1 : バーマン(大阪府):2012/07/20(金) 10:32:48.47 ID:9iqe0zvC0 ?PLT(12002) ポイント特典

朝鮮通信使が語る江戸時代の日本 朝鮮からハングルを学ぶ姿も


1764年2月の日本名古屋。朝鮮通信使の医員・李佐国(イ・ジャグク)が江戸幕府の医官・山田正珍と向かい合って座った。
山田正珍が筆を持ち、漢字で質問を書いた。

「高麗人参を栽培する方法を聞きたいのですが」。筆を渡された李佐国が答弁を書いた。「高麗人参はもともと製造法がありません。
日本の医官はいつもその説明を求めるが、事実を誤解しているようです」。

17-19世紀の朝鮮通信使随行員と日本の専門家はこうした筆談をした。言葉は通じなかったが、漢字を使って筆談で意思
疎通をした。主に日本専門家が尋ね、朝鮮随行員が答える形だった。

例えば日本の筆談集『桑韓筆語』にはこういう内容もある。山田正珍が朝鮮通信使の製述官ナム・オクに要請する。「私のため
に諺文(ハングル)を書いてください」。ナム・オクはハングルを書き始めた。ナム・オクがハングルの発音を教えると、山田正珍は
カタカナで発音を書き取った。

筆談集によると、当時、朝鮮通信使は日本人に先進文物を伝える外交使節団と認識されていた。300-500人規模の朝鮮通信使
に2000人を超える日本人が随行した。朝鮮通信使を接待するため、幕府の1年間の予算の4分の1の100万両がかかったという。

ikaそー
http://uramono.org/globalnews/3123.html

5 : ライオン(東日本):2012/07/20(金) 10:34:37.82 ID:FqzlS6vi0
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira104837.jpg
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira104838.jpg


10 : ヒョウ(茨城県):2012/07/20(金) 10:36:23.35 ID:faL4/LhD0
オランダ人から学んだことは否定しないけど、朝鮮っすか?w

23 : 白(群馬県):2012/07/20(金) 10:41:26.13 ID:qcrjRSFl0
>>10
ターヘルアナトミアはハングルに翻訳されたオランダの医学書を杉田玄白が日本語に訳したものだからな
ハングルを経由しなければ日本は蘭学を満足に学べなかったのだ

103 : ラグドール(広島県):2012/07/20(金) 11:13:46.26 ID:1w41//jw0
ハングルってそんな昔にあったの?
最近統一されたってだけ?

105 : ターキッシュバン(京都府):2012/07/20(金) 11:14:16.13 ID:Pg166qNb0
中華ならまぁ、ある時期までは先進地域だし。半島を経由したとて、結局、中華の文化力でしょ。

108 : メインクーン(京都府):2012/07/20(金) 11:15:18.17 ID:NImBHTRr0
>>105
経由してたら20世紀まで原始小屋に住んでないだろ

114 : ターキッシュバン(京都府):2012/07/20(金) 11:22:37.67 ID:Pg166qNb0
>>108
?それは日本の下層も同じだろう。
こちらから下らない歪曲して、同じレベルに落ちる必要ないから。

124 : オリエンタル(三重県):2012/07/20(金) 11:30:22.97 ID:4PPAFP6J0
>>114
少なくとも都市部に関しては比較にすらならんよ

1895年ごろのソウル・ピョンヤン
http://farm6.static.flickr.com/5069/5857346552_e5f4246b25_b.jpg
http://farm4.static.flickr.com/3084/5856793363_ae3c25cf54_b.jpg
http://farm6.static.flickr.com/5159/5856793407_b796e7383d_z.jpg
http://farm6.static.flickr.com/5106/5856793439_48cf31eaec_z.jpg
http://farm3.static.flickr.com/2717/5857346732_0ffbb01eee.jpg
http://farm6.static.flickr.com/5026/5856793553_dfe32872e3_z.jpg
http://farm6.static.flickr.com/5062/5857346990_a001e90087_z.jpg
http://farm3.static.flickr.com/2784/5857347022_3b04629bc4_z.jpg
http://farm3.static.flickr.com/2646/5857347080_a6949a4817_b.jpg
http://farm4.static.flickr.com/3054/5857347162_b0498e9d64_b.jpg

