1 :わいせつ部隊所属φ ★:2012/10/09(火) 13:34:39.97 ID:???0
京大・山中教授「iPS細胞」でノーベル医学生理学賞

 会見では国への感謝を口にしたが、決して研究資金が潤沢だったわけではない。
iPS細胞そのものが対象ではないが、09年には、科学技術関連事業の予算が「事業仕分け」され、
削減や見直しが相次いだ。その際、山中教授は批判と不安の気持ちを述べている。
今年3月には、研究資金の“カンパ”を訴え、アピールするため、京都マラソンに自ら出場した。

 現在も年10回ほど渡航し、資金面など環境が整っている米国で研究している。
この日、会見場では野田首相から祝福の電話が入り、教授は
「国を挙げて支援していただいたおかげです」と答えていたが、胸のうちには複雑な思いがあったのかもしれない。
(抜粋)

(2012年10月9日06時05分 スポーツ報知)

ソース
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20121008-OHT1T00277.htm

動画 【ノーベル賞受賞】山中教授 事業仕分けを批判【2009年】

「10年前、どの仕事が今日の特許につながるか予想するのは不可能。
たくさんの仕事、研究者を支援してはじめていくつかが成果出る。
どれが成果でるか誰にもわからない。それが科学。
日本の研究者はアメリカから比べると10年20年遅れた環境で研究している。
それをさらに研究費下げる、そういう事態は想像を絶する。深く憂慮している。」
「日本が科学の後進国になり―若い研究者から希望を奪うことにならないよう祈っている。」

2009年 京大・山中教授「希望奪わないで」事業仕分けの科学予算削減で
http://ameblo.jp/regenerative-kyoto/entry-10396891838.html
日本の未来が危ない!山中教授も憂う“事業仕分け”:辛坊治郎のこれでいいんかい!?:コラム:スポーツ報知大阪版
http://hochi.yomiuri.co.jp/osaka/column/shinbou/news/20120605-OHO1T00109.htm?from=related
蓮舫 「世界一になる理由は何があるのか」
http://kokohendarou.up.d.seesaa.net/kokohendarou/image/12582786910006.jpg

5 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 13:36:07.23 ID:YoqN69+r0
事業仕分け…本当に下品なショーだった

63 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 13:46:27.66 ID:Wn3ZJPjPO
減らした予算で実現したんならレンホーが正しい
減らした分が余剰だった証明

302 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 14:26:38.73 ID:UnA9o9VS0
あの事業仕分けのLIVE中継でマスコミはR4を正義の味方にして公官庁の役人や研究機関の代表者を
悪者扱いに映るようにしてた。アレは許せん。あれほど酷い印象操作は観たことが無い。

318 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 14:29:23.29 ID:YEw0Eu1P0
>>302
マスコミは「2位じゃだめなんですか」を繰り返し取り上げてレンホー叩いてただろ
結果、予算復活、
出来上がったのはIBMの3倍以上もコストがかかり、2/3の性能で、面積もやたら取るポンコツだった。
しかも根幹技術は採算が合わないから海外転出。
レンホー叩いた結果技術と金が中国に流れたよ。

388 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 14:40:07.63 ID:FOb7mYLBP
研究はすぐに成果がでる代物ではないし失敗に終わることだってある
山中教授だって失敗の連続で辛い日々だったと言っていた
でも結果が出て世界に認められた
大事なのはそういう優秀な人材を大事に育てることができる環境が整っているかどうかだ
善い研究者もいれば悪い研究者もいる
そういう研究者の質を見分け適切に支援できる制度があればいいのに

402 :ぴーす ◆u0zbHIV8zs :2012/10/09(火) 14:41:30.04 ID:5Q0mHJnqO
西田の「はやぶさの予算削減はよかったのか」
から終始逃げ続けた蓮舫であった

409 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 14:42:09.85 ID:GiaA/H7P0
>>318
それは結果論だろ
歳出を抑える努力と成果を出すための経費のせめぎ合いってのは健全な財政のためには必要
事業仕分けの問題点はパフォーマンスに走りすぎた上、反発を受けてすぐ撤回したこと

やるならきちんと精査する
やらないなら最初からやらない
これは徹底すべきだった

436 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 14:46:50.62 ID:YEw0Eu1P0
>>402
ハヤブサって、帰ってきただけで功績みたいにいわれるけど
帰ってきただけだよね?結局なにも持って帰ってこなかったし。

