いてつくブログ

2ちゃんねるのスレッドをコピペしてまとめてみるブログ

パヤオ

ニュース【映画】スタジオジブリ新作は2作!宮崎駿監督「風立ちぬ」と高畑勲監督「かぐや姫の物語」

1 : ◆GinGaOoo.. @銀河φ ★:2012/12/13(木) 16:15:43.88 ID:???0
ジブリ新作2本!宮崎駿監督「風立ちぬ」と高畑勲監督「かぐや姫の物語」

配給大手の東宝は12月13日、東京・日比谷の同社で2013年度ラインナップ発表会を行い、
スタジオジブリの新作が2作品製作されることを明らかにした。
宮崎駿監督の「風立ちぬ」と高畑勲監督の「かぐや姫の物語」で、アニメ界の巨匠2人が顔をそろえる強力な布陣となった。

宮崎監督が、興行収入155億円を記録した「崖の上のポニョ」以来、約5年ぶりに“カムバック”する。
前作に続き、脚本も兼ねる「風立ちぬ」は、宮崎監督が模型雑誌「月刊モデルグラフィックス」で連載していた漫画が原作。
ゼロ戦設計者として知られる堀越二郎の若き日の姿を描いている。

日本のアニメーションを黎明期から支え、宮崎監督と盟友関係にある高畑監督にとっては、
「ホーホケキョとなりの山田くん」以来、約14年ぶりの監督作となる。
遅筆で知られる高畑監督が数年前から構想を練っていた、
日本最古の物語といわれる「竹取物語」を題材にした企画が、ようやく結実する。

「千と千尋の神隠し」(2001)が観客動員2350万人、興収304億円という日本映画界にとって
前人未到の新記録を打ち立てたスタジオジブリの最新作。
日本のみならず世界中のファンが待ち望んでいた、希代の2人の動向からは今後も目が離せない。

「風立ちぬ」「かぐや姫の物語」は、ともに2013年夏に全国で公開。

(左から)高畑勲監督新作「かぐや姫の物語」と宮崎駿監督の新作「風立ちぬ」ビジュアル
(C)2013畑事務所・GNDHDDTK/(C)2013二馬力・GNDHDDTK
http://image.eiga.k-img.com/images/buzz/35548/gibli_large.jpg

映画.com 2012年12月13日 16:00
http://eiga.com/news/20121213/10/

スタジオジブリ - STUDIO GHIBLI
http://www.ghibli.jp/

28 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 16:20:05.20 ID:WVeHZbaT0
>>1 この絵だけで何とも言えないイメージ広がるもんなぁ、凄いわ。

37 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 16:21:22.70 ID:qlSolJtm0
それより「オレ勃ちぬ」の方が深刻で重要

50 :名無しさん:2012/12/13(木) 16:22:53.98 ID:jCCPtfsa0
つーか声優はちゃんとプロの声優使えよ。
素人芸人なんて使うなよ。

60 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 16:24:20.24 ID:Md23e/on0
宮崎駿と高畑がジブリからいなくなったら
その後のジブリは全く違うジブリになるだろう

86 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 16:28:06.13 ID:KDrfzYtx0
>>60
宮崎駿のあの性格のせいで、スタジオジブリを任せられるような後進はほとんど育ってないらしいね。
よく対比に出されるけど、富野由悠季御大はぶっ飛んだ性格してるけど、人材発掘や育成に関しては
かなり成果を残しているそうな。

93 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 16:29:13.31 ID:Fndqhjvy0
かぐや姫は最高につまらなそう

121 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 16:33:16.37 ID:fgop1+000
>>93
竹取物語なんざただ天皇を愚弄するだけの物語だからな
天皇が権力を持っていた時代ならともかく、天皇がオワコンになった現代ではまるで意味が無い
源氏物語も平家物語も全く同じ理由でゴミ
韓流ドラマでも見てたほうが遥かにマシだと思われる

257 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 16:59:36.00 ID:+P0rUOkE0
何だろうな
最近のジブリは題材だけで全く見たくならないっていう。
昔とどうかわったのかは分からんけど

263 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 17:00:47.70 ID:PlQvkv710
声優に下手糞な芸能人使うのやめろや

269 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 17:02:18.84 ID:g5/ZbW7N0
ポスター見るだけで高畑勲のセンスがアニメ界最高の領域であることがわかる
それに比べて宮崎駿のなんと卑俗なことか・・
昔みたいにこの二人が一緒に作れば最高のアニメになると思うんだけど

287 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 17:07:01.33 ID:hlpYAe1K0
パヤオのポスターはモネだな
ここまで似せるなんて何があったんだ?

