1 :依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★:2012/10/27(土) 19:55:46.25 ID:???
電子書籍の本命アマゾンのKindleがついに日本でも発売されるそうだが、日本の出版社の
電子書籍に対するやる気のなさはピカ一だ。日本の出版社はただ紙の本を“自炊”しただけ
の、スキャンしたものを「電子書籍版」と称し、紙の本との価格差もあまりなく、売って
いる。これでは電子書籍など日本で流行るわけがない。

なぜ縦書きなのだろうか?端末を考えれば横書きの方が読みやすいのではないか?

例えば、新聞は縦書きだ。でも新聞社のニュース(ピヨピヨ)が縦書きだったらどうだろう?
えらい読みにくい。まあそんなバカなことをしている新聞社はない。紙と同じニュースで
あっても、きちんと「編集」し、横書きにして、パソコンなどで見やすくして、写真なども
カラーで載せている。

しかし紙の書籍ではそれはほとんど行われない。それなら単なる自炊屋と変わらないでは
ないか。価格差もないのだから、だったら紙の本で買った方がいいというのが、必然的な
流れだろう。

15年前に自費出版をした。内容は稚拙でどうしようもないが、ただその時に横書きの本を
出して多くの人に驚かれた。

「縦書きじゃなくて横書きなんですね」と。確かに紙のものは縦書きが多い。横書きの紙の
書籍も販売されているが、絶対数でいうと縦書きの方が圧倒的に多いだろう。そのせいか
紙の本で横書きに対して、違和感=読みにくさを感じる人も多いようだ。

なぜ私はその時、横書きにしたかというと、原稿を打っていたのがワープロソフトで横書き
だったからだ。今はパソコンに変わったが、縦書きで文章を打つ人がどれほどいるだろうか?
多くの人は横書きのはずだ。パソコン上で書いたり読んだりする際は、縦書きはかなり
読みにくく、横書きが一般的だろう。

電子書籍のデバイスも縦書きで読むにはつらいと、個人的には思う。でも横書きだったら
もうちょっと読みやすくなるのではないか。特にビジネス書などによっては、英語や数字も
多いので、縦書きだと読みにくさを助長する。

でも出版社は横書きになんかわざわざしたくない。手間がかかるからだ。だから紙の本を
そのままスキャンしただけの、読むツールに合わせた読みやすさを考えずに、「編集なき
電子書籍」を電子版と称して、紙の書籍と変わらない値段で売る。ようはやる気がないのだ。
仕方がないから対応するけど、できれば今までのビジネスモデルを崩したくないよね、
という非常に後ろ向きな姿勢が見てとれる。

だから電子書籍の本命Kindleが日本で発売されたところで、日本で電子書籍は流行らない
だろう。漫画とか写真集とかはそんなに気にならずに読めると思うけど、電子端末で縦書き
を読むのはあまりにも読みにくい。

でも出版社が媒体に応じたコンテンツの配信の仕方を考えず、編集なきまま紙の本をスキャン
するような、バカげた電子書籍を出し続けるとするなら、もはや自らの存在価値を放棄した
に等しい。

ソース
http://blogos.com/article/49161/

(つづく)

5 :名刺は切らしておりまして:2012/10/27(土) 19:57:25.43 ID:DJ0GGRKG
漫画はどうする気なんや? 切り絵でもやって、はりはおすん?