1860年ごろの江戸、大阪、名古屋など
https://livedoor.blogimg.jp/jyoushiki43/imgs/e/2/e290d8a7.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/jyoushiki43/imgs/e/b/eb58166c.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/jyoushiki43/imgs/e/3/e36951ba.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/jyoushiki43/imgs/e/e/eeb5df6a.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/jyoushiki43/imgs/8/4/84e2796b.jpg


148 : ピクシーボブ(dion軍):2012/07/20(金) 11:45:55.32 ID:XC1PtMgP0

朝鮮通信使来朝図  (神戸市立博物館蔵)
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3217307.jpg

対等な外交使節に庶民が2階から身を乗り出し眺め
起立したまま間近に見物するなどあり得ない。見せ物行列である。

151 : ターキッシュバン(京都府):2012/07/20(金) 11:48:21.24 ID:Pg166qNb0
>>124
なんで明治なんだよwこういう話の文脈から公平とは言えない主張するのって、まさに半島的なんだが。

154 : パンパスネコ(千葉県):2012/07/20(金) 11:51:17.05 ID:wMxp2/OW0
>>151
日本の写真は江戸時代、李氏朝鮮の写真は明治30年頃だが?

159 : ターキッシュバン(京都府):2012/07/20(金) 11:59:20.90 ID:Pg166qNb0
>>154
めんどくせえなぁ。アバウトでごめんね。朝鮮通信使の話をしているのなら、これより200年前で都市比較すれば、半島連中はぐうの音も出ないでしょ、って話ですわ。上の資料は安易過ぎてこちらに有利過ぎて、かっこ悪い。

186 : バーミーズ(福岡県):2012/07/20(金) 12:27:54.85 ID:T8r26bAG0
そんなに文明が発達してるのに三輪車にのってたのか 不思議だねー

190 : ボルネオウンピョウ(神奈川県):2012/07/20(金) 12:32:19.26 ID:HvQp7co30
>>23
ターヘルアナトミアを翻訳したのに何で朝鮮は医学が進歩しなかったの?(´・ω・`)

193 : パンパスネコ(愛知県):2012/07/20(金) 12:34:42.27 ID:OLCEihz/0
>>190
発展した韓方医学を秀吉が駆逐したためだよ。そんな事も分らないの?

338 : ターキッシュアンゴラ(家):2012/07/20(金) 21:17:59.93 ID:tc1JukK70
自作自演/330~332

350 : ジャングルキャット(徳島県):2012/07/21(土) 05:08:09.44 ID:txIbScP80
歴史知らんのなら語るなよ。
江戸時代、朝鮮通信使は学者から庶民に至るまでの日本人が本当に歓迎してたんだよ。
200人とか規模もでかくて、儒者や医者から芸能者まで含む文化使節団だった。
各宿場では、筆談でまなぼうとする日本の学者がたくさん訪問したし
揮毫を頼む日本人がものすごく多かったんだよ。
沿道の街で、今でも祭りを続けてるとこもある。

351 : マンチカン(やわらか銀行):2012/07/21(土) 05:09:08.00 ID:rOZKtdzm0
この時代ハングル普及してたっけ?
医学とか長崎行きじゃないの?

355 : ジャングルキャット(徳島県):2012/07/21(土) 05:29:59.57 ID:txIbScP80
>>351
当然漢文での筆談だし、揮毫も漢文だよ。
江戸時代の公式医学は漢方だから、
長崎で蘭方を学ぶ医者なんてごく少数だった。




通信使については、日本側の記録も沢山残ってるし
研究書も色々ある。
ちょっとした勉強もしないで何でもネツゾーネツゾー叫ぶ猿は恥ずかしいぞ

359 : シャム(やわらか銀行):2012/07/21(土) 05:48:12.83 ID:rfvUu6HL0
昔話が好きな国ですね

368 : コーニッシュレック(三重県):2012/07/21(土) 06:18:48.29 ID:LUGf996G0
>>350
で具体的に何の文化を伝えたの?
当然、資料ぐらい残ってるんだろ


375 : ヒマラヤン(埼玉県):2012/07/21(土) 06:53:47.50 ID:Z700FuvzP
江戸時代に象が日本に来た時今のパンダ以上の大騒ぎだったから同じような物だろ

