1 :五十京φ ★:2012/01/09(月) 19:54:08.07 ID:???0
きのう8日(2012年1月)にスタートしたNHK大河ドラマ「平清盛」はまずまずの評判のようだが、まあ、昨年暮れから
あれだけ前宣伝で煽れば、初回ぐらいはちょっとのぞいてみようかという視聴者も出てくるだろう。

近ごろの大河ドラマで目立つのは、他の番組を使った便乗宣伝だ。

きょう9日放送の「鶴瓶の家族に乾杯」(よる7時30分)も時間枠を拡大して「大河ドラマ『平清盛』スペシャル」と題して、
平清盛の主演・松山ケンイチと広島・廿日市市の旅で、これには翌週16日放送の後半部分もある。
水曜の「歴史秘話ヒストリア」(よる10時)も2週続けて清盛や源平ものだ。こうなるといささかやり過ぎ。
NHKのあざとさにウンザリして、かえって大河ドラマを見る気がしなくなったという視聴者が出てくる心配はないのだろうか。

(テレビウォッチ編集部) 2012/1/ 9 12:00
http://www.j-cast.com/tv/2012/01/09118217.html

73 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 20:13:33.37 ID:qWNR+5lX0
>>1
在日歴史学者の高橋を時代考証に使って
朝廷の「王家」呼ばわりを正当化しているNHKは、日本国民の受信料返還してチョンから金取れ!

100 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 20:22:49.16 ID:5A+yoyYl0
二番組ぐらいならええんちゃう?

>>73
王家は当時の言い方として別に普通だけど?
まさか天皇家と呼べとかいうんじゃあるまいなw

126 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 20:30:18.20 ID:5/DdW/uc0
なんか
王家が問題になってるらしいね
朝廷っていわないといけないの?

161 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 20:40:44.87 ID:sSNzXoH80
乳輪についてkwsk

168 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 20:42:30.77 ID:xAkGXrpj0
乳輪画像まだー?

179 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 20:45:02.47 ID:23VrTxHK0
>>161
フッキーが赤子に乳やるときに乳輪がばっちし映った

184 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 20:46:06.43 ID:YPvcOaQAP
今、NHKに電話して、失礼すぎる番組の打ち切りをお願いした。
日本の皇族では王は、「嫡子以外の男子」の呼称。
けっして白河天皇などに使ってよい名称ではない。

あとは、ここ見てほしい。
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/nhkdrama/1325123760/601-700

187 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 20:47:18.57 ID:cK2jKvZY0
>>179
うp!

204 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 20:51:32.03 ID:uY4zNVkq0
>>184

史料あるんだね。

626 :日曜8時の名無しさん:2012/01/09(月) 20:06:05.41 ID:W7ZKZx7U
「王家」という言葉を使用している日本の史料

・「聖徳太子伝暦」(917年、藤原兼輔)
・「神皇正統紀」(1339年、北畠親房)
・「大宝令」(701年)
・「養老令」(757年)
・「玉葉」(1164~1200年、九条兼実)
・「吾妻鏡」(1300年頃)
・「平家物語」(1309年以前)
・「花園天皇宸記」(1310~32年)
・治承二年(1178)六月の紀伊国大伝法院衆徒改案「夫王家之為王家(中略)任王家之帰依」
・『花園天皇宸記記』元弘元年別記十月一日条「王家之恥」

216 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 20:54:04.57 ID:cK2jKvZY0
>>204
すまんがそれのどれが具体的に皇室・内裏・天皇家の意味で表現してあるのかご教示くだされ。

250 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 21:01:51.17 ID:LNnogP/C0
白河法皇って天皇の先祖だろ?
女殺したり寝取ったり見失ったよ
もう君が代歌わない

279 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 21:09:59.97 ID:k98T4FAT0
自分、日本史に疎いのですが、清盛の実父が白河公というのはやはり一説に
あるのですか?

349 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 21:31:30.71 ID:D9Q2SCwY0
>>168 >>187
http://tvde.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/jlab-dat/k/s/dat1326021712578.jpg

378 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 21:44:24.69 ID:H5CAqYHP0
家族にかんぱいで、中国の剣がでてくるとかいってたが、なぜ日本の剣じゃだめなの?

