1 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/12/13(火) 10:19:22.96 ID:???
政府のエネルギー・環境会議で電源ごとの発電コストを計算している検証委員会
(委員長・石田勝之副内閣相)によるコスト計算結果が12日分かった。
従来1キロワット時当たり5?6円としていた原発は、事故費用などが上乗せされ、
「最低でも8.9円」と5割高になる。
石炭や液化天然ガス(LNG)火力も5割程度上がり、直近では10円前後に上昇。
一方、再生可能エネルギーは技術革新で30年には風力発電が最低8.8円、
太陽光発電が同12.1円に下がり、原子力や火力のコストとほぼ同じ水準になる
可能性がある。

同委員会が13日に公表する。
政府はこれらの試算をもとに来夏に策定する新たなエネルギー政策で最適な電源構成を
示す方針だ。

原発コストには福島第1原発級の事故費用や立地対策の補助金などを盛り込んだ。
同事故の対策費を5・7兆円超と想定し、40年に1度の発生に備えるコストを
0.5円と見積もった。
立地などの費用も1.1円計上し、福島事故を受けた追加安全対策費が0.2円分
押し上げる。
さらに事故の対策費が1兆円増えるごとに0.1円上昇し、事故費用が20兆円に
膨らむと、コストは10.2円になるとの試算も示す。

火力発電は、燃料代上昇や温室効果ガス削減費用がコストを押し上げる。
石油火力は従来の14?17円が35.5?37.1円と急騰している。
一方、再生エネは技術革新や量産効果で大幅にコストが下がり、
従来11?26円だった風力(陸上)は、30年に8.8?17.3円に下がるとした。

ソースは
http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20111213/Mainichi_20111213k0000m020158000c.html

197 :名刺は切らしておりまして:2011/12/13(火) 16:01:19.66 ID:r0SnHtJa
はいはいw
そんなに健康が心配なら絶対電化製品使えないよw
現代のハイテク電気都市から発する電磁波には発がん性リスクがある
つまるとこ電気を使う前提の場所は全て健康厨様は触れることがかなわないw
山奥か海中にでも暮らしてください

198 :名刺は切らしておりまして:2011/12/13(火) 16:01:41.59 ID:tWEZCIBf
一番の問題は、風力を建設・設置したい業者は非常に多いけど
許可しない・買取しない・認めない ことだろ?(他の発電方式でも同じだが)

自由競争させないルールと仕組みが最大の問題。

201 :名刺は切らしておりまして:2011/12/13(火) 16:07:36.97 ID:RIfPDM9l
>>197は単なる煽りではなく、
実際ドイツでは「送電線をつなげろ」という風力側からの要求に対して
電磁波問題で送電線の建設が遅々として進んでいないという現状もある
実は結構綱渡りの運用なんだよね。

>>198
今でも自力で安定化させるなら風力を好きに繋いでいいルールになってる。
「俺がド田舎に風車建てるから、安定化は電力会社の責任な。変電設備の改造もお前持ちで。」
って要求してるに等しいんで、そりゃ無茶な要求。
本当に自由化すると不安定電源の風力はカスみたいな値段で買いたたかれるので
補助金入れたり自由化に逆行する国営化を進めて繋がせてるのが欧州の現状だよ。

203 :名刺は切らしておりまして:2011/12/13(火) 16:10:37.90 ID:tWEZCIBf
>>201
だから、発電と送電を完全分離しろと言ってるの。
一体化でしかも独占で他を排除してコストが安くなるわけねーよ。

205 :名刺は切らしておりまして:2011/12/13(火) 16:13:27.34 ID:RIfPDM9l
>>203
送電線=電力波形を共有する限り
「いかに他社に波形安定化コストを押し付けるか」って醜い競争が始まるんだよ

アメリカではそこで大失敗して2年間停電と電力料金30倍という事態に苦しんだし、
スペインでも発電業者がある程度安定化義務を果たさなければ接続できないようになってる。
日本でも安定化義務を果たせば繋ぐことはできる。