>>409
まぁ人気取りのためのパフォーマンスだろうが、
ただ、あの時点でカタログスペックでIBMに大差つけられてたのに
1位を取る事を目的とした研究通すのは無理難題。
IBMのトラブルで一時的にもベンチマークで1位取れたが、
実稼働はIBMのスパコンのが先だしな。
1位を取れなかった以上、あの答弁にならうならスパコン京の全てが無駄になった。
まだ2位でも独走的な物を目指した方がマシだった。

453 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 14:49:04.40 ID:Ocnvkcxj0
>>388
さらに重要なのはそういう失敗にも意味があることを
理解できるということだ。理系では当たり前のことを
理解できない人が非常に多い。

これだけ理系音痴の多い国で科学が最先端にあるのは
人類史上の7不思議の一つと言っても言いくらいだろう。
通常は科学に対して関心が強い国が科学教育にも熱心だ。
一般には理系教育は大したことないと言われている米国ですら、
一般人の科学への興味は平均的な日本国民より高いと
調査結果がある。理系と文系に分けて、文系に無理やり
「記憶力を使って詰め込む」という教育をしてしまったのが
原因ではないだろうか?

米国と日本とでこれだけ科学に対する意識で差が出るのは
教育にも問題がある。

458 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 14:49:33.39 ID:0IBrWhaw0
>>436
持って帰ったし,かえってきただけで十分な功績なんですよw
バカは楽しそうで良いねw



491 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 14:54:06.33 ID:zl1u/7FjP
>>453
つーか、これだけ文系軽視で理系に予算多いのに
理系が衰退しているとか絶対おかしいだろw

495 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 14:54:36.30 ID:YEw0Eu1P0
>>458
故障したけど奇跡的に、とか、科学者が奇跡なんて言葉つかっちゃダメでしょ。
あと帰還時のカプセルの中は埃しかなかった。
業績の話は「いって帰ってきた」だけで、
その埃が一体なんの役に立つんだ?
レアメタルの1個でも持ってくりゃ話は違ったんだろうが。

553 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 15:02:30.84 ID:ZRC2y5j20
>>491
そりゃ文系とは研究費が違って当たり前だよ。最先端の研究するために
機械とか設備投資だけでも何千万何億もかかるからね
ただそれが分かんない役人政治家は「こんな無駄なものに何千万もかけるな!」
って予算削減してるから問題なの
日本はヒューマンキャピタルしか資源が無いんだから

561 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 15:03:24.32 ID:SOP5HV+60
ただ、この人の研究は、誰が見ても金の卵を産む鶏だったわけで
絞め殺せば損をするのは、畑違いでも分かったが

タレント風情じゃ分からんよな。

574 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 15:05:00.53 ID:b7zElzMD0
>>553
でも政治、外交、経済見てると
文系に分類される仕事の人たちにもうちょっとしっかりして欲しいよ
それは予算も多少あるにせよ
もっと違う部分を改善すべきなんだと思うけど

580 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 15:06:27.60 ID:Ocnvkcxj0
>>561
こういう実利も狙える研究者が敢えて「一見価値のないように思われる研究にも
投資する価値がある」と主張するのは意義が大きい。
研究って無駄遣いだから~という言い訳が通用しなくなるからね。

584 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 15:06:57.94 ID:zl1u/7FjP
>>553
別にそんなことは当然知っているよw
問題なのは、にもかかわらず、国がそこまで理系重視を打ち出しているのに
この様なのが失笑物なんだよw

俺が修士の頃、文系は学科全体で大学から3万くらい、教授でも10万だが
友人の理系の修士は3000万だったからなw
それはもちろん事情の違いがあるから、当然だよ。逆なら俺でもありえんと思う

それなのに、某東大の宇宙関係の教授は億で一桁民主に減らされている。だからあいつら研究について何も解っていないと思うのよw

589 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 15:07:58.41 ID:nPEgiwRc0
ちなみにこの手の予算
米国900億、日本130億らしいね


591 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 15:08:20.10 ID:aOGX3kbQ0
>>580
価値のある、価値のないなんて今の段階じゃわからんからな化学の世界じゃ特に

