1 :本多工務店φ ★:2011/11/04(金) 23:56:52.96 ID:???
円高は日本のピンチなのか、チャンスなのか。
国際金融アナリストで、『円高は日本の大チャンス』(PHP研究所刊)の著者・堀川直人氏は、
「円高悲観論」は幻想にすぎず、日本経済は為替に左右されにくい強靭な体力を身につけていると指摘する。
* * *
「日本は輸出で食っている」というのは幻想にすぎない。
総務省が発表した2009年のGDP(国内総生産)に占める各国の輸出依存度を見ると、
韓国が43.4%、中国が24.5%、ドイツが33.6%であるのに対し、日本は11.4%に過ぎない。

日本は輸出の絶対額で見れば中国、アメリカ、ドイツに次いで4位であるが、実はGDPの9割近くを内需が占める内需大国なのだ。
G20の国々の中で日本より輸出依存度の低い国は7.4%のアメリカと9.7%のブラジルだけだ。
今好調と言われる韓国経済も輸出依存度が高く、為替の影響を受けやすいという意味で産業構造は脆弱と言える。
その依存度の低い日本の輸出にしても、輸出先も決済方法もかつてとは大きく様変わりしている。
日本にとって最大の貿易相手国は長らくアメリカだったが、2006年度以降は中国がトップとなり、
2010年度にはその中国を含めアジア向け貿易が51.1%にも達した(金額ベース)。

しかも、精密機械や工作機械など、海外に競合メーカーがほとんどいないオンリーワン技術を持つメーカーの多くが、円建てで輸出している。
強い立場で交渉に臨めるので、為替リスクを相手に押し付けているのだ。
財務省の「貿易取引通貨別比率」によれば、2011年上期の場合、円建て輸出の比率は全体で42.2%であり、アジア向け輸出では49.3%だ。

逆に、輸入においても円建て決済を求められるケースも出てきている。中東原油の輸入である。
ドル安が続き、ドルの価値がどんどん目減りしているので、価値の高い円での支払いを求められるのだ。
このままドル安が続けば、世界のドル離れがさらに進むことになる。
そうなれば、あまり使わない通貨(=ドル)の価値がいくら変動しても、日本への影響は少なくなる。

※SAPIO2011年11月16日号
ソース:NEWSポストセブン
http://www.news-postseven.com/archives/20111104_67549.html

2 :名刺は切らしておりまして:2011/11/04(金) 23:58:41.06 ID:DDrdTAcS
その11.4%で稼いだ外貨で、石油や食糧を買っています。

4 :名刺は切らしておりまして:2011/11/05(土) 00:03:25.50 ID:hgnHWno/
アメリカにバンバン輸出していた時に、アメリカから内需拡大しろと言われた。その通りになった訳か。

60 :名刺は切らしておりまして:2011/11/05(土) 01:23:54.51 ID:pnN+sdAm
>>1
輸出依存度の高低にかかわらず
いずれの国でも自国通貨の増価はGDPを押し下げ。
http://www5.cao.go.jp/j-j/wp/wp-je09/09f12130.html

はい論破。

119 :名刺は切らしておりまして:2011/11/05(土) 06:07:25.95 ID:1vQ1JiuT
日本の1950年代の基幹産業は繊維産業でエネルギー資源は
石炭が中心だな。1930年代の日本製の自動車はポンコツで
使い物にはならず満州事変では米国製自動車の優秀さを
思い知らされた。

その日本が1960-70年代には石油が中心になり自動車は
米国製と比肩できるほどのものができた。
制服で国内需要を喚起していた繊維産業の国がだ。

今の日本は明日の中国、そして今の米国は明日の日本。
製造業としての競争力を政治的に維持しても米国自動車産業は
国内でも競争力は落ちている。クライスラーが身売りして
GMが事実上倒産したのは金融問題ばかりでもない。

瑣末な政治的延命策に拘泥するよりも時代の趨勢を
読め。日本が近代化や高度成長でアジアで一人勝ち
できたのは、現在生産業で突き上げられている近隣アジアの国が
戦前は植民地で、戦後は内戦等々で政情が安定しなかったからだ。

1980年代に内戦の終結等による近隣アジアの本格的な
近代化が始まって以来日本の高度成長が停止したのは
偶然でもなんでもない。

時代の大局から考えたほうがいい。
残念ながら米国は勿論、日本の製造業には未来はない。

125 :名刺は切らしておりまして:2011/11/05(土) 07:16:36.17 ID:eF74yXvI
要は輸出依存度という言葉が、あるいは定義が間違っているということだろう?

