1 :ライトスタッフ◎φ ★:2011/09/21(水) 11:28:18.06 ID:???
前回「SNSより英語!」と題して、 本当に世界と繋がり、情報人間になりたいなら、
英語ができるようにしたいと書いたら、かなりの反論がきた。これには本当にがっかりした。
なんで、日本人はこんなに英語にアレルギーがあるのだろうか?

「日本人に英語は必要ない」「英語より正しい日本語教育が大切」なんて言う方々は、
このグローバル時代、本当にそう思っているのだろうか? とくに、ネットという
国境のない空間ができ、そこでものすごい数の情報が行き交うこの時代に、そんなことを
言っていて、本当にいいのだろうか?

私は以前から、日本人は日本語のモノリンガルを脱し、英語とのバイリンガルになるべきだ
と主張してきた。その理由はいたって単純。英語がいまや世界標準語になってしまったからだ。
世界に標準語ができた以上、それは一回きりのことで、この先ほかの言語が英語に代わって
標準語になることはない。だから、それを話せないということは大きなハンデを背負うことになる。

今後の日本人がそのハンデを背負い続けると、ビジネスも経済も、そして日本文化も大変な
ことになるだろう。日本語しか通じない極東郡日本村は、世界から大きく取り残され、
人々はどんどん貧しくなってしまうだけだ。

日本人はもともと優秀なのだから、小さいときから英語をやれば、たちまち話せる。話せる
ということは、読める、書ける、コミュニケーションができるということだから、世界中で
就活ができ、仕事を得られるうえ、暮らしていける。英語しかできない英語モノリンガルの
人々より、はるかに競争力がある国民になれる。つまり、地球全部が舞台になり、地球全部で
生きていけるのだ。

ところが、いまの日本の英語教育は、わざと日本人に英語を話せなくする教育で、政府は進んで
自国民の将来の可能性を奪っている。

じつは、世界にはモノリンガルの国民より、バイリンガルの国民のほうが多い。1990年からの
グローバル化のなかで、大きな発展をとげてきた国は、ほとんどが母国後と英語ができるバイ
リンガル国家だ。アジアでは、香港、マカオ、シンガポール、インドなど、中東ではトルコ、
欧州ではフィンランド、デンマークなどが英語教育を徹底させ、経済発展を遂げてきた。
いまではフランスやドイツ、イタリアなどの欧州の名だたる企業も社内言語は英語だ。
 
こうしてみると、英語しか話せない英語モノリンガルは世界から見ればマイノリティで、今後は
母国語と英語(標準語)のバイリンガル国民がよりパワーを持つ時代になる。そういう時代だから、
日本語という母国語を持って生まれてきた日本人は、潜在的にもっとも競争力を持つわけで、
それを活かさない手はない。

しかし、悲しいかなこの国では、英語が話せないうえに、世界観ゼロの「どじょう首相」が
誕生してしまう。どじょうのように泥臭く仕事をするのは政府の勝手だが、国民を道連れに
してもらっては困る。

こういう政権は、困ったらどじょうのように土の中に潜り込むだけで、おそらくなんにも
できないだろう。(※続く)

http://tf.digital-dime.com/entame/sns/11/09/post_186.html

◎前スレ 2011/09/20(火) 15:43:59.42
【国際化】ネットの和製英語をなんとかしてほしい!なんでも略すのはいいが、これは日本村でしか通じない--DIME(小学館) [09/20]
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1316501039/

2 :ライトスタッフ◎φ ★:2011/09/21(水) 11:28:44.52 ID:???
>>1の続き

話がそれてきたので、「SNSより英語」に話に戻すと、今後、私たち日本人もグローバルな
ネット世界で生きていく以上、その第一歩として一刻も早く和製英語を止めてほしいと、私は思う。
現在の日本人はバイリンガルではないので、母国語でない言葉はなんでもかんでも母国語化して
しまう。とくに英語はカタカナ語に変えてしまう。

こうすると、本来の意味がわからなくなることも多い。

たとえば、スマートフォン(smart phone)は、いつの間にか「スマホ」になった。日本村では
これでいいが、ときどき、英語でもスマホと言ってしまい、英語人間にキョトンとされることがある。
かつて、ネットの黎明期に、「ホームページを持っていますか?」と言って、キョトンとされたのと
同じだ。英語界では、HPはウエブサイトの最初のページのことで、サイト全体を指さない。しかし、
いつのまにか、日本村ではウエブサイトを「HP」と言うようになり、本来の意味が変質してしまった。

いったい、どういう理由でスマートフォンがスマホになったのだろうか?

