1 :名無しさん@涙目です。(京都府):2011/10/24(月) 07:11:05.57 ID:T2zklGt/0 ?PLT(18072) ポイント特典

 ゼロ戦3機が編隊を組んだままクルリと宙返りした。高度を変えて1回、2回、3回。地上の米軍は珍事にあぜんとし、
敵基地上空で大胆な曲技飛行を披露する日本人パイロットの神経を疑った。が、いつしか彼らが描く美しいループに見入っていた。

 対空砲もついぞ火を噴くことはなく、兵士からは歓声すら上がったという。血塗られた太平洋戦史の中で数少ない心温まる
エピソードである。1942年のニューギニア。大空のサムライこと、海軍のエースパイロットだった坂井三郎さんの回顧録だ。

 動機はいたって簡単。月月火水木金金で磨き上げた操縦技術、そして意気込みを敵に知ってほしかったから。
空にはまだ騎士道精神の名残が息づいていた。処罰覚悟のアクロバットだった。

 同じアクロバットでも、大型のジェット旅客機がやってのけたと聞いて驚いた。先ごろ、全日空機が静岡沖で背面飛行したのである。
坂井さんが確信犯だったのに対して、こちらは単純ミス。副機長がドアスイッチと間違えて、方向舵(だ)の調節スイッチを回したと
いうからあきれる。

 操縦室のドアは外から開けられない仕組みになっている。ハイジャックを防ぐためだ。知り合いの民航パイロットによると、
ドアスイッチは対テロの生命線で、他のスイッチと取り違えることなど「とても考えられない」という。気の緩みか。機体は2千メートルも
急降下し失速寸前だったという。地上の管制塔から上がったのは歓声ではなく、悲鳴だったのは言うまでもない。

東奧日報
http://www.toonippo.co.jp/tenchijin/ten2011/ten20111023.html

4 :名無しさん@涙目です。(岩手県):2011/10/24(月) 07:13:18.63 ID:2bAwdu340 ?2BP(1030)
FPSに例えると敵の前でピョンピョン跳ねたら
その敵も便乗してピョンピョン跳ね返す感じか

7 :名無しさん@涙目です。(埼玉県):2011/10/24(月) 07:15:48.77 ID:Ml3BaRcB0
飛行機は空軍だろアホw

78 :名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/10/24(月) 07:49:10.97 ID:1N7+F+3X0
月月火水木金金という表現を初めて知った
ブラック企業勤めの奴隷に使われてそうな言葉だな

95 :名無しさん@涙目です。(庭):2011/10/24(月) 08:00:19.37 ID:EYSaINUz0
坂井三郎って撃墜数No.1ではないからな

121 :名無しさん@涙目です。(関西地方):2011/10/24(月) 08:46:11.58 ID:N0MtUz4VO
はいどう考えてもガセ

125 :名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/10/24(月) 08:48:37.55 ID:RhZq7VWQ0
>>121
坂井三郎著「大空のサムライ」に出てくるかなり有名なエピソードだが


146 :名無しさん@涙目です。(東京都):2011/10/24(月) 09:00:32.93 ID:lodClQhx0
>>121
仮にガセだとして、その根拠は?

149 :名無しさん@涙目です。(関西地方):2011/10/24(月) 09:05:16.80 ID:N0MtUz4VO
>>146
3機だけで敵地に向かう事自体ありえないし
普通レーダーでキャッチされて敵軍機が迎撃に向かう


155 :名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/10/24(月) 09:10:49.29 ID:FnH1npnP0
>>149
釣りかよ

177 :名無しさん@涙目です。(関西地方):2011/10/24(月) 09:23:39.16 ID:N0MtUz4VO
真実と言い張るならソース持ってこいよ
坂井三郎の自伝じゃなくて明確なソースをな
真実なら連合軍にその記録が残ってるしその曲芸飛行を見たと証言してる相手側の人間が出てきても不思議じゃないけど
実際はそんな記録ないし証言する人間も出てきてないw


