1 :本当にあった怖い名無し:2012/02/19(日) 22:44:52.93 ID:TxXUcHPC0
洒落怖レベルじゃないがほんのりじゃ物足りない
そういう話を集めてみるという、洒落怖の姉妹スレです

・ほんのり以上、洒落怖未満(並か以上でもかまいませんが)の怖い話
・ジャンルや、事実の有無は問いません。
・創作も歓迎です(創作と宣言すると興ざめてしまう方もいますのでご注意ください)

【重要ルール】
 ・他の人が書き終えるまで投稿は待ちましょう。
 ・長文を投稿する時はメモ帳等で全部書き終えてから一気に投稿しましょう。
 ・煽り・荒らしは徹底放置・完全無視が基本姿勢。反応するあなたも煽り・荒らしです。過剰な自治も荒らしです。
 ・コピペの際には転載元を提示。2ch以外からの(ピヨピヨ)からは許可を取ること。
 ・文での感想はOK。点数形式での採点はNG。ただし叩き、煽りと感想は違います。日頃気をつける程度に、言葉には気を遣いましょう。
 ・次スレは950レスを超えてから立ててください。

洒落怖
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1328889995/

ほんのり
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1328175788/



5 :本当にあった怖い名無し:2012/02/19(日) 23:21:45.02 ID:bQI+oXp/0
このスレはアフィサイトへそのまま転載しますので、ルールがどうとか余計な事は書き込まないで下さい


376 :本当にあった怖い名無し:2012/05/24(木) 21:47:18.76 ID:c4AVIHjyO
ちょい長いけど
俺が小学生の頃の話。

俺、両親、姉、祖父母、叔母×2で住んでた。

木造2階建ての借家。

俺の部屋はねーちゃんと2人で2階。
その隣の部屋には両親。
下の階には居間と仏間、台所と部屋1つ。その部屋と短い廊下で繋がった『離れ』があった。

部屋には叔母×2、離れには祖父母。

その家には小学校1年生の頃に引っ越した。

引っ越してすぐ驚いた。
家中お札だらけ。
この歳になって引っ越す前に家を見学してなかったのかという疑問はあるがその当時はそんなこと考えずにただ「気持ち悪いなぁ」と思っていた。

じーちゃんが「何かこれ。気色の悪か」って言ってお札を全部剥がして回った。

いや、じーちゃんが前住んどった家も真裏墓地で周り街灯なくて外にボットン便所ってゆーなかなか気色悪い家やったやんww



400 :本当にあった怖い名無し:2012/05/27(日) 15:04:10.90 ID:Yc3mJAmj0
非常にどうでもいい話だが、このスレ実はpart2だったようだ

なんでもいいから怖い話を集めてみない?
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1214457603/

426 :本当にあった怖い名無し:2012/05/31(木) 15:01:34.13 ID:VsfkLLxo0
そっちの話も投稿してよ。気になる。

531 :本当にあった怖い名無し:2012/06/13(水) 23:48:49.65 ID:G77x0ayG0
ゴメス

http://www.youtube.com/watch?v=7prEbLsc_r4

これでどうだろうか?

532 :本当にあった怖い名無し:2012/06/14(木) 01:36:13.98 ID:+pYfV1ggO
>>531 ヒドス・・・

533 :本当にあった怖い名無し:2012/06/14(木) 01:45:06.21 ID:NJHDzUrV0
>>532
えと、何が・・・?

534 :本当にあった怖い名無し:2012/06/14(木) 02:19:03.05 ID:+pYfV1ggO
>>533 貼り直してくれた方も、携帯じゃ観られない仕様になってんだ・・・

589 :本当にあった怖い名無し:2012/06/27(水) 17:19:19.77 ID:4fTzMiRH0
私がまだまだ新米看護師だった頃。
夜中の巡回中にトイレから変な音がするから覗きに行った。
サクサク
サクサク
何かにかぶりついてるような音がする。
当時の病棟は内分泌内科だったから糖尿で食事制限をしている人がたくさんいて、
こっそりおやつ食べちゃうような患者さんも少なくなかった。
だからその時もてっきり患者さんが隠れて果物でも食べてるのかと思って見てみたら、
小便用の便器の前で、患者さんが自分の腹に果物ナイフをサクサク突き刺してた。
死にたかったらしい。


