1 : ◆GinGaOoo.. @銀河φ ★:2012/10/12(金) 01:20:05.47 ID:???0
村上春樹氏また受賞逃す 中国の莫言氏がノーベル文学賞

 【ロンドン=内藤泰朗】

 スウェーデン王立科学アカデミーは11日、今年のノーベル文学賞を、現実と幻想の世界を融合させた独特の表現方法で
中国の農村生活を描きだした著作などで知られる中国の代表的作家、莫言氏(57)に授与すると発表した。
中国人のノーベル賞受賞は、2010年に民主活動家の劉暁波氏(国家政権転覆扇動罪で服役中)が平和賞を受賞して以来、2年ぶり。
有力候補とされていた村上春樹氏は今年も受賞を逃した。

 莫氏は1955年2月、中国山東省高密県生まれ。農村家庭に育ち、60年代半ばの文化大革命で小学校中退を余儀なくされた。
人民解放軍在籍中に著作活動を開始。中国当局の検閲を避けるため、暗示や比喩(ひゆ)、曲折表現を駆使して、
中国国内でタブーとされる敏感な内容を含んだ作品を発表してきた。

 代表作の「赤い高梁(コーリャン)」は張芸謀監督により映画化され、88年にベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞した。
2011年に発表した「蛙鳴」は、中国文学界で最も権威があるとされる茅盾文学賞を受賞している。

 中国系作家としては2000年に高行健氏がノーベル文学賞を受賞している。
しかし、中国政府に批判的だった高氏は1987年に弾圧を逃れてフランスへ移り、国籍を変更しており、
中国国内では「中国人作家」として認められていない。
中国で莫氏の受賞は、「中国人作家」による初受賞とたたえられている。

MSN産経ニュース 2012.10.11 20:06
http://sankei.jp.msn.com/life/news/121011/art12101120080002-n1.htm

「うれしいと同時に驚きも」=ノーベル文学賞の莫言氏
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012101100996

Nobelprize.org
http://www.nobelprize.org/
http://www.nobelprize.org/images/front_slideshow/yan_slide.jpg

前スレ ★1:2012/10/11(木) 20:08:36.34
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1349957978/

42 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 01:36:48.55 ID:plASFJUq0

◆小説
「後ろで大きな爆発音がした。俺は驚きながら振り返った。」
◆ケータイ小説 
 「ドカーン!びっくりして俺は振り返った。」
◆ラノベ
「背後から強烈な爆発音がしたので、俺はまためんどうなことになったなぁ、とか
そういや昼飯も食っていないなぁとか色々な思いを巡らせつつも振り返ることにしたのである」
◆山田悠介
「後ろで大きな爆発音の音がした。俺はびっくりして驚いた。振り返った。」
◆荒木飛呂彦
 「背後から『爆発』だアァァァッ!これを待っていたっ!振り返ると同時にッ!すかさず叩きこむ!」
◆司馬遼太郎 
 「(爆発--)であった。余談だが、日本に初めて兵器としての火薬がもたらされたのは元寇の頃である…」
◆村上龍
「後ろで爆発音がした、汚い猫が逃げる、乞食の老婆が嘔吐して吐瀉物が足にかかる、
 俺はその中のトマトを思い切り踏み潰し、振り返った。」
◆村上春樹
「家の周りの道を歩いていると、後ろから大きな爆発音が聞こえてきた。
僕はウォークマンから流れる『泥棒かささぎ』の序曲を口笛で吹いていた。道を歩きながら聴くにはまずうってつけの音楽だった。
爆発の音が聞こえたとき、無視しようかとも思った。散歩の歩調はリズムに乗り、クラウディオ・アバドは今まさにロンドン交響楽団を
その音楽的ピークに持ちあげようとしていたのだ。しかしやはり僕は足を止め、振り返ってそちらをみた。なにか言い知れない大きなものが、
漸進的に僕の方へと近づいてくるのを感じたからだ。」
◆京極夏彦
「凄まじい音とともに地面が揺れる。――爆発、ですか?私が問うと、彼は白湯とさして変わらぬ出涸らしをすすり、
――だから何だと言うのか。と答えた。りん、と、何処かで風鈴の音がした。」
◆池上彰
「じゃあ、そもそも爆発って何なんでしょう皆さん気になりますよね?
 そこで図を用意しました ちょっと後ろを見てください」
◆小学生
「大きな音がしました。とてもとても大きな音です。
 ぼくはびっくりして後ろを見ました。」

68 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 01:44:53.77 ID:j+SiSj300
村上春樹は、イスラエル「エルサレム賞」での
スピーチがネックになってんじゃない?
賞貰って、政治発言は嫌われるでしょ。

320 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 03:16:52.29 ID:plASFJUq0