185 :名無しさん@涙目です。(奈良県):2011/10/24(月) 09:28:47.51 ID:ws2w7Kpc0
>>177
それより3機で発進のソースは何だよ
設置されてたレーダーとやらも興味があるな是非知りたいね

190 :名無しさん@涙目です。(関西地方):2011/10/24(月) 09:31:02.64 ID:N0MtUz4VO
>>185
それよりまず真実を証明するソースを出せよ


209 :名無しさん@涙目です。(九州地方):2011/10/24(月) 09:38:02.05 ID:2IHKW71nO
>>190
自分で行動する力を失うというのは悲しいことですね…

217 :名無しさん@涙目です。(関西地方):2011/10/24(月) 09:41:08.14 ID:N0MtUz4VO
>>209
証明できるソースはないんですね?


220 :名無しさん@涙目です。(庭):2011/10/24(月) 09:42:48.42 ID:jyKTLH2O0
>>217
否定できるソースは?

230 :名無しさん@涙目です。(関西地方):2011/10/24(月) 09:48:17.75 ID:N0MtUz4VO
>>220
誰も真実である事を証明できていないこのスレかな
てかこんな逸話あったら
皆真実かどうか知りたくなるから記録を調べたり検証したりするけど
やっぱり真実と証明できた人間はいないみたいね
つまりそれが証明されていないって事はガセって事

241 :名無しさん@涙目です。(庭):2011/10/24(月) 09:52:03.14 ID:jyKTLH2O0
>>230
なるほど
否定できるソースはないんですね
つまり真実であったことが証明されてしまったか

まぁ否定できるソースがないなら仕方ないよね

242 :名無しさん@涙目です。(関西地方):2011/10/24(月) 09:53:09.27 ID:N0MtUz4VO
>>241
ワロタw


248 :名無しさん@涙目です。(九州地方):2011/10/24(月) 10:00:11.86 ID:2IHKW71nO
>>242
もうよせ…。戦いは終わったのだ、負けたのだ…。冷静になるんだ、これ以上争ってもなにも生まないぞ……

250 :名無しさん@涙目です。(関西地方):2011/10/24(月) 10:03:35.31 ID:N0MtUz4VO
>>248
いや俺は冷静だよw
ソースを出したのにソースはないんですねとか返す庭のアスペぶりにワロタ

262 :名無しさん@涙目です。(長屋):2011/10/24(月) 10:15:56.94 ID:KSnk4awo0
>>250
ここにガダルカナルの戦いの記録があるから探せばいい
http://www.history.army.mil/index.html

311 :名無しさん@涙目です。(茸):2011/10/24(月) 11:14:02.11 ID:tI3TfSaC0
なんで敵のジャップが書いた本がそんなに人気あるんだ?
当時はそれこそ人間として見做されてなかった頃だろ

321 :名無しさん@涙目です。(京都府):2011/10/24(月) 11:28:52.63 ID:tZ058hC90
>>311
ジャップとか自分でいうようなやつこそ人間とは見られいだろうな

327 :名無しさん@涙目です。(東京都):2011/10/24(月) 11:41:27.71 ID:rVHZcjDM0
>>321
英語圏では、自ら蔑称を名乗るのはよくある現象なんだけど・・・

有名なのは、『ビッチ』や『ニガー(くろんぼ)』の用法で、
女性や黒人同士で使う場合は、たいへん親しい者同士である証明になったりする
ただし、異性や異人種が使用すると、
訴訟を覚悟しなくちゃいけないし、場所によっては殺される可能性すらあるよ:(;゛゜'ω゜'):

それと、JapはJapaneseの略称、と勘違いしているネイティブがわりといて、
Nipの方が侮蔑感が強かったりする(詳しい証拠だから)

329 :名無しさん@涙目です。(中部地方):2011/10/24(月) 11:45:04.95 ID:PyJu1Ay60
>>327
日本じゃ違うって知ってて使っているなら手の施しようがないな

334 :名無しさん@涙目です。(関西地方):2011/10/24(月) 11:52:37.85 ID:N0MtUz4VO
未だに真実である事を証明できる人はいないんですか?
皆内心わかってるんでしょ
大空のサムライを書いた奴が話を盛ったって事を

340 :名無しさん@涙目です。(長屋):2011/10/24(月) 11:59:05.28 ID:KSnk4awo0
>>334
お前調べてから言えよ、何も知らないで「これは俺は知らないから嘘だ」とかいう理屈が通じると思ってるのか?

