1 :禿の月φ ★:2011/12/20(火) 05:53:02.01 ID:???P
 紙の本を裁断してスキャナーで読み取り、自前の電子書籍を作る「自炊」の代行業は、
著作権法で認められている私的複製にあたらないとして、作家の東野圭吾さん、漫画家の弘兼憲史さんらが
代行業者を相手取り、営業差し止めを求める訴訟を起こすことが、19日わかった。きょう20日の提訴後、都内で記者会見する。

 著作権法では、個人が自分で使う目的でコピーする私的複製が認められており、「自炊」自体は合法。
しかし、代行業者は客の依頼を受け、1冊100円前後の低料金で、大量の紙の本を電子化している。
作家側は、複製者と使用者が異なるため私的複製と言えず、電子データがインターネット上に出回るなどして
著作権を侵害される可能性が高いと主張している。

ソース:YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111219-OYT1T01337.htm


4 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 05:55:05.10 ID:ea+e4Tvb0
まあ、そのたびに複写するんじゃなくて、
一回複写したら、あとはデータを売るだけだから、

要は私的な複写の代行と言う口実で、
データの廉売しちゃうわけではある。

5 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 05:56:51.02 ID:1+Fz93NL0
>弘兼憲史
島耕作は原発推進論者だったようだけど
今は方向転換したのかな

10 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 06:03:23.52 ID:0ZWz5qtY0
>>4
どこかのサイトが実験で、ワンピースの最新刊だかを何冊か用意し、
別の人がそれぞれ1冊ずつ、同一の業者にスキャンを依頼したそうだ。
納品されたデータはCRCまで一致する全くの同一のファイルだったという。

つまり、業者が本をバラしてスキャンしたのはそのうちの1冊だけで、それを使いまわしたことになる。
バラさずに済んだ本は古本屋に持ち込んでるのだろうな・・・

29 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 06:21:39.28 ID:bc7kZfBZ0
図書館やGoogleがやってるスキャンも第三者になると思うけど
あれは無料だから良いって解釈なのかな

31 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 06:22:21.26 ID:5OG5Ew4HP
自分で炊き出すにしても元の本自体を処分したら所有権を放棄したことになるから
複製物の所持も厳密には違法になるのに、自炊して捨てたって公言するバカ有名人いるよね

34 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 06:25:16.88 ID:bNQNE9MG0
>>29
全然よいって解釈受けてないぞ。
きちんとした図書館だとコピーの依頼書が必要だし、
複写できる枚数も本の何割って決まっているはず。

セルフコピーと間違えてないか?

それとグーグルに関して、勝手に公開するなって
世界的な問題になったことを知らないのかな?

38 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 06:29:13.90 ID:hcM0UCRL0
>>34
そのはず。

あと、国会図書館に資料のコピーを請求したら
著作権上、全部は無理だと断られたって話を聞いた。
(数回に分けて請求しなければならないらしい)

あと>>31氏の
>元の本自体を処分したら所有権を放棄したことになるから
>複製物の所持も厳密には違法になる
はよくわからない。
というか、そんなはずは無かったかと思うけど…。
まあ、死後50年(以前は30年でしたっけ?)で、著作権の
切れたものって可能性もあるけど。

93 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 07:32:45.42 ID:ciw7XmPd0
>>5
ていうか島の会社は東芝なので(漫画のキャラだが)原発推進なのは当然。
最も知識人の常識でもあるけどな。反原発派ってただの左翼崩れだから。

115 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 08:02:41.87 ID:V6Dx2NLGO
(-_-;)y-~
自分が購入した物品をばらそうがコピーしようが、購入者の勝手だろうに。
自分が購入したトヨタ車のボルトを一本外してコピーを作ったら、トヨタは著作権を主張するのか?
コピーできないようにしておけよな。

130 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 08:18:23.98 ID:7LVjcRGN0
>>34 >>38
こいつら超絶バカ

図書館の本はいつから利用者の所有になったんだよw

170 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 08:52:28.59 ID:Av3QvNOZ0
>>115
自分がコピーして自分で使うなら、まず問題にならない。
人にコピーさせたり、コピーを人に貸したり売ったりしたら、アウトなの。
文句を言うなら、少し著作権法を学んでからね。
例外規定は、図書館、先生、報道が対象。

