1 : ◆YKPE/zzQbM @ゆきぺφ ★:2012/04/28(土) 22:05:47.14 ID:???
 年々、赤字国債が膨らむ日本。その日本に対し、早稲田大学国際教養学部教授で生物学者の
池田清彦氏は、「ねずみ講国家だ」と厳しく指摘する。

*  *  *
 日本は本当に自転車操業のねずみ講国家だと思う。第二次世界大戦中に発行された戦時国債が
預金封鎖とハイパーインフレで紙くずになったのに懲りて、日本政府は赤字国債は発行しない約束で
あった。しかし、喉元過ぎれば何とやらで二〇年でこの約束は反故になり、一九六六年、佐藤栄作
首相と福田赳夫蔵相のもと、戦後最初の赤字国債が発行された。当初は確かに恐る恐るだったが、
しばらくすると予算が足りなければ赤字国債を発行すればよいと居直ったのだろう。あれよあれよ
という間に借金は一〇〇〇兆円を超えたのはご存知の通りである。

 二〇一一年度の歳入は九二兆円余り、その内四四兆円余りは借金である。歳出のうち二一兆円余りは
借金の返済金で一〇兆円程は利子である。借金を借金で返しているという最悪の構図である。

 ねずみ講は国家財政だけではない。年金も完全なねずみ講だ。政府は従業員五〇〇人超の企業で
年収九四万円以上の非正規社員を厚生年金に加入させて、処遇の改善を図りたいとおためごかしの
政策を発表したが、要するに年金を支払う金がなくなったので、うまいことを言って貧乏人からも
徴収しようという話ではないか。高利回りとウソをついて新規の客を募り損失の穴埋めをしたAIJ
投資顧問とおんなじだ。年金制度は可及的速やかに解体するのが最善だが、とりあえず今さえ騙せれば
それでよいという官僚に支配されているこの国では何を言っても空しいだけか。

※週刊朝日 2011年5月4・11日合併号
http://www.wa-dan.com/article/2012/04/post-587.php

44 :名刺は切らしておりまして:2012/04/28(土) 22:41:24.49 ID:G7XL/day
富が偏在しすぎてくるとインフレで帳消しにしようということになるのかも
しれんな。

111 :名刺は切らしておりまして:2012/04/28(土) 23:28:50.89 ID:g4TjiD0e
世の中にお金ができた時
日銀が利子を1%つけて作って銀行にくばったとして
一年後銀行が日銀にお金をかえしたくても1%分この世にお金がない
お金がないので返せない返せないので日銀にお金を刷ってもらってそれを借りる
また一年たつとまたお金が~の繰り返しなのでねずみ講ににてますよね?

121 :名刺は切らしておりまして:2012/04/28(土) 23:37:06.13 ID:RW1l2wAp
>>111
何言ってんのか知らないけど、資本主義社会では銀行への借金は必須じゃない。
君が言ってるのは銀行主義か紙幣主義か、あー拝金主義という奴じゃないか?

社会主義、拝金主義、功利主義は本質的に同じものなのよね。
同じ利権を奪い合う間柄だから憎悪を憶えるんじゃねーか?

どっちにしろ真性の資本主義・自由主義陣営に属する俺には関係ないわ。

128 :名刺は切らしておりまして:2012/04/28(土) 23:43:13.63 ID:ssCH1w8a
>>121
違う。借金は必須なんだよ。

・通貨は銀行しか発行できない
・発行して増やした通貨を銀行はタダで配ったりしない(貸し出しでしか増えない

実際、銀行から借金しないとカネは市中に流れない。
例えば工場で働いてもらった給料だって、元を正せば最初は工場立ち上げ時に銀行から融資されたカネだったりする。

何も無いところに突然、通貨が降ってわいたりしない。
必ず最初は誰かが銀行から融資されてる。




135 :名刺は切らしておりまして:2012/04/28(土) 23:46:28.17 ID:RW1l2wAp
>>128
つっても、日本の政策金利は0~0.1%。事務手数料みたいなもんだ。
君の話だと銀行屋は無償で働けってことになるよな?