342 :名無しさん@涙目です。(東京都):2011/10/24(月) 11:59:54.28 ID:rVHZcjDM0
>>329
英語圏の事情を知らない>>321さんの誤解を、解こうとしただけなんだけど・・・

ちなみに日本でも、異民族に対する蔑称や差別語は使われているから、
「日本じゃ違う」なんてことはないよ
コリアの人が日本で、
「おいらチョンだけど~云々」と語ったら、何だこいつと思うけど、どこかユーモラスだよね?
それと同じことだよ
そして、日本人がコリアの人に対する蔑称を使っちゃうとすごくマズイのも一緒なんだ

383 :名無しさん@涙目です。(長野県):2011/10/24(月) 12:35:28.36 ID:UDzKD99K0
あー、ちなみに昭和17年8月7日にガ島上空で行われた坂井氏と空母サラトガの飛行隊VF5所属の
J・サザーランド大尉機との空戦は、坂井氏のほぼ記述通りであった事はJ・サザーランド大尉機の残骸が
発見された事で物理的にも裏付けが取れてるよ。検証の結果、サザーランド大尉のF4Fの主翼の機銃が
坂井氏の記述通りに故障してた事も判明してる。坂井氏の事を嘘つき呼ばわりする輩はどう反論するの?


396 :名無しさん@涙目です。(中部地方):2011/10/24(月) 12:47:20.63 ID:PyJu1Ay60
>>342
笑わせるのと笑われてるのの違いがわからない人なんだね

399 :名無しさん@涙目です。(関西地方):2011/10/24(月) 12:48:55.80 ID:N0MtUz4VO
>>383
オランダ輸送機の話だって十分美談なのに大空のサムライには載ってない
俺が思うに坂井は誠実な人間で軍の命令に背くようなそういう話は恥じるべき事と考えていた可能性があるのではと考えている
そんな坂井が自分で宙返りの話を自慢げに語ってる事自体正直疑問だな
後から誰かが本を面白くするために盛ったんじゃねーの?

401 :名無しさん@涙目です。(長屋):2011/10/24(月) 12:51:49.44 ID:KSnk4awo0
>>399
続・大空のサムライにオランダ輸送機の話は載ってる
適当しか言わんなお前は。

408 :名無しさん@涙目です。(東京都):2011/10/24(月) 13:02:41.92 ID:rVHZcjDM0
>>396
は~・・・ええとね、2chのスレタイやレスで、しばしば「ジャップ」が使われるのは、
ある種の愛国屋さんたちが食いつくから、
レスしてほしい人が多用しているに過ぎないんだ(´・ω・`)
日本人がジャップという語を使用して「笑われている」、なんて考える方が、かえってすごく自虐的なんだよ

アメリカに、日本人を差別する人がいることは事実だけど、
差別が法的に厳しく罰されるアメリカでは、頭のわるい差別野郎は少数派なんだ
だからバカに差別された場合、
C・イーストウッドの『グラントリノ』のように、ユーモラスに対応することが一番有効なんだよ

422 :名無しさん@涙目です。(北海道):2011/10/24(月) 13:18:25.78 ID:yQ1Ei1+40
坂井は自身をひけらかす人ではないな
養成学校を主席卒業だから卵時代から頭抜けて優秀だったと思うけど、
卵時代のエピソードとして優秀さを示すような記述がなくて、むしろ失敗や自身のメンタルの弱みなんかを中心に書いてたように思う