6 :名刺は切らしておりまして:2012/10/27(土) 19:58:52.16 ID:tFMSMeuO
>>5
漫画の吹き出しの文字って画像データだから、この件とは関係ないと思われ

14 :名刺は切らしておりまして:2012/10/27(土) 20:05:37.48 ID:iDY/1wL/
コンテンツ表示言語みたいなの作って縦でも横でも対応出来るようにしたらいい
どこも作らんだろうけどw

23 :名刺は切らしておりまして:2012/10/27(土) 20:08:46.31 ID:QVQXtOUc
おまいら2chが縦書きであることを想像してみれ

45 :名刺は切らしておりまして:2012/10/27(土) 20:23:37.02 ID:r13mZfDm
別に必須じゃないでしょ。

文字コードと文字 エンコード、
データストリームと表示の区別がつかない
あほたれさんが記事をかいてるのかな。

>>6
コマの流れは縦かつ右から左が前提だよ。

50 :名刺は切らしておりまして:2012/10/27(土) 20:25:31.02 ID:r13mZfDm
>>14
アラビア語系のアルファベット使ってるサイト、
一生に一度でいいから見なさいな。

58 :名刺は切らしておりまして:2012/10/27(土) 20:28:59.85 ID:iDY/1wL/
>>50
見たらどうなる?

134 :名刺は切らしておりまして:2012/10/27(土) 21:30:35.29 ID:r13mZfDm
>>58
受け入れられる準備があれば、
見識が広がる。

141 :名刺は切らしておりまして:2012/10/27(土) 21:36:02.46 ID:iDY/1wL/
>>134
なんか勘違いしてね?アラビア語と縦書きになんか関連あんの?
ちなみに見たことあるけど(アルジャジーラとか)このスレに関連した見識なんか何も得られなかった。
単なる縦書き原理主義者の人?
横書き一切許すまじって人なら、そのレスもわかるんだが

144 :名刺は切らしておりまして:2012/10/27(土) 21:39:30.00 ID:r13mZfDm
>>141
原文のロジックに対するツッコミとして
右から左の横書きは?って返してるのだけど、
何か勘違いしてませんか?

152 :名刺は切らしておりまして:2012/10/27(土) 21:42:45.22 ID:iDY/1wL/
>>144
何がツッコミかよくわからんわw
アラビア語を縦書きするとか逆に書くとか、それを日本語の縦横と比較する馬鹿がいるとは思わなかったからw

155 :名刺は切らしておりまして:2012/10/27(土) 21:46:57.51 ID:r13mZfDm
>>152
原文は横書きと題してるのに、右から左が
想定外なんだもの。
瞬間的にアホだとわかるよ。

163 :名刺は切らしておりまして:2012/10/27(土) 21:53:45.67 ID:iDY/1wL/
>>155
何が想定外だよw
かしこぶってロジックとか言いつつもったい付けるからそうなる。
最初からいいたいことはっきり言えばいいのに

実装の話は別にしてなんでここで右から左を語る必要があるんだよw?
アホじゃないなら、答えてよw!

172 :名刺は切らしておりまして:2012/10/27(土) 21:58:12.20 ID:r13mZfDm
>>163
まさにその表示系の実装で、どうにでもなる話だから。
意味わかる?

右から左はそうやって実装されてる。
意味わかる?

178 :名刺は切らしておりまして:2012/10/27(土) 22:03:38.51 ID:iDY/1wL/
>>172
どうにも並んだろ縦と横の違いわかってるか?漢数字、アラビア数字をどう換えるかとかカッコ濁点とかどうすんだよ
実装でどうにでもするとに作成者の意図が入らねえだろ
俺は縦横はお前が考えてる程浅くないと思うぞ

あと最初からそういえよ、無駄にレス喰うから

194 :名刺は切らしておりまして:2012/10/27(土) 22:16:07.50 ID:r13mZfDm
>>178
最初に >>45

> 文字コードと文字 エンコード、
> データストリームと表示の区別がつかない
> あほたれさんが記事をかいてるのかな。

データストリームと表示は別と書いてます。

> 漢数字、アラビア数字をどう換えるかとかカッコ濁点とかどうすんだよ
> 実装でどうにでもするとに作成者の意図が入らねえだろ

青空文庫の入力規約見ると、横書等幅表示の
エディタ環境と、膨大な過古の縦書き文書の
両方で注意して仕様決めてるのが分るよ。
そんな抽象論要らないw


469 :名刺は切らしておりまして:2012/10/28(日) 14:22:16.42 ID:EE67hviM
縦書きの方が圧倒的に読む速度が速い。
これは慣れの問題じゃなくて言語の特性の話。
それが分からんと言うやつは単に読む量が少ないだけ。

472 :名刺は切らしておりまして:2012/10/28(日) 14:25:55.25 ID:qO/o6txj
>>469
けっきょく「量=慣れ」じゃん?

