1 :やるっきゃ騎士φ ★:2012/12/17(月) 10:24:32.24 ID:???
ソースは
http://president.jp/articles/-/8031
http://president.jp/articles/-/8031?page=2

[1/2]
12月3日から12日まで、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)締結を目指した第15回交渉会合が
ニュージーランドのオークランドで開催中だ。
会議には従来の9カ国に加え、日本の交渉参加表明に刺激された新参のカナダとメキシコも参加し、
米国、豪州などと合わせて11カ国が参集。来秋に大枠を決めて、来年末の妥結を目指す。

日本市場を引き入れて、すでに支配下にあるTPPを巨大市場に仕立て上げることは、
米系多国籍巨大企業に「輸出倍増計画」を公約した米国オバマ政権の最重要課題である
(「TPPの真実」http://president.jp/articles/-/5540 参照)。

一方、参加を検討中の日本政府は、仮に遅滞している米国との事前協議を終えて参加表明を行っても、
米国議会の承認を得るために約3カ月は交渉のテーブルにつけない。
そのため、早期の協議開始と交渉参加を促すための「バスに乗り遅れるな!」という科白は、
野田佳彦首相を含むTPP推進派の合言葉だ。

ところが、3.11後で初の国政選挙となる衆議院選挙を目前にしたこの時期に、民主党内に
不可解な変化が見える。
野党時代の08年、国会に初めて「TPP」という言葉を持ち出した野田首相が、今回の衆院選では
民主党の選挙公約からこのTPPを外した。
昨年11月のAPEC会議でも「交渉参加の方針」を宣言し、解散後は衆院選に向けて、「議員公認」の
事実上の判断材料としてその賛否を問うた。
これを“踏み絵”として解散・総選挙に臨み、「これで本物の政界再編が始まるからスッキリした」
(維新の会・橋下徹代表=当時)と推進派の面々から賛同を得たにもかかわらず、だ。

選挙公約から消えたTPPは、野田首相にとって副次的な事案となったのか?
民主党を離党した議員の秘書が洩らす。
「一部マスコミにも報じられましたが、TPPの内実が日本の国民に周知されることを恐れた米国側の
意向を受けたのです。選挙後の(政界再編の)焦点はTPPです。(TPP関係で)扱う書類が
日ごとに増えていますから」
つまり、政界再編・第2フェイズは衆院選後、TPP参加の是非を物差しにして始まる可能性が高い
というのだ。

-続きます-

10 :名刺は切らしておりまして:2012/12/17(月) 10:38:19.55 ID:M3gqOMVb
軽は日本にとって必要だよ
無くすなんて冗談じゃない

271 :名刺は切らしておりまして:2012/12/21(金) 01:00:57.74 ID:MM2/hWAj
米国のターゲットは日本だ。他国には申し訳ないが「金持ち」の日本以外には関心がない。
米国の主な目的は、BSE問題で輸入制限されたままの月齢20カ月以上の食用牛の制限解除や郵政民営化、完全なる関税撤廃などだ。
 参加すると協定は絶対的だ。米国の多国籍企業が日本政府を相手に訴訟を起こすこともできる。
米国は二つのハンマーを持っている。政府間で訴訟を起こし、日本の法律を変えさせるか、従わなければ経済制裁を加えるかだ。

 企業は投資先の国で特権待遇が与えられるため、海外進出に二の足を踏まなくなる。
低い賃金と低年齢の労働力のあるベトナムやマレーシアに進出するため、雇用の場が国外に移転するだろう。

 日本が交渉に入る前に他国と内容を固め、意思決定に日本を参画させないつもりだ

もう既に遅いからアメリカの思惑通り。だから参加すべきじゃない

274 :名刺は切らしておりまして:2012/12/21(金) 01:31:46.44 ID:W9p9fvFg
>>271
こういう奴が多いけど圧倒的に間違ってる
BSEの検査や郵政民営化など、これらはtpp関係無くアメリカが日本に常に要求してること
日本はあくまで内政問題として対処すれば良いだけ
日本だってアメリカに様々な要求をしてる
あまり国債発行して公共事業するなとかいろいろ言ってる
tppはあくまで貿易上の国際条約、国内問題とは別
国内問題について外国はいろいろ言ってくるし、日本も言ってる
だがこれとtppを結びつけて考えるのは誤り