297 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 17:08:19.81 ID:Vo8pvO8U0
>>287 あれなんてタイトルだっけ?「夏色の帽子の女」?印象派の誰かになんかそういうタイトルの絵があったよね。

298 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 17:09:16.35 ID:tp+Keit+0
>>287
風→空気→印象派→ モネ

312 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 17:14:54.38 ID:tu5yyw5j0
最近のパヤオ作品

最初の1時間「凄い世界観だ、ここからどう話が展開し、終わりをつげるんだろう」
残りの1時間「どうしてこうなった」

330 :.:2012/12/13(木) 17:19:37.41 ID:2NWfSJHT0
声優コメント書いてる人いるが・・・ほんとキモいんだよ!
文句言ってる人は大体ヲタクなんだよ

テレビアニメは動かない紙芝居だから声で誤魔化さないといけないが
映画の場合動きまくってるから逆に声優の声が目立って演技がオーバーになるんだよ
だったらある程度の素人でやらした方が演技はオーバーで無くなる

364 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 17:29:26.46 ID:ZtGa3hHz0
>>330
ていうか俳優って素人じゃないしな
一流の俳優使えば声優より演技上手い

374 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 17:34:13.55 ID:VTSs0kFe0
>>28
モネの日傘を差す女
http://image.rakuten.co.jp/art-meigakan/cabinet/monet/monet40.jpg

391 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 17:42:18.09 ID:Qd+KzqYh0
ゼロ戦の設計者の話か。。。
なんか嫌な予感がするなぁ。。。
日本は過去に悪いことをした、みたいな話になりそうな悪寒。。。

393 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 17:43:31.27 ID:J/EP9PCy0
>>391
・戦前の話、たぶん関東大震災に比重
・96式艦戦のさらに試作の話だから中国戦線すら出てこない

445 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 18:14:25.37 ID:zcat3+DX0
> 2本立てではなく、独立した作品として同日公開することを発表。
> 公開規模も同じくらいにしたい
> 両作ともに2時間5分程度の上映時間を想定しているという。

http://eiga.com/news/20121213/11/

2時間越え×2
働きすぎだろジブリ

450 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 18:16:17.21 ID:HQKaAMZg0
見るかどうかは声優次第だな、また懲りずにタレントのオンパレードなら・・・さようならジブリ・・・

469 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 18:27:05.61 ID:+oh0Rmnr0
火垂るの墓みたいに上映時、フィルムが完成してなかったなんてことはないように

472 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 18:28:52.24 ID:gyfk+3oV0
連載を読んでたけど
アレは映画にして面白くなる話なのか・・・?
個人的には
「風立ちぬ」の前振りで出てた
『海辺の生と死』の企画を再稼働させた方が観たいです。

475 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 18:31:03.38 ID:N//dNEPP0
・風立ちぬ・・・声の主演:剛力彩芽さん
・かぐや姫・・・声の主演:剛力彩芽さん

478 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 18:33:32.64 ID:Zfg6wodm0
宮崎駿がいなくなったら、ジブリってどうなるんだろうな。

488 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 18:38:05.09 ID:yhjcS6lq0
やっぱり駿の絵には華がある
この一枚を見るだけで、別世界を覗き込むようにドキドキするもん
これってやっぱり才能なんだろうな

500 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 18:43:02.49 ID:FACok36p0
自分が歳を取ったというのが大きいんだろうけどあんま期待しなくなっちゃったな
ポニョとかアリエッティとかもう~ん・・・って感じだったし

506 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 18:45:24.93 ID:n9DVd81g0
高畑勲作品の凄さがイマイチ分からない。
誰か解説たのむ

513 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 18:47:21.78 ID:MlC9Hi7D0
>>500
違うよ、それが正常なんだよ
ポニョとかアリエッティとか新しさがない上に、ひどい出来だったしな
賞賛、期待してるのは90年代で感性が止まってる人か、ブランドに踊らされてるだけで
自分で作品の良し悪しを判断出来ない人だけだわな
90年代までの駿はたいしたのだったのは確かだが、それ以降は完全に名前だけの人だよ

521 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 18:49:21.78 ID:O8o6skGu0
どっちも面白そうだな。
年相応というか、
これまで完全に読み違えてきた
若者目線を意識しない作風は期待できそう。

529 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 18:51:35.51 ID:zcat3+DX0
>>513
一般的にはもののけ以降のほうが評価高いよ

543 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 18:54:15.39 ID:MlC9Hi7D0
>>529
もののけ以降はブランド力だよ
作品は過去の焼き直し、もしくはストーリー破綻ばかりだし
トトロ、ラピュタ、ナウシカ、魔女が素晴らしい国民的な名作映画だったのは確かで
その人気が土台にあるんだよ

550 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 18:56:15.18 ID:Yiyvdcfd0
庵野が頑張って「シン」の製作急げば、97年夏の再来あるで!!!!

