされたぐらいでファビョるなら2chやめろよw

338 : ジャングルキャット(チベット自治区):2012/10/09(火) 00:46:21.74 ID:K/5zr8pX0
>>337
「ファビョる」なんて変な言葉を使うのはやめてくれないかな、いくら便所の落書きの2ちゃんねるでも

343 : ジャガー(茨城県):2012/10/09(火) 00:52:49.18 ID:bJEfHKWS0
地域性でウンコ氏が受賞しそうな悪寒

389 : ジャガランディ(千葉県):2012/10/09(火) 06:56:33.53 ID:toehfXcG0
もしも万が一受賞なんてことになったら本屋から何から村上春樹だらけになるぞ
そしてガキが読みだしてみんな厨二病こじらせてハルキ風になっていくなんて世も末だろ

415 : アフリカゴールデンキャット(家):2012/10/09(火) 10:13:04.92 ID:ESVZ9STJ0
>やれやれって英語でなんて訳されてんの?

Do it! Do it!

424 : ピューマ(内モンゴル自治区):2012/10/09(火) 10:55:06.42 ID:gsAC3In8O
村上春樹の本よんだことないんだけどどれおすすめ?

428 : マンクス(関東・甲信越):2012/10/09(火) 11:10:24.62 ID:XiU9ji+0O
文学賞だけは理解できん。
大江の本を読もうとして何度挫折したことか。

ノーベル賞の選定委員はマジで作品読んでるのか?


http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1349692157/l50/../人気ブログランキングへ