1 :のーみそとろとろφ ★:2012/01/15(日) 04:08:37.22 ID:???
[ケンブリッジ(米マサチューセッツ州) 8日 ロイター] 
米国民は伝統的に資本主義の最も強力な信奉者だ。
だが最近の調査では、資本主義を肯定的に受け止めている人々は半分程度で、
40%の国民は否定的な考えを示している。
特に18―29歳の青年層や、アフリカ系やヒスパニック系の人々、
所得が年3万ドル未満の低所得層、自称民主党支持者の間で、資本主義に対する失望感が広がっている。

米国で行われた過去3回の選挙は、いずれも現職に厳しい結果となった。
2006年と08年の選挙では左派が勝利を収め、2010年には右派が圧勝した。
右派勢力の間では茶会党(ティーパーティ)、
左派からは「ウォール街占拠」運動が勢力を拡大したことは、
今年の選挙はいつも以上に一方向に傾きやすいことを示している。

では、市場資本主義に対する失望感はどのように正当化されるのだろうか。
それは、
1)現代の諸問題は、今日の市場資本主義そのものに内在する問題なのか、
それとも、もっと直接的に解決できる問題なのだろうか。
2)市場資本主義以外に考え得る代替策があるのだろうか、
という、2つの重要な問いに対する答えに左右される。

スタグネーションや異例なほど深刻な失業問題が日本から他の先進国にまで拡散したことにより、
雇用を創出し、幅広い中間層の生活水準を引き上げる媒介役としての資本主義の役割に疑問が生じている。
今や、米国や欧州が今後5年以内に完全雇用状態を取り戻すと確信している人はほとんどいない。
欧米とも、長期に渡って需要が経済の制約要因となる見通しだ。

そのことは、資本主義の本質的な欠陥を映し出しているのだろうか。
それとも、ケインズが示唆するように、大規模な構造改革ではなく適切な財政および金融政策で対処できる、
車のちょっとした電気トラブル("magneto" problem)のような問題なのだろうか。
筆者の見方では、圧倒的に多くの現象が後者が正しいことを裏づけているように思える。
資本主義を改革しようとする努力は、需要喚起に必要な措置からかけ離れたものとなる可能性がある。
マクロ経済政策が適切に修正されれば、現在の問題は多くが解消できると思われる。

もっとも、景気サイクルで説明できる以上に失業者が急増し、
景気が回復した後でも25歳から54歳までの米国民の6人に1人が職を見つけられない可能性や、
所得が上位1%あるいは0.01%の人々に集中しているという事実、
社会的モビリティの低下などは、資本主義がもたらす公正さに対する著しい疑問を呼び起こしている。
その問題は深刻で、自然に是正されるとは考えられない。

景気循環に関する懸念とは異なり、これらの問題に対する明確な解決策は存在しない。
実際、中国の製造業における雇用すら15年前の水準を大幅に下回っているという事実は、
この問題がテクノロジーの革新に深く根ざしたものであることを示している。

続きます>>2-5

http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPTYE80906P20120110?sp=true

前スレ 立った時間2012/01/14(土) 11:21:53.34
【コラム】資本主義はなぜ人々を失望させているか=元米国財務長官ローレンズ・H・サマーズ氏[12/01/10]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1326507713/

2 :のーみそとろとろφ ★:2012/01/15(日) 04:08:56.62 ID:???
>>1より

農業中心の経済が工業中心の経済に屈した理由は、食料に対する需要を少数の労働力で満たすことができ、
多くの労働者が農業以外のセクターに流出したためだ。
現在、製造業や幅広いサービス分野でも同じプロセスが起きており、人々の雇用が減少している。
同時に、近代工業時代の初期と同じく、産業構造の著しい変動や大量生産が可能になったことが、
数少ない幸運な人々にのみ莫大な富をもたらす結果となった。

経済構造の変化は、
過去20―30年間に同じ品質のテレビや病院への入院費の相対価格が50倍も変動したことに典型的に現れている。
平均的な労働者の賃金が低迷していることはよく引き合いに出されるが、
それは現在起きている現象の重要な側面を覆い隠している。