580 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 19:08:23.15 ID:JssXLPJp0
さいごに名誉を投げ打ってエ□アニメつくらねぇかな

594 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 19:12:24.49 ID:GmWF4+cQ0
むしろ駿がいなくなって
絵コンテだけ上げればワールドクラスのアニメーターが
鬼クオリティな作品勝手に仕上げてくれる環境気兼ねなく使えるようになったら
ジブリはディズニーになれるんじゃね?

道徳教育向けしばりさえなければ

598 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 19:14:04.40 ID:Ctl26U+B0
節子それ 風立ちぬ いざ生きめやも や

600 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 19:15:26.31 ID:rmr+PnOC0
昔、ポッキーのCMで松田聖子が風立ちぬを歌ってて
そこからのインスピレーションでこの映画を宮崎駿は造ってるんだぞ
主人公は昔の聖子にかなり酷似してると思う


627 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 19:35:16.26 ID:IpFaPGCm0
シネマトゥデイの記事では、こう書いてあった

>「堀越氏はゼロ戦を好き好んで作ったのか?」という問いに、宮崎監督が切り込んでいく。

もう嫌な予感しかしない

629 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2012/12/13(木) 19:36:41.62 ID:lv8vkMca0
高畑さんは 3D版赤毛のアンをつくればいいのに
観客に振り下ろされる黒板! ギルバートは生きていられるのか!

648 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 19:58:24.59 ID:HCqRjKSD0
高畑さんは、じゃりン子チエや山田くんみたいなギャグものでも叙情的にしてしまうのがなんとも
それが持ち味なのかもしれないが

661 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 20:12:14.70 ID:lq8aKfD+0
声は剛力決定だってさw

668 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 20:18:42.08 ID:lK13Y2XRi
金払って説教アニメなんてみたいか?

714 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 20:57:36.35 ID:MP9FY+vM0
今回は駿の趣味全開になりそうで楽しみ
今までは知り合いの子ども達に作ったとかほざいてたけど、今度のは自叙伝的な内容らしいし

720 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 21:01:34.69 ID:lK13Y2XRi
ポニョ後半のグタグタを見る限り駿監督は40分ぐらいのアニメだといいな。

731 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 21:08:12.13 ID:gyfk+3oV0
原作マンガの話そのものは、ザックリ言ってしまえば
「天才若手サラリーマンが、会社のプロジェクトに便乗して、自分の好きなモノを作り上げる」
という或る意味とっても夢に溢れたワクワクする話。
但し並の天才ではなくて『堀越二郎』、作り上げるモノは『九試単』。

主人公・二郎よりも
二郎の才能を見抜き信頼し庇い仕事を振り続ける「上司(自分の設計技師としての才能は枯渇済み)」と、
二郎の愛と欲望と動機一切の原動力になる「ヒロイン嫁(虚弱体質)」の
2人の方が重要。
この2人が居ないと、物語が成立しないというくらい超重要。
ここに変な俳優を当てると、二郎と言うキャラクターの説得力も魅力も変なまま、になる。

ポルコが豚に成り果ててもなお飛び続ける理由が「加藤登紀子」である、というくらいの
有無を言わさぬ貫禄の説得力が必要、と思う。

732 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 21:10:56.94 ID:6xmVTmDQ0
意外と松田聖子スレが少なくてビックリした。
オッサン、オバハンが少ないんだな。

753 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 21:32:51.25 ID:LQhpoYeW0
主演の声優は剛力だろうな今が旬だし

755 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 21:36:01.16 ID:wpr96bD90
ジブリ作品は結婚以来、ずっと夫と観に行っている
この二作も楽しみだ

767 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 21:45:36.02 ID:5nYcEAmm0
30代のころ風の谷のナウシカを映画館でみた衝撃はもうないのかなあ
ナウシカはホントに可愛かったわ

797 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 22:53:40.31 ID:k/KOEt+B0
鳥獣戯画のタッチで描く竹取物語か

山田くんと違って単独じゃないからまぁいいのか

799 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 23:03:03.76 ID:WV0hNQMf0
>>797
単独みたいだよ

808 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 23:17:22.84 ID:1l/5CRRv0
「千年の恋」 東京人が近畿コンプレックスを解消するための映画。

