1 : サイベリアン(新疆ウイグル自治区):2012/08/06(月) 12:47:36.15 ID:6dD/SuSX0 ?PLT(12345) ポイント特典

旧陸軍飛行兵の慰霊祭 「感謝の気持ち込め」


 戦時中の1944年8月20日、北九州上空で米軍のB29爆撃機に戦闘機で体当たりし、戦死した旧陸軍飛行兵2人の
慰霊祭が5日、北九州市八幡西区大膳1丁目の慰霊碑前であった。大膳自治区会が主催し、毎年8月に開催。地元住民
たち約50人が参加した。

 戦闘機に乗っていたのは、軍曹の野辺重夫さんと兵長の高木伝蔵さん。2人は山口県の小月飛行場を飛び立ち、米軍機
の編隊に突入。体当たりで2機を墜落させたという。戦闘機の墜落現場に慰霊碑が建てられた。参加者は周辺を丁寧に草刈りし、
黙とうをささげた。

 同会会長の木村栄久(たかひさ)さん(60)は「国を救おうと身をささげた2人への感謝の気持ちを込めて開いています。若い
世代に平和について考えてもらえれば」と話した。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/316933

11 : スペインオオヤマネコ(関東・甲信越):2012/08/06(月) 12:56:18.71 ID:Aak2cRsFO
素朴な疑問なんだけどなんで日本の戦闘機なのにゼロ戦ってネーミングなの?
ゼロって英語じゃん

37 : スペインオオヤマネコ(チベット自治区):2012/08/06(月) 13:06:35.69 ID:xGvfHitB0
俺、あんま詳しくないのだけど、富嶽とか長距離爆撃機作ってなかった?
名前ちがったらごめん、あやまる

45 : アジアゴールデンキャット(家):2012/08/06(月) 13:10:03.30 ID:Ta9w9fQ70
うちの山に、戦争中に墜落したとみられる飛行機(グラマン?)があります。
アメリカのマークと思われるペイントが見て取れるので間違いはありません。
10年ほど前に、祖父と見つけて以来ずーっとそのままでしたが
最近、非常に価値の高い物だと気がつき書き込んでみました。
うちの土地ですが、所有権はダレの物になるのでしょうか?

88 : ボブキャット(家):2012/08/06(月) 13:43:07.21 ID:+v6WMiWI0
ディスカバリーの戦闘機特集とかみててもゼロ戦の評価ってスゲー高いんだな

176 : クロアシネコ(西日本):2012/08/06(月) 15:32:08.76 ID:bB4Q5hI20
プロペラの手前から機銃発射して、プロペラに当らないのは何でだろう
もしかしてパイロットが目押し?でもしてるのか?

194 : スミロドン(dion軍):2012/08/06(月) 15:42:50.81 ID:arDY5l+b0
太平洋で勝とうと思ったら暗号を見破られない状況下で空母をたくさん使うしかない
奇襲をかければ駐機されているF6Fを艦爆で破壊できる訳で、戦闘機が貧弱でもよい
暗号の強化を怠り、空母ではなく基地航空隊に投資した時点で負けは決定
肝心の中部太平洋で、空戦と呼べるものは殆ど生起していない

195 : アンデスネコ(西日本):2012/08/06(月) 15:43:40.89 ID:mgO5H0Z00
>>176
プロペラの回転と同期して
当たらない位置で発射してる

196 : サバトラ(西日本):2012/08/06(月) 15:45:23.99 ID:lY3UBPxDP
>>194
暗号ね、バレてなきゃこんなに負けないだろって日本軍の中の人誰も気付かなかったのかな。気付かなかったから使い続けたんだろなぁ。

200 : クロアシネコ(西日本):2012/08/06(月) 15:47:25.85 ID:bB4Q5hI20
>>195
そのようなハイテクが70年前に・・・

201 : シャルトリュー(栃木県):2012/08/06(月) 15:47:43.20 ID:en2X0ux10
>>196
気づいてもそれを言ったら問題になるからみんな黙って気づかぬふり

