262 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 03:30:57.43 ID:Sw1/FhIH0
普天間は日本にも台湾にも関係ないからな
普通にグアム移転で無問題なのに

267 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 03:37:33.05 ID:RLTLd5dK0
>>262
普天間は、台湾有事の際の、空挺部隊や特殊部隊の為の、中継基地基地だ
緊急展開する部隊だから、グァムじゃ遠すぎる。県外でもな。
沖縄県内しかない。他所で問題無いなら、とっくにそうしてる。

268 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 03:40:23.84 ID:Sw1/FhIH0
>>267
まぁた出てきたよ台湾有事君が
こういう奴の脳内には台湾軍は存在しないんだろうか
適地に孤立した軽装備で少数の奇襲部隊なんぞすぐに鎮圧されて全滅するだけなのに

269 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 03:53:21.79 ID:RLTLd5dK0
>>268
一時的でも、後方かく乱などの為に重要施設や政治中枢などを奇襲されれば
戦線に影響を与えかねない。それに対抗、支援するための緊急展開部隊は必須。
また、駐留米国人や、日本人、台湾の要人などを警護する任務もある。
台湾にも即応部隊はあるが、米軍の支援も無いと手が回らないだろう。

270 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 03:59:02.57 ID:Sw1/FhIH0
>>269
ハァ? 台湾には20万の常備陸軍がいるのに2000やそこらのヘリ歩兵が何をするの?

272 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 04:04:29.27 ID:RLTLd5dK0
>>270
必要なのは、有事の際に数時間以内に台湾へ緊急展開できる即応部隊だ
少数の特殊部隊だけでなく、台湾の各所に大規模なヘリボーン作戦を行う最も
沖縄の基地は役に立つ。
台湾にもそういう部隊はあるが、米軍の支援も必須だろう。

273 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 04:09:59.91 ID:Sw1/FhIH0
>>272
たかだか数十~数百の軽装備の中共奇襲部隊を20万の台湾軍が殲滅するのに、
なんで2000そこらの米軍の支援がいるか説明してみ
有事の中継なら嘉手納を使えばいいだけで、現に嘉手納統合案なんてのも米議会からは出てる

275 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 04:16:10.34 ID:RLTLd5dK0
>>273
米議会から出て、否定されたのだろう。
嘉手納の統合では基地のキャパ的にも無理が出てくると結論が出た

もう一度言うが、必要なのは有事の際に数時間以内に台湾へ緊急展開できる即応部隊だ
少数の特殊部隊だけでなく、台湾の各所に大規模なヘリボーン作戦を行う最も
沖縄の基地は役に立つ。
あと、中国本土への逆破壊工作や特殊任務なども視野に入れてるだろう
中継基地としての沖縄の存在は、あらゆる空挺や特殊作戦任務に柔軟性を持たせる事になる。

軍事に疎いものに解説しても理解し辛いだろうが、米軍も日本政府も
理由無く沖縄県内にこだわっているわけではない。

277 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 04:21:10.20 ID:RLTLd5dK0
>>273
ちなみに、対日本有事用にも、この種の即応部隊や空挺部隊は、存在する
もちろん自衛隊にも。日本には15万の常備軍がいるが
時には万の機甲部隊よりも、数千単位の即応部隊が必要な局面も存在する
それと、米軍即応部隊は、2000ではすまないだろう。
本格的な空挺作戦となれば、万単位の部隊が動く

279 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 04:24:30.37 ID:Sw1/FhIH0
>>275
議会が提案して軍が拒否
理由は地元の反対

なんで20万の台湾軍がいるのに2000そこらのヘリ歩兵を数時間以内に展開する必要があるか言ってみ

日本が駐留費用払ってくれるから居座ってるだけ

283 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 04:28:37.67 ID:RLTLd5dK0
>>279
http://obiekt.seesaa.net/article/136231624.html

ここに私の言いたい事が書いてあるから、読んでくれれば幸い。

>日本が駐留費用払ってくれるから居座ってるだけ

この理屈ならば、米軍が県内にこだわる理由は無いのでは?
県外だろうと同じ事でしょう。

284 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 04:33:13.14 ID:CtUCrFnVP
>>279
士気という発想のないゲーム脳か?
有事の際に駆けつけてくれる友軍に守備隊がどれだけ勇気付けられるか
想像力の欠如のことを世の中では馬鹿と定義するんだよ

285 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 04:34:08.92 ID:Sw1/FhIH0
>>277
だから自衛隊がいるのに少数の奇襲部隊相手になんで米兵が常駐してなきゃいかんか説明してみ