平安京が舞台だが登場人物はすべて東の関東弁を話す。
東京人の都願望が露骨に表れており、結果的に噴飯もののコメディーに仕上がってしまった。


竹取物語ねえ、これ以上日本の高尚文化を汚すな
お前ら東京人反日集団ジぶり如きが扱うなと言っておく

826 :名無しさん@恐縮です:2012/12/13(木) 23:34:51.76 ID:OExR2oyI0
かぐや姫か
日本最古の物語にして、世界最古のSF

山田くんはつまんないわけじゃないけど、あれで映画は難しいだろ
作画超大変そうだった

866 :名無しさん@恐縮です:2012/12/14(金) 00:38:20.10 ID:f9SYCod50
「風立ちぬ」で真っ先に曲の方を連想してしまうのはいい歳なんだな

887 :名無しさん@恐縮です:2012/12/14(金) 01:02:18.24 ID:HUNgbB8j0
高畑は期待されない方が良い作品を作る
赤毛のアンは日本アニメの最高傑作だがああいう作品を作る体力はもうないか

892 :名無しさん@恐縮です:2012/12/14(金) 01:07:01.01 ID:NH5/f1xn0
>>887
マシューズが死ぬ辺りは泣く

宮崎駿が三行半たたきつけて出て行ったのも赤毛のアンだけどねw

920 :名無しさん@恐縮です:2012/12/14(金) 02:54:49.48 ID:F0ILopPE0
宮崎あおいとか不倫系の微妙なトコもってくるんじゃね?>声優

921 :名無しさん@恐縮です:2012/12/14(金) 02:57:57.86 ID:MMYZl7Lr0
宮崎作品は志田未来かもね。
アリエッティで島本須美の初期の声に似てるから気にいったみたいだよ。
多部、剛力、武井とかも候補でしょうか。

高畑作品のヒロインは杏かもね。
高畑の赤毛のアンが好きで、映画の再公開イベントにも出てたし。

925 :名無しさん@恐縮です:2012/12/14(金) 03:21:40.60 ID:HzQA6xaDP
>>921
志田は宮崎作品に出たことない上に、
バックの研音にも押してもらえなくなったから、100%ない
そもそも前回も下手だったし、今回の役にも似合わない

935 :名無しさん@恐縮です:2012/12/14(金) 04:01:27.66 ID:exEbSNB90
誰も期待してなさそうなかぐや姫が
ぶっ飛んだ実験的な新感覚アニメだったらと期待

947 :名無しさん@恐縮です:2012/12/14(金) 04:59:32.38 ID:ZemA9+8k0
>>826
かぐや姫はファンタジーであってSFではないぞ

948 :名無しさん@恐縮です:2012/12/14(金) 05:07:08.70 ID:KhiIpj7E0
>>947
なんでじゃぁ!
かぐや姫はエイリアンじゃろうがぁぁ!!
エイリアンじゃろうがぁぁああ!!

958 :名無しさん@恐縮です:2012/12/14(金) 07:33:02.59 ID:OiHJKeYX0
>>935
むしろかぐや姫に期待している人の方がこのスレ的には多数

963 :名無しさん@恐縮です:2012/12/14(金) 08:03:09.83 ID:b9xbrcsY0
ゼロ戦?ぱやおらしくないテーマだな
でも久々にもののけ以前のジブリが見られそうな予感

969 :名無しさん@恐縮です:2012/12/14(金) 08:24:39.97 ID:Z5zKFKnn0
>>958
かぐや姫って鳥獣戯画みたいなのなんでしょ?
どうやったら興行的に当たるのこれ?

974 :名無しさん@恐縮です:2012/12/14(金) 08:37:15.04 ID:OiHJKeYX0
>>969
興行的には堅い題材だと思うよ、かぐや姫
少女主人公のファンタジー、むしろジブリの王道でしょ

980 :名無しさん@恐縮です:2012/12/14(金) 08:45:34.08 ID:0P7WxEIX0
>>974
鳥獣戯画絵でやるのに王道?

1000 :名無しさん@恐縮です:2012/12/14(金) 09:13:33.05 ID:DlGkVI3eT
>>1000なら風立ちぬ大ヒット

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1355382943/l50/../人気ブログランキングへ


ニュース【映画】ジブリだけなく次代の日本映画を背負う宮崎吾朗監督「3作目が勝負」[5/26]

1 : ◆3ZUPU3cydIci @ターンオーヴァーφ ★:2012/05/26(土) 08:27:57.40 ID:???0
長く国内の映画興行をけん引してきたスタジオジブリ。
一方で近年は10年公開の『借りぐらしのアリエッティ』を手がけた米林宏昌監督など、
ジブリの未来を担う存在にも注目が集まっている。
昨年公開された『コクリコ坂から』を手がけた宮崎吾朗監督もその1人。
父・宮崎駿やスタジオジブリのイメージからの解放を目指し、吾朗氏の模索は続く。