っていうのが今も変わらない日本の体質でそ

206 : ユキヒョウ(福井県):2012/08/06(月) 15:52:24.06 ID:Us4hlwZ10
>>200
俺もいまだにその構造が理解できない

210 : トンキニーズ(長野県):2012/08/06(月) 15:58:06.07 ID:CXFrAG4R0
>>206
プロペラの回転角を機械的、あるいは電気的に機銃側に伝達する

プロペラの位置にあわせて、カムがストッパー(シアー)を制御する

プロペラの位置ではシアーが掛かって機銃にストッパーがかかり、弾が発射されない

214 : ソマリ(関東地方):2012/08/06(月) 16:03:39.77 ID:waHfpm/QO
>>201
どうだべ?
数年前にNHK特集で見た日本軍暗号『紫』の考案者の一人は、
今でも絶対に破られてないと信じてたよ。
当初ヘラヘラ笑いながら取材に応じてたんだけど、
近年公開された当時のアメリカの文書で「破られていた」ってのを見せつけられて、
目真ん丸にして黙っちゃった。
もう老い先短い爺さんなのに、NHKもむごいコトするわ

223 : カナダオオヤマネコ(関東・甲信越):2012/08/06(月) 16:10:19.89 ID:HuNCJcpPO
なんで陸軍が零戦なんだよ馬鹿

226 : スミロドン(dion軍):2012/08/06(月) 16:11:35.21 ID:arDY5l+b0
>>214
公式の発表とは違い暗号を破ったのではなくスパイを使って入手した可能性もある
国家の命運を決した情報戦の全容が、すべて公開されるなんてことは本来ありえないからな
裏切り者がいたなんてことを暴露しちゃあ、今後アメリカに協力するスパイがいなくなってしまうし
対米協力者の存在はいたとしてもひた隠しにされるであろう

235 : ターキッシュアンゴラ(長屋):2012/08/06(月) 16:19:55.72 ID:wwTo7ouq0
大日本帝国の陸軍と海軍は戦争でもしてたの?(´・ω・`)

238 : サバトラ(西日本):2012/08/06(月) 16:22:24.66 ID:lY3UBPxDP
>>235
意地の張り合いしてました。陸軍もゼロ戦にしとけばいいのに意地張っちゃって。

247 : ユキヒョウ(福井県):2012/08/06(月) 16:34:01.03 ID:Us4hlwZ10
>>238
アメリカも海軍と海兵隊じゃ違う戦闘機使ってたよね
あいつらも意地の張り合いしてたのかな?

248 : スミロドン(東京都):2012/08/06(月) 16:36:31.23 ID:i16QaN4L0
>>238
陸軍の飛行機に零戦並みの翼面荷重は要らないだろ。

250 : サバトラ(西日本):2012/08/06(月) 16:38:41.04 ID:lY3UBPxDP
>>247
工業力が桁違いで日本と比較するのはいかがなものか。余裕で開発、余裕で生産。意地なんか張らなくても。

255 : サーバル(大分県):2012/08/06(月) 16:42:57.52 ID:hhMZT+Jc0
>>250
わが陸軍は新戦闘機の開発能力が皆無につき海軍に頼りっぱなし、
という図式は避けたかったんだろ。

266 : サーバル(大阪府):2012/08/06(月) 16:55:31.65 ID:915dryWW0
最強かどうかは別として
世界中に知れ渡ってる名戦闘機なのは確か

272 : バーミーズ(兵庫県):2012/08/06(月) 16:58:03.39 ID:H81Fw9Lh0
零戦が無敵すぎて後続機の開発が遅れて詰んだんだっけ?

294 : スミロドン(滋賀県):2012/08/06(月) 18:10:36.56 ID:Iki4AEFB0
陸軍と海軍でドイツのライセンス別々に取ってたとか聞いたけど流石に嘘だよな??

そんなチョン並のド低脳が日本人に居たとは思えない

314 : スナネコ(新疆ウイグル自治区):2012/08/06(月) 19:03:25.74 ID:UPXtWGiZ0
隼って、戦後、各国に持っていかれて各地の紛争に投入されているんだよな。

320 : サバトラ(西日本):2012/08/06(月) 19:47:44.36 ID:lY3UBPxDP
>>314
ほんとかよ?それ興味あるなぁ!

