1 : ◆Penguin/Js @( ´ヮ`)<わはーφ ★:2012/07/04(水) 20:07:45.22 ID:???0
 7月28日に日本公開される「ダークナイト ライジング」本編の正確な上映時間が
164分27秒であることが明らかになった。British Board of Film Classification
(英国映画倫理委員会)が公表したもの。
 クリストファー・ノーラン監督による「バットマン」シリーズは、
第1作目「バットマン ビギンズ」(05)が140分、第2作目の「ダークナイト」(08)が
152分、そして最新作が164分27秒と、意図した訳ではないだろうが、
なぜか1作毎に12分ずつ長くなっている。
 「ダークナイト ライジング」は、全米では日本より1週間早い7月20日に公開される。

ソース:ハリウッドチャンネル
http://www.hollywood-ch.com/news/12070405.html
映画『ダークナイト ライジング』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/batman3/

37 :名無しさん@恐縮です:2012/07/04(水) 20:22:31.95 ID:pIN+ky4H0
ダークナイト最悪だった
ジョーカー早く殺せばその後の殺人防げたのに殺しをしないバットマンはただの糞
事件を大きくして死人の数増やしてるだけ
所詮金持ちの道楽

175 :名無しさん@恐縮です:2012/07/04(水) 21:21:47.32 ID:E7hgTyw30
最初映画館で鑑賞してピンとこず、DVDでもう一度観ても良さが分からず、
アメリカでの評価が高いのに良さが分からないのは自分の理解力の無さだと思い
もう一度DVDで観るも良さが分からなかった・・・。

聖書を読んでいる必要があったり、ネイティブスピーカーでないと台詞が分からない映画なのかな?

181 :名無しさん@恐縮です:2012/07/04(水) 21:24:21.02 ID:eLn/NH8uO
>>175
日本人なら漫画デビルマン辺りで通過してる感覚が
アメリカ人には新鮮だっただけ。自信持っていけ。

186 :名無しさん@恐縮です:2012/07/04(水) 21:26:56.80 ID:AClC/KhX0
>>175
>>181
「どこが面白かったか分からない」
って別にダークナイトに限らずあらゆる作品に対してそうだけど
要するに自分は作品に対する読解力が無い馬鹿ですよって吐露以外の何物でも無いと思うんだがどうだろう

226 :名無しさん@恐縮です:2012/07/04(水) 21:43:49.41 ID:jpFw9cky0
駐車場無料3時間までなのに、予告いれたら3時間越えちゃうじゃん。どうすんのよ

252 :名無しさん@恐縮です:2012/07/04(水) 22:02:48.81 ID:Y8l5Va3/0
バットマンの日本での嫌われようは尋常じゃないからなw
海外のワンピース(漫画アニメ)を見る目くらい否定的

305 :名無しさん@恐縮です:2012/07/04(水) 23:13:48.69 ID:4SpmF5efP
ダークナイト見てるけど、既存のバットマンの気分でみると駄作扱いになるのかな。
もうちょっと違う姿勢でみるべき映画だったか。

347 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 00:32:21.42 ID:mYhZz0o20
ダークナイトってダウンタウンの松本が1mmも面白くないと言った映画だろ~

402 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 03:55:17.94 ID:6fyl+JgZ0
前作ぐらいの内容で、哲学的とか言っちゃうのがアメリカっぽいw
911まで、「正義」について考えたことない人多すぎなんだろうなあと思ったね

420 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 04:31:03.07 ID:7w8Jme0f0
ダークナイトつまらなくはなかったけど、新鮮味がなかったし長すぎた
なんか既視感バリバリで、どの点が評価されてるのかちょっとわからなかった
うじうじ悩むヒーローとか
理不尽な二択を迫ったり
金や支配ではなく破壊による社会の混乱を目的とする悪役って
日本のアニメや漫画にはわんさかいるんじゃなかろうか?
まあ具体名出せって言われてもぱっと出なくて困っちゃうけどさ

あとノーランの映画ならプレステージが一番おもろかった
最近テレビで放映した中なら宇宙戦争のほうがずっと良かったし
アメコミものならシンシティが最高だった

421 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 04:40:21.61 ID:oca4SN7i0
>>420
でも、そういうアニメや漫画を実写の映画にしても誰も見ないし、そもそも見れるものにするのってすごく難しいわけよ
アニメや漫画なら見るかもだけど
その既視感を感じる数々の設定を盛り込んで、かつ見れるレベルのヒーロー物の映画にしたっていう点は評価されていい
撃った切ったの爽快感が全てのアクションならともかく、「ヒーロー物の映画」って滅茶苦茶作るの難しいよ