277 :名刺は切らしておりまして:2012/12/21(金) 01:41:22.20 ID:/cDCukJv
>>274

TPPは企業vs労働者の問題だからな。
TPPで関税撤廃して海外製造逆輸入販売ルートを確立したいグローバル企業と、
それによる空洞化で雇用を失う日本人労働者の生存権をかけた戦い。
それは経団連会長も熟知しているから、「TPP反対派は選挙目的だ」という本音がポロリと漏れる。
全労働人口の5%しか居ない農業関係者の票などたかが知れてるからな。
こうやって ”事実” だけを見ていけば答えは簡単なんだよ。

278 :名刺は切らしておりまして:2012/12/21(金) 01:45:37.69 ID:W9p9fvFg
>>277
tppによる空洞化とか笑止千万
むしろtppに入らない方が恩恵を受ける国への製造業の流出が加速する
それに既に多国籍化してるグローバル企業より
日本で活動せざるを得ない中小企業の方がtppから受けるメリットが遥かに多い

280 :名刺は切らしておりまして:2012/12/21(金) 01:47:56.79 ID:/cDCukJv
>>278

やっぱり経済素人かw
そうだと思った。TPPで雇用推進とか、今時ビジネススレでも言う奴は居ないしな。
どういうロジックでTPPで雇用が増えるのか、そこら辺の道端を歩いているオッサんや子供にもわかりやすく説明してくれる?
多分これをROMってる奴もそれを知りたがってるよ。さぁ頑張ってTPP推進派を増やしてみてくれw

281 :名刺は切らしておりまして:2012/12/21(金) 01:53:49.16 ID:c3iazB+f
>>280
普通に関税が撤廃された分、輸出がしやすくなるだろ
特に日本の場合関税率が低いからな
お互いに関税を撤廃した場合、最初から低い方が有利

日本の関税は農産物が高いが、
これが撤廃されて農家が廃業しても年金生活者で兼業だから失業者は増えないしね

283 :名刺は切らしておりまして:2012/12/21(金) 01:56:45.91 ID:W9p9fvFg
>>280
雇用促進とは言ってないw
ただ、俺なりに上げると
まず、生産品の部品に加盟国産を一定割合以上しないといけない原産地規定これが大きい、中小部品メーカー大喜び
次に、インフラ輸出が促進される(tpp インフラ輸出 でググれ)
更に兵器輸出ができる、これはtppとセット(tpp 武器輸出3原則 でググれ)
クールジャパン関連、これは高関税がかけられてる、これが撤廃されるのは大きい
貿易手続きが簡素化されることで、貿易へのハードルが下がり、個人、中小でも貿易に参加しやすくなる

286 :名刺は切らしておりまして:2012/12/21(金) 02:20:55.13 ID:/cDCukJv
■TPPを語る上での基本となる日本の現状
・円高によって低い投資で大量の外貨(現地通貨)を手に入れることができる。
・海外の安い人件費で生産することにより、製造コストを下げられる。※人件費は為替の影響も受けるので、円高で更にお得に
・海外の国は日本企業の誘致に積極的で、税制上の優遇(無税)をしている。
・現状、海外生産をした日本企業の製品を逆輸入しても一切関税がかかっていない。
・日本で生産して海外に売っているのは主に”中間財”と呼ばれる生産品の核となる部品で、
 これは日本の技術力でしか作れないため、海外の生産国は買わざるを得なくて買っている。
・日本は輸出自体をほとんどしなくなっている(現地生産)ため、2009年くらいから極端に輸出が減っている。
・逆に海外生産したものを輸入する形態が増えたため、輸入が増え。傾向としては輸入超過の傾向にある。