209 :名刺は切らしておりまして:2011/12/13(火) 16:18:22.23 ID:tWEZCIBf
>>205
今だに昔の大停電の話ですか? 本質からズレているよ。
安定化なら何らかの係数をかけて割り引いて買い取ればいいだけじゃん、
今は買い取らないその違いは大きすぎる。

212 :名刺は切らしておりまして:2011/12/13(火) 16:20:25.89 ID:tWEZCIBf
経済の大原則からして、コストを下げるのは公平な市場開放しか無いよ。
細かい技術の話に誤魔化されてはダメ。

221 :名刺は切らしておりまして:2011/12/13(火) 16:25:06.30 ID:RIfPDM9l
>>212
「細かい」じゃなくて「本質」なんだよ。
それぞれの業者が独立にコストと品質を競うなら改善される。
しかし発電業者が他の発電業者や送電業者にコストを押し付けることで
「一部門だけ安く見せかける」競争をしても消費者の払うコストは変わらん、
というか不健全な競争なので小売価格は上がる。

その対策として送電網国営化とか安定化義務とか
「部分自由化」と呼ばれる縛りをつけてるんだが。

本当の自由化は「送電網分離」以外にはないんだよ。

225 :名刺は切らしておりまして:2011/12/13(火) 16:29:15.56 ID:tWEZCIBf
>>221
安定した電気しか受け入れない事が本当に公平になるなら
そのような基準にすればいいじゃん。
風力+他の発電業者が共同で発電ビシネスに参入するかもしれない。
発送電分離は可能だろ?

370 :名刺は切らしておりまして:2011/12/14(水) 03:25:17.48 ID:TCLwAhOW
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/event/JPEA2011/20111128_493352.html

変換効率を上げる技術開発よりも、メンテナンス技術の向上を――シャープ片山会長


 「水力発電所は場所を選定し、住民の立ち退きが終わった後での着工となるため、何十年も掛かる。原子力発電所も、どん
なに早くても5年かかる。風力発電所は年数はそれほど掛からないが、太陽光と比べれば数ヶ月かかる。しかし太陽光発電
は、工場で生産したモジュールを現場に設置するだけで、すぐに発電する。こんなエネルギーはほとんどない」

 「ほかの発電は、すべてタービンやモーターなどメカが必要だが、磨耗するため、寿命がある。太陽電池では現在、保証期
間は20年から25年となっているが、半導体の接合部の劣化をテクノロジーで解決していくことで、理屈でいえば千年も1万年
も持つことになる。はんだによる接続や、太陽光を封じ込めるラミネートの技術、パワーコンディショナーなどのメンテナンス
技術などの技術がどんどん進化すれば、太陽光発電のコストは年を追うごとにとんでもなく下がる。そのためには、変換効
率を上げる技術開発ばかりではなく、メンテナンス技術の向上についても推進する必要がある。それが、将来の基幹エネル
ギーにするために重要となる」

また、太陽光発電のコストについては「近いうちに間違いなくグリッドパリティ(太陽光発電など再生可能エネルギーの発電コ
ストが、既存の商用電力と同じ、またはそれより安くなること)が実現できる」とした。

 「日本のような地域においても、技術の開発によって間違いなく実現できる。赤道近くや砂漠のような土地など、日照時間に
恵まれた地域では、既にグリッドパリティを実現している土地はある。グリッドパリティを迎えることによって、太陽光発電の時
代は本格化していく。住宅や街、都市ぐるみの設置が拡大していき、もっと巨大な太陽光発電所がいろんな地域にできていく。
都市への送電も始まっていく。とんでもない勢いで太陽光発電の時代が来る」