生産性が急速に高まっている家電製品、衣料品、通信サービスなどを基準にすれば、
賃金は過去20―30年間に大幅に上昇している。
問題は、住宅、医療、食品、エネルギー、教育などの費用と比べた場合に賃金が低迷あるいは下落していることだ。
家電や衣料品などに対する需要を満たすために必要な労働力が少なくすむようになっているため、
医療や教育などに従事する人々が増えるのは自然なことだ。
エコノミストのマイケル・スペンス氏が言うように、こうしたプロセスが進行しており、
米国では基本的に、過去20―30年の雇用の伸びはすべてモノ以外の分野で創出されている。

厄介なのは、こうした分野の多くでは、伝統的な市場経済の正当性が弱いことだ。
モノの生産に比べ、医療や教育関連の生産に対する公的セクターの関与が大きいことは偶然ではない。
例えば、鉄鋼生産から高齢者介護などの分野に労働力を移動させることが急務になっている。
また、公的セクターを縮小あるいは鈍化させることも急ぐ必要がある。

こうした流れは、産業資本主義を掲げる政府が破たんするリスクももたらしている。
市場における成果がますます出にくくなったとしても、
財政面の制約で公的セクターが対応できる能力には限りがある。
社会的保護プログラムをいつ、どのように削減(削減するかどうかではなく)すべきかが再び課題となっている。
資本主義国家の多くで基本的な債務支払い能力に疑問が持たれている。

筆者は米政府が長期に渡り非常に魅力的な条件で資金を借り入れることができると誰よりも信じているが、
懸念されるように民間の借り入れが引き続き停滞すれば、
支出や歳入が計画通りに進まないことは疑いの余地がない。
欧州の状況は、市場が財政問題を深刻に考えており、
急速に警戒感を高めることで事態を破滅的な方向に導いていることをわれわれに教えている。

続きます>>3-5

9 :名刺は切らしておりまして:2012/01/15(日) 04:21:52.08 ID:REpdXGmF
もう少し富の偏在をなくせないものか?
儲かる奴ばかりが極端に儲かる。

11 :名刺は切らしておりまして:2012/01/15(日) 04:24:43.99 ID:sFEWqxFh
>>9
チャンスは平等にあるから。
努力すればそれなりの報酬を得られるのが資本主義。
一代で財を築くやつらもいるだろ。

13 :名刺は切らしておりまして:2012/01/15(日) 04:29:17.04 ID:O3WTAGSt
>>11
平等って何が基準なの?
努力してもそれなりの報酬得られないから米国人はデモおこしてんじゃね

機会の平等ではなく、結果の平等がある程度無いと平等なんて言えない

21 :名刺は切らしておりまして:2012/01/15(日) 04:35:43.85 ID:IZf9iZlQ
>>13
頑張っても頑張らなくても一緒なら誰も努力しなくなっちゃうんじゃね?
で、結果の平等を目指したのが共産主義。

現実の共産主義で実現したのは共産貴族だけの恐怖政治。
中国然り、ロシア然り。

24 :名刺は切らしておりまして:2012/01/15(日) 04:38:04.26 ID:O3WTAGSt
>>21
結果の平等が無いと機会の平等も無い
これがわからないなら口だすな

77 :名刺は切らしておりまして:2012/01/15(日) 05:58:49.61 ID:UxY2bpcu
資本主義の本質は、需要と供給ではなく、信用創造。
信用創造があるので、投資で経済が拡大し、
またバブル化して恐慌になる。
信用創造を取り去り、計画経済にすれば、社会主義となる。


87 :名刺は切らしておりまして:2012/01/15(日) 06:12:16.55 ID:x8Zb+M6K
>>77
>資本主義の本質は、需要と供給ではなく、信用創造。
>信用創造があるので、投資で経済が拡大し、
>またバブル化して恐慌になる。

正解。資本主義というと、一般に需要と供給=市場原理と同義のように語られるがそれは違う。

資本主義の本質(それこそが資本主義の諸悪の根源)は、
まさに”信用創造”であり、その信用創造を支配する金融資本であり、
そのような金融資本が支配する金融通貨システムなのだ。