390 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 21:56:57.91 ID:9YOINTZH0
>>378
当時は日本の鉄製品の品質は悪くて、剣に使えるような代物じゃなかったでしょ
日本の製鉄技術が上がるのはもっと後

396 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 22:03:06.19 ID:H5CAqYHP0
>>390
源平の時代の武士は、中国の剣つかってたということかぁ
ちょっとイメージかわりますな

444 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 22:52:21.99 ID:2iLmqvBW0
当時の武士が犬畜生扱いなのは地方の武士なら普段着はズタボロだったからしゃーない
ただ親父の忠盛は京で倹非違使やら警護職に就いて育って十代で従五位下の殿上人になってるエリートだからあの描写は無いな
つかむしろ白河法皇のお気に入りだと思うんだが
忠盛らは牛車にも乗れる身分だし、実際乗っていたはずなのだが。
屋敷もぼろいし。あれほど貧乏なわけがない。あれじゃ東国武士だ。
武士ということで馬にのっている描写はいるんだとは思うが。

清盛の出生譚についての葛藤もひっくり返っていて無理があった。
「何かとんでもなく高貴な生まれらしいが忠盛がいい人で育ててくれたのであえて平家で行くわ」なら分かるが
忠盛の子ではなく呪われている白河院の子(皇統だろ)に属しているなんてひどいや的な描写には違和感があった。

脚本家はどうもオイディプス王の話のごとく描きたいようだね
それから貴族と武士をどうしても対比的に描きたがっているというか
実子がいてもわざわざ養子とったりして誰の胤かとかはあまり重視されなかったという時代背景を考えると
血の繋がりというものを呪わしいものとして考慮に入れちゃうのはちょっと現代的に過ぎるとは思う

清盛が剣を引き抜くところはアーサー王がエクスカリバーを引き抜くのとダブって見えたな。
そのあとの剣を振り上げて叫ぶあたりはブレイブハートのウィリアム・ウォレスみたいだった。

女脚本家のせいかやはり少女漫画的視点が甚だしい大河になったな、という印象

462 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:02:33.73 ID:uuE7Gneq0
>>444
つーか清盛が白河院の御落胤てのはそこそこポピュラーなものなの?
別に史実に忠実じゃなくてもいいけど、それはないだろと思った

470 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:05:35.74 ID:/nPcrxIb0
歴史ドラマってのは、あくまでも史実に忠実に描いてくれないとだめだな。
それを想像力で補うのはいいけど、「江」はそこが全く逆になってた。
あんな大河ドラマ二度とつくらないでくれ。



471 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:06:25.34 ID:QVpSc9QY0
結構面白かったぞ。ナレーションは代えてほしいが。

489 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:15:33.06 ID:0bMqNigU0
>>100
夕べはオウケオウケうざかった。
いままで朝廷とかお上とか普通に使ってたのに、
平成24年になってなんでいきなり王家表記になったの?

去年の江なんかめっちゃ史実無視しまくってたくせに、
王家表記だけ「史実では~」「~によると~」とやたら拘るのはなんで?

496 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:17:59.23 ID:mF9+bzPH0
>>489
734 名前: ふたけた(新潟県)[] 投稿日:2012/01/08(日) 21:47:32.65 ID:fKMkqM8F0 [8/19]
東大史料編纂所の鎌倉遺文DBで
1件だけ「王家」の記述のある史料を見つけた
壬生家文書の正応5年7月27日条で「王家衰微莫大」
でもその1件だけ

王家という記述がある史料が一つもないってのも嘘だな
当時としては珍しい表記なのは確かだろうけど



当時としても「王家」は珍しい表記だったみたいよ。

511 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:24:44.84 ID:YPvcOaQAP
みなさん、王家を連呼するNHKは
全く反省の色がありません。


http://donkun.ath.cx/~sion/bbs/

>武士は王家の番犬、血塗られた汚れた存在という、昔ながらの描き方には、
>やっぱりという感をうけました。あのころ、忠盛はすでに伯耆守であり、
>自らチャンバラはしないと思いますが。
>衝撃的なのは、院御所で、殺人行なわれたこと。仏教信仰に篤く、殺生禁断例
>を何度も出した白河法皇が、自分の目の前で、しかも何やらわからない理由で
>処刑を命じ、追い詰められて切りかかった元の愛妾を射殺させたのには、
>ただ唖然・茫然でした。地獄変の悪影響でしょうか??
>殺生禁断例がどうのという以前に、藤原忠実が血にまみれた忠盛を忌避する
>場面を設定しながら、よくこんな場面が作れたものです。脚本家は何を考えて
>いるのでしょうか?プロデューサーは矛盾を感じないのでしょうか?これでは
>時代考証の先生方も大変ですな。お察しいたします。
>歴史的にどうのという以前のお粗末な脚本に、ただただあきれ返りました。