376 :名刺は切らしておりまして:2011/12/14(水) 09:26:43.27 ID:32/rVLrb
風力と揚水は関係ないじゃん

385 :名刺は切らしておりまして:2011/12/14(水) 11:43:43.33 ID:f88x8bSf
>>370
>また、太陽光発電のコストについては「近いうちに間違いなくグリッドパリティ(太陽光発電など再生可能エネルギーの発電コ
>ストが、既存の商用電力と同じ、またはそれより安くなること)が実現できる」とした。

オイルショックの時も同じ様な事言ってが、未だに当時と大して変わらないのが太陽光発電。

401 :名刺は切らしておりまして:2011/12/14(水) 14:24:52.85 ID:DOAsGaOq
「電力会社はなかったことにしてゼロからベストの電力システムを考えてみろ」
って想定でやってみると、地域独占システムは相応に合理的な設計だと思う。
電力会社を潰せってことは電力会社が負担していることを自分でやる必要があるから、
そこを忘れて「すべての悪は電力会社の利権から」とか考えていると足元すくわれると思う。

403 :名刺は切らしておりまして:2011/12/14(水) 14:31:42.95 ID:WQsJWlSJ
>>376
関係あるよ?
出力安定しないから余るくらい建てて揚水なり蓄電池なりにためたりするか
供給分だけ建てて火力で補うかしないと

406 :名刺は切らしておりまして:2011/12/14(水) 14:35:03.90 ID:DOAsGaOq
>>376 >>403
実際のところは原発より風力のほうがよほど多く揚水を必要としてるわな。
原発なら1日のサイクルだけ揚水があればいいが、
風力を揚水でカバーとなると1週間分1日を丸抱えくらい容量が必要だから
本気で原発代替を目指すなら10倍以上の揚水が必要。

407 :名刺は切らしておりまして:2011/12/14(水) 14:37:55.69 ID:TeUo0ckt
>>401
地域独占の変な所は、発電場所も地域にしなかった事
地域内でしか発電できなければあり得ない安全性の徹底が、明らかに他地域だからとされてない
東京電力が東京電力管轄内でしか発電できなく東北で発電不可能なら、100%絶対に事故は起きなかった

411 :名刺は切らしておりまして:2011/12/14(水) 14:46:43.98 ID:DOAsGaOq
風力と揚水の関係は
風力の場合は1週間以上の出力変動はザラなので揚水では対応しきれず火力や解列運用しかできず、
いっぽうで原発の場合は(原発+揚水)の組み合わせと火力を比べている状態なんで、
土俵が違うと言うか風力は原発の土俵に上がれない、というべきかと思う。

413 :名刺は切らしておりまして:2011/12/14(水) 14:49:56.85 ID:UEalP8Y/
>>407
ウェスティングハウスがナイアガラの滝を使って
水力発電を世界で始めて始めた時代から、発電所と供給エリアは別。

日本でも、当初から各鉄道会社などが供給エリアではない山奥で
水力発電、湾岸などで火力発電をして都市部に送電していた。

特に水利権はいまだに明治時代に開発した会社の後継会社が持っている形。
黒部ダムなんかまさにその例。

414 :名刺は切らしておりまして:2011/12/14(水) 14:53:53.89 ID:TeUo0ckt
>>413
それこそ地域独占が成り立たない証明だな
地域独占ができないのに消費者だけ囲い込むなんてのが可笑しい

418 :名刺は切らしておりまして:2011/12/14(水) 15:02:05.95 ID:DOAsGaOq
>>414
それ、ただの難癖だと思うけどねえ。
「自家発電は集中発電に比べ圧倒的に分が悪い」
「送電線を共有すると、送電線を通じたコストの押し付け合い競争が可能になる」
この2点をクリアしないと地域独占(ドイツの寡占含む)システムの優位は変わらんよ。