592 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 15:08:31.97 ID:j3u7q66F0
>>495
行って帰ってきたこと自体が最大の成果
イトカワに接したことが第2の成果
チリではあるがイトカワから物質を持ってきたことが第3の成果
国民を感動させたのが第4の成果
チョンに無力感を与えたのが第5の成果
以降省略

617 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 15:11:56.11 ID:YEw0Eu1P0
>>592
マスゴミのダシにされてるだけじゃねーか
チリが癌の特効薬にでもなるんなら評価するがな
目先の利益を求めるのは馬鹿だが
目に見えない利益を求めるのも馬鹿だよ
ましてや俺らの血税で

622 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 15:13:41.58 ID:3GFMRsMY0
スパコン京で何計算してるか知ってっか?
何億もかけてコンピュータの中で氷作って水の解析してんだよ

無駄だろ

625 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 15:14:32.57 ID:VnUGFAD00
>>622
何がどう無駄なのか説明してくれ。

626 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 15:14:40.56 ID:RFYyz72t0
>>591
基礎研究続けて、他の分野で研究が進んだ時に初めて役に立つとかもあるしね
それでも研究しなきゃ、それこそオリジナルを全く作れずに他国から輸入しなければならない、なんて状況にもなるからね

>>617
今の技術って、昔の人が血税払って研究を支えたからあるんだよ?
特に材料方面
目に見えない利益を、あえて見ないようにしちゃいけないよ

634 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 15:16:08.30 ID:inG49Yrj0
>>625
水の解析に何の役に立つのか
氷ができる過程とか計算して何の意味になる

636 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 15:16:16.97 ID:ZRC2y5j20
>>574
政治経済外交が弱いのは日本特有の村社会だからだろうね
あの辺は全部東大OBとか派閥で出来てるから、自分達に
都合の悪い政策は取らないジャン。だからますます庶民の生活は
苦しくなってるわけで・・・

>>584
それはどうもすみませんw理系軽視は一般人が「物理や数学なんか
勉強しても人生に役に立たない」って信じてるからじゃないのかな
日本では広く浅く好かれる人が頭がいいって思われてるからね
だから馬鹿な政治家も「感じがいい」ってだけで当選しちゃうしw

637 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 15:16:34.04 ID:YEw0Eu1P0
>>626
イトカワの物質が何か特別な用途に利用できて
かつ大量に入手する方法があるのか?
足が地面についてないんだよ。夢は自分の金で見ろ。

669 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 15:22:17.14 ID:062hA62s0
でも今年は、ベネチア映画祭で韓国人が金獅子賞を受賞してたじゃん。
韓国人がノーベル賞を受賞するのも、そう遠くないと思うぞ。 俺は。


686 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 15:25:21.31 ID:UQeMU9zK0
そういやレンホウは何処行ったんだろう

695 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 15:28:00.00 ID:tEE3re/q0
>>686
民主は人材が豊富だからな
レンホウなんてもう必要がない、ミスター年金ももうあまり見かけんしな

710 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 15:32:36.62 ID:l9MJp7ki0
>>5
あの時は2chでも事業仕分けを持ち上げる声が圧倒的だったよ。

754 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 15:41:48.01 ID:fVtkGEd+0
こういう先端技術の開発は喜ばしいことだけどマクロ経済や雇用の改善には
ほとんど結び付かないと思うよ
ごく一部の権利者だけが潤うだけ

767 :かくさん:2012/10/09(火) 15:45:02.70 ID:gK0mHWwD0
●でたらめな売国ペテン民主の仕分け

【民主党】事業仕分け第2弾 48法人152事業が対象 鳩山内閣の科学技術軽視が鮮明に
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1271527573/l50

【調査】 "事業仕分けの成果" 東大の理系学生、8割が「研究者になるのを諦めるか、海外で研究する」…研究者育成資金縮減★3
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1260899772/l50

【論説】 「民主党の常識=世界の非常識」「科学縮小…日本の国力低下で喜ぶ周辺国。韓国『日本、謎の自殺行為』と」…TBS報じる★2
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1259187517/l50

【事業仕分け】 「長期的展望を論ずることなく、事業の仕分けを行うべきではない」 理工学や薬学など自然科学系26学会が異議★2
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1272505905/l50


●狡猾に票田の反日日教組だけは便宜をはらって、狡猾に削減を回避させた 売国ペテン師民主

【政治】 民主党の「仕分け人」、宇田のが誘導、教員給与削減の議論を回避
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1259165045/