331 : しぃ(岐阜県):2012/08/06(月) 20:51:23.43 ID:K+dWhocr0
レシプロ機って見分けつかないよな

341 : ボンベイ(千葉県):2012/08/06(月) 21:03:19.41 ID:1FCfFJ2N0
ライトニングの見た目は一目瞭然でしょ
性能はゼロと互角ぐらいだし!

354 : オリエンタル(神奈川県):2012/08/06(月) 21:20:37.31 ID:rHLSXZWb0
お前らがいくら特攻を否定して浅薄なヒューマニズムに酔いしれても
誘導兵器への対処法が確立されていない時代には
特攻が最も合理的な戦術の一つだった。

355 : ユキヒョウ(東京都):2012/08/06(月) 21:25:41.17 ID:WEXt2dUA0
>>354
パイロットは無限じゃねえぞ
敵機と艦船の弾幕をくぐって突撃できる技術の持ち主となれば尚更だ

359 : オリエンタル(神奈川県):2012/08/06(月) 21:29:28.73 ID:rHLSXZWb0
>>355-358
お前らが考える正攻法はマリアナ沖海戦以前に出尽くした

363 : デボンレックス(神奈川県):2012/08/06(月) 21:32:17.86 ID:A4cXXd3P0
>>359
じゃ、降伏しろよ。
いたずらに敗戦を引き伸ばした結果
・東京をはじめとする各都市に大空襲
・沖縄地上戦で県民の1/4~1/5が死亡
・原爆を二発も食らう
って、完全に裏目に出てんじゃねーか。

367 : ヨーロッパオオヤマネコ(岡山県):2012/08/06(月) 21:39:46.82 ID:DmiZrtlW0
>>363
降伏を決定する国内の政治システムがない。
降伏しようといったら政治家だろうが現役軍人だろうが暗殺される土人国家がとうじの日本。
天皇がブルジョワ自由主義者の代役をしてハナシを切り出すまで、誰もいいだせなかったよ。
その天皇ですら殺されかけたがな。

368 : オリエンタル(神奈川県):2012/08/06(月) 21:40:18.40 ID:rHLSXZWb0
戦争とは兵士が一人死ぬ間に何人の敵兵士を殺せるかという合理性の追求だ。

特攻というのはその合理的戦術を追求する途上の一形態に過ぎず
いずれ貧しい国は一人多殺の自爆テロへ、富裕な国は無人の人殺し機械を使った戦争へと更に進化する。
その間にヒューマニズムなど一切語られないのだ。

370 : しぃ(長野県):2012/08/06(月) 21:45:51.67 ID:zbPogxlA0
>>341
当初、零戦の得意とする低空域格闘戦に持ち込まれ苦戦を強いられたが、
戦術研究し後半は零戦に勝る速度と火力を生かした一撃離脱戦法でキルレシオが逆転した。

373 : ユキヒョウ(東京都):2012/08/06(月) 21:48:42.56 ID:WEXt2dUA0
>>370
ハルトマンも一撃離脱戦法だったって言うな
やっぱ面と向かって正々堂々みたいなアホなやり方はダメだな

381 : 斑(千葉県):2012/08/06(月) 21:59:01.51 ID:rhWKfr3W0
要は誘導ミサイルを人に操縦させるとか無茶なことやってるからなぁ
そのころドイツは誘導ミサイルで戦艦沈めてるっていうのに

386 : バーマン(やわらか銀行):2012/08/06(月) 22:03:51.11 ID:PgfM+HZZ0
所詮から、一式陸攻でアメリカ本土まで飛んでいって
桜花をホワイトハウスにぶち込めば良かったんだよ



400 : ターキッシュバン(宮崎県):2012/08/06(月) 22:20:48.04 ID:es83cOo40
ゼロ戦の解説幾つか読んだけど、どれも酷評だったんだけど最強なの?
装甲薄くて弾が余裕で貫通するし燃料タンクすら初期は防弾処理してなくてとか
資源ないのにジェラルミンを使用してたと安全性と量産性が特に酷いと