420 :名刺は切らしておりまして:2011/12/14(水) 15:09:09.23 ID:TeUo0ckt
>>418
そろそろ別に集中発電の方が分が悪くなって来てるが
電気のために熱は無駄に捨て放題だった頃には集中発電が良かっただけで
排熱の有効利用しなきゃならない近年の状況じゃ、集中するよりも熱利用ができるくらいに分散した方が良くなってる
今までの集中発電で熱資源を無駄に捨てる羽目になってるだけ

433 :名刺は切らしておりまして:2011/12/14(水) 15:37:43.82 ID:Nupp2357
大学、行政主導の風車は失敗が多く

エネルギーファンド主導の風力だと10年近く稼動して大成功している。

438 :名刺は切らしておりまして:2011/12/14(水) 15:58:46.85 ID:kb0hQCDe
>>433
大学、行政は実験みたいなもんだろ
ファンドは強制買い取りで確約貰ってるからやっていけてる
もしくは補助金で採算取れない風力発電機を売りつけてるかw

446 :名刺は切らしておりまして:2011/12/14(水) 17:10:59.14 ID:a87t5++e
>>438
風力の補助金は仕分けされましたが何か?
今となっては原発補助金の方が仕分けされるべきだが。
税金年間4000億、電気代に上乗せ年間5000億。風力の200倍の規模だぜ…。
風力発電が年間40億kWhだから下手すると風力が原発の為に払ってる税金のほうが補助金より多いかもという現状

448 :名刺は切らしておりまして:2011/12/14(水) 17:22:38.41 ID:DOAsGaOq
>>446
電力需要の3%を超えてくると補助金あたりの発電量が1桁以上違ってくるからしゃーない
いくら風力がいいといっても風が吹いてなきゃしょうがないからな。
自然は人間の思い通りにならないのがデフォ

451 :名刺は切らしておりまして:2011/12/15(木) 00:57:10.23 ID:e80qg8/x
>>448
>自然は人間の思い通りにならないのがデフォ
風は統計的事象なので短い時間スケールでの予測は不可能だが
時間スケールがある程度長くなれば予測は可能
数時間~数日レベルだと数値気象予測モデルが実用化されているし
年単位なら過去のデータから推定が可能

454 :名刺は切らしておりまして:2011/12/15(木) 01:57:50.02 ID:yMcVpUv1
>>451
予測できても操作できない。だから
・原発とセットの揚水は1日分で済むが風力は全く吹かない季節を想定する必要がある
・いくら風力を増やしたいと願っても風が吹いてなきゃ無意味、要は限りがある

予測不可能性は減らせても「そもそもない」状態は解決できんよ

455 :名刺は切らしておりまして:2011/12/15(木) 02:00:22.39 ID:yMcVpUv1
今の日本の風を見る限り、計算して入れられそうなのはスペイン並みの発電量、
すなわち電力需要の3~4%ってとこよ。それ以上になると風が弱すぎてまだ様子見かと。

458 :名刺は切らしておりまして:2011/12/15(木) 08:50:01.15 ID:VPw0UFdy
>>454
>予測できても操作できない。だから
予想される発電量とその時の需要を勘案して電源を準備するだけのこと
なにも難しいことはない

>予測不可能性は減らせても「そもそもない」状態は解決できんよ
原子力でも火力でも同じことです
いつでもどこでも急になくなることがあります
信頼性が100%で絶対に止まらないという電源でない限りは
必ず予備力を準備しなければならないことに変わりはない

459 :名刺は切らしておりまして:2011/12/15(木) 08:51:18.21 ID:VPw0UFdy
>>455
日本の風は弱くないよ
ドイツよりも強い
風が強い地域での系統連系を拒絶してきたというだけのこと

461 :名刺は切らしておりまして:2011/12/15(木) 09:29:06.59 ID:yMcVpUv1
>>458
火力の予備は火力が担当できる
一方で風力の予備を風力は務めることができない。
質的な異なるものをなぜ並列に並べる。
オイルショックが来たら調整力を火力に頼る風力だけが残っても全く使えませんがな。