376 : キジトラ(チベット自治区):2012/07/21(土) 06:59:46.54 ID:zeMZ84dXP
>>375
http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/meihin/elements/077.JPG
江戸の町人が2階席から見下ろすという
これが大名行列だったら絶対にあり得ない状態

396 : マーブルキャット(兵庫県):2012/07/21(土) 09:59:53.94 ID:XbqZq5gv0
ん?日本は朝鮮とは戦争してないけど?
朝鮮から併合を申し込まれて受けて発展させてやっただけ

397 : ライオン(兵庫県):2012/07/21(土) 10:05:33.49 ID:lRx8q+fz0
>>396
でも朝鮮独立派がいたことも事実だよね?安重根とか

408 : 白(東京都):2012/07/21(土) 10:47:52.62 ID:aUZcWfTk0
江戸時代は既に朝鮮なんて日本以下だろ?

415 : ボルネオヤマネコ(東京都):2012/07/21(土) 13:11:11.48 ID:jOat9PRr0
>>368
朝鮮通信使が教えたのは、当時の知識人の基本だよ

添削とテキスト解釈がメインだね

たとえば、山本博文の『対馬藩江戸家老-近世日朝外交をささえた人びと』を読むと、
詩(漢詩)の添削を受けようと、
通信使の宿に殺到する日本の知識人たちの様子が分かるお

漢詩は複雑な規則をもち、その上で充分な詩想を展開しなくちゃいけないんで、
ぶっちゃけ外国人がマスターするのは難しい
じっさい室町期の五山でおこなわれていた最高の評価は、「和臭なし」というもので、
いかに日本的思考から逃れるかが、良い詩をつくる上ですごく大事だったりする

さて当時、身分制度が強い日本では、教養なんかまったく出世の役にたたなかった
それに対し、李氏朝鮮には中国と同じく科挙があり、
パスするにはシャレ抜きで古典中国語の教養を自家薬籠中のものにしていなくちゃいけない
そんなわけで日本の知識人たちは、
能力で出世できる中国や朝鮮の官僚につよい憧れがあり、激しい競争をパスしたその教養を崇拝していたわけ

とはいえ、五山だけが文化のよりどころだった戦国時代が終わると、幕府も学問を盛んにしようと頑張った
その一つが、林家が支配する昌平坂学問所だけど、
この林家が解釈する宋学は、じつは李氏朝鮮の儒者、李退渓の解釈にもとづくことが多かったりする
そんなわけで江戸時代の学者たちは朱喜のテクスト解釈において、
李退渓の国から来た通信使に、
「この解釈で良いんでしょうか」と聞きにいっていたわけ

421 : カラカル(関東・甲信越):2012/07/21(土) 15:24:03.96 ID:5G0BnjX3O
>>415
で、日本の兄を名乗るわけか。



朝鮮とは孤立したいから関わってくるなよ9cm

425 : 猫又(東京都):2012/07/21(土) 15:36:32.62 ID:S6S5TrSa0
>>1 >>408 >>415 >>421
ジャップが、後発国アメリカの黒船ごときにビビッて、白人にいいようにおもちゃにされていたころ、
ウリナラ戦士は、アメリカとフランスの侵略軍を、本土決戦で撃退した。

丙寅洋擾 結果:朝鮮軍の勝利

丙寅洋擾(へいいんようじょう)とは、1866年10月、 フランス人宣教師の処刑(丙寅教獄)を
契機として、 朝鮮王国とフランス帝国との間で発生した戦争。
フランスは7隻もの戦闘艦と3000人もの兵力で攻め寄せた。 他のアジア諸国と同じく、
李氏王朝下の朝鮮王国においても近代化は遅れており、 朝鮮軍側からすれば、
近代的な欧米軍隊と最初に遭遇した戦いとなった。 しかし戦いは、戦闘艦7隻と、
2000人近いフランス軍の侵攻にかかわらず、 文殊山城の戦いと鼎足山城の戦いに勝利した
朝鮮軍側の優位に進み、 フランス軍は大きく装備に劣る軍隊に数倍の損害を与えられ、
フランス軍は敗走した。