興行収入44.6億円(観客動員355万人)を記録し、11年の日本映画興行ランキングの首位となった
『コクリコ坂から』が6月20日にDVD・BD化される。
昭和38年の高校生の初恋を描き、昭和という時代を前面に押し出すなど、
スタジオジブリの作品としては異色の仕上がりで、2作目の監督作となった宮崎吾朗氏の“個性”が焼きつけられている。

「この作品を手がけたことで、ようやく監督としての立ち位置が分かりました。
もっとも最初は、お膳に載せられたものに対して、どこから手をつけたらいいか分からない状態でした。
それは、やはり脚本を宮崎駿が手がけたことも影響していたと思います」(宮崎吾朗氏/以下同)

脚本は素晴らしいが作品はダメだと言われたくないあまり、過剰に意識してしまったのだという。

「近過去が舞台なので、その時代を完璧に調べ上げることが、まず先に立ってしまいました。
本当は、その時代を生きた少女の心や思いを把握することが大事だったのです。
それに気づいたのは絵コンテを半分ぐらい描いたときです。
もう一度脚本を読み直し、仕切り直すようにプロデューサーから言われました」

思い至ったのは父の脚本をなぞらないようにすることだった。
自分なりのアプローチで昭和の時代を懸命に生きた少女の世界に入っていくことが肝要だと気づいたのだと語る。

「この話は、親子や血のつながりの“宿命”のストーリーだと解釈しました。世代が繋がっていくことは生命をリレーしていくこと。
思いを順繰りに手渡していくことです。なにより次の世代に手渡していくことが大事なのだと気づきました」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120525-00000350-oriconbiz-ent
>>2以降に続く

2 : ◆3ZUPU3cydIci @ターンオーヴァーφ ★:2012/05/26(土) 08:28:06.64 ID:???0
(つづき)
■父と同じことはできない自分なりの世界を構築する

そのテーマは宮崎駿が息子、吾朗にアニメーションという表現手段を手渡していくことに通じるだろう。

「今までは自分の置かれた立場から逃げたい気持ちの方が強かったのですが、
この作品を体験してからは宿命に立ち向かうしかないと思うようになりました。
父と同じことはできません。能力も違うし、育った時代や価値観も異なります。
宮崎駿的な大上段に振りかぶった世界ではない、自分なりの世界を構築していくことができないかと、今は考えています」

本作では宮崎吾朗監督の個性がキャスティング、音楽などにも色濃く表れている。

「音楽の武部聡志さんは名曲「上を向いて歩こう」の挿入が決まった時点で、
この曲を尊重するスタンスで作曲してくれました」

今後もコンスタントに作っていくという点はプロデューサーとも一致しており、
さらに「ジブリ的ではない、宮崎吾朗の世界」を目指すようにアドバイスを受けているという。

「宮崎駿、スタジオジブリのイメージから解き放たれたときに何が生まれるのか。
次作はちょっと野蛮な少年のお話にしたいと思っています。
自分探しなどしない、良い子でもない、逞しい少年の在り方を映像化したいのです。
日本がどうなる的な視点や、大所に立つわけではない、日常的、等身大の少年の視点です」

次回作も原作モノになる可能性があるとも話す。構想を徐々に固めつつあり、
「3作目が勝負」と力を込める宮崎吾朗監督。
間違いなく、ジブリだけなく、次代の日本映画を背負う存在の1 人と言えるだろう。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120525-00000350-oriconbiz-ent
(おわり)

6 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 08:29:52.59 ID:Aj8Y5udm0
バカサヨのクセに世襲なんだな

12 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 08:33:14.05 ID:B5/fFuXD0
ラピュタ、紅の豚、魔女の宅急便あたりがジブリの絶頂期だったな
それ以降の作品は糞

19 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 08:38:03.16 ID:ZLRKkENsO
吾郎って才能ないのに宮崎駿の息子って看板だけで監督できるんだもんな
長島一茂と同じだな

22 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 08:39:28.93 ID:QWjghQuD0
ジブリ…つーかパヤオは娯楽作を作れば神なのになぁ
思想を入れると一気にゴミになる

43 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 08:49:10.03 ID:VGNgBZIG0
原作知らない奴を置いていく気満々の作品は、もう勘弁してくれ。
映画を作るんだったら、そこで最低限世界観を盛り込んだ上で
ストーリーを完結させろ。ゲドとかハウルとか。