◆小説
 「後ろで大きな爆発音がした。俺は驚きながら振り返った。」
◆村上春樹
「そのときボクはレモンソースでローストしたチキンのサンドウィッチを食べながら缶ビールを飲んでいた。
 読みかけのロマン・フォードの小説に手を掛けたときーその小説は真夏の午後ビールを飲みながら読むのに
 ピッタリの小説だった(大方のロマン・フォードがそうであるように)後ろで爆発の音がした。
 それは「爆発的な」でもなく「小爆発のような」でもない、いわゆる完全な爆発の音だった。
 僕は後ろを振り返った。 そこにいたのはカンガルー男だった。」
◆柳田國男
 遠野郷にてはあやしの音の聞こゆること珍しからず。ある男、茸を採るとて奥山に入りしに、
 背中よりどおんと言うけたたましき音聞こえ胸を轟かしたることあり。振り返り見ても何事もなし。 
 男は恐ろしくなりて急ぎ山を下りて遁げ帰りぬ。 天狗なめしのごときものならんか。
◆宮沢賢治
 グララアガア グララアガアという音にオツベルはガタガタと震えだす。
 振り返ると、五匹の象が一ぺんに、塀からどっと落ちて来た。
◆三島由紀夫
 突然、物の裂ける恐ろしい音がした。 そのとき、私は自分が石に化してしまったのを感じた。
 意志も欲望もすべてが石化した。 外界は、私の内面とは関わりなく、再び私の周りに確乎として
 存在していた。 世界がこんな美しかった瞬間は、二度とあるまいと思わずにはいられなかった。
 しかしそれが続いたのは、思ったほど永い時間ではなかった。 振り向くとおびただしい煙が、
 大そうあっけなく、私の前にその全容をあらわした。
◆ドストエフスキー
 そのとき、彼のうしろから爆発音がした。彼の顔は瞬時に真っ青になった。
 しばらくのあいだ立ちすくんでいたが、そんな自分を恥じるかのように
「――ちぇっ!爆発音なんかが、このおれに一体なんの関係があるというのだ」
 と独りごちながら、ゆっくりとうしろをふり返った。
◆青山繁晴
 「私たちの知らない間に、大規模な爆発がおきました。 そこで、僕があえて皆さんに言いたい事は、
 僕達一人一人が!危機意識をもって振り返らなければならないという事です!」

325 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 03:19:36.32 ID:jJ4ZetWT0
だって少女漫画の出来そこないみたいな吉本ばななとかさ
村上春樹とか龍とか山田詠美とかもだけど
ああいうのは教養のない商業高校卒の地方住みOLとかが
「ちょっとオシャレ~、こういうの読んでる私って」みたいなさあ
そういう感じなんだろ?


405 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 06:11:22.63 ID:b1BTmhoa0
「村上春樹」っていう雰囲気だけで嫌ってる奴が滅茶苦茶多そうだな。
このスレ。

412 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 06:20:39.19 ID:39lBN1/w0
>>405
読んでみたいという雰囲気にさせない人だよねw

413 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 06:21:49.81 ID:b1BTmhoa0
>>412
好奇心とか無いの?

421 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 06:29:20.58 ID:39lBN1/w0
>>413
本は好きなんだけど・・・
立ち読みしても、食指が動かない本ってあるよね。

439 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 06:48:03.93 ID:b1BTmhoa0
原発批判にイラつく人はなにが気に入らないの?将来的には原発
無くしたほうが良いじゃん。

498 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 07:45:59.16 ID:tA+IKYd8O
村上春樹の小説は凄く読みにくい。
読みにくいというより、強烈な嫌悪感に襲われる。
嫌悪感がなぜくるのかといえば、いわゆる苦労をのりきった自慢話を誇張されながらされている感じだ。
さらに気持ち悪いのは、正直さがまるでないところ。
小説は嘘で構わないが、真実にいかに近づけるかも焦点になる。
村上の小説にでてくる人間の全てが、裏の臭さの人間味をもたない美的主義で表現されて凄く気持ち悪い。
だから春樹の小説を読んでるやつや春樹が好きって公言する人は、
かなり気持ち悪いとしかいいようがない。
本当に気持ち悪い。頭おかしいだろ。
村上の小説を一文字も読んだことないけどなんとなくわかる。


504 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 07:51:50.20 ID:TTFbvFP20
>>498
村上の小説って、
とにかく、登場する女は全て何故か主人公の部屋に来て(どうして??)、
したいことを何でもしてくれる(なぜ??)設定、
で、何回でもセクロスし放題(すぐセクロスだよww)っていう・・・w
AV並みの陳腐さがすべての作品の共通項w