>>281
>普通に関税が撤廃された分、輸出がしやすくなるだろ
これが既に間違い。そもそも海外生産してるから関税の影響なんて一切ない。
ちなみに海外生産をしているのは大手企業だけじゃなくて、そこに部品を納入している中小の関連企業もだからな?
タイの洪水被害で日系起業5000社被災とか見てもまだわからないのかね?
日本の関税率が低いことは、逆輸入する日本の企業にとっての恩恵以外の何物でもない。
だから仮に、日本が自動車と電化製品に輸入関税を100%掛けますと宣言したら、 ”経団連が猛反対” する。
農産物なんて全く関係がない話。

>>283
俺は雇用が減る明確な理由を上げてるんだから、雇用が増えるとは言ってないと言い切っちゃダメだろw
まぁ嘘つくよりは遥かにマシだがな。
>生産品の部品に加盟国産を一定割合以上
原産地規則のこと言ってる?これって日本産を入れるということじゃなくて、加盟国産の物を日本産とすることが出来るという話だよ?
ただのサプライチェーンの話。
兵器輸出も別の問題のほうが大きいでしょ。そして関税撤廃は上で述べた通り。逆輸入するグローバル企業は恩恵を受けるけど、
それ以外は恩恵を受けない。さらに関税が撤廃されるということは、海外産の安い製品が更に安く入ってくるということだから、
競合する国内内需メーカーは倒産するか、拠点を海外に移すしか無い。つまりは雇用の衰退。

288 :名刺は切らしておりまして:2012/12/21(金) 02:30:49.32 ID:W9p9fvFg
>>286
原産地規則の解釈は誤り(協定を読め、もしくはググれ)
完成品の中に加盟国の部品類が一定以上含まれてないと関税特例を受けることができないのがそれ
加盟国の中で、ハイエンド商品の部品作れるの主に日本やし

関税の件は後ほど反論しよう
君の意見は間違ってる

289 :名刺は切らしておりまして:2012/12/21(金) 02:43:52.87 ID:/cDCukJv
>>288

■原産地規則
TPP加盟国 日本 アメリカ タイ オーストラリア 泡沫 … の場合、
日本産でなくても、タイ産、アメリカ産、泡沫産の部品が一定以上含まれていれば、関税の特例が受けられる。
ということであって、日本産が含まれないといけないという事ではない。
どこをどう読んで ”日本産が含まれないといけない” と思ったの?
そう思わせた公式のURLあったらちょっと貼って。

290 :名刺は切らしておりまして:2012/12/21(金) 02:52:19.98 ID:W9p9fvFg
>>286
大企業が海外に拠点を置いてるのは為替リスク回避のため
人件費+輸送コスト、これに為替を加味して外国産か日本産かどっちが儲かるかってだけの話
為替と言うのは変動する物で、今平価が130ドル、つまり100円程度が妥当ってこと
今は円高に振れてるだけで、円安に戻る公算もある(日銀の政策次第やがw)
むしろこれ以上は高くならないと考えるべきで、また国内製造が多くなる
そうなると関税って関係あるよね?
為替水準が海外国内生産コスト同等になった場合、関税がかかる国(tppに加盟しない日本)より
関税がかからない国(マレーシア等)から輸出しよってことになる
つまり君は為替の問題と貿易自由化の問題を混同してる

470 :名刺は切らしておりまして:2012/12/24(月) 01:27:02.28 ID:a8fC+/tS
>>ID:wZ3uvTsB

関税がなくなると、日本の内需企業がガンガン生産拠点を海外に移転(現在進行中)させても呼び戻す手段がなくなるんだよ。

本来、内需企業はどんなに人件費が高くてもその国でもやっていけるものなんだ。その分物価が高いわけだからね。
物価の安い国で安く生産して安く売るのと、物価の高い国で高く生産して高く売るという違いしか無い。
だが、企業が気づいたんだな。「だったら物価の安い国で安く作って物価の高い国で高く売ればいい」と。
それが今起こっていることなんだよ。

企業がより大きな利益を求めるなら高いコストで国内生産を続けるより、
安いコストで海外で生産して逆輸入販売したほうが利益が大きくなる。だから現状でもどんどん海外移転をしている。

