1 :BaaaaaaaaQφ ★:2012/06/13(水) 23:32:44.56 ID:???0
国際通貨基金(IMF)は12日、日本政府と日銀によるデフレ対策が一層強化される必要があると表明した。
ただ、輸出依存型の日本経済に悪影響を及ぼしている円高を抑制するために政府・日銀が実施する為替
介入については、国外で批判も出ているものの、一定の理解を示した。

 IMFは2012年の日本政府当局者との対日審査協議を終了した後に声明を発表、日銀が2月に掲げた事実
上のインフレ目標1%の達成に向けた措置として、期間が長めの国債や債券・株式といった民間資産を購入
するなどが可能であると指摘した。

 IMFはまた、欧州の債務危機が継続するとともに世界経済の成長が鈍化するなか、日本経済の見通しが
急激に悪化した場合、「金融緩和政策の拡大が望ましい」との見方を示した。

 日銀は既に、主に国債を対象にした資産を買い入れる基金を70兆円に拡大するなど、金融政策決定会合
の発表文で示されてきた「強力な」金融緩和に着手している。ただ、日銀は依然として、円高の是正と定着して
いるデフレの脱却に向けた措置を拡大するよう政治的な圧力を強く受けている。日本の債務残高が国内総生
産(GDP)の200%超に膨らむ中で、政府が歳出をさらに拡大することは難しい。


 IMFは声明の中で、「現在、金融政策を立案および実施していくには難しい環境にあるものの、効果的な金
緩和をさらに実施することは可能と考える」と指摘した。

 さらに、財政を正常化し、経済成長のための構造改革の着手するよう日本政府に求めた。

 IMFは「日本の財政的な脆弱(ぜいじゃく)性に対処するには、持続可能な調整策や、長期的な成長を促進す
る大胆な取り組みが必要」とした。

http://jp.wsj.com/Economy/Global-Economy/node_459722




18 :名無しさん@13周年:2012/06/13(水) 23:38:19.28 ID:QJBCrlCX0
デフレを維持したくてしょうがないからな

25 :名無しさん@13周年:2012/06/13(水) 23:39:40.35 ID:81+Tyauz0
>>1
>輸出依存型の日本経済に悪影響を及ぼしている円高を抑制するために

オイオイ、ボケかますんじゃねえよ。
日本は輸出依存型の経済じゃねえぞ。

日本の総輸出額は、GDPの15% 程度にしか過ぎん。8割以上は内需による経済だよ。
円高は、その内需産業にとって非常に好都合で、大きな利益が上がるんだぜ (景気の拡大)。

IMFのノータリンは、ヨーロッパ一つ救えねえで、イチイチえらっそに注文つけるんじゃねえよ。

172 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 00:38:57.51 ID:AgtZeOlk0
もっと円高進めろって、そんなに日本国内の生産業潰したいの?

187 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 00:44:16.26 ID:rLj4xzBQ0
ツッコミ所が多すぎてやべえな・・・
輸出依存型とか歳出拡大が難しいとか嘘だらけな上に
極めつけがなんでIMFごときが日本に口出ししてるんだ

219 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 01:00:43.85 ID:ThD7XlvX0
疑問なんだけど
日本の国債って、政府が日銀から借りてるって事?

どうもさ、日本の為替介入って、政府が日銀から金を借り
日本の公共事業等にばらまくって感じの流れになってないか?

結局さ国債ってほんとに金貸してるのは誰だ?
日本国民とよく言われるけど何パーセント?
日銀はどうなってんだ?
ちなみに非地銀だとしたらそれって国債と言えるのか?


226 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 01:06:35.96 ID:XeEanqre0
>>219
国債ってのは政府が出資者からカネを借りてるということ。基本的には日本銀行の借金じゃなくて
日本政府の借金。この出資者の中には、富豪とか銀行とかあるいは他国政府とかが含まれる。


すなわち、国債ってのは、ある一国の政府が、税金収入だけじゃまかないきれないプロジェクトなどを
やりたいときに、「年利○%で○○円借りました」という借用書を発行して、お金が余ってる人に買ってもらうときに
出す、その借用書のこと。
で、日本政府が出した借用書が、日本国債、アメリカ政府が出した借用書がいわゆる米国債。
誰かがその借用書を買って、政府にお金を渡すことを引き換えに借用書を引き取ることを「消化」と呼んでるわけ。

で、この借用書があんまり大量に出回ると、当然ながらその利子を払うためだけに毎年の税収の
多くが食われるとか、そういう問題が発生してくる。
これが「財政問題」とよばれるもの。