425 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 04:42:40.11 ID:zVPHhTVUO
宇宙戦争を面白いとかいうヤツ初めて見たな
ちょうどその当時シネコンでバイトしてて、優待で見た人みんな酷評してたわ

431 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 04:53:24.79 ID:7w8Jme0f0
>>421
うん、そりゃは評価はされるべきだと思うよ
でも世評的には大絶賛の嵐だった気がしたし、大ヒットしたから
そこまでかなあと、どうしても一言言いたかったよ

>>425
なんであの映画が評判悪いのか、理解できない
黒沢清が絶賛してたのはなにかの雑誌で読んだ

465 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 08:33:57.18 ID:fetPVn0e0
バットマンの映画のくせに、ダークナイトの名前の方を使うのが気に入らない。
2作目だけならまだしも、3作目は完全にバットマンライジズで正解だろ。
次の三部作wはケープドクルセイダーで映画作れよ。

473 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 09:08:17.86 ID:QATTMRlP0
ダークナイト見たけどいまいちだったなぁ。

バットマン自体が特殊能力があるわけでなく、普通のおっさんが
コスプレして戦ってるってだけで「変なオッサン」として
見てしまうわ。

476 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 09:11:52.67 ID:M0sKkYSM0
ダークナイトがつまらないって言ってる人はどんな映画が好みなの?
ちょっとおすすめを2、3本教えてほしい

483 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 09:23:51.21 ID:W2rz/plp0
日本人にとっちゃ漫画もアニメも子供向け特撮もこの程度の欝ダークヒーロー物は
デフォだからこれくらいで度肝抜かれるかよ!みたいな反発心は絶対あるだろうな。
「それこそ手塚治虫とか石之森とか永井豪とか楳図かずおとかジョージ秋山みたいな
領域は世界観浅いアメコミごときじゃ無理無理!もっとエグいの来やがれ!」的な。

491 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 09:38:27.88 ID:XkEoNnuD0
>>483
ジョーカーの頬の傷って、原作にもあるのか?

ないなら監督は殺し屋1でも見て影響されたんだろうな

492 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 09:39:35.95 ID:7uxk0inJ0
>>473
そこにケチつけるのは以下と同様

水戸黄門→「最初っから印篭出せよw」
遠山の金さん→「なんで顔覚えてないのに背中の刺青は覚えてんだw」
スピ版宇宙戦争→「なにあのオチwウイルスてw」
ミュージカル映画全部→「なんで急に歌いだすのw馬鹿w」

498 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 09:47:39.55 ID:XkEoNnuD0
>>175
>>181
欧米では大ヒットしたトワイライトが、ラノベに慣れてた日本の少女たちの間ではあまりヒットしなかったのと同じ

513 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 10:01:24.78 ID:QATTMRlP0
>>492
意味が全然違う。
ヒーロー物なのに全員中身は普通の人間でショボィから萎えるってこと。

522 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 10:06:29.76 ID:dhlYJ1dg0
圧倒的優位にあったバットマンがバイクでジョーカー轢き殺そうとするが出来なくて勝手に転倒し気絶
タイマンでは敗北
こーいうのが日本人からするとイライラする。格好悪すぎるし理解もできない。オタは何か色々言うだろうけど言い訳はいいって感じ。理屈じゃなく、見た時の感性として糞つまらんのだよ

524 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 10:06:51.54 ID:QATTMRlP0
訂正するわ。面白い面白くない以前の話。

最後は少し高い所から落ちて死ぬってのを見たときに
まぁこいつら普通の人間だもんなぁ。普通のおっさん共がコスプレ着て戦ってるのかって
思ったら萎えた。
スパイダーマン他のヒーローものなら、面白い・面白くないって話しなんだけど
バットマンは設定で萎える。


533 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 10:11:20.23 ID:OHvw2WjyO
ノーランはバリバリの映像派だからな
アクションが下手なんであんま理解されないけど
無茶苦茶な金のかけ方をして凄い映像撮りたいだけ
インセプションの列車が街中走るシーンなんかもあれCGじゃないんだぞ
凄い映像撮れりゃそれで満足ってオタク系監督

CGアクションばっか流行すぎてあの手の演出が伝わりにくくなっちゃったのかなぁ
脚本がつまるつまらないとかじゃなくて単純に映像が凄いんだって
スローとかアップとか技巧的な編集はほとんど無いしね

545 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 10:22:08.68 ID:OHvw2WjyO
>>524
日本はバットマンの設定に理解がない人が多いね
バットマンってただの金持ちマッチョがコスプレして自警行為してるだけの変態だし
敵も掴まればムショじゃなくて精神病院に送られるキチガイ犯罪者ばかり