523 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:31:06.60 ID:2iLmqvBW0
>>496
本郷和人『謎とき平清盛』文春新書では、
当時天皇家、王家どちらもそんな語はないから
学問的見地から王家を採用したと書いてある

この件に関して考証の一人本郷和人によると、制作スタッフの間で天皇の家を
何と表現するか真剣な討論がなされ、「天皇家」「皇室」「あえて呼ばない」など
の案が出された。
その結論として、当時「天皇家」「皇室」「王家」といった天皇一族を家族として
捉えるという考え方はなく、どれで呼んでも間違いではない事、「王家」という
呼び方は権門体制論において武家・公家・寺家に呼応する形で使われ始まるが、
天皇を他国に例を見ない唯一無二の存在と捉えるのではなく、国の頂点に
君臨する王として捉えた方が、他国の王権と比較・対照する視点がひらけて
世界の中の日本を考える点で有用であり、学界でも市民権を得ている、
といった学問的見地から「王家」の語を採用したとしている
(『謎とき平清盛』文春新書、2011年、37,62-64頁

534 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:35:33.11 ID:tCRwkNV30
「王家」にケチ付けてる奴は、本来何と呼ぶべきであるかと、その根拠を示してくれよ。

537 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:36:28.90 ID:YPvcOaQAP
>>534

朝廷。

545 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:40:29.46 ID:Q92K43Yv0
>>537
それはおかしい。
朝廷は官衙やその中の政治システムそのもののことだろ。

553 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:43:39.38 ID:YPvcOaQAP
>>545
庶民の言葉だったら「お上の犬」がしっくりくるんじゃね?

559 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:46:57.32 ID:S4D17s9o0
>>534
天皇はもと司祭者だから宗教的権威がある。
だから王という呼称は相応しくないと思うよ。
今まで天皇を王と読んだことはないんじゃないの。
天子とか帝という呼称を使っていたよね。

世界との比較のために王という呼称を使ったとしたら、それは天皇の地位を引き下げたことに他ならない。
国というのは地方という概念を有するからね。




564 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:48:15.22 ID:vYsllLQp0
>>559
このドラマで天皇を王と呼ぶシーンはいまのところない。

581 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:54:54.51 ID:9ioSFst00
最近のNHKはどうして暗く・汚く撮るの。

竜馬伝もそうだったが、昔だからといって汚く暗くすれば古さが出たり
時代を感じるとでも思っているのか?

歴史的建造物もない韓国と違って、日本には平安の時代から歴史に残る
絵巻物や当時を想像するには十分な現存する建造物もある。

何か日本の昔は汚いようなそんな雰囲気を作っているように感じてします。
考えすぎだろうか?

583 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:55:37.03 ID:mF9+bzPH0
「天皇家」も「王家」も当時使われていない。
だったら、王家でいーじゃんということか?
妙な理屈だな。

589 :名無しさん@恐縮です:2012/01/09(月) 23:58:53.38 ID:6n5FqivR0
ここはNHKが天皇=王としてないと困る(儲からない)方々が集ってるのか?
少なくとも8日の放送では院とか法皇とか上皇とか帝とか朝廷と言い分けてたぞ
 

600 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 00:04:30.42 ID:IlQPd/NgP
>>589

天皇の家の中では、そうだったけど、
平家との対話で、「王家」「王家」いっぱい出ています。

もし、天皇のことを指しているのなら、「天皇」は言わないですよね。お亡くなりになった方のことですから。
ただ、武士が天皇家のことを言うのであれば、「あちら」とかそういう言い方が自然。
ハッキリ言わないことが、天皇を敬っていることですから。

612 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 00:11:57.42 ID:zWuyNBOV0
天皇神格化してた戦前ならともかく
1000年前のドラマの呼称で現皇室に不敬って異常だわ
史実のドロドロの人間関係も不敬だから触れるなって事にするの?

616 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 00:12:58.42 ID:+nKgCCKz0
>>600
中井貴一が開始20分に「院」って言ってるやん、そんな嘘まで書き込んで儲けたいの?