日本は輸出依存度が高いということだろ?

126 :名刺は切らしておりまして:2011/11/05(土) 07:20:02.16 ID:pnN+sdAm
>>125
そもそも>>60に示した政府試算のように、輸出依存度に関係なく円高(通貨高)は景気に悪い。
>>1のような議論自体が全くの徒労なんだよ。つか株価も見てないアホの話なんか相手にする価値もない。

>>119
台湾の一人当たりGDP調べるといい。購買力平価ベースと為替ベースの両方。

ぶっちゃけると台湾の方が個人所得が豊かなわけ。つまり日本よりもアメリカに近い先進国。
日本がアメリカに次ぐ豊かな先進国と思ってるかもしれないけど、実際にはそんな事はない。

で、台湾が日本よりも豊かだとすると、今圧倒的に安い台湾ドルで高成長を続けるという
台湾の路線、すなわち(日本よりも豊かな)先進国が製造業に依存して成長するという
モデルが現実に存在することになってしまう。よって日本の路線としては製造業でも非製造業でも
とにかく景気によさそうなことは何でもやれというのが正しい姿勢。もちろん円高是正は重要な手段。

ちなみにGMやフォードが潰れたのは、アメリカには珍しく労組(UAW)が異常に強かったから。
intelは今度アメリカ国内に工場建てるらしいよ。

128 :名刺は切らしておりまして:2011/11/05(土) 07:26:29.88 ID:bF0rZjc6
>>126
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4540.html

抜いてないように見えるが。

132 :名刺は切らしておりまして:2011/11/05(土) 07:34:38.69 ID:pnN+sdAm
>>128
それは「為替ベース」のGDP。豊かさをあらわすには「購買力平価ベース」でないと意味がない。

例えば為替レートベースだと、輸入できない非貿易財の価格まで、為替レートの変動と共に
変化するから、正確な豊かさを反映できない。具体的に言うと30%の円高だからって(少なくとも
短期的には)タクシーや床屋の料金は30%安くならない。ということは真の豊かさは30%以下の
伸び率だと判断できる。こうした為替による誤差を排除したGDPが購買力平価GDP。

135 :名刺は切らしておりまして:2011/11/05(土) 07:38:22.64 ID:pnN+sdAm
>>128
台湾のように購買力平価ベースのGDPが為替ベースのGDPより安いとどうなるか。
これは国際競争において、本来の豊かさよりも安い人件費で戦えることを意味する。
要は通貨安を追い風にしてるということ。

逆に日本のように購買力平価ベースのGDPが為替ベースよりも高いと、製造業は
円高によって割高なコストを支払わされることを意味する。不況も当然だと言う話だね。

139 :名刺は切らしておりまして:2011/11/05(土) 08:04:25.51 ID:CXi/ffTr
>>132
でも国と国との比較をするには為替ベースじゃないと
実際賃金水準は日本の半分なわけなので

141 :名刺は切らしておりまして:2011/11/05(土) 08:08:15.53 ID:pnN+sdAm
>>139
>>135も読んでほしい。
国と国の豊かさを比較するのに、為替ベースでは誤差が出るから購買力平価を使う。
しかし国際競争では為替ベースで人件費等が決まるから、台湾や韓国は高成長。
そうじゃない日本は円高不況で苦しんでいる。

豊かさがある程度進めば製造業は不要だから、円高を受け入れろという考えは、
実際の豊かさで日本を上回る国が、通貨安によって製造業主導で高成長している
ことを考えると、成り立たないというのがこちらの主張。