46 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 08:50:30.56 ID:6DBT+iuc0
おれも二台目やっているが、ほんとつらいぞ。周りからはいつもバカボンって思われてるだろうに、お世辞いわれているのがわかってもニコニコしなきゃならんし。
親みたいな才覚がないのもわかってるしね。努力でどうなるものでもない。
コクリコ坂をみながら、吾郎の心情に共感していたよ。きっと、ほとんど親父に手直しされて、自分で書いたところなんてほとんど残ってないんだろうな‥って。
良い身分だろうけど、本人は毎日が地獄だと察する。


50 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 08:51:20.14 ID:w7fLgKnP0
>>43
ちょとまて。ハウルは名作だよ。ババアの声以外は。
ゲドはストーリーのわからない紙芝居。ただのゴミ。

56 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 08:53:09.90 ID:Z9QUgJVF0
>>50
キムタクw

61 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 08:54:51.65 ID:w7fLgKnP0
>>56
ハウルの声は意外と良かったよ。キムタク臭はないよ。
問題なのはババアの声だけだよ。

66 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 08:56:55.35 ID:VGNgBZIG0
>>50
雰囲気を楽しむんなら、そういう感想持つ人もいるかもね。
千と千尋もそうだけど。
でも、ストーリーや各種辻褄は理解できた?

73 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 08:59:46.44 ID:w7fLgKnP0
>>66
一回見て、ストーリーをここで教えてもらって、もう一回見て超すげーって感じだよ。

たれながし速報 : 【裏設定】お前らが疑問に思ってる「ハウルの動く城」についての質問に答えよう
http://2ch-trnagashi.ldblog.jp/archives/1244199.html

89 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 09:08:31.09 ID:VGNgBZIG0
>>73
じゃあ、ダメじゃん

106 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 09:15:20.02 ID:N14cRnDW0
これが現実
http://www.1072ch.net/up03b/src/ag4787.jpg

167 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 09:51:42.66 ID:jARUtHaB0
ゴローはジブリ鈴Pの後ろ盾がなくなったら消えるだろう
駿の遺産で一生困らないだろうし

結局ジブリは駿の足を引っ張ってただけでろくなことしてないもんな
さっさと潰しちゃえよ

170 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 09:54:47.32 ID:qLjUdojD0
>>167
>ジブリは駿の足を引っ張ってただけ
それは違う
ジブリの中で若い才能を潰してきたのは
他ならぬ駿自身で、しかもそれに無自覚だった

お互い様っつーか、才能ある創業者が
長い目で見て後継を育ててこなかったんだから
ジブリの凋落は既定路線に入ってる

180 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 10:10:45.64 ID:jARUtHaB0
>>170
駿は職人気質だから人に教えるとか育てるとか出来るわけない

ジブリは結局鈴木のための組織でジブリの存続のために
駿を利用してるだけでしょ

209 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 11:30:41.60 ID:FAt2pE500
ジブリではっきりしたのは

才能は遺伝しない

っていう至極単純明快な事実でした
ゴローはストーリーのまとめ方が下手すぎる
尺に合わせた脚本が作れない


232 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 12:00:27.15 ID:2jg/jZVf0
>>209
まあアニメ監督の才能って物凄い複合的だしな

よく知らんが絵の才能くらいは
それなりに遺伝してんじゃないの

241 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 12:09:46.62 ID:gbTTiFYZO
宮崎作品はラピュタ・カリオストロ・ナウシカ・未来少年コナン以外ゴミ
トトロもこの4大作品に比べたら一段落ちる

243 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 12:11:27.72 ID:jPqbxflh0
>>241
俺はナウシカよりトトロの方が上だと思うがなあ

270 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 12:38:38.75 ID:xiEfx5dEO
ギリギリジブリ作品は千と千尋までは見れたなぁ
千と千尋はキャラが良かっただけだけど…
ハウルとかマジキムタクのイメージしかないわ

308 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 13:43:15.48 ID:FTatnwsL0
宮崎駿は
監督としては1流だが、
社長としては3流だな。

ちなみにジブリの名作は
「未来少年 コナン」(?)
「カリオストロの城」
「天空の城 ラピュタ」
「平成たぬき合戦ぽんぽこ」
「おもひでぽろぽろ」
「耳をすませば」
「千と千尋の神隠し」

以上。

名作かどうかの判定基準は「何度でも観たくなるか」。

321 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 14:02:01.96 ID:FTatnwsL0
日本で大人が見るに耐えるアニメ監督は
押井守
今敏
くらいかな。

今敏は死んじゃったけどね、残念。
押井守が生きている間に
はやく次の監督が出てきて欲しい。

374 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 16:53:56.67 ID:qQyUUi8h0
おそらくは親父を助けるためにジブリに入ったのだろうけど、
知らないうちに持ち上げられて、気がつくと作品を作る羽目になって、しかも酷評を受け続ける。