631 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 00:21:27.51 ID:YnejMe390
>>612
引き篭もりみたいな負け組みは自分に自身が持てないから、
天皇家の存在に屈折した自己愛を重ね合わせるとかなんとか・・・。
一般人が感じる敬意とはちょっと違うみたいよ。

655 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 00:41:54.51 ID:MlwvP4TV0
この時代って、貴族と武士どっちが覇権を握るかの分岐点ていう、日本史でも
重大な時期なんだけど、興味の有無は激しく分かれるよね。
時代背景知ってる人には、面白かったりツッコミ処探して楽しめるけど
興味や知識があまりない人にはイマイチなのかな、とも思う。

676 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 00:54:31.22 ID:Aib1N02a0
「家族に乾杯」見たけど、松ケンとしてはもう少し回数進んでから出してもらったほうが
ありがたかったろうにと思った。知名度まだまだイマイチだから。
それと、海産物加工場で海外から来てる職人さん達の時給なんて聞いちゃだめだろw
それぞれ違いますと言葉を濁してたけど凄く安いと思う。へたしたら300円くらいなはず。

679 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 00:56:41.46 ID:t037/Be00
なんで松山ケンイチが主演なんだろう
NHKドラマで大した実績もないのに

685 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 00:58:20.29 ID:obhN+qZV0
>>676
僕の給料を時給換算したら皆さんよりも安いっすよ

でカチンと来たわ
24時間365日働いてもお前より遥かに安いわい

718 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 01:10:22.48 ID:hmT+VknX0
「平清盛」は皇室愚弄するNHKのステマw

主役のマツケンは層化w

王家連呼しまくりw

天皇皇族に在日多数w

731 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 01:24:16.26 ID:EYpxvvC+0
>>718
これって結局どういうことなんだっけ?
なんか当時は王家って呼んでたし、学者もそういうふうに認めてるって説明だったよね?
そういわれてみれば、当時の人間が皇室や天皇家をどう呼んでいたのかは知らんから、王家なのかなって思ったんだが

735 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 01:28:51.33 ID:eeLABqTo0
>>731
王家なんて言ってるのは中国側のみ
当時のアジア圏での王というのは中華皇帝の部下なんだよ
今で言うと総理大臣と知事の関係のようなもん
天皇のことは中国が皇帝を呼ぶのと同じで天子と呼んでたんだったと思う

遣隋使を派遣して「日いずるところの天子」って自分の事を呼んで問題になっただろ

738 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 01:32:13.42 ID:EYpxvvC+0
>>735
アホなのか知らんけど、おれが言ってるのは「天皇」をどう呼んでいたかではなく、「天皇家」をどう呼んでいたかだからな
そりゃ天皇のことを「天子」「帝」「主上」「内裏」って呼んでいたのは、源氏物語でもそう呼んでるからわかる
でも「天皇家」のことをどう呼んでたかっていうと、おれの浅い教養では知らんのよ
まさか「天子家」と呼んでたいたとは思えないから、そうなると「天皇家」なのか「皇家」なのか「王家」あたりだろ

743 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 01:36:48.77 ID:eeLABqTo0
>>738
呼ぶ必要なかったんだろ
名字(氏)は皇室を離れてから授けられるものだからね
源氏や平氏も元々皇族だぞ
呼んでたかもしれないが王家はまず無いだろ
王なんて存在しなかったんだからね

749 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 01:41:03.56 ID:EYpxvvC+0
>>743
いや、これドラマだから、物語の流れで皇室と武家を対比するときに皇室をなんと呼ぶかってのは重要だろ
実際はどうだったか知らないけど、少なくともフィクションのドラマの中では、藤原氏は平氏にたいして差別意識をもってるし、平氏のほうも公家ではなく武家であることにプライドを持ってるじゃん
そうなると、平家ももとは皇族だからってのはダメでしょ
平氏が皇族とは異なる一族として、平氏一族を確立させることがドラマでも重要になるんだから

753 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 01:44:23.31 ID:eeLABqTo0
>>749
藤原氏は最初から皇室ではないよ
んで平氏と源氏は元々皇室に連なる分家ってのがプライド
元皇族なのに武家として公家に蔑まれるのが嫌だって立場だった

754 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 01:46:10.67 ID:CrZkj99O0
>>749
そういう筋立てだとしたらちょっと違和感有るなぁ。
おれも>>753だと思ってるわ。

786 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 03:06:47.72 ID:eeLABqTo0
そもそも日本のキングだから王室って理屈にするのがまずおかしい
天皇はキングじゃなくてエンペラーなのにね

789 :名無しさん@恐縮です:2012/01/10(火) 03:11:44.08 ID:LXn9fe+e0
>>786
王家ってのは氏姓制度の埒外って意味だよ元々の字義だ
キングとかエンペラーとか関係ないし
対外的には村上源氏の長者が日本国王を名乗ってた


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1326106448/l50人気ブログランキングへ