(この現状の資本主義体制下での金融通貨システムの問題はたぶん後で取り上げるw)


>信用創造を取り去り、計画経済にすれば、社会主義となる。

これはちょっと違う。信用創造を取り去ることは=計画経済ではないし、
本来、社会主義=計画経済でもない。社会主義と”市場原理”は矛盾しない。


結局、問題は、貨幣経済において、経済の血液である通貨供給システム=金融通貨システムを誰が支配するかだ。
資本主義においては、それを一握りの民間の金融資本家がそれを支配してしまうことに問題があるのだ。



93 :名刺は切らしておりまして:2012/01/15(日) 06:29:34.30 ID:Rxzkf64Q
収入上限をきめればいい
アメリカなんか持ってるヤツが持ちすぎてる



98 :名刺は切らしておりまして:2012/01/15(日) 06:34:13.99 ID:CAaVl4mK
>>93
そんな制限を設けても有能者の働く時間が少なくなるだけであって、
無能者のニーズが上がったりはしないだろ。
そして有能者達はもっと働いても良い別の国へ移住することを考えるだろう。

で、馬鹿だけの社会が残ると思うのかな?
社会というものは有能者が成り立たせているものであって、
馬鹿だけの社会など存在しえないと俺は思うよ。

163 :名刺は切らしておりまして:2012/01/15(日) 07:45:42.49 ID:x8Zb+M6K
ま、いいや。
暇だから>>87で触れた資本主義の諸悪の根源としての信用創造と金融通貨システムの問題について触れておこうw


と、言っても以下、ほとんどコピペになってしまうけど悪しからずw(だから過疎ってる今のうちにw)

以下のリンクに目を通せば、資本主義の諸悪の根源としての金融資本が支配する現状の金融通貨システムの問題がよくわかる。
ここにメスを入れずして真の民主主義社会は実現し得ないことも理解できるだろう。

Money As Debt(日本語字幕版) 動画版
知られざるお金の仕組みと、その問題点を丁寧に教えてくれます。
http://video.google.com/videoplay?docid=-446781510928242771

Money As Debt テキスト版
http://www.anti-rothschild.net/material/animation_01b.html

『アメリカの実業界において 超大物の何人かの人々はある事を恐れている
彼らは知っている
どこかに とても巧妙に 用心深く かしこく 完全に連結され
邪道な 組織化された恐ろしい力があることを。
そして それを糾弾する声を出してはならないことも わかっている』
---ウッドローウイルソン 元アメリカ大統領---

『いつのあらゆる時代でも 銀行はローンを作っている
新しい信用貸し
新しい預金
真新しいお金がつくられている』
--- グラハム・F・タワーズ カナダ銀行(1934-54)---

『銀行がお金をつくるプロセスは 心が拒否してしまうほど
簡単で受け入れがたい』
--- ジョン・ケネス・ガルブレイス 経済学者 ---

『通貨の発行と管理を私に任せてくれ
そうすれば誰が法律をつくろうとも私の知った事ではない』
--- マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド 銀行家 ---

176 :名刺は切らしておりまして:2012/01/15(日) 07:55:36.27 ID:CAaVl4mK
>>163
Money As Debtって社会主義者が恣意的に資本主義を皮肉ったものだぞ?
こんな番組を見て『資本主義は悪!!』とか信じちゃうのだから、
君は根本的に社会主義者なのかも知れないな・・・

俺は社会主義者というメンタリティの連中は人類文明の発展に何ら貢献しないと考えているから、
君に対しても侮蔑の感情を表明させてもらうよ。

俺は社会主義などという考え方が人間に幸をもたらすとは到底思えない。

187 :名刺は切らしておりまして:2012/01/15(日) 08:11:46.13 ID:x8Zb+M6K
>>176

ま、おまえならそう言うだろうなと思ったさw
が、ここで告発されてる問題点に対してはなに一つ反論も提示できないようだなw
単に脊椎反射に社会主義者認定するしかできないのだから。