別に怖くないか。


615 :本当にあった怖い名無し:2012/07/03(火) 14:37:54.38 ID:CjO3ngwm0
私はあるビジネスホテルで客室清掃のバイトをしているのですが、
先日掃除した部屋がとても怖かった。

その部屋はファミリーダブルというダブルベッドよりも幅が広い
3人で寝ることができるベッドがある部屋で、名前のとおり家族向けの
部屋なのですが、その部屋の客は数日前から連泊しているようで荷物が
置いてあった(連泊の荷物類は触らないよう指導されている)。
シーツ替えや掃除機かけをしているときにふと気づいたのだが
部屋のすべての鏡が新聞紙でふさがれている。
ドレッサー、姿見など。
もしかして…とユニットバスに入ってみると洗面所の鏡まで。
しかも新聞の記事に載っている誰かの顔写真にはさらに別の紙で見えないように
ふさがれている。
あまりにも病的で気持ち悪くさっさと掃除を終わらせ、先輩に
「○○号室の部屋の鏡が全部ふさがれていて気持ち悪かった」と報告したら
「私あの部屋の客見たことあるけど、男2人女1人だった。家族ではないようだった。
宗教的なかんじがした」と言っていた。
家族ではない男女3人が一つのベッドで寝るのも変だが、鏡を見てはならない宗教なんて
あるのか?

文字にしてみるとそんなに怖い話ではないですね。
一人でその部屋を掃除しているとあまりにも気味が悪かったので。

645 :本当にあった怖い名無し:2012/07/10(火) 01:55:47.48 ID:Dn1ZccuP0
3年ほど前の春先の話。

どこかに出掛けて、19時過ぎに帰宅。
車庫のシャッターを開けるため、車から出ようとすると、出掛けに閉めたはずのシャッターが開いている。
うちの車庫は二階を物置にしているから、自分の留守中に家族が開けて閉め忘れたんだろうなと思い、特に気にも留めなかった。

バックで車庫入れを始めると、薄暗い車庫の中に人影がある。
ん?誰だ?と思いながらも、オーライオーライとジェスチャーするのでそれに従った。

自分ちだから慣れてるわけで、車は一発で入った。
するとその人物「オッケー!うまいねっ」と拍手してる。
まだ車内にいる自分にも聞こえるような大声で。
ここで気付く。こいつ、家族の誰かじゃない。
父か弟だと思ってたけど明らかに声が違う。

恐怖心が湧き上がってきて車から出られずにいると、そいつは運転席の横にきて、
ものすごいイイ笑顔で親指を立て「グーッド!」と言った。
何の変哲も無い普通のおじさんだったけど、全然しらない人だった。
彼はアハハと大声で笑いながら去って行った。

未だに何者だったのかわからない。

667 :めめ:2012/07/12(木) 17:34:20.63 ID:BFCwAToSO
時間的にはあまり長くなかったと思います。ただ私達にはすごく長く感じました。
おじいちゃんがガラスを開けたと同時に、浴衣姿の老人は煙のようにきえました。
あとはおじいちゃんが、塩をまいていた記憶があります。

駄文すいませんでした。

670 :本当にあった怖い名無し:2012/07/12(木) 19:07:16.67 ID:Y0XYmrTG0
>>667
基本的に彼らは扉とか開けたりはできないから、目撃しても何事もなく扉や窓を閉めるといいよ

672 :めめ:2012/07/12(木) 22:52:37.26 ID:BFCwAToSO
>>670
レス、ありがとうございます。
今でも時々、あのかすりの浴衣のシーンが、夢にでてきます。
子どもながらに怖かったです。
他にもあまり怖い話じゃないけど経験あるんで良ければまた、投稿させてください。
読んでもらってありがとうございました

685 :本当にあった怖い名無し:2012/07/17(火) 20:03:50.90 ID:SF2NpL1pI
同級生で柔道部仲間だった友人なんだけど、
そいつ警察官やってて、仕事関係の怖い話。