264 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 10:00:08.81 ID:pRbjE1320
一回自炊してみたけど、労力とその割に出来あがったものの満足いかない結果考えると
もうやる気になれない。
相応の金払うし、コピーガードかけてもいいから、最初から電子化して売ってください、
糞出版社さま。おまえらの頭の中身が化石だって気づいてください。

327 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 10:24:19.75 ID:p9WItUdA0
初めから電子書籍も売れよ
めんどくさい。
わざわざ時代の流れを遅らせるなよ

329 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 10:24:38.88 ID:0s0FTOUO0
利権でゴタゴタするのは勝手だけど、読者が自炊を必要としている=電子出版のチャンス

という発想にならないのは何故だ。オフィシャルの電子版があれば、飛びつく層もいるだろうに。

333 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 10:25:53.22 ID:HI5dW8ow0
 プロの漫画家だからアシスタントに金払ってマンガ作っているのに
それで他人が勝手にタダで拡散したらむかつくだろう 自営業者だし
 ストレス感じながらマンガ完成させてタダ乗りがいたら普通に殺意覚えるだろう

347 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 10:31:24.32 ID:hcM0UCRL0
>>130
遅レスで悪いが、図書館の本の所有権の話などしていない。

ざっと読み直したが自分は(おそらく>>34氏も)著作権における
私的使用の範囲について述べている。

君はいったい何をいっているんです?


354 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 10:34:16.37 ID:cVRIbKfr0
これは勝ち目が薄いように思うが
電子化自体が違法ではなくて、電子化されたデータをネットに流す行為が違法なわけであって

364 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 10:36:43.70 ID:b0yonSvd0
>>354
本人がやらずに代行するというのがそもそもグレーで微妙だから裁判によっては代行そのものが違法と認定されるかもしれない

370 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 10:38:43.81 ID:PAOtcb8F0
>>364
>本人がやらずに代行するというのがそもそもグレーで微妙だから
いまさら何を馬鹿さらしてるんだよ
条文にもそう書いてあるし、裁判でも黒認定されてるだろ


375 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 10:39:38.01 ID:5g/Yu5Wv0
>>370
判例あんのか?
ないから裁判で判例作るって話だろ

390 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 10:44:34.86 ID:PAOtcb8F0
>>375
>判例あんのか?
まねきTV事件最高裁、ロクラク事件最高裁の判決でガチで黒認定。
複製の個別的形態は違うだけで、業者の複製行為について、今回の構造と本質はまったく同じ。

393 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 10:45:14.95 ID:rdCd/oEN0
コミックの新刊が電子で出ないから、自炊するというのなら、
代行業者なんか頼まず自分でやればいいだけの話
たいした量ないでしょ?

即電子化はなって欲しいけど、こういう代行業者が暗躍するせいで
逆に電子化の妨げになってると思うけどね

405 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 10:48:27.41 ID:Yqkj321a0
>>393
おまえ自炊したことないだろ。

406 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 10:49:25.32 ID:5g/Yu5Wv0
>>390
判例あるんだったら無意味な裁判じゃねーかw
というか、警察が検挙しないのはなぜ?w
もしくは検事が立件しないのはなぜ?

417 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 10:53:46.43 ID:bB1kVt1J0
>>393

コピーも大変だし(しかもみにくい )、裁断とかスキャンだったら結構な
費用かかるぞ。業者あって一冊100円なら普通に頼みたい。

432 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 10:58:27.65 ID:rdCd/oEN0
>>417 >>405
俺も1回挑戦したけど、すぐ挫折した。安い個人用のスキャナじゃ実質無理なのは
わかってるよ。
俺はパピレス使ってる。高いけどww

業者で1冊100円とか、手間暇考えたらもう価格がありえないくらい安い
どう考えても、釈然としないものがでてくる。
割れにしても違法なものには一切加担したくないので、俺はその値段みただけで
ちょっと?で手を出せない気がするんだよ

