1 :きのこ記者φ ★:2011/08/12(金) 08:41:59.03 ID:???
政府は11日、東日本大震災の復興策の財源として検討している臨時増税で、
所得税について、納税額に10%または5%を上乗せする2案を軸に調整に入った。

臨時増税の対象は、政府税制調査会(会長・野田財務相)が月内に所得税を含む
「基幹税」を中心とした複数案を示す予定だ。

所得税は2011年度の税収見込み額が13・5兆円で国税では最も多い。
納税額に一定の割合を上乗せする増税方法は「定率増税」と呼ばれ、
10%の定率増税で年1・3兆円、5%で年0・7兆円の増収になる。

政府は、震災対策の特別税制として所得税の住宅ローン控除の拡充などを実施しており、
所得税を臨時増税の対象としても被災者にある程度配慮することができると判断した。
定率増税は、増税額の計算など制度設計が比較的容易で、有力な増税案となっている。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110812-OYT1T00021.htm

30 :名刺は切らしておりまして:2011/08/12(金) 09:07:18.54 ID:R7spksw+
まだ全然取れるとこが残ってるじゃないか
宗教法人、テレビ局等…
まずは増税する前に支出を抑えることが大事じゃないの

35 :名刺は切らしておりまして:2011/08/12(金) 09:10:02.03 ID:31n0FCyo
>>30
>まずは増税する前に支出を抑えることが大事じゃないの

デフレで苦しんでる時に更に需要削減かよw
貧血で苦しんでる患者から、更に血を抜けと言ってるようなもんだぞw

193 :名刺は切らしておりまして:2011/08/12(金) 22:21:30.93 ID:THZYb0pY
さっさと消費税をアップさせろよ
クソ低脳政府

203 :名刺は切らしておりまして:2011/08/12(金) 22:41:51.08 ID:8zMlY8f5
>>193
消費税増税は、消費者が負担するとは限らず、増税分を価格転嫁できなかった販売者(労働者)が所得減少や失業の形で負担する場合がある。
消費税増税に伴って、高値で仕入れた店が安値で仕入れた店より不利になっていく。
消費税増税はデフレ要因になる。

例えば、  A店   B店
仕入値   80円   100円
仕入税額  4円   5円   
売値    100円  120円  (簡略化のため外税としています。)
消費税額  5円   6円
利益    20円   20円

461 :名刺は切らしておりまして:2011/08/19(金) 23:08:48.29 ID:DtBd0ZQ3
消費が冷え込む政策になぜこだわるのか意味不明。

470 :名刺は切らしておりまして:2011/08/20(土) 10:56:06.37 ID:1BDh/yvn
近代的には消費税なんて観光立国以外じゃ存在意義ないだろ
ただの原始税がなぜここまで生き残ったのか

471 :名刺は切らしておりまして:2011/08/20(土) 12:32:57.37 ID:77TwoSmm
>>470
消費税は景気に左右されにくいのと、比較的明朗で公平な税制だから

472 :名刺は切らしておりまして:2011/08/20(土) 12:34:34.01 ID:77TwoSmm
>>461
消費が冷え込むのは一時的なものであるし、そもそも消費税が上がったからと言って
何も買わずに生活したり設備投資をしたりするのは不可能だから

489 :名刺は切らしておりまして:2011/08/20(土) 15:46:12.52 ID:ykxOdL3U
このスレは消費税とは無関係。
オレは消費税の増税は大反対、消費税を上げようとするのは帳尻あわせしか頭にない役人の考え。
消費が細っている今消費税を上げたら徹底的に消費を抑え込んで、思景気は大失速するよ。
どうしても上げたいなら役人がもう鼻血も出ませんって4??5人首つったらいい、それなら国民感情も変わるかもしれない。

490 :名刺は切らしておりまして:2011/08/20(土) 15:55:55.13 ID:EeO/qfDZ
>>489
税収が足りないから消費税を10%に上げるのは政府の方針としては確定で
それでも足りなくてさらに所得税も上げるという話だから
絶対切り離せる話じゃないし関係大有りだろう。