日本人はドラゴンボールが漫画の頂点だけあって、超能力バトル好きだよねぇ
個人的に腐るほどある超能力ヒーローよりバットマンの設定のほうが珍しくて全然面白いと思うけど

551 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 10:25:19.77 ID:MqA+S1ww0
>>513
お前がパワードスーツ着るタイプのバットマンやアイアンマンみたいなのが嫌いなだけじゃん
アメコミには先天性や突然変異で能力持ったヒーローが腐るほど居るんだからそっち見ろよ

566 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 10:32:37.39 ID:QATTMRlP0
>>545
>バットマンってただの金持ちマッチョがコスプレして自警行為してるだけの変態

まさに俺はココについてけないんだわ。

>>551
ダークナイト面白いって評判だったんで見たけど、次から見ないわ。
「パワードスーツ」と言える位、圧倒的な力を持つスーツだったら
何とも思わないんだろうけど、犬にも苦戦するようじゃ
コスプレに毛が生えたとしか・・・

594 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 10:55:47.38 ID:paB3T4fZ0
今回はバットマンをはるかに超える成績のアベンジャーズが日本でどんだけ売れないのかが楽しみ


648 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 15:19:55.12 ID:xn+/jinF0
ダークナイトのどこがいいのか良くわかんない
金持ちのくせにやってることは町の治安よくしようとかそんなもんだろ
暗くて魅力ないし誰かを笑顔にするでもなく出てくるヒロインもブス

649 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 15:21:35.21 ID:OwQ7qO7E0
>>648
スーパーマンお勧め

684 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 17:48:21.23 ID:I1swQ1A80
ゴダールなんてノーラン以上にどうでもいいけど
キューブリックやコッポラはノーランより普通に上だわ
キューブリックの映像にもコッポラの叙情性にも勝ってない
2001年宇宙の旅と地獄の黙示録はダークナイトより明らかに上
ついでにいうとリドリースコット、スコセッシにも勝ってないな
まぁライジングはたぶん見ると思うが

707 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 20:02:54.24 ID:I1swQ1A80
あぁそうか
デパルマに近いのかもなw
確かに大衆受けのする大作も作れるし洒落た作品も色々できるし多才だけど
実は確実にこれというものもないという点で似てるかもな

710 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 20:09:24.53 ID:I1swQ1A80
じゃあ是非wその一流の音楽とか文学などなど、ゲイジツやらの含蓄から得られた
実に表明的でないようなノーラン・キューブリック・コッポラ論を聞かせてくれんかね
単に鼻で笑われるようなまがいものの玄人風を吹かせて煙幕張ってるのでなければな

715 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 20:41:34.47 ID:quZGGIMQO
>>710
いや他の人は知らんけど、俺が言ってるのはゴダールと比べてって話な
ゴダールは「映画とは何か」って命題に最もうまく答えた映画作家だと思うけど
ノーラン・キューブリック・コッポラは「映画とは何か」って命題を最もうまく回避してる作家
だから同じグループの中で上とか下とかみみっちいなと思うわけ

726 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 21:58:09.34 ID:qqgo9u+r0
>>707 そりゃないんじゃないの。
デパルマ映画には、どうしようもないダサダサなところがある。
ノーラン作品のスタイリッシュさは方向性を異とする、本質的にはそれと大して違わないカッコ付けな自己の表出なのかもしれないが、
それでもやはり幾ら何でもデパルマよりは色々とサマになってるように思うよ。 


730 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 22:26:29.78 ID:I1swQ1A80
>>715
いやいや他人様の教養の程度を腐しておいていまさら他人は知らんだの
ゴダールと比べてだのないわー、そんな主観的かつ構成的な区別が出来て、
なおかつその区別の内側での比較が無効とか「みみっちく」なるのなら
シュバンクマイエルやパゾリーニと「比べて」宮崎駿や高畑勲やレオーネや黒沢明や
スコセッシの映画は「同じ系譜」であるとも出来るし、従って比較するだけ無駄になり、
しかし、一体誰がそんなとんでもなことを言い出すというのだろうね?
そもそもその区別が認められるとしても、内側を比較できないことにはならないし
仮に比較できないとすれば、コッポラ・キューブリック・ノーランの差異について反論できない以上
そこに存在する大きな違いをまったく別種の分類法で上書きする詭弁を弄してるだけ
つまり10円駄菓子か否かが重要だからうまい棒とよっちゃんイカの成分の違いはどうでもいい
といっているようなものw
まぁゴダール厨というよりも字面だけの知ったかぶりの匂いしかしないわけだが、
とりあえずは映画の「命題」云々がキューブリック・コッポラ・ノーランの比較を
なぜみみっちくしうるのか文章にして説明してみようか