【政治】事業仕分け初の満額“児童劇巡回事業” 「子どもたちに夢と希望を与える事業は大切にすべき」と異例の政治的判断★2
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1258423727/

788 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 15:50:09.44 ID:X3ZnrDef0
>>710
あの頃は、ここも民主儲だらけで、仕訳の成果を勝ち誇ってたねぇ…( ´ー`)y―┛~
あれ賞賛してた連中どこに行っちゃったのかしら…
【政治】 "日本の科学研究、ボロボロに" iPS細胞など軒並み「予算削減」「廃止」
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1258181501/l50

793 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 15:50:31.82 ID:HrNRWapm0
>>767
>負担金圧縮を狙った財務省の思惑は外れた格好だ。
>文科省幹部は「財務省の敷いたレールに乗らなかった仕分け人の良心
ちゃんと、書いてあるじゃん。
事業仕分けの主体は財務省。
民主党は乗っかった(教員の給与など乗らなかった分野もある)ってだけ。

802 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 15:53:34.27 ID:JHOFmNk/0
そういえば蓮舫とかいうクズ、最近見ないな
アホみたいな素人判断で専門分野の仕事を弄んでたら
因果応報で自分が仕分けされたって落ちか

821 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 15:59:44.22 ID:vqFxptVq0
別にこの人の研究は仕分けられてないんだろ?
というか元々大して予算が割かれてなかったわけで、批判するならそこ批判しろよ
使えないスパコンの金をこの人に回したほうがずっと役に立つだろ

829 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 16:01:37.85 ID:Pyo/0+UF0
>>788
ここにいるぞ。
民主党が予算を削ったのは大きな成果だし、それは変わらない。

もし民主党の実績を否定したいなら、民主党が予算が削ったために研究が遅れたことと、
その研究が遅れたためにどのような国益が失われたのかを示すべきだ。

それができないなら、山中の研究費は50億で充分だったということだし、
50億まで予算を削ったのは合理的な行動だったことになる。

841 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 16:04:56.66 ID:tdLcB3s40
>>829
削った予算はどうなったんだよ
クリアになるはずの官房機密費はどうなったんだよ
子ども手当どうなったんだよ
高速道路無料化どこいったんだよ
ガソリン値下げはどうしたんだよ

守った国民との契約(笑)教えろよ

867 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 16:12:56.58 ID:X3ZnrDef0
>>841
満額じゃないけどw、子供手当の予算になったと…

878 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 16:16:04.24 ID:zl1u/7FjP
まー、民主政権の成果は政権交代をしたと言うこと以外には
ほとんど失敗しつつあるが、教育にもう少し予算を割こうとした姿勢ではある
高校無償化については割と支持しているんだけどな

あとは、現状じゃ二大政党制は無理だと言うことかなw
帝国議会じゃ西園寺公の力があったとはいえ、出来ていた時期あるのにねw

892 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 16:19:51.81 ID:Pyo/0+UF0
>>867
個々の科学技術がどうのこのうという話より、少子化と若年層の貧困化は遥かに重大な問題だ。

子供が少なくなったり、子供が生まれても充分な教育を受けられくなったりすれば、
日本中のありとあらゆる分野が後継者を失うことになる。
科学技術だって同じだ。

きちんと子供を産める環境が整っていて、その子供たちが充分な教育を受けられるようにして、
百万人、二百万人という子供達をきちんと育てて初めて、そのなかから一握りの研究者が生まれてくる。
そういうものだ。

子供は未来への可能性だ。
他の何を切り捨てようと、子供を切り捨てることだけは在り得ない。

子供を切り捨てることは、日本の将来を切り捨てることと同義だ。

898 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 16:22:00.61 ID:SafRZtqUO
>>878
その政権交代が失敗だってのにw
交代した事を成果として挙げるのはいかがなものか

917 :名無しさん@13周年:2012/10/09(火) 16:27:51.82 ID:zl1u/7FjP
>>898
いや、まぁその通りなんだけどw
一党に政権が集中し続けることは一般論としてはよくないわけよw

日本の場合、自民の対抗勢力がアレ過ぎて、民主でやっとのレベルだから
で、いざ民主にしたらこの様だしなw

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。


http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1349757279/l50/../人気ブログランキングへ