だが、この内容をちゃんと見れば明らかだが(ちゃんとリンク先全て見てもらいたいが)、
ここで指摘されてる問題は、あくまで”民主主義”者としての告発告発に他ならならない。
いかに現状の資本主義の中枢としての金融通貨システムのあり方が非民主的な独裁的な支配構造してるかを告発したものにすぎない。

結局、このような告発を社会主義と談じるなら、むしろけっこうw
とりもなおわずそれは社会主義とは本来民主主義に他ならないことを認めてることに他ならず、
逆に、資本主義は本質的に民主主義の敵であることを白状してることに他ならないのだからw






283 :名刺は切らしておりまして:2012/01/15(日) 10:31:35.12 ID:Zdb+BiBy
これまでボヤかされていたけど、競争ってのは残酷で過酷だからな
みんな揃って勝つとかはありえないし、勝つのは一人、負けるのは十人とかそんなものだから、
どうしても敗者達の不満が目立つ、それだけ

286 :名刺は切らしておりまして:2012/01/15(日) 10:34:30.34 ID:djSGJwSt
>>24
結果なんてのは生まれ持っての才能と努力の相乗効果だから個人差がある。
ウォール・ストリートデモの連中の大半が本当に努力したのかも疑わしい。
金融機関で高給を得てる連中は死ぬほど努力したのかも知れんぞ。

結果の平等より機会の平等のほうが大切だと思うけれど、教育とかね。

289 :名刺は切らしておりまして:2012/01/15(日) 10:41:43.88 ID:YKCzO9fv
>>283
そのお話には続きがあるだろ?グローバル化で10人中9人がまともな医療も受けられない後進国並の所得水準になるだろ?
そりゃあ断末魔の声は大きいだろうよアメリカみたいに国土は広くないからな街中によく響くだろうよ。

>>286
だーれもウォール街の金融詐欺師みたいな高給をよこせなんて言ってない今の中間層程度の所得を維持させろと言っている。
お前ら大好きの小汚いアメリカは維持できていないぞ

293 :名刺は切らしておりまして:2012/01/15(日) 11:07:36.65 ID:djSGJwSt
>>289
人間の努力を数値化してそれに応じた報酬を得られれば、結果の平等が実現できるかもしれないけど
才能ある人は国外に働く場を求めるんじゃないかな?
アメリカが正しいとは言ってないが。

300 :名刺は切らしておりまして:2012/01/15(日) 11:15:26.61 ID:YKCzO9fv
>>293で、日本で動けない奴は地面に生えた草喰って過ごすのか?チンカス
移民問題も自己責任か?国や文化の壁も自己責任か?
なぜ賃金水準の問題で企業に合わせなきゃなんねーんだよ屑!

アメリカ社会じゃなく無国籍社会か?
なお悪いわグローバル野郎お前の娘もフィリピンで売女やらせてみたらどうだ?

311 :名刺は切らしておりまして:2012/01/15(日) 11:23:53.66 ID:djSGJwSt
>>300
極端な方だねー。福祉はまた別の話だよ。
結果が平等の社会とはどんなモデルか君の考えを披露してみてはどうだろう?
参考になる国とか、現実的なプランとか。

327 :名刺は切らしておりまして:2012/01/15(日) 11:34:31.11 ID:CuGG2D8e
え、日本の医療サービスは過剰すぎるだろ
自由競争は効率化だから過剰なサービスは必然的に淘汰されるよ

329 :名刺は切らしておりまして:2012/01/15(日) 11:35:51.28 ID:YKCzO9fv
>>311出来損ない中国やロシアと比較させたいのだろうがその手にゃのらんよ。浅知恵君
俺のこと共産主義者だとでも思ってんの?
逆に聞くがアメリカは万民がまともな生活できる社会なのか?

成功例を挙げるならば日本だ
おまえらは新自由主義者はばい菌だ。

347 :名刺は切らしておりまして:2012/01/15(日) 11:50:55.15 ID:djSGJwSt
>>329
だから、アメリカマンセーなんて言ってないでしょうに。勝手に君に決めつけられただけでさ。
アメリカの現状が正しいとは思わんよ。勝手に君に決めつけられただけでさ。
特に教育は地域によって差がありそうだし、職業訓練や進学は貧しさによって制限されているだろう。
だから、機会の平等が大事、特に教育が、と>>286でも言っている。

アメリカは日本のようになれるのかな?
日本流の成功は、世界情勢の結果と言える。欧州もそうだ。
それを踏まえて、アメリカはどうやって結果の平等を実現できるのだろうか?