高卒からすぐ警官になったそいつは幸か不幸かすごい上司に気に入られていて
何かにつけては現場に駆り出されたそうで、その日も非番なのに
深夜に携帯がなった。

線路の飛び込みがあり即死、死体の欠損がひどくて
踏切そばの川に部位が落ちてる可能性があるから、
川をさらえとの事だった。

春先の水もまだ冷たい時期、最悪だわマジで...と思いながら
現場へ飛ばしてついた時は深夜の3:30くらいだった。

既に到着してる先輩方は案の定くわえタバコで駄弁っていて
川の中へは誰も入っていなかった。

医者が来て死亡確認する迄にみつけてねーとか言われて
友人は探し始めた。

687 :本当にあった怖い名無し:2012/07/17(火) 20:25:22.49 ID:SF2NpL1pI
すると、医者がいない。
向こうと合流したのか?と思い部位を持っていくと
医者はまだついてないとの事。

彼は「もしや」と思い、死体の持ち物から免許を見せてもらった。
暗くてよく見えなかったが、眼鏡をかけた男だった。
「似てるわ....」

医者は明るくなってからようやく来たが、
その後、家族などと連絡を取り調べて行くうちに
自殺者が薬品販売の営業マンと言う事が分かった。

開発畑から営業に回され、
厳しいノルマでノイローゼ気味だったらしい。
遺族にこの体験を話すと、
「白衣のの
方が良かったなー」と口癖の様に言っていたそうだ。

医者と見間違えた白衣の男は
白衣をきていたかった自殺者だったのかもなぁ
と友人は言った。

「事故物件とかの現場はよく有るんだわ、でもねえ
本当に身の毛もよだつ様なのは、生きてる人間の方がよく起こすよ」

その話はまたの機会に。


694 :本当にあった怖い名無し:2012/07/18(水) 09:09:04.92 ID:48CGH9xG0
>>687
>本当に身の毛もよだつ様なのは、生きてる人間の方がよく起こすよ」
>その話はまたの機会に。

最後のこの文はいらん ドヤ顔のド定番過ぎる落ちは萎える スパっと終えた方がいい

695 :本当にあった怖い名無し:2012/07/18(水) 10:29:55.12 ID:rl5ASrGqO
そんな姑の重箱の隅つつきみたいな批判の方が何倍もいらない

696 :本当にあった怖い名無し:2012/07/18(水) 11:00:05.18 ID:48CGH9xG0
>>695
抽象的な批判の批判はもっといらんわな
具体的な反論ならいくらでも受け付けるが

734 :井上明菜:2012/07/29(日) 23:51:57.71 ID:Tl32U6hE0
友達を自殺に追い込んだ多重人格の女悪魔「明菜」
私生活では「井上明菜」もしくは「松井明菜」と名乗り相手や場所によって苗字が変わる 本名は不明
大阪の料理学校の講師の父に勘当され大阪から関東へ家出し以降男にまとわり付き金をたかる
3歳のときに両親の離婚のショックが原因で解離性同一性障害(多重人格)となり、
そのせいなのか付き合った男のほとんどが精神崩壊やひどい鬱にかかる
突然凶暴な本性を出し生きるためなら平気で股を開く
[この女が作成したサイト一覧]
秋葉原で「のの」という名でツアーメイドしてたらしい
・ここベジ「のの」のブログ(現在は「柚葉」と改名
・http://ameblo.jp/nononommi/
顔写真(2枚UPされてるが顔全体は下の方の画像)
http://ameblo.jp/nononommi/entry-10387512554.html
・モバゲー「明菜」のページ (こちらの掲示板に詳細情報あり!)
・http://www.mbga.jp/_u?u=32415770
・ハンゲーム「サくラん」のマイページ
・http://mypage.hangame.co.jp/profile/index.nhn?mid=サくラん
この女に友達の遺骨を食べさせるまで終われません

750 :1:2012/08/08(水) 03:05:33.32 ID:HwYxjIUL0
当時嫁と3歳の娘が居て幸せな家庭だった俺の話
収入こそたいして多くはなかったけど幸せな家庭を築いていた