496 :名刺は切らしておりまして:2011/08/20(土) 16:11:19.61 ID:ykxOdL3U
>>490
短期と長期を混同していないかい?
以前からある消費税増税は長期的なもので、福祉目的化や上げる時期、段階的な方法などを含めて検討中。
今回のは復興目的で期間限定の短期的なもの。

497 :名刺は切らしておりまして:2011/08/20(土) 16:50:08.39 ID:EeO/qfDZ
>>496
>短期と長期を混同していないかい?
よくニュースを見た方がいいぞ。
消費税増税の検討も復興のための時限的措置と明言してるが。

>所得税や消費税、法人税など基幹税の時限的引き上げが必要であるとし
全部同じ器の中の話。
ttp://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_291774

507 :名刺は切らしておりまして:2011/08/20(土) 19:26:46.34 ID:77TwoSmm
政府が増税を言い出すたびに国民は総理の首をすげ替えてきて、とうとう待ったなしの
ところまで追い詰められてしまった
もっと早く増税をやっていれば国民負担は軽く済んだのに
いくら支出の改善や収入の増加を言っても、借金の期日は待ってくれないのは
政治も普通の生活も同じ事だ
まあ先送りはもはや国民性というほかはないのか

510 :名刺は切らしておりまして:2011/08/20(土) 20:27:38.90 ID:5gCjzl0c
>>507
もっと公務員の賃下げなどの行政改革をの間違い。

513 :名刺は切らしておりまして:2011/08/20(土) 22:09:15.85 ID:Zg/5j3SM
>>471 >>472
消費税はデフレ要因で労働者に厳しいし、公平でもない。理由は>>203-204
高値で仕入れた店は、仕入れ値の差20円分の付加価値だけでなく、仕入れ値の差に消費税率を掛けた分の付加価値までも加えなければ、安値で仕入れた店と対等な競争ができなくなる。

過去の過剰支出や課税不足が財政難の原因なら、過去の過剰支出や課税不足だった分が国民資産に化けているのだから、消費税増税で若年者や将来世代に負担させるのではなく、資産税で財源を得ればよい。

年1%資産税をするだけで、年十数兆円の税収が得られる。

515 :名刺は切らしておりまして:2011/08/20(土) 23:13:08.63 ID:77TwoSmm
>>513
仕入れ税には消費税対象となる売上に関して控除があるんだけど

517 :名刺は切らしておりまして:2011/08/20(土) 23:16:57.99 ID:77TwoSmm
>>510
現在の国債発行高はいくらか知っていますかぁ?
公務員の給与を減らすとか、景気回復を待って増税するとかではおっつかない額ですよぉ?
だからいくら政権が変わっても選挙受けのいい上げ潮派の主張は採用されないんだ

518 :名刺は切らしておりまして:2011/08/20(土) 23:50:06.18 ID:PV/0GL2A
>>517
横レスだが、公務員報酬や議員報酬を減らしても追いつかないとかじゃなくて、
増税の前にまずやるべき事があるだろってことでしょ、それでも追いつかないからその分増税しますならともかく、
どうやっても足りないからとりあえず増税しますって言われて「そうですか」っていう奴jはいないでしょ、
こんなんじゃ、10%にしても足りないからまた増税しますって100%言ってくるよ、
先延ばしのイタチごっこには付き合う体力は国民には残ってなんだよね

519 :名刺は切らしておりまして:2011/08/20(土) 23:53:27.51 ID:Zg/5j3SM
>>515
課税最低限や簡易課税の範囲内では殆ど従業員を雇えないし、範囲がある事によって経営拡大制約要因にもなる。
簡易課税は安く仕入れた方が有利な制度だから、値下げ圧力が強くなって稼ぎ難くなる。