父親がこうじゃなければ今頃はどこかの支店長とかで堅実に出世してただろうに、なんかとんだ罰ゲームだよな。


380 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 17:35:48.99 ID:xMtzTF4uO
>>374
ジブリに入る前は建築士の仕事だったな
三鷹の森ジブリ美術館を手掛けのも宮崎吾郎でそれがキッカケでジブリに引っ張られ
何故か全く畑違いで経験もないのに監督をやる事になったんだよね

まあ宮崎駿は未だ認めてはいないようだけど
息子も頑固で絶対にオヤジを作品に触らせない


388 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 17:47:28.73 ID:WJXlD/zi0
手塚先生と宮崎監督の息子は本当に七光り。
身の丈に合った普通の仕事しなよ。

393 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 18:05:58.26 ID:QTU24zn9O
>>380
建築会社を鬱で退職してぶらぶらしてたから鈴木が美術館の仕事やらせた。
そしてゲド戦記の監督やらせたのもジブリ=パヤオブランド維持のためであって
息子の才能だの実力だのは一切考慮してない。
してたら監督やらせない。
一般的にジブリ作品はパヤオが監督してパヤオ絵でない作品は注目度が低いし
そもそも製作費もパヤオ作品より安い。
大きい予算を組みたかったらパヤオブランドじゃないと通用しないから
鈴木は息子を引きずり込んだんだよ。

396 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 18:14:02.78 ID:FScCOGWvO
>>393
究極のロリコン王であるパヤオが死んだら
ジブリは潰れるだろな

400 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 18:23:56.94 ID:h+UBBlR30
>>396
でも駿の奥さんは、あねさん女房なんだよね、最近まで知らなかったw

長い目で見たら潰れるだろうけど、ナウシカ、カリオストロ、トトロ、ラピュタ
これだけあれば当分は安泰、駿は世間のイメージとは正反対の毒舌家だから
表には出せない、早めに鬼籍に入った方がみんなのためだと思う



409 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 18:39:02.36 ID:2sy1GkWQO
>>270
ハウルは事前にキムタクだと聞かされなければ、多分気付かなかった
若手の俳優起用したんだなと考えたと思う
2ちゃんで叩かれるほど下手ではなかったよ
ただ劇場に来ていた女子高生達が、ハウルの登場の度にキャーキャー騒いで
そっちが遥かにウザかった

414 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 18:56:14.68 ID:F80n0dl/0
 ゲド戦記は悪くなかったよ。
五郎以外の人が撮ったとして、五郎以上のできだったか疑問。
例え、駿だったとしても、大して変わらなかった思う。
 駿だから大傑作ができるという思い込みはおかしい。
今の駿は劣化してるし、駿は原作物は苦手。
駿はルパン三世でも批判されてるが、原作物を映画化すると自分の好きなように変えてしまう。
 駿の方は魔法の力を失ってゲドが普通のおっさんになった4巻「帰還」を描きたかったみたいだね。
五郎はエンターテイメント重視で、なおかつテーマ性を持たせてるね。
 映画は3巻「さいはての島へ」と4巻「帰還」を無理やりくっつけたような話だけど、
長い話を無理やり映画一本に収めようとしたのが良くない。
五郎が悪いんじゃなくて、企画やジブリのやり方自体に問題ある。
ジブリって、TVシリーズかOVAをやらないで劇場映画のみでしょ。
ハリーポッターやロード・オブ・ザ・リングは複数の劇場版にすることで、原作に忠実に描いてる。
邦画で劇場版数本にするのは無理だろうから、
TVシリーズかOVAなどで、30分12話くらいの長さで丁寧に原作に忠実に描くべきだった。

445 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 21:52:27.11 ID:KA18gNLu0
結局、パヤオと鈴木Pが保身に回った結果が今の状態
自分の家族に財産残して、家督つがせて…をやりだした
人数的に小さい会社だから、そういうのも仕方ないかもね。

だが一番の問題というか、悲しい事実はここにある
「ゴローはジブリのみならず、アニメ界の財産や旨みを食い尽くすまでは居続ける」ってこと。
これは一代で大きな会社を築き上げた場合に起こりがちな現象と言える。
まるで正負の法則を補うかのように、親父が築いたものを
使いまくる(壊しまくる)役回りの人間が跡継ぎになるわけだ。
そして後には、ペンペン草も生えない不毛の世界が残る
(長澤経由でとうとうバーニングも入り込んできちゃったしね)