>>283
オブイェクト信者さんは↓で粉々にされてるから読んでみ
http://blog.goo.ne.jp/critic11110/e/7d79772814ba24140f739df02486c202

286 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 04:37:01.10 ID:Sw1/FhIH0
>>284
これはまたw
数百名の奇襲部隊に襲われた20万の台湾軍を勇気づけるために米兵は普天間に常駐してるのか
斬新な新説ですなぁ

288 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 04:40:44.34 ID:RLTLd5dK0
>>285
>なんで20万の台湾軍がいるのに2000そこらのヘリ歩兵を数時間以内に展開する必要があるか言ってみ

20万の台湾軍は、数時間以内にどこでも移動できるわけではなく
要所に薄く広く配置してあるからだ。自衛隊も同じく。

有事の際に、どこに中国の特殊部隊や空挺部隊が、かく乱の為に
奇襲を仕掛けてくるか予想もつかず、故にどこに敵があわられても駆けつけられる
まとまった即応部隊が必要と言うわけだ。だが、それに対応する部隊の数は自衛隊でも台湾でも限られてる。

台湾軍だけでなく、質と量で優秀な米軍も、その緊急即応任務に加われば
中国の特殊作戦を防ぐ対処は、ずっと楽になる。
故に数時間以内に台湾のどこでも駆けつけられる米軍部隊が必要だ

289 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 04:44:37.87 ID:RLTLd5dK0
>>286
20万の台湾軍や15万の自衛隊が、全軍で数百名に対応するため即応できるなら
何も問題は無いが、現実の戦争はゲームと違い、手薄な拠点や要所への奇襲に
即座に動ける部隊はそれほど多く無い。
また、有事の際に、敵は同時多発的に各所に特殊作戦を行うだろう

290 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 04:46:51.27 ID:Sw1/FhIH0
>>288
特殊部隊はともかく空挺部隊ねぇw
中共の奇襲問題って台湾の首脳を皆殺しにされるのを懸念してたんじゃなかったの?
それに要所を抑えてるんだったら問題ないじゃん
意味の無い地点に奇襲部隊が出現したところで数日内に殲滅されるだけだし
わざわざ米軍が出っ張る必要性がないなぁ

293 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 04:51:15.07 ID:Sw1/FhIH0
>>289
そういう撹乱は大規模侵攻の支援として行われるわけだが、
現代では動員かけた時点でモロバレ
警戒が強化されて奇襲の意味無し

294 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 04:53:12.67 ID:RLTLd5dK0
>>290
問題が無いならば、米軍も台湾も自衛隊も、即応部隊の存在にこだわらないだろう
同時多発的に各所を奇襲されれば、必ず大きな脅威となると警戒している。
現実に台湾有事用だけでなく
日本本土の有事の為にも、米軍の即応部隊は存在する。これは日本国内ではなく、ハワイにね。

台湾有事に備えた、沖縄駐留の即応部隊に不満があるなら、日本防衛の為にハワイに駐留してる部隊も(第7艦隊ふくむ)
日本の左翼は抗議すべきだな。ハワイ地元住民に迷惑かけるな、と。

295 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 04:57:31.16 ID:RLTLd5dK0
>>293
警戒しても、いつどこに特殊部隊が奇襲を仕掛けてくるかまではよめるわけではないだろう。
有事の際、原発や自衛隊の重要施設など、北朝鮮特殊部隊の襲撃の警戒を日本でもしているが
これは脅威では無いというのだろうか?
自衛隊が、哨戒機で常時哨戒しても、必ず穴は存在して、全てを防ぐ事は難しいと
想定されている。

296 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 05:00:45.58 ID:Sw1/FhIH0
>>294
実際、ソ連の脅威が無くなった現在で日本に対する大規模侵攻なんて言ってる奴いるの?
今の懸念は中共の尖閣上陸でこれは自衛隊と米空海軍で充分すぎるほど対応可能
台湾なんか総統自ら有事でも米軍に支援求めないとか言ってるのに。(まぁこれは本気かどうかわからんが)

298 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 05:08:12.41 ID:Sw1/FhIH0
>>295
だから本命の大規模侵攻が不可能なんだって
侵攻作戦が成立しないんだから前段階の撹乱工作もやる意味がないわけ
やったとしても嫌がらせ程度の戦果しか出せないうえに工作部隊は全滅確定