最終的には代行業者はきちんと許可を得て、レンタル漫画のように金を支払う仕組みに
なるんじゃないのかね

440 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 11:01:52.74 ID:PAOtcb8F0
> 228 名前: 名無しさん@12周年 [sage] 投稿日: 2011/12/20(火) 09:41:42.78 ID:HEZcS90b0
> 殺人に使われたので包丁を作った鍛冶師を逮捕みたいなニュースだな・・
>
> 351 名前: 名無しさん@12周年 [sage] 投稿日: 2011/12/20(火) 10:33:35.71 ID:yT26LohG0
> 殺人の可能性があるから包丁を販売禁止にしろ
>
> といってるようなもんだな
>
> 430 名前: 名無しさん@12周年 [sage] 投稿日: 2011/12/20(火) 10:57:22.12 ID:4dMCpPAa0
> >>1
> この論法が通るなら、
>
> 自動車運転免許は事故を起こすかもしれないから違法
>
> ってことになるね


頭わるすぎwww 今回のは、資格や地位がない者の行為自体が違法って話だ。

たとえば、医療行為は医師免許を持っているもの以外は出来ないのが原則であるから、
医者以外の人間が医療行為をするのは違法 って話



454 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 11:09:09.93 ID:Yqkj321a0
>>432
確かに、100円程度でやるってのはどう考えても手間に合うとは思えないんだよな。
とはいえ、どんどん撤退してってるのでやっぱり無理だったってことなんだと思うが。

値段見て=割れだと思うのは偏見すぎだと思うけどな。
よく予めスキャンしたものを渡してるだけとか見るけど、そんなもんスキャンする本に
なんか印でも書いておけばすぐ見破られるんだからリスキーすぎる。

513 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 11:51:35.37 ID:djI+I8Jx0
>>440
印刷に免許いらんだろ
その例えはちょっと変

私的複製の範囲に有償での行為代行は含まれるかっていう話でしょ?

540 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 12:16:26.05 ID:7LVjcRGN0
>>170
人にコピーさせたらダメってどこにある?
人にコピーをあげたらだめだけど
複製を代行させるのもダメとまでは明確にないでしょ

549 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 12:23:22.91 ID:7LVjcRGN0
>>347
だから私的複製の話なのに
図書館では全ページコピーできないとかバカじゃねーの

私的複製は自分の所有してる本にある権利で
図書館の本はお前のものじゃねーんだから
比較にもならんだろボケ


554 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 12:29:35.44 ID:vsUXAZP80
>>549
図書館のある物に対しての著作権は、特別扱いがある。
福利厚生や国民の義務の部分に関わるからね。

著作権の規定に、図書館での特別注記があるはず。


558 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 12:31:57.95 ID:uytX/bg60
>>554 そういや、図書館のビデオソフト系などは
高い価格での購入だよね。書籍については定価だと思うけど。


565 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 12:34:52.83 ID:t6bBP3tQ0
ブコフで原画のスキャンデータ売ればいいんだよなw
出版社と話つけたら良いじゃん、良いビジネスになるよ。

原画なんてどうせ捨てるんだろ。


566 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 12:35:45.92 ID:PAOtcb8F0
>>513
>印刷に免許いらんだろ
>その例えはちょっと変

私的複製というのは、使用する者が複製する場合に認められているものだけど、何を言ってるんだお前は

568 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 12:37:20.51 ID:vsUXAZP80
>>558
調べてみた。

図書館の雑誌以外の書籍は、一部はコピー可。
一部とは、100ページ中の99ページまで可ということ。

雑誌は、コラム一本ごとに著作権が発生するので
一部だけコピーするのは不可能に近いので、雑誌はコピー不可と
する所が多い。

しかし雑誌は一定期間が過ぎれば、全コピーが可になる。
この項目の為に、雑誌は新刊だとコピー不可と言う図書館が多い理由。


571 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 12:38:23.79 ID:/QAuhVYb0
>>565 再複製以上のレベルで出回るのが問題なんだろうね。
そういやブックオフ結構閉店してるよ。売れてないのかな。あれば便利なのだが、余り行ってないから
時に行くと閉店撤退してたりするんだよね。


574 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 12:39:12.12 ID:u+3n6VLA0
>>568
一部は半分までっていうのが定説

576 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 12:40:16.16 ID:djI+I8Jx0
>>566
医者云々のたとえが変だっつってるだけで
ちょっと深読みしすぎじゃね?