476 :名刺は切らしておりまして:2012/10/28(日) 14:36:14.53 ID:EE67hviM
>>472
縦方向に視線が動くことを前提に文字が設計されているから
縦書きの方が認識しやすくできている。

qwertyと同じように慣れることは可能ではあるが、
どちらが速く読めるかと言えば縦。

479 :名刺は切らしておりまして:2012/10/28(日) 14:45:29.72 ID:qO/o6txj
>>476
ごめん、その説明に一切の論理性を感じないわ

539 :名刺は切らしておりまして:2012/10/28(日) 18:56:57.46 ID:1dh8w++p
日本語のどの作品もボタン一つで縦書き表示・横書き表示ってできないの?
電子書籍なんだからそういうことできてもいいんじゃね?


546 :名刺は切らしておりまして:2012/10/28(日) 19:20:13.57 ID:HF8zUOus
廃止論ではなく、
横組みの本(主に専門書)のことを軽視しているってこと。
専門書の扱いが小さいことはもっと議論されてもいい気がするけど。

この記事は縦組みの本を電子書籍にする時に横組みにしたらどうか、
という内容だよね。
そこで、日本語は縦組みとか横組みの日本語は読みにくいという話だったら
じゃあ横組みの本は無視か?アカンのか?となるのだって
そんなに無理はないと思うけど。

549 :名刺は切らしておりまして:2012/10/28(日) 19:24:27.20 ID:w0QkFfk/
>>546
>じゃあ横組みの本は無視か?アカンのか?となるのだって

趣旨がいまひとつわからんのだけど・・・。
電子書籍って横組みならば、ビューアが横組みにして表示するわけだが。

555 :名刺は切らしておりまして:2012/10/28(日) 19:30:46.42 ID:85aHpjDD
>>539
そう思う。
どっちでも好きなように読ませろと。

一部作家さんや編集に縦書に拘りある場合は禁止にすればいいし。

557 :名刺は切らしておりまして:2012/10/28(日) 19:33:05.48 ID:HF8zUOus
>>549
縦組みの本は縦組み、横組みの本は横組み。
それがいいと思っているよ。もともとそのように作られているから。
ただ表示サイズが変わる分、レイアウトは変更する必要があるかもしれない。

>>555
それやると不具合の可能性と作業量が増えてコストがかさむから
出版社はやりたくないだろうね。

562 :名刺は切らしておりまして:2012/10/28(日) 19:42:55.57 ID:w0QkFfk/
>>557って本当に、かさことかいうこのブロガーが降臨してるように思える。

電子書籍のことも、日本語組みの基本も、なにもかもムチャクチャに
理解して、意味不明な叩きかたしてるところがそっくりなんだけど。

564 :名刺は切らしておりまして:2012/10/28(日) 19:45:20.28 ID:HF8zUOus
>>562
すみませんがその人じゃないです。
ブログもやったことない。

582 :名刺は切らしておりまして:2012/10/28(日) 20:57:26.75 ID:d1Yu//tr
カタカナは日本語の表記法としては理想だとおもっているのだけどね。
見やすいし、かきやすいし、横書きとの親和性もたかい。

縦書きが読みやすいとおもっているのは漢字とひらがなをつかっているからだ。
日本語はそもそも文字を持たない言語だったわけで、日本語を漢字であらわす
必然性は存在しない。