アニメももうオワリだな…と、しみじみ思うよ
パヤオがいなくなったら
あとはもう韓流のように、すべてが作られたブームのみの媒体になる。嘆かわしい

448 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 22:26:57.65 ID:0Y2hEZRP0
手塚真は背負わされなくてよかったね。


461 :名無しさん@恐縮です:2012/05/27(日) 01:03:28.24 ID:yiZnJIks0
脚本だけじゃなく制作にもかなり親父関わってるだろ。
NHKのドキュで現場でも指示してたぞ。吾朗が主人公のイメージが掴めてない時、親父が元気よく歩く女の子描いたのを吾朗に渡して作画描き直してたじゃん



464 :名無しさん@恐縮です:2012/05/27(日) 01:31:13.88 ID:QBaadsGx0
駿が死んだあと、ゴローが外部に版権売ったりしないように監督やらせてジブリの関係者にしてるんだろ。
誰もゴローに才能あるなんて思ってないし、期待なんかしてない。

465 :名無しさん@恐縮です:2012/05/27(日) 01:37:04.33 ID:S86vGpVw0
虫プロは潰れたけど、石ノ森プロは版権管理会社として機能してる、水木プロ
は、水木しげる先生が死んだら解散って宣言してるらしいけど、ジブリはどうなるんだろう
、アニメとか漫画といった個人の特異な才能に左右されるビジネスは幕の下ろし方が非常に
難しい

483 :名無しさん@恐縮です:2012/05/27(日) 11:56:47.13 ID:n6Tei1hN0
>>464
パヤオは部下を褒める事が一切出来ない監督。ダメ出ししか出来ないそうで。
で、人が全く育たない。育てられない。
宮崎吾朗は生まれてから大人になるまでずっとパヤオに罵倒され続けてきたので
パヤオの罵倒を聞き流すことが出来る稀有な人材。

だから使える、とプロデューサーの鈴木さんがインタビューで言ってた。

484 :名無しさん@恐縮です:2012/05/27(日) 11:56:52.23 ID:c8nelwam0
もう一度、宮崎駿監督でラピュタみたいな冒険活劇で、見終わってスカッと出来るものをお願いしたい

488 :名無しさん@恐縮です:2012/05/27(日) 12:09:58.48 ID:SJWsvXCu0
>>484
冒険活劇とか娯楽作なんてのは若い人が作るもんだよ
もうすぐ死ぬ老人にその手のエンタメを作る体力・気力があるわけがないし
しぬんだから自分のやりたいことしかやらんだろうし
そんなの求める方が間違い

489 :名無しさん@恐縮です:2012/05/27(日) 12:12:37.15 ID:54yaYFNwO
>>488
パヤオはラピュタの時は既に40代後半のオッサンだったろ


520 :名無しさん@恐縮です:2012/05/27(日) 17:09:03.33 ID:CIpMXrn+0
コクリコが評価されてるのも
そこ絵コンテつくったのパヤオだからww
こいつじゃねーからwww

550 :名無しさん@恐縮です:2012/05/27(日) 22:23:52.00 ID:mRZSQyD00
二作目のコクリコ坂は悪くなかったじゃん
ガンバれよ
素直に応援するわ

そりゃオヤジ越えは無理だろうけど
手塚の息子とかあんな感じじゃない


551 :名無しさん@恐縮です:2012/05/27(日) 22:38:37.12 ID:vvE2KY8c0
>>550
何が悲しゅうて「二世監督の成長の軌跡」なんかを
カネ払って劇場で見せられなきゃならんのだw

最低限、作品として成立してるものを見せるのがプロだろ

557 :名無しさん@恐縮です:2012/05/27(日) 22:58:11.20 ID:1tW/Dpem0
本人に才能あるかないかは知らんがどっちにしろ
日テレ「はぁ?自分らしい物作りたい?すっ呆けた事言ってんじゃねーよ!
   「おめーは黙って親父さん(駿)っぽい作品作ってりゃいーんだよ!」

だからどうしようもないと思うんだが 

585 :名無しさん@恐縮です:2012/05/28(月) 05:21:11.64 ID:0jlcybvM0
だいたい何で世襲なんだ?www

610 :名無しさん@恐縮です:2012/05/28(月) 08:57:30.77 ID:sQ4MUcv50
それよりパヤオが死ぬ前に
ナウシカの続編をやってだな
漫画版の内容を完全版として三部作にして出すことを薦める
実は映画版ナウシカが漫画の設定を若干変え最初の数巻の話と言うのを知らないやつが多すぎる
やるならまずこれからだろ



http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1337988477/l50人気ブログランキングへ


学ばないブログ
忍者AdMax
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