429 :名無しさん@涙目です。(関西地方):2011/10/24(月) 13:25:42.46 ID:N0MtUz4VO
>>422
て事は宙返りの話はやはり後から編集が盛ったと考えるのが妥当だな

坂井本人の性格
出撃記録の矛盾
目撃者証言がない
零戦初期型の耐久性
坂井に向けた敵軍の手紙も残っていない(手紙が実在し、事実なら投下した敵軍の記録やパイロットの証言があるはず)


これらを考慮すると宙返りの話はやはりデタラメ
てか敵軍から歓声が上がったとかさらに盛ってるしなw

433 :名無しさん@涙目です。(米):2011/10/24(月) 13:29:41.94 ID:dB/KrDLCP
>>429
お前未だに耐久性とか言ってんの?
零戦が宙返り出来なかったとかお前頭湧いてんじゃないのか?

435 :名無しさん@涙目です。(関西地方):2011/10/24(月) 13:32:26.80 ID:N0MtUz4VO
>>433
宙返りって機体にかなりのGが掛かるの知ってる?


465 :名無しさん@涙目です。(米):2011/10/24(月) 13:49:50.15 ID:dB/KrDLCP
強度不足で空中分解する問題だって
引き起こしなどの過Gで分解するんじゃなくて急降下時の過速による振動が原因だったはず

502 :名無しさん@涙目です。(長屋):2011/10/24(月) 14:29:58.49 ID:+/jiz/GV0
坂井が曲芸飛行したりサン・テクジュぺリが墜落した時は一時停戦して両軍で捜索したり
この時期の戦闘機乗りってロマンあるよね。
紅の豚みたいな世界だ

508 :名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/10/24(月) 14:33:01.62 ID:g4lHDHcy0
>>502
戦闘機のスピードと空に憧れたのが坂井三郎が戦闘機乗りを
目指すきっかけだった。だから彼も大空に舞う戦闘機にロマンを
見出したのだろう。紅の豚は見ていないのでよくわからないけれど、
現代においても、やはり誰もが一度は自分の操縦で空を飛んで
みたいと思うことはあるのだと思う。

510 :名無しさん@涙目です。(米):2011/10/24(月) 14:35:17.37 ID:dB/KrDLCP
>>508
紅の豚見てないって、あんた、人生損してるぞ

517 :名無しさん@涙目です。(埼玉県):2011/10/24(月) 14:37:19.44 ID:zPW2wN8I0
各国のエースパイロットの凄い逸話をもっと知りたい

531 :名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/10/24(月) 14:44:59.97 ID:OWbXxUmo0
そもそもヨーロッパでは士官は貴族、つまり騎士の家系なんだよな
昔は騎兵とかにその流れがあったんだが
現代(WW2当時)は飛行気乗りの士官が騎士の家系だった


536 :名無しさん@涙目です。(米):2011/10/24(月) 14:47:37.61 ID:dB/KrDLCP
>>531
兵科としての航空科はもともと騎兵科の発展として発生したんだっけ
レッドバロンとか一次大戦期のエースは騎兵科出身者が多かったはず
二次大戦時のドイツ空軍の制服も、航空科の兵科色は騎兵科と同じ黄色だったし

537 :名無しさん@涙目です。(長屋):2011/10/24(月) 14:47:39.63 ID:KSnk4awo0
ついてないカタヤイネンの話は本人に悪いけど笑ったわ
態度が悪いからと掃除係にされたりとか
それでも終戦まで生き延びるのが凄い

540 :名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/10/24(月) 14:51:57.88 ID:OWbXxUmo0
>>536
そのへん日本は明治以降、出自より本人の能力しだいで
農家の子だって士官学校受験できるんだから
ある意味、先進的だなと思ったり・・・

543 :名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/10/24(月) 14:58:31.45 ID:g4lHDHcy0
>>540
文化的な相違から、貴族という考え方の違いも
あるのだろう。
ヨーロッパなどでは、例えば中世などにおいても、貴族は
その地位と名誉にかけて出陣していったのだから。
貴族の果たすべき役割というものがヨーロッパでは日本より
ずっと深い部分で共有されているせいもあるのではないだろうか。