382 :名刺は切らしておりまして:2012/01/15(日) 12:28:20.83 ID:Z2PIOzUI
要するに人が多すぎるのよ。
生産性が上がりすぎて労働力が少なくてすむとなったら
余剰の労働力が出るのは当たり前。
介護や教育分野に人材投入っていうと新しいような気がするけど
昔に貴族が屋敷に何人も召使いを雇っていたのを
世襲や財産によらず社会的システムにするって事ではないの?
若い時は召使い、老人になったら貴族というように。

389 :名刺は切らしておりまして:2012/01/15(日) 12:31:17.25 ID:M0CF7UfE
>>382
生産性が上がったという割には寝る以外は労働なんて人も少なくない。


430 :名刺は切らしておりまして:2012/01/15(日) 12:54:21.44 ID:bnS7XdOA
グローバルな放任経済ってのは、国家を破壊する、つまり世界革命とおなじだろ。
新自由主義は共産主義そのものだ。

556 :名刺は切らしておりまして:2012/01/15(日) 17:36:53.09 ID:fTj2aPY3
資本主義だろうが社会主義だろうが需要が減少してる社会じゃ大差がない
生産が自由なのか計画されているかの差でしかないからだ

557 :名刺は切らしておりまして:2012/01/15(日) 17:42:02.48 ID:CAaVl4mK
>>556
思うに少し状況が悪くなった程度で文句ばかり言っている連中を一斉カットすれば良いんだよな・・・
公務員にしろ正社員にしろ、もっと簡単に契約解除できるようにしないと、
人類文明の進歩スピードから取り残されちゃうよ。

甘いことを言っている奴は一旦、全員クビにするのが最善だと思う。
当初はギャーギャー騒ぐだろうけど往復ビンタで折檻すれば己の甘さを自戒して大半は悔い改める。

561 :名刺は切らしておりまして:2012/01/15(日) 17:47:47.12 ID:2lwkYE9E
>>557
それ、まさに共産主義的な考え方だな

562 :名刺は切らしておりまして:2012/01/15(日) 17:52:18.29 ID:CAaVl4mK
>>561
いや、普通に資本主義の考え方だよ。
最近の資本主義に何が欠けているかというと『レッドパージ』だと思う。

ここ最近、アメリカでもそれが深刻になっているらしい。
古き良き時代を生きたアメリカの老人たちが、
最近のアメリカ社会でアカが平気な顔をして生活している事実に対して
非常に危機感を持っているという報道があった。

581 :名刺は切らしておりまして:2012/01/15(日) 18:40:16.99 ID:GiERflR1
>>557

おまえには労働者=消費者と言う発想が微塵の欠片もないようだなw(お前に限らず資本主義者一般に言えるがw)


はてさて、その先に待ち受ける経済的帰結やいかに?w

587 :名刺は切らしておりまして:2012/01/15(日) 18:46:54.32 ID:CAaVl4mK
>>581
>おまえには労働者=消費者と言う発想が微塵の欠片もないようだなw

無いね。
『働かざるもの食うべからず』を徹底しないと、その社会は堕落すると思う。

俺は新しい発想の持ち主のように見られがちだけど、
実際にはむしろ古風な精神の持ち主なんだよ。

人類文明がいかに発展しようとも、揺らいではならない精神というものがあると思う。
そして今の日本人に足りていないのもそれだと感じる。
TPPは日本人が大切なことを思い出す良い切っ掛けになると考え賛同している。

改めて言うが、俺は正しく美しい精神であることに自信を持っているが、
はっきり言って厳しいよ。ちょっとやそっとで合格とは思わない。
むしろ、まずは全員を不合格にするほど厳しい。


http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1326568117/l50人気ブログランキングへ