524 :名刺は切らしておりまして:2011/08/21(日) 00:30:23.65 ID:RIQCRiKr
>>518
国債償還や利息の支払は待ってくれない以上、増税は真っ先にやらなければいけないこと
税収そのものをまず上げなければお話にならない
「増税の前にやるべきこと」は、実のところ「増税の後にやってもかまわない」ことなのである
物事の優先順位をごまかそうとしては国を誤ることになる

527 :名刺は切らしておりまして:2011/08/21(日) 00:47:45.98 ID:nuioHoLC
>>524
>国債償還や利息の支払は待ってくれない

国債って額面の金額で売ってるわけじゃなくて、
利子分を最初から差し引いた額で売ってるから
別に利子だけを払うことはないだろ。

例えば100万の国債を発行したなら、99万の円札を受け取り、
100万の額面の国債は5年後とか10年後の満期に100万で償還しますよという方法だし。

529 :名刺は切らしておりまして:2011/08/21(日) 00:54:10.84 ID:RIQCRiKr
>>527
すると毎年の予算に計上されている国債利払い費はなんなのでしょうか?
ついでに言うと国債利回りは常に一定ではありません

530 :名刺は切らしておりまして:2011/08/21(日) 00:55:10.62 ID:xnLGNC10
これって
景気を上げて税収を増やすとか
歳出を削ってやりくりとか
無視しての増税論か?
前提が政府は何もしませんってて
マジかよ


534 :名刺は切らしておりまして:2011/08/21(日) 01:05:32.50 ID:nuioHoLC
>>529
>すると毎年の予算に計上されている国債利払い費はなんなのでしょうか?

国債はロールオーバーとインフレで償還するもの。
つまり借換を繰り返すことで負担を軽くしていくってこと。
利払いも同じだよ。

>ついでに言うと国債利回りは常に一定ではありません

それは新規発行分な。
既発行分の利払いは1円たりとも増えない。

537 :名刺は切らしておりまして:2011/08/21(日) 01:13:50.65 ID:RIQCRiKr
>>530
景気の回復や歳出削減では追いつかないから増税なわけだが
そもそも歳出の伸び率は税収の伸び率をず??っと上回っている状況だ
このスピードは経済成長率がさらに数%伸びても追いつかない
ましてこれからの日本で二桁成長などありえないから、景気回復による税収アップの伸びなど
期待するのは夢物語の類だ
更に公務員給与を削減して歳出削減を図っても、一定以上削ることは不可能だから、いずれ
歳出の伸びに追いつかれる。せいぜいわずかな時間稼ぎにしかならない
歳出削減で最も意味があるのは、歳出のうち大部分を占める、国債償還費、社会保障費、
地方交付税交付金を何とかするしか無い
例えば地方分権が言われているのは、実のところ地方交付金を削減するのが目的なのだ
この方針はどんな政権になろうと代わることはないだろう
政府は何もしないのではなく、もはや他に選択肢はないということなのである

540 :名刺は切らしておりまして:2011/08/21(日) 01:21:31.24 ID:RIQCRiKr
>>534
インフレになると利率が上がってますます財政負担が上がりますが
まして国債残高を解消するくらいのインフレに持って行こうとするなら、国債利回りは
100%や200%どころの話ではなくなってしまう
そうなると今度は極端な緊縮財政を余儀なくされることになる
つまり行政サービスはほとんど機能しなくなるから増税以上の負担を国民に強いることになる

541 :名刺は切らしておりまして:2011/08/21(日) 01:26:22.38 ID:nuioHoLC
>>537
合成の誤謬の見本みたいな話だな。
後世の経済学の教科書には実際例として永く語られるだろう。

日本は需要不足で苦しんでるのに更に歳出削減で需要を減らせって言うんだからさ。
企業や国民が金を使わないなら、国が金使って好景気に導かなければならないのに
一緒になって歳出削減して経済縮小させてれば世話無いわなw

まあ、まだまだ余裕があるからこんな寝言を言えるんだ。
更に歳出削減してもっと苦しめばいい。
苦しみ抜いた末に間違いだったと学習しなければ、将来の糧とならんからな。