230 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 01:08:09.36 ID:kVdneUR90
>>18
デフレ維持政策しないとバブルになるしw

まぁ IMFとか口先機関だから ヘタレだしw

プラザ合意とかルーブル合意とかその位強烈なやつじゃなきゃ 無理っすwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

今現在 土地バブルじゃなくて  金融バブルだけどねw

238 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 01:15:10.10 ID:ThD7XlvX0
>>226
それはわかってるけど、現実にはだれが政府に金を貸してるかって話

結局日銀が大量に貸し付けをしてるとなるとだね、それは、
そもそも借金なのかって話。

なんかさ、詐欺にあってる気がするわけさ、ユダちゃんに
日本国の紙幣、それを刷って日本政府にに貸し付けってw
それで借金大国と言われても、そりゃ借金じゃないでしょ、通帳の書き方じゃないのかなって。

そもそも円安誘導のために、さらに国債を増やし、政府場日銀から金を借りばらまく
なんかおかしくないか?
いっそ、日本政府発行券を作るべき、日銀が機能してないから、円が高くなり、国債を増やさなければいけないのだから
それか、日本銀行を政府直轄におけば、国債のどんだけ無くなっちゃうんだろう。




243 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 01:19:51.35 ID:XeEanqre0
>>238
現実には国債ホルダーである銀行とか預金者が政府にカネを貸してるわけだよ。

あと、ユダヤとかはまったく関係ない。こういう国家財政運営の仕組みは東洋西洋関係なく
自生的に発展してきてるから。

たとえば、江戸時代、ユダヤのユの字も日本に無い頃から、各藩は藩は藩札という国債、地方債を
すって財政をまわしていたわけだが。これにユダヤが関係してるとおもう?
ナンセンスもいいところだろう。
基本的に、人類のオツムで行政機構をまわそうと思うと、自然に「国債」的な発想に
行き着くというだけに過ぎない。

なぜなら、江戸時代に限らず古代の中国でもヨーロッパでも、政府が借用証書を発行して、それを民衆や
商人が買うという、そういうシステムはあったから。

249 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 01:24:06.31 ID:ThD7XlvX0
>>243
本当に銀行と日本国民が金を貸してるのかそれだけなのか?
1000兆円も?
どう考えてもおかしいと思うんだけど
日銀にから借りてるってのがほとんどじゃないのか?
日銀は紙幣刷って、政府に貸し付けしてるんじゃないのか?
そして国債を増やし、公共事業等でばらまいてきたんじゃないのか?

日本の借金って、本当は何だ?

254 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 01:29:22.58 ID:XeEanqre0
>>249
そう。1000兆円も。
「利払いを後でしますからお金を貸してください」って約束をした証書を、
日本政府は発行した。アメリカ政府だともっと大量に。
んで、それを「消化」した連中に銀行などがある。

別におかしくはない。いきなり1000兆円になったわけじゃない。
敗戦でがらがらポンした日本が、戦後はじめて借金に手をつけたのは確か1970年代初頭
だったと記憶してるが、それまでは我が国は無借金国だったのだ。マジで。凄いでしょw
ところが、その戦後初の借金以来、毎年毎年、国債を発行し続けてきて、ついに40年後の今
この額に膨れ上がったわけさ。
ちなみに、戦後最初の借金は建設国債で、額もせいぜい数十億円だったんじゃなかったかなw
授業で習ったときの記憶が正しければ。
最初から1000兆もあったわけじゃない。それどころか敗戦後10年以上はほぼ無借金だったんだぜ。我が国はw

259 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 01:32:36.13 ID:w3aHJ2mK0
>>230
デフレで都合がいいのは、賃金上げたくない大企業

「ほら、牛丼1杯280円だから、給料安くても生活できるでしょ?」

バカは一生牛丼スパイラル
その間に金持ちはもっと金持ちに

276 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 01:40:47.42 ID:ThD7XlvX0
>>254
本当にリアルに化してる地方銀行や、国民がいて
それだけの証書が本当に出てるなら、今頃パニックじゃないかと思うんだけど

どうしても納得できないんだよね、日本政府に
日本国民や、各銀行が、正直普通に1000兆円も安心して貸し付けしてるなんて
金持ちは国債売って別の金や資産に普通なら変えまくってんじゃない?

それとさ、日銀も国債をいっぱい持ってるはずだよ、だって、政府が借りるのはやっぱ日銀からだもん
そもそも、日本円を下げるためには、国債を大量に日銀に買わせ
公共事業などをする事って普通にみんな言うじゃないか?