578 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 12:41:44.18 ID:vsUXAZP80
>>574
一部とは、全部じゃないってことが定説じゃないの?


582 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 12:44:26.84 ID:t6bBP3tQ0
>>571
中国の業者とか再複製しそうだね。


なんか、レコードからCD、iPodになった音楽業界と比べたら、
レコードに固執して取り残されそうになってるだけに見える。

ある程度安価で電子書籍を流通させるしくみを国内でさっさと作らないと、
海外業者に全部牛耳られてしまうだけなのに、何やってんだろと思うよ。


583 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 12:44:33.78 ID:batOKkn10
>>540
著作権法第三十条本文の最後に「その使用する者が複製することができる」と書いてある

>>578
著作権周りでは「一部=半分を超えないもの」が定説、ソースは文化庁著作権審議会

592 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 12:50:22.99 ID:/QAuhVYb0
>>582 スラムダンクの作者が、中国の出版社と正式契約して
電子書籍ではない現物の漫画本販売を代行して貰ったら
「あっ!」と驚くほどチョッピリしか印税が入って来なかったそうだ。
しかし何故か中国人の若者の多くはスラムダンクをよく知ってるんだって。
どうなってるんだか。まあ自明なのだが。

607 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 12:59:48.33 ID:7LVjcRGN0
>>583
ならビデオやDVDのダビング業者は
なんで捕まらないの?

611 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 13:04:28.08 ID:t+9QDizP0
>>607
あれは「子供の運動会とかを自分で撮影・録画したテープ」をダビング代行するサービスだろ

612 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 13:05:46.81 ID:7LVjcRGN0
>>611
本気でそう思っているならお前超絶バカだな

637 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 13:35:35.67 ID:a/cuIwx50
著作権の目的となつている著作物は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用することを目的とするときは、その使用する者が複製することができる。

これが著作権法30条1項の私的複製が許されることの根拠だけど
まず、問題になるのは
「その使用する者が複製することができる」
というのに、自炊代行業者がしている行為が含まれるかどうかだよね

つまり、純粋に、本の所有者の複製行為だけを認めるのか
本の所有者が複製を任せた人の複製行為も認めるのか

642 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 13:44:12.91 ID:zbTplOGJ0
>>637
複製することが実費でなく対価をもらって商売してるわけだから完全にアウト

なにか逃げ道は無いかな
利用者が代行業に渡すのは「廃棄」のためでコピーの代行ではないとして
代行業はデータを利用者に売る、とか
しょせん逃げ道とばっさりやられるか
デジタルデータを保護する法律で捕まってしまうか

643 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 13:46:10.21 ID:84D8TBmk0
自炊の権利は認められてるわけじゃん
でも代理自炊の権利が認められないってなると、自分で自炊出来ない障碍者とかどうするの?
障碍者は自炊するなっていうメッセージなん?

663 :名無しさん@12周年:2011/12/20(火) 14:15:29.59 ID:batOKkn10
>>642
>利用者が代行業に渡すのは「廃棄」のためでコピーの代行ではないとして
>代行業はデータを利用者に売る
それこそ「捨てられてた本を拾って勝手に電子的に複製して(名目的には)第三者に譲渡」
という形になるから問答無用でアウト

結局はJASRACやRRACと同様に著作権者に何らかの対価を支払うシステム作るしかないだろうな


>>643
政令で定める福祉機関に複製してもらって譲渡を受ける、という逃げ道はある(第三十七条第三項)
ただし既に電子データが存在してたらそっち買えと言われる

大元は視覚障害者対象の条文だったんだけど
2009年の法改正で「当該方式によつては当該視覚著作物を利用することが困難な者」も対象になった
よって「俺は本の形では使えないけど電子データなら読める!」と主張すればオッケ


http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1324327982/l50人気ブログランキングへ