ただ、8年勤しんだ仕事は賃金が下がり上司や同僚もリストラにあい
個々人の仕事量事態は増え、私は心身ともに疲弊の一途を辿っていた

最近夜遅いのね身体は大丈夫?と嫁に心配され
食事もろくにとれず体重も10kg減りかなり苦しい状態だった

最愛の家族を養う為にも働かなければと日々頑張っていたのだが
一度職場に向かう途中で倒れ、気が付くと病院のベッドの上で点滴を受けていた

幸いかどうかはわからないが私が病院に搬送されたことを嫁は知らされていなかった
家族に自分のことで無闇に心配をかけたくなかった

758 :5:2012/08/08(水) 22:35:15.53 ID:aYf2RlGy0
再び嫁にかわり

「今ちょっと遠いところにいるけど今から帰るよ…心配かけて本当にすまない」
と言い、しっかりとした足取りで私は岐路についた
途中から乗ったタクシー代で失業決定直後から随分な出費になったものだ


今は別の仕事に転職して、娘はもう小学校中学年になっている
嫁もパートで働きながら家族三人で中睦まじく暮らせている
ただ、不思議なのは電話BOXで聞こえた声と切っていたはずのケータイが鳴ったこと
あと、嫁が電話している時に娘がどうしてお父さんを返せと叫んだのかを聞いたそうだが
その後も娘はずっと泣きながらお父さんを返せと繰り返し、そのまま疲れ果てて寝てしまったらしい

後にも先にもこういった不思議な体験はしていないので
結局のところあれらは当時の私の精神的なものが原因だったのかもしれないが
あの場所に電話BOXを置いて下さった方のおかげで今の私があり、
私を導いてくれた電話BOXの青白い光のおかげで今この家族があるのです


連続投稿3回までとか知らずに少し体験談を書いてみたら途中でカキコミできずに驚きました
特に怖いというわけではないのですがどこに書けば良いのかもわからずこちらに書きました

長文・駄文失礼しました

759 :本当にあった怖い名無し:2012/08/08(水) 22:44:21.41 ID:aYf2RlGy0
今でも何かあったら娘の
「おとーたんかえせー」(文章ではわかりやすく書いたけど当時の娘が実際に言ったセリフ)
を思い出して頑張れる

自分が向かった自殺でも有名な観光場所はわかる人にはわかると思います


767 :本当にあった怖い名無し:2012/08/09(木) 09:04:18.45 ID:kvQSVgeOO
>>758 >長文・駄文失礼しました
いや、長文はいいから誤字を気にしろよ
「仕事量事態は」「失業せざるおえないことを聞かされた」とか酷いぞ
妻子を養う一家の大黒柱が国語が駄目って結構恥ずかしいぞ

771 :本当にあった怖い名無し:2012/08/09(木) 13:00:06.47 ID:8t4bAmyXO
>>767
俺も気になった

良い話だからツッコミ入れるのも可哀想かなと思って書かなかったけど
リストラ対象になるような年齢でこの誤字・誤用は酷い
書き終わった後に、せめて一回でも推敲すれば
分かりそうなミスだと思うんだけどなぁ
良い話なだけに、なんかもったいない

777 :本当にあった怖い名無し:2012/08/10(金) 18:27:15.28 ID:BsyDLFdDO
個人的意見だが、文字が汚ない奴と文章に誤字脱字誤用が多い奴は人間的に信頼できない
履歴書を手書きで、ってのは文字の綺麗さを見たり、最低限の日本語を使えるかどうかを推し量る為だったりする
いい年齢の大人が、きちんとした日本語を使えないのは恥ずかしいぜ


792 :本当にあった怖い名無し:2012/08/12(日) 21:01:49.78 ID:968j6M2C0
誤字でリストラだ履歴書だとここまでグダグダ言うことが怖いなww
事態と自体なんてよくある変換ミスだし
おえないがを得ないになってないのは間違ってるけど口語じゃ通じるし

というか、正直そんなミスとか読んでてここまでグダグダ言うことじゃねーwww
別に対価貰って書いてるわけじゃなし、バカじゃねーの

文句言いたい人は己の推敲した文章でネットに上がる他人の文にずっとケチつけとけばwww
ここまでグダグダ言ってるのはどう考えても異常だろマジで

812 :本当にあった怖い名無し:2012/08/17(金) 18:42:23.95 ID:7SbYCgdw0
そして朝になってその家の人がお線香をあげようとしたら
毛布ばかりで遺体がなくなってた
どこで見つかったかというと村の手術した医者の家の前
カチカチに凍りついた状態で両目を見開いたまま
医者の玄関前の雪の中につっ立った状態で死んでた
戸をあけてすぐにそれを見てしまった医者は仰天して腰をぬかしたらしい
それが元になったのかはわからないけど、その医者も一年たたないうちに心臓病で亡くなった