お前みたいな保身主義者(社会主義、功利主義、拝金主義)のゴミは、
結局、どのような社会システムであろうと『誰かのせいだ』と不満を言うんだよ。

文明人(ヒューマン・ビ-イング)の振りをして意見を述べるな、この家畜野郎。

147 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 00:02:14.13 ID:USIzQ9zu
>>135

馬鹿過ぎワラタw

銀行が発行した通貨はタダの紙キレ。
それが戻ってくれば金利なんてタダでも大もうけなんだよ。
1万円刷るのにコストは紙代とインク代だけだからなw





153 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 00:06:41.43 ID:Xr+fhe/L
>>147
お前は銀行屋は自分たちの給与を印刷機で刷ってるとでも思ってるのか?
まあ、たしかに記番号がゾロ目のレア紙幣を抜き取ったりと言った不祥事はあったが・・・

163 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 00:17:14.96 ID:USIzQ9zu
>>153
そうは言ってないが貸すときの担保も貸した後の返済で働くのも

「借りた方」

であって、貸した銀行は本当の意味では通貨に価値を持たせる働きはしてない。

「この銀行券には全く裏付けはない。しかし市場で取引すると、他人を働かせることができるよ。
法律でそう決まってるから受け取り拒否出来ないよ。

だからこのカネ、おまえに貸してやるから、それで人を働かせて何かモノ作ったりサービス提供に使えよ。
そうすれば、その新たに生まれたモノを市場で取引して儲けられる(かもしれない)よ。

強いて裏付けと言えばおまらが働いて将来作るだろう、そのモノやサービスだよ。
その未来の「創造」をこのカネの担保にするよ。
もちろんおまえらがちゃんと働くことは「信用」してるよ。

分かったらちゃんと働いてカネ返せよな。俺は何もしないで待ってるけど、利息も必要だからな。
じゃあの。」


と、まあこういうこと。




167 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 00:25:01.61 ID:Xr+fhe/L
>>163
で、おたくは通貨の存在しないバーター取引の世界にでも憧れてるわけか?

俺は借金こそしないが銀行屋は便利だし必要だと思ってるから、
いなくなってもらうと非常に困ると考えている。

東京電力は倒産させるべきだと思うけどさ。

168 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 00:26:34.13 ID:USIzQ9zu
>>167
通貨発行権を民間企業(日銀でさえ半官半民)が土kすえんしてることがおかしい。
公共通貨を導入するべきなんだね。




457 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 21:29:46.98 ID:OQ21uUln
ある村に初めて通貨が導入されたとしよう。
それまでその村には、物々交換していたので、いかなる通貨も存在しなかったとする。

その村に初めて銀行が設立され、村に100億貸し出されることになった。
村はそのカネで道路などを作りインフラを整備するとしよう。担保は村の土地である。

村の経済は、その通貨のおかげで発展したとする。
しかし銀行から借りたその100億は、期限がきたら返済しないといけない。
例えば20年後、借りた100億を全額返済したらどうなるか?

村には最初に銀行から借りた100億しか通貨が存在しないので
全額返済したら村には通貨がなくなり貨幣経済が崩壊、元の物々交換に戻ってしまう。
また返済出来なかったら担保の村の土地は銀行に取られてしまうのだ。

実際には自体はもう少し複雑で、20年後に返済するまでに、
例えば学校を建てるから、とか別途に銀行から重ねて100億借りたり、
工場を建てたい人が、さらに50億借りたりして、村に出回るカネはどんどん増える。
発展が続き投資(借金)が増える限り、出回るカネの量も200億、300億と増えるので
最初の借金は簡単に返せるのだ。

しかしインフラも整い十分発展して投資が少なくなったらどうなるか。
最初の例の通り、市中からカネが銀行に戻り、貨幣経済が崩壊してしまうのだ。
実際に上記のことが今の日本や先進国で起こっている。

よく考えよう銀行が貸したカネの「担保」は当然、銀行のモノではない。
借りたカネ(タダの紙キレ)に「労働で価値を与えた」のも借りた村のほうで銀行ではない。
そもそも銀行のカネとはなんだ?
そんなものは無いのだ。国の通貨インフラでしかない。
それが現代の管理通貨体制の真実である。

結論:日銀に国債引き受けさせろ。


487 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 22:36:10.97 ID:UWUhR+Lt
>>457
その話を村が通貨を発行したと置き換えると
永遠に返さなくてもなんの不都合はないんだよね

最初のカネで村人が作物や工業製品を生産し、得たカネを消費して
それを元手に誰かがまた生産する
なんだかわからんがお金ってものは仮の変数みたいなもんだよな

経済活動が機能してモノもカネも人材もあるときに
通貨を発行してる国自体の借金で国が破綻することはない


490 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 22:47:20.09 ID:OQ21uUln
>>487
この村の話をリアルにやってるのがエコノミックヒットマン。
銀行は最初から貸したカネが返済出来なくなるなんて先刻承知でやってる。


これまで第三者によってでしか報道されてこなかった、アメリカによる国際陰謀・工作の詳細が、
初めて中心的実行員によって暴露された。どれもこれも「やっぱり・・・」と、
?目新しいことはないかもしれないが、確認と納得の意味で一見の価値のあるビデオ。
エコノミック・ヒットマンたちはこのほかにも多数の陰謀に関わっており、
これらの生々しい?話は英語であるがネット上のPerkins氏のインタビューでも確認できる。