なんでも略すのはいいが、これは日本村でしか通じない。たとえば、日本では映画評論家まで、
ジェニファー・ロペスを「ジェニロペは素晴らしい」なんて言っている。しかし、英語界では
「ジェイロー」だ。略し方が違う。これでは、ハリウッド村では出入り禁止だ。

パソコンも典型的な和製英語である。これは、もちろんパーソナル・コンピューター(personal
computer)の略だが、英語界では単に頭文字を略して「PC」(ビーシー)と言う。こうした和製
英語がとくに多いのがIT世界で、この和製英語の世界にどっぷり浸かってしまうと、世界との交信に
支障をきたすことが多い。

たとえば、「パソコンは、なにを使っていますか? ノート? それとも、デスクトップ?」という
たったこれだけの文に、和製英語は3つもある。まず、前記したようにパソコンで、これはPCだ。
続いてノート・パソコン。これは略してノートも言うが、「ラップトップ」(wrap-top)あるは
「ラップトップ・ピーシー」(wrap-top PC )でないと通じない。さらに、デスクトップも
「デスクトップ・ピーシー」(desktop PC)としたほうがいい。

メールをやっていて驚くのは、アットマーク。もちろん、これは@のことだが、アメリカ人は
これをマーク(mark)とは言わず、サイン(sign)と呼ぶので、本来は「アット・サイン」
(at sign)だ。また、よく「バージョン・アップした方がいいね」などと言っているIT人間がいるが、
それではバージョンはアップされない。そんな英語の言い方はなく、これは「アップグレード」
(upgrade)だ。日本人はたらとアップをつけたがり、たとえば「スピードアップ」「パワーアップ」
なんて言うが、そんな言い方は英語界には存在しないのだ。

そういえば、ネット・ショッピングも通じない。これは、「イーショッピング」(e-shopping)である。

そんなわけで、せめてネット界、IT界だけは、和製英語をやめて世界と更新可能な英語に切り替えて
ほしい。そうしないと、日本村はますます情報過疎地になってしまうだろう。

◎関連スレ
【ビジネススキル】いまの日本の一般ピープルに必要なのは「ソーシャルメディア革命」ではなく「英語革命」--DIME(小学館) [09/10]
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1315638356/


24 :名刺は切らしておりまして:2011/09/21(水) 11:36:56.27 ID:r344IfUP
PCはドザパソコンのこと
MacはPCではない
日本人が正しい

あとwrap-top PCじゃなくてlap top PCな
膝上のドザパソコンという意味な

日本の常識は世界の常識な
おぼえとけ

49 :名刺は切らしておりまして:2011/09/21(水) 11:45:26.62 ID:UbkIi1Ae
前スレ1000には激しく同意。
高等教育まで母国語で賄えるってのはこれはすごいこと。


で、英語ができない理由の一つとして「発音記号を中学一年で叩き込め」と言いたい。
発音の怪しいクズ教師がひたすら口で教えたって発音は身につかない。
発音記号が読めないと、辞書を引いても発音の区別が分からず読めない。
読めないと覚えられない。覚えられないからますます分からない。最初の一歩である発音記号を正確に叩き込むべき。

そもそも中学の英語教師って発音記号を読めるの?www

57 :名刺は切らしておりまして:2011/09/21(水) 11:49:59.02 ID:prtIpxLq
>49

同意ありがとう。

自分自身、30でシンガポールに駐在し、半年もしたら
会話は困らなくなった。

技術系の人の英語は、私よりも酷かったが、ちゃんと通じてる。
「話せる何を持っているか」が大事で
それを母国語で蓄積している日本って本当に凄いと思う。


96 :名刺は切らしておりまして:2011/09/21(水) 12:15:57.88 ID:UbkIi1Ae
>>57
>「話せる何を持っているか」が大事で
>それを母国語で蓄積している日本って本当に凄いと思う。

まさにそのとおり。お互い相手を理解しようと努力するなら、少々ブロークンでも何とかなる。
厳密な話(法律とか契約書とかの分野)は別にして、
自分のコンテンツが無いと英語ができても何の価値も無いんだよね。

口先だけで世渡りしようとする人が必死になってるんじゃない?って思う。

103 :名刺は切らしておりまして:2011/09/21(水) 12:22:26.04 ID:FHNZ13C0
Youtube をユウトベって言ったら、ユーチューブだろって注意された ・゜・(ノД`)・゜・。


111 :名刺は切らしておりまして:2011/09/21(水) 12:25:00.78 ID:ArVseYs3
>>103
Youtube をユウトベって言ったら、ユーツベだろって注意された ・゜・(ノД`)・゜・。

 が、正解だろう。



186 :名刺は切らしておりまして:2011/09/21(水) 13:21:02.92 ID:GbVzfSgt
fuck U all SOB!!!