辛未洋擾(しんみようじょう、)、 結果:朝鮮軍の勝利

辛未洋擾(しんみようじょう、シンミヤンヨ)とは、
ジェネラル・シャーマン号事件を発端として、1871年(明治4年)に起きた、
アメリカ合衆国軍による朝鮮侵攻事件である 1871年6月10日、アメリカ軍は、
5隻の戦闘艦からなる艦隊と2000人近い兵力で、 江華島の草芝鎮(朝鮮語版)と、
次いで徳津鎮(朝鮮語版)を攻撃した。 激しい砲撃戦を経て、アメリカ軍アジア艦隊は
陸戦隊を上陸させることに成功し、草芝鎮と徳津鎮を、さらに6月11日には広城鎮を制圧した。
しかし、砲台を占領された朝鮮軍は夜襲を仕掛けてこれを奪還した。
大院君は、持久戦に引きずり込めば丙寅洋擾時のフランス軍のようにアメリカ艦隊も撤退すると
分析して 強硬姿勢を貫いた。
大院君の予想通り、アメリカ艦隊には大規模な行動を起こす余力がなく、
ついに交渉を諦め、20日余りで、清内の拠点に撤退した。
アメリカ艦隊は朝鮮の砲台を圧倒したが、地理に疎い陸上部隊は朝鮮軍の粘り強い奇襲攻撃に対して
取るべき手段を持ちえていなかった。

427 : 黒トラ(関西・東海):2012/07/21(土) 15:43:42.54 ID:iEOkJrun0
>>421
兄の国というなら、それでもかまわないけどね(´Д`)
普通は父の国というね(´Д`)

443 : スノーシュー(空):2012/07/21(土) 17:04:22.46 ID:6rgoOzidi
>>427
日本にとって父は中国!我々朝鮮は兄ニダ!!

ってのがオマエラの言い分だったろ。
いつの間に父の国になっちゃったんだよ?

445 : 黒トラ(関西・東海):2012/07/21(土) 17:19:23.80 ID:iEOkJrun0
>>443
太古の昔からの歴史と、今の世界情勢を見ても
父と子、恩師と弟子となるのが当然だろう( ̄^ ̄)
まあ、おまえがどうしても兄の国と言いたいならそれでもいいんじゃないか( ̄^ ̄)

446 : キジトラ(東京都):2012/07/21(土) 17:33:16.14 ID:MgZEhL8NP
>>350
歓迎されていたのかもしれないけど、
少なくとも大名行列よりは下に見られていたのは事実。
朝鮮通信使歓待図屏風を見ると、町人が普通に見物しているのがよくわかる。
朝鮮通信使来朝図(>>148)に至っては、明らかに見世物として見物されている。
こんなこと、大名行列ではありえないだろ?

452 : ヤマネコ(東京都):2012/07/21(土) 19:01:00.41 ID:gHYKTo7L0
>>445
儒教的な考え方を取りたいのは分からないでもないが父でも兄でもないただの隣国として敬するだけ

453 : ヤマネコ(東京都):2012/07/21(土) 19:02:37.71 ID:gHYKTo7L0
>>446
まあ物珍しいのは大名行列以上だろうしね
大名行列もガイドブックあったぐらいだから
庶民にとっては見世物の一種だったろうけど

454 : リビアヤマネコ(やわらか銀行):2012/07/21(土) 19:25:22.47 ID:LKOpOVTU0
>>446
だからあり得るって
大名行列マニアとかいたんだぞ
大名ごとの衣装や並び方、装備を解説したそいつら向けの専門紙まであったし
あの桜田門外の変の当日も、その手のマニアが雪降って糞寒い中詰めてて井伊直弼が惨殺されるの目の当たりにして腰抜かしてる

455 : キジトラ(東京都):2012/07/21(土) 19:41:05.64 ID:MgZEhL8NP
>>453
うん知っている。<大名行列ガイドブック
日本人の趣味の広がりって、本当にすごいと思うわ。
俺みたいなオタクって、昔からいたんだなと思うと胸熱。