弾当たれば即落ちる飛ぶ棺桶ならパイロットもがんばるわな

403 : シンガプーラ(東京都):2012/08/06(月) 22:22:46.14 ID:7czfozvV0

これとか大和とか存分に活躍させてやりたかったな

405 : ユキヒョウ(東京都):2012/08/06(月) 22:25:54.17 ID:WEXt2dUA0
>>403
ビスマルクは暴れまわったのになー

413 : ヒョウ(山口県):2012/08/06(月) 22:35:12.56 ID:4W6u0VL90
是汚染は、機動力や旋回能力は優れてた。
でも、機体を穴だらけにして
軽量化してたから、一発食らうと
もうダメだわ。搭乗員の命は考えていない
設計だしw

420 : スミロドン(東京都):2012/08/06(月) 22:47:16.50 ID:i16QaN4L0
>>400
>>413
零戦や隼の神髄は旋回性能や火力ではなく、航続距離にある。
日本から南方に至る間の航空基地に対し長距離侵攻できる航続距離が
「航空撃滅戦」という日本軍の戦略とマッチしたから緒戦は活躍できたんだ。

423 : ユキヒョウ(東京都):2012/08/06(月) 22:50:46.10 ID:WEXt2dUA0
つか大戦艦は真珠湾に参加して艦砲射撃しまくったりできなかったのか?
再建不能なでっかい駐車場にしちまえばよかったのに

425 : スミロドン(東京都):2012/08/06(月) 22:51:46.91 ID:i16QaN4L0
>>423
戦艦の護衛に駆逐艦や巡洋艦を割けば南方作戦が実行できない。

427 : スナネコ(新疆ウイグル自治区):2012/08/06(月) 22:53:33.80 ID:UPXtWGiZ0
>>425
使い道の無い、扶桑、山城、伊勢、日向で護衛すりゃ良いんじゃね

436 : 黒トラ(神奈川県):2012/08/06(月) 23:04:06.92 ID:82ufxVBW0
>>420
航続距離が2000kmオーバーでも、それは巡航速度は200km/hの時だぞ
ある時「1000km先の敵基地を空襲しよう」と旧軍司令が作戦を作ったが
搭乗員からは総スカンを食らった。しかし片道5時間掛けて敵を目指して
空襲後また5時間掛けて自基地に帰投する作戦は決行された。
結果は散々だけどな。

5時間もトイレ休憩無しで車は知らせて運転手が肉体的精神的に無事な訳無いだろ
辛うじて基地に帰投できたゼロ戦のコックピットは糞尿の臭いが凄かったらしい

440 : ヨーロッパヤマネコ(東京都):2012/08/06(月) 23:08:12.49 ID:OFTCkEY7P
10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 0
じゅう きゅう はち なな ろく
ごお よん さん にい いち ぜろ

なんで0はれいじゃなくぜろって読んでしまうのだろうか

458 : カラカル(禿):2012/08/07(火) 00:01:03.42 ID:D87w0HoEi
ブリュースターバッファローに載せられてた米パイロットがかわいそうだ。

空飛ぶゴミだろ、アレ。

464 : サバトラ(神奈川県):2012/08/07(火) 00:28:38.91 ID:zaJpYAv20
>>458
防弾設備・消火設備、両方無い零戦は空飛ぶ棺桶だけどなw

467 : 猫又(福岡県):2012/08/07(火) 00:36:08.44 ID:6nUH8MOE0
スピットファイアって2つあるタンクの内コックピット前のデカイかまぼこ型の方は無防弾タンクらしい
そこは戦闘までに使い切るってことか?

471 :名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2012/08/07(火) 00:57:26.40 ID:6Hcjm6or0
>>436
航続距離が長いことが利点だと思っている人が多くて困ったものです。
それこそ昨今話題になっている「長距離バスの問題」と全く一緒です。
コストが安くて、でも現場の人間の頑張りに全てが掛っている。
過重な勤務によっていずれは事故に繋がる・・・ゼロ戦みたいな戦闘機を美化
する風潮は宜しくないですね。

473 :名無しさん@涙目です。(岐阜県):2012/08/07(火) 01:00:01.03 ID:jyxyPYv70
>>467
そもそもそんな場所滅多に撃たれないから
大抵は機体後部から撃たれたり、主翼を狙ってくるから、パイロットとエンジンに挟まれた燃料タンクなんて防弾する意味が無いしね
ゼロ戦は一番狙われやすい主翼付け根付近に燃料タンク積んでるからかなり危険