原発は自衛隊が警備すればいいだけ
そもそも原子炉爆破されてから米軍がヘリで駆けつけたって意味ねーだろうがw

301 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 05:10:05.18 ID:RLTLd5dK0
>>296
中国との全面戦争の可能性は将来あるかもしれない
少なくとも、日本政府も世論の多くも、その可能性は存在する事を認識し
その前提で備えている。
尖閣が火種となって、戦争の規模が大きくなる可能性もある。
台湾も同じ。米軍抜きではとても中国に対抗できない。

それを前提とした上の話なら、沖縄やハワイの米軍部隊は必要だろう。
そんな戦争など無いと主張するお花畑ならば、確かに必要ないだろうが。

303 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 05:15:08.85 ID:RLTLd5dK0
>>298
>だから本命の大規模侵攻が不可能なんだって

不可能と言い切る理由がわからない。台湾ならば現有戦力でもできるだろう
日本に対しても、今の中国軍の強化のペースならば
強大な外征軍が準備できるかもしれない
10年以内は無理でも、30年後はわからない。

>>298
原発は1基ではないし、攻撃目標が原発だけとも言ってない
否定しようが、現実に米軍も自衛隊も台湾も、即応部隊の必要性を認識し、存在している
国内外の米軍の支援など不要とも言ってない

307 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 05:20:05.63 ID:Sw1/FhIH0
>>301
ほーほー、中共が空自と海自と第7艦隊と米空軍のバリア破って日本に上陸ねえw
台湾有事でも中共が米軍相手にどうやって航空優勢を得るのか興味深いですなぁ

310 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 05:25:57.91 ID:RLTLd5dK0
>>307
上陸作戦を行うのに、完全に制空権を抑える必要は無い。
っていうか、制空権や制海権争いなどは、現代戦でもそう簡単に決着つかない
陸海空、同時に優勢を取るための戦いが続くと考えるといい。
水際で全ての中国軍の侵攻を食い止めるのは不可能だろう。
中国はイラク空軍のような後進軍隊とは違うからだ。
米軍でも完全に圧倒するのは時間がかかるだろう。

もちろん、最終的には米軍があらゆる面で優勢になるのは間違いないがな。
つまり米軍は必要という事だ。

314 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 05:32:19.45 ID:Sw1/FhIH0
>>303
航空優勢得られないのにどうやって海を渡って、かつ補給を維持するのやら
中共軍が強化されるにせよ対応が求められるのは空海軍であってヘリ部隊を持ち出すところが斜め上すぎるw

ともかく圧倒的多数の台湾軍や自衛隊がいるのに普天間のヘリ部隊が必要な理由を言ってみ

319 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 05:37:02.50 ID:Sw1/FhIH0
>>310
航空優勢を維持できる見込み無しで上陸したら補給が滞って上陸軍が孤立するんですガー

323 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 05:40:52.21 ID:RLTLd5dK0
>>314
航空優勢が、すぐには完全に得られないのは、双方同じ。
こちら側も相手戦力に阻まれ、上陸戦力を完全には水際で潰せないだろう
陸海空、同意に叩き合いが起こるのが戦争だ。
制空権が一方的になってから上陸戦が始まるなんて事は無い。
もちろん、消耗戦になれば、最後は米軍が勝つだろうがな。

326 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 05:44:36.54 ID:Sw1/FhIH0
>>323
どっちにしろ普天間常駐の必要はねーな
大規模侵攻なら即応の必要がないんで、中共が動員かけた時点でグアムから出てくればいいんだし

327 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 05:46:05.69 ID:RLTLd5dK0
>>319
無論最終的には、制空権、制海権は米軍に握られ、上陸部隊も孤立、壊滅するだろうな
陸海空で消耗戦が進めば、中国に最終的に勝ち目は無いだろう。
無いだろうが、勝てない戦争など絶対しないという
理屈が通じない場面は、歴史上何度もあるな。それに備えるのは大事だよ。
もちろん米軍と一緒にな。

329 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 05:47:20.21 ID:Sw1/FhIH0
>>327
で、普天間のヘリ部隊はどこで活躍するの?