743 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 23:12:00.87 ID:I1swQ1A80
あらあらw
言うにことかいて風を吹かすのをやめて中身を語りだしたのは進歩だが
えっと、ノーラン・キューブリック・コッポラは「同じ系譜」であり
ゴダール様のように文学音楽に至るまでの哲学的な「何か」を問うてはいないので
比較するだけ「みみっちい」のではなかったのでしたかしらん?
しかるになぜノーランとキャメロンを比べてノーランは映画とは何かw
を感じさせるというご高説を開陳なさるのか、ゲイジツには疎くとも
日本語にはそうでもないと自任しているわたくしにはわかりませんな

744 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 23:12:16.46 ID:wM7wd4Rp0
映画は90分~長くて120分じゃないと途中で飽きる
大抵やたら長いのは駄作

748 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 23:19:22.00 ID:exjnAMtD0
>>744
そんなことはない
面白い映画は長いほどうれしい
同じ値段なんだから長い方が得でしょ
タイタニック、指輪三部作、アバター、ダークナイト、ドックビル
長時間映画に名作多し

749 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 23:21:05.91 ID:WOp3664S0
最近じゃ字幕もろくに読めなくなったし時間が長いと文句を垂れるゆとりが増えた

750 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 23:21:12.52 ID:I1swQ1A80
で、別にあたしはキャメロンとノーランがただ単に似ているとだけいったのではなくて
ノーランとコッポラを比較した場合、キャメロンの方により似ているといったわけで
キャメロンとノーランが似ていない!なぜならセイヒツ!コウゾウ!がチガウ!(fixがないってことか?w)
とかいわれてもだったらノーランとコッポラのどこが似ているの?という話になるだけね
何度もいうが、ノーランにはコッポラのような叙情性はないし、映画に意味を叙述させることに失敗している
そういう意味において映像主体の表現が主に受けているという点が「キャメロンにより似ている」
ということ、OK?

751 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 23:21:31.25 ID:quZGGIMQO
>>743
釣りか?馬鹿なふりして遊んでるのか?
哲学的な「何か」を問うてるんじゃないよ
そういう意味ならノーラン・キューブリック・コッポラにも哲学的な部分あるでしょ
近代以降の芸術はその芸術形式に自覚的であるってこと
そこであえて無自覚なふりをしているのがノーラン・キューブリック・コッポラ

758 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 23:32:09.29 ID:I1swQ1A80
>>751
もはや釣られた俺が釣られた(以下ループ)状態だが、「教養的」にいっとくと
ある対象Xについて「何か」を問うことはすべて「哲学」なのだよ?
したがって「映画とは何か」を問うことは「映画を哲学する」ということ
で、「映画とは何か」とは文学や音楽に至るまでの意味ある哲学的な問いとして
そのゴダール様の専売特許がなぜキューブリックコッポラと一緒にされた
ノーラン様にあるという風になるのか論理矛盾でなければバカだろうという話ね
あとどうでもいいからそろそろその近代/形式とやらも解説して欲しいね

759 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 23:32:52.85 ID:quZGGIMQO
>>750
まじでわからないんだな
「それ自体が写真であるようなただただ美しいといえるカット」
なんて言っちゃうんだもんな
他にも叙情性が…音楽が…とか
評価軸が絵画、音楽、文学の残滓でしかないじゃん
さすがに最低限の知識が無いと議論にもならん

761 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 23:38:04.06 ID:quZGGIMQO
>>758
ゴダールの専売特許とは言ってない
キャメロンの映画から深読みすることもできるし
あなたが例えに出したシュバンクマイエルやら宮崎駿やらスコセッシにも読み解くことはできる
ただ、ノーラン・キューブリック・コッポラはその問題を見えなくしようとしてるよね
100%同意してもらわなくてもいいけど
俺の言ってる意味がわからないなら話が通じない

765 :名無しさん@恐縮です:2012/07/05(木) 23:52:59.34 ID:I1swQ1A80
>>761
同意しようも何もお前は最初から何も説明していないし説得していないのだけどね
剥げたの玄人の白粉をして「ゲイジツ知らない!もっと勉強しろ」としか言っていないからね
キャメロンのコウゾウだのセイヒツさだのが、どうして観客に映画とは何かという哲学的な
問いを生起させうるのか、それがどのようにして近代芸術における絶対的な裂目であり、
ノーランやコッポラやキューブリックの比較を無意味にさせるのかを説明しような、まず

まぁただ何をいいたいかは代々予想がつくのだけれどw


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1341400065/l50人気ブログランキングへ