475 : トンキニーズ(大阪府):2012/08/07(火) 01:01:37.31 ID:11iuHDMb0
>>471
爆撃機にとことん随伴したいって要求あったから仕方ないんじゃね

479 : マレーヤマネコ(新疆ウイグル自治区):2012/08/07(火) 01:11:10.94 ID:BWX1JhPH0
「桜花」を特攻機ではなく、30ミリ機関砲、あるいは
噴進弾を搭載した防空ロケット戦闘機に使えば、パイロットは
死なずにすみ、B29も相当撃墜できたのかもというのは
後知恵というものなのだろうな。

487 : 猫又(福岡県):2012/08/07(火) 01:51:08.53 ID:6nUH8MOE0
>>473
じゃあ日本もどうせまともな合成ゴムできないんならコルセアみたいにコックピット前にメインタンク1個置けばよかったのに
まあ前方視界がとか言い出すかw

495 : アメリカンショートヘア(宮城県):2012/08/07(火) 06:51:41.83 ID:EVP+cXbZ0
なんで陸軍機の方が割と防弾に気を使っていたのに人命軽視なイメージが付きまとうの?

498 : アジアゴールデンキャット(東日本):2012/08/07(火) 06:57:41.05 ID:K9gWqsMh0
>>495
やはりガダルカナル、ニューギニア、インパールのイメージが強すぎるんだろう

501 : オリエンタル(神奈川県):2012/08/07(火) 07:04:19.46 ID:40Fb/ybM0
>>498
ちょっと待てインパールはともかくガダルカナルとニューギニアは、
海軍の尻拭いに陸軍が付き合ったって感じだろ。

507 : ターキッシュバン(やわらか銀行):2012/08/07(火) 07:22:43.39 ID:fdbco6MQ0
>スレタイ
海軍だろ、バカ者w

日本は、開戦当時にゼロ戦一機種大量生産体制を整えておけばよかったんだよ。
陸軍にも、細かい改造をしたうえでゼロ戦を供給する。
とにかく、当時の最新鋭機種をそろえることを最優先すれば、少ない資源を有効活用できたことだろう。
・・・・陸軍は、開戦当時はほとんど旧式の戦闘機で、完全に準備不足だった。
そうして、戦争をしている最中にゼロ戦の欠点を克服した新機種をいくつか競争で開発し、テストをして一番優れたものを1機種のみ(もしくは2機種)次期戦闘機に指定して、大量生産体制を作る。
(当然、陸海両用)

資源がない・時間がないのに、次から次へと新機種を開発させた陸海両軍の首脳部は、万死に値する。
しかも、細かい規格の共通化を全くしなかった。(たとえば弾薬とか)
陸海両軍が協力する野戦などで、陸海で部品や弾薬の融通が全くできないなんて、軍隊として死んでるw

509 : サバトラ(愛知県):2012/08/07(火) 07:29:43.77 ID:L7La4bl70
体当たりしてB29落としたなんてすごいな
まさに勇者、これは称えられ未来永劫語られるべき

520 : サーバル(茸):2012/08/07(火) 09:17:24.92 ID:8duJZ4Ha0
>>507
新機種出しまくるとかジオン軍みたいだな

528 : ターキッシュバン(北海道):2012/08/07(火) 11:10:06.18 ID:NxELUNUU0
ロケット戦闘機「秋水」


529 : コーニッシュレック(鳥取県):2012/08/07(火) 11:48:27.36 ID:/9lOXpFB0
>>528
実際は飛行時間が短過ぎて使い物にならんだろ

530 : サビイロネコ(チベット自治区):2012/08/07(火) 11:50:05.19 ID:Uqng3FQ10
>>528
良い動画だったけど、やっぱり美化されてるのかな~

531 : コーニッシュレック(鳥取県):2012/08/07(火) 11:57:21.07 ID:/9lOXpFB0
確か燃料はエタノールだっけ?
あれだけ機体に弾が当たって無事なわけがないな

536 : エジプシャン・マウ(dion軍):2012/08/07(火) 12:43:55.65 ID:IAA4ivYc0
>>520
富野がどこまで意図したのか知らんけど、ジオン公国は見事に大日本帝国の失敗をなぞってる


http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1344224856/l50/../人気ブログランキングへ