で、どんな人かって言うと・・・ ↓

http://img.news.goo.ne.jp/picture/kyodo/PN2012091101001332.-.-.CI0003.jpg?640x0

しかも、話すと関西弁だし、妙な早口、甲高い声・・・
(最近はヤケに低い声で話してカッコつけてるんだけどww)
鶴太郎そっくりで、歩いてると羽田孜w

凄い美人が何故かいつも主人公に方にわざわざやってきて、
みんな主人公に恋して好きにさせて・・・・
村上がいかに恋愛経験ないか丸まかりw

何もかも陳腐で、典型的団塊の世代。

599 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 10:06:34.27 ID:41laGprc0
凄みが違う。社会的背景も異なる。二つ並べたら誰でも莫言さんを撰ぶことだろう

602 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 10:16:12.22 ID:TTFbvFP20
>>599
なこたないよ、ドサクサ紛れにバカ言うもんじゃないよw
莫言の受賞だけは国営放送や人民日報でも絶賛中。

国営放送のアナウンサーもニコニコしながら「中国人の誇り」なんって言う程度のクズ作家ww


>「共産党の太鼓持ち」=ネットでは莫言氏批判も―中国

>ノーベル文学賞受賞が決まった中国の莫言氏に対して、
中国から米国に渡った反体制派作家の余傑氏がかつて
「莫氏は独立した作家ではなく、中国共産党の太鼓持ちだ」 ←
と批判したことなども書き込まれた

 村上は滑稽・陳腐だけど・・・・
 漠言は論外w

606 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 10:21:05.43 ID:qnlLy/ND0
>>602
小説の質は漠言の方が上だろ
反日だからとか中国人だからとかでなく
ちゃんと小説の中身で評価しろ

613 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 10:38:42.30 ID:TTFbvFP20
>>606
中身がないから、中国政府、共産党のお気に入りなんだろww
書く前に、ちったあ考えろよwww
国営放送のアナウンサーもニコニコしながら絶賛してる作家だぞw


>「共産党の太鼓持ち」=ネットでは莫言氏批判も―中国

>ノーベル文学賞受賞が決まった中国の莫言氏に対して、
中国から米国に渡った反体制派作家の余傑氏がかつて
「莫氏は独立した作家ではなく、中国共産党の太鼓持ちだ」 ←
と批判したことなども書き込まれた

658 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 12:23:34.21 ID:Lse0MXZj0
村上 春樹(むらかみ はるき)

1949年1月12日、京都市生まれ(63歳)。
1975年、26歳で早稲田大学第一文学部映画演劇科を卒業。
国分寺でジャズ喫茶「ピーター・キャット」を夫婦で経営。
1979年、30歳の時に『風の歌を聴け』で第22回群像新人文学賞を受賞し作家デビュー。
1985年、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』で第21回谷崎潤一郎賞受賞。
1987年、『ノルウェイの森』が上下430万部を売る大ベストセラーとなる。
・その他の代表作
『ダンス・ダンス・ダンス』(1988年)
『ねじまき鳥クロニクル』(1994年)
『海辺のカフカ』(2002年)
『1Q84』(2009年)

・作風と人物像
セクロス描写が非常に多い作家である。
日本のメディアには出演せず、海外マスメディアのインタビューには精力的に応じることで知られる。
毎日10kmのジョギングと水泳、スカッシュをこなす。


692 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 13:20:51.04 ID:5u2bOsU80
エ□になってから読んでないが、それで売れてると聞くと、納得と同時に失望
村上と読者に

694 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 13:30:49.40 ID:Gser1ryT0
ある作家がが好きな人って、2パターンいるんだよね
その作家「も」好きだけど他にも色々読む人と、その作家「しか」ほぼ読まないorその作家「しか」認めない人
村上春樹の場合、後者の数が圧倒的に多い
その証拠に、〇〇って春樹っぽいよね みたいなことを無責任に言う奴をしょっちゅう見る
もちろん、春樹の文体に特徴があるのかもしれないし、そこに憧れを持ったり影響を受けたりする作家もいるのかもしれない
でも、そういう感想は聞いてて不快感しかないし、信者乙としか思えない

695 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 13:31:48.02 ID:Px6sPBAj0
>>692
2chではノルウェイの森がエ□小説て事になってるみたいで、たしかにセクロス描写はあるから細かいことを言って否定してもしょうがないけど
その前の作品読んでた人がそれでエ□になったと思って読まなくなるとかありえないだろ

せめて2ch的に批判するな「ねじ巻き鳥クロニクル」のノモンハン事件の描写がおかしいとかで頼むわw


698 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 13:38:54.10 ID:Px6sPBAj0
>>694
勝手な思い込みだと思うけど
その割合が正しいとしてもそもそも読者の絶対数が多いから。沢山小説を読んでる人も読んでるってことを分ったら?
だいたいファンの質で作家の価値が決まるわけでも何でもあるまい
村上春樹しか認めない読者ってのが想像できないんだがいったいどこにそんな人がいるのかね