588 :名刺は切らしておりまして:2012/10/28(日) 22:06:11.35 ID:Desq8gCC
>>582
カタカナは視認性が最悪である上に、印刷字体に馴染まない、という致命的欠点がある。
「ソ」と「ン」が最たるものだが、これは本来は払いで弁別してきたものだから、
一定の太さを持って大きく書く手書きの毛筆を前提とした文字で、
明朝体ですでに危うく、10ptを切るようなゴシック体との相性に至っては最悪だ。

もともと、カタカナは漢字読み下しの補助記号なので、
漢字仮名混じり文でも、漢字を多く使わないと使いものにならない。
ひらがなは、漢字をほとんど使わずに使われてきた文字だから、それなりの視認性はある。
しかし、日本語は膠着語で「単語の切れ目が曖昧」なので、分かち書きに向かない。
漢字仮名交じり文というのは、分かち書きの柔軟な代用で、日本語に関しては、大変に優秀な発明品だ。

612 :名刺は切らしておりまして:2012/10/28(日) 23:20:11.95 ID:PuZveOwo
こうやって何でも欧米基準に考えるバカたまにいるよな

615 :名刺は切らしておりまして:2012/10/28(日) 23:30:36.57 ID:mH/3TkOP
>>612
欧米基準というか
欧米を含む日本語圏外との情報交換を容易にするには
という基準で考えると横書きに利があるという説。
情報鎖国したいなら縦書き維持すべき。


616 :名刺は切らしておりまして:2012/10/28(日) 23:37:01.21 ID:Desq8gCC
>>615
日本語は、世界水準の自然科学分野の論文を執筆することが出来る言語だが、
世界各地の学者が、学問的議論に用いている言語ではない(使っているのは日本人だけ)

日本語は、世界水準の国際取引契約の契約書を執筆することが出来る言語だが、
民事司法分野で日本語を使っているのは、日本の司法府と日本の弁護士だけ。

そして、情報交換云々というのなら、世界には、右横書きの文字圏もあれば、左縦書きの文字圏もある。
別に左横書きにしたところで、情報交換がはかどるわけではない。

つまりだ、「ちゃんしえーちー」「ふーちんたお」と、中国人名を、漢字ではなく仮名文字で、
朝日新聞のように中途半端に「現地化」して書いても、
中国人との意思疎通にも、中国人以外の外国人との意思疎通にも、
全く何の訳にも立たないのと、本質的には同じことなんだ。

618 :名刺は切らしておりまして:2012/10/28(日) 23:43:44.40 ID:d1Yu//tr
カナモジ文は「分かち書き」をするから難しいか?
http://www1.ocn.ne.jp/~kanamozi/hikari950-0204.htm
なお、日本語は 膠着語で あるから ワカチガキは できない、などと いう ヒトも いますが、
それは まったくの アヤマリ です。 現に、点字は ワカチガキで かかれて いますし、日本
語と 文法が よく にて いる 韓国・朝鮮語の ハングル文も ワカチガキで かかれて います。
これらの 事実が このことを 十分に 証明して いるの です。

621 :名刺は切らしておりまして:2012/10/28(日) 23:50:56.48 ID:Desq8gCC
>>618
韓国の小中学生の作文の添削を、一度みてみ?
綴り字の間違いもさることながら、分かち書き法則の間違いで、
優等生の作文も含めて、例外なく見事に真っ赤に添削される。
小6でも、成績学年トップの児童が分かち書き壊滅状態で、これが全然治らないんだな。
つうか、国語(朝鮮語)の先生が、自分で出来ないものだから、
政府の正書法ガイドラインを首っ引きで添削というお笑い話w

あれは本当に「百聞は一見に如かず」だ。一度見てみろ。
日本語の統辞法は、この点に関しては朝鮮語と極めて似ているので、
分かち書きを義務化したら、ほぼ同じ状況が生まれることになることは確実だ。