289 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 01:49:13.83 ID:QAY9thbn0
>>276
> 正直普通に1000兆円も安心して貸し付けしてるなんて
まだまだ借りかれるし(だから金利が低い)、
いざとなったら刷って返す(日銀直接引き受け)から大丈夫。

> 日銀も国債をいっぱい持ってるはずだよ
8%だっつってるじゃん。

> 政府が借りるのはやっぱ日銀から
政府が直接日銀から借りるのは「日銀直接引き受け」って言うんだけど、
これには国会の議決が必要。

292 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 01:49:42.67 ID:iPBuL6Yz0
そりゃ公共投資が20年前と同水準じゃデフレにもなるわな。
公共投資を悪とみなしたことが馬鹿の極みなんだよ。

庶民は自分の首絞めていることがわかっていない。
大企業の首絞めているつもりだけどな

298 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 01:52:31.42 ID:w3aHJ2mK0
>>292
ホントその通り

維持費ばっかりかかる箱ものとかはダメだと思うけど
インフラ整えるのは将来世代のためにも必要だよね

公共投資イコール「箱ものつくり」みたいにしか見えてないのが問題

公共投資を「ばら撒き」とか嘘つく大新聞も問題

299 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 01:52:35.29 ID:8jK01D7H0
自ら、スポンサーを叩くとは…

305 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 01:56:09.48 ID:WjQEhCkQ0
>>299-300
お前らは何か勘違いしてるが、IMFの拠出金を借りてるのは途上国とか資本不足の国であって、
別にIMFが借りてるわけじゃないからな。
IMFは仲介機関、お金があまって資本を輸出できる国と、お金が足りなくて資本を輸入したい国とを
つなげて仲介する組織であって別にIMFが日本や中国といった出資国からカネ借りてるわけじゃないから。

308 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 01:58:30.72 ID:ThD7XlvX0
>>289
> 正直普通に1000兆円も安心して貸し付けしてるなんて
まだまだ借りかれるし(だから金利が低い)、
いざとなったら刷って返す(日銀直接引き受け)から大丈夫。

これって、結局日銀に円をすらして金返させれせばいいんじゃね?
そうすれば国債のほとんどが消えるじゃん

円を下げたいんだしそうすべきじゃないだろうか?



310 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 01:58:46.31 ID:KLEfZSND0
>>305
貸し付けれる金があるからこそIMFはデカい面出来てるんじゃないの?
前々から疑問だったんだが、この組織って一体先進国にとってどういうメリットがあるんだ?

312 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 01:59:37.36 ID:b4v5ioKr0
単純に言えば、

貧乏な国が頑張って豊かになってくるのと、
金持ちの国が吐き出して貧しくなってくるのが、
徐々に進んでるだけだわ。

その過程で、産業能力の移転が起こるから、
極端から極端に偏らないように調整してかないと、
ショースケ・オハラになっちゃう。

316 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 02:02:22.67 ID:NsyIjA460
>>310
韓国見ればわかると思うが途上国や新興国を借金漬けにして奴隷化することができるよw

332 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 02:16:38.58 ID:akh6psFS0
借金1000兆円だと完全に自転車状態。
もうなにをやっても借金は減らせない。
自民民主のせいでこうなった。
最後の日までこのまま行くしかないな。

336 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 02:20:10.57 ID:ThD7XlvX0
>>332
だから、その金は、みんなが教えてくれたけど
日本の銀行や、保険会社なんだよ持ち主は

結局日本銀行が金刷って、買い取ったら済む話
そうすれば円安にコントロールもできるんだよ

逆にそうしないのはおかしい状態だと自分は思います。


341 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 02:25:29.14 ID:KLEfZSND0
>>336
原則禁止だからそれ

345 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 02:28:17.68 ID:ThD7XlvX0
>>341
なんで?
禁止の理由や、禁止してる人達組織はどこ?

誰が文句言えるの?

417 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 06:56:54.08 ID:tbxarZOg0
インフレにならないからって、
借金で国を回していいわけないだろ‥

本末転倒

クラッシュした時のインパクトは3倍。

430 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 07:12:53.11 ID:QJtnCO/W0
>>417
バカじゃねえのか。
デフレだから金は預金に廻る。
預金の行き場は国債くらいしかない。
これが「借金」の正体だろ。
デフレで預金がどんどんたまっても金は動かないんだよ。
動かない金は死んでると同じなんだ。
血がどろどろになって止まってるのと同じ。
つまり動脈硬化なんだよ。
解決するには血を薄めて廻すしかねえだろうが。

431 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 07:13:50.80 ID:CNj5vAQJ0
国民一人に百万配ればいいよ、家族じゃなく個人にな
馬鹿みたいだがこれで景気も上がるし日本も円安になるよ。みんなが幸せだ