331 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 05:49:57.25 ID:RLTLd5dK0
>>326
>大規模侵攻なら即応の必要がないんで、中共が動員かけた時点でグアムから出てくればいいんだし

大規模侵攻に呼応した、空挺部隊、特殊部隊などの奇襲を警戒する必要があると言ったろう。

有事のさいに、グァムから直接即応部隊が台湾に向かうのは、まず不可能だ。
燃料は空中給油ですむが、単純に狭いヘリ内での飛行時間がかかりすぎると
兵士の疲労が深刻になる、戦地についた途端へとへとでは、戦いにならない。
沖縄からならば、3時間程度で台湾まで飛べる。

334 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 05:52:25.88 ID:RLTLd5dK0
>>329
台湾。対日本有事の即応部隊は、ハワイに常駐。

342 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 05:58:11.37 ID:Sw1/FhIH0
>>331
中共軍は撹乱工作をやってから動員をかけるんですかー? 悠長な軍隊ですなーw

346 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 06:01:08.38 ID:Sw1/FhIH0
>>334
どういう場面でってことだよ
そもそも簡単に航空優勢取れないとか言っておいてヘリ部隊で駆けつけるとか矛盾を感じないんか?

347 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 06:02:39.25 ID:RLTLd5dK0
>>342
戦争の動員となれば、1年以上前から準備するだろう。
台湾国内外の破壊、かく乱工作は、開戦と同時か、その数時間前から進むだろう

353 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 06:06:37.02 ID:RLTLd5dK0
>>346
別に感じ無いが
護衛も当然つくし、敵の哨戒してそうな所を避けて、ヘリで互いに進入するだろう。
何か制空権といったものに、間違った観念を持ってるようだな。
まあ、軍事に詳しくないものに、ありがちな考えだが。
空自や海自さえしっかりしてれば、陸自は少なくてよい、みたいな意見とか、たまに見るけど
まるで全ての敵を完全に水際で破壊できる、みたいな

355 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 06:09:08.96 ID:Sw1/FhIH0
>>347
ソウデスカー
1年以上前から侵攻意図を明確にしてくださるのデスネー
準備万端整えて待ちかまえられマスネー
一年あるんだったらグアムから泳いでも間に合いそうだ

357 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 06:13:18.76 ID:RLTLd5dK0
>>355
グァムからは遠すぎて、即応部隊は直接台湾の戦地に急行できない言ったはずだが。
即応部隊は、基地からヘリなどで発進して
そのままノンストップで戦場に投入できる部隊の話だ。沖縄の基地が必要なのだ。

361 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 06:18:51.02 ID:RLTLd5dK0
>>355
侵攻意図とは、戦略レベルの話と、戦術レベルの話がある
中国が開戦を決断するという、戦略的予想は、何ヶ月も前から察知できるだろう
しかし、中国の部隊が、具体的に、いつ、どの地点に攻撃してくるか。
戦術レベルの意図は、完全に読みきるのは、直前にならないと不可能だ。
少数の特殊部隊となると、なお更。レーダーや哨戒を蜜にしても、穴は必ずある。
台湾国内にも、工作員は大勢存在するだろう。

369 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 06:27:58.10 ID:Sw1/FhIH0
>>353
ははぁ、中国空軍の弱体化を待つことなく開戦と同時に突入デスカー
冒険家ですなぁ

>>357>>361
そんなに前から察知できるんだったら常駐しなくても、侵攻意図を明確にしたときに
嘉手納に呼び寄せればよろしいわけだガー

372 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 06:32:34.92 ID:RLTLd5dK0
>>369
当然、現地まで護衛がついてるとも言った。

嘉手納だけでは、キャパに限界があるともいった。
どうしても、普天間か、それにかわるヘリ部隊の基地は必要。
ちなみに、米軍はもちろん普段は常駐してない。
有事が迫ったさいに、世界中から部隊が集まる
その時に、受け皿となる基地が必要という事だ。

393 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 06:52:31.20 ID:Sw1/FhIH0
>>372
やたらと数時間以内の展開をしたいようだが米軽歩兵の即応自体が無意味だってことに
そろそろ気付いてほしいわけだが
そんなに必要なら台湾に頼んで常備兵力を2000人増員してもらえばいいだけだシナ

399 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 06:58:56.11 ID:RLTLd5dK0
>>393
>米軽歩兵の即応自体が無意味だってことに

あなたが、どういう戦訓からそう言ってるのか知らないが
実際にそういう部隊が昔から存在するわけなのだが。
台湾防衛用に限らずね。その必要性を否定するなら、海兵隊に直接言ってくれと
世界中に展開準備してる即応部隊は、無意味である、と。

409 :名無しさん@13周年:2012/12/28(金) 07:06:30.18 ID:Sw1/FhIH0
>>399
少なくとも圧倒的多数の台湾軍がいる以上、その即応を米軍がやる意味がないのは明白なわけだが


http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1356621804/l50/../人気ブログランキングへ