143 :名刺は切らしておりまして:2011/11/05(土) 08:16:07.50 ID:CXi/ffTr
>>141
でも購買力平価って為替ベースより上がる国と下がる国が真っ二つに分かれるのはなぜ?
先進国の数値ほど下がり、途上国の数値ほど上がる慧傾向があるわけだが
購買力平価ってのは先進国の財やサービスを過小評価しているものと言えないか?
インドなんてGDPが4倍ぐらいになってるけど、この差はなんなんだ一体

146 :名刺は切らしておりまして:2011/11/05(土) 08:41:43.14 ID:Ea/l2g0u
日本の企業が国内から空洞化し、
人件費のかかる部分を海外生産に振り分けても
そこで稼いだ外貨を税金や日本での支払いの為に外為で円に変えるので
日本には外貨が溜まるし、円高は止まらない。

そもそも、利益がでなければ
企業活動を継続し、雇用を生み、税金を支払うことは出来ないので
空洞化は自然の流れ。

輸出企業が競合企業に勝つ為に
生産拠点を海外に移し外貨を稼ぎ、
その結果、生まれる強い円で対外競合のない内需産業から
国内雇用を生み出す方が合理的。

月数万円で働く人と競合する輸出産業で雇用を創出するより、
月数十万が最低賃金である内需産業で雇用を創出した方が合理的だろ?

結論
TPPは不要。



148 :名刺は切らしておりまして:2011/11/05(土) 08:54:55.59 ID:pnN+sdAm
>>143
一般的に購買力平価GDPと為替ベースGDPの乖離は、
貿易財と非貿易財の生産性格差で生じるといわれる。

例えば途上国の購買力平価GDPが過大評価されるのは、純粋に貧しいから。
人件費がコストの大半を占める非貿易財の価格が、先進国よりも安くなる。

ところが台湾や韓国のように、先進国水準の所得でありながら過大評価される国もある。
これは規制緩和の進捗度と関連付けて語られることも多いけど、実際には韓国のように
購買力平価GDPからの乖離が急激に拡大する国もあるので(非貿易財の生産性は
そんなに急には高まらない)、短期的には為替政策の影響が非常に大きいと思う。

ただ「先進国の財やサービスを過小評価」という視点をもっと突き詰めると、
特にサービス分野に顕著だけど、価格とは別の「質」の評価が難しいという問題もある。
つまり一見同じサービスに見えても、評価のしづらい細かな品質や心配りが違っていて、
それがコストに反映されているだけとも考えられる。

もし質の評価で先進国のGDPが再評価されるなら、、購買力平価よりも趨勢的に高い
円高トレンドの日本は、一挙にGDPが増大する可能性はあるだろうね。それと同時に
「日本は非製造業の規制緩和が遅れているから貧しいのだ」という一部の議論も崩壊する。

けど議論をもう一回転させるけど、日本の現状については為替政策・金融政策の影響が
でかいと考えられる。デフレ下では金利がゼロになっても(金利から物価上昇率を差し引いた)
実質金利が十分に下がらない。これが日本の円独歩高の背景にある。

今10年物国債金利とそのブレークイーブンインフレ率(市場が今後10年間に進むと予想する
インフレ率)で実質金利を比べると、アメリカはゼロに近いのに、日本は2%弱となっている。

不況の度合いでは震災等でマイナス成長の日本の方が大きく、また長期的な成長率は
アメリカの方が高いとされる中で(金利はインフレ率だけでなく実質成長率にも比例する)の
この数字は、明らかに日本のデフレが円高の大きな要因であることを示していると思う。

だからQE2で市場の予想インフレ率を(金利の上昇率以上に)引き上げたFRBのように、
日本は大胆な金融緩和の実施で、円相場を経済実勢に見合った水準まで引き下げる必要がある。


252 :名刺は切らしておりまして:2011/11/05(土) 21:29:28.11 ID:KxA0pHEB
キチガイ工作員大活躍だなw
いつまでも高度成長期ですらないのに
日本の国民とマスゴミは先進国一の低知能
TPPは売国亡国政権民主党が出来る唯一の貢献
高速道路タダ、ガソリン値下げ、埋蔵金で赤字国債なし、最低時給1000円、
派遣社員廃止で全員正社員に、政権交代で景気浮上、公務員20%削減、
などの馬鹿の妄想を信じた馬鹿国民が、今度は無知の恐怖感でTPP反対w