543 :名刺は切らしておりまして:2011/08/21(日) 01:28:49.69 ID:nuioHoLC
>>540
>インフレになると利率が上がってますます財政負担が上がりますが

アフォですか。
利払い費以上に生産性の向上による伸びしろの方が大きいし、
税収も累進的に増えるわな。

デフレが諸悪の根源だといい加減に学習しろ。

545 :名刺は切らしておりまして:2011/08/21(日) 01:29:25.52 ID:xnLGNC10
>>541
歳出削減と増税は同じ行い


546 :名刺は切らしておりまして:2011/08/21(日) 01:32:33.68 ID:nuioHoLC
>>545
確かに、国民の可処分所得が減少するという意味では同じだな。

まあ、増税はどこに負担を求めるかで少々違うとは思うが。

547 :名刺は切らしておりまして:2011/08/21(日) 01:34:02.75 ID:RIQCRiKr
>>543
デフレが悪いのはわかるが、インフレにしようとすると今度は止めることができなくなる
デフレはインフレの逆ではない。インフレの矢を放つために弓を引き絞っているような
状態なのである

549 :名刺は切らしておりまして:2011/08/21(日) 01:35:28.73 ID:xnLGNC10
>>546
同じ行いなら
増税より削減の方が
騒ぐ人少ないし
混乱も少ないかと
BSも縮小していいと思うのだが


551 :名刺は切らしておりまして:2011/08/21(日) 01:42:37.02 ID:nuioHoLC
>>547
>インフレにしようとすると今度は止めることができなくなる

経済学はインフレの抑制の研究が第一だとも言える。
ゆえにインフレの制御については心配は少ない。

少なくともインフレによる弊害を論じるならば、
デフレを脱却した後にしてもらいたい。

>>549
歳出削減=国民所得の減少=経済規模の縮小だよ?
もちろん税収だって更に減少する。

橋本行革、小泉改革と二度までも緊縮財政による財政再建を試みて
無惨に失敗したというのが現実だよ。
三度目の学習はもう必要ないと思うが、痛みによる学習がまだ必要ならやればいいさw
更に自殺者が増えないことを祈るがね。

554 :名刺は切らしておりまして:2011/08/21(日) 01:49:53.90 ID:xnLGNC10
>>551
>歳出削減=国民所得の減少=経済規模の縮小だよ?
ん?
そうだが??

増税論が居たから
増税と削減は同じ意味で書き込みしてるw

橋本は火の粉を被ってでもと言って
大やけどしたよな
米債を売りたい気持ちになるってこぼして
為替が2円動いたよな
小泉の場合は賛否あるから
ここではやめとくわ


557 :名刺は切らしておりまして:2011/08/21(日) 01:54:59.89 ID:RIQCRiKr
>>554
増税と削減はイコールではないよ
削減はマイナスにはできないが、税収は歳出と同じで上がり続けうるから
要は国債依存度をどれだけ下げられるかにかかっているんだよ

560 :名刺は切らしておりまして:2011/08/21(日) 01:59:04.41 ID:xnLGNC10
>>557
そのマイナスってのが極論してない??
なんでそういう発想なのか??
政府の青写真もないのだが
>税収は歳出と同じで上がり続けうるから
ん???



564 :名刺は切らしておりまして:2011/08/21(日) 02:11:35.37 ID:RIQCRiKr
>>560
極論ということは現実的にできないということであり、現実的な限界を捉えるなら
削減効果は期待するほど大きいものではないということだ

565 :名刺は切らしておりまして:2011/08/21(日) 02:14:40.69 ID:xnLGNC10
>>564
頑張って理屈はこねなくていいよ
誰もゼロにしろとかも言ってないのだが
削減=増税では無いってのは誰でもわかるが
している行いは同じ


566 :名刺は切らしておりまして:2011/08/21(日) 02:15:44.96 ID:RIQCRiKr
>>565
どっちが頑張っているのやらw

567 :名刺は切らしておりまして:2011/08/21(日) 02:18:39.22 ID:xnLGNC10
>>566
理屈をこねずに解りやすい言い方してるよ^^
政府の青写真もないのだが
>税収は歳出と同じで上がり続けうるから
これって??
それと話が飛びすぎるから
何処を話せばいいのやら??