上に書いたように看護兵がその人の死を確認しているし
そもそも豪雪の中を夜から朝にかけて歩いてもとうていたどりつける距離ではなかったって
爺ちゃんは強調してた
それから後日談と言えるかわからないけど
その村はずっと無医村の状態が続いていて
村の診療所にいくら新しい医者を迎えても、みな一年くらいでやめてしまうんだそうだ


822 :本当にあった怖い名無し:2012/08/18(土) 15:23:56.99 ID:+wed1/xl0
その蔵を見ると○○と俺の名字が書いてある。どうやら俺の先祖の作った家の物のようだ。
蔵には扉があるけど、がっしりとした大きい鍵錠でふさがれていて開かなかった
ここまでか・・中に何があるんだろう・・
子供がきたら帰って来れなくなるとは何のことだったのだろうか
蔵しかなかったではないか
月日も経ったし大分かわったとはいえ、危険さは何も感じなかった。
他にも小道が無いか周りも探索したけど、どうやらこの蔵を建てる為の土地のようで
行き止まりであった
当然のごとく俺は今度は鍵をとく事を考え始めた
とりあえず家に一度帰ることにした
元父親に何処に行ってたんだと聞かれた
裏庭にいったと俺は正直に答えた
すると元父は、そうか。とだけ言い、どこかにいった
この家のどこかに鍵があるのだろうか。そう考えたが、さすがに自分の家ではないし
そこまでする気は起きなかった。
するとどこかに行ってた元父が俺の元に来て手を出してきた
何だ?と思ってみてみると、元父の手には蔵の鍵があった
元父はコクリと俺の顔を見てうなずき鍵をくれた
俺は急いで蔵を目指そうとした
まって!とイトコに呼び止められると、その子は俺に懐中電灯を渡してくれた
何か俺が蔵に行くのを予想していたかのような気の利きようでちょっと不思議に思った
ま、そんなのはいいとして、いよいよ長年の謎を解く為に蔵を目指す事になった

鍵を開け中に入る
中は物凄くほこりっぽい。しかも昼間だというのに真暗だ
一帯ここに何があるんだ?ガラクタばかりが蔵の端に片付けられおかれていた
俺は奥を目指した
その時だった
蔵の扉が突然しまり俺は閉じ込められてしまったのだった
大声を出し扉を叩いても無反応
誰だ?どうしてこんなことするんだ?そう思った直後、蔵の奥から奇妙な音が聞こえてきたのだ・・・


861 :本当にあった怖い名無し:2012/08/20(月) 00:36:09.90 ID:WOchgwdVI
やったね、叔母

今宵・・・
私の叔母が死にました
やったね
そう、その一言がすべての始まりだったのです・・・
その日、僕はマルフォイと一緒に叔母の葬儀にいきました。そこで私とフォイフォイは・・・
あはん
と、ゆう声の聞こえるとある場所にいったのでゲス
あっあーん///
まるふぉいぃ~ん、あはぁ~ん
気づくと、横にいたはずのマルフォイがいなくなっておりました(ガクブル
それをとったのは、あの声の主、本日のゲスト、叔母。ぼくは嫉妬で、叔母をフォイフォイしちゃったのだ。
そう、あの時私が行った「やったね」という言葉は喜びを表した訳ではなく、「私が殺ったね」という意味だったのです
私は叔母についていつも思っていました
氏ねばいいのに氏ねばいいのに氏ねばいいのに氏ねばいいのに氏ねばいいのに氏ねばいいのに
氏ねばいいのに氏ねばいいのに氏ねばいいのに氏ねばいいのに氏ねばいいのに氏ねばいいのに
ですがそう思っていると、逆に私が胸を締め付けられるような痛みを感じたのです
叔母「やったね・・・わたしを・・・」
叔母は私を引きずり込もうとしました
叔母「けひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ」

                     終



882 :本当にあった怖い名無し:2012/08/23(木) 00:14:48.03 ID:ZbQwzSqC0
大概、食う前に下に張り付いてる紙剥がすけど、その時中身解かるよな。



http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1329659092/l50/../人気ブログランキングへ