237 :名刺は切らしておりまして:2011/09/21(水) 14:20:24.46 ID:GbVzfSgt
英語が通じようと通じていまいと、それだけじゃ話にならねーな、どのみちな

きさまらマンハッタン・トランスファー程度にやってくのなら、まだしもよ


239 :名刺は切らしておりまして:2011/09/21(水) 14:23:15.83 ID:Sk4lAOkr
>>237
>マンハッタン・トランスファー
意味がわかりません><
歌手になるってこと?

242 :名刺は切らしておりまして:2011/09/21(水) 14:30:17.57 ID:GbVzfSgt
>>239

この冗談をわざわざ解説せよ、と??

一時タクシー運転手だったんだろ?
おまいらが「標準語」たる英語が通じる程度だったら、それくらいが限界なんじゃね?と・・・

通訳 translator ならぬ transfer よ



244 :名刺は切らしておりまして:2011/09/21(水) 14:33:48.13 ID:OLFCnGHo
>>242
え? なに言ってんのお前w
もうちょっと詳しく説明してくれる?

248 :名刺は切らしておりまして:2011/09/21(水) 14:39:14.86 ID:GbVzfSgt
>>244

バカでも良く分かるように説明してやろう

タクシーのドライバーは日系2世や3世、ベトナム系アメリカ人、韓国系アメリカ人
、中国系アメリカ人とルーツをたどるとアジアの人が多く、
見た目には私たち日本人と良く似たドライバー

を結構見かけたというな・・・
しかし、こいつらは英語をナチュラルに話せるんだろ??

おまいらは「英語が通じる」つったって、こいつらにそれで勝つってことはないんじゃねーの・・・
それじゃぁ、せいぜいドライバーが席の山だろ

英語だけじゃ話にならねーだろ???????????



321 :名刺は切らしておりまして:2011/09/21(水) 22:52:22.67 ID:Xv3To3MQ
これ書いてるやつは相当頭が悪い。
別にITだけじゃないだろ。

ナトリウム=>ソディウム
カリウム=>ポタシウム
チタン、チタニウム=>タイテニアム

ほかにもいっぱいあるぜ。

325 :名刺は切らしておりまして:2011/09/21(水) 22:59:47.00 ID:JouOFa/T
>>321
それらの語は英語に直せっていうほうが頭が悪い。確実に元素記号が覚えにくくなる。

326 :名刺は切らしておりまして:2011/09/21(水) 23:07:39.33 ID:Xv3To3MQ
>>325
いやいや、そうじゃなくて

会話の中で、「ナトリウム」や「カリウム」なんて言っても馬鹿だと
思われるだけだよって話。

それに元素記号なんて100個程度、覚えるのに苦労するかね。
キミは無理なのか?

398 :名刺は切らしておりまして:2011/09/22(木) 08:54:45.04 ID:vIKiNXi+
略語使い過ぎはネイティブも同じ。
ネットのせいで益々酷くなってきた。

409 :名刺は切らしておりまして:2011/09/22(木) 09:06:52.64 ID:ySwRb3Lo
日本語って 外国語取り入れるの簡単だね

412 :名刺は切らしておりまして:2011/09/22(木) 09:11:22.62 ID:vIKiNXi+
世界一罵倒語が豊富なハングルはどう?

416 :名刺は切らしておりまして:2011/09/22(木) 09:15:52.28 ID:dzjfqwxA
>>409
明治以後の翻訳文化は特にそうだな。
だが「取り入れる」のは得意だが「発信する」のは苦手。
和製英語じゃ理解してもらえないからな。
そんなわけで明治以後、日本人は欧米にとって
「ちょっと金を持ってる発展途上国」扱い。
英語を話せる国でないと先進国とは認められない。
フランスのようにかつて公用語だった国を除いて。

435 :名刺は切らしておりまして:2011/09/22(木) 10:12:36.31 ID:dolrSnE2
精々頑張って下さい。
は強い上から目線の表現なのが現在の用法だろ

441 :名刺は切らしておりまして:2011/09/22(木) 10:31:00.50 ID:makRhcRA
>>435
お前みたいな無知が誤用を一般化させる。
平均的な社会人の知力の低下には驚かされる。