初めて実行員が暴露した、アメリカの国際陰謀・工作秘史



498 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 23:18:21.46 ID:GdyLODil
>>490
なるほど、途上国に利子つけて金貸して借金のカタに国ごと支配するわけか
でも経済実体に見合わないないほど過大に金を借りる方も悪い
日本の場合は先端技術から田畑まで確固とした国力の実体があるから
一緒に出来ない

むしろ、このままカネ回りばかりを気にして国力自体を落としてしまうことの方が危機
終戦直後のインフレとか半島の危機とかとは違うのに

502 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 23:33:40.08 ID:OQ21uUln
>>498
もっと根本的に違うのはドルを借りたらドルで返済しないといけないが、
米国以外はドルを勝手に刷れない、ということ。

しかし円なら?

当たり前だが円は日本の通貨だから勝手にいくらでも刷れる。
もちろん無限に刷ったらインフレになるが生産力に見合った発券はできる。
というよりしないといけない、デフレになるから。





503 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 23:37:28.05 ID:Xr+fhe/L
>>502
もっともらしく言ってるが日銀はとっくにやっているはず。
たしか日本円の国内通貨流通量は一般的な先進国の2倍以上ある。
つまり、現在の日本国内には日本銀行券が異常なほど余りまくってる。

それでもその流通状況はデフレ状態なのだから、
原因は別にあると考えるのが妥当だと思う。

507 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 23:46:41.43 ID:OQ21uUln
>>503
その刷った円は銀行の金庫にあるんだよ。市中にはない。干上がってる。
銀行?その金で国債買ってる。ちっとも市中には出回らない。



513 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 23:53:15.98 ID:Xr+fhe/L
>>507
>銀行?その金で国債買ってる。ちっとも市中には出回らない。

ソースはある?
ならば、国債がデフレの原因で間違いないんじゃないか?

そうすると、
日本はすでに異常なほど紙幣が余りまくっており、
これ以上紙幣を増刷するのは危険。
国債をマネタイズすることで流動性を向上させる方策を採らねばならない。

で、いいんでないの?

518 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 00:04:36.21 ID:Jta9s8Vq
>>513
ソースも何も常識。調べるの面倒だから自分で探して。

BIS規制で貸し渋り、貸しはがしが起こり、カネが銀行に戻り、市中には不足。
しかし銀行は投資先がない。結果、国債買って余剰資金を運用という流れ。

国債をマネタイズするには投資先が無ければならないが国内には無いし、
そもそも何度も書くが、貸し出しでマネタイズしていけばいつかは金利付きで返済しなければならず
無限の成長が必要になってくる。

しかし現実にはリソースに限界があり無限の成長は無理。
よってシステム変更が必要。




525 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 00:17:01.31 ID:P+TD5BbV
>>518
>そもそも何度も書くが、貸し出しでマネタイズしていけばいつかは金利付きで返済しなければならず
>無限の成長が必要になってくる。

はい、ダウトw
現在の日本は『ゼロ金利政策』を実施しており、
君の言う構造的問題点は金融政策の一環として難なく解消されている。

つまり君の言う『よってシステム変更が必要。』という下りは文字通り【真っ赤なウソ】
その程度のペテンで騙せると思うなよ、この社会主義野郎め。

526 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 00:19:24.15 ID:Jta9s8Vq
>>525
金利とは別に行政指導というのがあってだな、、、
現場を知らない馬鹿はこれだから。

それにいくら金利が低くてもデフレだと実質金利が高いから借りないんだよ。馬鹿だろ。

75 :名刺は切らしておりまして:2012/04/19(木) 06:59:32.29 ID:AYkgDPoL
>>44
俺は零細経営だけど
今の銀行は融資めっちゃ絞ってるよ。
うちは運転資金融資(短期で出し入れして運転資金の短期的な不測を補う  カードローン的な奴)
の枠が4000万あったんだけど
今期いきなり1000万になった。
3期黒字  融資返済については一回も遅れてないのに。
かなり困ったよ。
一年に一回くらいある資金ショートに備えて現金を貯めるハメになった。
今預金残高が6000万あるけど、使えないのよ。これが
2000万位に落ち込む事はたまにあるし
資金ショート=倒産だからね・・・




588 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 02:12:51.35 ID:kWljk366
>というわけで、なによりも”ねずみ講”なのは、現代の金融通貨制度そのものだ( ´,_ゝ`)プッ