437 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 07:25:20.95 ID:+G6MqO4O0
>>430
いやもっと単純にインフレは借金が実質目減りする。
デフレでは増えるってことだ。

政府の借金の問題はそこだろうな。
だから財務省は増税、増税、増税という。

財務省は金の出入りだけが重要で経済のこととか関係ないしな。
縦割り行政だからノータッチ、どうなろうがチラネーヨ。

441 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 07:30:07.49 ID:evdOjcy6i
日銀が何で金を刷らないのかわからん・・・
インフレを懸念してるというが擦り続けない限り
そんなインフレ起こらんんだろうに。

444 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 07:31:45.54 ID:UUwq08cz0
日銀が全部受けるゼロ金利国債を300兆円ほど発行して
復興と新エネルギー開発に使えばいいと思うよ
需要があれば供給増やしても問題ないでしょ

451 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 07:34:24.03 ID:QJtnCO/W0
>>444
復興に新エネルギー開発に、軍事費に、教育費に、老朽化した公共施設の更新、はっきりいって需要なんて無限にあるぞ。
せっかくデフレで円高なんだからどんどん刷って国内に事業発注すりゃいいじゃねえかよ。
ほんと、バカみたいなお話。

463 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 07:47:26.31 ID:gTlEBnvG0
経済が弱い国は『高インフレ、高金利、通貨安』だな。日本と正反対。
つまり日本は経済が最も成熟した国を示す。しかも20年続いている最強経済国家。
奴隷日本人は働き過ぎたんだよ。

483 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 08:52:33.13 ID:vOfBE7eC0
じゃあ何で輸出依存型じゃない、内需国の日本が、
不況、仕事なし、ワープワ拡大してるの?
おせーてエ□い人。

507 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 10:26:12.07 ID:bWjnJKZb0
>>483
各内容は時系列はバラバラです。一つ一つを検証したものとして考えてください。また賃金は良くも悪くも経済に直結します。
”経済とはいわゆる労働者の賃金だ”とか”経済とはいかに無駄な事を効率よくさせるかだ”とかいう書き込みを見た事がありませんか?
本来はバラして考えてはいけない物なんです。それをふまえた上でー

過度な規制緩和をしたから。一番でかいのが企業が異なる業界への参入が容易になった事。これにより事実上の賃金低下の
ブレーキを外し賃金低下をアクセルのみにした。

問屋制度及び複雑な流通を簡素にした。当然働く場所が劇的に少なくなる。人があぶれれば賃金を下げやすくなる。
(余談だが問屋には職人育成のシステムもあった(いわゆる目利き)また地域内で価格統制を担保し域外に進出はしなかった
いわゆる紳士協定が結ぶばれていたから広域での価格破壊(悪く言えば賃金低下の温床)を起こしづらくしていた)

大店舗規制が無くなった。基本的には上の問屋と同じメカニズムです。もっともこの規制がなくなって一番の問題が実は・・・
私達が”選ぶ”と”選ばされてる”の区別が非常に曖昧になるって事なんだが、それを理解している人はまずいない。
ためしに自問自答して答えを出してみ?(今の40代から曖昧になってきているはず)
また答えを明確に理解している人は他の人に質問してみ?たまにどう考えてもありえない答えが返ってくるから。

さらに全ての問題の根源はマスコミ放道によって行われた事も付け加えておく(30年以上前からキャンペーンを張ってるんだもんなぁ)

529 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 11:20:06.85 ID:mKDY3zdO0
>貿易相手国の一部から厳しく批判さ??れている日本の為替介入

日本の円高が進むと韓国は物凄く困るはずなのになんで批判するの?

530 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 11:22:56.97 ID:qLONSXjj0
>>529
為替介入自体が経済原論からすれば屑の所業なんで
少なくとも「介入します」と言ってやる馬鹿はいない
いや、日本に一人いたけどさ

532 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 11:25:57.66 ID:KKs9h4ZW0
国家が介入しても英国のように支えきれなくなったときどうするつもりだ。

533 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 11:26:33.04 ID:qLONSXjj0
>>532
そしたら円安になるから良いんじゃないの

534 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 11:29:56.17 ID:QkH9lf1H0
>>530
それ言い出したら投機目的の為替介入もクズの所業だぜw

545 :名無しさん@13周年:2012/06/14(木) 11:38:08.89 ID:qLONSXjj0
>>533
円高を保つためなら支えきれなくなるって事はあるだろうが、円安を保つために
支えきれなくなるって事は、非不胎化しない限りありえんと思うぞ


http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1339597964/l50人気ブログランキングへ