この状況で仮に日本が電化製品に輸入関税をかけるとどうなるかといえば、海外で安く生産して日本に輸入してきても関税を取られるわけだから、
日本で生産するのと変わらない、或いは日本で生産するより高く付くことになる。
もちろんこれは海外移転をした日本企業だけでなく、もともと海外で生産をする外国企業も同じ事。
その場合日本で売りたい企業が取れる選択肢は2つ。

1.そのまま海外で生産して、日本で高い関税を払って販売する。→関税収入を国内の雇用対策費に当てる。
2.日本で販売する分については日本で生産して販売する。→国内雇用の保護

TPPはこの関税という盾を放棄するから受け入れられないというだけの話であって、
海外移転をしたい企業からすれば、さっさと関税を取っ払ってもらえば、
日本がどんな事態になろうとも関税が復活することはないのだから安心して海外に移転できる。

この”移転” をただ引越しました くらいにしか考えてないから理解できないんだよ。
移転とは、現地に法人を作って工場を立てて、関連企業も全てひっくるめて現地に生産体制を構築することなのだから、
大規模な ”投資” の話だ。誰だってせっかくした投資が無駄になりたくはないだろう。だから海外移転(投資)からの逆輸入販売の道筋に障害となり得る
”関税” を撤廃しておきたいと言うだけの話。

そしてTPP推進派は、関税を撤廃してどうやって国内の雇用を守るかということを一切説明できていない。出来るはずないからな。
ここまで洞察できる俺でも無理だからな。

471 :名刺は切らしておりまして:2012/12/24(月) 01:39:10.33 ID:wZ3uvTsB
>>470

専門家が関税を撤廃した場合の試算をしてそれがGDP2.7兆円上乗せ効果があるって言ってるけど、これって嘘ってことか?

それとあんたの理屈は理解できっけど、TPPと関係なしにWTO加盟国の日本が一度下げた関税を再び上げることなんて現実問題として出来るのか?

472 :名刺は切らしておりまして:2012/12/24(月) 02:14:42.00 ID:a8fC+/tS
>>471

はっきり嘘だと断言できるけど、水掛け論で話が進まないからそれを100%効果があることにしよう。
で、その試算は10年間の合計だから、単年で見ると、2700億円。
日本の現在のGDP530兆円からみたら、ゴミ。
日本の外貨保有1兆ドルが30銭円高に振れただけで消し飛ぶ額。為替の影響だけで日本の外貨の価値は既に100兆円位失われてもいる。
そもそもこの試算自体に何がGDPを押し上げるのかという根拠が全く示されてないが、詰まるところこれは俺が上で書いたような、
現在アメリカに支払っている日本企業のアメリカへの輸入関税30億ドルが関税撤廃でなくなりますよと言っているに過ぎない。
(しかも何故か影響がその額より少ない。)

関税は一度下げたら未来永劫上げられないものじゃないよ。
関税自主権とはそもそも国内の企業(と言うよりは国民)を守るために認められたその国固有権利だから、関税を決定する権利自体は今でもある。
たまにWTOに加盟することで関税自主権が放棄されたと言うものがいるが、放棄されたのではなく、WTOのルールに則ることで行使しないという方が正しい。
通常関税の引き上げ(報復関税も)はWTOの承認という形で行うわけだが、日本の企業がどんどん海外に出てしまって国内雇用が壊滅的なことがだれでも分かる状態で
関税を上げてはいけませんとはいえない。仮に世界が日本に対して悪意を持ってそれを認めなかったとしても、日本は独自に関税率を設定することが出来る。
しかしその場合は報復関税というブーメランがある。だから通常は関税自主権はあるが、それを勝手に行使したりはせずに話し合いで解決しようとする。
つまり、勝手に上げられないというのはこういった報復行為があるからであって、制度的に出来ないという事ではない。
だが、輸出企業は、(内需企業ですらどんどん外に出ている状況なのだから)有効な雇用吸収力を維持して国内に存在しているとは言いがたい。
つまり、この場合は報復関税を掛けられても、日本から売るものがないので困らないということになる。
まぁこの場合国際社会の心象は悪いだろうが、そもそもこんな窮状を訴えても無視するのであれば、どのみち日本国民は死滅してくださいということなのだから、やらざるを得ない。
違うかね?
そもそも、実際にアメリカは何度も報復関税をWTOに申請して承認されているがね。もちろんアメリカ理論でね。
日本も体裁が気になるなら、”関税上げます”ではなく、”報復関税です”と言えばいいだけのこと。それをする政治家が居るかどうかという問題。
言いたいことが 「日本の政治家にそんな度胸があるのか?」 ということであれば、さすがにそれについて俺はなんとも言えないがね。