699 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 13:40:16.98 ID:5u2bOsU80
>>695
誤解を招いたが、たまたまノルウェイから読まなくなったんだ
その前は、なんか合わない(つまらん)と思いながら読んでた

702 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 13:46:16.66 ID:ArYfT3glO
夏目漱石、谷崎潤一郎、川端康成、大江健三郎、村上春樹、村上龍

文学に詳しい人。>をつけて下さい。

708 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 13:48:12.37 ID:Px6sPBAj0
>>699
じゃあそもそもエ□とか関係ないじゃん

だいたい批判してる人はどう言う現代作家をよしとしてるの?
せめてその基準を教えてよ
べつに読みたくないなら構わないが、読まない作家を批判してどうするの

713 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 13:51:45.16 ID:5u2bOsU80
昔のエッセイで、
どうして死(殺人)や性を書かないのかと質問されるが、
ほっといても人は死ぬしセクロスする、だから書かない(他に書くことがある)
というようなことを書いてたが、随分変わったな
龍との対談?がきっかけとかいうのも聞いたが

720 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 14:00:02.47 ID:5u2bOsU80
>>708
>>713に書いた経緯があるから、エ□(含み)で売れてる、と聞くと、なんかガッカリ

それと、ここの批判はスルーするべきのが大半だから、真剣にとらえないほうがいいよ

790 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 16:42:39.84 ID:EbwN/tQJ0
明らかに尖閣問題が影響してるね。
世界では日本が中国を挑発した悪者ってことになってるよ。
ネトウヨはどう弁解するのかな? どうせ逃げるんだろうけど。

795 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 16:46:32.37 ID:TTFbvFP20
>>790
なってるわけないだろうがww

じゃ、南沙諸島ではフィリピンが、西紗諸島ではベトナムが、チベットではチベット人が
世界では悪者になってるんか??wwww

韓国と中国以外では、中国は元から永遠に極悪だよ。

799 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 16:52:17.51 ID:EbwN/tQJ0
【国際】尖閣問題で、海外メディアは日本に対して予想以上に厳しい 海外に情報発信しないので、一方的に悪役にされている★2
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1349358926/


ああ、日本は世界の嫌われ者だ。。。orz

808 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 16:56:55.58 ID:k2OQA4P70
>>799
そのソース華僑の話ばっかやん
世界も狭くなったもんだのぅ


842 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 17:53:09.17 ID:JD1IE73g0
春樹は純文学と言うよりはファンタジー系ラノベに近いからな。
透明感はヘッセやディケンズとは程遠いし主張が無いところはまさにラノベ。

844 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 17:57:20.43 ID:GpJ1uAbO0
>>842
大江健三郎は反吐が出るくらい嫌いだけど、時代性と思想性は若干持ってる。
コイツは単なる表現の巧みなテクニシャンだろうな。文体が上手いとは全く認知できんけど。

846 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 17:59:50.76 ID:Z2hwHA0S0
>>842-843
莫言の作品読んだことないだろw


853 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 18:14:19.33 ID:JD1IE73g0
>>844
一概には言えないけど、無宗教国家だから生死観等の哲学性もファッション程度のモノばかりだ罠。
他の分野と同様技術に長けた日本人は思想性の薄いエンタメ分野が強い。
純文学をファッションとして装い、エンタメとして技術を磨いた結果が春樹の文学。
思想も体系的に洗練されたモノの先を行く事は無理で、既存路線か刹那的なもんばかり。
翻訳家が片手間に小説家してますってな位置なんだろうな。

>>846
獏言について言及した覚えは無いけどアンカミス?
政治的背景が考慮されてるであろう獏言と違って、日本は平和だしなぁ。

859 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 18:18:20.48 ID:Z2hwHA0S0
>>853
莫言の作風調べてみろよ

864 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 18:27:43.87 ID:JD1IE73g0
>>859
なんで読んだ事無い読みたくも無い獏言の作風調べさせたいの?
言いたい事があるならサッサと言っておくれよwwメンドイ。

獏言の作風が良くても酷くても、割とどうでもいいとしか・・・。

866 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 18:29:31.54 ID:OL1NMQ9Z0
莫言っておっぱい揉んだりとかあったっけ?

870 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 18:39:23.55 ID:Z2hwHA0S0
>>864 >>866
「豊乳肥臀」
おっぱいに異常な執着心を持つ男と8人の姉と母の話
露骨な性的描写のため一時発禁処分

871 :名無しさん@恐縮です:2012/10/12(金) 18:42:19.91 ID:keJH4vlh0
>>844
大江は若い頃のしか読んだことが無いけど
サルトルかぶれでした><

村上春樹は文学理論を、実験的に小説化したみたいな…


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1349972405/l50/../人気ブログランキングへ