568 :名刺は切らしておりまして:2011/08/21(日) 02:19:54.71 ID:RIQCRiKr
>>567
経済成長を続けている限りは税収も伸び続けうるんだよ
ただし国家財政が破綻したらどうなるか分からんがね

666 :名刺は切らしておりまして:2011/08/21(日) 14:10:14.89 ID:oKNPt0ca
税収を増やせばどうすればいいのか。

アホな政治家は、安直に今後の事を考えずに増税しろと言う。
賢い政治家は、景気を良くして収入が増えれば自然と税収も増えると言う。

日本には前者しかいない。
増税しろ増税しろ、なんて言うだけなら子供でも出来るわ。

668 :名刺は切らしておりまして:2011/08/21(日) 14:15:11.83 ID:RIQCRiKr
>>666
昨夜も書いたけどさ、いくら景気が良くなっても日本の経済成長率はせいぜい数%良くなる程度
それでどうやって自然税収増で1000兆円もの債務を穴埋めできるのか教えてほしい

672 :名刺は切らしておりまして:2011/08/21(日) 14:21:24.81 ID:FSRGwptI
>>668
国内でのバランスシートだから、1000兆円を永遠に持ち越しでも
いいんだよ。実質成長率マイナスが危険だろう?
どうせ国債も高齢者がたくさん持ってるわけだから、相続税かければ
一気に国の借金は減るよ。変わりに生前贈与を大幅に緩和して
世代間ギャップを埋めた方がいい。ファミリー世帯による消費で景気
もアップする。

674 :名刺は切らしておりまして:2011/08/21(日) 14:27:34.33 ID:RIQCRiKr
>>672
国債の個人保有率は10%に満たない
残りは金融機関や機関投資家が国債を買い込んでいる
この資金の背景にあるのは、いうなれば俺たちの貯金だ
財政破綻すれば銀行が吹き飛んで、ついでに俺たちの貯金も吹き飛ぶという寸法だ

676 :名刺は切らしておりまして:2011/08/21(日) 14:35:37.48 ID:XlsMQjhW
>>668
お前はまず、債務の穴埋めなんて必要ないということに、気付け

話はそれからだ

677 :名刺は切らしておりまして:2011/08/21(日) 14:36:49.58 ID:RIQCRiKr
>>676
円を紙くずにしても構わないならそうかもな

680 :名刺は切らしておりまして:2011/08/21(日) 14:44:58.85 ID:oXuXeNB3
>>677
世界中こぞって自国通貨紙クズ化競争してんだから、ちょっとやそっとじゃ円は紙クズにはならない。
紙クズにすこしでも近づけられたらその時考えようよ。

689 :名刺は切らしておりまして:2011/08/21(日) 15:04:24.36 ID:RIQCRiKr
>>680
紙屑化はあっという間だよ
>>674にも絡む話だけど、今ある国家債務をチャラにするのに銀行を破綻させるというのは
ひとつの手なんだよね
バブル崩壊後の金融危機でのペイオフ凍結を最後に、貯蓄の全額保証は事実上取り止めになり
ペイオフ上限は1000万円になった
これがどういった意味を持つかというと、財政破綻で銀行を潰した場合、ペイオフ1000万円は
保障されるわけだが、しかし財政破綻したわけだからハイパーインフレで1000万円はその価値を
大幅に下げざるを得なくなる
つまりそのための実質的な財政負担はほぼゼロになるわけで、これで我々の貯蓄から債務を強制的に
回収する形になるわけだ
よくインフレによって債務を減らせばいいという意見が出るけど、それは言うなれば、我々の貯蓄から
債務補填すればいいと言っているのと同義なのだ


http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1313106119/l50人気ブログランキングへ