どこまで国を滅ぼせば気が済むんだ、この馬鹿国民は・・・orz

264 :名刺は切らしておりまして:2011/11/05(土) 23:18:38.86 ID:gysQqzqt
>>252
>高速道路タダ、ガソリン値下げ、埋蔵金で赤字国債なし、最低時給1000円、
>派遣社員廃止で全員正社員に、政権交代で景気浮上、公務員20%削減、

最低賃金引き上げだけは、魅力だな。
デフレの原因になっていた低賃金労働がなくなるし、消費性向が高い層に金が回る


321 :名刺は切らしておりまして:2011/11/06(日) 11:38:58.17 ID:gMHQQ+cY
>>264
円高でものが売れないのにどうやって賃金をあげる?

399 :名刺は切らしておりまして:2011/11/06(日) 18:39:54.47 ID:o5cWOnRt
あほか
日本は以前は20数%だったんだよ
それが10%台に減ったのは
輸出が中韓に勝てなくなったから
国の衰退だっちゅーの
真面目に考えろ

479 :名刺は切らしておりまして:2011/11/13(日) 02:43:41.16 ID:riLSTg6G
>>4
そうして内需が育ったのでTPPを使ってアメリカが収穫に来るわけですね。

482 :名刺は切らしておりまして:2011/11/14(月) 00:59:54.18 ID:8+SazNe6
>>479
どこも育ってない。
日本経済が輸出に依存したままだから、ことあるごとに内需拡大という声がでる。


483 :名刺は切らしておりまして:2011/11/14(月) 01:01:56.86 ID:PiM9LlaR
>>482
内需拡大って輸入を増やせってことだろ。

日本が輸出依存型経済でないのは明らか。

542 :名刺は切らしておりまして:2011/11/29(火) 08:28:13.54 ID:3akI5a8L
ちなみに2010年の名目GDPは479兆2231億円
2010年の日本からの輸出は67兆4,054億円だそうだ

67兆4054億円 ÷ 479兆2231億円 =0.1406

名目GDPと輸出額を比較すると輸出額は名目GDPの14%程度でしかない

564 :名刺は切らしておりまして:2011/11/29(火) 18:50:03.64 ID:giPiMPxE
日本の技術はステルス化されてるよw
Iphoneとかそうだろ

568 :名刺は切らしておりまして:2011/11/29(火) 18:52:50.41 ID:fhtzTBwC
>>564
・・・アホ。

日本が下請け時代に戻ったことを喜んでどうする。
ブランドを掲げている方が、儲ける。下請けは、下請け、利益は薄い。

584 :名刺は切らしておりまして:2011/11/29(火) 19:22:26.89 ID:y9sTDgGJ
2ちゃんに居るよな
「日本は内需」とか言ってる馬鹿w

605 :名刺は切らしておりまして:2011/11/29(火) 19:47:11.86 ID:h7Bjp/GT
つかよ、
「経済成長のために外需が必要」って言ってる奴は何か外国を「金がわき出る場所」とでも思ってんのかねえ?
外国だって所詮は「閉じた世界」の中で金を回してるだけなのに。
鎖国していた江戸時代にもなぜ経済が成長できたのか説明できるんだろうか?