>デフレスパイラルに苦しむ日本にとって必要なのは(日本にかぎらずこれから世界各国深刻なデフレに陥るだろうが)
>まさにそのインフレなわけだが?w

上では、現在の金融制度を否定して
下では、現在の金融制度を利用して通貨を増やせと言っている・・矛盾してね?w

593 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 02:26:57.69 ID:rEaCl+Pz
>>588
たしかに一見矛盾に見えるかもな。

が、上は、本質な原則論、よりラディカルにさまざまな経済的諸問題の根底にある金融制度そのものの欺瞞を指摘したもの。

下は、その現状の金融制度の欺瞞を認識した上で、その枠内での穏健的な最善策を提言したもの。

ま、上に原則論にどこまでも則るなら、もっとも筋の通った抜本的解決策は、
Money As Deptでも語られてるように、
中央銀行制度を廃絶し、国民の代表者たる政府自身が通貨発行権を直接行使する「政府紙幣」を発行することだろうな。




596 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 02:31:59.87 ID:kWljk366
>>593
上段は信用創造を否定している。
信用創造を禁止した場合、物々交換になるか、金貨などの使用しか認めない事になる。
すると、超デフレ状況が発生するよ。
下段は、信用創造をふくらませろ!!インフレにしろと言っている。

基本的に信用創造を否定するか? 信用創造を許可するのか?
その立ち位置がグラグラしてると思うけどね

602 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 02:55:56.28 ID:rEaCl+Pz
>>596 

信用創造を否定しても、
その分政府が直接、物価変動に応じて、景気変動に応じて臨機応変に通貨供給量(ベースマネー)を増やせば、
デフレは回避できる。

例えば現状、中央銀行が供給するベースマネーが1として、
そして、それが民間金融機関の信用創造機能によって10倍に増大された金額がマネーサプライ(マネーストック)だとして、

ならば、信用創造を否定した社会においては、
政府が最初から物価変動を見つつ1ではなく10のベースマネーを供給すればいい。

604 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 03:08:40.64 ID:kWljk366
>>602
信用創造を拒否すると言う事は、借金を完全に禁止する事になるよ。
借金する人は現在マネーを持っていないけど、将来の給与で返すと言う
将来に対する稼ぎを信用してねって事だから
そして、その分の金利を付けるから貸してよって事。
信用創造を禁止は、クレジットカードもダメ。住宅ローンもダメ
友達同士の借金も禁止になるよ。

信用創造の禁止は超デフ社会になる。

606 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 03:16:06.94 ID:kWljk366
Money As Debtの問題点

個人や会社や国家が銀行に借金する事で銀行が利益を発生させているとの話はそのとうり
しかし、借金を禁止したら経済が完全に麻痺する事を理解していない。
もちろん、借金を返すあての無い人に借金をさせる事は、後の混乱になるので
返せるあてのある人に借金をしてもらう事が大切になる。

612 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 03:34:31.91 ID:rEaCl+Pz
>>604 先に>>606にレスしちゃって話が前後するけど
>信用創造を拒否すると言う事は、借金を完全に禁止する事になるよ。

なんで?禁止するべきなのは、借金ではなく、 ”金利”だ。

この金利、より正確には”プラスの金利”の存在こそがあらゆる経済的諸問題の諸悪の根源だ。
この金利の存在が、カネがカネを生むという利殖を可能にし、金融資本を、金貸しを肥え太らせ、
実体経済を担う真に富を生産する者たちを債務返済によって縛り付け、最後はあらゆる富を強奪することを可能にするのだ。

616 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 03:40:26.31 ID:kWljk366
>>612
>禁止するべきなのは、借金ではなく、 ”金利”だ。

金利を禁止したら、誰も預金しないし誰も相手に金を貸さないね。
その結果は、住宅ローンなんて出来ないから住宅会社は倒産しまくる
車のローンも禁止だから車も売れなくなる
クレジット会社も全部廃業、もちろん銀行はすべて廃業だ
でいいの?

618 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 03:45:33.42 ID:w7wpknDx
利子を禁止したら、そもそも金が回らんよ。貸し出すのにかかるコストも
ペイできないし、金を集める手間をかける動機がない。

まあ否定したモデルを作るのはいいけど、今のシステムの延長にはないよ。

632 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 04:11:49.78 ID:rEaCl+Pz
>>618
「マイナスの金利」を導入すればいい。

すなわち保有することに、保有し続けることに最初からコストをかければいい。

それは、言えば本来公共財産である経済の血液たる通貨を占有し、経済の健全な循環を阻害するものに対する、
社会的なペナルティだと考えろ。


http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1335618347/l50人気ブログランキングへ