627 :名刺は切らしておりまして:2012/10/29(月) 00:02:09.51 ID:mH/3TkOP
>>616
主に日本語で情報を得ている人が英語ニュースでHu Jintaoなる人物の名を見たとき
コキントウよりフージンタオで覚えていたほうが理解が早い。

629 :名刺は切らしておりまして:2012/10/29(月) 00:05:36.83 ID:CGhiu5ot
>>627
しかし中国・韓国発音そのままだと
ching chang chong扱いで「覚えにくい」ってのが定番の評価だしなあ。
それで香港人とかシンガポール人は英語名つけるのが慣習になっちゃってるし。
読みはともかく漢字は知っておけば区別はつけやすい。

633 :名刺は切らしておりまして:2012/10/29(月) 00:13:24.34 ID:ezi0A5QN
>>629
やり過ぎかもしれないけど
外国固有名詞は国によらず英語表記で統一するのが
一番余計な摩擦が少ないように思う。

636 :名刺は切らしておりまして:2012/10/29(月) 00:17:16.64 ID:7aQ1Ys6L
>>633
英語は、母音が訛りすぎという致命的弱点があるから、
英語の文脈内では勝手だけど、英語圏外の名詞を英語化するのには、
俺は絶対反対なんだよなあ。

「ペアゥロス」の「レス・チェァンプス・エッライズィー」って、どこの話か分かる?
ということになってしまう。

642 :名刺は切らしておりまして:2012/10/29(月) 00:26:06.40 ID:ezi0A5QN
>>636
カタカナ表記を捨ててアルファベット表記にすればいいとおもう

645 :名刺は切らしておりまして:2012/10/29(月) 00:41:41.82 ID:1vdusr3h
>>642
英語は表記と発音が大きくずれていて↓のごとく議論があり、
http://en.wikipedia.org/wiki/English_spelling_reform
英語での地名表記が基本的にむちゃくちゃなのは
英語圏の英語学者でも鉄板の自虐ネタなんだが。

煽りのレベルが低すぎるわ。
英語ネタで煽るやつは英語を知らず、
韓国語ネタで煽るやつは韓国語を知らず、
じゃ盛り上がりもしない

650 :名刺は切らしておりまして:2012/10/29(月) 00:54:30.82 ID:ezi0A5QN
>>645
もし英語以外に適切な標準記法があると言ってるのであればそれを示してください
そうでないなら反論になってない

654 :名刺は切らしておりまして:2012/10/29(月) 01:01:01.37 ID:7aQ1Ys6L
>>650
現地語の一般的な形(辞書形)を、近似するかな文字に変換する。
ただし、漢字圏の場合は漢字を優先する。
これだけ。
ただし、特殊な慣用例が5つだけある。
「イギリス」「ドイツ」「オランダ」「北京(ペキン)」「高雄(たかお)」
前4つは、江戸時代以前からの慣用読み、
最後の一つは、日本人が訓読みで「タカオ」を「高雄」とした名称が先行する珍しい例。

720 :名刺は切らしておりまして:2012/10/29(月) 11:24:28.27 ID:OIwOKI7J
再販制度が諸悪の根源みたいに言ってる奴がいるけど、正直日本の本って高いか?
米アマゾンを見てると、たしかに値引率はすごいが、値段自体はあんまり変わらんのだが
アメリカの紙本の定価とKindle版の販売価格の差は確かにすごいけど、アメリカの紙本って
定価がやたら高いのよね

728 :名刺は切らしておりまして:2012/10/29(月) 11:54:34.63 ID:dsEVlHc1
>>720 再販制度が諸悪の根源みたいに言ってる奴がいるけど、正直日本の本って高いか?

日本の本は高い。

前述のSteve Jobs 伝記 上下2巻で約4000円近く。
アメリカ19ドル(約1500円)ちょっとで全部読める。


村上春樹IQ84、
日本は文庫でも600円以上が6冊で約3600円。
アメリカ16ドル(約1200円)ちょっとで全部読める。


http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1351335346/l50/../人気ブログランキングへ