外需ってのも所詮は需要の一つでしかない。
「金を払う奴」がいる限り経済は成長できる。花見酒の経済の通り(あれを「成長できない」とするのは誤り)。
外需ってのも「金を払う奴」を外国まで捜しに行くってだけのことで、
国内で新たな需要を掘り起こして日銀が金を刷ればそれだけで十分に経済は発展するよ。


615 :名刺は切らしておりまして:2011/11/29(火) 19:58:29.26 ID:giPiMPxE
輸出が増えれば輸入が増えるだけという簡単な経済学すら知らないのか?
外需を取り込めば輸入が増えるだけなんだっての

617 :名刺は切らしておりまして:2011/11/29(火) 20:01:10.15 ID:MKgRR1Ee
>>615
そんな経済学は聞いたことないから教えて欲しい。
貿易収支が常にコンスタントだったら異常だと思う。

618 :名刺は切らしておりまして:2011/11/29(火) 20:02:02.57 ID:y9sTDgGJ
>>605
江戸時代が経済成長してたってw
260年間に、どれだけ国民の生活が変わったよw

>外国を「金がわき出る場所」とでも思ってんのかねえ外国を「金がわき出る場所」とでも思ってんのかねえ

これもアホw
湧き出るんだよ。
例:地下資源


623 :名刺は切らしておりまして:2011/11/29(火) 20:06:16.88 ID:giPiMPxE
>>618
地下資源の需要があるのはこっちなんだがw

626 :名刺は切らしておりまして:2011/11/29(火) 20:09:18.76 ID:y9sTDgGJ
>>623
君は理解力に問題あり?

633 :名刺は切らしておりまして:2011/11/29(火) 20:13:12.83 ID:giPiMPxE
>>626
全世界のバランスシートを見たら輸出入は一定じゃんか

645 :名刺は切らしておりまして:2011/11/29(火) 20:23:47.95 ID:y9sTDgGJ
極端な言い方をすると、例えば日本が世界一の資源大国だったら
少数の企業でそれを掘ってカネにして、大多数の企業は輸出と
なんら関わらない業務だけでも国として成立する。
しかし日本はそういう国ではない。

673 :名刺は切らしておりまして:2011/11/30(水) 12:46:08.52 ID:S0QuNoTZ
>>542
輸出依存度を高めようと思ってもGDPが大きいから、20%程度にしようとしたら70兆円くらい輸出を
増やさないならないて事ですよね?(輸出増の生産等でGDPが大きくなる分を含む)
実際に円安とかTPPとかで輸出が増やしやすくなったとして、どの程度まで増やせる物なの?
(TPPで大幅に増やせるとは思えないけど)

676 :名刺は切らしておりまして:2011/11/30(水) 14:07:55.17 ID:kFhKDTE4
>>673
公共料金、食料、家とかが外国の5倍以上してる。これらを外国並みに下げれば輸出依存度が
韓国並みになる。

680 :名刺は切らしておりまして:2011/11/30(水) 15:45:43.02 ID:NddOo/zg
>>676
経済規模やら雇用が一気に縮小するんだが。

683 :名刺は切らしておりまして:2011/11/30(水) 16:53:45.26 ID:kFhKDTE4
>>680
歪な物価高が是正されて、経済が拡大するよ。

685 :名刺は切らしておりまして:2011/11/30(水) 17:07:03.69 ID:NddOo/zg
>>683
しない。
失われた雇用を吸収できる新たな雇用が創出されなければ縮小する。

707 :名刺は切らしておりまして:2011/12/02(金) 19:28:46.82 ID:qRTK9k5E
リーマンショック前後の輸出依存度や輸入依存度みると世界的に落ち込んでるが
日本は他と比べても目に見えて低下してる。
韓国は世界との比較では輸出依存度の低下幅がかなり少ない。
日本のケースとあわせて考えると為替の影響がでかかったということだろ。
リーマンショックで日本のダメージがでかかったのは、
おそらく円高で他国よりも輸出減の影響が大きく出たため。

708 :名刺は切らしておりまして:2011/12/02(金) 19:46:45.40 ID:DhGtWMTn
>>707
日本は国内で生産してる割合が大きいせいで輸出減少のダメージが大きく出る
一部の輸出企業に内需企業が大量にぶら下がっている状態
一方中国は完全な内需主導経済のため、
リーマンショックで世界経済が大混乱しても成長率が10%→8%に微減した程度だった
一方中国の半分以下の輸出依存度の筈の日本は-13%という記録的な景気後退を見せた
輸出依存度などという数字がいかに意味が無いかと言うことだ


http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1320418612/l50人気ブログランキングへ