546 :名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/10/24(月) 15:02:10.55 ID:OWbXxUmo0
>>543
兵隊は金貨で公募した農民だからな・・・ヨーロッパ
傭兵の文化とかさ・・・
そうそう、未だに米軍の艦船だと士官と下士官兵はフロアから違うってさ
自衛隊は知らない人が見たら幹部と曹士がわからないだろうな


555 :名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/10/24(月) 15:11:26.72 ID:g4lHDHcy0
>>546
米軍は軍事については凄く深い考え方をしているからね。
だからフロアは違ったり、将校用と下士官用でクラブが違ったり、
その反面ではやっぱり無礼講なんていうものもあったり、
確かアイスクリームサーバーのある空母もあったような。
日常と非常を余り乖離させないでおきながら、統制をきちんと
やってのけるためには、そうした事も必要なのかもしれない。

571 :名無しさん@涙目です。(関東・甲信越):2011/10/24(月) 15:39:41.79 ID:+Bs9o2MGO
米軍はそもそもよっぽどの坊ちゃんでなければいきなり作戦部隊の士官になれないし、坊ちゃんを最前線には出さない。
兵として優秀だから下士官になり、下士官として優秀だから士官になる
一方日本は入試テストの点数で士官になれるかどうか決まる(今も同じ)
現場登用も制度上、下級指揮官までしか道はない仕組み。
たたき上げを最高司令官にする発想がそもそもないんだよ。

574 :名無しさん@涙目です。(東京都):2011/10/24(月) 15:49:03.60 ID:oW+6FMU+P
>>571
ケネディもブッシュもあわや死ぬ所っていう経験してるじゃない

608 :名無しさん@涙目です。(宮崎県):2011/10/24(月) 18:32:32.69 ID:S3g/837s0
ところで零戦の最終型ってどのくらい戦闘力だったんだろう?
装甲もパワーもかなり上がっているから運用さえ上手くすればアメリカの戦闘機
結構やりあえたと思うのだが。

665 :名無しさん@涙目です。(茸):2011/10/24(月) 23:18:14.81 ID:Z3DdbvvH0
>>7あたりで飛行機が空軍でないのが常識とか、どういうことなの。空軍て飛行機乗らんの?

667 :名無しさん@涙目です。(福井県):2011/10/24(月) 23:20:11.78 ID:jUIaGXhm0
>>665
二次大戦中は空軍あったの独とか英くらい(他に少しはあるかも)
米ですら空軍はなかった

陸軍と海軍が別個で航空機使ってた

677 :名無しさん@涙目です。(宮崎県):2011/10/24(月) 23:37:05.76 ID:m2sCBpGF0
米軍ならドイツ軍と違って低空低速の護衛にムスタングとかF8Fが付くだろうし無双じゃね

680 :名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/10/24(月) 23:44:28.91 ID:g4lHDHcy0
>>677
それならば最初からムスタングに全てを任せたほうが得策だと思うよ。
ある一定速度までは私の仕事、それ以下ならば私は飛び去るだけです。
そういう戦闘機は殆ど意味がない。
コストの問題からも、運用上からも、敵機に対しての優位性というものは
単純に決められる問題ではないからね。

683 :名無しさん@涙目です。(宮崎県):2011/10/24(月) 23:54:32.53 ID:m2sCBpGF0
>>680
まあMe262の獲物も戦闘機スルーして連合軍の重爆だったし日本に対しては一方的に攻め立てるだけだからジェット戦闘機の優位性なんてないけどさ
日本側の戦闘機も性能差が有り過ぎてP-51で赤子の手を捻るように落とせるし

710 :名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/10/25(火) 06:10:46.10 ID:LFk5FMm60
この新聞薄いくせに3000円もするんだよな


http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1319407865/l50人気ブログランキングへ