この間「それは姑息な手段ですね。」といったら、
「どこが卑怯なんだよ。」と言い返された。
「姑息」に「卑怯な」なんて意味はないのに。


453 :名刺は切らしておりまして:2011/09/22(木) 11:14:37.12 ID:makRhcRA
英語のセレブには金持ちなんて意味はないし。

464 :名刺は切らしておりまして:2011/09/22(木) 12:41:25.51 ID:2OD/vh56
>>441
7割近くが勘違いしてるものはもう誤用とはいわない
まともな言語学の本を一冊読んだほうがいいよ
言葉の定義がゆらぐのが認められないなら
それこそ和製英語は使うなって話だ
すべからく上司も貴様呼ばわりすべし

612 :名刺は切らしておりまして:2011/09/24(土) 12:28:44.88 ID:ab0xpoho

ところで、以前のスレッドで、大日本帝国海軍は甲板でギター抱えて白人をびびらせる

と書いたが真意が全く伝わらず

youtubeで、社会に不満を抱えた馬鹿面でギターをかかえて音痴な歌を流してる映像が

公開されている

大日本帝国海軍では、一見自由が無いと思わせておいて、自由な気風を見せてこそ

びびるのであって、白人がやるならもっとひねれ、おろかものが




617 :名刺は切らしておりまして:2011/09/24(土) 12:37:14.96 ID:7asv82bS
日本はかなり自由度の高い国だよ
他国事情の現実をよく知らないとわからないカモだけど

619 :名刺は切らしておりまして:2011/09/24(土) 12:40:09.54 ID:ab0xpoho
>>617を保存して印刷しておくか

だったら、俺が何をかきたてようが文句言われるすじあいもないんだから

なんでドブスやブ男にブーたれないといけないんだ

まして、しまいに嘘の罪で意味も無く捕まえ無いから有り難く思え?

そういうのファシズムって言ってアメリカは批判してたよな??




688 :名刺は切らしておりまして:2011/09/26(月) 10:35:04.83 ID:wvHdCHch
>世界にはモノリンガルの国民より、バイリンガルの国民のほうが多い
はいダウト。
世界観狭すなぁ。

フィリピン方言英語・スペイン語しか話せないメイドおるだろ。
世界的に見れば、母国語しか話せない・文字読めない人間のほうが多いだろ。

692 :名刺は切らしておりまして:2011/09/26(月) 10:37:49.34 ID:DQR5rqXR
>>688
>はいダウト。
そのダウト、どういう意味で使ってるの?

693 :名刺は切らしておりまして:2011/09/26(月) 10:38:29.31 ID:wvHdCHch
>>692
むかし、TVのクイズ番組で言ってたノリで使ってるが、なにか?

701 :名刺は切らしておりまして:2011/09/26(月) 11:25:38.85 ID:DQR5rqXR
>>693
じゃぁ「間違い」って意味で使ってるんだな。
だとしたら間違い。

705 :名刺は切らしておりまして:2011/09/26(月) 11:35:05.30 ID:wvHdCHch
>>701
日本語をまず勉強しよう
>むかし、TVのクイズ番組で言ってたノリで使ってる
わかるか?
英語のdoubtとは違うのだよ。
まずは読解力を鍛えよう。

706 :名刺は切らしておりまして:2011/09/26(月) 11:37:29.31 ID:DQR5rqXR
>>705
>英語のdoubtとは違うのだよ。
そういうのを和製英語と言うんだけど、
お前は何が言いたいんだ?


707 :名刺は切らしておりまして:2011/09/26(月) 11:38:49.89 ID:wvHdCHch
>>706
だから、読解力を鍛えろと言ってんだよ。
「的を得るじゃなく的を射るが正解なんだよ!」って得意げになってる厨房と君は変わらん。

709 :名刺は切らしておりまして:2011/09/26(月) 11:42:37.95 ID:DQR5rqXR
>>707
>はいダウト。
こんな和製英語使う無知に読解力云々いわれるとはねぇ。
精々日本語勉強しなおせ。

スレチだが平叙文に「?」つける馬鹿が増えてきたな。
こいつらも日本語勉強し直せと。

752 :名刺は切らしておりまして:2011/09/26(月) 15:06:39.15 ID:QUTG7bZL
日本語的カスタマイズされた「和製英語」にも存在価値はある
日本人として、そういうセンスを大切に育成しないことには先は無い



http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1316572098/l50人気ブログランキングへ