>>459
ドイツよりも強い =スペイン並み=日本の電力需要の3~4%
それぞれの国の風力のkWh/yくらい把握してださい

あと自前で安定化させるなら連系拒否されてないんだけど
「停電の責任はお前持ちで」
「お前の火力の燃費が悪化するけどお前持ちで」
「だから買え」
じゃ商売的にアウトに決まっててるだろw
ドイツやスペインの風力業者に課せられた義務くらい果たせよw

471 :名刺は切らしておりまして:2011/12/15(木) 10:00:19.51 ID:9PLi1P+c
>>461風力のほうが、逆に大規模なほど補完できる。
風は気ままだが、大規模になるほど回収できるエネルギーは安定するからね。
例えば、極論になるが、地球全体に満遍なく風力発電所を作り、超電導送電をすれば、極めて安定した電源になる。

475 :名刺は切らしておりまして:2011/12/15(木) 12:06:04.91 ID:Yr9xtuOh
>>471
風力の稼働率2割くらいだから
必要電力の7~8倍作らないとな

481 :名刺は切らしておりまして:2011/12/15(木) 18:16:25.19 ID:VPw0UFdy
>>461
>ドイツやスペインの風力業者に課せられた義務くらい果たせよw
それが何だか説明しろよ

482 :名刺は切らしておりまして:2011/12/15(木) 18:20:19.61 ID:VPw0UFdy
>>461
>火力の予備は火力が担当できる
>一方で風力の予備を風力は務めることができない。
なぜ電源毎に完結させようとするのか理解できない
多様な電源を並列して運転するからロバストなシステムになる訳だけど

原子力の予備も風力の予備も基本はガス火力なんかの調整可能な電源
逆にそれが火力の基本的な役割だろ

483 :名刺は切らしておりまして:2011/12/15(木) 18:22:40.28 ID:VPw0UFdy
>>475
それ稼働率じゃなくて設備利用率だから。
原発の設備利用率も20%以下だよなw

もともと出力が変動することが前提の風力発電なのだから
定格出力ベースで考えるのはあまり意味がない
キロワットでしか考えればよいだけのこと

484 :名刺は切らしておりまして:2011/12/15(木) 18:47:47.04 ID:VPw0UFdy
>>483
>キロワットでしか考えればよいだけのこと
「キロワット時で考えればよい」が正しい

486 :名刺は切らしておりまして:2011/12/15(木) 18:54:49.22 ID:ThmSj6WK
>>484
風力発電を単純に電力量で評価しちゃダメだろ。
電力と時間で評価し、変動を監視しなjきゃ。
制御できないんだから。

どれだけ他社に迷惑かけるつもりなんだよ。

488 :名刺は切らしておりまして:2011/12/15(木) 18:58:17.97 ID:yMcVpUv1
>>481
解列運用などを含む安定化義務
↑は風力でも安定化できる例として風力推進派がよく例に出しているから知ってるでしょ

>>482
>>406 >>411

489 :名刺は切らしておりまして:2011/12/15(木) 18:58:23.86 ID:VPw0UFdy
>>486
反社会ブラック企業の田力会社の人?

625 :名刺は切らしておりまして:2011/12/17(土) 18:06:42.39 ID:tynWqgd/
結果を求める段階じゃないって
イツになったら結果が出るんだよW

626 :名刺は切らしておりまして:2011/12/17(土) 18:09:40.37 ID:RS+3bs0/
>>625
どこのロードマップ見ても「20年後」「30年後」「50年後」って文字になってるな
まあある程度根拠はある。

685 :名刺は切らしておりまして:2011/12/18(日) 20:46:37.49 ID:+uV1vp95
ピーク時の電力が足りないなら、夜中にあまってる電気を電力会社が
貯めてそれで対処したら原発なんてもう増やさんでもいいんでないの?


http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1323739162/l50人気ブログランキングへ