>>454
いや、俺が言いたいのは、公権力側の姿勢のこと。
大名行列と朝鮮通信使には、見る際の民衆に課したルールにも差があるってこと。

457 : ライオン(兵庫県):2012/07/21(土) 19:51:40.55 ID:lRx8q+fz0
>>452
ただの隣国として敬するって口先で言ってもね
実際、現在においても日本人の朝鮮人蔑視は酷いもので朝鮮を下に見てるやん

465 : シャルトリュー(dion軍):2012/07/21(土) 22:23:44.35 ID:Jkp6r9kb0
日本人はコリアンに死ぬまで頭があがらないねorz

466 : スミロドン(長崎県):2012/07/21(土) 22:25:48.93 ID:4dhHXuFW0
本来のパワーバランスなら朝鮮の格下だからな
どこかでチートを使ったからこそ今の日本がある

471 : ジャングルキャット(徳島県):2012/07/21(土) 23:21:11.24 ID:txIbScP80
程度の差はあれ、歴史認識をしようとした上での半島批判ならまだいいんだが
せいぜいネット上の情報を漁ったくらいの
無勉強で反射的な半島批判は日本人の恥だろ。
何でもかでも反日だった一昔前前の半島人とそっくりだ。

そういうアホの増加は、明らかに日本の経済的没落と比例してる。

472 : コーニッシュレック(三重県):2012/07/21(土) 23:23:33.13 ID:LUGf996G0
>>471
で具体的な記録とやらは?


475 : アジアゴールデンキャット(東京都):2012/07/22(日) 00:13:57.75 ID:BKbttwGl0
>>472
江戸時代の本をひもとけば山ほど出てくるよ?

たとえば、白石が木下順庵の門弟になったキッカケが、通信使の漢詩添削だったのはあまりに有名だ
まず、通信使に漢詩を添削してもらっていた白石の友人が、
「日本にもこんなすげえ奴がいるんだぜ!」と通信使の人に白石の詩を紹介したんだ
すると、通信使の漢詩添削係(製述官)が、
「・・・こいつ、できる」
とガチで感心して白石を呼び、彼の漢詩集に序を書いてあげたわけ
おかげで白石は日本の知識人の間でセレブになり、順庵から「オレの門弟にならねえ?」と声をかけられたんだ

ちなみに、新井白石の自伝、『折りたく柴の木』は、日本文学における自伝の傑作なので、
日本史に興味があるなら現代語訳くらいは読んでおこう

482 : ベンガル(東京都):2012/07/22(日) 01:29:29.11 ID:v7s5CqAsP
ハングルって女子どもの文字として卑下してて
身分のある李氏の男は漢文をつかっていたはずだけど。
お互い漢文で意思疎通できるのに
なんでハングルを教えてくれ、ってなるのか
全く意味不明なんだが。

495 : デボンレックス(空):2012/07/22(日) 06:18:37.24 ID:+iVHmuiWi
>>457
>朝鮮を下に見てるやん

当たり前だろカス

501 : ジャガー(兵庫県):2012/07/22(日) 08:52:39.07 ID:/ruKS2ca0
>>495
近代国家ってのは相互に対等な関係なんですよ
いつまで華夷秩序を引きずってんの?

502 : エキゾチックショートヘア(関東・甲信越):2012/07/22(日) 08:56:20.29 ID:EprbdHywO
>>501
自律できてから言おうかwwww



いい加減つまらないから氏ねよ、お前。

506 : スノーシュー(やわらか銀行):2012/07/22(日) 09:12:03.10 ID:Rsh5vBqO0
江戸時代にハングルは無いだろ。

524 : サイベリアン(やわらか銀行):2012/07/22(日) 14:46:42.62 ID:sI40YXnK0
江戸時代もそうだが
やはり日本が一番影響を受けたのは縄文時代~弥生時代だ。
この時代に現大韓民国である百済帝国が倭国に稲作、家の作り方、最新鋭の武器、文字を教えてやった。
それまで倭人は洞穴で暮らし草や木のみを食べてそこら中にクソ尿を撒き散らす汚い土人だったはずだ。

これは日本どんなに韓国に対してお礼や謝罪をしても、足りないくらいの最大級の恩を貰ったんだ。

この事実を今知った方も多いだろう。認めたくないのもわかる。しかし世界では常識だ。
今日からは韓国に対して足を向けて寝られないと思え。


http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1342747968/l50/../