473 :名刺は切らしておりまして:2012/12/24(月) 02:18:54.52 ID:wZ3uvTsB
>>470
>1.そのまま海外で生産して、日本で高い関税を払って販売する。→関税収入を国内の雇用対策費に当てる

これって一見企業が税金払ってるみたいだけど、その分は商品に上乗せされるから最終的に消費者負担で増税って意味だよ
これを嫌って2の条件にもっていこうとするならコメの関税みたいに多く取るしかないないだろうな
これって無理筋

474 :名刺は切らしておりまして:2012/12/24(月) 02:20:30.30 ID:wZ3uvTsB
>>472
>10年間の合計だから、単年で見ると、2700億円。

合計じゃないよ
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/issue/pdf/0735.pdf

6ページと7ページ
図解入りだから誰でもわかるよ

475 :名刺は切らしておりまして:2012/12/24(月) 02:23:46.16 ID:wZ3uvTsB
>>472
報復関税って言うけど日系企業が海外で作ったものを日本に逆輸入するのに適用するっておかしくね?

476 :名刺は切らしておりまして:2012/12/24(月) 03:07:23.36 ID:a8fC+/tS
>>473

自分がどれだけ無知でバカなこと言ってるのか、本当に気づいてないの?
最近のTPP推進派はこんなヤツばかりだな。
日本が関税をかけても購入者が困るだけで輸入企業が困らないなら、アメリカが関税をかけても輸入企業(日本からの輸出企業)が困らずに(アメリカの)購入者が困るだけだろ。
だったらその関税を何で必死に撤廃させようとしてるんだよ?つまりあんた自身がTPPによる関税撤廃が不要であることを自分自身で言ったんだぜ?

>>474

最もTPP推進を訴えている側の意見を集約した、単年2700億円が積み上がって2.7兆円。で、これの根拠は?
(なぜか他の省庁の意見を全て握りつぶして、内閣府の意見でゴリ押しをしたというだけのシロモノ。)

説明をするなら、何がどうなってこれだけの効果が生まれるのかを具体的に示すべき。
例えば、「TPPに参加したら、日本国籍企業は全て母国に帰らなければならないという制約があるので、日本企業は日本での生産性を高めて勝負せざるを得ない」
なんて取り決めがあるのであれば、簡単に納得するだろう。そんな取決めなんて出来ないし、そんな取決めがあったら、経団連自体が反対するだろうがね。


■各省庁試算
★TPP推進内閣府
概ね10 年間で実質GDP:2.4~3.2 兆円増(0.48~0.65%増)

☆TPP反対農水省
実質GDP:7.9 兆円減少(1.6%減) 雇用:350 万人減少

☆TPP慎重
実質GDP:10.5 兆円減少(1.53%減) 雇用:81.2 万人減少

■上記試算を調整した政府(民主党)の統一見解
★概ね10 年間で実質GDP2.7 兆円増加

1-1-1=1になるという、トンデモ解釈もうね…。


>>475

別におかしくないよ?
そんな発言をするということは関税を全く理解してないね。
アメリカにある日本企業に関税がかかってないのはアメリカで生産してアメリカで販売しているから。
これを日本で生産してアメリカで販売するときに関税率が設定されていれば関税がかかる。
こんなことはありえないが、アメリカのBIG3が日本で生産してアメリカに輸出販売すれば当然関税がかかる。
基本的に関税は企業の国籍ではなく、輸出してくる ”国” の ”品目別” に掛けるもの。
例外としては、”売り手市場である自国の輸出品目(鉱物資源など)”に掛ける場合があるくらい。


http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1355707472/l50/../人気ブログランキングへ